CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
北海道ゴルフ合宿2018:ΑОど牛「サランバン」

さて、2日目のこの日は午前中のゴルフは季節はずれの寒さと降り続く豪雨の中で9ホールで終了。

その後、お風呂に入りランチを苫小牧市内の老舗洋食店「第一洋食店」でいただきその後はホテル

へ戻りお昼寝をしたりお風呂に浸かったりしてリラックスします。

 

ちょうどこの日は、6月12日、”世紀的な会談”といわれたアメリカのトランプ大統領と北朝鮮の

金正恩主席との会談が行われ、シンガポールでの様子をTVで放映してましたのでこれを見ながら

お昼寝タイム。

 

そして、夕方6時に晩ごはんを予約していたのでそのお店にうかがいます。

 

 

【韓焼肉・サランバン】

■住所:苫小牧市表町2-3-3(前回紹介した「なか善

■電話:0144-32-4976

■営業時間:16:30-23:00 ■休み:日曜

 

『白老町の超高級和牛:阿部牛』の噂

1.白老町のブリーディング白老牧場で飼育された生後3歳未満の雌牛

2.肉質等級が4〜5(BMS6以上)の認定されたもの

3.黒毛和種の雌牛で繁殖してない処女牛

といった解説がここ「トランバン」さんの食べログの口コミに記載されてあり、どうしても食べてみたい

という思いが募り、事前に予約をして伺いました。予約は、時間・人数だけでなく「阿部牛のネタが○○で

○人前」という風に肉の量まで決定して行わねばならず、まぁそれも仕方ないと目安を決めて予約しました。

そんな焼肉店の様子、ご覧下さい。

 

 

☆ベッドでのTVの天気予報

やはり明日の水曜日までは雨が残りそうで、それ以降は晴天になるとの事

132.JPG

 

 

☆千歳・室蘭方面も大体同じ

まぁ今回の北海道合宿の最終日だけは雨は避けられそうです。

133.JPG

 

 

そしてお店に訪問

 

 

☆サランバンさんの外観

まぁまぁ古そうなビルですね。

137.JPG

 

 

☆お店の正面

まぁそれほど新しくはないですが、まぁ中身が肝心ですから・・・。

138.JPG

 

 

☆お店から見た我々の泊まった「ドーミーイン」

こんな近くにありました。

139.JPG

 

 

☆左が「サランバン」さんで、右側が昨晩来た「なか善」さん

ちょうど真向かいに2件並んでました。こちらは偶然でした。

140.JPG

 

 

☆清潔そうな店内

1テーブルに4人から6人程度が座れて、衝立で仕切られてあります。

145.JPG

 

 

☆メニュー

1番右側にはこのお店の売り”白老あべ牛”が並んでます。通常のお肉は1,000円以下ですがやはりブランド

牛のあべ牛は1,000円以上でした。

146.JPG

 

 

☆その他のものは通常価格以下

147.JPG

 

 

 

☆ご飯ものやスープ類はお安いのです

148.JPG

 

 

☆お酒類のメニュー

生ビールは380円、その他の焼酎やハイボール系は280円とかなりお安いのです。

150.JPG

 

 

☆無煙ロースター

やはりこれがあるだけで店内は清潔そう

154.JPG

 

 

 

☆乾杯は「ハイボール」

157.JPG

 

 

タレ

158.JPG

 

 

 

☆まず最初は『タン塩』

向かって左側の4切れが「あべ牛のタン塩」これで2,580円。生まれてはじめていただく1枚が600円もの

国産和牛のタン、厚みも有、噛んだ感じも割りと柔らかいものでした。そして、向かって右側が外国産の

タンですが、正直あまり違いはわかりませんでした。やはり私の舌は・・・・貧乏舌?かなぁ

160.JPG

 

 

☆自家製キムチ

見た目ほど辛くはなく、美味しく食べすすめられました。

166.JPG

 

 

 

☆あべ牛の勢ぞろい

2つの大きな皿にあべ牛がラインナップしました。こちらが事前に予約していた4品の8人前です。

画面上から「あべ牛:赤身2人前、あべ牛バラ2人前」、下は「あべ牛:さがり2人前・あべ牛:ロース2人前」

見ただけでも良質の差しが入った国産和牛肉、絶対に美味しいんです。しかし、これだけでお値段が15,000円ですから・・。

※「歩留まりのよい雄牛ではなく、肉質の柔らかい雌牛のみを厳選して飼育している」これがあべ牛のポリシーだそうです

168.JPG

 

 

☆赤身

柔らかい赤身、脂はさほどではなくやはり焼いても柔らかい良質のお肉でした。

169.JPG

 

 

☆和牛ロース

こちらは良質の脂を含んだロース、焼き上げるのも表面を数秒、そして裏返して2.3秒で完成

口に含めば思わず笑顔が浮かびます。そして、知らぬ間に口の中で噛まなくても解けるのです。これ

なら、歯のない方にでも食べていただけます。

170.JPG

 

 

☆次々に焼いていきます

171.JPG

 

 

☆味噌ホルモン

こちらもこのお店の名物、下地に美味しい味噌が絡んで少し辛口なんですが、お酒が進むこと間違い

なし。

172.JPG

 

 

☆こんな焼き加減:ホルモン

口に含むと良質の脂分と辛味が拡がります

173.JPG

 

 

☆韓国系のイラスト

174.JPG

 

【白老町のあべ牛】

正直いって、私の60数年の人生の中でこんな高級な和牛を食べた経験はありません。まぁ、参加した全員に了解を

貰って高価なあべ牛を予約しましたが、このお味には全員が納得して満足したいただいたようです。今回のお会計は

、男性4人で飲み食いして26,000円程度ですから、東京などの都会では1人7,000円程度なら普通のお値段かもしれま

せんが、この内容なら皆さんが十分に納得していただけたのではと思います。

お酒のほうもまぁまぁいただきましたし、低温の気候の中の土砂降りの中でのゴルフのあとの焼肉は最高でした。

あべ牛、白老町の国産牛の中でもその上を行く最高級のお肉、機会があればぜひ伺って見られたらと思います。

私も、来月中旬に行く恒例の「2018北海道夫婦旅」では、今回の思いを奥さんに伝え「ぜひ行きたい」というので再

訪を約束し予定に入れました。

 

| 北海道2018ゴルフ旅 | 10:55 | comments(5) | trackbacks(0) | -
北海道ゴルフ合宿2018:ヅ攤醜澆蠅離乾襯

2日目は、苫小牧市内の『樽前CC』でのラウンド、千歳方面の名峰の樽前山の麓に面した風光明媚な

このコース、今までにも度々訪問して楽しんでます。

さて、どうなりますやら・・・・・。

 

 

 

☆クラブハウスからの眺望

晴れた日には、ここから樽前山が拝めます。あいにくの雨、美しいグリーンや池が見えますが、やはり
雨だけに映像もさえません。

101.JPG

 

 

☆広いフロントスペース

大きな屋根の下には、こんな広いスペースがあります。このコースも、けっこうお金をかけて建設され

たんでしょうが、現在は全国系でゴルフ場を運営するアコーディア系が運営してます。

102.JPG

 

 

☆来月はニドムで日本シニアオープンが開催

103.JPG

 

 

☆8月には明治カップが島松コースで

104.JPG

 

 

☆オシャレなクラブハウス

こちらは、アイヌ系の住居がデザインされたクラブハウス

106.JPG

 

 

 

☆せっかくの雨でしっとり

108.JPG

 

 

【土砂降りの中の9ホール】

この日の雨はかなり激しく、コースに到着したもののスタート時間になっても雨の勢いは収まりません。

せっかくなので、午前8時過ぎのスタート時間を1時間くらい待ってしぶしぶスタートしましたが、コース

内は雨でグショグショな状態、おまけに雨に勢いも収まらず、気温10度くらいの豪雨の中、9ホール終わっ

た後に「こんなんじゃ風邪を引く」というので4人全員が引き上げて、急いでお風呂へ直行しました。

 

そして、お風呂の使って寒さの中のゴルフでの寒さが収まった後に、ホテル周辺に戻りお昼ごはんをいただ

きます。

 

 

 

【第一洋食店】

■住所:苫小牧市錦町1−6−21(ドーミーイン苫小牧ホテルから50m)

■電話:0144-34-7337

■営業時間:11:00ー14:30、17:00-20:30 ■土日祝:12:00-14:30、17:00-20:30

 

 

☆お店の外観

112.JPG

 

 

☆中の様子

113.JPG

 


☆豪華絢爛なシャンデリア
118.JPG

 

 

★メニュー

114.JPG

 

 

 

 

 

☆生ビール

冷えた身体を暖めるにはこれが一番、この日は昼間からのビール

ホテルから歩いてすぐの距離だけに、誰も運転する必要もなく

美味しいビールを楽しみました。

122.JPG

 

 

☆ポタージュ・スープ

本格的な老舗洋食店のポタージュ・スープ、なかなかのお味に満足

123.JPG

 

 

☆お店のロゴ入りのお皿

このロゴマークがなんともいえなくおしゃれでした。

124.JPG

 

 

☆私のオーダー『シーフードフライ定食』1,300円

125.JPG

 

 

☆新鮮なシーフードがたっぷり

元気そうなエビが3匹も、その他は白身の魚・帆立貝

126.JPG

 

 

☆仲間の頼んだ『コロッケ定食』

ボリュームもたっぷりで、コロッケのお味もバッチリとの事

127.JPG

 

 

☆同じく『ハンバーグ定食』

老舗店が作る美味しいハンバーグ、大満足でした。

128.JPG

 

 

付け合せのサラダ

129.JPG

 

 

☆食後のコーヒー

130.JPG

 

 

☆な・なんと今年で創業99年だと

ということは、来年で100周年。こんな苫小牧という田舎町で1世

紀も営業を続けるというのは並大抵ではありません。

131.JPG

 

 

☆メニュー

250.JPG

 

 

翌朝のお店の外観

249.JPG

 

 

☆ランチメニュー

251.JPG

 

 

| 北海道2018ゴルフ旅 | 08:21 | comments(4) | trackbacks(0) | -
北海道ゴルフ合宿2018:ぅ曠謄襪糧味しい朝ごはん

さぁ、2018北海道ゴルフ合宿2日目に突入、朝6時半の朝食開始時間ももどかしく5分前に

会場へ到着、5分前でもすでに入場者が2.3人いまして、会場に入ります。

 

 

 

■この日の朝の天気予報

札幌の大通公園一帯も雨模様、やはりこの日は台風5号の影響で激しい雨を覚悟せねば

081.JPG

 

 

■今後の天気予報

やはり今日1日は雨みたいです、がくっ・・・・。

083.JPG

 

 

★小皿のおかず

094.JPG

 

 

★ハム系&揚げもん系・卵料理各種

095.JPG

 

 

★パン系も各種

096.JPG

 

 

★サラダなどもふんだんに

097.JPG

 

 

 

★デザートのフルーツ系

098.JPG

 

 

★漬物や納豆

100.JPG

 

 

★こちらはカレー

こちらのカレーは、ここ苫小牧が水揚げ量日本1のホッキ貝などが入ったシーフードカレー。

099.JPG

 

 

★私のチョイス

こんなのをチョイスしました。相変わらずバイキング形式ではたくさん頼んでしまう・・・貧乏性なのが

良くわかります。

084.JPG

 

 

★ご飯・カレー・おかず

085.JPG

 

 

★小皿系のおかず

どれも美味しくいただきました。

086.JPG

 

 

★サラダ&ハムエッグ

087.JPG

 

 

★水と左側のが北海道限定の乳酸菌飲料の『カツゲン』

カツゲン』北海道のみでしか飲められない飲料、お味はというと、カルピスのようなお味がします。

088.JPG

 

 

★ホッキ飯

こちらのご飯も、「ホッキ貝」が豊富に入ったホッキ飯、やはり苫小牧の名産をアピールしてます。

089.JPG

 

 

 

 

| 北海道2018ゴルフ旅 | 09:13 | comments(4) | trackbacks(0) | -
北海道ゴルフ合宿2018:5屋の社長が経営:居酒屋「なか善」

さぁ、北海道2018ゴルフ合宿の初日、ホテルへチェックインしてお風呂へ入り癒されて

これからは初日の晩ごはんを食べに行きます。

 

やはり私の楽しみの1つは”旅先での美味しいご飯&お酒”でして、事前にネットで検索し、

主に食べログのサイトなんかで評判のいいお店をチョイスしてます。

この日は、”社長さんが魚屋さんの居酒屋”という、ホテルからも歩いて2分の『なか善』さんです。

ご覧下さい。

 

 

【刺身居酒屋:なか善】

■住所:苫小牧市表町2-2-19

■電話:0144-34-3434

■営業時間:11:30-14:00、17:30-24:00 ■休:日曜

 

 

 

★お店の外観

今回宿泊した「ルートインホテル苫小牧」から距離にして100m、便利な場所にありました。

135.JPG

 

 

 

★魚屋の社長がやってるお店

このフレーズが美味しい魚のお店って感じがしていいですね!!

136.JPG

 

 

★外観

051.JPG

 

 

★こ上がり席

掘りコタツ式の座席、こんなのだったら長時間いても腰も痛くな

くラクチンです。

054.JPG

 

 

★特選メニュー

魚系や肉系などもふんだんにあり、どれをチョイスしようか迷います。

055.JPG

 

 

★お寿司やから揚げなど

056.JPG

 

 

★北海道の海の幸がずらっと

057.JPG

 

 

★魚の種類も豊富で

058.JPG

 

 

★七輪を使用しての炙り焼き

060.JPG

 

 

 

★乾杯

今回は、ハイボールで始めます。

061.JPG

 

 

★チャーム

突き出しの「帆立貝の煮付け」これが好評でして、全員がお代わりをお願いしました。

062.JPG

 

 

★サッポロビールの「北海道クラシック」

やはり北海道へ来たならこれでしょう。

063.JPG

 

 

★タコ刺し

064.JPG

 

 

★マグロの中トロ

065.JPG

 

 

★ホタテのお刺身

やはり本場の帆立貝の身は甘くて柔らかくて、我々の住んでる町で食べるのとは格段に違います。

066.JPG

 

 

★ホッキ貝のバターいため

ここ苫小牧は、ホッキ貝の漁獲量最大の街です。やはりこの地の名産品をいただきましょうね。

067.JPG

 

 

★七輪での炙り焼き

イカやエイのヒレ、めざしなどをテーブルの上で焼いていきます。
070.JPG

 

 

★つぶ貝の刺身

新鮮なつぶ貝、鮮度がいいから食べた感じがコリッコリッとして、歯ざわりも最高

072.JPG

 

 

★ズワイガニの大人喰い

身を捌いたズワイガニがたくさん入った「ズワイガニの大人喰い」ネーミングが良いですね。

073.JPG

 

 

 

★ラーメンサラダ

北海道名物のラーメンサラダ、通常なら冷やし中華(冷麺)なんですが、こちらではラーメンサラダと

いう名称で宴会の最後の〆の1品としてよく食べられます。

078.JPG

 

 

 

| 北海道2018ゴルフ旅 | 08:42 | comments(4) | trackbacks(0) | -
北海道ゴルフ合宿2018:▲鼻璽漾璽ぅ麁兢牧

今年の『北海道ゴルフ合宿』の宿泊先は苫小牧市内。

 

北海道でゴルフをする際には、発着先の千歳空港を中心に1番の大都会はもちろん札幌なのですが、

それ以外にも千歳市や苫小牧市は空港まで約30分で行けますから案外便利なのです。

そして、札幌からゴルフ場までもやはり車で1時間はみなければいけませんが、千歳・苫小牧は30分

も車で走れば10以上のコースがあるゴルフ銀座なのです。

 

そんな理由で、今年は苫小牧市内へ宿泊してその周辺でプレーをします。

そんな苫小牧で3泊する宿泊先の『ドーミーイン苫小牧』をご紹介します。

 

 

 

【ドーミーイン・苫小牧】

 

■住所:苫小牧市錦町2-1-22

■電話:0144-32-5489

■予約方法:HOTEL・COMから予約、1泊朝食付きで9,790円(ダブルルーム・シングルユース)

 

 

 

ホテルの外観

立地的には苫小牧市1番の繁華街である錦町にあります。ホテルからは、

歩いていける有名な飲食店がたくさん、便利です。

141.JPG

 

 

☆ホテルの案内ボード

全国各地に点在するドーミーインホテル、観光に仕事での滞在先にサラリーマン中心に人気があります。

144.JPG

 

 

☆ホテルエントランス付近

決して豪華さこそありませんが、清潔そうで親しみやすいものです。お客さんの層は、性別的には男性が

80%くらいの感じ、そして、ビジネス客が大半で、ここ苫小牧に仕事できてるような方が多そうです。

050.JPG

 

 

☆フロントの様子

接客ですが、女性のほうが親しみやすく親切そうで、男性の方は残念ながらどの方も今一の対応

049.JPG

 

 

☆ここが朝食会場

昼間はこんな風に喫茶風な感じですが、朝にはここがバイキング形式での食事会場に変身。

048.JPG

 

 

☆コンパクトな設備
029.JPG

 

 

☆ベッドはwベッド

かなり広いベッドですから、ゆっくり熟睡しました。

033.JPG

 

 

☆おトイレ

031.JPG

 

 

☆シャワー室

ここは9階の大型浴場があったので使用しませんでした。

032.JPG

 

 

☆洗面所

コンパクトで使いやすい洗面コーナー

030.JPG

 

 

 

☆9階の「樽前の湯」

046.JPG

 

 

☆ゆったりした浴場

038.JPG

 

 

☆露天風呂も

039.JPG

 

 

☆露天風呂からの眺め

苫小牧市内が一望、近くには苫小牧港も拝めます。

040.JPG

 

☆男湯

037.JPG

 

 

☆20名くらいのロッカー

044.JPG

 

 

☆洗面コーナーもゆったり

045.JPG

 


☆こちらは・・・

「夜鳴きそば」夜の9時半から約1時間半、こちらのおそばが無料で

提供されます。
134.JPG

 

 

 

| 北海道2018ゴルフ旅 | 08:54 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2018北海道ゴルフ合宿行ってきま〜す

今日から3泊4日で行く『2018北海道ゴルフ合宿』

 

過去の旅を振り返って、今回の旅のテンションを自分自身で盛り上げます。

 

 

 

★ラベンダー

6月には、北海道では早咲きのラベンダーも咲いてます。

358.JPG

 

 

★大通り公園

園内には、ボランティアの皆さん植栽の作品が道行く人たちを和ませてくれます。

364.JPG

 

 

★朝ごはん前の1食

こちらは北海道だけにしかない『ちくわパン』楕円形のパンの中にちくわがはさんであり、そのちくわ

の穴にはツナ・マヨが入ってるもの、初めて食べましたが、なかなかそのB級感が大好きなのです。

371.JPG

 

 

★朝食のビュッフェ

この日も、ホテルのビュッフェ・・朝からたくさんいただきました。

378.JPG

 

 

★昨年の3日目コースこちらは、北広島の「北広島CC」

この写真は、コース脇にあるホテルの8階から撮ったもの、こうして見れば周辺には緑がたくさんあるの

がわかりますね。北海道は、こんな広大な丘陵地が広がってるんですね。

385.JPG

 

 

★コース内には池も巧みに配置され

396.JPG

 

 

★隣接するホテルからの眺望も最高

403.JPG

 

 

★ゆったりした時間

405.JPG

 

 

★この日のお昼

JR島松駅前のお蕎麦と豚丼の名店『空海さん』、このお店のご飯が美味しく今までにも5回くらいは

お邪魔してます。美味しいお蕎麦に豚丼、納得のお昼ごはんですね。

422.JPG

 

 

★豚丼

たっぷりと入った豚肉の風味が食欲を誘います。お蕎麦と豚丼のセットで1,100円ですから、安くて

美味しいものはどこでも流行りますね。

424.JPG

 

 

★札幌へ戻り

442.JPG

 

 

★最後の夜は「ジンギスカン」

最近は、ジンギスカンの肉もマトン肉(親肉)ではなく、生後6ヶ月くらいのラム肉が多いので、羊肉

特有の肉の臭みもなく美味しくいただけますね。

465.JPG

 

 

★食べごろ

よく焼けた肉にはビールが最高

473.JPG

 

 

★〆の「ネコまんま

ネコまんまとは、ご飯にかつお節・ゴマをかけて醤油で味付けしたもの。いかにもネコが好みそうな

のでこの名前がついたんでしょうが、我々が子供の頃はこのネコまんまはよくいただきました。

482.JPG

 

 

★最終日の朝ご飯

この日は、朝の出発時間が早いのでホテルの朝食では間に合わなくて、コンビニご飯を購入し、

レンタカーの中で食べながらホテルを出発。高速道路で約1時間のゴルフ場を目指します。

510.JPG

 

 

★押さえに「サンドイッチ」

こちらもぱくっといただいちゃいました。

511.JPG

 

 

★新千歳空港にも近い「シャムロックCC」

こちらは、レンタカーの美々営業所(千歳空港からリムジンバスで約10分)からは歩いていけるほどの距離

にあるシャムロックCC、最終日にはここでプレーして午後の便で松山へ帰ります。

515.JPG

 

★美しいコース

517.JPG

 

 

★この日もゴルフ日和

532.JPG

 

 

★さぁ最後のプレーを楽しみに

533.JPG

 

 

★戦略的な池も

536.JPG

 

 

★クラブハウス

最終の18番ホール、これでこの年のゴルフ遠征も終了。3泊4日で4ラウンドというハードな内容でした

が、大好きなゴルフを大好きな北海道で満喫し、美味しいものをたらふくいただきましたから、大満足な

4日間でした。

545.JPG

 

 

★新千歳空港のラーメン道場

新千歳空港の2階の食堂街、北海道ラーメン道場内にある「けやき」さんで味噌ラーメンをいただきます。

555.JPG

 

 

★新千歳空港

ここで最後のお土産を

560.JPG

 

 

★夕方・・・・瀬戸内海の島々が見えます

この光景を目れば「あ〜ぁ松山へ帰った」という実感がします。やはり四国地方は梅雨の真っ只中

572.JPG

 

 

★お土産「白いブラックサンダー」

001.JPG

 

 

★カルビー「いも子とこぶ太郎」

009.JPG

 

 

★カルビー「IMOーMAME(いもまめ)」

ビールの肴としては最高なおつまみ

011.JPG

 

 

★ファーム・デザインズの「うし・サブレ」

こちらは、道東の浜中町にある牧場ファーム・デザインズオリジナルのサブレです。パックに6枚はいって

ましたが、1枚ずつ牛の背中の模様が違うというのがユニークなんです。まぁ知る人ぞ知る、というもの

ですから、知らない人にはあまりありがたみはないのかもしれませんが・・・・?。

015.JPG

 

 

★佐藤水産の「さけっぴ」

こちらは、シャケの皮を塩とマヨネーズで味付けしたもの、

やはり酒の肴には最高ですよね。左党には大変喜ばれました。

017.JPG

 

 

【2018年北海道ゴルフ合宿】

6月の梅雨のない北海道で今日から4日間「ゴルフ合宿」をしてまいります。

今年のメンバーは総勢4人、私の中学校時代の野球部の仲間が中心で3泊4日の旅を楽しんできます。

例年のように、北海道の爽やかな自然の中で大好きなゴルフをエンジョイし、大好きな食に関しては

朝から美味しくて珍しいものをいただく覚悟です。

それでは行ってまいりますので、ブログはしばらくお休みします。

 

 

| 北海道2018ゴルフ旅 | 08:01 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2018北海道ゴルフ合宿・出発

明日、6月11日から14日までの4日間、毎年恒例の「北海道ゴルフ合宿」へ仲間3人と行きます。

 

今回は、約10年ぶりに私の住む松山から北海道の玄関口の新千歳空港までの直行便が復活し、例年よりも

航空運賃が安くなり(今までなら松山ー羽田ー新千歳)3月頃からスケジュールを作成・予約をしました。

 

そんな『2018北海道ゴルフ合宿』・・・旅立つにあたり、過去の楽しい思い出を振り返ります。

ご覧下さい。

 

 

 

 

★ラーメン&チャーハン

こちらは、ラーメン店の黄金の組み合わせ。室蘭が本店のカレーラーメンで有名なラーメン大王さん、

こちらは新千歳空港から車で約10分国道の36号線沿いにあります。

096.JPG

 

 

★好天の北海道

”梅雨がない”といわれてる北海道、最近ではここ北海道でも雨がよく降ります。

104.JPG

 

 

★広大なコース

こちらは2016年の旅で最初に訪れた「千歳空港CC」です。飛行場にも近く、北海道旅の行き帰りの際

はちょうどよい立地にありますから人気のコースです。

106.JPG

 

 

★芝つきも最高

ここ北海道は、10月末から4月上旬まで雪のためにコースがクローズされ、そのおかげでコース内の芝生

の状態は6月頃にうかがうと最高のコンディションなんです。

111.JPG

 

 

★頻繁に上空を飛行機が

こちらは、千歳空港にも近いのでたくさんの飛行機がコースの上空を通過します。

123.JPG

 

 

★白樺も

やはり白樺は”北海道ならでは"この木を見ればそんな思いに引かれます。

128.JPG

 

 

★宴会開始

まずは・・・・「ザンギ」鳥のから揚げです。北海道ではザンギといいます。

146.JPG

 

 

★ジャガバター

こちも北海道独自のジャガバター、やはり絶対に食べておきたいですね。この上に塩辛をトッピング

すれば最高のラインナップですがね。

148.JPG

 

 

★お刺身盛り合わせ

豪勢な刺身の盛り合わせ、北の海で獲れた新鮮な魚介類が並びます。普段は私はどちらかといえば肉系

なのでお刺身系は少ないのですが、やはりこんなおいしいのは口に含めば笑みが浮かびます。

155.JPG

 

 

★ススキノ界隈

やはりここススキノは、北海道最大の夜の歓楽街ですね。

161.JPG

 

 

★翌朝のテレビ塔

こちらが、大通公園のシンボルの「テレビ塔」現在の時刻午前5時

169.JPG

 

 

★大通公園

この日も快晴の空が広がる

174.JPG

 

 

★時計台

こちらも札幌の名所の「時計台」

182.JPG

 

 

★そして、北海道庁

中に入ったことはないのですが、レンガ造りのシックな建物が重厚です。

209.JPG

 

 

★朝ごはん

ビュッフェ形式ではついつい・・・・朝からたくさんいただきます。欲張りですよね!!

223.JPG

 

 

★イクラ・シャケ・納豆ご飯

贅沢極まりない組み合わせに・・・・・大・大満足

230.JPG

 

 

★2日目のコース:名門『小樽CC』

251.JPG

 

 

★食事:小樽CC名物『あんかけ焼きそば1,200円』

この日は午後からのスタートでしたから、ランチをいただいてコースへ出発。麺の上に鎮座してるのは

海産物の具がたくさん入った「シーフードのあん」これをいただくだけで顔がほころびます。

257.JPG

 

 

★美しいコース

271.JPG

 

 

★見た目よりも快適なラウンド

曇りがちですが、この日は爽やかな北海道の自然を満喫。やはり梅雨時の北海道はさわやかです。

273.JPG

 

 

★美しいバンカー

チャレンジするゴルファーには難敵ですが、見た目には美しいのです。

285.JPG

 

 

★池も巧みに配置され

300.JPG

 

 

★晩ごはん

海鮮サラダ、大ぶりなカニの身がたっぷり入ったサラダです。この日は、小樽のお寿司屋さんでの

晩ごはんです。

322.JPG

 

 

★やはり豪勢なお刺身盛り合わせ

たまに食べるので美味しいのです。こんなカロリーの高いのを毎日食べると、体調もおかしくなりま

すね。しかし、北海道は食の宝庫だと感じます。

326.JPG

 

 

★でっかいホッケの開き

このホッケ、スマホの2倍は十分にある大きさ、脂が乗って美味しいのです。

331.JPG

 

★新鮮なバフンウニ

328.JPG

 

 

★そして〆のお寿司盛り合わせ

それまでにもたくさん美味しい海産物をいただいたのに、最後はやはりこれで〆ます。

これだけでも15巻、どんだけ食べれば?という感じでした。

340.JPG

 

 

 

 

| 北海道2018ゴルフ旅 | 08:08 | comments(2) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ