CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
2018ハワイ旅:48:朝の周辺散歩

さて、ハワイ島滞在の5日目、そしてヒロの町では3日目のこの日。

 

今日も、ヒロ周辺の町を探索しますが、この日も朝早く起きてホテル周辺を散歩に出かけます。

ここバニアン・ドライブ周辺にはいくつかのホテルもあり、そんなのを外からウォッチングします。

ご覧下さい。

 

 

 

★朝6時、周囲はまだ眠ってます

1173.JPG

 

 

★ヒロ・ハワイアン・ホテル

我々の泊まってたホテルのすぐ横、そこそこの規模のホテルです。

1176.JPG

 

 

★道路脇には駐車してる車も

1178.JPG

 

 

★ヒロ・ハワイアン・ホテルの内部

ハワイのローカルによくあるタイプのホテル、一般的な中堅どころのホテルですね。

1179.JPG

 

 

★こちらもなかなかの規模「カントリー・クラブ・コンド」

しかし、古さは否めません。

1186.JPG

 

 

★周囲のホテル

こちらはかなり古そうで、あまり宿泊したいとは思えませんでした。
1187.JPG

 

 

★ベイ・ビュー・バニアン・ホテル

こちら、バニアンドライブ沿いのホテルの1つ

1188.JPG

 

 

★やはり寂れた感じも

ここバニアン・ドライブには5つくらいのホテルがありましたが、私の泊まった「グランド・ナロニア」

以外かなりの年代物の建物で、日本の通常のホテルのような清潔さは求めにくいものでした。

1189.JPG

 

 

★「リーズ・ベイ・リゾート」

こちらも、建物は古そうでいけてませんでした。

1190.JPG

 

 

★建物の中の1部

1192.JPG

 

 

★プールもありました

1194.JPG

 

 

★そろそろ朝日が昇り始めて

1195.JPG

 

 

★まだまだ人気はなくて

1196.JPG

 

 

★静かな時間が流れます

1197.JPG

 

 

★汽水域

このあたりは、海水の入ってる入り江のような場所

1198.JPG

 

 

★バニアン・ツリーの根っこ

朝見ると、少し怖い感じもします。この根っこから妖精ではなく

妖怪が出てきそうで・・・・。

1201.JPG

 

 

1203.JPG

 

 

★ゴルフ場

「バニアン・ゴルフ・クラブ」という名前のパブリックのコースです。若いカップルが早朝ゴルフを

楽しんでます。

1204.JPG

 

 

★プレー・フィ

9ホール$12、18ホールでも$15ですから非常にお安い

1205.JPG

 

 

★レディス達

なかなかの熟年グループですが、みなさんお手製の手押しカートを持参して歩いて回るようです。

1207.JPG

 

 

★こちらがクラブハウス

ここバニアンドライブは、以前はたくさんの住宅があり多くの家族が住んでいたそうですが、この地を

襲った津波で住宅は全て流失し、その後ここはゴルフ場へと変身したそうです。

1208.JPG

 

 

★静かな時間が流れます

1211.JPG

 

 

★ヒロ・シーサイド・ホテル

こちらは、我々が今回の旅でコナの町で宿泊した「コナ・シーサイド・ホテル」と同系列のような施設

でした。

1222.JPG

 

 

★ホテルのエントランス

1223.JPG

 

 

★正面から

1226.JPG

 

★ホテルのお隣のレストラン「ポンズ・ヒロ」

ポンズというくらいですから、池の横という意味で作られたお店の名前なんでしょう。このお店も、アメ

リカン料理でローカルの方々に有名なお店でした。

1224.JPG

 

 

★池というのか入り江というのか

1225.JPG

 

 

 

 

| 2018ハワイ旅 | 09:28 | comments(3) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:47「ハッピー・バレー・シーフード・レストラン」

さぁ、この日も夕方となり晩ごはんに出かけます。

この日は、朝からアメリカンなサンドイッチ系が中心でしたから、やはり日本人としたら

和食系のものが食べたくなり、ハワイでは和食に1番身近な中華料理を食べに出かけます。

 

 

 

【ハッピー・バレー・シーフード・レストラン】

■住所:1293 Kilauea Ave. Hilo(Hilo Shopping Center)

■電話:808-933-1083

■営業時間:10:30-20:30 ■休み:水曜

 

 

 

★ショッピング・センターの1画にあります

ヒロ・ショッピング・センター、ホテルから車で約5分の距離にあるここにあります。

1146.JPG

 

 

★お店の外観

ハワイでは、こんなお店の形態が多いのです。

1145.JPG

 

 

★わかりやすい写真つきのメニュー

外部の壁にお料理を掲載した写真があります。言葉がわからない国では、こんなのがわかりやすい

1149.JPG

 

 

★玄関口の営業時間

朝の10時半から夜の8時半まで・・・・頑張りますね

1151.JPG

 

 

★メニュー

英語表記と中国表記、メニューの絵は古い中国の絵がプリントされ

1152.JPG

 

 

★なんとなく理解できるメニュー

英語表記と中国語表記ですが、なんとなく理解が可能

1154.JPG

 

 

★写真と共にナンバーも

下にはご丁寧に写真と番号がついてあって、それを見れば理解可能です。

1155.JPG

 

 

★ビーフ&ポーク系

1156.JPG

 

 

★店内の様子

壁の飾りやテーブル・イスなども中国式

1162.JPG

 

 

★飾られたお花

こんな花はハワイらしいですね。

1163.JPG

 

 

 

★ギョウザ:$6.95

ギョウザが5個で約750円?決して安くはありませんが、まぁハワイの物価ですから仕方ありません。

味のほうはなかなかのストレス・フリーの納得味でした。

1165.JPG

 

 

★ケーキ・シーフード・ヌードル(海鮮堅焼きソバ):$14.75

たくさんの海産物の具材が入った堅焼きソバ、日本でもこのメニューは大好きなんですが、ハワイでもなか

なかの味付けや豊かなシーフードの数々に大満足でした。

1167.JPG

 

 

★空芯菜のガーリック炒め:$8.95

見た目も鮮やかな空芯菜の炒め物、サラダ感覚でいただきましたが味付けが抜群で、美味しく平らげました。

1168.JPG

 

 

★お会計

全部で$32程度、チップ込みでも$36くらいですからハワイなら安い

レベルですね。お酒もこの日はなしで、楽しいディナーの時間でした。

1170.JPG

| 2018ハワイ旅 | 08:25 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:46:グランド・ナロニア・ホテル

ハワイ島の4日目、時間も夕方近くになりホテルへ戻ります。

少しだけお昼寝をして、晩ごはん前にこの日の疲れを癒します。15分くらいのお昼寝は元気回復のもと。

 

今日は、この日を含めて3泊したホテルを再度ご紹介します。

 

 

【グランド・ナロニア・ヒロ・ダブルツリー・バイ・ヒルトン】

住所:93 Banyan Dr. Hilo 

■電話:808-969-3333

■予約:今回はホテル・ドットコムにて予約しました。

 

 

 

★道沿いのホテルの看板

石で作られた重厚な看板、歴史を感じそうですが実はここ最近ヒルトン系に参入したようです。

1116.JPG

 

 

★部屋からの眺め

2日目の夕方、少し曇りがちですが雨はまだ降ってません。

1118.JPG

 

 

★ヒロ湾が一望できてナイスビュー

1120.JPG

 

 

★甲羅干しのお姉さまも

1121.JPG

 

 

★海に面した円形のプール
ここでは泳ぐというよりも浸かるといった感じの深さ

1123.JPG

 

 

★建物の狭間にあるレストラン

ここはホテルのオープンテラスのレストラン、たくさんの方々が楽しそうにバケーションをエンジョイ

1125.JPG

 

 

★ここはフロント脇のスポーツ・バー

この日はアメリカ最大のフットボールのメジャー戦が開催されてました。そして、その歓声はホテル中にこだ

ますほどのものでした。やはりアメリカの国技はアメリカンフットボールだと実感しました。

1128.JPG

 

 

 

1129.JPG

 

 

★中庭からのホテルの光景

このホテルの5階が今回3泊した部屋、このプールサイドで会話する声も我々の部屋まで深夜まで聞こえ

ました。

1130.JPG

 

 

★中庭からホテルフロント

1131.JPG

 

 

★中庭

1132.JPG

 

 

★ヒロ湾やプールサイドを見る

1134.JPG

 

 

★庭の端っこに『ガゼボ』が

ガボゼとは、庭先でお茶を飲んだりする小さな建物です。こんな場所でアフターヌーン・ティなんかを

飲むとハッピーですよね。

1136.JPG

 

 

★いい感じの夕暮れ時

1138.JPG

 

 

★ホテル・エントランス

1140.JPG

 

 

★フロント付近

この右側のカウンターがホテルのフロント、非常にシンプルです。

1141.JPG

 

 

★フロント脇のスポーツバー

1142.JPG

 

 

★ホテルにあった「津波の光景」

こちらは、100年位前にこの付近を襲った津波の写真。この付近にあった町全体を津波が飲み込み

その後街は復活したそうです。

1143.JPG

 

 

★ホテルの中にあるレストラン

1212.JPG

 

 

★ホテルのロビー付近

1213.JPG

 

 

★展示されてる「フラガール」

1214.JPG

 

 

★メリー・モナークの様子

こちらは、ここヒロの町で毎年春に開催されるフラの祭典の

「メリーモナーク」の様子。毎年世界各地から集まったフラガ

ールたちがその踊りを競うそうです。

1215.JPG

 

 

★同じく「メリーモナーク」の様子・・・セクシーです

1216.JPG

 

 

★白黒のフラガール

こんな写真がホテル中にたくさん展示されてます。やはりここヒロの街はフラで賑わうフラたちの聖

地なんですね。

1217.JPG

 

 

★ホテルへ入るバニアンロード

1211.JPG

 

| 2018ハワイ旅 | 08:10 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:45:バニアン・ドライブ

朝早くから動き回ったヒロの初日、そろそろ疲れて来ましたのでホテルへ戻ります。

 

ホテルへ到着する前に、ホテル周辺のヒロ湾の公園地帯へ向かいます。

その名も"バニアン・ドライブ”・・・・・この名前は、私が思うにバニアン・ツリー(日立のCMで有名

になったこの木なんの木)が道の周辺にたくさん植わってるためにこの名が付いたのではないでしょうか。

 

そんな海沿いの憩いの場所・・・・バニアン・ドライブへ立ち寄ります。

 

 

 

☆ヒロ方面へ帰ります

やはりここはハワイ島でもメインの大都会の1つですので道路の交通量もかなり多いのです。この日の

ヒロは、”ヒロの町は雨が多い”という事前の情報でしたが、空はこのような快晴が続いています。

1084.JPG

 

 

☆こちらは空港近く

大きなショッピングエリア、私の大好きな「ロス・ドレス」といったチェーン店などもこの一帯に進出

してます。

1085.JPG

 

 

☆晴れのち曇り

雨こそ降りませんが、少し空には少しだけ雲も・・・・・えっ雨はいやです。

1086.JPG

 

 

☆海沿いの道

この道を通ってホテルへ帰ります。

1087.JPG

 

 

☆海岸が見えてきます

1088.JPG

 

 

☆バニアン・ツリー

こんなでかいバニアン・ツリーが道の上を覆っています。これなら雨宿りにもなりますが、晴れてても空

が見にくいのでお天気はわかりにくい?かも・・・・。

1089.JPG

 

 

☆クラシック・カー

こんな場所によく似合います。日本で走れば目立つでしょうね。

1092.JPG

 

 

☆朝見た豪華客船

このあたりにコナの港があるんでしょうね。昼間は、この舟を降りて島中を観光するんでしょうが、夜

にはこの舟でディナーを食べて、舟をホテル代わりにしてゆっくり休眠るんでしょうね。

1090.JPG

 

 

☆バニアンの下では憩いの時間

1091.JPG

 

 

☆歴史を感じますね

かつては、この付近を大津波が襲い周辺の街をなぎ倒したそうです。その時にはこのバニアンツリーは

存在してたんでしょうか?

1093.JPG

 

 

☆この先が私の泊まった「グランド・ナロニア・ホテル」

1094.JPG

 

 

☆近づくとすごい迫力

1095.JPG

 

 

☆海の横に建つ「ヒロ・ハワイアン・ホテル」

1096.JPG

 

 

☆こちらは「ココナツ・アイランド」

1097.JPG

 

 

☆駐車場脇には真っ赤な花が

1098.JPG

 

 

☆水が豊かな海沿いの光景

1103.JPG

 

 

☆こちらは「リリウオカラニ公園」

なにやら和風な建物などもあるこの公園、開場したのは1917年、過去にも何度かの津波にも襲われた

場所ですが、現在でも赤い太鼓橋や仏像・鳥居などもあり見所はったくさんです。散歩やジョギングす

るには最適です。

1104.JPG

 

 

まるで日本の庭園

1105.JPG

 

 

☆ローカルの皆さんの憩いの場

1108.JPG

 

 

☆波もなく静か

1109.JPG

 

 

☆静かな時間が流れてます

1110.JPG

 

 

☆対岸は少し曇りがち

こちらは「マウナ・ラニ山」方面です。天気が良ければ山のてっぺんも見えますが、今日はあいにく見え

ません。

1111.JPG

 

 

☆皆さん釣りに興じてます

1112.JPG

 

 

 

 

| 2018ハワイ旅 | 08:02 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:44:ハナエワ動植物園⊃∧たち

『ハナエワ熱帯雨林動物園&植物園』のパート2です。

 

ここは、動物園&植物園というので園内を巡るとさまざまなこのハワイ周辺の植物や花も見れます。

今日は、美しい花々をご覧下さい。

 

 

【ハナエワ熱帯雨林動物園&植物園】

■住所:800 Stainback Hwy. Hilo

■電話:808-959-7224

■営業時間:9:00-16:00 ■休日:なし ■入場料:無料

 

 

 

☆ハワイ固有種のオヒアレフア

木の部分と花の部分の名前が異なる珍しい植物で、オヒア(木)に咲く赤い(花)レフア。このオヒアレフア

には悲しい恋の伝説もあるそうですが、その内容はわかり次第ブログにアップします。。

1069.JPG

 

 

☆ピンクッションのような華やかな花

1070.JPG

 

 

☆細かい尖った赤い花が特徴的です。

1071.JPG

 

 

☆こちらはジャスミンですね。

1079.JPG

 

 

☆香りもかなり強烈

見た目とその香りのギャップがなんともいえません。

1080.JPG

 

 

☆こちらも情熱的な赤い花

1063.JPG

 

 

☆可憐な白い花

1064.JPG

 

 

☆ランの1種?

1065.JPG

 

 

☆野性の花はたくましい

1060.JPG

 

 

☆オヒアレフアの全貌

1068.JPG

 

 

☆やはり存在感があります

1081.JPG

1081.JPG1081.JPG1081.JPG

 

 

☆白いハイビスカス

1066.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 2018ハワイ旅 | 08:17 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:43:パナエワ動植物園

今年の2月に行った『2018年ハワイ旅行』

ハワイ島4日目のこの日、朝早くからヒロの街の南側のパホア周辺を訪ね歩いています。

 

この日は「マクイ・ファーマーズ・マーケット」を訪ねて街の活気を感じ、その次には300年前に溶岩流

がこの一帯を襲った「溶岩樹公園」を訪ねました。そして、その後は海岸線まで行き「ホットポンド」

見て、その足でこちらも溶岩流が街全体を襲った「ブラック・サンド・ビーチ」で少し休憩をしました。

昼食はパホアの名店の「カレオズ・バー&グリル」でサンドイッチに舌ずつみを打ち、その近所で4年前に

溶岩流が流れ込んだパホアのゴミ捨て場ですさまじい溶岩流のパワーを感じたのでした。

 

しかし、つい先日にニュースが飛び込んできて”キラウエア火山が噴火・周辺には溶岩流が街を襲う”という

うそのようなことが現実に起こってるのです。とにかく、早く噴火が収まりハワイ島の皆さんが平穏な生活

に戻れるように祈るばかりです。

 

 

 

さて、これからはヒロの街周辺に戻ります。

今度の目的地は『ハエナワ動植物園』です。ここには、ベンガルトラが2頭いてそのうちの1頭が白い

ホワイトタイガーだというので、まだ見たことのない私はぜひこの白いトラをぜひ見てみたいという思いで

うかがいます。それではご覧下さい。

 

 

【パナエワ熱帯雨林動物園&植物園】

■住所:800 Stainback Hwy.Hilo

■電話:808-959-7224

■開園時間:9:00-16:00 ■休み:なし ■入場料:無料

 

 

 

☆ヒロからボルケーノへ行く道路沿い

この動物園は、ヒロの街からキラウエア火山方面の車で約10分程度の国道沿いにあります。

1049.JPG

 

 

☆少し入ればこんな雰囲気

1050.JPG

 

 

整備されたアプローチを走れば

1051.JPG

 

 

☆やがて駐車場に到着

この日はちょうど日曜日、たくさんの車が停車してます。ローカルの皆さん方が家族揃って来てるん

でしょうね。

1052.JPG

 

 

☆動物園の看板

1053.JPG

 

 

☆地元ファミリーたち

さて、この日は何を目的に来たんでしょう。やはりホワイトタイガーでしょうか?

1056.JPG

 

 

☆入場ゲート

入園料は無料ですが、このゲートから入場します。

1057.JPG

 

 

☆園内の案内板

これを見れば、30分程度で園内は1周できそうです。

1058.JPG

 

 

☆さて入場

こんな歩経路を歩いて進みます。動植物園というだけあって、動物園だけではなくここヒロの街は雨量

が多いので有名な場所だけに、植物の成長もすごくて大きな植物も数多く楽しめました。

1059.JPG

 

 

☆自生してる美しい花々

1060.JPG

 

 

☆緑もたくさん豊かに育ち

1061.JPG

 

 

☆咲いてる花々が和ませてくれます

1062.JPG

 

 

☆池もあります

1067.JPG

 

 

☆そして人気のタイガーの施設

1073.JPG

 

 

☆遠くに見えるタイガー1匹

1074.JPG

 

 

☆金網の向こうには「あのホワイトタイガー

この日は、あいにく遠くにいたためにこの程度しか撮影ができませんでした。もっと間近ならよかった

1075.JPG

 

 

1076.JPG

 

 

☆小動物のエリアもあり

1077.JPG

 

 

☆約30分で園内1周が終了

1078.JPG

 

 

 

 

 

| 2018ハワイ旅 | 08:13 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:42:キラウエアの溶岩流に飲み込まれ

ここパホア地区はキラウエア火山から約22km離れてますが、今から4年前の2014年にここパホア地区

にも溶岩流が流れ込み街全体を飲み込みそうになって世界的なニュースとなりましたが、溶岩流が街を飲み

込む寸前で街のはずれで止まり、犠牲になった家はたった1軒のみという奇跡的な出来事がありました。

 

今日は、そんな場所へ行きます。ご覧下さい。

 

この記事は現在書いてますが、ここ数日は連日のニュースがTVでキラウエア火山周辺の溶岩流流出の影像

が見られてますが、1日でも早い回復を祈るのみです。幸いにも人的な被害はなさそうなのですが、多数の

家屋が溶岩流に飲み込まれてるようで、3ヶ月前にうかがった土地がと思うと心が痛みます。

 

 

【パホア・トランスファー・ステーション】

■住所:15-1901 Cemetery Rd.Pahoa

 

 

 

☆こんな状態です。

今から4年前にここまで溶岩流が流れてきて、街を飲み込む寸前で止まったという奇跡的な場所

1035.JPG

 

 

☆実は、ここはパホアの町のゴミ捨て場

ここを訪れるとたくさんの方が来られていて、実は皆さん家庭内のゴミを捨てに来てるようです。場所は

町外れの丘の上なのですが、その脇まで溶岩流が流れ込み、あやうくここが飲み込まれそうになったので

した。今回の溶岩流も、確かこのパホア地区近くの地域で地面が突然裂けて溶岩流が流されてるようで、

今年の2月に伺ってからまだ3ヶ月しかたっていないので街の様子が心配です。

1036.JPG

 

 

☆金網も1部が解けて

実際の様子を生で見ればもっともっと迫力があります。しかし、これを見ただけでは本物ではなく映画の

セットのようでこれが現実だとは信じがたい。でも真実はこうなんですね。

1037.JPG

 

 

☆見て・見て・・・・金網を飛び越して

1038.JPG

 

 

☆このありさま

時間が4年経過しただけにこうして間近で見れるんでしょうが、そのときにはとても近寄れなかったん

でしょうね。

1039.JPG

 

 

☆本当に寸前ですね

1040.JPG

 

 

☆左側がゴミ捨て場で右側が寸前で止まった”軌跡の丘”ですよね

この"奇跡の丘"というのは私が勝手に命名しました。

1041.JPG

 

 

☆反対側からの景色

1042.JPG

 

 

☆そしてパホアの街をあとに

1046.JPG

 

 

☆ヒロの街へ戻ります

1047.JPG

 

 

☆整備された道路

この付近に最近溶岩流が流れ込んだなんて、考えがたいのです。

1048.JPG

 

 

 

| 2018ハワイ旅 | 08:19 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:41:カレオス・バー&グリル

さぁこの日も朝早くから活動して、そろそろお昼近くになりました。ハワイ島の西部地区の端っこ、

パホア地区の有名店で昼食をいただきます。

そのお店とは、さまざまな雑誌などでいつも紹介されているイタリアンレストランの『カレオス・バー

&グリル』・・・・ご覧下さい。

 

 

 

【カレオス・バー&グリル】←ここをクリックすればYELPのサイトへジャンプします。

■住所:15-2969 Pahoa Village Rd.Pahoa

■電話:808-965-5600

■営業時間:11:00-21:00 ■休:なし

 

 

 

☆街の様子

こんな風な映画のセットのようなたたずまいの街、パホア地区。現在の火山情報では、この付近にまで

溶岩流が地面を突き破って来てるみたいですから・・・・・心配です。

1011.JPG

 

 

☆こちらがお店の外観

平屋の古い感じの外観、場所はパホアのメインストリート沿いですからすぐに分かります。

1012.JPG

 

 

☆お店の内部

歴史を感じさせるお店の中、テーブルもセッティングされてその奥にはバーカウンターもあります。

1013.JPG

 

 

☆テーブルの様子

外から見た印象ではそんなのでもありませんでしたが、中を見ればかなり広く多くの収容人数が可能で

すね。

1014.JPG

 

 

☆バーカウンター

こんな場所でお酒をいただければ、初対面の外国人でもハッピーな気分にさせてくれそう。

1015.JPG

 

 

☆2人席

こちらもムーディですね。

1016.JPG

 

 

☆メニューの表紙

ハワイらしくカラフルでおしゃれ

1019.JPG

 

 

☆さまざまな種類がありそう

1017.JPG

 

 

☆ランチ用に「ハンバーガーやサンドイッチ」

1018.JPG

 

 

☆水のグラスにたっぷりの氷

1022.JPG

 

 

☆こちらは街に面したテラス席

我々も、快適で解放的なこちらのテラス席に座りました。

1023.JPG

 

 

☆オーダーしたのは『B・L・Tバーガー』

BLTとは・・・B:ベーコン・L:レタス・T:トマトというので割りとあっさり系のハンバーガー。

野菜もたくさんあって、ハンバーガーのボリュームもかなりすごく、これを夫婦2人でシェアしましたが

ボリュームは日本人にはこのくらいがちょうどいいのです。

1025.JPG

 

 

☆別角度から

野菜のボリュームもすごく、パテの肉の密度も非常に濃いアメリカンなハンバーガーでした。お味の方は

なかなか美味しく、満足したランチでした。

1026.JPG

 

 

☆テラス席はこんな感じ

入ったときにはこんな感じでしたが、退席するころには大半の席が埋まっ

てました。繁盛店なのが実感できました。

1028.JPG

 

 

☆チェック

全部で$10、チップを入れても$12とは納得ですね。

1031.JPG

 

 

☆古き良きアメリカの町

1032.JPG

 

 

☆もう1度街の様子

この街の周辺が、現在は地面から溶岩流が噴出して大変な事態になっているようで心配です。

1033.JPG

| 2018ハワイ旅 | 08:18 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:39:暖かい海?「ホット・ポンド」

ハワイ島の名物であるキラウエア火山のかつての溶岩流のすさまじさを見た後は、海沿いの道を目指します。

そこは、ここプナ地区では数少ない海水浴のできる場所。ここアハラヌイ・パークは別名『ホット・ポンド』

と呼ばれる場所で、火山の地下熱によって温められた海水が貯まる場所だそうで、そこに行ってみます。

 

 

 

【ホット・ポンド】・・・アハラヌイ・パーク

■住所:14-5363 Kalapana Kapoho Rd.pahoa

 

 

☆ハワイ島の西海岸

沿岸の道路を走ります。近くには海があるのでしょうね、磯の香りがしますね。

965.JPG

 

 

☆公園に到着

967.JPG

 

 

☆アハラヌイ・パーク

駐車場もあり、芝生がしかれて整備された公園です。

968.JPG

 

 

☆屋根のあるベンチ

こんな場所でランチを食べれば、なお一層美味しいに違いはありません。

969.JPG

 

 

☆ホット・ポンドへ到着

ポンドというくらいですから入り江ではなく池なんでしょうが、なにやら海にもつながってるような気も

ポンドの向こう側には太平洋が隣接です。

970.JPG

 

 

☆たくさんの方々が泳いでます

971.JPG

 

 

☆見張りの監視台も

アメリカの海岸では、こんな風に監視台などのレスキューの設備が各海岸に整備されてます。

972.JPG

 

 

☆楽しそうに海水浴

973.JPG

 

 

☆波もなく皆さんリラックス

974.JPG

 

 

☆あまり人工的でないのもいいですね。

975.JPG

 

 

☆可愛いギャルたち?

976.JPG

 

 

☆平和な時間が流れて

977.JPG

 

 

☆思い思いにリラックス

978.JPG

 

 

☆椰子の木もたわわに

980.JPG

 

 

☆さて次に向かいます

982.JPG

| 2018ハワイ旅 | 08:25 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:38:溶岩に襲われた場所

さて、今日はハワイ島周辺のヒロの町から西へ行ったプナ地区(パホア・カラパナ)を中心に

街をウォッチングしてます。

 

次に向かうのが『溶岩樹公園』です。

この公園は、1700年代に発生したキラウエア火山の噴火による溶岩流がオヒアレフアの森に流れ

込み、木の幹を包み込んでそのまま冷え固まった”溶岩樹”を数多く見られる州立の公園です。

 

 

 

【溶岩樹公園】Lava Tree State Monument

■場所:Pahoa-Kapaho Rd. (Highway 132)Pahoa

 

 

 

 

 

☆こんな道路沿いにあります

928.JPG

 

 

☆散々迷って到着

932.JPG

 

 

☆やっと見つけた公園の看板

アメリカの看板は小さくて見にくいのです。散々周辺を迷いながら到着しました。

957.JPG

 

 

☆公園の案内図

1周が約1kmで、歩くと約20分でまわれるコンパクトな場所

953.JPG

 

 

☆さて公園を散策開始

933.JPG

 

 

☆歩経路も整備され

934.JPG

 

 

☆ところどころに溶岩樹が

個の画面の左側にあるのが「溶岩樹」です。木がそのまま溶岩に飲み込まれ、炭化して残ってるのです。

935.JPG

 

 

☆こちらもその1つ

936.JPG

 

 

☆あちらこちらに残存してます

937.JPG

 

 

☆こちらは比較的大きなもの

938.JPG

 

 

☆歩経路を進みます

939.JPG

 

 

☆いたるところに溶岩樹が

940.JPG

 

 

☆こちらは休憩所

なにやら1人の女性がベンチで休んでます。

941.JPG

 

 

☆しかし気持ちいい

溶岩樹も良いですが、森林浴ができて爽やかな空気を感じて癒されます

943.JPG

 

 

☆美しいランの花も

944.JPG

 

 

☆でました・・・わ・ら・び

あのマーケットで売られていた「ワラビ」やはり日本のものと比較すれ

ばその大きさは3倍くらいはありますね。

945.JPG

 

 

☆そろそろ終点近く

947.JPG

 

 

☆シダも鮮やかですよね

948.JPG

 

 

☆大きな樹木も存在し

この周辺は今から約300年くらい前に溶岩に飲み込まれたた地帯で

すが、現在でこんなにたくさんの木々が育ってるんです。

950.JPG

 

 

☆そろそろフィニッシュ

951.JPG

 

 

☆案内板をよく見てお勉強

952.JPG

 

 

☆地面には溶岩の足跡が

954.JPG

 

 

☆駐車場も整備され

約15台くらいは停車できるような駐車場も完備

956.JPG

 

 

 

 

 

 

| 2018ハワイ旅 | 08:53 | comments(2) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ