CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
北海道夫婦旅2018:40:グランドホテルニュー王子

北海道の苫小牧市、前回もご紹介しましたがここ苫小牧市は王子製紙の本社所在地。

苫小牧へ行けばよくわかりますが、通常では考えられないような町のど真ん中に大きな煙突があり、そこか

ら常に煙がたなびいています。私の住む愛媛県にも四国中央市という町があり、そこにも日本を代表する製

紙会社の「エリエール」大王製紙があります。大王製紙といえば、数年前にこの社長がカジノで数百億円の

損をして社長を辞任したというので有名となりましたが、こちらも日本有数の製紙会社です。

 

話が脱線しましたが、今日宿泊するのがこの王子製紙の名前が付いた『グランドホテル・ニュー王子』です。

ご覧ください。

 

 

【グランドホテルニュー王子】

■住所:苫小牧市表町4-3-1

■電話:0144-31-3111

■予約:今回もホテルドッココムで予約しました。

 

 

★ホテルの外観

これが北海道の地方都市にあるというのが信じられないような、都会的でスマートな大きなホテルがそびえ

ています。

DSC00699.JPG

 

 

★玄関先の高級バイク

通常バイクなんかは野外に停めるのが普通なんでしょうが、こちらは高そうな高級バイク。生意気というの

かホテルのエントランス近くの軒先に停車してました。まぁこんなのも許されて良しかもね。

DSC00680.JPG

 

 

★今どき珍しい回転ドア

地方のホテルなんかではまづお目にかかれないような回転ドア、やはりホテルのランクはこれだけでも1流

の証でしょうか?

DSC00682.JPG

 

 

★外装の壁は大理石で

やはりこちらにも高級感が

DSC00683.JPG

 

 

★ツインルーム

決して新しさはないのですが、品があり清潔感も備わってました。

DSC00684.JPG

 

 

★落ち着くインテリア

シックというのか落ち着ける室内の色彩、こんなのが良いですね。

DSC00685.JPG

 

 

★白木を生かしたオーディオ周辺

DSC00686.JPG

 

 

★コンパクトな椅子2客

DSC00687.JPG

 

 

洗面スペース

やはり、安いホテルのユニット式とは違い、1つ1つが手が込んでます。

DSC00688.JPG

 


★バスタブもありますね

DSC00689.JPG

 

 

★部屋からの光景

泊まった部屋が10階でしたから、ここから苫小牧の沖合の海も一望できます。

DSC00690.JPG

 

 

★青空がまぶしい

DSC00691.JPG

 

 

★エレベーター

DSC00693.JPG

 

 

★高そうな絵画

同系色の淡い紫の絵画が素敵

DSC00694.JPG

 

 

★ロビー周辺

こちらでゆっくりするのもいいかも

DSC00697.JPG

 

 

★3階部分まで吹き抜けなんですね。

DSC00698.JPG

 

 

| 北海道夫婦旅2018 | 08:08 | comments(4) | trackbacks(0) | -
北海道夫婦旅2018:∨務て擦愿着

さて、約2時間のフライトで無事に新千歳空港へ到着。

空港で荷物を受け取り、レンタカーを借りていよいよ行動開始です。

この日は、新千歳空港へ到着したのが午後2時ころ、ですからあまり札幌近郊ではゆっくり

する時間もなく、1時間くらい北広島市の三井アウトレットパークでショッピングをして、

夕方までに高速の道央道でこの日の宿泊地の旭川を目指します。

 

 

 

★千歳上空へ到着

松山を飛び立って約2時間後、北海道の千歳付近へ到着したようです。しかし、この時期は日本の本土

に比べたら空気が爽やかなのがよくわかり、北海道を実感するのです。

DSC09475.JPG

 

 

★緑の

北海道ならではの田園風景が眼下に‥‥‥最高です!!

DSC09477.JPG

 

 

★大きな田園地帯

こちらは、画面を左向きの横からご覧ください。

DSC09479.JPG

 

 

★新千歳空港到着

無事に到着しました。

DSC09480.JPG

 

 

★千歳市付近

ここから高速道の道央道で北広島市の三井アウトレット・パークへ向かいます。この時の気温は画面

中央付近の「白い恋人」の気温計によると19.1度・‥‥さすがに涼しいいのです。

DSC09481.JPG

 

 

★約1時間のショッピング

別段欲しいものはないのですが、スポーツジムで着るような小物をゲットしました。現在の好みの

カラーは黄緑の発色系のものがお気に入り、今回もシャツを2枚ほど購入です。

DSC09482.JPG

 

 

★セール中

普段でもお安いのに、この時期は格別安い物もあるようです。

DSC09484.JPG

 

 

★そして道央道でいざ旭川へ

時間にして約2時間のドライブ、今までにも何度か走ってるので通いなれた道

DSC09485.JPG

 

 

★この時は木曜日の午後4時ころ

車の通行も平日の夕方近くですから少ないのです。

DSC09486.JPG

 

 

DSC09488.JPG

 

 

★あと30分くらいで旭川IC

現在の気温は23度、過ごしやすく快適な気温に大満足です。

DSC09490.JPG

 

 

★空も日本列島ではないみたいな・・

DSC09491.JPG

 

 

★まもなく旭川

DSC09493.JPG

 

 

★旭川IC到着

夕方の5時半ごろに到着

DSC09494.JPG

 

 

| 北海道夫婦旅2018 | 08:22 | comments(6) | trackbacks(0) | -
北海道夫婦旅2018:‐昌浬佝

ここ最近は、今年の2月に約2週間ハワイを旅した『2018ハワイ旅』をお送りしていますが、ここで少

しこのネタをお休みします。

 

過去の前例のないくらいの猛暑の中頑張ってる皆さんに、7月の中旬に約1週間旅をしてきた大好きな

北海道でのさわやかな様子をお送りしたいと思います。

 

『北海道夫婦旅2018』です。ご覧ください。

 

 

 

★幕の内弁当

こちらは、事前に「ほっと・もっと」で調達した幕の内弁当。先月の仲間との北海道旅で、松山空港内のご飯屋

さんのお料理が今一つだったので、今回は空港までの道沿いでお弁当を購入しました。今回の北海道夫婦旅の第

1弾の食事ですが、やはりほか弁ではしょぼい感じもしますね。こちらは、奥さんリクエストの1品。

DSC09451.JPG

 

 

★特のりタル弁当

こちらは、「ほっと・もっと」のヒット商品ののり弁の少しランクアップした「特性のりタル弁当」です。

私のチョイスしたもの、こんなのをいつまでも好きなんです。

DSC09450.JPG

 

 

★札幌行き11:30発

昨年までは、北海道の玄関口の新千歳空港へは松山〜東京、東京〜新千歳空港という1度東京をつなぐ路線で

したが、今年の5月に松山〜新千歳空港への路線が開通し、直接北海道へ行けるようになりました。

ただし、飛行機は小さいもので、定員が70名という非常にコンパクトな航空機なんです。

DSC09456.JPG

 

 

★松山空港

通常はこんなのが定期便ですが‥‥。

DSC09457.JPG

 

 

★こんなコンパクトな飛行機

こちらが今回搭乗する飛行機。なんとも小さな航空機ですが2時間で北海道までひとっとび。飛行機までは

空港内の建物から歩いて飛行機に搭乗します。

DSC09458.JPG

 

 

★夏の瀬戸内海

瀬戸内海を船が行き交います。

DSC09466.JPG

 

 

★こちらは機内のコマーシャル

IBEXとは、会計ソフトの会社です。うちの会社の経理もこのソフトを使用していますが、この会社が航空

会社傘下に収めて飛行機を飛ばしてます。

DSC09472.JPG

 

| 北海道夫婦旅2018 | 08:52 | comments(4) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ