CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
北海道夫婦旅熱風が吹く列車で小旅行

北海道旅の初日、思わぬ猛暑で疲労困憊でしたが、つかの間のお昼寝で元気も回復。

さぁ、これからは列車に乗って今回の旅で最初の晩ごはんを食べに向かいます。

 

その場所とは、帯広駅から列車で2つ目の駅「西帯広駅」を目指します。

 

ご覧下さい。

 

 

 

★宿泊したJRインから見る帯広駅

JRインというくらいですから、JRの駅構内に建設されてます。列車の本数は普通列車は

1時間の1本程度、まぁゆっくり旅ならこんなペースがいいですよね。

099.JPG

 

 

★JR帯広駅構内

構内のポスターには、やはりここは北海道。地元の日本ハムファイターズの目玉選手として

有名な投手&主力打者の大谷翔平選手がポスターに載ってます。

100.JPG

 

 

★やはりここは帯広

駅構内の売店には、帯広名物の豚丼のお弁当を売っています。

101.JPG

 

 

★帯広から2駅目:西帯広

今日は、ここ帯広駅から2つ目の西帯広駅を目指します。以前は、反対側の池田町へ出向いて

鳥せいさんの美味しい鶏料理をいただいちゃいました。

102.JPG

 

 

★いざ乗車

普通列車は2両編成

103.JPG

 

 

★なぜか窓が開いてます。

106.JPG

 

 

★車内の様子

それぞれの客車の窓が全開です・・・・・ということは、この列車エアコンが装備されてません

・・・・・ギェー・・・・・・。

列車に乗車した時間は午後5時くらい、この時間の車内の気温は35度超え、蒸し風呂とい

うのかサウナの中のような車内で扇風機も無く・・・・地獄でした。まぁ、ここは北海道の十勝

地方・・・寒さ対策は十分でしょうが、暑さ対策は思いもしなかったのでしょうね。

107.JPG

 

 

★おじさんも外の空気を取り入れて

猛暑の十勝平野をクーラーなしの列車でひたすら・・・・がまん・がまん・がまん

108.JPG

 

 

★西帯広駅

始発の帯広駅から電車に揺られること約10分、西帯広駅へ到着です。

109.JPG

 

 

★ワンマンカー

この前の出口から降ります。ワンマンカーですから、ここで運転手さんに乗車券を手渡しし

降りるシステム。

110.JPG

 

 

★西帯広駅前

JRの駅前といっても別段何があるわけではなく・・・・。

111.JPG

 

 

★こんな駅舎

乗車券の購買所もなく、無人の駅に降り立ちました。それでは、ここから歩いて目的の

場所へ行きます。

112.JPG

 

 

| 2017北海道夫婦旅 | 08:25 | comments(3) | trackbacks(0) | -
北海道夫婦旅2017ィRイン帯広

さぁ、思わぬ避暑に出かけたはずの帯広地区の猛暑に早くホテルへチェック・インしようと

いうことになりネットで予約していた帯広駅前の『JRイン帯広』へ行きチェックイン、その

後は少し遅めのお昼寝で身体を癒します。

 

今日は、このホテルの様子をご覧ください。

 

 

【JRイン帯広】

■住所:帯広市西3条南12丁目6(JR帯広駅に隣接)

■電話:0155-28-5600

■予算:今回もHotel.comで予約し、2連泊でセミダブル朝食付き合計18,000円でした

 

 

 

☆こんな近くに駅が

JR帯広駅に隣接ですから、買い物や近くの駅まで小旅行をするにも良い場所です。

099.JPG

 

 

☆ホテルフロント

真新しいホテルですから、気持ちはいいのです。

098.JPG

 

 

☆ホール

シンプルな廊下回り、けっこう静かな室内でした。

094.JPG

 

 

☆テレビ回り

小さいながらTVや冷蔵庫も完備され、くつろぐには最小限の設備があります。

090.JPG

 

 

☆セミダブル・ベッド

硬さもちょうど良いベッドのスプリング、広くは無いですがまぁ夫婦2人では問題の無い

スペース

091.JPG

 

 

☆ユニット式のサニタリー

水回りには浴槽つきのお風呂もあり、最小限の設備は完備

092.JPG

 

 

☆そして・・・・このホテルの売り

実は、このホテルの朝食は『日替わりの丼』なのです。そして、エレベータ内にはこのように

翌日の日替わり丼が表記されてます。ちなみに明日の朝は「中華丼」でした。

095.JPG

 

 

☆日替わり朝食丼のPOP

こんなPOPが貼られていました。

096.JPG

 

 

☆日替わり丼の種類

中華丼・鶏そぼろ丼・豚丼・牛丼・鮭いくら丼・サーモンとろろ丼

の6種。今までさまざまな丼をいただいてますから、今回ですべて

の丼を制覇したということになります。

※やはり1は鮭・いくら丼ですよね。

097.JPG

 

| 2017北海道夫婦旅 | 06:24 | comments(4) | trackbacks(0) | -
北海道夫婦旅2017ぁ屬燭まん」

北海道の玄関口の新千歳空港から約2時間、道東道を使って約1時間半で帯広へ到着しました。

 

帯広市内へ到着してすぐに立ち寄ったのが・・・・・たかまん・・・・こと『高橋まんじゅう屋』です。

その様子・・・・ご覧下さい。

 

 

【高橋まんじゅう屋】

■住所:帯広市東1条南5-19-4(電信通り沿い)

■電話:0155-23-1421

■営業時間:9:00-21:00 ■休日:日

 

 

 

☆お店の正面玄関から

085.JPG

 

 

☆駐車場側から

お店の横に駐車場もあり、ひっきりなしにお客さんが立ち寄ってます。

087.JPG

 

 

☆見える・・・焼く様子

正面のガラスから大判焼きを焼く様子が見れます。

086.JPG

 

 

☆ご主人

頭にはタオルを巻いてますが、外気温が36度でエアコンのない室内の鉄板の上で大判焼きを

焼くのですから、その温度はゆうに40度は超えてるのは予測できます。暑そうですね。

075.JPG

 

 

☆カウンター

ここで注文して受け取ります。

076.JPG

 

 

☆名物の大判焼き

大判焼きは2種類あって、チーズとつぶ餡の2種類です。どちらも120円と安いです。

077.JPG

 

☆つぶ餡

十勝産のあんこがたっぷり入ったもの、あんこも美味しく側の衣もふんわりしてます。

079.JPG

 

 

☆チーズ

中にはこちらも十勝産のチーズが入っていて、少しおしゃれな感じがします。

080.JPG

 

 

☆アイスクリーム:200円

このボリュ−ムで200円なら満足でしょう?

こんな酷暑の日はソフトクリームが最高ですが、やはり高温です

からすぐに溶けたのでした。

078.JPG

 

 

☆店内のイートインコーナー

このテ−ブルに座っていただくのですが、なにせ暑い店内。いくら扇風機を全開しても暑い

のは解消できません。

084.JPG

 

 

☆お客さんは続々と

皆さん大番焼きを5個・10個とまとめて買っていきます。やはりここ帯広の有名店だという

のがわかりますね。

082.JPG

 

| 2017北海道夫婦旅 | 08:32 | comments(6) | trackbacks(0) | -
北海道夫婦旅2017F仕貽擦蚤唸へ

美味しいとんかつをいただいたあとは・・・・・高速の道東道でいざ帯広を目指します。

 

千歳から帯広は距離にしておよそ150km、通常の運転なら1時間半から2時間もあれば

到着します。緑豊かな道東道を一路走ります。

 

 

 

☆いざ道東道へ突入

一般道から道東道でいざ帯広を目指します。通常ならランチをいただいたあとはお昼寝タイムを

取りますが、この日は北海道初日で興奮状態ですの眠くはありません。

で・・・・そのままドライブを続けます。
062.JPG

 

 

☆夕張近郊

この付近で周囲の気温は28度、いつもなら7月のこの時期は気温は10度台ですから、通常よりも

10度も高いって・・・・・・・・?ちょっと変!!!

065.JPG

 

 

☆新得町付近

このあたりは道東地区の入口、新得町付近です。広大な牧場が周辺に広がり、ドライブするに

も目にも優しくルンルン気分で走ります。

067.JPG

 

 

☆新得町〜十勝清水町

このあたりも緑が美しく、この周辺から富良野や美瑛町方面へも近いのです。

069.JPG

 

 

☆十勝清水町付近

帯広から車で約30分くらいにある十勝清水町。この場所の外気温は・・・・な・な・なんと31度

この周辺はまだ標高が300mくらいあるので平地に比べれれば少し涼しいはずなのですが、

この先の猛暑が予想されます。

071.JPG

 

 

☆そろそろ帯広

対面通行になり、そろそろ帯広へ到着します。

072.JPG

 

 

☆国道38号線

この道は、帯広・釧路方面から札幌までつながっている国道38号線、道の両側には白樺並木が

あって・・・・・「あ〜ぁ北海道へ来たんだ」というのを実感します。

074.JPG

 

 

 

| 2017北海道夫婦旅 | 08:29 | comments(2) | trackbacks(0) | -
北海道夫婦旅2017▲肇鵐ツの店『かつふじ』

市北海道旅の初日、朝7時35分に地元松山を出発し新千歳空港へ到着、そろそろお昼近くな

ってきたのでランチへ出かけます。私のいつもですが、北海道を旅する場合も事前に食べログ

などで地元情報ををチェックし、その食べたいものを行程の流れでいただくようにしています。

 

そんな、今回の北海道旅の最初の食事とは・・・・・私の大好物のトンカツでした。

ご覧下さい。

 

 

【食咲工房かつふじ】

■住所:千歳市末広2丁目6-3(千歳駅から250m)

■電話:0123-24-1129

■営業時間:11:00-15:00、17:00-21:00 ■定休日:月曜

 

 

 

★すっかり晴天になりました

新千歳空港到着時には小雨でしたが、レンタカーを借りて5分もすると晴天が広がりました。

今回の旅の良い予感がします。

037.JPG

 

 

★お店の中

元はコンビニだったのを改装したようなお店、ちょうどお昼時でしたからお店には8割くらいの

お客さんでにぎわってました。

039.JPG

 

 

★メニュー

ランチメニューは、高くても1,000円程度の食べやすい金額でした。

040.JPG

 

 

★トンカツもボリューミィ

044.JPG

 

 

★北海道の道央のルスツ工原産の豚使用

ブランド豚のモチ豚というのを使用してるそうです。

050.JPG

 

 

★店内にも豚の人形もたくさん

お店の方に尋ねると「ブタで稼がせていただいてるから可愛い人形をコレクションしてます」と

言うお答えが・・・・大切なことです。

051.JPG

 

 

★奥さんチョイスの『レディスBランチ』890円

こちらは、ヒレカツ・エビフライ・野菜のフライが2種入ったセットメニュー、女性にすればか

なりのボリュ−ムでした。
053.JPG

 

 

★フライのアップ

ここのフライ、見た目よりはぜんぜん脂っこくないトンカツ&フライでした。食べた後もさっぱ

りで、胸がむかつくようなものは一切無かったのには驚きでした。やはり何かノウハウがあるん

ですよね。

055.JPG

 

 

★こちらは私がオーダーした『ふじぜんランチ』1,190円

さすがにお店の名前が付いたランチだけにボリュームもあり、彩りも最高でした。ランチメニ

ューの中では1番高かったのですが、トンカツファンの私には存分に満足感をいただきました。

057.JPG

 

 

★ランチについてたゼリー

爽やかなハスカップ味のゼリーが夏にはぴったり

059.JPG

 

 

★食後のアイスコーヒー

+150円でドリンクが選択できます。

060.JPG

 

 

★それでは帯広を目指して

緑豊かな北海道のハーモニーロードを走ります。

061.JPG

 

| 2017北海道夫婦旅 | 06:26 | comments(4) | trackbacks(0) | -
北海道夫婦旅2017[肯ち

今年も行ってきました北の大地の北海道。

ここ10年くらいは恒例となっている夏の北海道旅行、日本列島が梅雨明けをして夏に向かってる

時にいち早く爽やかな気候の北の大地に旅をしてます。

 

今年も例年のように海の日(以前は海の記念日)の3連休を利用してうかがってます。

 

そんな爽やかな北海道旅行・・・・・・ご覧下さい。

 

 

 

★松山空港朝7時35分

この便で出発、東京へは9時に着き・・・その後乗り換えて11時には新千歳空港へ到着です。

022.JPG

 

 

★松山空港出発

024.JPG

 

 

★四国山脈上空

四国にも2,000m級の山もあり、四国山脈を越えていざ東京へ

030.JPG

 

 

★新千歳空港到着

ROYCEのロゴがペイントされたのを見れば・・・・北海道へ来たんだという気になります。

070.JPG

 

 

★美瑛町にある青い池

今年は久しぶりにここへうかがう予定

071.JPG

 

 

★空港内のレンタカー受付

ここで受付をして、最寄の営業所へリムジンバスで向かいます。

034.JPG

 

 

★やはりたくさんの人・人・人

035.JPG

 

 

★美々町レンタカーの営業者へ到着

大きなクラーク博士の看板のあるトヨタレンタカーのポプラ営業所へ

074.JPG

 

 

★ここでもたくさんの人たち

036.JPG

 

 

 

 

| 2017北海道夫婦旅 | 08:24 | comments(2) | trackbacks(0) | -
北海道夫婦旅2017:行ってきました

さぁ、今年の北海道夫婦旅から夕べ帰還しました。

 

7月14日の3連休の前日からはじまり18日の火曜日に帰るという

”4泊5日の夏の爽やかな北海道の旅”今日はダイジェストをお送りし、その後

は時系列で順次詳細な情報をお送りいたします。

 

まずは・・・・・その1部ご覧ください。

 

 

 

☆高速道路情報

帯広近郊道路情報、この時の気温が31度・・・・信じられない高温です。

071.JPG

 

 

☆アイスクリームで水分補給

078.JPG

 

 

☆明日の朝の朝食

JRイン帯広の名物・・・・・日替わり丼、明日は中華丼だそうです。

095.JPG

 

 

☆列車に乗って出かけます。

気温37度の帯広、クーラーの効いていない電車で晩ごはんに出かけます。

107.JPG

 

 

☆ジンギスカン

名店でいただいたジンギスカン、しかし焼肉店にもかかわらず帯広市内のこのお店はクーラーが

効いておらず、汗だくだくでいただきました。

133.JPG

 

 

☆翌朝の散歩

市内近くにある緑ヶ丘公園を散策します

160.JPG

 

 

☆人に慣れてるエゾリス

166.JPG

 

 

☆朝のTV

昨日の帯広は・・・・・なんと36.2度の猛暑・・・・・・これって北海道の夏??????

200.JPG

 

 

☆十勝清水方面

昨年夏の台風の災害で河川が決壊し、今年も現在復興中です。

214.JPG

 

 

☆十勝千年の森

こちらもすてきなガーデンですが、昨年の台風では甚大な被害があったらしい・・・。

244.JPG

 

 

☆人懐っこいヤギ

昨年の台風時には、たくさんのヤギさんたちも流されて被害にあったそうです。

280.JPG

 

 

☆明るいお姉さんさん

後姿を写真に収めました。

304.JPG

 

 

☆この日もジェラートを

316.JPG

 

 

☆そばの名店で・・・南蛮そばの冷やし

340.JPG

 

 

☆スイーツも

357.JPG

 

 

☆この花火の絵は、誰が作者?

368.JPG

 

 

☆山下清さん

暑かったので、屋外で帯広の夏を楽しみました。

374.JPG

 

 

☆2日目のニュース

な・な・なんと・・・・・帯広37.1度・・・・・・・・・避暑地ではない帯広に愕然

376.JPG

 

☆中華ちらし

392.JPG

 

 

| 2017北海道夫婦旅 | 11:46 | comments(4) | trackbacks(0) | -
北海道へ行くぞ!!2017

昨年の『夫婦で行く北海道旅行』を回想してます。

 

今年も今週の金曜日からの4泊5日で、帯広・上川町・旭川・富良野・美瑛を旅します。

また帰ってきたらレポートしますから、しばらくこのブログはお休みします。

今日のネタは、昨年の北海道旅の後半戦です。

 

それでは、行ってきま〜す。

 

 

 

☆芽室町の産直市「みのりーむ

ここが人気の産直市、初日にも伺い帯広からフラノへ行く途中に

も立ち寄り

513.JPG

 

 

☆開店直店内の様子

たくさんの地元民が野菜の売り場に殺到してます。短い北海道の夏、新鮮な野菜を食べて元気

で夏を乗り越えてください。

521.JPG

 

 

☆南富良野の田園風景

こちらは帯広〜山越して南富良野周辺ののどかな光景、すてきでしょう?

545.JPG

 

 

☆同じく広大な畑

549.JPG

 

 

☆美瑛の人気レストラン『ビブレ』

こちらの建物は、旧北瑛小学校の敷地内にある人気レストランの建物。写真の左側が南で

この大きな窓から美瑛町の雄大な光景が見れるのでも人気だそうです。

614.JPG

 

 

☆野菜中心のヘルシーなお料理

625.JPG

 

 

☆客席からの眺望

ここでお茶するだけでも十分なご馳走ですよね。

639.JPG

 

 

☆美瑛町の田園風景

麦林の向こうに見える赤い屋根がオシャレでしょう。

676.JPG

 

 

☆マイルドセブンの丘

空に広がる麦わらロールがいかにもそれっぽい牧歌的な光景

683.JPG

 

 

☆ふと見た田園

694.JPG

 

 

☆四季彩の丘

こちらは丹精こめて作られた陸の中腹の『四季彩の丘』たくさんのお客さんで賑わい

704.JPG

 

 

☆計算された緑のチワ

まるでキャンパスに描かれた絵画みたいでしょう?これはさまざまな花を交互に植えて

見事なグラデーションを作ってます。管理される方々の苦労がうかがえます。

706.JPG

 

 

☆道路端にはこんな標識も

十分に注意しましょうね。

722.JPG

 

 

☆クマ出没?

いえいえ・・・・・少し元気の無いキタキツネクンでした。

723.JPG

 

 

☆南富良野のログハウスラーチ

ここには泊まったことはないのですが、雰囲気があり朝もやが良い感じ。

770.JPG

 

 

☆南富良野かなやま湖

大好きな光景の1つ、今年もここを訪れてかなやま湖に浮かぶラベンダー畑を楽しみます

787.JPG

 

 

☆炭焼豚丼の『空海

千歳近郊のJR島松駅の近くにある炭火豚丼&そばのお店の『空海』さん、今まで何度も

うかがってますが、はずれはありません。

814.JPG

 

 

☆旨みを含んだ豚丼

816.JPG

 

 

☆千歳市の自衛隊のすぐ前にある『海鮮道楽たち花』さん

このお店は、千歳周辺で和食なら1番のお奨めのお店

870.JPG

 

 

☆中トロ

見たまんまで・・・・・・・・・噛まずにとろける中トロ・・・・・・美味すぎます。

873.JPG

 

 

☆私の大好物の「ホッキ貝の塩焼き」

これをいただけば1年間は我慢できます。

874.JPG

 

 

☆いくらの醤油漬け

良い塩梅でいくらに味付けされてます。あ〜ぁしあわせ!!

889.JPG

 

 

☆お寿司盛りあわせ

891.JPG

 

 

☆千歳市内のグリーンパーク

北海道では市内各地にもこんな自然が残った公園がたくさん

924.JPG

 

 

☆最終日の朝食

朝からたくさんいただいて、また北海道へうかがいましょうね。

951.JPG

 

【しばしの休載】

明日は、愛媛県の19クラブのゴルフ場対抗が私の所属する道後GCで開催され私も

選書の1人としてクラブ代表の6選手の末席で出場します。そして、金曜日から5日間

北海道の夏休みをエンジョイするためっこのブログを休載いたします。

また、帰ればホットな北海道ネタを連載しますのでお楽しみにね。

それじゃ、行ってまいりま〜す。

| 北海道の思い出特集 | 08:42 | comments(4) | trackbacks(0) | -
北海道へ行くぞ:2017

梅雨明けが待たれる今日この頃、例年は7月の3連休あたりに『梅雨明け宣言』されるのが多く、

今年も四国の暑さを避けて恒例となってます北海道夫婦旅にこの3連休を利用して出かけます。

 

飛行機などの予約はもう4月くらいから始めていて、すでにホテルやレンタカーも手配を終わり

、今週末の14日の金曜日から4泊5日で夏の北海道を楽しみます。

 

そこで、自分のイメージを高めるために今週は『過去の北海道の思い出』を振り返ってみます。

ご覧下さい。これから先は、昨年の夏の北海道の様子・・・・・ご覧下さい。

 

 

 

 

☆新千歳空港内の歓迎写真

こちらは、美瑛町の名所『青い池』の写真、今年もうかがってこの青さを見たい気もします。
071.JPG

 

 

☆最初に行ったのが

こちらは、追分ICからすぐの東千歳の『東千歳バーベキュー』への道、この周辺は畑が多く

自然の緑のじゅうたんを眺められるゾーンなのです。

081.JPG

 

 

☆鶏の半身を炭火の上で豪快の焼きます

遠赤外線効果で中まで美味しく焼けるのを待つ、店内はたくさんのお客さんで満員

109.JPG

 

 

☆キャベツの野菜炒め

こちらも下味がつき、キャベツの甘みを感じる1品

114.JPG

 

 

☆広尾町の大森カントリーガーデン

一昨年も伺って非常によかったので再訪です。

170.JPG

 

 

☆たくさんの花々が

175.JPG

 

 

☆初日に宿泊した『晩成温泉』

太平洋のすぐ横にあるので、夏場でもこんな濃霧がしょっちゅうみたい。

225.JPG

 

 

レーメン

初日の晩ごはん、安くて美味くて満足

242.JPG

 

 

☆サガリ丼

牛肉に下味をつけて焼き上げたサガリ丼、軽くいただくにはちょうどいいものでしたね。

243.JPG

 

 

☆タンチョウ鶴

こちらは、太平洋沿いに広尾町から釧路へ向かう際に田んぼの中で発見、四国人には非常に

珍しいものを見ました。

282.JPG

 

 

☆道路には濃霧が

釧路周辺の太平洋側はこのような濃霧に覆われることが多いのです。

283.JPG

 

 

 

☆この日のランチ

これは、釧路の少し手前にある道の駅の白糠恋問名物の1つ『カツ

スパ』美味しかったぁ

323.JPG

 

 

☆同じく『豚どん』

分厚い豚肉が甘いタレに絡まり、非常にボリューミィ・・・・大・大満足

327.JPG

 

 

☆ウエモンズ・ハートのジェラート

帯広郊外にある乳製品の有名店の広瀬牧場内のシュップで

349.JPG

 

 

☆帯広市内の十勝トテッポ工房

このお店では、チーズ製品や洋菓子がたくさんありお土産にもたくさん購入

395.JPG

 

 

☆こちらは宿泊したJRイン帯広の名物

このホテルの朝食は毎日日替わりの丼が提供されます。

中華丼・鮭いくら丼・豚丼など5種の中からその日の1点があり

その日の朝が楽しみなんです。朝から丼?なんて思われるでしょ

うが、これがなかなかいけます。

409.JPG

 

 

☆2日目のディナー

この日は帯広市内でお寿司、何度かお邪魔してる『辰巳寿し』さん、新鮮なネタにお値段も

手頃ですから、いつも満員・・・・ですから予約をして出かけます。

429.JPG

 

 

☆お寿司

大好きなエビ・カニ系や帆立貝も肉厚ででかいのです・・・・幸せ。

435.JPG

 

 

☆ウニやいくら・マグロの大トロなど・・・

436.JPG

 

 

☆トロ鉄火

こちらも脂が乗って最高です。

439.JPG

 

 

☆翌朝はお散歩

463.JPG

 

 

☆帯広市内にある緑ヶ丘公園

ここは大好きな場所で、約30分間ウォーキングに汗を流しま

す。といっても、朝晩は涼しいので快適な時間です。

480.JPG

 

 

☆ホテルへ帰って朝食

この日は『中華丼』、朝から丼ですが割りとガッツリいただけます。

496.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

| 北海道の思い出特集 | 08:59 | comments(4) | trackbacks(0) | -
「長城」あの中華の名店が閉店

中華料理のお店、庶民的でボリュームもあり季節毎の材料で我々を楽しませてくれます。

 

そんな中華料理のお店、松山市にもかなりたくさんの中華の名店があろうかと思いますが

、あくまでも個人的な意見ではここ『長城』さんは松山でも3本の指に入る名店です。

そんな中華の名店の長城さんが諸所の事情により先月閉店しました。

閉店前に最後にうかがった様子をご覧下さい。

 

 

 

 

☆お店の前は長蛇の列

我々は、事前に予約してた関係でスムーズに入店できましたが、予約無しの方は1時間以上待

って最後の長城の料理を楽しんでました。

109.JPG

 

 

☆この日の特別メニュー

その日に入荷された美味しい魚などが特別な調理方法で提供されるのもここ長城の特徴

中華料理店には珍しいお刺身などもあるんですよ。

113.JPG

 

 

☆キッチン脇にある豪勢な材料

客室からは調理場がオープンキッチンなので調理する様子や材料などが丸見え。

これって、調理などが丸見えですから腕前や段取りに自信のないお店では絶対無理でしょう

114.JPG

 

 

☆先付け

最初に提供されたのがこちらの3点、細麺のパスタサラダ・なすびの浅漬け・ごぼうの煮付け

115.JPG

 

 

☆ごぼうの煮付け
見た目よりはしっかりと味のついたごぼうの煮付け、隠し味の豆板醤が良い仕事を・・・。

116.JPG

 

 

☆なすびの浅漬け

こんなのって誰でも簡単にできそうですが、やはりプロの技が入ってます。

117.JPG

 

 

☆本日のお刺身盛り合わせ

タイにマグロに赤貝などの盛り合わせ、これで6人前ですが、お刺身ってのはこれくらいが

1番バランスのよいボリュ−ムですね。

119.JPG

 

 

☆ちまき

中においしい蒸されたご飯が入ってるんですね。

120.JPG

 

 

☆中の様子

モチッとした食感が抜群です。下味もついてるので旨みが口中に広がります。

121.JPG

 

 

☆ししゃも

何でししゃもかはわかりませんが、これは北海道で獲れる本当のシシャモですね。

124.JPG

 

 

☆お口直しのジャガイモのうま煮

125.JPG

 

 

☆中華の長城風スペアリブ

甘辛いタレが骨付きの肉に絡まってお酒が進みます。

127.JPG

 

 

☆オコゼの塩鍋

高級魚のオコゼを塩のみで炊き上げたオコゼ鍋、上品な白身が食欲を増進します。

128.JPG

 

 

☆塩鍋のタレ

この中華風タレを絡めると、抜群にパンチが効きます。

129.JPG

 

 

☆あわびのオイスターソース炒め

高級な厚みのあるアワビに旨みの含んだオイスターソースがまとわり・・・・・・最高

131.JPG

 

 

☆長城風・酢豚

最初にこの酢豚を食べた時には衝撃的でした。それまでの酢豚の概念を覆すようなお味

にこの店の大将の器の広さを感じました。

132.JPG

 

 

☆車えびの甘辛煮

揚げ具合といい下味の旨みといい、やはりさすがの調理ですね。

133.JPG

 

 

☆麻婆豆腐

パンチの効いた麻婆豆腐、最初はあまり感じませんが、食べすすめていくとそのうち

中国山椒の辛さが効いてきて、その辛さにお酒が進みます。

135.JPG

 

 

☆この日の酒

焼酎にウイスキー、そして山口県の銘酒のだっさい(字が変換できません)、しこたま

いただいちゃいました。

138.JPG

 

 

☆〆の塩天津飯

〆の1品としては食べすすめやすい「塩天津飯」スープにたくさんのカニの身が入り

おなかがいっぱいでもいくらでも入りそうな1品、抜群です。

139.JPG

 

 

☆オープンカウンターの様子

手前の丸刈りの方がお店のご主人、その仕事のさまはさすがの達人です。

141.JPG

 

【中華の名店『長城』の残念な閉店】

今までにもかなりの回数でお邪魔してきたここ長城さん、今回諸事情で閉店することに

なりましたが、今後はまた違う形で別の場所で生まれ変われるそうです。

また、お店がオープンするようになればこの味を求めて、松山の食通が通うこと間違い

なし、しばしお待ちください。新規開店するようになればまたレポートいたします。

今後の健闘を期待します。

 

 

| 中華料理 | 08:06 | comments(4) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ