CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
みなと食堂

我が家から車で約10分、旧の堀江港があったすぐ脇にある『みなと食堂』さんへ行きました。

 

ご覧下さい。

 

 

【みなと食堂】・・・・うどん・中華そば・定食

■住所:松山市堀江町1759-2(JR堀江駅350m)

■電話:089-978-0101

■営業時間:10:30-21:00 ■定休日:月

 

 

 

★旧堀江港

今から10年以上前、ここ堀江港から広島県の竹原まで瀬戸内海を行き交うフェリーが出ていて、私も

何度か利用していました。現在は、四国から広島へ橋でつないでいる「しまなみ街道」が開通し、今は

こうして駐車場のみ残っています。

003.JPG

 

 

★駐車場から見た光景:みなと食堂

駐車場の向かいにはみなと食堂さんがあります。波の静かな瀬戸内海ですが、冬に季節ともなると風

が強く吹き大変な時もあります。

001.JPG

 

 

★おでん

おでんは1本100円、この日は家族で行きましたので”休日の贅沢:昼間からのビール"をおでんをあて

にいただいちゃいました。※すいません、酔ってるわけではなく少しピンぼけです

006.JPG

 

 

★ばら寿司

場所によればちらし寿しとも呼ばれるばら寿司、彩りが美しいでしょう?

005.JPG

 

 

★巻き寿し

やはりこれも別腹でいただきたいですね。

007.JPG

 

 

★そして・・・きつね寿し

通称お稲荷さん、やはりこんなのも見れば少しいただきたいのですね。

008.JPG

 

 

★メニュー

名物の中華そば500円がメインですが、そのほかにもさまざまなセットメニューもあります。

011.JPG

 

 

★一品料理

こちらは主に夜のメニュー、いろんな種類の酒の肴がラインナップしてますよね。

012.JPG

 

 

★もう1つの名物:なべ焼きうどん580円

この店の名物|羃擇修弌↓△覆拆討うどん・・・この両方にマッチするのが先ほどのさまざまなお寿司

たちですよね。

013.JPG

 

 

しょうが焼き定食

023.JPG

 

 

中華そば&から揚げ定食

どの料理もまぁまぁのレベルですから、どれを頼んでもはずれはなさそうです。

024.JPG

 

 

★カツカレー

カレーのルーもそれほど辛くなく、4歳の孫も美味しくいただいてました。

020.JPG

 

 

★いかゲソの唐揚げ

こんなのは酒の肴にぴったり、カリッと揚がったイカの足がなんともいえません。

019.JPG

 

 

★お店の内部

土曜日のお昼にうかがいましたが、たくさんのお客さんでにぎわってました。フェリーの運航が無く

なって1時は廃業も考えたそうですが、美味しいものは皆さんの支持で支えられてるようです。

※こんな町の食堂が後継者不足で廃業するのが多いのですが、ここみなと食堂は若き後継者が頑張っ

て次世代まで続けるそうです。頑張れ!!古き良き食堂

027.JPG

 

 

| グルメ:麺類(うどん・そば・ラ−メン) | 10:06 | comments(4) | trackbacks(0) | -
豚太郎@松前店

ここんところ松山近辺も日本列島に寒波到来の関係でやっと冬到来を実感します。

寒くなれば暖かいものを・・・・豚太郎(とんたろう)松前店にうかがいました。

 

ご覧下さい。

 

 

【豚太郎】・・・・・おでん・ラーメン・焼き飯

■住所:伊予郡松前町上高柳604-1(R56沿い)

■電話:089-984-9001

■営業時間:10:00-25:00 定休日:なし

 

 

 

★メニュー

ラーメンが550円とお手頃な価格、これなら皆さん気軽に食べれます。

017.JPG

 

 

★メニュー

焼き飯にギョウザ、これがシンプルでいいのです。

018.JPG

 

★おでん

こちらは1本100円のおでん、ラーメンや焼き飯のメインが来る前にこちらをつまみながら待ちます。

私の好きな3品、厚揚げの豆腐に牛のアキレス腱のスジ、そして卵はもちろんです。

019.JPG

 

 

★ギョウザ

こちらのギョウザもお値段が手頃(7個で280円)ですから、絶対にいただいちゃいます。

023.JPG

 

 

★焼き飯

どうしてプロの作るチャーハン(焼き飯)はこんなに香ばしくって美味しいんでしょうかねぇ?

そして、たっぷりの真っ赤な福神漬け・・・これがB級ぽくて最高!!

025.JPG

 

 

★焼き飯についてくるスープ

ベースは醤油ラーメンのスープと共通なのですが、これが実にいいのです。

027.JPG

 

 

★ラーメン(味噌)550円

野菜がたっぷりな味噌ラーメン、この時期には暖まりますよね。

021.JPG

 

 

 

 

 

 

 

| グルメ:麺類(うどん・そば・ラ−メン) | 08:55 | comments(4) | trackbacks(0) | -
ちゃんぽん・うどん「ロンドン」@八幡浜

仕事で松山から車で約1時間の大洲近辺へ行く機会が増え、美味しいちゃんぽんやうどんを買って

自宅で食べるのですが・・・・これが実に美味しくて、ご紹介します。

今回は、お店で食べるのじゃなく大洲市のJAが経営するスーパーの『Aコープ』で購入しました。

ご覧下さい。(残念ながら松山では賞味期限の関係・・・購入して2.3日・・・ですから売られていません)

 

 

【ロンドン】・・・・・ちゃんぽん・定食各種

■住所:八幡浜市新町1466(JR八幡浜駅から約1,000m)

■電話:0894-22-1234

■営業時間:11:00-21:00 定休日:水曜・8のつく日

 

 

 

★ロンドンのうどん

確か250円ほどだったように記憶してます。出汁や具などもすべて入ってますから、自宅で鍋に出汁を

入れて沸かして、その後麺や具を投入すれば完成なのです。

084.JPG

 

 

★ラップをオープン

こんな風にすべてが入ってます。

088.JPG

 

 

 

 

★ロンドンのちゃんぽん

同じく、スーパーで購入したちゃんぽん、確かお値段は300円くらいです。

085.JPG

 

 

★ラップをオープン

うどんと同様に材料一式が入ってます。

086.JPG

 

 

★中身

左側がチャンポン麺、そして右側には刻んだキャベツやネギ・にんじん・豚肉の茹でたもの・・・・

そして野菜をフライパンで炒めるラードまで入ってました。ご親切なことです。

087.JPG

 

 

 

★完成形:うどん

箸でつまんでますが、うどんの麺がもちもちして柔らかいのがお分かりでしょうか。

090.JPG

 

★肉うどん

これで250円なら納得です。

092.JPG

 

 

★ちゃんぽんも完成

見るからに温まりそうなちゃんぽんでしょう?野菜もたくさん入って手間もかかりません。

094.JPG

 

 

★リフティング

麺は少々太めでもっちりしてあこちらも冬の季節には温まります。うどんが250円、ちゃんぽんが

300円で合計550円、夫婦2人でのお昼ごはんにはお値打ちでリーズナブルでぴったりです。

095.JPG

 

 

 

 

 

| グルメ:麺類(うどん・そば・ラ−メン) | 08:28 | comments(4) | trackbacks(0) | -
年越しうどん「白石うどん」@大洲

今年は仕事の関係で後半戦の7月以降は松山市から車で約1時間の大洲市へよく通ったものです。

 

そして、年末にも所用があり大洲市を訪ね、仕事を済ませたあとは親戚のお宅を巡ったりしまし

たが、やはりここ大洲へ来ればお昼ごはんには『白石のうどん』を食べようとうかがいました。

 

ご覧下さい。

 

 

【白石うどん】

■住所:大洲市大洲880-12(大洲城の近く)

■電話:0893-24-2614

■営業時間:10:30-19:00(手打ち麺が売切れ次第閉店)

 

 

 

★白石うどん:外観

古い商店街の1画にお店はあります。近くには大洲の名所である大洲城も

あり、風光明媚な四国の小京都といわれる町が大洲なのです。

022.JPG

 

 

★年越しそば

こんなのがあるのが年末ならでは・・・。

008.JPG

 

 

★年越しそば

よく考えれば、うどん屋さんなのにおそばも年末限定で制作・販売

してるんですよね。

025.JPG

 

 

 

★店内

手描きのメニュー。定番以外にもこのような新しいメニューが並んでます。

015.JPG

 

 

★ハーフ丼も

麺類とセットで頼めばハーフ丼が400円だとか・・・食欲旺盛な若い時なら絶対頼んでますよね。

014.JPG

 

 

★トッピング

うどんやおそばにこんなトッピングが・・・・。やはりこんな誘惑には乗らないわけにはいけないでしょう。

013.JPG

 

 

★店内の1部

こ上がりの和室スペース、女子高生たちがメニューににらめっこ。

020.JPG

 

 

★こんなのも

きつね寿し?これはいなり寿司っていうんじゃなかったかなぁ。まぁこれでもわかるけど・・・。

027.JPG

 

 

★ちらし寿司

こちらの手作り風な田舎ならではのチラシ寿し、きつね寿しかちらし寿し、どちらかはいただきま

しょうね。

028.JPG

 

★きつね寿し

大ぶりなきつね寿しをいただきました。私は2ヶ、奥さんは1ヶでしたがGOODでした。

011.JPG

 

 

★私の頼んだ『かも南蛮うどん』

かも南蛮は1つのうどん鉢に入ってくるのかと思いましたが、つけ麺風な食べ方なんですね。

034.JPG

 

 

★かも肉がたくさん

寒い時期には、こんな風な脂を蓄えたかも肉がいいですね。暖まります。

038.JPG

 

 

★奥様のオーダー『肉うどん』

夏に仕事の帰りにうかがったときに、連れの方がこれを頼まれて美味しそうでしたので「これがいい

」なんてすすめて頼んだのですが、・・・・肉に浸みた甘いだしがなんとも美味しかったようで、

奥様は満足した様子。

035.JPG

 

 

★トッピングのちくわのてんぷら:100円

こんなお店のテンプラは揚げたてのあつあつで・・・・最高です。大きさも結構ボリューミィ。

041.JPG

 

 

★うどんの出汁に浸して

美味しくいただきました。

044.JPG

 

【今年のおさらい】

平成28年もあと1日、皆さんはいい年を過ごされましたか?

私にとっては今年はさまざまな良いことがあり、また家族や会社のほうも大過なく過ごせました。

63歳になった今、まだまだ身体は元気ですし病気も無く元気で過ごした1年でした。

 

また来年も頑張っておいしいものを中心のブログを更新してまいりますのでお楽しみに。

読者のみなさま・・・今年1年お世話になりました。良いお年を迎えてください。

 

 

 

 

 

| グルメ:麺類(うどん・そば・ラ−メン) | 17:26 | comments(6) | trackbacks(0) | -
八幡浜ちゃんぽん:ロンドン

八幡浜ちゃんぽん、八幡浜は私の住む松山市からは車で1時間の海沿いの町です。

今から30年位前の森進一さんの歌で全国各地の地名を並べた「港町ブルース」では

四国の中でここ八幡浜が歌われたのが唯一の盛り上がりでしたが、その後はあまり

有名なネタはありませんが、現在は”八幡浜ちゃんぽん”で地域を盛り上げています。

 

その「八幡浜ちゃんぽん」を仕事で訪ねた八幡浜の隣町の大洲市のスーパーで買って

来て、自宅でいただきましたのでご紹介します。

 

 

 

☆ロンドンのちゃんぽん

八幡浜の名店ロンドンさんが作った持ち帰り用のちゃんぽん、

お値段は確か300円くらいだった気がします。

001.JPG

 

 

☆作成のレシピ

簡単なレシピが商品の包装紙に書かれてありますから誰でも作れます。

002.JPG

 

 

 

☆そして同じ日に買ったうどん

こちらのうどんも出汁が甘くて美味しいのです。愛媛県のうどんは讃岐うどんのように腰があるのではな

く麺は非常にやわらかく、出汁は甘くって1度食べると後に引きます。

003.JPG

 

 

☆ちゃんぽん

出汁や麺、お肉や野菜までも入ってますから・・・・。

しかし、野菜などが入ってる関係で賞味期限は2日くらいと超短いのです

004.JPG

 

 

オープン

005.JPG

 

 

野菜やチャーシュー

ここまで刻まれて入ってたら誰でも即出来ますね。野菜は右上の油をフライパンに敷いて炒めるだけ。

006.JPG

 

 

☆麺とお出汁

お出汁を温め、その中に麺を投入してひと煮立ちすれば完成。

007.JPG

 

 

じゃじゃ〜ん:完成形

008.JPG

 

 

☆寒い時期には最高

これで300円ですから、野菜もたっぷり・・ヘルシーで麺も満足できる太麺。

009.JPG

 

 

 

| グルメ:麺類(うどん・そば・ラ−メン) | 08:43 | comments(4) | trackbacks(0) | -
みなと食堂@堀江町
堀江港・・・・瀬戸大橋やしまなみ街道などの四国と中国地区に架る橋がまだ開通する以前
ここ堀江港は松山市の広島県への出発港として、フエリーなどへ乗船する人たちでにぎわ
っていました。私も、広島方面へのゴルフやプロ野球の巨人広島戦などの観戦でちょく
ちょく利用したものです。

そんな理由で現在は寂れたはずの堀江港なのですが、今でも元気なお店があります。
今日はそのお店をご紹介いたします。



【みなと食堂】・・・・・うどん・中華そば・その他の定食
■住所:松山市堀江町甲1759-2(堀江港すぐ前)
■電話:089-978-0101
■営業時間:10:30-15:00、17:00-21:00 ■休日:月
■駐車場:お店の前に20台もあります。




★広い駐車場の前にお店はあります。
以前はここがフェリー乗り場でかなりにぎわってました。

022.JPG


★レトロなガチャガチャ
昔懐かしのレトロな遊戯機が並んでます。
024.JPG


★手描きの営業時間
なんとも癒される手描きの営業案内
025.JPG


★この日は土曜日
前回行ったのも土曜日でしたが、今回はお客さんが多いのです。
050.JPG

★たくさんの熟年の方々が
この日はどうも近所の介護施設の入所者の方々がヘルパーさんたちと昼食にこられたみたい。
この店は、年配の方々のお口にあう優しい味付けなのでしょうね。
030.JPG


★ご飯のお供に・・・・いなり・ちらし・巻き寿司
これを断る理由はないのです。
026.JPG


★ちらし寿司といなり寿司:ともに250円
どちらも私たちのお口に合う優しい味付けでした。
028.JPG


★巻き寿司:350円
以前はこの巻き寿司が売り切れで食べられなかったので、今回は残り1皿を速攻でゲット
031.JPG


★おでんもいただきます。
ジャガイモにスジ(牛のアキレス腱)・焼き豆腐、やはりこれを見ればついつい食べちゃい
ますね。
029.JPG



★お店のメニュー:表紙
昔懐かしい、私の子供のころの時代へバックツゥーザフユーチ
ャーします。
033.JPG


★お店の名物:中華そば:500
やはり前回もいただきましたが、今回も1杯はこれですよね。
034.JPG


★セットメニュー
うどんや焼き飯・オムライスなどのセットメニュー
中華そばにカレーやオムライスにエビフライなど、いろんなものが
食べたい人はこんなのがいいですね。
035.JPG


★一品料理
酒のあてに良さそうな1品がラインナップしてます。次回は、孫
たちも引き連れて盛り上がりましょうかね?
036.JPG


★もつ鍋
こんなメニューもおいしそう、テークアウトしていただきましょう。
038.JPG


★日替わり定食
こんなのがお得感があってよさそう・・・・イイね。
041.JPG


★中華そば登場
あっさりとしたスープに具のほうもあっさり系、胃にもお財布にも優しいからお客さんのリピ
ートは多いのでしょうね。
043.JPG


★細めのストレート麺
麺も食べやすく、出汁の方も濃くないのでおそばと一緒に完食でき
ます。
045.JPG


★今回初登場:カレーうどん
最初はこの店の名物のなべ焼きうどんでしたが、メニューを見てこれに変更・・・・さてお味は?
047.JPG


★あっさり目のカレールー
想像してたのはカレーそのものというのかこれーライスのルーをそのままかけたものでしたが
どっこい・・・・和風の上品な出汁をとってカレーを少し投入し、それに餡を絡めた江戸前の上品な
カレーうどんでした。
048.JPG


★ディサービスなどにも強烈にアピール
やはりこんな風にしてお店をアピールしてたんですね。やはり努力のないお店は廃れるのだ
というのを感じました。
052.JPG

★トイレの手洗い
通常は水道のコックがあってそれをひねるのですが、この店のは右側の小さなやかんを左に
傾ければ水が出る仕組み。思わず笑っちゃいました。こんなユニークさ・・・・大好き
039.JPG



 
| グルメ:麺類(うどん・そば・ラ−メン) | 18:11 | comments(6) | trackbacks(0) | -
秀坊・お食事処
『秀坊・お食事処』へ行きました。

1次会で食べた後に2次会で歌い、自宅へ寝る前に中華そばをいただきにうかがいました。
お店の看板の脇に「太らない中華そば」というのに引込まれて行ったのでしたが、食べて歌った後
というのはそれからまっすぐに帰って寝れば良いのにと思いますが、小腹が空いたときには”罪悪感
を感じつつ”ラーメンやうどん・お好み焼き店などへ走ることもあるのです。

そんなお店『秀坊』さん、ご紹介します。


【秀坊・お食事処】・・・・・おでん・中華そば・居酒屋
■住所:松山市三番町1丁目10-30
■電話:089-921-4177
■営業時間・定休日:不明です。


★お店の外観
飲み屋街の片隅にひっそりした感じでお店はあります。今まで
にもかなりの数この付近を歩いてきましたが、入るのは初。
034.JPG



★玄関
お店の看板のすぐ横、白い紙に「中華そば・太らないよ」なんて書いてありました。本当かいな?なん
て思いながら入ってみました。
035.JPG


★お店の内部
カウンター席に6人ほどと、奥の小上がりにもテーブルがあり5.6人は座れそうな感じ。70歳を過ぎた
熟年夫婦が経営されてます。
040.JPG


★カウンター上のおかず
おいちゃんやおばちゃん手作りのオカズが並んでました。
037.JPG


★メニュー
鳥の焼き物やおでんなども並んでます。そして、簡単に作れそうなものもたくさんあります。
039.JPG


★中華そば:550円
街中の中華そばにすれば550円とは良心的なもの。具には、キャベツや長ネギ・ブタバラ肉が3切れと、
ナルトと紅白のかまぼこが入ってます。麺はストレートな細麺で、出汁は鶏がらベースであっさりとして
全部飲みつくせるようなアッサリ系の・・・・決してラーメンではない・・・・・中華そばでした
041.JPG


★3月とはいえまだまだ夜は寒い
麺をリフトアップすればレンズが曇って・・・神秘的な絵ですかね?
043.JPG

 
| グルメ:麺類(うどん・そば・ラ−メン) | 10:57 | comments(2) | trackbacks(0) | -
大衆食堂「松屋」@山越
老舗の食堂「松屋」さんへ行ってきました。


【松屋】・・・・食堂
■住所:松山市本町7丁目117
■電話:089-922-8555
■営業時間:9:00-14:00 ■定休日:日曜
■駐車場:店の横に4台あり
■お奨めメニュー:お寿司(巻き寿司5切れ300円・いなり寿司100円・ばら寿司400円)
        :中華そば500円・なべ焼きうどん500円

この店は正真正銘の老舗の食堂なのです。
創業は明治38年、この年に米屋さんとして創業したそうです。
その後、戦時中は食堂と旅館に商売替えをして、戦後に食堂1本にしたそうです。
ですから、食堂だけでもざっと70年近くになり、その経過した年数はすごいのです。

この日は、お昼ごはんを自宅で用意していたので持ち帰りで「いなり寿司」と「巻き寿司」
を買って帰りました。
それではご覧ください。


★お店の外観
以前には2階には旅館らしきものもあったのでしょうね。現在では、この建物の1階で営業
してますが、なにせ交差点のすぐ脇ですからなかなか入りにくいというのが難点です。
※少し丈の短い暖簾が架かっているのがお分かりでしょうか?これは、暖簾の1部が破れて
そこから下をはさみで切ったという逸話があるのです、なかかなのもんでしょう?

067.JPG


★信号脇の渋滞する場所
なにせ、信号からすぐの場所だけに連日信号待ちの車が絶えません。
068.JPG


★店内の様子
いかにも昭和といった趣の中の様子、4人掛けのテーブルが4つ・・・うかがったのが午前10時半頃です
から、この時間には閑散としてるのは当たり前です。
065.JPG


★調理場も失礼して
通常は衛生的にも調理場へは立ち入り出来ないのですが、私のゴルフ仲間がこの店の身内というのを
話してお店の方に許可をいただいて入らせていただきました。食器や鍋などは100年の歴史を感じさ
せる年季の入ったものでした。
066.JPG


★メニュー各種
お昼ごはんのメニューがたくさんあります。
まぁこの中でも、中華そばと鍋焼きうどんが主流みたいです。
058.JPG


★手書きのメニュー
いまどき鍋焼きうどんが500円、そして中華そばも500円といコインでいただけます。
そして、消費税なんてのはこの店には存在しないのですからありがたいのです。
059.JPG


★創業100年の表彰状
いまどき創業から100年なんてのは考えられません。100年も続くというのはまさに奇跡ですね。
060.JPG


★この日買って帰った2種類
「稲荷寿司3ヶ&巻き寿司5ヶ」
001.JPG


★巻き寿司5ヶで300円
通常の巻き寿司よりも1回り口径の大きな巻き寿司。お寿司の味付けは松山風な砂糖がたっぷり
の甘い酢で安心できるお味です。
003.JPG


★具はシンプル
特別何が入ってるとはいえない巻き寿司の具、卵やかんぴょうあなごにピンクに見えるのが松山
特製の焼いた鯛のすり身・・・・シンプル・イズ・ベストです。
004.JPG


★いなり寿司3ヶ:300円
通常の稲荷寿司よりも1回り大きなお寿司、味付けのほうはやはり甘い松山風なものでした。
002.JPG


★中の様子
あげに包まれた酢飯の中には細かく刻まれたにんじんのみが入ってました。
006.JPG

【松屋さんのあとがき】
老舗の食堂、それも創業100年を越えたような超レトロなお店でした。
お店を運営されてるのも70歳は越えてるとおぼしき男性1人と女性2人の3人で調理と接客をされていました。
店の中も”昭和ロマン”が漂うような私の大好きな雰囲気でしたし、食べたお寿司(巻き寿司・稲荷寿司)
も松山らしく甘くって美味しかったのです。次回は、お店の中で中華そばや鍋焼きうどんをいただいて
みたいのです。
ごちそうさまでした。
 
| グルメ:麺類(うどん・そば・ラ−メン) | 08:38 | comments(5) | trackbacks(0) | -
川崎屋@松前町浜
毎週水曜日に法事でうかがってる松山市の隣町の松前町・伊予市方面ですが、今日
お邪魔したのは松前町の旧道沿いの松前港に面した『川崎屋』さんです。

【瀬戸内海の魚の水揚げ港】
このお店のある松前港は瀬戸内海の魚の水揚げが盛んな場所で、これからの時期には
ちりめんじゃこ(関東などではしらすちりめんなどと呼ばれてるイワシの稚魚です)
がたくさん獲れる港としても有名です。
そして、1昔前までは「おたたさん」と呼ばれる女性による魚の行商人がこの港から
揚がった新鮮な魚を売り歩くのがこの地の風物詩として現在では懐かしく感じられま
す。このおたたさんの名を使った「おたたご膳」というのもここ川崎屋さんのランチ
限定メニューとし現存しており、今回うかがったのが夕方だっただけに食べられなか
ったのが残念です。
※川崎屋さんは晩ごはんよりもランチのほうがお得なプランがたくさんあるようです。

今回も、食べログのサイトで「松前町・和食」部門で高評価だったので、ブロガー
さんたちのコメントを参考にして訪ねてみました。

ご覧ください。


【川崎屋】・・・・仕出し・宴会・寿司・海鮮料理
■住所:伊予郡松前町浜460(東レ松前工場から伊予市方面へ。松前港のすぐ東)
■電話:089-984-1056
■営業時間:11:00-14:00、17:00-21:00 ■定休日:日、祝祭日
■駐車場:お店の前に7台あり


★レンゲの花が満開です。
満開という表現が正解かどうかは分かりませんが、田んぼには現在見ごろのレンゲの花々が
たくさん咲いています。
051.JPG


★レンゲのアップ
ピンクというのか紫というのか・・・・とにかく癒される可憐な色彩です。
053.JPG


★お店の看板
057.JPG


★お店の前の松前港
まもなく日が沈んで瀬戸内海を夕陽が真っ赤に染め上げます。時間があればそち
らもいいのですが、今日は食い気中心ですので・・・お店へ突入です。
090.JPG


★お店の外観
いかにも「田舎の宴会場」といった趣。1階がお店で2階は大人数の宴会場のよう
091.JPG


★1階の小上がり
今日はこちらでいただきます。こちらでは人数にして20人くらいは収容できそう。
071.JPG


★1階のカウンター
カウンター席は8名ほどが座れそう。すでに地元のお客さんが2人来場され、杯をかたむけて
いました。
072.JPG





★まずはビール
仕事のあとのビールはたまりません、つき出しはサービス
068.JPG


★当日のお奨め品
お店自体が魚料理が中心なもん紋ですから、その日に港で水揚げされた新鮮な魚が勢ぞろい・・どれも美味そう
058.JPG


★ひらめのお刺身:奥さんチョイス
新鮮な瀬戸内海産のヒラメです。淡いピンクの身が新鮮で甘みがたっぷりで最高。
073.JPG


★ハマグリの酒蒸し:酒の肴
さほど大きくはないハマグリでしたが、味が濃くて旨みもスープに溶け出してそれを傍目を気にせずに
すするのも楽しいものです。
075.JPG


★フキの煮付け
甘辛く炊かれたフキは、ご飯にもお酒にもマッチしますね。
079.JPG


★セットメニューのご飯とお味噌汁&漬物
「本日のおすすめ」メニューで好きなものをチョイスし、セット物として150円足せばこちら(ご飯
のセット)がついて来ます。
080.JPG


★この日の特別メニュー:娘のチョイス
イサキの塩焼き、この時期には旬のお魚のイサキ、脂もほどよく乗っていて身も食べやすく全員が納得
084.JPG


★待望の”まさきビーフン”の大盛り:私のチョイス
ここ川崎屋さんの特別メニュー『まさきビーフン』ビーフンとは名ばかりで麺は中華そば、
そして上にかかってる餡は中華料理の八宝菜のような旨みたっぷりの餡かけちゃんぽんみたい
な1品です。※これで餡の上にたっぷりの胡椒がかかってたらタール麺なのですが、少し違う
ようです。まさきビーフンというのはそれなりの理由があるそうですが、まぁ今日は省略。

078.JPG


★イカゲソから揚げ
から揚げが実にカラッと揚がってあり、ビールには最高です。
081.JPG


★まさきビーフンのたっぷり胡椒
甘い餡にはこれくらいたっぷりと胡椒をかけたとしても餡で吸収されるらしくちょうどいいくらいです。
この日は我が家の夫婦に娘・孫の4人で伺いましたが、みんなこのビーフンに夢中でした。
・・・・あたりです。
083.JPG


★ランチ限定メニュー
ランチ時にはこのような限定メニューがあるようです。これを見ると、お昼のほうが
メニューが充実していて、特に下の段の「お寿司5巻セット」付きのセットメニュー
はかなりの人気みたいです。これならぜひ1度お昼にうかがわなくては・・・。
059.JPG


★麺類のメニュー
やはり1番最初に「まさきビーフン」が掲載されてあり、その下のあんかけ焼きそばとはビーフンの麺が
中華そばに対して固焼きそばが入ってるのが違いだそうです。
063.JPG


★うどんのメニュー
うどん各種に身にカツ丼のセットやピラフのセットもあるようです。
064.JPG

 
| グルメ:麺類(うどん・そば・ラ−メン) | 08:28 | comments(4) | trackbacks(0) | -
双葉食堂@松前町
松山市の隣町、松前町へ行きました。

【松前町・伊予市の食堂巡りのきっかけ】
先月の末に義理の母を亡くし、毎週水曜日の夜に奥さんの実家の伊予市へ行って
49日が終わるまで供養することになり、この日もその行程で立ち寄りました。
「不幸事もブログネタの材料にする」というのはいかがかなとも思いますが、
この付近での食事は松山市内からは30分近くかかりますのであまり立ち寄る機会
も少なく、今回はこの機会に「伊予市・松前町」周辺の食堂や老舗の飲食店を楽し
もうなんて考えています。

今回は、3回目、今日ご紹介するのは、松前町の老舗食堂『双葉食堂』さんです。



【双葉食堂】・・・・うどん・そば・いなりずし
■住所:伊予郡松前町浜370-1(松前町の東レ愛媛工場から200m南の県道沿い)
■電話:089-984-1208
■営業時間:11:00-18:30
■駐車場:お店の前に2台、向かいの清水歯科に3台あり)




★県道沿いにあるこのお店
東レの松前工場から伊予市方面の南へ約200m、分かる人にはわかるのでしょうが、
初訪問ではお店の間口が狭いですから通り過ぎるのは必至でしょう。
まぁ前の道はそんなに交通量も多くないので、Uターンして戻ってもよろしいです
から・・・。
002.JPG


★駐車場
お向かいの清水歯科さんと共通の駐車場。駐車場はお店の前にも2台分はありますが、
こちらの方が停めやすいし出入りもスムーズかもしれません。
001.JPG



★お店の外観
この日は訪れたのは夕方6時過ぎ、ランチ時のピークではなかったのでお客さんは
1組だけでした。
004.JPG


★正面玄関と暖簾
入り口のドアや店内の様子が見えないので閉鎖的な感じがしないわけではないの
ですが、事前に情報をゲットしてるので安心して入れます。その点、「食べログ」
などの情報は初訪問の時などにはありがたいのです。

005.JPG


★店内のカウンター
カウンター席には8人ぐらいは座れそう。
009.JPG


★吹き抜け天井
吹き抜けに意味があるのかないのかは不明ですが、「吹き抜け
天井」になっていて屋根の部分から日が差し込んでいます。
010.JPG


★テーブル上の調味料
醤油・ソース・胡椒に七味唐辛子。箸入れは、松山ならではの「砥部焼き」ですよね。
012.JPG


★セルフサービスの麦茶
年季の入った容器にたっぷりと麦茶が入ってます。
014.JPG


【この日のオーダー】
この日オーダーしたのは
「中華そば500円・なべ焼きうどん500円・チキンライス530円」
この3つでした。本当は、いなりずしやちらし寿司が食べたかったのですが、うかがった
のが夕方の6時過ぎ、もうすでにどちらも売り切れで(お昼時でも遅い時間には売り切れ
になる人気商品だそうです)仕方なくチキンライスをお願いしました。



★最初に到着:中華そば500円
いまどき500円という庶民のお財布に優しい中華そば。見た目にもさっぱりとした
うどんのお出汁のような透明なイリコベースの出汁がいいのです。
具は、錦糸卵・わかめ・牛肉の時雨煮・ネギ・チクワ・かまぼこなどなど・・・・。
018.JPG


★麺も超細め
この中華そばに合わした麺は”超細麺”でして、カップラーメンが誕生する前に食べていたインスタン
トラーメンの棒ラーメンのような・・・まるでそうめんのような極細のちぢれの少ない麺に驚きましたが、
けっこうこの出汁にマッチして美味しいのです。
020.JPG


★次に登場した『なべ焼きうどん』
この店の常連の友人の事前情報・・・・「うどんは絶対食べるべき」こう聞いていまし
たのでなべ焼きうどんをお願いしました。アルミ製の鍋や同素材のレンゲが使い込
まれて貫禄があります。※これを古いだとか汚いとかいう輩はこの店の良さを理解
出来ないので行かないほうが懸命です。私の場合はレトロなものは大好きですから・・・。

021.JPG


★ふたをオープン
実に美しい姿が目に飛び込んできました。具は「チクワ・じゃこてん・かまぼこ
などの練り製品と、牛肉の時雨煮・錦糸卵・刻みネギ・わかめ」でした。
まさに五目うどんですが、出汁やうどんそのものの良さを壊さない控えめな具材
のチョイスはさすがです。しかし、中華そばと比べてもうどんの具の違いはじゃ
こてん1枚入ってたか無かったかくらいのものです。でもそんなのはいいのです。
023.JPG


★柔らかいうどん
松山地方の”昔ながらのうどん”とは、出汁はあっさり系の醤油ベースの甘めのも
のに麺は香川県の讃岐うどんのような「コシコシ・エッジが立った」ものとは180
度対極の「柔らかくて・麺の腰はなく・湯がけば湯がくほどふんわりとなる」とい
う歯の悪い年配の方にでも安心して食べられるものなんです。
024.JPG


★美味しそうでしょう?
025.JPG


★最後に「チキンライス530円」
お店のメニューにはオムライス550円」これもあり迷ったのでしたが、これと
比較したら20円差でたまごが巻いてある方がお得感はあって迷ったのですが、
やはり基本はチキンライスをいただいちゃいます。
お味は、決して洗練された洋食のものとは違いましたが、温かい田舎のおば
ちゃんが作ってくれたような人情のある暖かいお味でした。
016.JPG


★メニュー
うどんメニューも奇をてらったようなものはありません。あくまでもベーシック
007.JPG


★メニュー
そのほかにも丼ものやいなりずし・もりずし(チラシ寿司)・卵焼きなども
次回にはそんなのにもチャレンジしたいなぁ。
008.JPG


★そして・・・・ごちそうさま
この最後の1滴まで飲み干した鍋底を見れば・・・・「美味かった」・・・なんて野暮な言葉は不要ですよね。
027.JPG

 
| グルメ:麺類(うどん・そば・ラ−メン) | 08:21 | comments(6) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ