CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
北海道夫婦旅2016:最終回46:松山へ帰る

さぁこれからは飛行機に乗って東京経由で松山へ帰ります。

 

機中は寝るだけで別段ストレスもなくリラックスできます。ただ、真夏のこの時期熱帯状態の気温、

涼しい北海道から猛暑の日本列島へ帰るのは辛くて辛くて、いつも外の真夏の情景を見るたびげん

なりします。出来れば、夏の間だけは涼しい北海道で長期休暇が取れればなんて妄想してます。

しかし、現役で仕事をしてる以上そんなに長期間休暇はとれず、諦めが肝心です。

しぶしぶ・・・・・時間をかけて現実に戻るのです。

 

 

 

 

☆12:30東京へ向けて出発

さぁいよいよ現実に戻るのですが・・・・本音は駄々っ子みたいに「帰りたくない」って泣きじゃくり

たいのですが、大人ですから我慢します。

1003.JPG

 

 

☆あのROYCE(ロイズ)の看板も見納め

AIRDOもそうですが、北海道関連からおさらばです。

1007.JPG

 

 

☆新千歳空港

また来年必ず来ます。

1008.JPG

 

 

空港の脇の駐車場

1010.JPG

 

 

千歳空港CC

毎年うかがってる新千歳空港のすぐ横にある「千歳空港カントリー」

1012.JPG

 

 

苫小牧市内上空

さぁこれから津軽海峡を超えて本土へと向かいます。

1014.JPG

 

 

まもなく津軽海峡

1015.JPG

 

 

本州の上空

ここは栃木県上空くらいでしょうね。なにせ窓からの景色が暑そう!!

1016.JPG

 

 

千葉県上空

関東平野が広がってます。

1017.JPG

 

1019.JPG

 

 

幕張の東京ディズニーランド上空

夏休み期間中は子供連れでいっぱいなんでしょうね。

1020.JPG

 

 

まもなく羽田空港

1021.JPG

 

 

羽田空港到着

1023.JPG

 

 

まもなく松山便へ搭乗

1024.JPG

 

 

晴天の羽田空港

1025.JPG

 

 

海ほたる:木更津方面へ橋がつながって

1027.JPG

 

 

 

 

 

 

約1時間後:瀬戸内海上空

1030.JPG

 

 

島が大きくなり、まもなく松山

こんな光景を見れば「あぁ帰ってきた」と安堵すると同時に現実に戻るのが辛いのです。

1032.JPG

 

 

松山空港到着

1034.JPG

 

【2016年北海道夫婦旅のあとがき】

8月前半から10月末までの約3ヶ月間、私の4泊5日の北海道旅にお付き合いいただきありがとう

ございました。今年も夏の激暑の時期に涼しい北海道で楽しく過ごしました。

十勝地方や富良野・美瑛地区など、北海道の定番を美味しく楽しく過ごしましたが、その後の北海道

を襲った台風の影響で今回訪れた地区に多大な被害を被りました。1日でも早い復興を願い、また来年

も大好きな地へうかがいたいと思ってます。

長期間の連載をご支援ご愛読していただき改めてお礼申し上げます。

| 北海道夫婦旅2016 | 09:08 | comments(2) | trackbacks(0) | -
北海道夫婦旅2016:45「最終日昼ごはん」

約1時間半、新千歳空港内のお土産を見て周りすっかり疲れました。

まぁウインドウショッピングは嫌いでもありませんが、なにせ人が多い場所があまり好きではないので

疲れてしまいました。夫婦ともお土産を買い終わり、空港内の搭乗口近くのベンチで1休み。

 

そして、早いランチですが・・空港内で買った佐藤水産のおにぎりや手塚水産のじゃこてんを食べます。

通常ならここ新千歳空港にはさまざまな飲食店があり、ラーメンや豚丼・ステーキや海産物などいろんな

希望にこたえてくれる店で食べるのですが、なにせこの日は朝早くからビュッフェ形式の朝食をたくさん

いただいてるもんだから、この日のお昼は空港内で購入したお弁当とおかずをいただきます。

 

 

 

☆佐藤水産の円むすび

昼までには売りきれて確実になくなる超人気弁当。北海道の水産関係のお土産品ではかなり有名な佐藤

水産さんの「円むすび」、人気のおにぎりだけに前から食べたかったのです。

994.JPG

 

 

☆手塚水産のホタテのかまぼこ

かまぼこというのかさつま揚げというのか・・・・またまた愛媛県ではじゃこてんといいますが、魚のすり

身を油で揚げたものがこれです。下味もついてるのでそのまんまおかずとしていただきます。

画面の右側が帆立貝・そして右側がなんだったんだろう?忘れました。

995.JPG

 

 

 

☆円むすび:横から

お米も厳選された「ほしのゆめ」だそうです。

996.JPG

 

 

☆オープン

でっかいおにぎりが2ヶ、セロファンに包まれてます。幻想的?でもないか?

998.JPG

 

 

☆でっかい1ヶ

大きさが大人のこぶし大はあります。食べ応えがありそうです。このおにぎりが2ケで650円、質・

量共に大満足です。

999.JPG

 

 

☆これは筋子

大きなおにぎりの中心部に北海道産の筋子がたっぷり、おにぎりには少ししょっぱい筋子がいいアク

セントです。

1000.JPG

 

 

 

さらに筋子

1粒1粒にはっきりとした下味がついて、思わず笑みが浮かびます。

1001.JPG

 

 

☆こちらは鮭のフレーク

こちらは比較的あっさり

1002.JPG

 

 

 

| 北海道夫婦旅2016 | 08:30 | comments(2) | trackbacks(0) | -
北海道夫婦旅2016:44「新千歳空港」

レンタカーを営業所まで持っていって、レンタカー会社のリムジンバスで新千歳空港へ向かいます。

 

空港で手荷物を預け、これからは自由時間(特に何をするかは決まってません)まぁ最後のお土産

購入の時間になります。約2時間、ぶらぶらしながら品定めをします。しかし、この空港のショップ

はいつ行っても人がいっぱい、こんな場所なら大したものでなくても雰囲気などで売れるんだろうな

ぁと思いつつ流れの中でお土産を購入していくのです。

 

 

 

☆新千歳空港2階のセンタープラザ

いつも何かのイベントを行ってるこの空間、今年も何か開催してます。

976.JPG

 

 

☆お弁当屋さん

北海道独自の空弁ずらっと並んでます。

977.JPG

 

 

まあるいおむすび

有名な佐藤水産のでっかいおにぎり、具には鮭やいくらが入っており食べたいお弁当なのです。

979.JPG

 

 

かにも入ってます

980.JPG

 

 

そして「うしサブレ」

今回の旅の十勝畜産大学構内にあった「うしサブレ」、ユニークなうしの模様があって好きです。

作ってるのは浜中町にあるファーマーズデザインという会社です。

982.JPG

 

☆甘えびの燻製

これは、余市の漁港近くにある燻製専門店の製品、お店の名前が

「南保留太郎商店」というユニークな名前のお店。私の好きなお店

983.JPG

 

 

☆パンダの帽子をかぶったおねえさん

このお店はスイーツのお店ですね。ドーナツの専門店みたい。

984.JPG

 

 

小さな子供には大人気

985.JPG

 

 

毛がにもたくさん並んで

987.JPG

 

 

塩水ウニ

生のウニ、ミョウバンにつけていない塩水の中で保管してる生うに、これは美味しいのです。

ウニ本来の味がして、最高です。2,500円とは正味期限が近いのでこの価格。

988.JPG

 

 

☆塩水ウニ5,500円

まぁこんな値段を出してまで食べる気はしないのです。

989.JPG

 

 

紋別の手塚水産

このお店は、魚のすり身を揚げたテンプラを売ってます。これがご飯のお供には最高。

990.JPG

 

 

再びセンタープラザ

992.JPG

 

 

ANAフェスタ

ここはANAカードを提出すれば10%オフになるので、まとまったものはここでゲットします。

993.JPG

 

 

 

| 北海道夫婦旅2016 | 14:06 | comments(2) | trackbacks(0) | -
北海道夫婦旅2016:43「お菓子のモリモト本店」

朝ごはんを終え、この旅で購入したお土産などをトランクに詰めホテルをチェックアウトします。

 

空港の出発時間までにはたっぷり時間があるので、千歳市内にあるお菓子の名店「モリモト本店」

にうかがいます。ご覧下さい。

 

 

【モリモト本店】

■住所:千歳市千代田4-12-1

■電話:0123-23-4181

■営業時間:8:00-19:30 ■不定休

 

 

 

☆モリモト本店の外観

千歳市の中心にあるモリモトさんのお店、老舗なのですが親しみのあるお店です。千歳市民にも大人気の

ようで、地元のお客さんも多かったのです。

959.JPG

 

 

☆お店のショーウインドウ

夏の季節らしく、ハスカップのゼリーがディスプレーされてあります。この時に涼しそうですが、今

ならとても寒そうですよね。

960.JPG

 

 

☆カラフルな店内

たくさんの種類のお菓子が所狭しと並んでます。

961.JPG

 

 

☆すでにケーキも完成

うかがった時間は午前9時過ぎ、この時間には数多くの種類のケーキも並んであり、いったい何時から

起きて作ったのかと思うのです。

962.JPG

 

 

☆出来立てパンも売り場へ

この店の出来たてのパンが売り場に並びます。物によれば「量り売り」もあるようで、さまざまな種類

のパンが好きなだけチョイスできるようです。

963.JPG

 

 

☆美味しそうです

画面ではこの新鮮な出来立てパンの香ばしい香りをお送りできないのが残念です。あと30年くらいす

れば、TVの画面から匂いや煙が飛び出したり・・・なんてことが当たり前に起きるんですかね?。

964.JPG

 

 

☆カレーパン

今思えば買っておけばと後悔してますが、この時には朝ごはんをホテルでたくさん食べた後だっただけ

に買いそびれてしまってます。

965.JPG

 

 

☆惣菜系のパンも

空腹時にパン屋さんを訪れると必ずたくさん買ってしまったことを後悔します。まずは、空腹時に行か

ないことです。

966.JPG

 

 

☆でも・美味しそう

967.JPG

 

 

☆こんなPOPを見ればなおさら

968.JPG

 

 

☆ハスカップゼリー

この2点を店内のイートインコーナーで、片方はりんご、もう1つはハスカップ爽やかです。

971.JPG

 

 

☆奥さんは大好物の小豆を

972.JPG

 

 

☆ゼリーのアップ

974.JPG

 

 

☆8月4日の最高気温

やはり北海道でも夏の昼間はこんな気温です。

975.JPG

| 北海道夫婦旅2016 | 09:01 | comments(4) | trackbacks(0) | -
北海道夫婦旅2016:42「ホテルの朝ごはん」

さぁ、いつものように朝早くから散歩をしてお腹はぺこぺこ。

ホテルへ戻ってビュッフェ形式の朝ごはんです。

 

 

 

会場のPOP

938.JPG

 

 

ビュッフェ形式の朝食会場

今回の旅初のビュッフエ形式の朝ごはん、楽しみです。

939.JPG

 

 

★煮物など

ご飯のお供になりそうなおかずがいっぱい、期待できそう。

940.JPG

 

 

★スイーツ系

フルーツポンチ・杏仁豆腐・ゼリー・ヨーグルトなどなど

941.JPG

 

 

小さなケーキ類

小さいながらいろんな種類のケーキ類もあり

942.JPG

 

 

★卵系やパスタ

卵料理やスパゲッテイなどもありました。

943.JPG

 

 

★焼き魚:鮭やホッケ

やはり北海道の焼き魚といえ鮭とホッケでしょうね。

944.JPG

 

 

ジャガイモのふかしたもの

メィクイーンや北あかりなど、2種もあると嬉しくなっちゃう。

945.JPG

 

 

パンのお供のジャムやバターも

946.JPG

 

 

ラーメンサラダのもと

湯がいたラーメンの麺・コーン・シーチキンなど・・・。これらを1つにして北海道名物ラーメ

ンサラダが完成。

947.JPG

 

 

★サラダ系も充実

新鮮な野菜サラダを朝からいっぱいいただけそうです。

948.JPG

 

 

★漬物や松前漬けなど

こんなのが豊富な北海道のビュッフェ。ついついおかずが充実してご飯が進みます。

949.JPG

 

 

★イカそうめん

こちらもご飯には抜群の相性、あらっもう醤油・山わさびをかけちゃいました。

953.JPG

 

 

★ジャガバター&塩辛

これは北海道ならではのコーディネイト。ジャガイモにバターを乗っけるだけでも美味しい

のに、その上にイカの塩辛をまぶすと3倍美味しいものに飛躍します。

956.JPG

 

 

パンの種類も豊富

957.JPG

 

 

 

奥さんのチョイス

これを見ただけでも、普段のものの2倍は食べてるようです。

950.JPG

 

 

私のチョイス

いろんなおかずを適量にいただき、これでご飯2杯は確実でしょう。

952.JPG

 

 

| 北海道夫婦旅2016 | 09:17 | comments(4) | trackbacks(0) | -
北海道夫婦旅2016:41「朝の青葉公園」

さぁ、この日はこの北海道旅の最終日。

 

この日は、実質お昼の便で東京を経由して四国の松山へ帰省するためあまり行動は出来ません。

朝1番の恒例行事・・・・朝の散歩へ夫婦そろって出かけます。

ホテルから車で約5分の距離にある千歳市民の公園「青葉公園」です。

 

ご覧下さい。

 

 

☆青葉公園

千歳市民の憩いの場である青葉公園、野球場や陸上競技場・サッカー場などもある大きな森を囲んだ

公園なのです。

913.JPG

 

 

☆青葉公園の地図

大きな森に囲まれた青葉公園、大きさで言えば「東京ドーム5個分」くらいはあるんですかね。

914.JPG

 

 

大きな木の下を散歩します。

916.JPG

 

 

陸上競技用の400mトラック

917.JPG

 

 

緑が美しいですね。

918.JPG

 

 

市営野球場

本格的な野球場、土も黒土が入っていて整備状態は良好。

919.JPG

 

 

公園の周囲を散歩

朝早くから熟年の方々が歩かれてました。

921.JPG

 

 

きれいに整備された遊歩道

北海道ではどこへ行ってもこのように遊歩道が整備された公園が多いのです。うらやましい限り・・・。

922.JPG

 

 

森林浴

924.JPG

 

 

ベンチも整備され

925.JPG

 

 

散歩道の案内

926.JPG

 

 

水のオブジェも

927.JPG

 

 

若者たちはジョギングに精を出し

928.JPG

 

 

さっぽろジンギスカン

この写真は、青葉公園からホテルへ帰るときの写真、ここさっぽろジンギスカンは美味しいお肉を

いただけるので有名なお店、今までにこ4.5回はうかがってますが朝早く見たらその外観はすざまじい

930.JPG

 

 

川の水も豊か

北海道は川の水はいつも豊富です。そして、夏場でもその水は冷たく感じます。

934.JPG

| 北海道夫婦旅2016 | 08:38 | comments(4) | trackbacks(0) | -
北海道夫婦旅2016:40「海鮮道楽たち花」

2016年の夏・・・・4泊5日の北海道旅も4日目の夜、今回の旅の最後の晩ごはんに出かけます。

 

今回の最後の晩餐にチョイスしたのは”北海道の美味しい海産物が食べたい”という夫婦の意見が

一致し千歳市の『海鮮道楽たち花さん』にお伺いします。

こちらも食べログでの評判も良く、海のない千歳市で美味しい海産物をいただけるお店というので決定

し2ヶ月前から予約しうかがいました。

 

 

【海鮮道楽たち花】

■住所:千歳市北斗4-6-3(自衛隊千歳駐屯地前)千歳駅から2,000m

■電話:0123-27-7271

■営業時間:17:00-24:00(日・火〜木)17:00-25:00(金・土)

■定休日:月

 

 

 

☆場所は自衛隊の千歳駐屯地のゲート前

市内からは少しはなれた場所にあるこのお店、目のまん前には自衛隊の出入り口なのです。

856.JPG

 

 

☆お店の外観

通常は和風の外観が多いのが海鮮料理店、やはり降雪地帯のお店だけに雪かきが出来やすそうにフラ

ットな屋根です。

857.JPG

 

 

☆カウンターに着席

やはり目の前で職人さんが作るのを見ながらいただくのがいいですね。

859.JPG

 

 

☆メニューの1部

毎日日替わりでさまざまなお魚がいただけるようです。

861.JPG

 

 

☆やはりサッポロクラシック

今回の旅ではほとんどがこの北海道産ビールをいただきました。

862.JPG

 

 

☆前菜

この3点が前菜、味付けもよし、見た目にも美しい・・・・センス良さそう。

863.JPG

 

 

☆お寿司などのメニュー

このようにお寿司もお値段がはっきりわかれば注文しやすいで

すよね。

864.JPG

 

 

☆洋風メニューもあるようで

なかなか海鮮料理屋さんには洋風メニュ中華メニューはないの

ですが、ここにはありました。

865.JPG

 

 

☆お刺身盛り合わせ

大きな皿に盛りつけられたお刺身盛り合わせ。左から「甘エビ・イカ・マグロの中トロ・ホッキ貝」

手前のスマホの大きさからしたらかなりの大皿に盛られて豪華絢爛ですよね。

870.JPG

 

 

☆中トロにホッキ貝

大好きなメニューが並んであり、写真を撮るにも手が幾分震えるのです。

872.JPG

 

 

☆脂の乗った中トロ

思わず笑みが浮かびます。最初の1口はわさびのみでいただいちゃいます。さすがに品の良い中トロ

口に含むと噛まなくても溶けちゃいました。

873.JPG

 

 

☆大好物の「ホッキ貝のバター炒め」

この食べ方が1番歯ごたえがあってうまみが口いっぱい拡散します。

874.JPG

 

 

☆ハイボール

最近流行のハイボール、2杯目はビールから移行

876.JPG

 

 

☆奥さんチョイス「アスパラガスの天ぷら」

新鮮な北海道産のアスパラはえぐみもなく、食べても繊維が口の中に残りません。

881.JPG

 

 

☆日本酒にチェンジ

地元北海道産の冷酒をいただきました。

885.JPG

 

 

☆お寿司盛り合わせ

マグロの赤身・イカ・甘海老につぶ貝・・・・そして「ウニいくらの軍艦」・・・・最高

891.JPG

 

 

☆かんぴょう巻き

お口直しには落ち着く1品

898.JPG

 

 

☆ハマグリのお吸い物

やはり暑いときでも最後は暖かいものがありがたい

894.JPG

 

☆いくら丼

ハーフサイズのいくら丼、今回は初のいくら丼でしたが、やはり地元北海道産のいくらは1味違う。

889.JPG

 

 

デザートには「夕張メロン」

900.JPG

 

 

 

☆そして・・・・・完食

やはり注文したものは全部美味しくいただきましょうね。大・大・大満喫・・・ごちそうさま

908.JPG

 

 

☆目の前の自衛隊入口も夜が更けて

さぁここからタクシーでホテルへ戻ります。

912.JPG

 

【海鮮道楽たち花さんのあとがき】

北海道各地にも海に面していない場所も多く、かといって海産物が美味しいなんて場所も最近の

輸送技術の進化で美味しい海産物をいただけるのです。こちら千歳市も海に面してはいませんが、

近海の新鮮な魚介類が豊富に入手できるようで、新鮮で美味しいものを満喫させていただきました。

お値段のほうもこのクオリティで8,000円程度だったように記憶してます。

またお邪魔する機会があれば絶対に行きたいと思いました。

特に、元ヤンキーっぽい40代くらいのご主人の仕事の繊細さなどにも好感を得て、接客をする70代

と拝見したお母様とのコンビネーションも良かったのでした。ごちそうさまでした。

 

 

 

 

| 北海道夫婦旅2016 | 08:16 | comments(4) | trackbacks(0) | -
北海道夫婦旅2016:39「ホテルエリアワン」

北海道の旅も4日目の夕方、これからこの日宿泊する「ホテル・エリアワン千歳」に向かいます。

このホテルは千歳市内にあり、立地の良さ・料金の手頃感で予約しました。

 

 

【ホテルエリアワン千歳】

■住所:千歳市幸町6-1(JR千歳駅300m)

■電話:0123-26-1156

■予約:今回はNETからの予約で2名で朝食付きツインルーム15,000円でした。

 

 

 

☆外観

ぱっと見1昔前の”ラブホ”のような光ったタイルで覆われたこの

外観のホテル・・・さて中はいかがなもんでしょうか。

936.JPG

 

 

☆1階の入口付近

近くに来ると概観のような「妖しげな感じ」はあまりありません。

937.JPG

 

 

☆エントランス付近

通常のビジネスクラスのホテル

855.JPG

 

 

☆廊下周り

建物全体の老朽化と照明器具の関係で少し暗い印象はありますが、別段問題なし

854.JPG

 

 

☆ツインルーム

一般的なツインルームに比べると少々狭い感じ

850.JPG

 

 

☆ベッドはシングルが2台

まぁ値段からしてもこんなもんでしょう。

851.JPG

 

 

☆ユニット形式の水周り

古さは否めませんが、こんなもんでしょう。

853.JPG

 

【4日目の宿泊先】

さて、これからは予約していた晩ごはんを食べに出かけます。今回の旅の最後の晩餐

何をいただいたのかは明日以降に・・・・。

| 北海道夫婦旅2016 | 08:54 | comments(4) | trackbacks(0) | -
北海道夫婦旅2016:38「三井アウトレットパーク」

美味しい豚丼とざるそばを食べ、近くの公園の駐車場に車を停めてしばしのお昼寝。

 

お昼寝から目覚めてこれから大好きなショッピングに行きます。

北広島ICのすぐ前にある「三井アウトレットパーク」へお邪魔します。

 

 

 

【三井アウトレットパーク北広島】

■住所:北広島市大田幸町3丁目7-6(道央道北広島ICすぐ)

■電話:011-377-3200

■営業時間:10:00-20:00(飲食:11:00-21:00)

 

 

 

奥さんは大好きなキッチングッズのお店へ

824.JPG

 

 

きれいな色のお弁当やポットが

828.JPG

 

平日なのでさほど客の姿は

この日は8月の平日、休日ともなると北海道各地から地元民が押し寄せますが、この日はゆっ

くりと

825.JPG

 

 

PUMA

やはりチェックしときましょうか。

826.JPG

 

 

カラフルな店内

小物を少し購入

831.JPG

 

 

NIKE

ナイキにも立ち寄りましょうね。

832.JPG

 

 

買い物が終わり

1階入口の脇にある「ミルクBAR」へ

837.JPG

 

 

 

ジェラートをいただきましょう

この日買ったは「夕張メロンアイス」こんなことなら富良野で

食べときゃよかったって・・・いやいやこんなのは毎日でも

834.JPG

 

 

こんなPOPに引込まれるぅ

誘惑には弱いのです。

838.JPG

 

 

☆「北海道ロコ」

これは、アウトレットの入口にある北海道全体のお土産品売り場、かなりの商品がそろってます。

842.JPG

 

 

☆2階のフードコート

2階にも大きなフードコートが、ラーメンや魚介類・スイーツにいたるまでさまざまなグルメ

が集約されてます。ここにはたくさんの人々が・・・。

843.JPG

 

 

☆お店のラインアップ

これで半分、和食やあんかけ焼きそば・ハンバーガーも

844.JPG

 

 

☆お店のラインナップ

これですべて、12店舗もあるのね。洋食・韓国料理・ラーメンなども

845.JPG

 

 

この日はスタバ、えっ・・・・タリーズでした。

847.JPG

 

 

炎天下の三井アウトレットをあとに

848.JPG

| 北海道夫婦旅2016 | 08:45 | comments(4) | trackbacks(0) | -
北海道夫婦旅2016:37「炭焼豚丼:空海」

千歳の近く、島松町のJRの近所にある「豚丼・そば」の名店『炭焼き豚丼空海』さんへお邪魔

します。

 

この店は、今年の7月初旬の「北海道ゴルフ旅」でも2年連続でメンバーのリクエストでもお邪魔しまし

たので、うちの奥さんにもその美味しさを伝えるべく、今回のお昼ごはんに再度お邪魔しました。

 

ご覧下さい。

 

 

【炭焼豚丼・空海】

■住所:恵庭市島松寿一丁目10-2(江別・恵庭大通り沿い)JR島松駅300m

■電話:0123-37-1230

■営業時間:11:00-14:30、17:00-20:00 ■定休日:火曜

 

 

 

☆JR島松駅のそば

炭焼豚丼空海はここにあります。

803.JPG

 

 

☆お店の外観

到着したのが11時半、お昼前なのにすでにお客さんで駐車場は満杯。

804.JPG

 

 

☆メニュー

豚丼とおそばのメニュー「空海セット(もりそば+ロース豚丼)

1,100円が大人気です。

805.JPG

 

 

☆テーブルの上

きちんと七味と山椒が並んでます。

806.JPG

 

 

☆お奨めは「空海セット」

もりそば&ロース豚丼のセット:1,100円・・・・前回もこれを全員12名でいただきました。

807.JPG

 

 

奥さんチョイス:もりそば:670円

809.JPG

 

 

☆私のチョイス:豚バラ丼555円&もりそば670円:合計1,225円

空海セットは豚丼が(ロース肉)なのですが、私はお好みでバラ肉をチョイスし満足。

私は四国地方に生まれた関係で今まであまり日本そばには縁がなく、あまりおそばを美味しいと思っ

たことがありませんでしたが、このお店で初めて「美味しい」と感じるほどの美味しいおそばに出会

ったのでした。

814.JPG

 

 

☆ブタバラ丼

柔らかいブタバラ肉がたくさん入ってます。枚数にして15枚くらい・・・・嬉しい。

815.JPG

 

 

☆柔らかくジューシーなブタバラ肉

薄くスライスされたブタバラ肉が食べやすく嬉しいです。

816.JPG

 

 

☆肉の下にはシャリが

豚肉の下にはしっかりタレが染み込んだご飯があります。これだけでも十分ご馳走なのに、その上

の豚バラ肉とざるそばなんて贅沢ですよね。

819.JPG

 

 

☆完食直前の豚丼

あ〜ぁ・・・・・・幸せだなぁ!!!!!!!

820.JPG

 

 

☆当然完食

すべて何も残さずに、そして最後のそば湯まで飲み干して満足・満足。

821.JPG

 

【北海道のそば事情】

北海道で麺類といえばラーメンのほうが断然有名ですが、各所におそばの名店もあるようです。

ここ空海さんも、ネーミングは「炭焼豚丼空海」ですが、そば本来の美味しさを求めていかれる

方も多いようです。札幌からは車で30分、新千歳空港からも車で約30分の距離ですから時間が

あればぜひお立ち寄りたいお店です。

| 北海道夫婦旅2016 | 08:19 | comments(4) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ