CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
夏の北海道夫婦旅:83:最終回:松山へ帰る

さて、楽しい時間はあっという間に去っていきますね。

『2019年の夏の北海道夫婦旅』もいよいよおしまい、午後2時半の飛行機で松山へ帰郷。

7泊8日の旅も最終回、ご覧ください。

 

 

■いつものトヨタレンタカ−返却

DSC07880.JPG

 

■帰りは簡単です

DSC07881.JPG

 

■シャトルバス

DSC07882.JPG

 

■いつも嫌になる空港内の「手荷物預かり場」

北海道ではこれが1番嫌、常時たくさんのお客さんで混雑します、この日も長蛇の列。

DSC07883.JPG

 

■最近ではこんなものも

DSC07884.JPG

 

■やはり20分は待ちますね。

DSC07885.JPG

 

■そして最後のお土産

DSC07886.JPG

 

■美味しいものをチェック

DSC07887.JPG

 

■ROYCEのロゴともお別れ

また来年の北海道楽しみにしてます。来年といえば、札幌で開催される2020オリンピックのマラソンや競

歩が見られるかも。

DSC07888.JPG

 

■今回はこのJBEXの機材で帰ります

今回は札幌から松山までの直行便、約2時間のフライトですから居眠りをしてたら到着します。

DSC07889.JPG

 

■瀬戸大橋上空

こちらは、四国と本州を結ぶ最初にできた橋

DSC07891.JPG

 

■しまなみ街道上空

こちらは、最後の3番目にできた橋、現在はサイクリストの聖地として多くの自転車ファンが集まります。

DSC07892.JPG

 

■瀬戸内海の小さな島々

やはりこんな光景を見ると「やっと地元へ帰ってきた」という実感がわきます。

DSC07895.JPG

 

■まもなく松山空港へ

DSC07898.JPG

 

■そして無事到着

しかし、気温が25度くらいの札幌から10度近く高い35度近くある松山へ帰りました。この時は現実に戻る

瞬間・・・・・暑い・熱い・あつい‥‥やはり夏場は北海道にいるのが1番…そう思う瞬間です。

DSC07901.JPG

 

【夏の北海道夫婦旅2019終了】

たった7泊8日の旅に83話という長期間にわたってご愛読いただきありがとうございます。

季節はもうすでに冬の入り口に差し掛かりましたが、ネタを更新して随時連載いたします。

今後とも、私のつたないブログ愛していただけるよう頑張ってまいります。KEN-TA-RO

 

| 北海道夫婦旅2019 | 08:30 | comments(2) | trackbacks(0) | -
夏の北海道夫婦旅:82:炭焼豚丼・そば「空海」

北海道の麺類といえばラーメンが真っ先に想像されるでしょうが、日本そばも侮れません。

夏にうかがう北海道、案外この地では日本そばの美味しいお店が各地に多数あって、美味しくい

ただいてます。

 

今回は、千歳付近では何度もうかがってる大好きなお店の『空海』さん、ここで昼食です。

 

 

【炭焼豚丼・空海】

■住所:恵庭市島松寿町1丁目10-2(JR島松駅300m)

■電話:0123-37-1230

■営業時間:11:00-14:30、17:00-20:00 ■定休日:火曜日

 

 

 

■空海さんの外観

こんな風なプレハブ風の建物、あまり蕎麦屋さんには見えませんよね。開店の11時直後ですが、すでにお客さ

んは行列状態。やはり皆さん美味しいものをよく知ってらっしゃる。

DSC07858.JPG

 

■大きな道沿い

お店の場所は、JR島松駅からほど近い大きな道路沿い

DSC07859.JPG

 

 

DSC07860.JPG

 

 

■室内

DSC07864.JPG

 

■反対方向

お店に到着順に、ここカウンターから座るように指示されます。勝手に座れるような空気感ではありません。

DSC07865.JPG

 

■調理場内

数人のスタッフが手際よく調理してます。

DSC07866.JPG

 

■お品書き

DSC07868.JPG

 

DSC07869.JPG

 

■こんな産地表示があるのは嬉しいね

DSC07870.JPG

 

■おそば到着

DSC07871.JPG

 

■おいしそうでしょう?

DSC07872.JPG

 

 

■薬味

DSC07873.JPG

 

 

■こちらが「空海セット」1200円

お店のおそばと豚丼の両方が食べたいという方にはこれが最高、ボリュームが多すぎないこのセット、私のよう

な熟年もちょうどいい分量です。このクオリティで1,200円とはすごいお値打ちです。

DSC07874.JPG

 

■炭焼豚丼

こちらの豚丼も、豚丼名産地の帯広周辺の名店にも負けないくらいの内容です。肉の炭焼きの香ばしさが最高!

DSC07875.JPG

 

■タレの加減も絶妙

甘すぎず、辛すぎず・・タレの分量もちょうどいいバランスで、豚肉の下でご飯が美味しいタレを吸ってます。

DSC07876.JPG

 

■〆の蕎麦湯

おそばの〆にはこれですよね。あ〜ぁ満足

DSC07877.JPG

 

■帰りの駐車場

やはり人気店なんですね。車はいっぱいで、路上にもウエィティングもいました。

DSC07878.JPG

| 北海道夫婦旅2019 | 08:00 | comments(2) | trackbacks(0) | -
夏の北海道夫婦旅:81:うおはん@恵庭

さて、朝から素敵なガーデンを巡り、この日のお昼ご飯を食べに行くことにします。

その途中、魚介や北海道物産をたくさん売ってるお店に行きます。恵庭町の国道沿いにある

『うおはん』さんです。こちらは、いわゆる空港などのお土産もの屋さんに比べたら種類が

多くて安いという印象。今までにも、友人たちとの北海道ゴルフ遠征でたびたびお土産物購

入の目的で寄ってます。

 

ご覧ください。

 

 

【うおはん】

■住所:恵庭市住吉町1-5-1(旧国道36号線沿い)

■電話:0123-33-7000

■営業時間:9:30-19:00(不定休)

 

 

 

■うおはんの外観

まるで地元のスーパーのような感じ、気軽に入れますから…。これは、お店の駐車場から撮影したものです。

DSC07845.JPG

 

■レジ周辺

観光客らしき方もたまに見かけますが、大多数が地元の方みたいです。ですから、安くて買いやすいという印象

DSC07846.JPG

 

■北寄貝

こんな大ぶりな北寄貝が5.6個入っていて980円とはなんともお安い。

DSC07847.JPG

 

■ホヤやつぶ貝

こんなのは、海産物好きにはたまらんでしょうね。

DSC07848.JPG

 

■甘エビだって

DSC07849.JPG

 

■珍しい油子

油子とは、本州などのアイナメのような魚かな?

DSC07850.JPG

 

DSC07851.JPG

 

■紅鮭なんかお買い得

まぁまぁの大きさのが4切れで550円、やはり空港なんかのお店では倍くらいはするんじゃないの?

DSC07852.JPG

 

■ホッケも安いよ

実物は、かなりの大きさでした。こんなのをたくさん買って、クール宅急便で自宅に送ります。

DSC07853.JPG

 

■様々な魚が

DSC07854.JPG

 

■数の子松前

こちらも、空港なんかでは1,500円くらいはするみたい。やはり買っとかなくては…。

DSC07855.JPG

 

■各種松前漬け

以前は松前漬けも種類は少なかったのに、ここ最近ではいろんなものがミックスされて美味しくなりました。

DSC07856.JPG

 

 

 

 

| 北海道夫婦旅2019 | 08:04 | comments(2) | trackbacks(0) | -
夏の北海道夫婦旅:80:イコロの森

北海道の旅の最終日、この日は午後2時半の飛行機で新千歳空港から地元の松山へ帰る予定。

こんな関係で、実質的には午前中に観光を済ませて、お昼過ぎには空港へ行く予定です。

そんな最終日は、苫小牧というのか千歳空港近くのゴルフ場がたくさんある地域にある

ガーデンに行きます。『イコロの森』ご覧ください。

※ちなみに、イコロの森のイコロとは、アイヌ語で「宝物」という意味だそうです。

 

 

【イコロの森】

■住所:苫小牧市植苗565-1

■電話:0144-52-1562 

■営業時間:4月21-10月31日:9:00-17:00 11月1日−4月20日(冬季休業)

■入場料:一般600円、シニア(65歳以上)300円‥‥私は昨年65歳になったので300円でした。

 

 

■国道36号線から入る

場所は、国道36号線の「ラーメン大王」さんあたりから森の中へ入ります。このあたりはゴルフ場銀座で、5か所

のゴルフ場がひしめいた場所の奥にイコロの森はあります。

DSC07743.JPG

 

■イコロの森の案内看板

DSC07742.JPG

 

■こんな道を進みます。

DSC07744.JPG

 

■ゴルフ場へ寄り道

「ブルックスCC」こちらも過去には5回程度プレーをした素敵なコース、以前はJALが経営してましたが、現在は別

会社へ移管しましたが、素晴らしいコースは現在でも健在です。

DSC07745.JPG

 

DSC07748.JPG

 

DSC07754.JPG

 

 

■イコロの森の入り口

DSC07756.JPG

 

 

さぁ、しばし公園内をご覧ください。

 

 

DSC07760.JPG

 

DSC07762.JPG

 


DSC07778.JPG

 

DSC07768.JPG

 

DSC07771.JPG

 

DSC07773.JPG

 

DSC07780.JPG

 

DSC07787.JPG

 

 

 

DSC07791.JPG

 

DSC07794.JPG

 

DSC07800.JPG

 

DSC07805.JPG

 

DSC07809.JPG

 

DSC07816.JPG

 

DSC07818.JPG

 

DSC07822.JPG

 

 

■こちらは園内のレストラン

DSC07825.JPG

 

■庭を見ながら食事ができる

DSC07828.JPG

 

 

■こんなBBQコーナーもあります

DSC07829.JPG

 

■レストラン内から庭を眺め

DSC07833.JPG

 

■こちらはガーデニング用品コーナー

DSC07838.JPG

 

■カラフルな店内のグッズ

DSC07839.JPG

 

■入り口付近の花のオブジェ

DSC07843.JPG

 

 

■陽気で健康的なスタッフ

やはり、こんな施設では陽気で健康的な方が1番ですね。

DSC07758.JPG

| 北海道夫婦旅2019 | 08:10 | comments(1) | trackbacks(0) | -
夏の北海道夫婦旅:79:ホテルの朝食

今回の北海道の旅、いよいよ最終日を迎えます。

 

【今回の旅の行程】

今回は7泊8日の日程、ここ数年は旭川や帯広・釧路・富良野や美瑛といった道東地区が

多かったのですが、なんせ広い北海道…今年は久しぶりに道南中心に巡ってまいりました。

旅の順番では…函館−江差−奥尻島−江差−長万部−洞爺湖−ルスツ−真狩−ニセコから

岩内−神威岬−美国町−余市−小樽−札幌−真駒内−北広島−苫小牧という行程でした。

 

さて、この日も朝は美味しい朝ごはんから開始です。

『ドーミーイン・苫小牧』の朝食ビュッフェ‥…ご覧ください。

 

 

■朝食会場の案内ボード

朝6時半、オープンと同時に店内に入ります。

DSC07740.JPG

 

■まぁまぁのお客さん

オープン間もない時間ですが、まぁまぁのお客さんです。こうして改めて見れば、案外サラリーマンの姿が多いDSC07741.JPG

 

 

早速、ビュッフェの「ネタの撮影開始」です。

 

 

■小鉢

温泉卵やモズク酢、冷ややっこなどのなど、そそられる1品が数多く並んでます。

DSC07720.JPG

 

■焼き魚系

DSC07721.JPG

 

■ヒジキなど

DSC07722.JPG

 

■このホテルの名物「ホッキごはん」

ここ苫小牧はホッキ貝の漁獲量が日本1の港、やはり美味しいホッキ貝の炊き込みご飯をいただかなくては

DSC07723.JPG

 

■お漬物系

DSC07724.JPG

 

■揚げ物やソーセージ系

DSC07725.JPG

 

■玉子料理「オムレツ・目玉焼き」

DSC07726.JPG

 

■パンも各種「ワッフルやクロワッサンなども」

DSC07727.JPG

 

■野菜サラダ

DSC07728.JPG

 

■フルーツやヨーグルト

DSC07729.JPG

 

■ドリンクもあります

DSC07730.JPG

 

■コーヒーサーバー

DSC07731.JPG

 

■冷製ポタージュ

夏場には、こんな冷めたスープが美味しいですね。

DSC07732.JPG

 

■フルーツポンチ

DSC07733.JPG

 

■シーフード・カレー

DSC07735.JPG

 

 

そして、我が家がいただいたものご覧ください。

 

 

■奥さんのチョイス

やはりボリュームも適正で、見た目にも美しい「正当な洋食」というラインナップ

DSC07713.JPG

 

 

■欲張りな私のチョイス

やはりこの日も黒いトレーには入りきらず、ドリンクやスイーツは場外にもはみ出してますから…。

DSC07714.JPG

 

 

■魚系

DSC07715.JPG

 

■ホッキご飯&塩辛など

このラインナップでも十分なボリュ−ム

DSC07716.JPG

 

■大好きな「朝カレー」
これは、子供のころからの習慣で、前の日の寄りに作ったカレーの残りを翌朝食べというのが私の習慣

こんな風に、朝食のビュッフェにカレーが並んであると習性で必ず取ってしまうという自分が恐ろしい

DSC07717.JPG

 

■ヘルシーなサラダ&ヨーグルト

DSC07718.JPG

 

■ドリンクは左から「冷製ポタージュ・水・大好きなカツゲン」

DSC07719.JPG

 

DSC07739.JPG

 

朝から美味しいご飯をいただき、満足した状態で最終日の朝出発しました。

| 北海道夫婦旅2019 | 08:13 | comments(2) | trackbacks(0) | -
夏の北海道夫婦旅:78:なか善の晩ごはん

昨日は、苫小牧の居酒屋『なか善』さんの美味しそうなメニューのみご紹介しましたが、

”魚屋の社長がやってる居酒屋”『なか善』さん、今日は当日食べたものをご紹介します。

ご覧ください。

 

 

 

■まずは「ハイボール」

DSC07667.JPG

 

 

■お通し「小ぶりなホタテの煮つけ」

この味加減が最高で、これから先に来る料理が非常に期待できます。お通しは、お店の味を代表しますよね。

DSC07666.JPG

 

■ジャガバター&塩辛

DSC07668.JPG

 

■こんな風にいただきます

暖かいじゃがいもの上にバターと塩辛をのせて一気に食べる、至福のひと時です。山の幸と海の幸が合わさり

口の中に北海道が拡散されます。

DSC07671.JPG

 

■チーズ&いぶりがっこ

燻製されたチーズと燻製されたたくわんのいぶりがっこ、この2つが一緒になっていただけるメニュー

こんなコラブレーションを考えた人はすごい

DSC07669.JPG

 

■タコザンギ

こちらは、蛸のから揚げ、北海道産の大ぶりのタコをから揚げにしてますが、あっさりとして美味しい

カレー塩にかけていただくのですが、これがまたから揚げにマッチしてますから…‥。

DSC07688.JPG

 

■天ぷら

DSC07689.JPG

 

■炙りメニュー

DSC07698.JPG

 

■七輪とイカ・タタミいわし

やはり、目の前で自分たちが七輪の火で炙って焼くのが楽しいですね。

DSC07699.JPG

 

■ホタテ貝の浜焼き

ホタテ貝から出てくる海の塩の香りが最高、醤油の風味も合わさって美味しいですね、思わず顔がほころぶ

DSC07701.JPG

 

■お寿司の盛り合わせ

こちらで980円、お安いですよね。

DSC07702.JPG

 

■店内の雰囲気

DSC07707.JPG

 

■レジ周辺

DSC07708.JPG

 

 

※こちらはおまけの写真「苫小牧信用金庫・本店」

昼間と夜の表情の違い・・・・・・ご覧ください。

 

 

 

■昼間の表情

ごく普通の光景ですよね。

DSC07661.JPG

 

■夜の表情

趣味が良いのか悪いのかは好みにもよるでしょうが・・・建物の1部がライトアップされてます。

これには驚きました。目立つことは確かですが…果たしていかがなものか‥‥評判を聞いてみたいのです。

DSC05422.JPG

| 北海道夫婦旅2019 | 08:01 | comments(2) | trackbacks(0) | -
夏の北海道夫婦旅:77:魚屋が社長の居酒屋「なか善」

”魚屋の社長がやってる居酒屋”・・・・こんなフレーズのお店は、食べることが大好きな私に

とってはそそられてしまい、絶対に行かねばならないでしょうね。前回、6月の仲間との「北海道

ゴルフ合宿」の際にも苫小牧で宿泊し、この店にお邪魔して美味しい魚料理を満喫したのでした。

そして、やはり日ごろ家事でお世話になってる我が家の奥さんにも美味しい魚を食べさせようと

再びやってきました。  ご覧ください。

 

 

【なか善】

■住所:苫小牧市表町3-2-19(ホテルドーミーイン苫小牧から150m)

■電話:0144-34-3434

■営業時間:11:30-14:00,17:30-24:00 ■定休日:日曜

 

 

 

■お店の外観

看板にも「魚屋直営」というフレーズがあります。やはり、これって集客のインパクトがありますよね。

DSC07663.JPG

 

 

■メニューの表紙にも”魚屋の社長がやってる”と

DSC07673.JPG

 

 

 

豪華絢爛なメニューの内容をしかとご覧ください。

 

 

■おいしそうな品々が揃っています

やはり北海道は美味いものの宝庫ですよね。

DSC07674.JPG

 

■こんなのは空腹時に見たら毒ですね。

DSC07675.JPG

 

■やはり魚系は充実ぶりが

お刺身やマグロ・ズワイガニなど…そそられるものがたくさん

DSC07676.JPG

 

 

■北海道にはこんな酒の肴がたくさん

私の好物の「いぶりがっこ・塩辛」などなど

DSC07677.JPG

 

 

■定番の酒の肴

お店の男性が大好きな「ポテサラ」や北海道名物の「ラーメンサラダ」こちらは中華の冷麺のようなものです

が、ここ北海道では定番の酒の肴、居酒屋なんかには年中あります。

DSC07678.JPG

 

■原子焼き

お店オリジナルの焼き方で、ホッケやエビなどを美味しく焼いてくれるそうです。

DSC07679.JPG

 

■炙りのおつまみ

DSC07680.JPG

 

■こんな美味しそうなネタを七輪の上で焼く

また、この写真の撮り方が最高、思わず頼んでしまいますよね。

DSC07681.JPG

 

■地元北海道の海づくし

アワビ・ホッキ貝・カキ・ホタテにカニの甲羅焼き・ウニの浜焼き・・・・この豪華さに・・たまらん

DSC07682.JPG

 

■ザンギ&ザンタレ

「ザンギ」は鳥のから揚げ、「ザンタレ」とはザンギに甘辛いネギタレをまぶしたもの、どちらもそそられる

DSC07683.JPG

 

■モツ煮込みやピザもあるんだ

DSC07684.JPG

 

■各種揚げ物

DSC07685.JPG

 

■〆の海産のご飯もの

こんなのも、お腹いっぱいでもいただいとかにゃ

DSC07686.JPG

 

■お寿司に雑炊・デザートも

DSC07687.JPG

 

■こんなので注文

しかし、私の場合はメカには非常に弱いので、直接店員さんを呼んで注文します。

DSC07697.JPG

 

 

■この日の特別メニュー

DSC07703.JPG

 

※食べたものは、明日にでも‥‥お楽しみにね。

 

 

 

 

 

 

| 北海道夫婦旅2019 | 08:32 | comments(2) | trackbacks(0) | -
夏の北海道夫婦旅:76:ドーミーイン苫小牧

ここ10年間、私は夏のシーズンにはここ北海道へは2回来ます。

 

第1回目は、6月に「ゴルフ仲間とゴルフ遠征」、そして1か月後の7月中旬に夫婦2人で約1週間北海道

の各地を訪れてます。今回の「2019年北海道夫婦旅」の最後の地は、ゴルフの遠征でもよく来る苫小牧

市。過去のゴルフ遠征で勝手知ったる苫小牧でよく宿泊する『ドーミーイン苫小牧』で今回は宿泊です。

 

 

 

【天然温泉樽前の湯・ドーミーイン苫小牧】

■住所:苫小牧市錦町2-1-22(苫小牧市の飲み屋街の中心部、JR苫小牧駅から徒歩7分)

■電話:0144-52-5489

■予約方法:今回もHOTEL.COMで予約しました。

料金は、朝食込みのダブルベッドで2名分19,542円でした。

 

 

 

■ホテルの外観

9階建ての建物、周囲にはあまり大きな建物もなく、眺望はいいのです。

DSC07660.JPG

 

■入り口付近

DSC07631.JPG

 

■樽前の湯:ドーミーイン

やはり、ホテルに「樽前の湯」なんてのがつけば、温泉で癒される自分を思い、期待します。

DSC07632.JPG

 

■フロント付近

画面の左側がフロント、そして右側がレストランで朝食の会場となります。

DSC07633.JPG

 

■室内

Wベッドでしたが、十分な広さでした。

DSC07636.JPG

 

■TV周り

一般的なものが備わってました。

DSC07637.JPG

 

■洗面

下の部分が冷蔵庫です。

DSC07638.JPG

 

■トイレ

DSC07639.JPG

 

 

そして、時間も早かったのですが早速お風呂へ行きます。

 

 

■男湯

DSC07645.JPG

 

 

■露天風呂

早い時間でしたから、お風呂には誰もいなくて撮影は可能でしたのでたっぷりご覧ください。

DSC07649.JPG

 

■洗面コーナー

DSC07646.JPG

 

 

■ロッカー

DSC07647.JPG

 

■屋上からの眺望

苫小牧の海が一望できます。

DSC07650.JPG

 

 

 

■サウナ

DSC07654.JPG

 

■洗い場

DSC07656.JPG

 

■エレベーター

DSC07659.JPG

 

■このホテルのもう1つの売り

無料の「夜鳴きそば」こんなのが夜9:30-11:00にいただけちゃいます。

DSC07642.JPG

| 北海道夫婦旅2019 | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
夏の北海道夫婦旅:75:王子サーモン苫小牧

さぁ、この日もいろいろ歩き回り時間はまだ早いのですがそろそろこの日の宿がある苫小牧

へ向かいます。そして、以前から行きたかった苫小牧市内のお店を訪問します。

 

 

【王子サーモン北海道直営所】

■住所:苫小牧市有明町2-8-15(JR糸井駅650m)

■電話:0144-75-5231

■営業時間:9:30-19:00 年中無休

 

 

 

■高速道央道北広島IC

三井のアウトレットは、このICから車で目の前にあります。この日は、この高速に乗って苫小牧

を目指します。

DSC07623.JPG

 

 

■王子サーモン・工場直営店

苫小牧市内の国道沿いにあるこのお店、「王子サーモン」といえば、結構全国の有名なお店に

サーモンの燻製をおろしてるようです。

DSC07624.JPG

 

■お店の看板

DSC07625.JPG

 

■店内

食品のお店らしく、清潔で明るい店内

DSC07629.JPG

DSC07629.JPGDSC07619.JPG

 

 

■サーモンの燻製

ここでしか買えない特価品のサーモンの燻製、かなりお買い得で自分用とお土産用にも買い込み

ました。帰って食べましたが、酒の肴やサラダの付け合わせなど、美味しくいただけました。

DSC07626.JPG

 

 

■王子製紙のユニフォーム

こちらは、ここ地元苫小牧市にあるアイスホッケ―の「王子製紙」チームのユニフォーム

胸には、ここ王子サーモンのロゴが入ってます。

DSC07627.JPG

 

 

■数多くのサーモンの関連商品も

DSC07628.JPG

 

 

■店内には加工してるビデオも流れ

DSC07630.JPG

| 北海道夫婦旅2019 | 08:13 | comments(2) | trackbacks(0) | -
夏の北海道夫婦旅:74:アウトレットのフードコート

この日も朝早くからいろんな場所へ行って歩き回り、時間もお昼近くになってお腹も減って

きました。そこで、いつも行く北広島市の「三井アウトレットパーク」の中にあるフードコ

ートでお昼ご飯をいただきます。

 

 

【三井アウトレットパーク北広島】

■住所:北広島市大曲幸町3-7-6(道央道北広島IC下車すぐ)

■電話:011-377-3200

■営業時間:10:00-20:00

 

 

■三井アウトレットパーク

北海道最大のアウトレットモールの三井アウトレット北広島、国内外のいろんなブランドが勢ぞろい

場所が、北海道のメインの高速道路の道央道北広島ICすぐにあるので、北海道全道からお客さんが

集まりやすい場所にあるのも人気の点。

DSC07604.JPG

 

■正面玄関

DSC07605.JPG

 

■平日なのにたくさんのお客さんが

地元北海道民はもちろんなこと、日本中の観光客やアジア系のお客さんも多数います。

DSC07603.JPG

 

■フードコート入り口

DSC07609.JPG

DSC07609.JPG

 

■フ−ドコートの全景

まだお昼前なのでお客さんはまだまだ、こんな広いスペースがお昼時には超満員に

DSC07597.JPG

 

 

■約10店舗が営業中

和食・中華・韓国・ラーメン・ハンバーガーなど、様々なお国や種類の美味しいものが集結です。

DSC07608.JPG

 

DSC07597.JPG​​DSC07597.JPG

 

■私は「弟子屈ラーメン」

私のお好みはここ「弟子屈(てしかが)ラーメン」です。北海道の弟子屈町産の美味しいラーメン

いつもここが好きで食べてます。

DSC07594.JPG

 

■お味の方も味噌・塩・醤油

DSC07595.JPG

 

■列に並んでオーダーします

忙しい時間になれば、行列はこんなもんじゃありません。

DSC07596.JPG

 

 

■私のオーダー「魚介絞り醤油ラーメン850円+きざみチャーシューおにぎり230円」

魚介絞り醤油ラーメン:出汁を魚介でとり、それを特製の醤油とミックスした美味しいスープに

ちぢれ麺をまとわした美味しいラーメン、これは癖になる美味しさです。

きざみチャーシューおにぎり:刻んだチャーシューにかまぼこを入れた辛子マヨネーズで和えて

おにぎりとしたもの、こちらもラーメンとの相性も抜群でくせになりそうです。

DSC07598.JPG

 

■きざみチャーシューおにぎり

DSC07599.JPG

 

■ちぢれ麺に出汁が絡んで最高

DSC07600.JPG

 

 

■奥さんのオーダー「ローストビーフ丼」

奥さんの場合は、あくまでも洋風にこだわってます。わたしとは好みが違うのです。

DSC07601.JPG

 

 

その後、モール内を巡回してTシャツやハ−フパンツなど数点購入

 

 

DSC07603.JPG

 

 

 

DSC07610.JPG

 

DSC07611.JPG

 

DSC07612.JPG

 

DSC07613.JPG

 

DSC07614.JPG

 

DSC07616.JPG

 

DSC07617.JPG

 

DSC07619.JPG

 

四国地方にはないブランド品の数々、楽しいショッピングの時間を過ごしたのでした。

 

 

 

| 北海道夫婦旅2019 | 08:10 | comments(2) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ