CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
ほっともっと「特製のり弁」

お持ち帰り・・・・今風に言えば”テークアウト”

 

テークアウト専門の店も日本全国にたくさんありますが、ここ最近は全国的にテークアウト弁当屋さんで超有

名な『ホット・モット』さんです。私も奥さんがいない時には、近所のお店で買ってかえり自宅で食べます。

今日は、そんなホットモットの中で1番有名でたぶんでしょうが1番提供されている「のり弁当」

ご覧ください。

 

 

【ほっともっと】

 

 

■お弁当買ってきました

032.JPG

 

 

■オープン:「特のりタル弁当」390円

見てください、このボリューム、のり弁の上にから揚げ・白身魚フライ・コロッケこれで390円は安い。

033.JPG

 

 

■のり弁

これ自体でも下味がついてるので十分に食べらえます。この海苔の下にも佃煮が隠れてるし、少ないながらも
きんぴらごぼうと漬物もついてます。これだけあれば十分ですよね。

035.JPG

 

 

■白身魚のフライ・コロッケ・鶏のから揚げの3種のおかず

013.JPG

 

 

■ウスターソースやタルタルソースを回しかけ

037.JPG

 

 

■海苔の下には海苔の佃煮が隠れてます

014.JPG

 

 

■そして、少しですがきんぴらごぼう&漬物

015.JPG

 

【ほっともっとの「のり弁」】

今回は、のり弁でも少し豪華な「特のりタル弁当390円」でしたが、シンプルな「のり弁300円」でも十分に

満足できます。おかずもなかなかの種類もあり、その上佃煮やきんぴらごぼうなどもあって、とても巧みに製

造されてます。やはり、お弁当のメッカの「ほっともっと」のヒット商品でもあって、かなり細かく研究され

てます。とにかくランチを早く安く済ませたいという時には、この「のり弁300円」お薦めします。

毎日なら嫌になりますが、たまにはこんなのも良かろうかと…‥。

 

| グルメ:テイクアウト | 08:09 | comments(4) | - | -
ニューほかほか弁当:北藤原店

今日もテークアウトのネタ

これまた私の大好物の”から揚げ”がおかずの弁当です。

『ニューほかほか弁当:北藤原店』ご覧ください。

 

 

 

【ニューほかほか弁当:北藤原店】←小坂店のを貼り付けました。

■住所:松山市北藤原町1-9(R56号線沿い)

■電話:089-943-2919

■営業時間:10:30-14:00、17:00-23:00

 

 

 

■チラシ

メニューチラシ、お店でいただいたものです。このお店、友人に言われて訪ねましたが、正解でした。

040.JPG

 

 

■メインの幕の内弁当480円

やはり幕の内弁当が1コインで買えるというのがミソなんですね。

041.JPG

 

 

■ご飯もの・丼も

042.JPG

 

 

■おかずも単品で

さまざまなラインナップ、こんなのは奥さんは家事を休めて喜んでくれますね。

043.JPG

 

 

■お弁当購入

035.JPG

 

 

■から揚げ弁当:440円
鳥のから揚げも器からはみ出るくらいたくさん入ってるし、ご飯もボリュームがすごいです。

036.JPG

 

 

■美味しそうに揚げられたから揚げ

なかなかのクオリティに大満足

037.JPG

 

 

■外はカリカリ、中はジューシー

やはり最近の鶏ブーム、から揚げのクオリティもどちらのお店も高くなりましたね。

039.JPG

 

 

 

 

| グルメ:テイクアウト | 08:01 | comments(4) | - | -
田中製麺所@三津

”三津浜のお好み焼き”通称『三津浜焼き』とも呼ばれるソウルフード。

 

ここ松山市の西の海沿いにある町の三津浜地区は、古くから広島方面への海の玄関口なのです。

そんな立地からか、広島のソウルフードのお好み焼きがこちらにも広まって、現在では三津浜地区

では約30軒ものお好み焼き屋さんがあります。そんなお好み焼きの名店の多くで使用されるのが

ここ田中製麺所の焼きそば。

 

そんなお好み焼きとの名コンビである焼きそば…今日はその地元で作られてる製麺所を紹介します。

 

 

 

【田中製麺所】

■住所:松山市元町1-27(三津浜の厳島神社の川沿い)

■電話:089-951-0744

■営業時間:朝9時ころから夕方5時くらい

 

 

 

■お店の看板

あまり一般のお客さんが立ち入るようなお店ではありません。通常は、

お店の方の配達でお好み焼き屋さんへもっていくようです。

002.JPG

 

 

■お店の前を流れる宮前川

この川が、瀬戸内海まで流れています。

003.JPG

 

 

■お店の玄関口

004.JPG

 

 

■1歩中へ入ります

005.JPG

 

 

■いろんな麺を製造してるんですね。

ざるそば・中華そば・ラーメン・うどん・焼きそば、この日は焼きそばのほかに中華そばを購入しまし

たが、出汁もついていて安くて美味しい中華そばが自宅で再現できました。以前には、年越し用のそば

も買ってかえりましたが、なかなかのものでした。

006.JPG

 

 

■麺を製造中

このスキンヘッドの方がお店のオーナーの田中さん、私とは30年来の友人で、たまにお店へ寄せてい

ただきます。

007.JPG

 

 

■さすが工場だけにメリケン粉もたくさん

008.JPG

 

 

■焼きそばの完成形

009.JPG

 

 

■このあと麺を湯がいていきます

ここ田中の麺、お店によっては硬さや湯がき加減も少し違うようで、それぞれのお店の好みで製造

されてるようです、簡単に見えても大変なんですね。

010.JPG

 

 

■こんな容器に1人前ずつ

011.JPG

 

 

■お店から川越に街を見る

013.JPG

 

| グルメ:テイクアウト | 07:57 | comments(2) | - | -
三津浜お好み焼き「みよし三津店」

コロナ騒動のおかげで外食は控えてお店からの「テークアウト」が多くなりました。

5月のゴールデンウイークの最中も、ゴルフの回数を減らし自宅にいることを多くし、日本全国が

自粛している「不要不急の外出」もめっきり減りました。

 

そんな中、大好きなお好み焼きが食べたくなり、”お好み焼きのメッカ”の松山市の海沿いの下町

三津浜地区で2大勢力の1つ『みよし三津店』でテークアウトをしてきました。ここ三津浜地区は

昔からお好み焼きを販売してるお店も数多く、その中の代表格がここ「みよし」と「日の出」の

2つがここ三津浜に住む住民には現在でも大人気のお店なのです。

そんな代表格のお店をご覧ください。

 

 

【みよし三津店】

■住所:松山市住吉2-4-3(伊予鉄三津浜駅500m)

■電話:089-952-3359

■営業時間:10:00-18:30 ■無休

 

 

■昭和の香りがする外観

多分ですが、戦前からあるようなクラシックな建物。ここ三津浜付近は、戦争でのアメリカ軍の

攻撃にも耐えて街が焼失しなかったために、現在もこのようなクラシックな建物が現存してます。

DSC00138.JPG

 

 

■場所はこんな通りに面してます。

この先200mは瀬戸内海となります。ここから中国地方へ行くフェリーも出てます。

DSC00140.JPG

 

 

■歴史を感じる玄関先

DSC00141.JPG

 

 

■メニューはこれだけ

‘玉台付うどんorそば600円と、肉玉台付ダブルうどんorそば900円の2種類

ちなみに「肉玉台付きそば」とは、豚肉の具が入ったお好み焼きに焼きそばが入り、最後にたまご

を焼きそばの舌でコーティングして完成させるものです。関西などではモダン焼きと呼ばれる。

DSC00142.JPG

 

 

■スタッフのお姉様

こちらは、年中無休、ですから女性何人かが交代で毎日休みなしでお好み焼きを焼いてくれます。

DSC00143.JPG

 

 

■唯一のテーブル席

やはり、こんなご時世ですからお店で食べる方は少ないようです。

DSC00144.JPG

 

 

■こんなPOPも

お好み焼き:シングル600円、1.5倍750円、2倍900円、そしてなんと

3倍分のトリプル1,200円というのもあるそうです。
DSC00146.JPG

 

 

■こちらが「お好み焼きダブルそばの台付:900円」

そばの台付というのは、大阪風に言えばモダン焼き、お好み焼きの上にそばが乗ってるもの

そして、ダブルというのはお好み焼きも大きく、上にのせるそばの量も2倍あります。

DSC00148.JPG

 

 

■こちらは「お好み焼きのうどんの台付:600円」

DSC00150.JPG

 

 

■完成前に2つ折りして

DSC00152.JPG

 

DSC00153.JPG

 

 

■その上にももう1度ソースをたっぷりかけます

DSC00154.JPG

 

 

■美味しそうでしょう?

この時の鉄板の上にソースがかかった時の香ばしい香りは空腹のときだけにた・ま・ら・ん!!

DSC00155.JPG

 

 

■容器の中にもソースを引いて

DSC00156.JPG

 

 

■完成:お好み焼きうどんの台付

DSC00158.JPG

 

 

■容器に入れてくれます。

DSC00162.JPG

 

 

■またまたお店の外観

DSC00164.JPG

 

 

■自宅でオープン

小さな容器には入りきらないお好み焼きのダブル、これを60代中盤の親父1人でやっつけるん

ですが、お腹がはち切れそうになるくらいの量でした、ゲップ…おっと失礼!!

DSC00165.JPG

 

 

■そしてお好み焼きうどんの台付

これだけでもかなりのボリュームがあります。こちらは奥さんの分、こちらもかなりの量があ

り、60代の奥さんも完食は無理で、残った分は夜に尋ねてきた息子の夜食となりました。

DSC00166.JPG

 

 

 

| グルメ:テイクアウト | 07:57 | comments(4) | - | -
テークアウト:つるおか食堂の焼きそば

私の最後の晩餐、つまり死ぬ直前に何を食べたいかといわれれば…お好み焼き…なんです。

 

そんな大好きなお好み焼きのお店、やはり私の1押しは松山市の下町にある『つるおか食堂』さんです。

コロナの影響で外食がままならない状況、やはり今回もお持ち帰り(テークアウト)です。

ご覧ください。

 

 

 

【つるおか食堂】

■住所:松山市松前町5-6-2【R196号線の本町通の三福不動産を西へ入り100m)

■電話:089-925-8324

■営業時間:11:00-17:00 ■定休日:日曜・祝日

 

 

 

■お店の前にあるのぼり
こんなのぼりがあれば、思わずお好み焼きが連想され、喉がゴクリとなります。

DSC05065.JPG

 

 

■見慣れたお店の外観

下町というのか、昔ながらの城下町の住宅地の一角にあります。

DSC05064.JPG

 

 

■お店の中のこ上がり

こんな座って食べれるスペースもありますが、私の場合は基本的にはテークアウト専門です。

DSC05053.JPG

 

 

■焼きそば・焼うどんメニュー

シンプルなのはただ具材は少なく、焼くだけの「素焼き」が1番好き、これなら1コインの500円ぽっきり

DSC05049.JPG

 

 

■さぁ焼き始めます

まず最初は、キャベツの千切りをしっかり鉄板の上で焼くことから開始、思ったよりもたくさんのキャベツ

を焼くんですね。素焼きの場合は、具は天かすとピンクのちくわのみ、これが実にシンプルで美味しい

DSC05046.JPG

 

 

■少しキャベツが炒たまったようで

すこしへなっとなった感じがお分かりですか?水分が飛んでキャベツの量は半分ほどに減少します。

DSC05054.JPG

 

 

■キャベツの横でそば麺を炒めはじめ

見よ!!このコテさばきを…やはり毎日の仕事だけに手つきはさすがです。

DSC05057.JPG

 

 

■しばらくするとその2つが合体

この状態で少し鉄板の上で蒸らします。

DSC05058.JPG

 

 

■熱い鉄板の上で再度炒めはじめ

DSC05059.JPG

 

 

■だいぶん炒まったようで…ほぼ完成前

DSC05060.JPG

 

 

■その上にソースを回しかけ

ソースの量はさほど多くはありません、思ったよりも少なめ、この方が焼きそば本来の美味しさを感じる

DSC05061.JPG

 

 

■ソースをかけて再び炒め

この時点でそばにいれば、ソースの焼ける香ばしい匂いがたまっりません。

DSC05062.JPG

 

 

■上の部分だけを容器に入れます。

この鉄板にこびりついた跡は、あとで鉄板からはがして放棄します。やはりお焦げですから、これは不要

なんです。しかし、このお焦げのおかげで美味しい焼きそばをいただけるのです。

DSC05063.JPG

 

 

 

そして、熱々の焼きそばを自宅へもって帰り…かぶりつき。

 

 

 

■シンプルな「素焼き」の焼きそば:500円

私の場合は、少しだけマヨネーズをかけていただいちゃいます。焼きそばは、熱い鉄板の上でじっくり

焼き上げますのでさっぱりとして、かつ香ばしく食べやすいのです、やはりプロが本格的な鉄板の上で

焼く焼きそばは一味違います。

DSC05067.JPG

 

 

■たまらない美味しさに顔もほころびます・・・幸せの極み

DSC05068.JPG

 

【テークアウトの勧め】

この状況下、やはり外食するのはコロナの影響下では忍びなく、自宅で手作りするというのもすべてで

は奥さんも大変でしょうから、こんな風にたまにはテークアウトして自宅で楽しみましょう。

ここ最近は、テークアウトしないお店も多かったのですが、様々なお店でも実施するところも多くなり

、飲食店を応援・支援するためにも外食は控えてその分のお金をテークアウトで支援したいものです。

 

 

| グルメ:テイクアウト | 08:09 | comments(4) | - | -
テークアウトのちゃんぽん:ロンドン

お店で食べても美味しいのですが、今回はスーパーで販売されてるテークアウト専用のちゃんぽん。

 

こちらは、愛媛県の南予地区のトロール船の港町の八幡浜市にある有名なチャンポンのお店。実際に

もお店で食べたことはありますが、このテークアウト用のちゃんぽん・うどんを大洲市へ行った際に

購入していただきました。ご覧ください。

 

 

【ロンドン】・ちゃんぽん・中華・食堂

■住所:八幡浜新町1466(商店街の中にあります)

■電話:0894-22-1234

■営業時間:11:30-20:30 ■定休日:水曜日・8日

 

 

■このようにパックに入ってます:うどん:280円

DSC00030.JPG

 

 

■こちらはちゃんぽん:350円

麺・出汁・野菜やチャーシューなども、生のものですから賞味期限は3日ほど

DSC00031.JPG

 

 

■こんな風にご丁寧に解説も

こんなのがあれば、ご家庭で簡単にかつお安く食べれますね。

DSC00032.JPG

 

 

■オープン

こんな風にセットで入ってます。出汁も生ですから、お店のお味をそのまんま再現

086.JPG

 

 

■麺・キャベツ・ネギ・チャーシュー・ラードも

野菜をさっと炒めて温めた出汁に麺を注ぐと完成、インスタントなんですが生だけに美味しい

087.JPG

 

 

■こちらはうどん

こちらも麺は生ですから、お早目にいただきます。

DSC00033.JPG

 

 

■オープン

同じく、出汁にうどんに甘辛い味付けの牛肉・かまぼこ・きざみネギまで入ってます。

088.JPG

 

 

■完成形:うどん

DSC00034.JPG

 

 

■うどん

こちら愛媛県南予地区のうどんは、甘い出汁とうどんの麺は通常の讃岐うどんなら腰がありますが、こち

らのうどんは非常に柔らかいのです。

DSC00035.JPG

 

 

■具材もたっぷり

DSC00036.JPG

 

 

■こちらは完成形:ちゃんぽん

DSC00037.JPG

 

 

■野菜もたっぷりで具沢山

DSC00038.JPG

 

 

 

こちらは、以前3年ほど前に直接お店にうかがった時の様子…ご覧くださ

い。

 

 

■このような「シャッター商店街」の中で頑張ってます

今や、日本全国古い商店街はほとんどこんなシャッター商店街となってます。そんな中、ロンドンさんは

地元民に愛される食堂として頑張ってます。いつまでも頑張って!!

069.JPG

 

 

■お店の外観

創業は1950年、昭和25年に操業して最初はアイスキャンディ屋さんで頑張り、そのうち食堂として開店

し、その後はちゃんぽんの名店として今に至る、ここ八幡浜市はちゃんぽんで町の振興をしていて、ここ

ロンドンさんはその中でも3本の指に入る名店です。

060.JPG

 

 

■店先でも「ちゃんぽんのテークアウト用」

こちらが、3人前で864円ですから1人前300円弱、こんなお土産ならウエルカムですね。

063.JPG

 

 

■八幡浜ちゃんぽん

こののぼりがあちらこちらのちゃんぽんのお店に立ってます。

072.JPG

 

 

■この時は「焼き飯のハーフ」

この時はわけあって1人前を半分いただきました。というのも、他の名店と”ちゃんぽんのはしご”を

したため、このような量になりました。

073.JPG

 

 

■ちゃんぽんのハーフ

同じ理由で、ちゃんぽんも同僚と半分ずつ。やはり美味しくてヘルシーなちゃんぽんを満喫。

077.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

| グルメ:テイクアウト | 08:39 | comments(2) | - | -
コメグリー&みよし
私にとっての土曜日のお楽しみ・・・・・これはランチをテークアウトすることなのです。

通常のランチは自宅へ帰り奥さん手作りのお昼ごはんを食べてる関係で、休日(にしてる)
の土曜日はテークアウトしてお惣菜やお弁当を買ったり、我が家の周辺にたくさん営業して
いる大好物のお好み焼きの持ち帰りをして自宅でランチを食べてその後お昼寝をする・・・・・
これが土曜日の究極の定番なのです。

そして約30分間のお昼寝のあとは私の子供のときからTVで放映されてる『吉本新喜劇』
を見るというのが通常の土曜日の過ごし方なのです。


それでは、先週の土曜日に食べたランチメニューご紹介いたします。
この日は、老舗のお好み焼き&おにぎり専門店の手作りおにぎりのセットメニューです。




【コメ・グリー】・・・・おにぎり専門店
■住所:松山市北斎院町650-10(空港バイパス沿い、市内から2つ目のトンネルの手前)
■電話:089-989-7511
■営業時間:10:00-17:00 ■休:火曜日



★さまざまなおにぎりがケースにぎっしり
前回訪ねたのは夕方近くだった関係でこのケースにはほとんどの商品はない状態でしたが、今回
は開店直後の11時くらいですからケースの中に美味しそうなおにぎりがたくさん・・・・これだけあ
れば迷いますよね。
001.JPG


★おにぎり以外にもだし巻き卵鶏のから揚げなど
おにぎり単体でいただくのもいいのですが、それ以外の相性の良いものはだし巻き卵や鶏のから
揚げが大大定番でしょうね。
002.JPG


★おにぎりとのセットメニュー
次回はこれにチャレンジしましょうね。
003.JPG


★この日買った3個
透明なセロファンに包まれたおにぎり、やはり食品は見た目も大切。衛生上もGOOD
007.JPG


★えび天むす:150円
結構ボリュームのあるエビが包み込まれてました。
009.JPG


★なす味噌:160円
おにぎりになすび?果たしていかがなもんかですが、炒めたなすびに味噌を塗りかければ
美味しいのは見えてます。
011.JPG


★プレーンな塩むすび:120円
やはりコンビニのおむすびとは格の違いを感じます。
012.JPG


★お会計は・・・430円・・安い
013.JPG




【お好み焼きみよし三津店】
■松山市住吉2丁目4-3
■089-952-3359
■営業時間:10:00-18:30 ■定休日:なし



★そばの台つき:580円
広島風のお好み焼きです。正確には三津浜風というのですが、台がクレープ状になっていて
野菜が多くヘルシーなのです。
005.JPG


★ヤキソバのトッピング
具には豚肉とチクワのみです。それがシンプルで実に美味いのです。
015.JPG
| グルメ:テイクアウト | 11:25 | comments(4) | trackbacks(0) | -
井上徳太郎商店@松前町
私の住む愛媛感は海産物が豊かな土地です。
県内は瀬戸内海に面した場所が多く、その穏やかな海からその恩恵をえて新鮮な魚が
取れます。大きな魚はいませんが、小魚を中心に豊かな海が瀬戸内海なのです。

そんな松山近郊では海産物を干物にしたお店もたくさんあります。
松山市のお隣の伊予市では、マルトモ・ヤマキといった全国的に有名なかつお節の
メーカーがあり、その海産物の加工が盛んなのもこんな1面なのでしょうね。

そんな中、伊予市と松山市の中間にある松前(まさき)町の乾物のお店
『井上徳太郎商店』ご紹介します。場所は、先日ご紹介した篠崎畜産から20m
の位置にあります。


【井上徳太郎商店】・・・・・海産物(乾物の小売)
■住所:伊予郡松前町筒井1156(伊予鉄電車松前駅150m)
■電話:089-984-2055
■営業時間:9:00-18:00(たぶんこんな感じだと思います)
■駐車場:徒歩20mの場所に松前町商店街のPがあります。



★お店の外観
これは町営の駐車場からみたもの、最初はこの近くの篠崎畜産へ
行く途中に偶然に見かけて入りました。それ以来もう10年以上に
なるのかなぁ、通ってます。
028.JPG


★お店の前
この向こうは松前港です。海にも近く、この付近では潮の香りがします。
029.JPG

★お店の前の道
車の停まってるのが伊予鉄の松前駅、これからまっすぐ行くと愛媛県内最大のショッピング
センターのエミフル松前です。
030.JPG

★店頭
お店の前面の窓には「松前ちりめん」「瀬戸内いりこ」「周防大島産でびら」なんて書か
れてあり、そのPOPが乾物好きの私を誘うのです。
032.JPG


★店頭のディスプレー
さまざまな見本が並んでます。
033.JPG


★袋入りの商品
1個が350円、3個で1,000円・・・やはりどれか3つをチョイスして購入です。
038.JPG

★店内の様子
ここで製品を梱包したり、商品の仕分けをするのです。
039.JPG

★ちりめんじゃこの見本
産地や大きさによってさまざまな種類があります。
034.JPG

★私の好みはこのサイズ
あまり小さなものでなく、幾分大きめが歯ごたえがあって好みます。
035.JPG

★食べる煮干
こんなに大きくなれば「ちりめん」は飛び越えて「煮干」となるんでしょうね。これく
らいともなるとお吸い物の出汁に使用するんですね。
037.JPG

★3袋で1,000円
この3袋がこの日の1部、60歳を過ぎても自分の歯でこんな堅いのを食べれるのは幸せ
なことです。親に感謝ですよね。
040.JPG

★それと・・・スルメイカ
1,105円とうのはこの袋に6つも入ってるんです。夕方の晩酌には、これを焼いて醤油
とマヨネーズと七味唐辛子をミックスしたものを絡めれば幸せ感満載な時間を過ごし
ます。
041.JPG


★ちりめん200g
これで400円程度、当分朝ご飯のお供に重宝します。
042.JPG

 
| グルメ:テイクアウト | 09:13 | comments(4) | trackbacks(0) | -
篠崎畜産@伊予郡松前町
お肉が新鮮で美味しいと評判の松前町にある『篠崎畜産』さんへ行ってきました。

これまた仕事の途中のショッピング、私の場合1つタガが外れるとどんどん消費癖が収まらず、
ついついはしごをしてしまいます。前回ご紹介した『がんすのからきてんぷら店』からもすぐ
の距離にありますから、どうせこの付近に来たからには立ち寄らないわけにはいけません。
まぁ消費癖といっても1件が2,000円位ですから知れたものではありますが・・・・。

それでは・・・・・ご覧下さい。


【篠崎畜産】・・・和牛・豚・鳥肉のお店
■住所:伊予郡松前町大字浜796-4(伊予鉄電車松前駅下車80m)
■電話:089-984-0174
■営業時間:8:00-18:00 ■定休日:なし
■駐車場:近くに松前町の公営無料駐車場有



★お店の外観
近くには東レの工場もあり、伊予鉄電車の松前駅も近いのです。古い商店街の1画にあり場所
の割にはお店は活気があります。
043.JPG


★店内
大きなガラスケースがドーンとあり、圧倒されます。
050.JPG

★カウンターの中
カウンターの中ではお店の方がいろんなお肉をスライスしています。
054.JPG


★冷蔵ケースの中
新鮮な肉が食欲を誘います。新鮮そうなピンク系の色合いが鮮度の良さを感じます。
045.JPG


★ケースの中その
これは、すき焼き・しゃぶしゃぶ用みたいですね。1
053.JPG


★ステーキ肉
これは見るからにおいしそうでしょう?前に何度かいただきましたが、柔らかくて肉汁
がブシューでした。
056.JPG



★おかず用の製品(ハンバーグ・豚ロース肉)
ハンバーグは1パック3個で200円、そして3パックなら500円ですから買わないわけに
はいけませんよね。これ下さ〜い!!
051.JPG

★おかず系
メンチカツ100円、豚カツは150円のと200円のがあり、コロッケは70円とお買い得な
お値段です。これも下さ〜い
052.JPG



★冷凍の鶏皮・ホルモン・カタジ
こちらは、解体してすぐに瞬間冷凍をかけた部位です。ホルモンや
鳥皮・カタジは焼き肉やお好み焼きの具などに使用すれば抜群の風味
がマイウーです。急速冷凍ですから、解凍してすぐに新鮮な味わいが
楽しめること間違いなし。ホルモン・カタジも下さ〜い。
047.JPG


★冷凍のハツ・牛スジなど
牛の心臓のハツやアキレスなどは焼肉やおでんのスジ肉として美味
しくいただけます。牛スジも下さ〜い。
048.JPG


★数々の優秀な盾
この店が飼育した数々の牛の勲章です。愛媛県の松山周辺の有名焼肉店ではかなりの確立で
ここ篠崎畜産の牛を使用してるようです。
049.JPG



こちらは、松山市から車で約30分の距離にある伊予市内の旧の商店街の様子。近くの
マンションの8階から撮ったもの。この付近は高い建物も少なく、非常に珍しいショットです。




★瀬戸内海側を見た光景
あいにくの雨でしたから、美しい瀬戸内海の光景はあまり見えません。海の付近は郡中港と
いって、夏にはここで花火大会がありその時にはたくさんのお客さんでにぎわいます。
011.JPG


★商店街の裏側
古い建物が並ぶ寂れた商店街の裏側。木造の建物が多くお客さんの集客も見込めず、これか
らはもっと衰退するんでしょうね。
013.JPG


★山側の光景
空き地の利用は駐車場くらい、これからこの付近はどうなるんでしょうか?
015.JPG
 
| グルメ:テイクアウト | 08:21 | comments(10) | trackbacks(0) | -
からき天ぷら店@伊予市
がんすで有名な『からきてんぷら店』にうかがいました。

仕事の関係で午前中に伊予市のお客様宅を訪問し、ちょうどお昼前になったので自宅でランチの
おかずにと天ぷら各種買って帰りました。


【からきてんぷら店】
★からき天ぷら店本店
■住所:伊予市灘町1-3(伊予鉄電車郡中駅50m)
■電話:089-983-6605
■営業時間:8:00-19:00 ■定休日:日祝

★支店・・・・はなみずき店
■住所:松山市東石井4-2-2(はなみずき通りからR33方面へのバイパス沿い)
■電話:089-956-9156
■営業時間:10:00-19:00 ■定休日:日祝


★伊予市の本店
これがからきてんぷら店の発祥の地。以前の建物は屋台のようで、それはそれで趣はありましたが
久しぶりにうかがうと新品の建物に変貌していました。
時代の流れでしょうか・・・・若い世代にはこんなのがいいのでしょうね。
018.JPG


★店内も一新
まるで現代風のパン屋さんに迷い込んだようなオシャレなお店。
027.JPG

★名物の・・・・がんす:1枚110円
がんす・・・です。※がんすとは、じゃこてん(九州ではさつま揚げとも)にパン粉の衣をつけて揚げ
たものです。一見すると豚カツのようですが、中身は魚のすり身なのでヘルシーです。
020.JPG


★その他の揚げ物
鳥のから揚げや魚のフライなど・・・・・当初はがんすの専門店でしたが、バリエーションが増えてたく
さんのラインナップがあるのです。
021.JPG

★えび天:415円
これは美味しいです。これも買って帰りましたが、写真はありません。
022.JPG

★コロッケ:85円
1個のトレイの中にコロッケが5個入っていて、商売の仕方が上手です
ですから、ついつい「5個下さい」なんて言ってしまいますから・・・・。
023.JPG

★その他のフライ
たくさんの揚げ物がまだまだそろっています。
025.JPG


そして・・・・・・自宅でオープン


★がんす
がんすとは・・・・魚のすり身を揚げてパン粉の衣をつけたもの。この店では魚は新鮮な瀬戸内海産
のえそを使用しているようです。
001.JPG


★がんすをカットした断面
中身はじゃこてんですが,パン粉の衣がついてるのでボリュームがあります。
006.JPG


★コロッケ3ヶ
俵型のコロッケ、下味が甘く味付けされていて、甘いのが好みの松山人には好まれます。
※からきてんぷら店で使用してるジャガイモは北海道十勝平野のものを使用してるそうです。
003.JPG

★ジャガベー
大人が手をグーにしたくらいのでっかさがあります。
002.JPG


★ジャガベーの中身
中心部にはベーコンが入っていて、これだけでおかずとして成立します。
007.JPG


★マイウー・・・でした
009.JPG
| グルメ:テイクアウト | 08:34 | comments(6) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ