CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
2017ハワイ旅:81:ハナレイ・ドルフィン

さぁ、いよいよカウアイ島の北の名所、ハナレイ地区へやってきました。

この付近にはさまざまな宿泊施設もあり、それに比例してショッピングセンターやレストランやバーなども

たくさんあります。その中の1件の有名レストランをご紹介します。

 

『ハナレイ・ドルフィン』です。

 

【ハナレイ・ドルフィン】←クリックすればYELP(アメリカ版食べログ)の記事に移行します

■住所:5-5016 Kuhio Hwy.Hanalei

■電話:808-826-6113

■営業時間:10:00-21:00

 

 

 

☆レストランの前の川

この川からそのまま行くとハナレイビーチへとつながってます。流れも緩やかなので、こんな風にパドル

・サーフィンをして楽しめるんです。

095.JPG

 

 

☆ゆるい時間が流れる

こんな風景ならリラックスできますよね。

098.JPG

 

 

☆店の前のウォーキング・アリア

この付近ではアルコールは禁止だそうです。アメリカでは、外部での飲酒などは割合細かい規定で禁止され

てます。

099.JPG

 

 

☆お店の外観

まだ開店前ですから、内部の様子はお見せできません。

100.JPG

 

 

☆道路側から見たハナレイ・ドルフィン

お店の名前にあるイルカの看板が目立ってます。

101.JPG

 

 

☆真っ赤な美しい花

確か・・・これがオヒアレフアっていうハワイ固有の花なんですよ

ね・・・・たしか・・・・。

102.JPG

 

 

☆庭の木にたわわに真っ赤な花が実ってます

103.JPG

 

 

☆こちらは魚売り場

このハナレイドルフィンは主にシーフードのレストランなのですが、こちらのコーナーでは魚系の直売所

としてさまざまなものも販売されてるんです。

105.JPG

 

 

☆お隣さん

こちらは、カラフルな緑と白のカウアイカラーでペイントされた住宅ですね。

106.JPG

 

 

☆ハナレイドルフィン・フィシュ・マーケット

こちらが、魚系の直売所です。

107.JPG

 

 

☆中の様子

牡蠣やチキン・ステーキなども売られてます。BBQ好きのアメリカ人たちは、こんな場所で購入して

外部の公園・海水浴場などで焼いて食べるのが大好き。

108.JPG

 

 

☆巻き寿司

日本風の巻き寿司も好評みたいです。しかし、これが12ドル(日本円で1,350円)とは少々お高い

109.JPG

 

 

☆タコ・ポケ

こちらは、タコのサラダです。日本の食文化も残してるここハワイではこんなものもたくさんあります

が、やはり日本独特の料理とはいささか違う点もあります。

110.JPG

 

 

☆魚の種類と扱う料理

111.JPG

 

 

☆調理するスタッフ

この時はまだ午前9時、開店前の準備の最中にうかがいました。

112.JPG

 

 

☆きれいな川

114.JPG

| 2017ハワイ旅 | 08:17 | comments(1) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:80:ワン・レーン・ブリッジ

平成のはじめには”ワン・レン・ボディコン”というのが流行りましたね。若い世代でこの当時を

知らない方にこの言葉の意味をお伝えします。こちらの「ワンレン・ボディコン」の解釈は、髪型がロン

グの女性がボディコンシャス(身体のラインが如実に出るようなニット系の洋服)を着てディスコ(現在の

クラブ)へ繰り出すさまを表現したものです・・・・・ちょっと古いですね。

 

 

話は変わり・・・・・・・・・・・・今日の本題へ

”ワン・レーン・ブリッジ”・・・・・日本語に直訳すれば・・・・1車線の橋・・・・です。

 

ハワイにはいまだに道路が整備されていない場所もあり、普段一般の方が行かないような場所にはまだ

昔ながらの小さな橋があって、その幅は車が1台しか通れないのもあります。ハワイのマウイ島の秘境

のハナの街なんかへ行くにはこんな1台しか通れない橋も多く、行き交う車同士が互いの様子をうかが

いながら橋を通行します。慣れない観光客にとっては事故を起こさないように運転に気を遣って大変な

のです。

 

 

【カウアイ島のワン・レーン・ブリッジ事情】

カウアイ島にも島の北側のハナレイ付近にはこんなワン・レーン・ブリッジがあります。それもメイン

の1本しかない道路にこんな車1台しか通れない橋が現存します。普段行かない秘境の場所ならそれも

わかりますが多くの車が往来する場所に何ヶ所かあるので驚きです。

その理由は、今までこんなのでやってきたんだからいまさら2車線にするほどの必要はないという簡単

なものなんです。むやみやたらに近代化するのも考え方だが、カウアイ島にはその必要はないというシ

ンプルなものですから、ここカウアイ島を訪れる観光客はこの考えを学ぶべきだと思います。

 

きょうはこんなカウアイ島北部のハナレイ地区の”ワン・レーン・ブリッジ事情”をお送りします。

 

ご覧下さいね。

 

 

 

ハナレイの1番目のワン・レーン・ブリッジ

2車線のメイン道路なのに、いきなり橋は1車線。最初はその様子に驚きますが、慣れてくれば「それも

良し」なんて納得できるのです。やはりカウアイ島はゆるい空気が流れてるんですから、たまにスローペー

スで心の洗濯をするのもいいかもしれない。
093.JPG

 

 

☆こんな鉄製の立派な橋なのに・・・・1車線

これがカウアイ・スタイルなのかもしれません。

094.JPG

 

 

☆前の車に連れられて橋に突入

115.JPG

 

 

☆こちらの橋は2連結の橋

1本だけならまだしも、こちらは1本目を過ぎて2本目の橋に突入します。間違って進入すれば、橋の中

に先行した車が邪魔になりこちらがバックを余儀なくされます。

116.JPG

 

 

☆前に車に付いて行きます

やはりこんなのが1番安心

117.JPG

 


☆こんな状況なら安心して通行できます。
118.JPG

 

 

☆ハナレイ付近の道路

151.JPG

 

 

☆こちらが「ワンレーンブリッジ」が前方にあるという交通標識

152.JPG

 

 

☆対向車が橋に進入中は手前で待ちましょうね

154.JPG

 

 

☆互いに譲りながら待ちましょうね。

251.JPG

 

 

 

 

| 2017ハワイ旅 | 08:09 | comments(6) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:79:ハナレイ展望台

さぁ、カパアの街でおいしい朝食を食べ・・・・大満足。

これからは車で約1時間のドライブでハナレイの街へ向かいます。

毎年カウアイ島へ来れば島1周をしますが、今年もカウアイ島の北の名所ハナレイ周辺を探索

します。

 

ご覧下さい。

 

 

 

☆カパアの街から約10分・・・こんなビーチが延々と

076.JPG

 

 

 

☆こちらからはホエール・ウォッチングできそう

077.JPG

 

 

☆美しいブルーの海

078.JPG

 

 

☆散歩道やウォーキング・ロード

こちらでは、ジョギングや散歩道として皆さんに解放されてます。

079.JPG

 

 

☆ゆるい時間が流れてます

081.JPG

 

 

☆ここにも奴らの姿が

カウアイ島にはどこにでもいるニワトリ軍団、いない場所はないくらいの広範囲に拡散してます。

082.JPG

 

 

☆自転車やウォーキング

083.JPG

 

 

 

☆高級リゾート地プリンスビルの入口にある噴水

この日はまだ噴水が吹き上げていませんでした。ここがプリンスビルの高級住宅地の入場するための

噴水、ここから高級住宅地やコンドミニアムなどが並んでいます。

084.JPG

 

 

☆ハナレイ展望台到着

091.JPG

 

 

☆案内表記

展望台の案内英語表記ですから、詳細はわかりませんが、ここにはどんな鳥や植物などが生育して

いるのかが解説されてます。

089.JPG

 

 

☆キラウエアポイントの看板

090.JPG

 

 

☆こんな田園風景が

これだけを見れば、日本の水田のような原風景が存在します。この周辺には昔ながらのタロイモ畑などが

拡がっていて、ローカルの方々以外は立ち入り禁止の場所となってます。

085.JPG

 

 

☆後ろの山はナパリコースト

後ろ側の山々は、ワイメア渓谷の裏側というのか、正式にはナパリコーストというひだひだの山々です。

086.JPG

 

 

☆晴天ですよね

雨が降った後には、この山々から数多くの滝が流れ・・・・それはそれは美しいのです。

088.JPG

 

 

| 2017ハワイ旅 | 11:35 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:78:「カントリーキッチン」

さて、朝早く起きてお腹も減ってきました。

今日の朝ごはんは、カウアイ島のサーファーたちが集結する街、カパアタウンでいただきます

そのお店は『カントリー・キッチン』です。

 

ご覧下さい。

 

【Kountory・Kitchen】←・・・・クリックすればYELPの記事がをご覧になれます。

■食事の種類:アメリカンな朝・昼ごはんのお店

■住所:1485 Kuhio Hwy.Kapaa

■電話:808-822-3511

■営業時間:6:00-13:30  ■休み:なし

 

 

★店内の様子

朝日が差し込んで少し見にくい箇所があります。

046.JPG

 

 

★壁際にはさまざまな置物が

047.JPG

 

 

★レジ周辺

049.JPG

 

 

★案内されたテーブル

050.JPG

 

 

★まず最初はコーヒーを

051.JPG

 

 

★さまざまな調味料

左からタバスコ・次はアロハ醤油、そして1番右はトマトケチャップ

052.JPG

 

 

★そのほかにも数多くのものが

コショウやお塩・コーヒー用のミルクや蜂蜜などもラインナップ

054.JPG

 

 

☆熟年の女性が1人で朝食を

一見すればエリザベス女王のような上品そうなお婆さまが、お気に入りの窓際の席で本を見ながら朝食

を楽しまれてました。

055.JPG

 

 

★カウアイ名物のニワトリのイラスト

語学力がないので中身はわかりませんが、とにかくここカウアイ島ではニワトリに会わない場所は

ないくらいたくさんのニワトリたちが自生してます。

056.JPG

 

 

★道路際のお客さんたち

やはり有名店ですね。たくさんの客席もほぼ満席状態ですから・・・。

057.JPG

 

 

★エッグ・ベネディクト登場

パンの上にポーチドエッグがのっかかり、その上にチーズを絡めたソースがたっぷりのエッグ・ベネ

ディクト・・・・私の大好物の朝ごはんです。それと、付け合せにハッシュブラウン(千切りポテトの炒

めもの)もついてますから、上機嫌です。

058.JPG

 

 

★ベネディクトの別角度

朝からこんなのを見れば頑張って食べちゃいます。

061.JPG

 

 

★奥さんチョイスのフレンチトースト&ストロベリー&ホイップクリーム

059.JPG

 

 

★別角度から

赤いソースもイチゴのシロップでしたね

060.JPG

 

 

★皆さん楽しそう

072.JPG

 

 

★レストルーム(トイレ)

花の飾りつけは高級感があります。

064.JPG

 

 

★シックな洗面コーナー

黒いタイルで覆われた洗面所、こんなのは珍しくシックで落ち

着きますね。

065.JPG

 

 

★トイレ

中はかなり広いスペースでした。

063.JPG

 

 

★便器の横にはなにやら大きな円形の器具が

067.JPG

 

 

こちらは「トイレットペーパーのホルダー」なんです

画面左側が私の手、察するに直径は40cmくらいは十分にありそうです。

068.JPG

 

 

★精算書

会計は全部で25ドル、日本円にすれば3,000円くらいです

が、物価のお高いハワイにすればかなりお安い金額です。

071.JPG

 

 

 

| 2017ハワイ旅 | 08:44 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:77:カウアイ島「カパアの街」

さぁ、2017年3月のハワイ旅、この旅は最初はマウイ島で4日間、そしてカウアイ島へ飛んで3日間

滞在し、最後にハワイのメイン島のオアフ島へ戻って3日間滞在した合計10泊12日の旅でした。

 

この日は3月7日、カウアイ島の滞在の3日間の最終日で、この日は朝早くから起き出して島の北側の

ハナレイ方面へ行きます。

まずは、リフェのホテルから出発して途中のカパアの街で美味しい朝ご飯をいただきます。

 

それでは・・・・ご覧下さい。

 

 

 

☆リフェの町にあるリフェ空港

カウアイ島のダウンタウンのリフェの街にほど近い場所にこの空港はあります。
036.JPG

 

 

☆空港の脇を通りカパア(Kapaa)方面へ北上します

カパアの街を過ぎれば、プリンスビル・ハナレイ方面へと続く1本道です。

037.JPG

 

 

☆道の反対側にはたくさんの車が

朝のラッシュ少し手前の時間ですから、まだまだ交通量は少ないのですが、我々と向かう方向が違う街

中へ向かう車が少しづつ増えてきました。道路の中心にある赤と白のコーンは、時間的に車線を変更す

るものでして、この時間は対向する街中へ向かう車線のほうが2車線になってました。

038.JPG

 

 

☆反対側はたくさんの通勤する車が

まだ少し暗い時間、ヘッドライトをつけて街中を目指して大奥の車が・・・。カウアイ島には当然車以外

には交通手段もなく、皆さんこうして自分で運転して通勤です。

039.JPG

 

 

☆ワイルアあたり

この付近には、あの名所「シダの洞窟」まで行く遊覧船の乗り場があります。

040.JPG

 

 

☆そろそろカパアの街

道の両側に古いクラシックな建物が見え始めました。今から100年位前には、ここにはたくさんの日本

人もいて、町を形成したようです。

041.JPG

 

 

☆街中にはスクールバスも

042.JPG

 

 

☆こちらはこの日にランチを予定してる「カフェ・ハミングウェー」

044.JPG

 

 

☆車の数も増えてきました。

075.JPG

 

 

☆目的地が

043.JPG

 

 

☆到着です「カントリー・キッチン」

朝食の有名店です。食べたものは明日にでも・・・・。

045.JPG

| 2017ハワイ旅 | 08:05 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:76:ナウィウィリ湾のサンライズ(日の出)

カウアイ島の滞在も3日目、この日はカウアイ島の東方面のハナレイ・キラウエア灯台を目指します。

この日もいつものように早起きして、車で出発しようと思っていたら・・・・・すてきな光景に出会いました。

 

といいますのが、我々の宿泊していたリフェの海沿いのガーデン・アイランド・インは、カウアイ島の

海の玄関であるナウィウィリ湾のすぐそばであり、早朝にホテルを出るときにたまたま日の出の時間と

重なったようで、すてきなサンライズ(日の出)を見ることができたのです。

 

ご覧下さい。

 

 

 

☆半島の端っこから朝日登場

025.JPG

 

 

☆次第に大きくなり

太陽の真下に見えるのは「ニ・ニ・ニ灯台」です。リフェ空港に隣接する灯台で、ナウィウィリ湾に入港

する船を見守る大切な役目を果たしてます。

026.JPG

 

 

☆太陽全体が登場

027.JPG

 

 

☆こちらはヒルトンホテル

そして、海岸縁には朝日を眺めるローカルの住民が

029.JPG

 

 

☆美しいく・・・かつ・・・神々しい眺め

031.JPG

 

 

☆さらに太陽が上昇

033.JPG

 

 

☆あたりも明るくなり

034.JPG

 

 

☆ナウィウィリ湾が朝を迎えます

ここは正式にいえば「カラパキ・ビーチ」朝早くからサーフィンを楽しむ人でにぎわいますが、まだ朝早

いのでサーファーの姿は見えません。

035.JPG

 

【ナウィウィリ湾のサンライズ】

全く期待していなかったこの日の朝、偶然にもナウィウィリ湾の朝日が昇るのに遭遇しました。

やはり”早起きは3文の得”という言い伝えがあるように、早く起きたのでこんな幸運に遭遇できました。

ブログ仲間の・・・・ハイチュウさん・・・・ぜひ1度早起きをしてこの絶景を体験してくださいね。

 

| 2017ハワイ旅 | 08:30 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:75:ガーデン・アイランド・バーベキュー

2017年カウアイ島もすでに3日目の夜、この日は朝早くからカウアイ島の西部のワイメア渓谷へ行き

、その後は古き良き街並みを残すハナペペ・タウンで買い物をしたり町を歩いて楽しみました。

その後は、ポイプの街へ戻ってここカウアイ島発祥の有名なバーガー「プカ・ドッグ」を食べた後に

「マクブライド・ガーデン」で庭の散策を楽しみ、夕方リフェのホテルへ戻り夕食へ出かけました。

 

この日の夕食は、中華料理の有名店の『ガーデン・アイランド・イン』です。

ご覧下さい。

 

 

【ガ−デン・アイランド・イン・バーベキュー・レストラン】・・・・・中華料理

■住所:425 Lice St.Lihue

■電話:808-245-8868

■営業時間:10:00-21:00 ■休日:日

 

 

☆お店の外観

いかにもアメリカにある中国料理のお店ってな感じですね。しかし、ハワイなどのお店は、外から中の

様子が見えないくらいの濃い目のガラスですから、こんなのが慣れない一元客には入りにくいのです。

002.JPG

 

 

☆お店の内部

夕方の繁忙期ですから、数多くの地元らしいお客さんが楽しそうに食事をしてます。

003.JPG

 

 

☆メニュー

005.JPG

 

 

☆ランチ&ディナーメニュー

006.JPG

 

 

☆スープや鶏料理

007.JPG

 

 

☆牛肉・豚料理・シーフードなどなど

008.JPG

 

 

☆サンドイッチやドリンク系

010.JPG

 

 

☆そして・・・・その・・・チャーハン

これで1人前、日本の通常の2倍はあろうかというボリューム。これなら、体育会系の男性ならちょうどい

いボリュ−ムですけど、日本人の60歳を過ぎたカップルには多すぎます。肝心のお味の方は抜群で、外国

の料理などに飽きた日本人には懐かしいお味に納得でした。

011.JPG

 

 

☆シーフード焼きそば

細めの麺が絡んだシーフード餡かけの焼きそば、たっぷりのシーフードに旨みたっぷりの餡も美味しくて

納得の1品でした。

012.JPG

 

 

☆酢豚:英語では「スゥイート・サワー・ポーク」

日本のものと同様に酢豚の餡も美味しくて、がんばって食べすすめましたが完食は果たせませんでした。

013.JPG

 

 

☆お店の前のライス・ストリート

カウアイ島のダウンタウンというのか、古き良きリフェの中心地のライス・ストリート。この付近には

いまだに日本の面影が残ってます。前のビルの名前は「ヨネジ・ビル」といいますから、たぶん日系人

が所有してるんでしょうね。

014.JPG

 

 

☆マサ寿し

ここライスストリートでは有名な日本人の板前さんが包丁をにぎる「マサ寿し」、ここへは来年の2月に

うかがっておいしい寿しを堪能したいと思ってます。私のブログ仲間のハイチュウさんお奨めの寿し店

001.JPG

 

 

☆同じくライス・ストリート

015.JPG

 

| 2017ハワイ旅 | 08:20 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:74:キアフナGC

夫婦2人の旅行、北海道やハワイなどでも大好きなゴルフ場へは立ち寄りますが、夫婦旅行の際には

ゴルフのプレーをすることはありません。まぁ、普段は仲間達と毎週週末にはプレーしてる関係で

夫婦の旅行の際にはゴルフとのかかわりは「ウエア・キャップ・小物などを購入」するだけという

ようにしてます。

 

そんなゴルフ事情・・・・ここポイプ地区のパブリックなゴルフ場の『キアフナGC』へ立ち寄ります。

 

 

 

☆キアフナ・ゴルフクラブ

決して高級リゾートのゴルフ場といった趣ではなく、地域の方中心にクラブライフをエンジョイしてるコ

−スという印象です。

1412.JPG

 

 

☆レストランの様子

オープンエア−なレストラン、仲間うちとのゴルフを終えみんなが仲良くお酒を飲みながら談笑してます。

こんな様子は日本でも同様で、この日のゴルフやそのほかの冗談を語り合いながら大きな声で楽しんで

ました。幸せな人生・・・・皆さんもエンジョイしましょうね。

1413.JPG

 

 

☆プロショップでのショッピング

サイズこそ我々日本人のものは少ないのですが、中にはお買い得品などもあってなかなか重宝します。

1414.JPG

 

 

☆ウエアやキャップなど

自分用や友人たちへの土産など、ついつい買ってしまいます。定価のものもありますが、売り場の隅には

セール品などもあって、30%や50%オフなんてのもあり掘り出し物をチョイスします。

1415.JPG

 

 

☆駐車場あたり

のんびりとした空気が流れています。あ〜ぁ・・・・南の島のパラダイスです

1416.JPG

 

 

☆周辺のコンドミニアムなど

この周辺も大型分譲がされていて、新たな建物が建築中です。

1417.JPG

 

 

☆クラブハウス

豪勢なつくりではなく、こじゃれたいい感じのクラブハウスです。

1418.JPG

 

 

☆FOR SALE

こちらは、不動産会社の看板と戸建て分譲のパンフレット。やはり私も不動産でいえば同業者ですか

ら、今後の参考にとパンフレットをもらってかえります。

1419.JPG

 

 

☆新たなバイパス

1420.JPG

 

 

☆そして・・・・ツリートンネルの手前

ポイプの街からリフェ方面へ帰る際に必ず通る「ツリートンネル」道幅は狭く、路肩に停車して写真

をとるというのは至難の業

1421.JPG

 

 

| 2017ハワイ旅 | 08:15 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:73:ククイウラの高級分譲地

マクブライト・ガーデンで約2時間楽しみ、そろそろ退散して周辺をウォッチングします。

ガーデンへ行く際にツアーのバスから見えたゴルフ場がきれいそうでしたのでそこへうかがいます。

 

 

 

☆バスから見た「ククイウラGC」

マクブライト・ガーデンに向かう途中に見かけたゴルフ場。青い空に青い海、この爽快感はゴルフ場な

らではのものですよね。
1395.JPG

 

 

☆高級分譲地の「ククイウラ」

最近分譲されたこの高級分譲地。敷地内には18ホールのメンバーシップ制のゴルフ場があり、敷地内も

高級感が漂っています。

1403.JPG

 

 

☆ククイウラ地区の案内板

1404.JPG

 

 

☆ゴルフ場への行程

こんな道の終点にゴルフ場がありました。クラブハウス前まで行きましたが、メンバーシップ制で我々

一般客は入場はできないというのであきらめました。

1406.JPG

 

 

☆分譲地とゴルフ場

分譲地の高台から見たククイウラ地区、ポイプの街から車で約10分くらい離れた場所にゆったりとした

高級分譲地がありました。夕方になれば、ここからのサンセットは美しいに違いないのです。

1407.JPG

 

 

☆敷地がゆったりした分譲地

1つの区画は最低でも300坪くらいはありそうですね。

1409.JPG

 

 

☆これから町が形成されます。

1410.JPG

 

 

☆ゴルフ場を見下ろす高級住宅

高級というよりも・・・・・最上級の究極の贅沢のような豪邸、一帯どんな有名人が住んでるのか想像する

だけでも恐ろしい感じ。

1411.JPG

| 2017ハワイ旅 | 08:07 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:72:マクブライト・ガーデン

カウアイ島のポイプ地区にある「マクブライト・ガーデン」・・・・そのです。

 

南国や植物好きでない方には何の興味もないでしょうが、しばしの間お付き合いください。

 

それでは・・・・・・

 

 

 

 

☆こちらのブースはコケ庭園

コケって英語でなんと言うのかはわかりませんが、周囲の岩にはコケがビッシリ

1366.JPG

 

 

☆天井には網が

この網を支える鉄柱には水が流れる装置がついていて、定期的に水をかけるようにセットされてます。

この写真の網の切れ目あたりから霧状の水が出てるのがお分かりでしょうか?やはりコケには湿気や

暗闇が必要なんですね。

1368.JPG

 

 

☆ところどころに休憩ポイントも

お手製の木で作られたベンチもあり、疲れたときなんかにはしばし休憩できます。

1369.JPG

 

 

☆整備されたコンクリートの道

コンクリートが良いのか悪いかは別ですが、やはり植物園の道路はこんな人工的じゃないのが良いね

1370.JPG

 

 

☆ハイビスカス

1372.JPG

 

 

☆黄色いハイビスカス

1373.JPG

 

 

☆道沿いにはさまざまな種類の植物が植えられてます。

1374.JPG

 

 

☆白いハイビスカス

1375.JPG

 

 

☆紫色のシソのような色彩の植物も

1376.JPG

 

 

 

☆こちらも有名な南洋植物

なんとか・・・・リウム・・・という植物ですよね。

1379.JPG

 

 

☆個性的なハイビスカス

岩から派生したハイビスカス

1380.JPG

 

 

☆こちらはバナナの木

1381.JPG

 

 

☆バナナのアップ

1房で100個以上のバナナが生っています。

1383.JPG

 

 

 

☆道標(みちしるべ)

1385.JPG

 

 

☆こちらは椰子の実
1387.JPG

 

 

☆かなりかいです

1388.JPG

 

 

☆サトウキビの木

1391.JPG

 

 

☆チャータ−バスの運転手さん

1393.JPG

 

 

| 2017ハワイ旅 | 08:05 | comments(4) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ