CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
から揚げランチ@レストラン野咲

『レストラン野咲』私の大好きな洋食の店の1つ。

 

今日は、ここ野咲さんの”から揚げランチ”をご紹介します。

以前にもご紹介してます野咲のから揚げ、こちらは最近は松山にもから揚げ専門店が増えてき

ましたが、ここ野咲きから揚げが私にとっては断然癸韻覆里任后

そんな大好物の「から揚げランチ」ご覧下さい。

 

 

【レストラン野咲】・・・・・ランチ・洋食の店

■住所:松山市千舟町3-2-13(千舟町通り)

■電話:089-946-0642

■営業時間:11:00-21:00 ■定休日:火曜

 

 

 

☆野咲さんの外観

お店の近くには6億円などと書かれた宝くじの売り場があり、

この周辺にはその一攫千金を企む人々が集まってます。

033.JPG

 

☆ショーケース

最近では珍しいガラス製のショーケース、これを見ればメニューのほとんどがライナップされてますから

十分です。どれを見ても美味そう。

034.JPG

 

 

 

☆店内の1部

ここは調理場前のカウンター席。一人で行く場合にはここが調理する様子も見えるので良いよね。

045.JPG

 

 

 

☆天井の曇り

これは、野咲さんの勲章のようなもの。毎日揚げられるフライなどの油が集積したもの。これを汚れだ
なんていう奴はだめですよね・・・・勲章です。

037.JPG

 

 

☆メニュー「ランチ系」

1番人気は「野咲ランチ500円」1番高い「盛り合わせ」でも820円ですから、お財布の心配なしでOK

035.JPG

 

 

☆1品メニュー

どちらも1コイン程度、1番高いビーフカツでも1200円ですから・・・。

036.JPG

 

 

☆から揚げランチ600円

写真を撮るのももどかしい瞬間、早く食べたい

038.JPG

 

 

☆から揚げのアップ

中ぶりなから揚げが10ピースほど、美しい絵です。ここのから揚げ、下味がついてるので竜田揚げ風の

ビールにも良くあいそうな最高のから揚げです。

039.JPG

 

 

☆別角度から

こちらも”べっぴんさん”ですよね。

040.JPG

 

 

 

☆ナイフ&フォーク

今どき、ナイフとフォークなんて置く店も珍しいかも・・・。

041.JPG

 

 

☆大ぶりなものには事前にカット

大きなから揚げは配膳する前にこうしてカットされてるのも親切

042.JPG

 

 

☆付け合せのマカロニ

ただ塩茹でされただけのマカロニ、これは橋休めには最高です。

043.JPG

 

 

☆完食

044.JPG

 

 

 

 

 

 

| 洋食の店 | 08:34 | comments(4) | trackbacks(0) | -
レストラン野咲「盛り合わせランチ」

私の大好きな洋食の店・・・・その代表格の『レストラン野咲』

松山市内中心部で銀行取引などがあればそのついでに昼食でよくうかがうのですが、先週も不動産

の取引があり市内の銀行の帰りにうかがって・・・・

レストラン野咲で1番高い「盛り合わせランチ」食べました。

 

ご覧下さい。

 

 

【レストラン野咲】・・・・・洋食のランチ専門店

■住所:松山市千舟町3-2-13(千舟町通り)

■電話:089-946-0642

■営業時間:11:00-21:00

 

 

 

★お店の外観

こんな古いビルの1階にあるレストラン野咲、この歴史にみんなが

立ち寄るんですね。

062.JPG

 

 

☆この日もたくさんのお客さんで賑わい

カウンターからテーブル席、奥のお座敷にいたるまで多数の野咲ファンが集まってます。

040.JPG

 

 

 

この日のオーダーは『盛り合わせランチ820円』この店で1番高いランチなのです。

 

 

 

☆盛り合わせランチ820円

ご覧下さい、この豪華なおかずを・・・左側から牛肉の焼肉・中央のタルタルソースの下が白身魚の

フライ、そしてこの店オリジナルの竜田揚げ風な唐揚げ、これにご飯のセットです。

060.JPG

 

 

☆横からの絵

横から見ればまた違った1面が、手前が牛肉の焼肉、そしてタル

タルソースがたっぷりかかった白身魚のフライ、そして唐揚げ

たまりませんねぇ。

061.JPG

 

 

☆ご飯

この店のご飯そのものも美味しいです。アクセントには福神漬の人工的な赤色には視覚的にも食欲を

増進する作用があるんですね。俺は牛か?

045.JPG

 

 

☆盛り合わせランチ全体像

豪華絢爛な盛り合わせランチ、空腹時にこの写真を見ればたまらんのでしょうね、ゴクッとツバが。

046.JPG

 

 

再度おかずのアップ

カロリーはかなり高そうです。しかし、たまにはこんなのを食べて元気をつけましょうね。

047.JPG

 

 

 

| 洋食の店 | 08:18 | comments(4) | trackbacks(0) | -
ごちそうさま@松山

”ごちそうさま”という洋食のお店があると以前から聞いてましたがいまだ訪問を実現でき

ませんでした。今回、土曜日に私ども夫婦に娘と孫2人の5名でうかがいました。

 

ご覧下さい。

 

 

【ごちそうさま】・・・・・洋食(パスタ・ハンバーグ・カレーの店)

■住所:松山市久万の台3-9

■電話:089-927-1991

■営業時間:11:00-15:30、17:00-21:30(月−土)11:00-21:30(日・祝)

■休日:月曜日  ■駐車場:13台あり

 

 

お店の外観

住宅地というのか商業地のはずれにあるここ久万の台のバイパスから少し入った場所にあります。

車の置き場はたくさんあるようで、隣に10台くらいはらくらく大丈夫。

 

038.JPG

 

 

お店の前面はすべて駐車済み

元々あったのがこの駐車場だったのですね、商売をしてるうちにこれでは狭くなり隣地の駐車場を確保

して拡張したんですよね。

039.JPG

 

 

お店の看板の1つ

040.JPG

 

 

☆サンプルのショーケース

洋食のお店にはこんなショーケースがよく似合いますね。

042.JPG

 

 

☆お店の1部

1番奥に通されましたからお店の内部はこんな感じ、土曜日のランチ時まぁまぁのお客さん。

043.JPG

 

 

メニュー

ハンバーグだけでも10種類くらいありそう

045.JPG

 

 

パスタも5種類

046.JPG

 

 

☆グラタンも10種類

冒頭には”ジャンボ”と称されるメニューに惹かれます。やはりグルメなら”ジャンボ”好きですね。

047.JPG

 

 

☆カレーも6種

こちらも冒頭には”ジャンボ”の文字が・・・。

048.JPG

 

 

この日オーダーしたのは「ジャンボハンバーグセット950円+ライス100円・ミートスパ800円

・ミックスピザ」です。ご覧ください。

 

 

 

★ミニサラダ

千切りのキャベツにキュウリが2カケ、オリジナルドレッシングはさっぱりとした酸味のあるもの

でした。

049.JPG

 

 

★ミートスパ800円

ボリュームはなかなかのものでした。そして、ミートソースも親しみやすいお味でした。

051.JPG

 

 

★オリジナルのデミグラスソースが

レストラン野咲などに比べると少し薄めの色のデミグラスソース、お味のほうはバッチリ、スパ

イスも効いてます。

052.JPG

 

 

★ミックスピザ800円

盛り付けを見れば家庭的な雰囲気。ハムの切り方やトッピング方法などは、イタリアンレストラ

ンの趣とはまったく違いますが、これはこれで正解なんでしょうね。

053.JPG

 

 

☆ジャンボハンバーグ950円登場

やはり”ジャンボ”というだけあってわらじ大の大きさ、これらを家族でシェアしながら食べ進め

ます。

055.JPG

 

 

ジャンボ・・・でしょう?

大きさはジャンボなのですが、お味の方はなかなか繊細なハンバーグ。大きさのわりには中まで

十分火が通って、お肉からもジューシーな肉汁が出てまいります。

057.JPG

 

 

☆家族でシェアするためにカットします。

小さな子もいますから、食べやすいようにカットしましょうね。

059.JPG

 

 

| 洋食の店 | 11:10 | comments(4) | trackbacks(0) | -
レストラン野咲「特製ランチ」

洋食・・・・・フレンチでもなくイタリアンでもアメリカンでもない・・・・洋食だけの店。

 

【私の考える洋食の定義】

一般的に洋食と呼ばれるものは、和食をベースにして日本人の手によって変革した洋風の食事の

ことなんでしょうね。おかずにかけるのも和食本来のお醤油などではなく、ソース・チーズ・マ

ヨネーズやケチャップなどがよく似合うそんな洋風な調味料を使ったような料理が”洋食”の定

なのかもしれません。

 

そんな洋食の店も松山にはたくさん存在してましたが、最近まで生き残ってる店は数少ないのです。

松山で現存する洋食の代表格である『レストラン野咲』さん・・・のネタです。

今週は”レストラン野咲特集”・・・・その第2弾・・・・ご覧下さいね。

 

 

【レストラン野咲】

■住所:松山市千舟町3-2-13(千舟町通り沿い)

■電話:089-946-0642

■営業時間:11:00-21:00 ■定休日:火曜

 

 

 

★お店の前

向こう側に見えるのが松山1の宝くじ売り場「6億円」などと書

かれたのを見れば思わず宝くじ買っちゃおうなんて思いますね。

057.JPG

 

 

★メニュー

1番高いランチメニューが820円の「盛り合わせランチ」この店の営業時間は朝11時から夜の9時半まで

、この時間内には1日中ランチメニューをいただけるのです。

030.JPG

 

 

★ランチのアップ

500円の野咲ランチ、ハンバーグランチが560円、特製ランチ680円、スペシャルランチ690円に

盛り合わせが820円・・・・なんの遠慮もなくオーダーできるのがいいのです。500円の野咲ランチ、やは

り店名がついたメニューだけに人気は1なのです。

031.JPG

 

 

★ステーキメニュー

サイコロステーキ900円、ポークステーキなんかは800円ですから安いですね。

032.JPG

 

 

★ビーフステーキも

ステーキAが1,500円、1番お高いステーキBでも2,500円ですので1度はチャレンジしたいのです。

しかし、いまだかつてこの店でステーキを食らってる人の姿は見たことがありません。

033.JPG

 

 

カレーオムライスも評判は良さそう

カレーライスも安くてうまいと評判です。

034.JPG

 

 

その他の1品料理

035.JPG

 

 

★お店の様子

 

お店はカウオープンキッチン、トンカツなどのフライ物や揚げ物などが調理される際に出る煙が

カウンター越しに店内全体に拡がるので繁忙時間にはお店の換気扇だけでは収まりません。

お店の中はこのようにいつも霧がかかった状態ですが、水中めがねをするほどではありません?。

047.JPG

 

★奥のこ上がり

ここで約10人くらいが座れます。今日はテーブル席が満杯なのでここでいただきます。

038.JPG

 

 

★今どき珍しい「ナイフ&フォーク」

やはり洋食のお店、ナイフ&フォークがセットされます。

040.JPG

 

 

 

この日のオーダー『特製ランチ』680円

 

 

 

★特製ランチ

これに食後のドリンク「コーラ・コーヒー・紅茶のいずれか」がついて700円を切るお値段

信じられません。

042.JPG

 

 

★おかず各種

左からハンバーグ・海老フライ・オムレツ・・・そしてその後ろにマカロニサラダ・野菜盛り合わせ

043.JPG

 

 

★見るからに美味しそう

こんな美味しいおかずならごはんは大盛りと行きたいところですが、年齢を考えライスは普通に

しときましょうね。大盛りにしても100円アップですからお財布には優しいです。

044.JPG

 

 

ライス

真っ白なライスに真っ赤な福神漬、この赤さがいいでしょう?

045.JPG

 

 

★サイドから見たおかず

やはりがっつり系にはこんなおかずは夢のようですね。この写真

見るだけでご飯2杯はいけますよね。

046.JPG

 

 

★帰りのショーケース

最近のレストランではこんなショーケースは見かけませんが、お店の前を通りかかる人がこれを見て

初めて入店する方もいるようです。
050.JPG

 

 

★野咲ランチ

これを見ただけでも十分に食欲がわきますよね。

051.JPG

 

 

★ハンバーグ

これもよく出来た見本ですよね。

052.JPG

 

 

★特製ランチ

こんな見本も美味しそうですけど、やはり現物には匂いがあるだけに格別です。

053.JPG

 

 

★カツカレー

これを見れば、カツカレーも1度いっとかなくちゃ。

055.JPG

 

 

★エビフライ

こんなのは子供のころからの夢ですよね。

056.JPG

 

 

 

 

| 洋食の店 | 11:07 | comments(2) | trackbacks(0) | -
レストラン野咲「から揚げランチ」

鳥の唐揚げ・・・読者の皆さんもお好きな方は多いでしょう。

 

私も大好きな松山の老舗洋食店『レストラン野咲』のメニューの中でも大好きな1品なのです。

今日は、この唐揚げをご紹介します。ご覧下さい。

 

 

 

【レストラン野咲】・・・・・洋食のランチ専門店

■住所:松山市千舟町3-2-13(千舟町通り)

■電話:089-946-0642

■営業時間:11:00-21:00

 

 

 

 

☆メニューサンプル

このお店の主なメニューがお店の前面にサンプルとして展示されてます。私のようなベテランならこの

メニューのすべてが頭に入ってますが、一元客や通り客のような方にはわかりやすいでしょう。

003.JPG

 

 

☆カウンターキッチン

調理してるのが直接見える「オープンキッチン」形式です。カウンターの座る際にはお店の方が調理

するのを見て、「次は自分のかな?」なんて待ってるのもいいもんです。それにしても、カウンター

内と注文を聞く方とのコンビネーションも抜群で、注文して5分以内には必ず目の前に完成したランチ

が届くというスピードもすばらしいお店です。

014.JPG

 

 

☆野咲のメニュー

1日中ランチがいただけます。ランチメニューはこれで、1番安い野咲ランチ500円こちらが1番人気で

1番お高い「盛り合わせランチ」でも820円ですから、ランチメニュー全品制覇も可能ですよね。

009.JPG

 

 

☆1品ものメニュー

カツ・コロッケ・しょうが焼きや鶏の唐揚げなどさまざまなメニューが並びます。今日は、鳥の唐揚げ

430円とライス200円との組み合わせでいただきます。

006.JPG

 

 

 

 

『唐揚げランチ』完成・・・630円

 

 

 

☆注文した唐揚げ430円+ご飯200円『唐揚げランチ』630円の登場

1口大のサイズにそろえられた約10ピースの鶏から揚げ。見た目にもそうですが、それ以上にカラッと揚

がった衣の加減と下味の醤油に浸されたその香ばしく焦げたような食欲を誘う匂いがたまりません。

066.JPG

 

 

☆鶏から揚げのアップ

通常の唐揚げに比べれば少し狐色。その訳は、下味がついた竜田揚げ風だからです。

067.JPG

 

 

☆レストラン野独特付け合せ「湯がいただけのマカロニ」

この「ただ湯がいただけのマカロニ」、おかずの肉系の脂っこさを緩和してくれる役目があるのです。

069.JPG

 

 

☆そして福神漬

真っ白なライスに福神漬が少々。やはりこれもお口直しの役割を果たしてるんです。

046.JPG

 

 

☆別の日のもの

ボリュームたっぷり

047.JPG

 

 

野菜もたっぷり

048.JPG

 

 

大ぶりな鶏肉は半分にカット

これを見ればこの鳥の唐揚げのうまさがよく表れてます。鶏肉の揚げ加減も完璧で中まで完全に火が

通ってて、なおかつ断面を見れば肉汁があふれジューシーそうなのもお分かりでしょう?

049.JPG

 

 

☆市内中心部の古いビルの1階

この感じがなんともいえません。最近の若い女性なんかは1人では

入りにくい雰囲気をかもし出しています。やはりここレストラン野

咲は男性客が80%です。まれに女性同士を見かけることもありま

すが稀です。

063.JPG

| 洋食の店 | 08:18 | comments(4) | trackbacks(0) | -
レストラン野咲「から揚げ」

昨日お送りしたのははじめてうかがった「レスト喫茶のクレピス」さん、クレピスといえば

そのルーツともいえる松山を代表する洋食のお店の「レストラン野咲」を忘れてはなりません。

 

大好きな洋食の店、私の思う松山市内で癸嬰垢箸い┐个海「レストラン野咲」です。

 

それでは、今日もレポートします。

 

 

 

【レストラン野咲】・・1日中ランチの店

■住所:松山市千舟町3-2-13(千舟町通り沿い)

■電話:089-946-0642

■営業時間:11:00-21:00 ■定休日:火曜

 

 

 

☆お店の外観

松山市のメインストリートである千舟町通り、野咲さんのお店の

看板向こう側にの6億円という文字が見えますが、そこは当選者

にとっては夢の館「竹村タバコ店」ここはは松山市内で1とい

われる宝くじ売り場なのです。その横にレストラン野咲はありま

す。

035.JPG

 

 

☆メニューのサンプル

最近ではあまり見かけなくなったメニューのサンプル、初めてうかがうときにはよく見て入ります

が、私くらいの常連ともなるとまず覗きません、しかしよく見ればわかりやすくて良いよね。

036.JPG

 

 

 

☆スペシャルランチのサンプル

美味しそうに現物に近くよく出来てます。いささかボリュームが現物よりも良さそうですがね。

039.JPG

 

 

☆店内の様子

カウンター席が8席くらいと4人掛けのテーブルが3つ、その奥にこ上がりの座卓で10名くらい

座れます。店内が少しスモークがかかってるように見えますが、これはオープンキッチンですか

ら、調理してるものの余韻が店内に飛来してガスってます。

040.JPG

 

 

☆ランチメニュー

”ランチ”といっても、朝11時の開店から夜の9時の閉店までランチは1日中いただけます。

1番の安いのがお店の名前のついた「のさきランチ」500円、特製680円、スペシャル690円

で、1番の高い盛り合わせランチでも820円ですから、お財布に優しいメニューですね。

063.JPG

 

 

☆スパゲテイ

こちらも550円からボリューミィなカツスパ・バーグスパでも680円ですからお値打ちです。

064.JPG

 

 

☆ライス系

カレーライスが460円、ヤキメシやオムライスもお値打ち。若い方はカツカレーの大盛りでも

630円ですからチャレンジする値打ちはあろうというもの。

065.JPG

 

 

☆1品料理

こちらも+200円のライスつきで提供されます。こちらもほとんどが500円以下ですから、

じゃんじゃんいただいてもたかが知れてます。

042.JPG

 

 

☆今日は「鳥のから揚げ定食:630円」

こちらのから揚げは、竜田揚げ風に醤油の下味がついてあり、何もつけなくても十分に味が

ついてあるのでご飯は進みます。鳥も8〜9ピースついてますからお腹は満足。

066.JPG

 

 

☆から揚げのアップ

普通のから揚げに比べれば少し焦げたような茶色をしてますね。しかし、これが飽きずに

全部食べれる秘伝の味付けなのです。

松山にも美味しい鳥のから揚げが食べられるお店がたくさんありますが、その中でも絶対

ベスト3に入れる美味しさだと断言できます。

067.JPG

 

 

☆アップ

こちらで使用されてるのは鳥のモモの部分、旨みを含んだ脂が美味しいのです。

068.JPG

 

 

☆付け合せの茹でただけのスパゲッテイ

この茹でただけのスパゲッテイ、こちらがお口直しにいいのです。

シンプル・イズ・ベスト・・・・安心できます。

069.JPG

 

 

 

別の日に撮った「スペシャルランチ・特製ランチ」ご覧下さい。

 

 

☆スペシャルランチ:690円

画面左側のグレービーソースがかかってるのがチキンカツ、中央が海老と白身魚のフリッ

ター(テンプラ)、そして1番右がポークピカタ(豚肉を卵の衣で包み焼いたもの)

どのおかずも白いライスによくあうおかずです。

045.JPG

 

 

☆野咲で1番高いランチ:特製ランチ:820円

こちらは牛の焼肉と中央のタルタルソースがかかってるのが白身魚のフライ、そしてから

揚げという3種のボリュームたっぷりのランチです。

見た目以上のボリュームがあり、食べた後は大満足で店を出ます。

047.JPG

 

 

| 洋食の店 | 09:30 | comments(2) | trackbacks(0) | -
レスト喫茶「クレピス」のランチ

土曜日のお昼ごはん・・・・私の場合は大好きなお好み焼きのテークアウト

が多いのですが、この日は娘が孫たちを連れて遊びに来てたので外食に出かけます。

 

何を食べるかって言うと・・・・大好きな洋食なのです。洋食といってもさまざまな種類

がありますが、私の好みは昔ながらの洋食なのであります。昨今はイタリアンやフレ

ンチなどという専門店もありますが、あくまでも好みは昔ながらの洋食なのです。

 

そんなお店・・・『レスト喫茶・クレピス』さんにうかがいます。

 

 

【クレピス】・・・・洋食のランチ店

■住所:松山市空港通6-11-2(旧空港通り沿い、済美平成中学となり)

■電話:089-971-2995

■営業時間:8:00-23:00 ■定休日:なし

※ここクレピスは、市内中心部にあるあの有名洋食店「レストラン野咲」の兄弟

方が経営されてるようで、メニューや金額もほとんど同様です。

 

 

 

☆いつも混んでる空港通り

この道路が出来てもう45年、昔は広かった道路が最近は大混雑。さまざまな会社が集合してるこの

空港通り、これ以上の混雑はないかも。

099.JPG

 

 

☆そんな空港道路沿いにあります。

さまざまな会社が集まってるこの通り、お客さんもここに存在する方々が多いのでしょうね

101.JPG

 

 

☆今どき珍しいガラスのショーケース

食品のサンプルが入ったガラスのケース、今どきは少なくなりましたがこんなのがあればイメージ

がわいてきますよね。このケースも、あのレストラン野咲と同じ。

103.JPG

 

 

☆美味しそう

サンプルですが、よく出来てます、ごくん。

105.JPG

 

 

☆メニュー

ランチや定食、1品料理やカレー・スパゲッティなどたくさんの種類が・・・。

106.JPG

 

 

☆ランチの種類

1コイン500円のクレピスランチからスペシャルの730円まで4種類

107.JPG

 

 

☆ドリンク系メニュー

やはりレスト&喫茶ですからドリンクやパフェ・サンデーなどもあるのです。

108.JPG

 

 

昔ながらの喫茶風

懐かしい情景です。

109.JPG

 

 

☆テーブル&イス

こちらも昔懐かしの喫茶店そのもの、我々世代には懐かしい空間です。

111.JPG

 

 

☆クレピスランチ:500円

レストラン野咲も「のさきランチ」というのがありますが、それとすごく似てます。また、お値段も

1コインの500円という破格値、これは庶民には優しいお値段とクオリティですね。

(中身はトンカツ・クリームコロッケ・ハム・ナポリタン・キャベツの千切り)

112.JPG

 

 

☆クレピスランチ・全部

ライスとおかずの全景、サラリーマンなどには非常に好まれそうな質・量・お値段、これで500円

113.JPG

 

 

☆特製ランチ:700円

こちらも野咲さんと同じような「特製ランチ」

中身は、ハンバーグにエビフライ・そしてオムレツ・ナポリタン・サラダ

116.JPG

 

 

☆スペシャルランチ:730円

こちらも野咲と同じネーミングの「スペシャルランチ」中身は、チキンカツ・魚と海老のフリッター

(洋風テンプラ)・ポークピカタ(豚肉を卵の衣で揚げたもの)です。

118.JPG

 

 

☆スペシャルを反対側から見る

おなかが空いてたら、こんな光景はたまりません。

120.JPG

 

 

☆〆のフルーツパフェ:600円

このお店はレストランではなく「レストラン&喫茶」です

から昔ながらのパフェいただいちゃいました。

122.JPG

 

 

ちなみにこちらは姉妹店の『レストラン野咲』さんの写真。

ご覧下さい。

 

 

レストラン野咲のスペシャルランチ:690円

先ほどのクレピスさんのと比較すれば同じようなのですが、少しづつ違うのです。

野咲:付け合せ(キャベツ千切り・レタス・みかん・マカロニスパ)

クレピス:付け合せ(キャベツ千切り・キュウリ・ナポリタンスパ・トマト・レモン)

045.JPG

 

 

☆お値段も:野咲のランチメニュー

クレピス・野咲ともお店の名前のついた○○ランチは500円で同じなのですが、特製・スぺシャルは

野咲が680円・690円に対してクレピスさんは700円.730円と少しお高いのです。

043.JPG

 

【頑張って残ってほしい洋食の店】

松山地方でもこのような「洋食の店」が減ってます。我々世代にとっては、幼いころからの憧れの存在

であった「洋食」、こんなメニューが日常の家庭でいただける和食と比較して外食の典型であったわけ

です。いつまでも憧れの洋食のお店、頑張っていただきたいです。

レストラン野咲とレスト喫茶クレピス、兄弟が経営されるお店で同じようなメニューなのですが、今回

お邪魔してお味のほうはまったく違うというのに驚きでした。

それぞれのよさを残しつつ、がんばれ・・・頑張れ。

 

| 洋食の店 | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -
レストラン野咲
美味しい洋食の店『レストラン野咲』

ここ野咲さんへは今から30年ほど前から通っていて、ずいぶんお昼時にはお世話になりました。
この店の洋食が大好きで無性に食べたくなるときがあり再々持ち帰りをして自宅で食べてましたが、
それもここ最近はお店の事情でテークアウトができなくなり、店内での食事だけになりました。
お店が松山市内の繁華街にありますから、わざわざ駐車料金をはらってでも行くことはないと考
えて最近はご無沙汰してましたが、先日ゴルフが昼過ぎに終了し「高くてまずいゴルフ場のランチを
食べるよりも美味しいランチを食べたい」というので、その足で仲間と出かけました。
さすがに老舗の洋食屋さん・・・・若い方を中心に40代50代のお客さんたちが集まり懐かしい洋食
(イタリアンでもなくアメリカン・フレンチでもない)に舌鼓をうっていました。

3連休の最終日で時間はすでに1時半過ぎでしたが、まだたくさんのお客さんでにぎわっています。
通常この店は、市内に勤務するサラリーマンたちの憩いの場所なんでしょうが、この日は休日だけ
に、町に買い物に来た方や懐かしの味にこの店の美味しいランチを求めてやって着てます。

それではご覧下さい。



【レストラン野咲】・・・・・洋食の老舗
■住所:松山市千舟町3-2-13
■電話:089-946-0642
■営業時間:11:00-21:00 ■休日:火曜日
■駐車場:なし、周辺に有料がたくさんあり


★お店の外観
松山の中心部・千舟町沿いにお店はあります。そして、向こう側
に見える派手な看板は最高6億円という宝くじのメッカ竹村商店
035.JPG


★みただけでよだれが出そう:メニューのサンプル
さまざまなラインナップが勢ぞろい
036.JPG


★これらは1コイン以下
いまどき1コインでおつりがくるようなお得感満載のメニュー
037.JPG


★こちらはメインの『野咲ランチ』500円
いまどきこんなボリュームで500円、サラリーマンや学生などに大人気なのがよくわかります。
038.JPG

★スペシャルランチ690円
こちらは超豪華な洋食のオールスターであるスペシャルランチ。いまどきスペシャルというのは
死語かもしれませんが・
・・・・いいんです、このお店なら・・・・。
039.JPG

★お店の中は満席
カウンターに8名くらいと、4人掛けの席が4テーブル。そして奥の小上がりに8名くらい座れます
が、我々が行ったときは満席、約5分くらいで空きましたが・・・さすがに大人気店です。
040.JPG


★スペシャルランチ690円
これは一緒に行った仲間のオーダー。見た目にも食欲のわきそうな
おかずと、画面ではお伝えできない美味しい匂いがたまりません。
044.JPG


★おかずのアップ
おかずは、チキンカツ・海老と白身魚のフリッター(洋風天ぷら)&ポークピカタ(豚肉の卵の
衣揚げ
。それぞれに異なったソースがかかり、見た目にも食欲をそそります。
045.JPG


★私のチョイス『盛り合わせランチ』820円
おかずの内容:甘辛く炒められた牛肉・白身魚のフライ・チキンのから揚げ・・・・このボリューム
で820円とは納得です。
046.JPG


★おかずのアップ
松山の繁盛店の特徴・・・・味付けが全体的に甘く、おかずにもしっかりと下味をつけた個性に
忘れられなく癖になるお味なのです。また、ここのから揚げは下味のついた竜田揚げ風なのです
が、これが実に美味しいのです。から揚げだけでも松山市内で3本の指に入る美味しさですよ。
047.JPG


★メニューその1
全体的に500円から最高でも820円、ステーキなどもありますがあまりオーダーする人は見かけ
ません。しかし、サイコロステーキが900円、そしてこの店最高のお値段であるビーフステー
キ2,500円にも1度チャレンジしてもいい気がします。次回は、夜にでも行ってビールやワイン
を飲みながら食べてみようかなぁ。またまた、カツスパやバーグスパも美味しくて、この時期に
はカキフライもホッコリして美味ですから・・・・。
041.JPG


★メニュー1品料理
すべてが500円以下というお求め安いものです。さすがにビフカツは1,200円ですがそれも
良しとしましょう。
042.JPG


★この店のメイン:ランチ各種
ランチといえばランチ時の時間限定が普通ですが、朝11時の開店から最終夜の9時までランチ
をいただけるのです。しかし、このランチどれを食べても美味しくてGOODです。
043.JPG

【「洋食の店」レストラン野咲のあとがき】
今どき、どの町にでもこんな洋食の店はあるでしょうが、後継者の問題などで閉店する店も
多いようです。我々熟年世代にとってはこんな希少価値のある洋食の店はどんな事があって
も残していただきたい貴重なお店なのです。まぁここ野咲さんは後継者も出来て、息子さん
がフライパンをふってますので大丈夫みたいです。
がんばれ!!レストラン野咲
| 洋食の店 | 08:48 | comments(9) | trackbacks(0) | -
レストラン野咲
私が思い浮かべる限り・・・現在営業を続けている松山市内の洋食の店
この中で1番だと思ってる店が『レストラン野咲』さんなのです。

【お店の都合でテークアウトが取りやめに】
この店の通い続けて(というのか大半が「お持ち帰り」ですが)もうすでに20年以上は経過してるほど
のファンなのです。しかし、最近このテークアウト(お持ち帰り)はお店の都合で取りやめとなり残念に
思っておりました。

このお店、市内の中心部にありたかだかランチをいただくのに駐車料金を支払ってというのが腑に落ちず
少し疎遠になっていましたが、やはり洋食が大好きな私の禁断症状が出たのでゴルフの後に伺いました。



レストラン野咲・・・・洋食の店
■住所:松山市千舟町3丁目2-13(千舟町通り沿い)
■電話:089-946-0642
■営業時間:11:00-21:00 ■定休日:火曜日
■定員:30名 ■駐車場:なし
■お奨めのランチ
「野咲ランチ480円」・・・トンカツ・クリームコロッケ
「特製ランチ530円」・・・ハンバーグ・エビフライ
「盛り合わせランチ780円・・・焼肉・から揚げ・魚フライ
「から揚げ単品:400円」・・・・これもお奨め



★晴天の千舟町通り
こんな街中のオフィス街にあります。この日は日曜日、周辺のサラリ
ーマンたちはいませんでしたが、この店を愛するファンがたくさん集
まっていました。
006.JPG


★お店の前のショーウインドー
常連の私ですから、ふだんは見かけることは少ないのですが、たまに立ち寄ってよくよく見れば
なぜか新鮮なメニューがずらり・・・・さて、何をいただきましょうか。
007.JPG


★食品サンプル
こんなサンプルを飾る店も少なくはなってきましたが、一目瞭然分かりやすくて親切です。
009.JPG


★1品メニュー
どれを見ても1コインでいただけるようなお値段、人気が高いのも分かります。
011.JPG


★カウンターあたり
昔からこのお店はオープンキッチン、調理するのを見るのはいいのですが、店内には煙も充満し
て多少咳き込むのはやむを得ません。
012.JPG


★昔ながらの調味料セット
やはり洋食屋さんにはこれが無くては・・・。
013.JPG



この日オーダーしたのは『スペシャルランチ』660円
1番のお奨めはこの店の名前がついた「野沙ランチ」なのですが、今日はちょっと贅沢をして
660円のスペシャルランチをいただきます。


★スペシャルランチ
おかずは、チキンカツ・ポークピカタ(豚の卵包み焼き)・エビ.魚のフリッター(洋風天ぷら)
これを見ただけで美味しい店というのがお分かりでしょうね。
015.JPG


★ご飯
当然洋風ですから、ご飯はお皿に盛って出てきます。
014.JPG


★取り合わせに「キャベツの千切り・きゅうり・マカロニ塩茹で」
いまどき・・・・マカロニ塩茹でなんてのはあまりお目にかかれません。しかし、これが箸休め
には良い仕事をしてるんです。
017.JPG


★美味しいデミグラスソース
チキンカツにかけられたデミグラスソースは本格的な自家製のもの。そして、エビ&魚の
フリッターにはお店オリジナルのデミグラスソースが・・・どちらもサクッと揚がった脂ものに
マッチして美味しく食べすすめるのです。
018.JPG

【レストラン野咲】
昔ながらの洋食屋・・・・・・こんな店も少なくなってます。お客さんの嗜好の変化や時代の流れや
後継者不足など、良い店が閉店してる現実の中まだまだ頑張ってます。最近は、若いコックさん
が入って(多分後継者かと)これからも頑張ってくれそうです。
がんばれ!!レストラン野咲
 
| 洋食の店 | 10:26 | comments(4) | trackbacks(0) | -
レストラン野咲「スペシャルランチ」
 ”レストラン野咲”・・・・・松山市内では、古くから愛されている洋食のお店の代表格のお店です。
最近では、イタリアンとかフレンチなどといって、その国ごとのお料理をお店の代名詞に使用しているお店も多い中・・・・『洋食』という昔ながらのジャンルがこれほど似合うお店は他には無いのではないでしょうか?

そんな「レストラン野咲」なのですが、このお店の”から揚げ”について一言申し上げます。
皆さんの大好きな”鶏のから揚げ”を扱っているお店は、松山市内にも数多くの中華料理店やから揚げ専門店などがありますが、この野咲のから揚げはこれらの専門店なども含めて「松山市内では3本の指に入るほど美味しい」と私の以前のブログ上でご紹介いたしました。

今回は、その美味しいから揚げと比較のしようはないのですが、今日はこの店の「スペシャルランチ」をご紹介いたしましょう。「ランチ」といっても、この日はうちの奥さんが夜に友人たちと女子会(オバチャン会?)に参加するためにお店に行って晩ごはんをテイクアウトして”家ご飯”としていただきました。



【レストラン野咲】
■住所:松山市千舟町3-2-13(宝くじ販売で有名な竹村タバコ店から東へ20m)
■電話:089-946-0642
■営業時間:11:00〜21:00  ■定休日:火曜日


■代表的なメニュ−
〇野咲ランチ480円・・・・トンカツ・コロッケ・ハム
〇から揚げランチ600円・・・・竜田揚げ風なから揚げがたっぷり
〇スペシャルランチ660円・・・・本日紹介いたします。
〇盛り合わせランチ:780円・・・・・たっぷりの焼肉・から揚げ・魚のフライ



★「スペシャルランチ660円」
これが持ち帰り用の「スペシャルランチ」です。
開店する午前11時から夜の9時まで・・・ランチとして通用するのですから・・・・ありがたいのです。

※この日は、ご飯は自宅にあるので代用しましたのでライスは付いておりません。ライスなしでも料金は同じで、通常はこの容器の中にご飯を敷き詰めて一緒にあふれるほどの中身が満載です。
(私の場合、ご飯とおかずがごっちゃごちゃにされるのは好きじゃないので、ご飯とおかずを別の容器にとオ−ダ−するのですが、別の容器をお願いする場合は追加料金30円が余分に必要です)






そして、このスペシャルランチのおかずの数々を1つずつ分析してご紹介いたしましょう。




★チキンカツ
小ぶりですが柔らかい鶏肉のチキンカツ、お店特製のデミグラスソ−スがとても旨くて、見た目よりもさっぱりとしたお味です。



★ポ−クピカタ
ピカタ・・・・これはね、たまごの白身の衣をスライスした豚肉にからめて油でカラッと揚げたもの。口当たりがさくっとして美味しいのです。





続きまして・・・・・フリッタ−2種。
フリッタ−とは、天婦羅のようでてんぷらではない・・・メリケン粉をまぶした洋風の揚げ物。




★海老のフリッター
フンワリと揚げられた海老の衣が柔らかくて・・・・ふわふわした不思議な口当たり。



★白身魚のフリッタ−
これは、ヨ−ロッパなどを代表する「フィシュ&チップス」のような白身魚のフリッタ−・・・。
一見てんぷらのようですが、お店の方がフリッタ−というのでフリッタ−なのでしょう。この身にかかっているお店自家製のマヨネ−ズが、天婦羅ではなくフリッタ−としてその味わいを直一層深めているようです。



★すべてのメニューに付いている「マカロニ」
別段これという味付けはないのですが、この”茹でただけのマカロニ”が野咲の野咲らしい味を主張しているようです。



★盛り付け
写真を撮影し、再度スペシャルランチの全部をお皿に盛りつけいたしました。
やはり食事を美味しくいただくには”ビジュアル”も非常に大切な要素ですから・・・美味しそうに盛り付けする事も大切ですよね。



★完成型
さぁ少し料理も冷えましたが・・・・これを見ながら”2012年セリ−グチャンピオン”となった巨人とヤクルトとの1戦を観戦したのです。巨人軍、優勝おめでとうございました。
| 洋食の店 | 08:07 | comments(2) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ