CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
ダイニング博多屋「モツ鍋・にわか焼き」

冬の寒い季節・・・・・・・・・・やはり暖かいものが欲しくなりますよね。

 

ということで、松山でも老舗のモツ鍋屋さん『博多屋本店』さんへお邪魔しようと電話をすると

いくらかけても出られません。もしかして定休日?以前は定休日はなかったような気がして改め

て博多屋さんの本店から200mくらいしか離れていない支店の「ダイニング博多屋」へ電話をし、

月曜日は本店が休みというのを聞いて、急遽ここへ予約を入れて出かけてきました。

 

 

【ダイニング博多屋】・・・・モツ鍋・にわか焼き

■住所:松山市1番町1-11-6(チャイクロビル1F)

■電話:089-935-5558

■営業時間:(月−土)11:30-14:00、17:30-23:30、日曜日:17:30-22:00

■定休日:なし

 

 

 

★酢モツ

これは、一見すれば鳥皮のようですが「酢モツ」といいます。どう調理してるのかはわかりませんが

しょうゆ味で下地をつけて完成したものに刻んだネギをかけていただきますが、これが実にビールに

バッチリ合うのです。スターターにはぜひこれをいただいてください。

024.JPG

 

 

★キムチ

見た目は辛そうなキムチですが、酸っぱすぎず辛すぎず・・・いい塩梅というのはこのこと。こんな美味

しいキムチにもなかなか出会えないくらいの美味しいキムチでした。

022.JPG

 

 

★テーブルの上にある「唐辛子」2種

1つはもつ鍋用・もう1つにはにわか用と書かれてあります。

021.JPG

 

 

★ズームーイン:もつ鍋用

こちらは唐辛子そのまんまの粒々の唐辛子、辛そうです。

031.JPG

 

★唐辛子:にわか用

こちらは、細かくパウダー状になった唐辛子

032.JPG

 

 

★名物その1:「にわか焼き」1,250円

生ホルモンを鉄板の上で焼き、味噌仕立てのタレを絡めて一緒にフライパンの上で焼いていきます。

鉄板の上で味噌の焦げたのが実に美味で、ハーフー言いながら食べすすめていきますが、あっという

間にフライパンの上から無くなります。※こちらは博多屋さんの名物その1です。ネギの上に乗って

るレモンを絞りかけて煮詰めていきます。

037.JPG

 

 

★にわか焼きの由来

解説を見れば「雨が降ってすぐにあがる」のを「にわか雨」といいます。そのにわか雨のようにさっ

とお客さんに提供できるメニューが『にわか焼き』の名前の由来だそうです。

036.JPG

 

 

★にわか焼き:完成形

これがコンロで約3分ほど経過した食べごろの「にわか焼き」なのです。ネギを絡めてホルモンを食

しますが、下味の味噌出汁の恩恵で食欲増進、お酒も進むこと間違いなし・・・・・。

039.JPG

 

 

★にわか焼き:鳥ミックス(親鳥と若鶏のハーフ・ハーフ)950円

こちらは少し味わいが異なります。にわか焼きのベースの味噌ダレに鶏肉の親子(親鳥・若鶏)を

焼きすすめていきます。通常のにわか焼きよりも少々あっさりしてまして、ホルモン嫌いの方にも

安心です。

043.JPG

 

 

★ふわふわ卵焼き:290円

美味しそうなふわふわの卵焼き、290円とは良心的ですね。

045.JPG

 

 

★地鶏の甘酢かけ

柔らかい唐揚げに甘酢たっぷりなマヨネーズソースを絡めたもの、ちょっとスパーシーさがいいです

042.JPG

 

 

博多の名物その2:モツ鍋:スペシャル1.5人前の2人前(1,620円×2)

これは、通常のモツ鍋に豆腐やごぼうなどを入れたスペシャルです。大量のキャベツやニラが入り

グツグツとガスコンロで暖めていきます。

044.JPG

 

 

★途中経過

そろそろ完成間近

046.JPG

 

 

完成しました。

048.JPG

 

 

★最後の〆

残った出汁の中に麺を投入、やはり最後はチャンポン麺をいただきましょうね。

050.JPG

 

 

沸きはじめて・・・・そろそろ

052.JPG

 

 

★完成です。

通常のラーメンよりも1回り大きくストレートなチャンポン麺、こちらは本場の博多から空輸して

提供されてます。

053.JPG

 

 

美味そう

やはり最後はこれを食べて・・・満足満足。

054.JPG

 

 

 

 

 

 

| 美味しい居酒屋さん | 08:36 | comments(4) | trackbacks(0) | -
和酔食菜ken

さて、秋本番の久万高原町の帰り・・・この日は仲間とゴルフのあとの打ち上げの飲み会です。

まぁ打ち上げといっても4人ですから、表彰式をするのでもなくゴルフ場でお風呂で汗を流して

久万高原町から下山(といっても車で)して、約20分松山市の手前の砥部町の居酒屋を訪問します。

 

この店を訪ねるのは、私の友人ブロガーいけちゃんの記事を読んだからであり、その記事はランチ

限定の中華そばネタでしたが、夜も居酒屋さんとしてなかなかいけるというので、食べログのサイトを

見て予約したのです。その名も「和酔食菜ken」さんです。

 

ご覧下さい。

 

 

【和酔食菜ken】・・・・居酒屋・中華そば(お昼限定)

■住所:伊予郡砥部町千足74(R33線沿い)砥部町の交番前

■電話:089-962-3377

■営業時間:11:30-13:30、17:30-23:00 ■定休日:月

■駐車場:3台 

 

 

 

☆お店の外観

駐車場は3台分可能です。場所は、砥部町の役場から少し東よりの砥部中学校の近くです。

139.JPG

 

 

☆前面道路:国道33号線

やはり国道ですから交通量はそこそこ、しかし夜ともなるとまばらな交通量です。四国に高速道路

が開通する前はこの国道33号線は松山からは唯一の高知への道路でかなりにぎわったのです。

140.JPG

 

 

☆玄関周り

ここ砥部町は砥部焼きのメッカでして、お店の看板も砥部焼きで出来たもの・・・オシャレ

141.JPG

 

 

☆お店の内部

奥の座敷から撮影したもの。キャパは20名程度は入れそうです。

146.JPG

 

 

☆こ上がり

掘りごたつ方式のこ上がり、ここでは10人くらいが盛り上がれそう。

145.JPG

 

 

☆ビールで乾杯

159.JPG

 


☆前菜:白菜の塩コンブ漬け

あっさりとした前菜、最初はこんなのからスタートです。
162.JPG

 

 

☆ぶりダイコン

これは「お通し」の品、甘辛い味付けが嬉しいのです。

163.JPG

 

 

☆お刺身盛り合わせ

サワラやサーモン、〆サバなど

165.JPG

 

 

☆お刺身

甘エビ・鯛など

166.JPG

 

 

☆ミノの唐揚げ

ホルモンのミノをから揚げしたもの、思ったよりも柔らかくてマイウ・・です。

167.JPG

 

 

☆鳥皮の唐揚げ

やはりビールにはこんなのが最高

169.JPG

 

 

☆塩バターポテト

これを食べれば大好きな北海道を思い出しますよね。

173.JPG

 

 

☆スルメのから揚げ

思ったよりも深いお味、酒が進みますから・・・。

176.JPG

 

 

☆もやしホルモン

こんなのも居酒屋メニューでは必須ですね。

178.JPG

 

☆〆のソース焼きそば

これを嫌いなんていう人にいまだかつてお目にかかったことはないのです。

 

179.JPG

 

☆センマイのネギ炒め

まだまだきます。

182.JPG

【仲間との楽しい1日】

朝からゴルフを楽しみ、昼からゴルフ場でビールを飲み・・その後お風呂で汗を流し、その流れで

ちょっと1杯という”お楽しみの1日”でした。この日はスポーツクラブやゴルフ練習場の知人との

4人の飲み会。年齢も私が1番年下であとの3人は3歳上の同級生たち、互いを呼び合うのも苗字で

はなく名前を呼び合うのも仲の良い印、普段見る皆さんとはまた違ったリラックスした日でした。

また呑まなくてはと誓ったこの日でした・・・・ゴルフもね。

 

| 美味しい居酒屋さん | 08:59 | comments(6) | trackbacks(0) | -
やな助

我が家の近所にある人気居酒屋さんの『やな助』さんにうかがいました。

 

ご覧下さい。

 

 

やな助】・・・・海鮮系の居酒屋

■住所:松山市久万の台314-1(松山卸売市場の近く、茜屋コーヒーの対面)

■電話:089-923-5770

■営業時間:17:00-24:00 ■駐車場:4台

 

 

☆お店の外観

決して真新しい外観ではありませんが、店内はいつもきれいにされていて気持ちのいいお店

006.JPG

 

 

☆「安くてうまい!」実にそうです。

この布製の看板には味があります。

007.JPG

 

 

☆この日のメニュー

魚料理が多いので日替わりでメニューを作ってます。

011.JPG

 

 

☆この日のお刺身

さんま・つぶ貝・・・主に北海道産のお刺身、新鮮なものが四国でも食べられるのは流通が充実

したおかげ

001.JPG

 

 

☆ホッケの開き

大ぶりなホッケ、これで半身なのですがこの日は4人で平らげました。

006.JPG

 

 

☆宇和島じゃこてん

素材をストックしていてお店で揚げます。揚げたてのじゃこてんは最高です。

017.JPG

 

 

イカゲソのテンプラ

イカはテンプラにすると足の部分のゲソが美味しいです。カラッと揚がったゲソを天つゆで

いただきますが、これに浸すと思ったよりも上品な味。

028.JPG

 

 

☆アップ

野菜のテンプラも一緒に入ってます。

026.JPG

 

 

☆ホルモンのモヤシ炒め

1度油で揚げたホルモンともやしとのコラボ、味噌ベースの下味が箸が止まらなくなるのです。

022.JPG

 

 

☆チキン南蛮ソース

鶏の甘辛いソースとタルタルとの遭遇、お酒が進みます。

008.JPG

 

 

定番のせせりの塩焼き

こちらも絶品な焼き上がり、塩加減がたまりません。

026.JPG

 

 

☆レバニラ炒め

下味の具合が抜群、夏場なんかには食欲がないときにはこれをいただくと元気回復。

009.JPG

 

 

☆〆の雑炊

この日はニラ雑炊400円、これで3人分くらいのボリューム。

071.JPG

 

 

☆ニラたっぷり

最後にこんなおとなしいものをいただき終了。あ〜ぁ喰った・呑んだ。

015.JPG

 

| 美味しい居酒屋さん | 08:08 | comments(4) | trackbacks(0) | -
清香園
『清香園』へ行きました。

なんでも「豚足」が美味しいとか・・・・・松山ではあまり豚足を提供する店が少なく、この店
のおなじみの同じスポーツクラブで汗を流してる仲間といってきました。
お店の前は今までにもかなり通りましたが、なかなかお店がディープなので入る勇気
もなく好奇心だけはあったのでこの店が常連だという仲間にお供したのでした。
ご覧下さい。


【清香園】・・韓国料理・豚料理・中華そば
■住所:松山市三番町2丁目5-12
■電話:089-945-7611
■営業時間:16:00-22:00 定休日:日曜日


★土筆も満開
家の周辺にも土筆が見れるようになりました。”春到来”ですよね。

001.JPG


★清香園さんの外観
かなりのディープさのある外観、こんな店は人を寄せ付けぬ魅力はありますが、最初に暖簾
をくぐった人は偉い・すごい・尊敬します。
※なまこや焼肉のセンマイを最初に食べた人並みに偉い?・・・と思っちゃいますよね。
006.JPG


★市内の飲み屋街の裏通りの1画です。
松山市のメインの飲み屋街である3番町通りを1本南に入った路地の角にあります。
008.JPG

★お店の内部
カウンターにテーブル席が10席程度。お店はご主人が1人で切り盛りしてますから、
これくらいのスペースが限界でしょうね。最初はこの3微分の1くらいのお店を借りて
してましたが、創業43年経った現在はお店も広さが3倍になり、借りてたお店も現在
は買い取って悠々自適だそうです。見かけにはよらない繁盛店だったんですね。
032.JPG


★メニュー
手作りのメニューがずらり、お客さんの好みやお店の都合で増えたり減ったりするそう
です。
014.JPG

★焼き物メニュー
豚や牛・鳥もあり、ホルモン系の焼き物も充実。
015.JPG

★冬場限定
「みんちどうふ」「やさいなべ」あえてひらがなのほうが味があって親しみやすい
ものです。
016.JPG


★豚足(蒸し)
最初に提供されたのがこの豚足。まず食べてみてというスタートの1品。私は見た目も抵抗がなく、
コラーゲンたっぷりの豚足は好きなのです。
018.JPG


★にんにく醤油
最初はそのまんま、次に塩を振りかけていただき、最後にこのにんにく醤油をか
けていただきましたが、どれも味に変化がついて美味しくいただきました。
019.JPG


★豚足(焼き)
見た感じ香ばしそうですが、思ったよりはコラーゲンの部分がもっちりして好みによるでしょうが
、私の場合は蒸しのほうが見た目とは逆にあっさりといただけたような気がしました。
020.JPG


★ホルモン煮込み
さまざまな具材が入ったホルモンの煮込み。これは酒飲みには絶対に好きいった1品。七味唐辛子
たっぷり振り掛ければなお一層美味しくいただけますね。
022.JPG


★JINROをキープ
この店では韓国焼酎の「JINRO」が主流です。
025.JPG


★豚のあご焼き
”季節限定”とかかれてあったこの1品。写真ではチャーシューのようですが味付けはほとんどなく
塩を振りかけていただきましたが、なかなかの珍味でしたね。私は好きです・・・。
027.JPG


★こぶくろ
松山ではあまりお目にかかれないこぶくろ、こちらは豚のものですが食感がコリッとしてたっぷ
り食べすすめれました。味付けも醤油ベースでお酒にはよくあう酒の肴です。
029.JPG


★みんちどおふ
ミンチ豆腐と書いたほうがわかりやすいのですが、あえて「みんちどうふ」なのです。
ミンチが入ってる関係で旨みの出汁がよく効いてあったかいものが欲しいこんな日には重宝する
1品でした。
030.JPG


★旨みたっぷり
このスープは酒にはよくあうようで、この日頼んだ韓国焼酎のJINROにもバッチリでした。
031.JPG



 
| 美味しい居酒屋さん | 09:06 | comments(6) | trackbacks(0) | -
元祖もつ鍋「博多屋本店」
『博多屋』さんでもつ鍋をテークアウトしました。

この店『博多屋』さんへはもう30年近く通ってまして、お店で宴会することも多いのではありますが、
我が家でみんなで鍋を囲みたいというときにはこの店で手軽にテークアウトするのです。

それではご覧下さい。



元祖もつ鍋・博多屋本店・・・・もつ鍋・その他居酒屋料理
■住所:松山市1番町1丁目2-3
■電話:089+-947-7277
■営業時間:17:00-24:00 ※電話予約は3時頃からOKです。
ホームページ:http://www.gm-hakataya.com/



★もつ鍋のもつ
見た目にも美しいもつ・・・・一般の方は見ただけではわからないでしょうが、私にはその美味しさが
よくわかるのです。
040.JPG


★スープ
スープというのか出汁というのか・・・このスープなしには博多屋のモツ鍋を語れません。これさえ
あれば、煮込みやラーメンなどが名人級で調理できますので”万能のだし”なのです。
041.JPG


★酢モツの材料
材料といっても、出来上がった酢モツに刻んだネギを振り掛けるだけ。
042.JPG


★にんにくと七味唐辛子
これももつ鍋には欠かせない材料です。
043.JPG


★開封””モツ登場
良質の脂分を身にまとったもつたち、1口にモツといっても「ホルモン」やハツ・センマイやミノ
なども入ってるのです。
045.JPG


★麺を3袋
こちらも博多から取り寄せられた中華風のちゃんぽん麺、これをケチってインスタントラーメンの
麺などを入れたりするとその麺の差にがっかりするのです。
039.JPG


★酢モツ:完成形
酢モツといってもあんまり酸っぱいわけではなく、むしろしょうゆ味がついた酒の肴ですね。
047.JPG

★もつ鍋・完成
出汁を暖めて、もつを煮込みその上に豆腐やキャベツ・ニラも投入して一気に完成です。
052.JPG


★アップ
どうです・・・・美味そうでしょう?ホルモンのプリプリ感がこの写真でもお分かりですよね。
054.JPG


★麺を投入
全員でもつ鍋を堪能した後は・・・ちゃんぽん麺を投入して〆のラーメンです。
058.JPG


★太目のチャンポン麺
ラーメンよりはかなり太いチャンポン麺、この麺にもつ鍋のスープがよく染み込んで、食べた全
員が笑顔になります。
062.JPG

★我が家自家製の「から揚げ竜田揚げ」
我が家の奥さんの手料理もずいぶん成長しました。やはり食道楽の旦那がいればその期待の
大きさに料理の腕も上がろうというもんです。※もつ鍋だけではというのでもう1品でした。
051.JPG

【博多屋さんのもつ鍋】
冬場にはこのモツ鍋暖まりますが、夏場にも体力回復には最高なのです。
クーラーの効いた部屋でにんにく・唐辛子の効いた暖かいもつ鍋をいただくと夏バテも吹っ飛び
風邪なんかも回復します。ただし、翌日はにんにくの食べすぎによる口臭にご注意くださいね。
 
| 美味しい居酒屋さん | 10:27 | comments(6) | trackbacks(0) | -
美ゆき◆困里舛磴鵑櫃
『美ゆき』の2話目です。

さまざまな鉄板料理をいただき、たっぷり呑んだあとそろそろこの店の名物料理をいただきます。
その名もちゃんぽん・・・・・ちゃんぽんといえば皆さん「長崎ちゃんぽん」などのような
中華麺+野菜炒めのようなものを想像されるでしょうが、ここ美ゆきのちゃんぽんとはいったい?

この日も、〆の炭水化物「焼きそば+焼き飯+お好み焼き+ちゃんぽん」をいた
だきました。これって美ゆきさんの〆の完全制覇・・・・そのすべてをご覧下さい。



★焼きそば
この店の焼き焼きそばにはモヤシがたくさんはいってるのが特徴です。モヤシを入れることにより
非常にさっぱりとした焼きそばになります。今までにたくさん通った中でこの店での焼きそばは初
めての経験でしたが、焼き飯やちゃんぽんなどよりも確実に軽い感覚です。
さっぱりといただきたい方には・・・・案外「焼きそば」がお奨めかも。
013.JPG


★焼きそば
なかなかのボリュームです。今回は4人で行きましたが、みんなで公平に分配します。1人で1皿
食べきるのは呑んだ後には大変なのですが、何人かでシェアすればどんどん食べ進められます。
014.JPG


★お好み焼き:モダン焼き
この店のお好み焼きは「関西風」です。久々に関西風のお好み焼きをいただきましたが、これも
なかなか良いんですよね。やはり俺って・・・最後の晩餐は「お好み焼き」なのです。
017.JPG


★お好み焼き断面図
かなり分厚いお好み焼き、この日はモダン焼きをいただきました。通常の関西風のモダン焼き
とは「豚玉のそば入りの台付」なのですが、ここ美ゆきでは「豚玉」のみがモダン焼きだそう
で・・・しかし、この厚みボリューム満点です。そして、この店のお好み焼きのソースは辛め
で関西風な泥ソースのようなのも特徴。
072.JPG


★そして真打登場・・・「焼き飯&ちゃんぽん
左側が焼き飯1人前と右側がちゃんぽんの大盛り1.5人前です。焼き飯は通常のお店程度のボリュームですが、
ちゃんぽんのほうは通常サイズでも焼き飯の2倍程度もあるかなりのでかさなのです。
021.JPG


★ちゃんぽんのアップ
どうです、この山盛りのちゃんぽんは・・・・。
美ゆきのちゃんぽんとは、ヤキソバと焼き飯とのちゃんぽんなのです
022.JPG


★焼き飯のアップ
焼き飯には刻んだキャベツが入ってます。
024.JPG


★ちゃんぽんのアップ
ちゃんぽんには、ご飯とヤキソバの麺、それから野菜はキャベツにモヤシが入ってますし、
具にはこの日の朝に瀬戸内海で獲れた新鮮な海老に豚バラ肉が入ってます。1人前でも量は
他の店の焼き飯などの倍は確実にありますから、普通の方なら2人でちょうどいいくらいです。
078.JPG


★手描きのメニュー
この日の日替わりメニュー、まぁ日替わりといってもさほどの変化はないのですが、いろ
いろいただくにはこれをチェック。
085.JPG


★メニュー:定番1品料理
1番安い焼豆腐367円や最高の金額スタミナ焼1134円までありますが、いずれ
全部制覇したいものです。
040.JPG


★ステーキメニュー
過去にもステーキは2度ほど食べましたが、最近はハンバーグやタンステーキ
が多いようです。5千円近いものを単品で食べるよりも、たくさんの種類の1品
料理をみんなでワイワイいいながらいただくのがいいようです。俺ってやはり
貧乏性なんかねぇ。
037.JPG


★焼き飯・そばのメニュー
焼き飯630円から上ちゃんぽん1,417円までありますが、この店の1番人気は
ちゃんぽん1,050円ですね。
038.JPG


★関西風のお好み焼き
500円台がレギュラーですので、そんなに高くはないでしょう?
私がお好み焼きの値段で驚いたのは、大阪が本店のお好み焼き屋さんの「千房」
この店のお好み焼きをハワイのオアフ島のお店でいただきましたが、お好み焼き
1枚が2,000円以上?・・・・・いくらなんでもお好み焼きに2,000円以上はありえん
でしょう?
039.JPG


★焼酎水割り
ビールに飽きたら「焼酎」良いですね。
063.JPG


★今流行のハイボール
ハイボールも飲みやすさには大人気ですね。
067.JPG


おっと・・・・まだ紹介してなかったものがありました。
ごらんあそばせ・・・。


★豆腐ハンバーグ
中身に豆腐が入ってるもんだから、見た目よりもあっさりといただけたようです。
私は食べてませんが・・・・。
011.JPG


★豚玉キムチ
これは誰もが好きなメニューでしょう?キムチと豚バラを炒めて、最後に卵焼きを絡めたも
の、おかずにもいいし、酒のあてには最高ですよね。
012.JPG

【美ゆきのあとがき】
たまに無性に食べたくなるもの・・・・・皆さんもあるでしょうね。
私の現在のベスト3は・・・・美ゆきのちゃんぽん・つるおかのお好み焼き・レストラン野咲の
から揚げ定食・・・・ですね。まだまだありますが、やはりベスト3ですからこれくらいで・・。
その中でも、ここ美ゆきのちゃんぽんは癖になるお味、ついつい食べたくなるような魔性の
味がします。濃い目の味付けに月に1度は汗をかきに行くのを覚悟で食べたくなるのです。
皆さんもぜひ機会があれば食べてみてくださいね。
 
| 美味しい居酒屋さん | 09:26 | comments(6) | trackbacks(0) | -
美ゆき@鉄板料理
ちゃんぽんで有名な『美ゆき』へ行ってきました。

年末から年始にかけてのこの時期は何かと呑むことが多く(すきなんです)、忘年会・新年会
や仕事関連での人事異動などでの歓送迎会などさまざまな理由をつけて呑んでます。

そんなこんなで・・・・・『美ゆき』さん訪問です。


美ゆき・・・・・鉄板料理・お好み焼き・・ステーキ・ちゃんぽん
■住所:松山市三番町7丁目4-13(伊予鉄大手町200m)
■電話:089-941-3308
■営業時間:11:30-14:00、17:00-21:00 ■定休日:月
■駐車場:5台あり



★まずは生ビールで乾杯
ここ美ゆきは、松山市内でも珍しいサッポロビール専門のお店、
アサヒやキリンが多いのに希少なお店ですね。
049.JPG



★北欧サラダ(数の子のマヨネーズ和え)
お店の方に「何で北欧サラダっていうんですか?」って尋ねたら、「商品の梱包に北欧サラダ
って書いてあった」っていうシンプルなお答え・・・・そうですか・・・それでいいんです。
これは、1cm程度のサイコロ状にカットされた数の子にマヨネーズを絡めた1品、お酒の肴に
はとりあえずといった時には重宝しますよね。
001.JPG


★くわ焼き
くわ焼きの「くわ」とは、本来は豚バラ肉とネギをスコップ状の鉄板の上で炒めたのがこの
料理のルーツです。現在はステーキやお好み焼きを焼く鉄板の上で焼いてもこの名前が残って
いるのです。材料もシンプルで、誰でも自宅で同じように作れそうなのですがそうはいきませ
ん。ビールにはぴったりです。
002.JPG


★生だこの塩焼き
新鮮な瀬戸内海産の生のタコを鉄板の上で塩焼きします。吸盤部分は確かな歯ごたえがあり、
そのプリプリ感がたまりません。
003.JPG


★ホタテの貝柱焼き
小ぶりな帆立貝の貝柱です。お味のほうは甘みもありサイズも小ぶりで1口で食べれますが、
1口で食べたんではもったいないような気もします。
004.JPG


★いか焼き
野菜炒めに細かくきざまれたイカを一緒に炒めた「いかカ焼き」、キャベツとモヤシのシャキ
シャキ感がこちらもビールにはバッチリ。あっさりとした塩味ですから、イカの甘さも引き立
ちますね。
005.JPG


★タンステーキ
分厚いタンが塩コショウでじっくり炒められたシンプルな品。脂分も少なく、あっさりとい
ただくにはちょうどいいですね。やはり熟年ともなるとお肉も脂身よりも内臓系などのほう
がたくさん食べれます。
006.JPG


★エビニラギョウザ
中華風でもなく、かといって洋風でもないニラギョウザ。これもなかなかいい存在感です。
007.JPG


★カキベーコン
小ぶりなカキがベーコンに包まれた冬場のこの時期特有の品。こんがりと焼き上げられた
ベーコンの中にはジューシーなカキが旨みをたくさん含んでるのでたまりません。
009.JPG


★カキベーコンの断面
こんな風にカキが詰まってます。炒められたベーコンだけなら脂っこい
のですが、中に詰まったシンプルなカキがいいコンビネーションです。
010.JPG


★夜8時頃の店内
この日も、美味しい鉄板料理を求めてたくさんのお客さんが集結。
019.JPG

【美ゆきさん】
ネタがたくさんなので・・・・・次回へ続きます。
| 美味しい居酒屋さん | 08:33 | comments(6) | trackbacks(0) | -
寿浬庵新年会
『松山で現在1番予約が取りにくいお店
スポーツクラブの仲間たちとうかがった『寿浬庵』での新年会、1回では到底紹介
できなくこれが2回目です。やはりここ寿浬庵はすごいです。

ご覧下さい。


※ここから先は、空腹時には絶対見ないように紙注意してください。



★これで火曜日のPM9:00
ほぼ満席のこの日、何でこんなにいっぱいの人に人気があるんでしょうか?
その訳はいろいろありますが、美味しくて・安くて・スタッフの対応が良いのです。
つまり繁盛店なのですね。
042.JPG


★この日の2つ目の鍋
昨年末のブログ仲間での忘年会の際に特に美味しかった鍋をチョイスしてオーダーしました。
これは『スープカレー鍋』です。寒い時期には暖まるカレー風味の鍋なのですが、思った
よりもあっさりとしていくらでも食べれるのです。カレーを鍋として思いついた人はえらいと
思う私です。※この絵はまだ創作開始のものです。
010.JPG


★完成形
この日は日本全国に寒気団が押し寄せた日、暖かいものでホッコリしましょうね。
022.JPG


★愛媛名物のじゃこてん
さつま揚げほど有名じゃないけど、魚のすり身を揚げたのがじゃこてん。こんな風に揚がった
ばかりのものは抜群に美味いのです。フーファーいいながらいただいちゃいましょう。
酒の肴やご飯のおかずとして私は重宝してます。いろんなお店のがありますが、それぞれが
個性あってどちらも美味しいのです。
015.JPG


★箸休めの「ばら寿司」
「ばら寿司」さまざまな具材の入ったばら寿司はみんなに人気が高いのです。松山近郊のお
寿司は味付けは甘めで、これはまさにお袋の味ですね。こんな大皿に盛られてみんなでシェア
していただきます。
011.JPG


★ばら寿司のアップ
お酒の途中にいただいても・・・ほんわかとします。
013.JPG


★卵焼き
卵焼きというよりの「だし巻き卵」ですね。下味のついた卵が美しく焼かれています。
上にかかった大根おろしや刻みネギとの相性もバッチリです。
033.JPG


★ニラまんじゅう
途中で中華風なのが入ると、お口の中が変化します。私はお腹がいっぱいで食べませんで
したが、美味しいに違いはないでしょうね。もっと早くいただきたかった。
031.JPG


★おなじみの『せみ海老のフライ
お店の名物であるせみ海老のフライ・・・瀬戸内海から太平洋にかけた場所の磯でよくと
れるそうです。イセエビにも近い味がして、身はプリップリとして私は大好物です。
035.JPG


★カキフライ
季節感のあるカキフライ、フライの揚がり方もいいのですが、ウスターソースとお店特製
のタルタルソース・・・どちらでもOKなのです。
037.JPG


★カキフライの断面
この時期、ミネラル豊富な牡蠣をいただけば風邪なんかもひきにくいのです。
038.JPG


★カレースープ
最後にカレースープをいただいてお開き。この日はたくさんの種類のお酒もいただいちゃ
いました。
040.JPG


★とっくり
これは大ぶりな徳利のように見えますが、周囲のまるいのがカ
バー式になっていて、熱燗の保温するのだそうです。
041.JPG


★日本全国の冷酒も
お代わりをする度に「清酒リスト」から好みの酒をチョイスして
このように並々とグラスについでもらいます。
031.JPG


★日本全国のお酒が
ここ寿浬庵のもう1つの売り・・・・それは呑み放題で日本全国の
銘酒が飲めるということなんです。
これって通常はグラスで7〜800円はするような有名なお酒
ですよね。信じられません。
079.JPG


★濁り酒
口当たりの良い濁り酒・・・・こんなのを調子に乗ってたくさん呑むと
翌日は二日酔いで大変なことになるのです。
083.JPG


★赤ワイン
こんなものありますから、酒好きにはたまらんのです。
091.JPG

【寿浬庵さんのあとがき】
何度行っても大満足なこのお店、確かに「予約がとりにくい」のがよく理解できます。
毎回いろんな美味しいものをチョイスしてくれるお店のオーナーのとしさん・・・・
いつもありがとうございます。またちょくちょくうかがいますからね・・・。
食べることが大好き・日本中の美味しいお酒を飲みたい方、絶対にお奨めですから・・・。
| 美味しい居酒屋さん | 08:35 | comments(8) | trackbacks(0) | -
寿浬庵:新年会
松山で現在1番予約のとりにくいお店・・・・・『寿浬庵』で新年会です。

今回は、私の通ってるスポーツクラブの懇意にしている仲間たちの新年会。
前回は昨年の春にここでお花見会(室内だから花は見えませんでしたが)を開催して非常に好評
だったため、メンバーからのからのたっての要望で・・・・私が幹事役になり寿浬庵さんに伺いました。


その様子・・・・ご覧下さい。


【寿浬庵】・・・・・魚系・鳥系・肉系の居酒屋
■住所:松山市平和通6丁目9-6(伊予鉄電車古町駅徒歩2分)
■電話:089-926-6565
■営業時間:17:30-23:00
※予約は必須です。(週末は特にそうです)



★この日のメニュー
日替わりで書かれるこのメニュー表、魚系も豊富にメニューに記載され
てるので入荷したもの次第で毎日日替わりで書かれているんです。
004.JPG


★今日のおすすめ
1番高いものが650円という信じられないようなお値段、お店のオーナー
のとしさんのこだわりがこんなところに表れています。日本全国から集め
たさまざまな素材を、我々庶民に手の届く価格で提供していただいてます。
こんなのが繁盛店になる要素なんですよね。
005.JPG


★本日のフライ・ホルモン
魚系や肉系のフライや新鮮なホルモン料理がずらり・・・どれをいた
だいても満足できます。この時期なら、ふぐの白子や生牡蠣などが季
節間満載でいいですよね。
こんな高級素材も650円信じられない・アン・ビリーバブ!!
003.JPG


★まずは生ビールで乾杯
この日は「2時間呑み放題・食べ物はおまかせ」でお願いしました。
総勢17名でうかがい、会費は今回はマル秘なのですが、一般的な
庶民の会費程度でお願いしました。としさんありがとう・感謝
007.JPG


★鴨のカルパッチョ
薄くスライスしたカモ肉の表面を炙り、お店特製ドレッシングをかけた1品。あっという間に平ら
げてしまいました。これで4人分。
008.JPG


★おぼろ豆腐
豆腐というのか湯葉になりかけの1品、非常に上品でしたから、俗人のわたしにはちょっとあい
ませんでした。
009.JPG


★甘エビ
お腹に卵を抱えた甘エビ、新鮮ですからそのまんまでお醤油をた
らしていただきます。甘くて・・・マイウ。大きな姿、左のスマホ
と比べてもその大きさがお分かりでしょう。
お腹の中に抱えた卵も美味くて、2匹くらいはペロリッでした。
016.JPG


★野菜サラダ
彩の彩のいい野菜サラダ、ほかに食べるものがたくさんあったので、これについては半分
くらいは残ってしまったのです。
018.JPG


★はまちの刺身
これって特別アップ写真を載せてるのではなく1切れが通常の3倍くらい大きくて分厚い
のです。ですから、1人が1切れを食べれば十分満足できる”寿浬庵特製のカットの
でかさ”
だともいえます。
025.JPG


★きゅうりのにんにく味噌和え
こんなのはお箸休めにはいいでしょう?きゅうりの上に味噌を乗せていただくんですが
あっさりとして・・・・日本酒にあいます。
027.JPG


★ジュンサイ
ジュンサイのぬるぬる感がなんともいえません。珍味ですので、こちらも日本酒がよく
あいました。
028.JPG


そして、この日も2種類の鍋料理をお願いして提供していただきました。
やはり暖冬の四国でも、今年1番の寒波が到来した日ですから、この日はこの冬最初の
積雪日・・・例年よりも約1ヶ月遅かったんだとか・・・・。年末年始は暖かかった・・・。


★カモ肉
厚切りにカットされたカモ肉、カモは肉も美味しいのですが、この白い皮の部分から出る
だしが抜群に鍋の中へ旨みとなって拡がっていくのです。
017.JPG


★カモ肉&はまぐり
鍋の中にかも肉と共にハマグリが投入されます。鴨の旨み油&ハマグリの海のエキスが
合体し、鍋の中で競演するので驚くほどの旨みたっぷりのだしが満ち溢れます。
寒い日には、このスープだけでホッコリすること間違いなし。
※この写真は半分投入後のもの・・・すごい大出血サービスでした。
023.JPG

★カモといったらネギ?
三つ葉やネギ・・・他の野菜も鍋に投入されて、美味いだしを吸って全部一緒にいただい
ちゃいましょうね。
001.JPG


★そろそろ完成間近
全部投入され・・・しばし煮込めばそろそろ食べごろです。鍋の表面にはカモの脂が表面
を覆って・・・見るからに暖かくて美味そうです。
024.JPG


★ほんとにうまかったぁ『かも鍋』
カモ肉やハマグリ以外にも魚のミンチが入っており、こちらも鍋のだしの旨みを増大
してくれてました。
029.JPG

※すいません・・・・まだまだ『寿浬庵』の新年会・・・・次回へ続きます。
| 美味しい居酒屋さん | 13:47 | comments(6) | trackbacks(0) | -
傘組@松山
『傘組』へ行ってきました。
今回の初訪問は、昨年の年末にゴルフ仲間がホールインワンをしてそのお祝い。
松山でも現在最も元気のある居酒屋さんの『傘組』さんで行われました。

その様子ご覧下さい。


【傘組】・・・・居酒屋
■住所:松山市二番町3-7-18(三越の南側)
■電話:089-941-0252
■営業時間:17:30-24:00 定休日:なし
※私の後輩の仲間が経営するお店でした。この店のオーナーの小笠原さんはいろんなお店を
経営していて、これからも頑張って盛り上げてほしいです。
この日は金曜日、定員が60人だそうですが、さすがにこの日は超満員でした。




★お刺身3点盛り
大ぶりなタコ・瀬戸内海産の鯛・少し表面を炙ったサワラの3種盛り、最初の1品にはちょうど
いいバランスでした。
001.JPG


★大きく盛られたポテ・サラ
ポテトサラダを嫌いな人にまだあったことがないくらい・・・それくらい大人気のこの1品。
ビールが進みます。
002.JPG


★地鶏のもも焼き
こんがりと焼きあがった地鶏のもも肉、山椒の入った味噌をつければなお旨し。
007.JPG


★媛ポーク
愛媛県産の脂が美味しい豚肉の『媛ポーク』薄くスライスしてシャブシャブといただきます。
004.JPG


★ネギ&三つ葉と共に豚肉をシャブシャブ
通常はたくさんのネタが入るのがシャブシャブですが、逆にネタが少ない分、薄くスライス
した長ネギと三つ葉のシャリシャリ感が食欲を倍増させます。シンプル・イズ・ベストてか?
008.JPG


★サバの塩焼き
大ぶりのさばの塩焼き、これは多分ノルウェー産でしょうが、脂が乗っておいしいんです。
010.JPG


★炙られた表面
こんなカリッカリッに焼かれた皮の部分は見るからに美味しそう。これだけでもご飯は
どんぶり2杯は十分に食べれそうですね。
012.JPG


★冬の定番『カキフライ』
わが愛媛県は牡蠣の名産地の1つである広島県の対岸にありますから、新鮮で美味しい
牡蠣は冬に時期にはたくさん食べることが出来ます。海のエキスをたくさん含んだミネ
ラルいっぱいの新鮮な牡蠣・・・しあわせ!!
015.JPG


★ごぼうのから揚げ
カラッと揚がったごぼうに塩をまぶしただけの1品ですが、お口直しにはいいですね。
018.JPG


★〆の雑炊
この時期・・・・最後の〆には体が温まる雑炊が嬉しいですね。
021.JPG


★さっぱりとしたお味
最初の1杯はそのまんま、2杯目は少しポン酢をたらしたら味がしまってなおいけます。
029.JPG


★ホールインワンした主役のS君
今回でホールインワンが4回目という彼、20代には日本オープン
にも出場したほどの正真正銘のトップアマ。S君とのお付き合い
はもう40年近くなります。まだまだ頑張って!!
019.JPG


★そして怪人3人組
最近はこんな顔パックがあるようで、謎の中国曲技団のメンバー?3名、みんなでワイワイい
いながら夜が更けていきました。楽しかったぁ。
027.JPG





 
| 美味しい居酒屋さん | 08:30 | comments(8) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ