CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
五味八珍:昭和の香りの焼肉店

美味しい焼肉屋さん・・・・・私の住む松山にもたくさんの焼肉店がありますが、今日は友人からの

推薦で”昭和ロマンの香る美味しい焼肉店”に出かけます。

 

 

【五味八珍】

■住所:松山市築山町8-24(伊予銀行新立支店の真南)銀行の駐車場の東隣

■電話:089-933-1248

■営業時間:17:30-22:00 ■定休日:月曜

 

 

 

☆場所はわかりにくいところ

40年も営業してるなんて、こんな市内中心部にあるのにわかりづらい場所です。

中の川通りを東へ走り、旧11号線に突き当たった信号の交差内にあるんです。

※こちらは旧11号線から中の川通りへ右折する信号待ちの絵、茶色の建物が目的地

001.JPG

 

 

☆目の前には伊予銀行が

お店の真横には伊予銀行の駐車場もありますが、夕方以降には施錠されますから、近くの

コインパーキングへ停めるのが正解ですね。※お店の専用駐車場はありません。

002.JPG

 

 

☆お店の外観

かなり年代物の建物です。昭和の香りがプンプンします。

004.JPG

 

 

☆店内のメニユー

1番高いお肉がロースで900円、それ以外は500円から800円程度とお安いのです。

005.JPG

 

 

☆店内は満員

狭い店内、カウンターに6席とテーブル席は2人掛け1つと4人掛けが1つの総数12名が定員。

お店は50代のご主人と83歳というお母さんのお二人で営業されてます。

006.JPG

 

 

☆歴史ある店内の天井

過去の数限りない焼き肉の脂が天井にこびりついてます。この店の歴史ですね。

016.JPG

 

 

☆おでんを少し

このお店、焼肉屋さんには珍しく「おでん」もおかれてます。まずは少々いただきますかね・・。

013.JPG

 

 

☆昔ながらのコンロ

最近は無煙ロースターという煙が出にくいコンロを使用するお店が増えましたが、こちらでは

いまだにこんなのを使用、まぁこれもお店の味だといただきましょう。

011.JPG

 

 

☆キムチに焼き肉のタレ

キムチはピリッと、焼き肉のタレは松山風の少し甘めの醤油だれ

010.JPG

 

 

☆野菜盛り合わせ

さまざまな野菜が盛り付けられてました。

011.JPG

 

 

☆まず最初は『タンシオ』

やはり最初は塩系であっさりといただいちゃいましょうね。厚く切られたタンが思ったよりも

柔らかく、全員で美味しく食べ進められました。

015.JPG

 

 

☆タンを焼いてます

021.JPG

 

 

☆ロースとキモ

キモも新鮮で柔らかく、このままなら生のままでいただけると思うくらいのものでしたが、昨

今の生禁止規制で焼いていただきます。ロースも柔らかく脂身も旨みが広がってお値段のわり

には良質なお肉(他のお店では絶対上ロースでしょうね)でした。

018.JPG

 

 

☆鶏肉にハラミ

鶏肉も柔らかく、ハラミはこのお店の代表格だそうです。焼肉ならはらみはご飯にもよくあう

1品、柔らかくて絶品でした。

021.JPG

 

 

☆新鮮ホルモン

写真を見ただけで丁寧な下ごしらえをしてるのがよくわかりますでしょう?

023.JPG

 

 

☆ホルモンを焼いていきます

やはり脂の多いのがこのホルモン、炎の競演というので許せる炎と煙です。

024.JPG

 

 

☆ミノとハラミのお代わり

こちらのミノは、私が今まで食べてきたミノの中では最高の品でした。柔らかくて、噛みやす

く、おまけにさっぱりとした美味しさに驚きです。

026.JPG

 

 

☆鳥の唐揚げ

こちらは、鳥に下味がついた竜田揚げ風な唐揚げでした。これなら、1皿で生ビール3杯は

いけますね。

028.JPG

 

 

☆〆のチャーハン

サッパリとした〆の1品のチャーハン、見た目は平凡ですが何か隠し味もありそうです。

031.JPG

 

 

☆〆の2番目:中華そば

細麺に自家製の出汁をまとった中華そば、このお出汁も独特なものでまた食べに行きたいよう

な1品でした。

025.JPG

 

 

☆〆の3番目:焼きそば

超細麺のソース焼きそばです。独自のソースを使ってるようで、美味しかった・・・・です。

026.JPG

 

【焼肉:五味八珍のあとがき】

”昭和ロマンが残ってるのお店って、日本列島の地方都市にもたくさん存在はすると思います。

建物や部屋の内装などもかなり古いお店はまだまだありますが、ただ古いお店と古くても清潔に

掃除されたお店というのは少ないものです。このお店、確かに店内も外観も古いのですが、どこ

か居心地も良く、提供された品物も美しくかつ美味しい、そしてなお安いという3拍子のそろっ

たすばらしいお店でした。それと、ご主人の接客も快適です。

 

私が思うに、松山の焼肉屋さんで私の1番好きなお店になるのは間違い予感がします。だって、

最初にうかがって2番目の訪問が1周間後ですから「どれだけ好きなんじゃい」という感じ。

読者の皆さんも、ぜひうかがってみてください

※座席が少ないので電話予約は必須です。

 

 

| グルメ/焼肉・焼き鳥 | 09:11 | comments(5) | trackbacks(0) | -
関東風焼き鳥「忠孝」

松山にも”関東風焼き鳥”と言われるお店があるのです。その名も『忠孝(ちゅうこう)』さん。

 

私のゴルフ仲間の経営するお店です。

 

ご覧下さい。

 

 

【関東風焼き鳥:忠孝】・・・居酒屋・焼き鳥・鶏料理

■住所:松山市1番町2-2-1(2F) 

■電話:089-945-9955

■営業時間:17:00-24:00 ■定休日:日曜

 

 

 

☆お店の外観

松山市内の1番町と2番町のちゅうかんにあるここ忠孝さん。

049.JPG

 

 

☆お店のPOP

創業は50年を超えたそうで、現在は2代目が頑張る

050.JPG

 

 

☆メニュー

焼き鳥を中心にこの時期なら鍋料理も多いようで、この日は仲間うち20名の「飲み放題つき3,500円」

をお願いしました。

051.JPG

 

☆関東風串焼き

松山にはあまり関東風の串焼きは少なく、豚のモツなどがあるのが特徴です。

052.JPG

 

☆店内のコタツ席

お店としては珍しい「掘り炬燵式のお座敷」これなら暖かくて足も伸ばせるので疲れません。

053.JPG

 

 

☆コタツ布団をはぐると

掘り炬燵ですから足はラクチン、足元も冷えません。

054.JPG

 

 

☆さまざまなお酒も

焼酎や日本酒の種類もたくさん、酒飲みには楽しみなのです。

056.JPG

 

☆まずはビール

059.JPG

 

 

☆いとごんにゃくの明太子和え

いかにも家庭的な「つき出し」

057.JPG

 

 

☆モツ鍋

やはりこれからの時期は鍋がいいですね。そして、ゴルフのあとだけに「モツ鍋」うまいです。

058.JPG

 

☆モツ鍋アップ

出汁はあっさり系のものですからそんなに辛くもありませんが旨みは拡がります。

061.JPG

 

☆焼き鳥

ネギマや親鳥など

063.JPG

 

 

☆ネギマのアップ

065.JPG

 

☆えだまめ

こんなのも口休めにはいいですね。

066.JPG

 

 

☆今日はハイボール

067.JPG

 

 

☆串焼き第2弾

鳥皮やつくねなど

069.JPG

 

 

☆こぶくろなどなど

焼き加減が抜群で、少しタレ絡んだ表面にこげ目があるくらいがちょうどいいのです。

071.JPG

 

 

☆ゲソの唐揚げ

酒の肴にはこれくらいの量の揚げ物がいいみたい

072.JPG

 

☆きびなごの素揚げ

073.JPG

 

☆〆の焼酎

074.JPG

 

 

 

 

| グルメ/焼肉・焼き鳥 | 10:26 | comments(4) | trackbacks(0) | -
富久重@松山市立花

私の周辺のグルメの皆さんの中で”非常に美味しい焼肉屋さん”と評判のお店『富久重』

さんへ行ってきました。この日はスポーツクラブのスタッフたちとの交流、親子くらい

違う連中との飲み会です。

ご覧下さい。



【富久重(ふくしげ)】・・・・焼き肉・ホルモン
■住所:松山市中村3丁目3-1(立花の拓南通り沿い)伊予鉄電車立花駅徒歩5分
■電話:089-933-2500
■営業時間:15:00-22:30 ■定休日:なし
■駐車場:周辺に10台くらいあり



★拓南通り
松山市の下町、立花界隈。ここが噂の『拓南通り』、柄の悪い輩もいますが下町で人情豊か
な土地柄は私は好きです。
004.JPG


★「特選和牛専門店」
富久重・・・・焼肉店と表示せず”ホルモン”と描かれてあるのが好き。
焼き肉っていうと少し上品な感じですが、ホルモンと描かれてあれば
私のような好奇心の塊のような連中には安心して入店できるのです。
003.JPG


★住宅を改装したような外観
た・ぶ・んですが、以前は普通の住宅だったんでしょうね。こんな風に外見に金をかけていない
ようなお店は・・・・・安くて・美味い・・・・常識です。
005.JPG


★お店の裏側
道路上にあるのが本館で、その裏側にあるのが新館なのです。本館はいまだに煙モンモンのガス
コンロですが、裏側にある新館は無煙ロースターですので煙で人間がいぶされることがないのです。
※ここは新館と本館との中間、ここで作業をして肉を精製するんでしょうね。きれいに整理・整頓
された姿を見て安心です。
009.JPG


★新館の店内
大広間風なフローリングの内部。きれいですね。
010.JPG


★セット
肉のタレとカクテキ3切れ、お店の紹介ブログなどでは「タレが甘い」なんて酷評でしたが、

まぁこんなものと美味しくいただきました。
011.JPG


★メニュー
「特選」や「上」は1,000円以上しますが、並の肉類は1,000円以下で庶民には
オーダーしやすいお値段です。また、学割セットというのもあって学生には優しい
お店です。
012.JPG


★塩タンのタレ(ごま油&塩)と湯上げセンマイの味噌
やはり美味しく塩系焼肉やセンマイをいただくにはこんなのが必要です。味噌もGOODです。
018.JPG


★塩タン
焼き肉のマナーとしては・・・最初は塩系からいただいちゃいましょうね。
016.JPG


★食べごろサイン
少しピンクくらいが食べごろですよね。
017.JPG


★野菜も
肉だけじゃなく野菜もいただいちゃいましょうね。
019.JPG


★キムチ
見た目ほどはからくないキムチ。焼き肉には欠かせませんね。
020.JPG


★タレ系の5種
ホルモンに焼きセンマイ、上ミノにハラミ(バラ)、レバーの5種類。これすべて1人前ですが
量が半端ないものですから・・・お徳感満載!!
021.JPG

★焼いていきます
すいません、食べるのに夢中で肉の焼けた写真はあまりないのです。
030.JPG

★湯上げセンマイ

きれいに洗われたセンマイ、こんな美しいセンマイ見たのは初めてです。
026.JPG

 


★味噌にセンマイを投入

これが癖になる美味しさなのです。
029.JPG



★味付け肉

お店の方にお聞きしたお奨めの1品「味付け肉」甘しょっぱいタレが染み込んで美味し

かったのです。
027.JPG

★ご飯注文

大ご飯・・・です。一緒に店へ行ったスポーツクラブのスタッフたちもこんな大盛りのご飯

を完食。やはり若いってことはすばらしい。
032.JPG


★卵スープも

ご飯に卵スープ、最後の〆にはこれでしょう。
034.JPG

 




★焼酎の水割り

箸入れを見て驚いたのは「なんと焼酎のグラスと同じもの」これってどう?

036.JPG

 

★エビ&ハラミ

最後に海鮮物やご飯のお供としては正解
039.JPG
 

| グルメ/焼肉・焼き鳥 | 08:21 | comments(4) | trackbacks(0) | -
とりや久兵衛
焼き鳥『とりや安兵衛』さんへ行ってきました。

実は、この店のオーナーと私の会社で取引のある銀行主催のゴルフコンペで2度ほど
同伴しそれ以降親しくしてもらっていて、この日は平日の昼間にゴルフをしてその後
お店でどんちゃんやりました。

ご覧下さい。


【とりや久兵衛】・・・・焼き鳥居酒屋
■住所:松山市湊町5-4-5(松山市駅・すぐ南30m)
■電話:089-945-3353
■営業時間:11:30-14:00、17:00-24:00



★久兵衛さんの外観
建物全体に存在感があります。場所は、松山の繁華街の松山市駅前に
あります。
025.JPG


★お店の周辺
お店の前の道がバス乗り場のロータリーになっていて、市内電車やバスの発着場になってま
す。松山市でも有数の繁華街の松山市駅前にお店はあります。
022.JPG


★座卓
今日は仲間たちとのゴルフの打ち上げ、ここに座って語り・呑み・食べつくします。
030.JPG


★店内中央のカウンター
カウンター席では10人くらいは目の前で座って焼き物が焼けるさまを見れます。しかし、
ちょっと煙いのが玉に傷です。
031.JPG

★まずは・・・野菜
キュウリとダイコン・キャベツを切っただけのもの
011.JPG

★朝獲れで非常に新鮮な鳥のレバー
オーナーのお話によると通常のレバーはもっと赤身が強いらしく、このレバーは人間
にすれば「肝不全」の状態らしく、シロレバーといって1,000羽に1羽くらいの貴重な
ものだそうです。肝不全の肝臓なんてって思いましたが、食べたぶんについては何の
問題はなさそうです。

014.JPG

★ごま油と塩のタレ
新鮮なレバーをこれにつけていただきます。
013.JPG

★新鮮卵の燻製サラダ
015.JPG

★砂ずり
018.JPG

★ハツ
019.JPG

★つくね
020.JPG

★せせり
鳥がよく動かす首筋のお肉・・・うまいです。
022.JPG


★鶏みゃく(通称:つなぎ)
これは、鳥の大動脈の部分、この1本で鶏7匹分だそうです。甘じょっぱいタレに
絡んだのが実に珍味ぽく・・・マイウーでした。
024.JPG

★鳥皮
鶏好きは、肉も好きですがこの皮の部分が大好きですよね。
025.JPG


★せんざんき
松山地方では鳥のから揚げのことを「せんざんき」ともいいます。
026.JPG

ネギま
おなじみの鳥とねぎ、そしてピーマンの味わいがいいのです。
027.JPG

★豚のバラ焼き
029.JPG

★胸肉のわさび
030.JPG



 
| グルメ/焼肉・焼き鳥 | 06:22 | comments(6) | trackbacks(0) | -
鳥林@今治焼き鳥
3月の後半に訪れた「大学時代の友人の3回忌」。

この日は朝早くから自宅を出発して車で走り回り、夕方やっと四国の地へ戻りました。
そして、この日の最後の訪問地はしまなみ街道の四国側の終点地の今治市です。
今治は、私の住む愛媛県では県庁所在地の松山市に次ぐ第2の都会、皆さんご存知なのは
「タオルの町・造船の町・最近ではバリイサンというキャラクターが有名になりましたし、
食べ物ではやはり”焼き鳥の町”としても有名な場所です。

今回の日帰りの旅の最終地点である今治市で名物の焼き鳥をいただきます。


【鳥林】・・・・今治では焼き鳥四天王として有名だそうです。
■住所:今治市南大門町1-6-17(JR今治駅から北へ約300m)
■電話:0898-32-1262
■営業時間:17:00-22:00 ■定休日:日



★鳥林さんのお店の外観
10年ほど前にこの地に引っ越してきたそうです。まだ目新しいお店、ちょうど今治市役
所の隣という好立地です。
111.JPG


★暖簾
暖簾もまだ新しく新調されたようで真新しいです。
112.JPG

★店内の様子
常連さんはカウンターに10席程度、やはりお店の方との会話を楽しまれてるようです。
116.JPG

★メニュー
シンプルな焼き鳥メニュー、種類はそんなには多くありません。
114.JPG


★ドリンク類
115.JPG

★本日の〆:生ビール
今日のドライブはこれでお終い、あとは同乗の娘にハンドルを
任せて、私はこれでお役ごめんです。
117.JPG

★小上がりで食事
やんちゃ盛りの3歳と1歳のちびっ子と一緒ですから、こんな畳のスペースがいいのです。
119.JPG

★前菜のキャベツ
何もかかっていないキャベツ・・・なんで焼き鳥屋のキャベツはこんなに美味しいんでし
ょうかねぇ。
121.JPG

★キャベツにタレを
長年継ぎ足しの甘しょっぱいタレをかけますが、これだけで生ビール1杯はOKです。
124.JPG


★今治名物:皮焼き
通常の焼き鳥の皮は串に刺して提供されるのが常ですが、ここ今治では皮を鉄板の上で
炒めて重しを載せて早く焼き上げるのが特徴なんです。※なんでも、この方法のほうが
早く焼けるとのことでせっかちな今治人を納得させたという逸話があります。ここ今治
は造船が盛んで、仕事を終えた造船工たちが焼き鳥で1杯というのが多かったようです。
122.JPG


★ピーマンの肉詰め
新鮮なピーマンの焼き目がおいしそうです。
127.JPG

★裏側
裏側には、ミンチ状の鶏肉がこんがりと焼けて実においしそう。
128.JPG

★レンコン揚げ
ここ今治はレンコンの産地としても有名な場所、ふっくらとしたレンコンの穴に肉詰め
されてます。
129.JPG

★豚バラ串
こちらも焼き加減はバッチリでした。
130.JPG


★道の駅高野で購入したジャンボ稲荷
これだけではそんな迫力は感じませんが、通常のお稲荷さん3個分くらいは確実に
ありました。通常飲食店には持ち込みはいけませんが、こっそりと見つからないよ
うにいただいちゃいました。
131.JPG


★ハツ
こちらもタレでいただきます。
134.JPG

★最後の1品
手羽先揚げ。かりっと揚げられた手羽先も美味しかったのです。満足・満足
そしてこの日のお会計は4,000円くらい、お安く・美味しいや今治焼き鳥を存分に
満喫いたしました。
135.JPG

【3月25日の友人の3回忌日帰り旅行】
この日は松山〜今治〜しまなみ街道(今治〜尾道)〜やまなみ街道(尾道〜庄原市高野)
そして帰りもこの道を反転して帰ってきました。その距離約700km、さすがに日帰りで
は疲れましたが、充実した1日でした。
またチャンスがあれば日帰りでも、また出雲大社にでも旅行のついでにでも行ってみたい
と思いました。60歳を前に逝った友人を偲ぶ旅でしたが、私らしくグルメも満喫しました。


 
| グルメ/焼肉・焼き鳥 | 13:54 | comments(4) | trackbacks(0) | -
乃み助:焼肉・ホルモン
焼肉・ホルモンの【呑み助】さんへ行ってきました。


【家族と外食する楽しい理由】
私の場合の家族全員で外食へ行く理由は・・・・・”嬉しいことを家族全員で共有してもらいたい”
という意味で行くのです。日常での嬉しいことがあったり仕事の1つの区切りがつくと、近所にそれぞれ別々に
住んでいる子供たちの家族全員にに声をかけみんなで出かけるのです。支払いは当然私のおごりです。
今回は、長期間所有していた会社の建売住宅の売却が終わり、このけじめとしてうかがったのです。

【主導権】
場所や料理の選定については一族の主であり食事代の支払いをする私の一存の場合がほとんどなのですが
(亭主関白です)、たまにはまれに「家族の希望を聞いて」おなじみの焼肉店だったりお寿司屋さん、中華
料理屋さんなどにへ出かけます。

今回は、長男の希望で「最近牛の焼肉を食べてない」というので子供たちや孫たち総勢12名が集結して
出かけてきました。「呑み助」さんは平日でもお客さんが多いので有名ですから、1週間も前に予約をしていきました。
それでは・・・・ご覧ください。


【呑み助】・・・・焼肉・ホルモン料理
■住所:松山市北立花町101-13(河原町通りの石手川の土手沿い)
■電話:089-931-1469
■営業時間:16:00-23:30 ■休日:火曜日
■駐車場:6台くらいあり


★この看板
安くて・美味しい・・・・イージーなキャッチフレーズの看板ですが、この看板に偽りなしです。
ブログ:飲み助 013.jpg


★夕方の3階からの眺め
松山の中心部を流れる石手川沿いにあるここ乃み助さん、お店の前にはたくさんの車が通行していて
ふだんはこの前を通るたびに焼肉の焼ける煙が車内まで入ってきてお腹がグーグー鳴ります。
086.JPG


★タレと朝鮮漬け
この店ではキムチと呼ばないで朝鮮漬けといいます。見た目はそんなでもありませんが、食べると
にんにくのスパイスが効いていて舌が痺れます。子供にはお奨めできません。
082.JPG


★昔ながらのホルモン屋さん
今どきの焼肉店には無煙ロースターがあって、焼かれた肉から出た煙を吸ってくれて室内にはあまり
こもらないのですが、ここ乃み助さんは昔ながらのガスによる鉄板方式ですから、ホルモン系の脂が
焼ける時なんかにはすごい煙です。
016.JPG


★こちらは2階のカウンター
ここはいわゆる「大部屋」のような場所で、テーブルが4つほど並んでたくさんのお客さんでいつも
ごった返しています。
058.JPG


★メニュー
ドリンクメニューがこちら、お酒にも1級・2級なんてあるんですね。焼酎やウイスキーなども
一通りそろっています。
011.JPG


★メニュー(肉系)
1番お高いロースが640円、その他は500円台より400円台のものが多いみたいです。
ヤキソバや焼き飯・中華そばも多少値上がりしましたが、今どき440円とは嬉しいお値段です。
014.JPG


★まず野菜から
座ってオーダーしてから来るのはまず野菜からですね。とりあえず野菜を最初に焼いて、肉が
来ればどけられる運命ですので今のうちに焼いておきましょう。
020.JPG

★センマイ(湯上げ)
新鮮なセンマイ、別売りの酢味噌を漬けていただくとたまりません。
022.JPG


★タン塩
薄く切られた塩タン、これを最初にいただいてお口のトレーニングを致します。通常塩タンの
タレは「レモンの輪切り」を絞っていただくのが多いようですが、私の場合は「塩+ごま油」
をつけていただくのが大好き。韓国ではこの食べ方が本流だそうです。
025.JPG


★ソーセージ
これは孫たちのためにオーダーしましたが、実は私も大好きな1品。今でも、朝早くゴルフに
出かける際には、卵焼きとウインナーで朝ごはんのおかずを製作します。
024.JPG


★鉄板の上の塩タン
タンは多少ピンクがかったころが食べごろですね。焼きすぎると堅くなります。
028.JPG



さて、これからはタレ系をいただきます。塩系は最初にいただき、鉄板にタレが染み込めば
塩系は美味しくないからまず最初は塩系・・・そして次はタレ系間違いなし。



★タレ系のお肉
左からカルビ・ホルモン・骨付きカルビですね。
029.JPG


★骨付きカルビ
骨のついたカルビです。焼くには少々手間がかかりますが、旨みが拡がって最高の部位で
すよね。骨周辺までしゃぶりつくのが通の食べ方ですよ。
031.JPG

★肉系第2弾
左からハラミ・上ミノ・焼きセンマイ・鳥肉の4種類、子供たちがいるので柔らかい鶏肉も
頼んじゃいました。
032.JPG


★タレ系の鉄板
次々と投入しますが、なにせ人数が多いものですからすぐになくなってしまいます。
やはり焼肉なんかは、たくさんの人数で取り合いながらいただくのが良いんです。
036.JPG


★食べごろの骨付きカルビ
そろそろてべごろのカルビの骨付き、最初は箸でつまんで、最後の骨周辺は骨の部分をつ
かんできれいにいただいちゃいましょう。
037.JPG


★ホルモンの唐辛子和え
ホルモンに唐辛子をまぶしたもの、熟年にもなると肉系はこんな内蔵系のものが最後まで食べられます。
021.JPG



★ハイボール
最近流行のハイボール、私も流行の先端で美味しくいただいてます。
097.JPG


★卵スープ
ご飯を食べながら肉を食らい、そして卵スープを飲めばお腹の中は暖か〜いのです。
032.JPG


★中華そば
これはラーメンではなく中華そば、出汁はうどんのようなあっさり系で、いくら食べた後でもこれは
すんなりと〆の1品でいただけそうです。
040.JPG


★焼き飯
これもチャーハンではなく焼き飯。そんなに完成されたお味ではないのですが、これがここ乃み助さん
でいただくと満足するんですね。
ブログ:飲み助 010.jpg









 
| グルメ/焼肉・焼き鳥 | 08:32 | comments(8) | trackbacks(0) | -
焼肉太楽園@西条
西条へのゴルフ遠征の第2弾、『焼肉太楽園』です。

1次会で美味しい魚をいただいたあと、2次会のスナックでおよそ1時間カラオケを楽しみ、
そのまま帰るのは・・・などと最後の〆に美味しいラーメンをいただきに訪問しました。
実は、このお店のオーナーさんの鈴野さんとは旧知のゴルフ仲間でして、試合でも何度か
ご一緒した経緯もあるので、せっかく西条へ来たので立ち寄りました。

時間は午後10時過ぎ、松山なら当たり前に午後12時くらいまでは空いているのが普通なのですが、
ここ西条地区では10時過ぎには閉店してる飲食店も多いらしく、ここ太楽園さんも店は閉まってました。
でもこんなことではあきらめる私ではありません。まだ店内の1部には明かりがついていて、お店の正面
からドンドンと叩いてお店の方に気づいていただきき「ご主人の鈴野さんいらっしゃいますか?」と訪ねて
しばらくして本人さんと対面しました。

私の顔を見て驚いたような表情でお店の入り口を空けていただき「まぁ入らんかねぇ」と言われて店内に
入り「瓶ビール2本&ホルモン2人前」をお願いしました。そして、3人で行ってましたので「ラーメンも
3人前」お願いしてビールをちびちびいただきました。

それではその様子も・・・ご覧ください。


【焼肉太楽園】・・・・韓国料理・焼肉
■住所:西条市神拝甲99-4(西条駅から600m、駅西通り沿い)
■電話:0897-56-4002
■営業時間:17:00-22:00頃



★ホルモン
旨みたっぷりな脂が美味しそうなホルモン、これは少々満腹でもいただかないわけには
いけません。
011.JPG


★完成形
コンロの上で美味しそうに焼きあがっていきます。
010.JPG

★タレにつけていただきます
これが実に美味いんですなぁ。コリコリッ・・・しあわせ!!これだけでビール1本は
空けられますから・・・・。
013.JPG


★中華そば
さっぱりとした中華そば・・・・鶏がらスープが抜群の出汁に、ちぢれ麺が絡まって
さっぱりとした中華そばはこれを食べに行くだけでもOKです。
※店主の鈴野さんいわく・・・「うちはラーメン屋じゃないけん」だそうです。
014.JPG

★麺が絡み
これなら2杯くらいは十分にいただけそうです。
015.JPG

★満足・満足
016.JPG
| グルメ/焼肉・焼き鳥 | 08:48 | comments(4) | trackbacks(0) | -
とり次郎@松山
『とり次郎』さんへ行ってきました。

今回の訪問は、愛媛チャンピオンというゴルフの大会の打ち上げで訪問しました。
私の所属する道後GCもこの大会に出場しましたが、残念ながら好成績を挙げれず
19チーム中12位という結果に終わりました。私も代表選手として健闘しましたが、
思うにまかせない成績で今シーズンの公式戦を終了いたしました。

それでは、ご覧ください。


とり次郎】・・・・居酒屋・焼き鳥
■住所:松山市大街道2丁目6-1(近くにはイタリア軒・白魂があります)
■電話:089-934-1175
■営業時間:18:00-24:00 ■休日:日曜日



★お店の外観
屋外屋台ではありませんが、透明のビニールシートに覆われた店舗です。この部分がカウ
ンターで8人ほどが座れて、我々はここで盛り上がりました。
012.JPG


★店内の様子
オープンキッチンで、焼き鳥を焼く様子がうかがえます。ここにもカウンターがあり、
6人くらいがここでくつろげます。このほかにも2階部分があるようで、階段からたくさん
のお客さんたちが集まってました。
015.JPG

★きれいな店内
焼き鳥屋さんというももっと乱雑なイメージがありますが、こちらは整然とした店内に
期待感が高まります。
023.JPG

★冷凍ケースの中
朝から仕込んだ各種のネタがきれいに並んでいます。これを見ただけでも、お店の几帳
面さがわかるというもんです。
017.JPG


★冷凍ケース
いろんなネタが順番に並んでます。肉の鮮度もよろしいようで、思わずゴクッと喉が鳴り
ます。
018.JPG

★さて・・・キャベツ
まずは1杯・・・とりあえずこれをつまんで乾杯です。これをつまみながらそのうち焼き鳥
がこの皿の上に提供されます。このキャベツのお代わりは自由です。
016.JPG

★チーズ巻き
鶏肉にチーズをまとったチーズ巻き。思ったよりもボリューミィで最初の1品としては
合格点です。
025.JPG

★せせり
鳥の首の部分のせせり・・・・よく動かす箇所なので弾力もすごい
030.JPG

★胸肉のわさびおろし
たんぱくな胸肉にはピリッときいたわさびが良い仕事をしてるんです。
031.JPG


★つくね
下味がついたつくね・・・合格点なのです。
032.JPG

★鳥のユッケ
新鮮な鶏肉に生卵を乗せたユッケ、初めてのメニューですが、なかなかいけます。
033.JPG

★皮
塩味でスナック感覚でいただける鳥皮、ビールのお供には最高
035.JPG

★豚バラ巻き
豚のバラ肉を包んだ焼き物、結構なボリューム感でした。
038.JPG


★刺し盛り合わせ
鶏肉や砂ずり・レバーなども入った鶏肉の刺し盛り・・・これにはお酒が合うのかなぁ。
040.JPG


★うずら
お口直しにはこんなのも
044.JPG

★ぎんなん
塩をたっぷりとまとった「銀杏」、この季節にはいただきたい
1品ですね。
045.JPG

★ハツ(心臓)
この食感がなんともいえません。
046.JPG

★ボンジリ(鳥の尾の部分)
鳥のしっぽの先端部分、ここもよく動かす部位だけに旨み脂がたっぷりあって、私の
好物の1品なのです。
048.JPG

【とり次郎さんのあとがき】
おまかせでお願いして、会計が4,000円弱でした。結構呑みましたし、お料理のほうもたら
ふくいただいて大満足でした。その上、ご飯ものもいただいてお腹もいっぱい
ごちそうさまでした。次回にも訪問したい焼き鳥屋さんでした。
 
| グルメ/焼肉・焼き鳥 | 10:56 | comments(4) | trackbacks(0) | -
焼肉「大山」@三津
『焼肉ハウス大山』さんへ行ってきました。

お店は松山市の西側の三津地区にあり、周辺の皆さんには「美味しい店」として人気があるようです。
私も今までにも数回うかがいましたが、今回も美味しいお肉をいただきにうかがいました。
この日は珍しく子供たち抜きで奥さんと2人で出かけました。


【焼肉ハウス大山】
■住所:松山市須賀町3-1(松山西警察署の手前を少し北へ)
■電話:089-952-4129
■営業時間:17:00-23:00 ■休日:無休
■駐車場:5台くらい 


★休日の夕方
お店の外観です。松山市内からは中央通を西へ松山西警察署を目指し、左に三津浜中学のある信号を越えて
次の交差点の長浜ラーメンを左に見て右に約100m入ったところです。
047.JPG


★お店の看板
やはりこのような看板を見るだけでお腹が鳴ってくるのは何故?
パブロフの法則?
046.JPG


★テーブルに着席
セットでナムル(モヤシ)とタレ2種(レモン&醤油ダレ)がついてきます。
024.JPG


★大好きなナムル
ナムルとは韓国語で「オカズ」という意味だそうです。左から・・・モヤシ・ホーレンソウ・ダイコン・
ゼンマイの4種が盛り付けられてます。キャベツなどの生野菜も良いですが、こんなのをつまみながら
お肉をいただくのが大好き。
029.JPG


★牛タン
どうですか?このピンクのお肉には・・正解。
028.JPG


★焼けば・・・美味しそう
このように香ばしく焼き進めていきます。少し赤みが残るくらいがた・べ・ご・ろ・・・。
030.JPG


★塩系のタレ・・・(ごま油に塩)
私の場合、塩系(タン塩・塩カルビ・塩ロース)の時にはこの「ごま油&塩」のタレでいただきます。
以前、焼肉の本場の韓国でいただいたこのタレが塩系の焼肉にはぴったりで、それ以降はこれです。
032.JPG


★生センマイ
きれいな純白のセンマイ、通常提供されるのはもっとグレーっぽいのが多く、その色彩がグロテスク
で見た目で敬遠される方も多いのですが、最初にこんな純白のものをいただくと生センマイファンも
拡がるのではと思っちゃいます。
033.JPG


★この日食したお肉4種
左から、ロース・骨付きカルビ・ホルモン・ハラミの4種
034.JPG


★きれいな色のロース
035.JPG


★骨付きカルビ
どんな肉でもそうなのですが、美味しいお肉は骨周辺にあることが多いようで、カルビも骨付き
でいただくのが納得ですね。
036.JPG


★ホルモン
牛の胃袋の1つのホルモンです。焼く前はぐにゃっとして正体が見えづらいのですが、焼くとメリハリ
がしっかりとしてきて酒の魚には最高ですよね。プルンとした旨みを含んだ脂がたまりません。
037.JPG


★ハラミ
ご飯を食べるのは脂分の少ないハラミが良いですね。
038.JPG


★こんがりと美味しく焼き進め
039.JPG


★ロースやハラミも食べごろ
040.JPG


★骨付きカルビは豪快に手づかみで
041.JPG


★残骸
まだまだ骨の周囲には肉が・・・もったいないけど、まぁ今日はこれくらいにしときます。
043.JPG



そしてこれから先は以前にうかがったときのもの・・・。


★生レバー
現在では提供禁止となった「生レバー」懐かしいのです。駄目といわれればなおさらいただきたい・・。
065.JPG


★そしてこのお店の名物:厚切りタン
直径が5cm近くある厚切りの塩タン、柔らかくジューシーな1品です。大山さん初心者にはぜひいた
抱いていただきたい名物の1品。
067.JPG


★焼いたらこんな感じ
肉の表面には切れ目がついてあり、でっかくても食べやすいのです。絶対にお奨め・・・。
019.JPG


★韓国レーメン
韓国の独特の茶色の麺です。歯ごたえもしっかりしていて、本場のお味です。
084.JPG


★スタッフのユニフォーム
29・・・・にく・・・・分かりやすい背番号。
034.JPG

 
| グルメ/焼肉・焼き鳥 | 08:30 | comments(5) | trackbacks(0) | -
とりや久兵衛@松山市駅前
焼き鳥の久兵衛さんへ行ってきました。

今回は、取引先の銀行の飲み会で同じ銀行の取引先であるこのお店にうかがいました。
実は、今年の初めにお店のオーナーさんの須山さんとこの銀行のコンペでゴルフをご一
緒し、お店訪問して美味しい焼き鳥をいただくのを楽しみにしていました。

それではご覧ください。



【とりや久兵衛】・・・・焼き鳥居酒屋
■住所:松山市湊町5丁目4-5(市駅前ロータリーの中)
■電話:089-945-3553
■営業時間:17:00-24:00(ランチは11:30-14:00)



★伊予鉄高島屋
このデパートが松山を代表するお店、このビルの地下が郊外へ向けての伊予鉄道のターミナ
ルの「松山市駅」なのです。松山は不思議なところで、JR松山駅は乗降客も少なくさびれ
てますが、ここ地元の私鉄の松山市駅は繁華街の中心地にあって活気がある場所です。
※とりや久兵衛さんはこんな場所にあります。
024.JPG


★お店の前のアーケード
電車もそうですが、バスのターミナルもこのロータリーにあります。
022.JPG


★そんなロータリーの中
とりや久兵衛の外観、入りやすそうな焼き鳥屋さんという店構え
025.JPG


★お店の正面
026.JPG


★店内の様子
テーブル席、椅子に座って食べれますから足が痛くなることは無いのです。壁は頑丈そうな
材木の無垢で覆われたナチュラル系のインテリア
030.JPG


★お店の中心部のカウンター
このカウンターでも店主の須山さんの「焼き」を見ながら1杯引っ掛けられます。
031.JPG


★メニュー
焼き鳥や串焼きのメニュー
032.JPG

★メニュー
野菜や揚げ物・居酒屋メニュー
033.JPG

メニュー
サラダ・ご飯・宴会メニューの案内
034.JPG


この日は銀行のうちの会社の担当者が「行きつけのお店」なので、彼にオーダは任せて
「お任せメニューの飲み放題にてお願いしました。



★お通しの野菜サラダ?
ポン酢がかかったキャベツ・大根・きゅうりの盛り合わせ
036.JPG


★地鶏のたたき
軽く炙った地鶏が香ばしくって良いのです。鶏肉の上にネギ・ゴマ・刻み海苔がトッピン
グされて、お皿に添えられた山椒の入った薬味がなお一層美味しさをアップさせてくれます。
037.JPG


★たたききゅうり
きゅうりって・・・こんな風に乱暴に叩いてごま油と唐辛子にまぶしただけでうまいので
すよね。シンプル・イズ・ベストですね。
038.JPG


★焼鳥
部位はなんだったのかはこの写真では不明です、すいません。
039.JPG


★レバー
大ぶりなレバー・・・しかし味のほうは繊細です。ホッコリとして美味いです。
040.JPG


★砂ずり
これまた大ぶりな砂ずりでしたが、砂ずり特有のコリッコリッ感が好き。
041.JPG


★ネギマ
タレをまぶしたネギマ、やはり鳥とネギの相性は抜群です。
043.JPG


★若鶏の塩焼き
若鶏の柔らかさが塩で焼かれたためになお一層美味さが増します。
044.JPG


★冷やしトマト
トマトは大好物(大好物がいくつあんねん?)ガッツリ冷やしたのをいただくのは
これからの時期最高ですよね。
045.JPG


★手羽先
十分な下味が染み込んだ手羽先、肉の柔らかさに皮の口あたりがたまりません。
047.JPG


★〆の雑炊
これで3人分、美味しそうな鳥雑炊ですね。
048.JPG


★小皿に取り分けて
飲んで最後にはこんな胃に優しいものがいいですね。
049.JPG
 
| グルメ/焼肉・焼き鳥 | 08:22 | comments(6) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ