CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
2016北海道ゴルフ遠征:院崗昌海惶△襦

最終日のラウンドも無事終了、荷物をまとめてレンタカーに積みこみレンタカーも返却して

空港へ到着してから搭乗手続き・手荷物を預けます。

 

 

★バジェットレンタカー

今回は他の方が頼んだバジェットレンタカー、空港間の連絡やバスの小ささなど不便を感じたこと

が多々ありました。私の国内のレンタカーは「トヨタレンタカー」料金の割引やサービスの充実など

何かと便利です。

546.JPG

 

 

 

★空港内のラーメン

新千歳空港内3Fにある「北海道ラーメン道場」の中でラーメンをいただきました。

時間は午後2時半、3時の飛行機に間に合うよう急いでかき込みました。

549.JPG

 

 

★札幌の名店「けやき」さん

味噌ラーメンの専門店、ここ「けやきさん」は2度目の訪問です。

551.JPG

 

 

★煮たまご味噌ラーメン:980円

たかがラーメン1杯で1,000円とはやはり観光地価格だけにお高いです。通常なら1コインくらいが

妥当でしょうが仕方ないです。

555.JPG

 

 

★ちぢれ麺がもっちり

このちぢれた麺は具の野菜などを絡める効果もあるようで、一気に頬張れます。

今回の旅・・・北海道最初のグルメがラーメンで最後の〆もラーメン、まぁ満足したから良いか!!

558.JPG

 

 

★サテライトステージ

この広い空間ではさまざまなイベントを行って

るのが多いのですが、今回はなしでした。

560.JPG

 

 

約1時間半後羽田到着

561.JPG

 

 

外の暑い熱気を感じつつ四国へ向かい

567.JPG

 

 

曇天の松山近郊の瀬戸の島々がお出迎え

574.JPG

 

 

いかがでしたか、『2016親父たちの北海道ゴルフ合宿』これで終了です。

 

 

そして・・・・・・・・・・おまけ

今回の北海道旅で友人や親しい方・取引先に買って帰ったお土産の数々、その中でこの場で1部を

ご紹介いたします。今後の北海道旅の参考にしてください。

 

 

 

 

★白いブラックサンダー

若者に人気の白いブラックサンダー、これは北海道ならではの

もので、20代30台の若者にはかなりの人気です。

001.JPG

 

 

★うしサブレー

道東の浜中町のファームデザインズの作ったうしの形のサブレ。雑誌で見て気に入り、走り

回ってやっとゲットしました。

002.JPG

 

 

★サブレ・・・・オープン

1つの箱の中に6つのうしのサブレが入ってます。そして、驚くことに6頭の牛それぞれの模様

が異なってます。手作りの製品ですが、面白いものでした。

015.JPG

 

 

★カルビー:いも・まめ

あのポテトチップスのカルビーが北海道オリジナルで生産して

る商品。

005.JPG

 

 

★いも・まめの中身

フリーズドライされた枝豆が入ってます。ユニークで面白いです。

012.JPG

 

 

★カルビー製:「いも子とこぶ太郎」

こちらもカルビー製の北海道オリジナルなもの

006.JPG

 

 

★中身

中は、干した昆布が塩味でまぶしてある製品、こちらもユニークでなかなか・・・。

010.JPG

 

 

★いかすみさきいか

珍味としては私の好物

016.JPG

 

 

★さけっぴー:佐藤水産

こちらは、通常は捨てられる鮭の皮をさっと揚げてマヨネーズ味に

変化させたビールのお供には最適な酒の肴、皆さんには好評でした。

017.JPG

 

 

★いかすみ&サーモンソーセージ

珍品です、ネタには使えそうで・・・・味の報告は聞いてません。

018.JPG

 

【2016親父たちの北海道ゴルフ遠征&これから行く夫婦旅】

いかがでしたでしょうか、7月初旬に3泊4日で行ったゴルフ合宿、ゴルフも楽しみましたが、

やはりお気に入りはグルメだったのです。ラーメンにジンギスカン・豚丼やお寿司などなど

さまざまな北海道の味に触れて大満足な旅した。

 

そ・し・て・・・・・今週末の7月31日から8月4日まで4泊5日で十勝方面(帯広・釧路)やラベンダ

の美しい富良野・美瑛地区を巡って夏休みをしてきます。当分の間ブログはお休みしますが、

また帰って報告しますから・・・・・・・お楽しみにね、それじゃぁ・・・行ってきま〜す。

| 北海道のGOLF遠征 | 08:28 | comments(5) | trackbacks(0) | -
2016北海道ゴルフ遠征ジンギスカン十鉄

さて、明日の最終日を前に今回の遠征に参加したみんなは土産を購入し、3日目のディナーへ

すすきのにあるジンギスカンのお店へ向かいます。

 

お店の名前は『ジンギスカン十鉄』さんです。

 

 

【ジンギスカン十鉄】

■住所:札幌市中央区南7条西5(2F) 

■電話:011-551-1011

■営業時間:17:00-0:00 定休日:なし

 

 

 

★お店の外観

場所は、すすきののど真ん中。この建物の2階が十鉄さんです。

453.JPG

 

 

いい感じの入り口

454.JPG

 

 

★本格的な炭火焼です。

店に入ってセットされたのは本格的な七輪で、その中には真っ赤に焼けた炭がこうこうと・・・・。期待で

きそうです。

455.JPG

 

 

★まず最初に脂で表面をコーティング

鉄板に肉がこびりつかないように脂で表面をガードし、モヤシとタマネギをセットします。

457.JPG

 

 

★北海道クラシック

今回の遠征でも北海道名産の「北海道クラシック」お世話になりました。

458.JPG

 

 

★新鮮なラム肉

生後1年以内の子羊の肉がラム肉。主にニュージーランドやオーストラリア産が多いそうです。ラム肉は

親羊のマトンよりも羊独特の臭みもなく、このように厚く切って柔らかくいただけるのです。

463.JPG

 

 

★エゾシカ肉

ここ北海道ではよく食べられるエゾシカの肉、赤身で少し堅いです。シカ肉は、ジビエとも呼ばれる野性の

肉なので、本土ではあまりいただく機会はないのです。

464.JPG

 

 

★焼き・・・開始

円形のジンギスカン鍋、これで効率よく焼いていきます。あまり焼き過ぎないように、赤身がなくなったら

食べごろです。そして、周囲には野菜があってラム肉の脂を野菜が吸って、良い塩梅にいただきます。

465.JPG

 

 

★ラムロース肉

程度な脂身が美味いのです。

467.JPG

 

 

これも羊系のもの・・・説明は受けましたが忘れました。

469.JPG

 

 

★豚の塩ホルモン

北海道ではよくこの豚ホルモンが食べられます。牛肉のホルモンよりもいささかあっさり系。

471.JPG

 

 

★箸が交錯して

肉も野菜も・・・・肉や野菜の争奪戦、昼間のゴルフでおなかはぺこぺこ、お酒やビールが進むこと・・・・。

472.JPG

 

 

ラム肉・ホルモンもいい色に

473.JPG

 

 

自家製ソーセージ

ソーセージって子供が好きなんてイメージですが、親父たちも大好き。

477.JPG

 

 

★〆の『ネコまんま』

ご飯にかつお節をかけたネコまんま。タレをまわしかければなお美味し。私は絶対食べます。

482.JPG

 

 

スタッフさ〜ん

若い女性のスタッフ、黒がベースのユニフォームかっこいい!!

485.JPG

 

 

★この日は平日

サラリーマン中心ににぎわってます。

488.JPG

 

 

★フード・メニュー

1品が500円から800円、いくら食べて呑んでも安いものです。

四国ではあまりジンギスカンのお店はないのですが、ここ札幌では焼肉

といえばジンギスカンに人気が高いようです。

491.JPG

 

 

★夜も更けて

ホテルへ帰り、暗くなったJR札幌駅を見ながらお休みなさ〜い

495.JPG

 

 

 

 

 

| 北海道のGOLF遠征 | 08:26 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2016北海道ゴルフ遠征3日目

さて、3日目にプレーするコースは『北広島GC』です。

 

 

【北広島市の由来】

ちなみに「北広島」の地名の由来とは、ここ北海道へは日本全国から開拓民が集まりうっそうとした

北の大地を開墾して今に至ります。そして、この地北広島市は広島県出身の住民が多く集まって集落

を形成し、そして後にこの地が”北広島”と命名されたそうです。

ちなみに、ここ北広島は札幌市内から車で約30分、新千歳空港からでも車で30分の中間地点にあり、

この付近は”ゴルフ銀座”とも呼ばれ周辺にも数多くのコースが点在します。

 

 

 

 

★およそ40mの上空から見たゴルフ場

ここ北広島CCは、通常の2コース分の36ホールあり、その中心にホテルも併設されてあります。

この写真はそのホテル最上階から撮ったものです。ゴルフ場っていうものはきれいですね。

385.JPG

 

 

★クラブハウス

通常の2コース分ですからクラブハウスもでかいです。

391.JPG

 

 

緑や池にも囲まれて

393.JPG

 

 

★コースを見下ろす隣接のホテル

自然の中に12階建てのホテルが併設され、ゴルフ大好き人間ならここで長期間泊り込んでのゴルフ

合宿をしたいなんて思いますよね。

396.JPG

 

 

★別角度から

雄大な光景です。

404.JPG

 

 

また行きたいです。

405.JPG

 

 

午前8時半からのラウンドを終え、シャワーを浴びて昼食へ向かいます。

行くのは、昨年うかがって全員に好評だった”豚丼・手打ちそばの店『空海』さんです。

ここ北広島CCから車で約10分、おなかを空かせて向かいました。

 

 

【炭焼豚丼 空海】・・・・・手打ちそば・炭焼き豚丼

■住所:恵庭市島松寿町一丁目10-2:道道江別恵庭大通り沿い(JR島松駅300m)

■電話:0123-37-1230

■営業時間:11:00-14:30、17:00-20:00 ■定休日:火曜日

■駐車場:10台程度有

※お奨め:「空海セット1,100円」ロース豚丼とざるそばのセット

 

 

★外観

JR島松駅の近くの大きな道に面したお店、プレハブ系の建物です。

410.JPG

 

 

★内部

お客さんの総数は20名くらいは入れるでしょうね。しかし、少人数のスタッフによる手作りですか

ら注文してからしばし(約20〜30分)は待つことを覚悟しときましょう。しかし、待つだけの価値

があることを付け加えておきます。

416.JPG

 

 

★メニュー

豚丼・日本そばがこの店の売りです。お奨めの「空海セット1,100円」

はこの両方が一緒にいただける名品です。

419.JPG

 

 

★日本そば・・・670円

しっかりとしたこしがあり、おそばそのものの美味しさが引き立ちます。私自身は日本そば自体はあまり

好きではありませんでしたが、この店のそばは「非常にうまい」と感じたお店の1つです。

422.JPG

 

 

★私のチョイス・・・ブタバラ丼:555円

「空海セット」の豚丼はロース肉なのでして、私が好きなのは「ブタバラ肉」。この日は特別ブタバラを

希望してざるそばとのコンビネーションをエンジョイしました。バラ肉の独自の旨みの脂分を満喫、やは

り私はバラ肉のほうが好きなんだと改めて感じた次第です。

425.JPG

 

 

★JR島松駅

これまでは仲間達に同行しましたが、彼らはこの近くで土産物を購入するというので、私1人がここで

分かれて、JRで札幌駅まで先に帰ります。今回の旅での「目的買い」があり、その店へ向かいます。

427.JPG

 

 

札幌から新千歳空港までの中間地点

428.JPG

 

 

ローカルな駅「島松」

435.JPG

 

 

★JRさっぽろ駅

札幌駅へは島松から約20分で到着しました。やはり北海道の交通拠点ですから、人の数もすごいのです。

438.JPG

 

 

 

★お目当ての店「佐藤水産本店」

札幌駅前に君臨するこのお店、お目当ての品々を購入します。

444.JPG

 

 

★1夜干しや土産物

たくさんの鉱物が並んであり、家族や仲間へのお土産を購入しました。

447.JPG

 

 

★北海道どさんこプラザ

JR構内にあるこのお店、北海道各地のお土産が勢ぞろいしていて、その地へ行かなくてもこちらで

調達が可能なのです。買ったものはあとでご紹介します。

450.JPG

| 北海道のGOLF遠征 | 08:16 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2016北海道ゴルフ遠征3日目朝

さて『2016北海道ゴルフ遠征』も3日目に突入。

楽しい時間はあっという間に過ぎ去ります。あと2日、後半戦にはいります。

今朝も朝5時に起きて朝の散歩に出かけます。

 

 

 

★ラベンダーが満開

札幌の街中にもたくさんのラベンダーが咲いてます。四国にもラベンダーの花が咲くには咲きますが

こんなきれいな紫には気候の関係でお目にはかかれません。ある程度の寒暖差も必要ですね。

358.JPG

 

 

★薄曇の大通公園

現在の時間、午前5時45分。今日は雨の予想はないのですが曇りがち

で少々半ズボン・半そでシャツでは寒いです。

362.JPG

 

 

★この時期の大通公園

この季節にはたくさんの花々がいっせいに咲いて、われわれ観光客の眼を楽しませます。

364.JPG

 

 

★セイコーマート

北海道のコンビニといえば「ローソン」や「セブンイレブン」ではなくここ「セイコーマート」

なのです。このお店特有の北海道製品もたくさん並んでるので私は必ず立ち寄ります。

496.JPG

 

 

★室内のカフェ

この空間で朝の軽食・・・・言っときますが・・・・朝ごはんではなく軽食・・・・いただきます。

368.JPG

 

 

★コーヒー&ちくわパン

前から1度この北海道にしかない「ちくわパン」を食べたかったの・・・。念願のをいただきます。

369.JPG

 

 

★ちくわぱん:108円

以前に雑誌で見て北海道特産のこのちくわパンが食べたかったのです。

さぁいただいちゃいましょう。

370.JPG

 

 

★中をご紹介

ちくわパンとは・・・パンをくり抜いてちくわを挟み、そのちくわの穴にご丁寧にツナマヨネーズを

埋め込んだ名品です。単純明快・・・・こんなのが大好きなんです。

373.JPG

 

 

そして、ホテルへ帰り・・・・ビュッフェ形式の正式な朝ごはん。

ホテル1階のカフェレストランでいただきます。

 

 

カフェレストラン「BONSALUTE CAFE」

377.JPG

 

 

★この日の朝食

この朝もたっぷりいただいちゃいました。朝ご飯がいつも美味しいというのは幸せなことですね。

378.JPG

 

 

イカの塩辛いくらの醤油漬け

こんなのがあれば朝から食欲が倍増します。

381.JPG

 

 

 

 

 

 

| 北海道のGOLF遠征 | 06:28 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2016北海道ゴルフ遠征魚真「お寿司編」

小樽の美味しいお寿司のお店・・・・『魚真』・・・・2話

昨日はお刺身などが中心でしたが、それ以外にいただいたお寿司中心にお送りします。

 

ご覧下さい。

 

 

 

 

★ホッキの開き:850円

巨大なシマホッケ、手前に並べたスマホと比較しても倍くらい、長さは十分30cm超えでした。

331.JPG

 

 

★身をほぐしていただきます

ホッケは特に皮目の部分が脂分があって非常に美味で、少々の骨なら一気に食べ進んでいきます。

この先は、ホッケすべてを食べつくしたのは言うまでもありません。

335.JPG

 

 

★サロマ産焼きホタテ:750円

1枚が1人前だと思ってたら、3枚がセットだそうで・・・・1枚が250円?、四国ではありえへん。

349.JPG

 

 

★焼きエビ:750円

こちらもこんがりと焼かれた大ぶりなエビ、たまりません。

345.JPG

 

 

★エビ天:850円

まだまだあるんですね。これって、もう半分食べた後ですけど・・・・・。

346.JPG

 

 

★お酒も進みます

最初はビール、そのうち焼酎になり最後は日本酒を・・・たらふくいた

だいちゃいました。ゴルフのあとの宴会、盛り上がってます。

334.JPG

 

 

 

★シシャモ:450円

こちらもこんがりと美味しそう、しかし、この前にもいろんなおご馳走が・・・。

336.JPG

 

 

★そ・し・て・・・真打登場・・・魚真寿司・15巻:2,700円

どうです・・・豪華でしょう?この豪華なネタのお寿司が全部で15巻、それまでにお刺身やいろんな北海道の名産をい

ただいたあとでしたが・・・・・完食いたしました。こんなに”回らない寿司屋で腹いっぱいお寿司をいただいた”のは

生涯初めての経験でした。

340.JPG

 

 

★お寿司についてくる「土瓶蒸し」

盛り合わせのお寿司にはこんな贅沢な土瓶蒸しがついてきます。満足・満足!!

348.JPG

 

 

★午後8時半

お店の閉店時間、周囲も暗くなり全員が満喫して車で約1時間の札幌へ帰ります。

この晩、小樽CCのコースを夢に見ながら爆睡したのは私だけではなったような・・・。

351.JPG

 

【魚真あとがき】

この日も12名全員でたらふく食べ・呑みました。

これでお会計はというと1名あたり5千円程度と非常にリーズナブルな「魚真」のお寿司、

ネタのほうは超1流とまではいきませんでしたが、みんなが満足して岐路に着いたのでした。

ごちそうさまでした。

| 北海道のGOLF遠征 | 08:16 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2016北海道ゴルフ遠征小樽「魚真」

『親父たちの2016北海道ゴルフ遠征』の2日目、念願であった名門の小樽CCを終え、

満足した顔でみんなお風呂で汗を流したあと、晩ごはんは小樽市内にあるお寿司屋さん『うおまさ

(魚真)』さんへ行きます。

 

 

【お店のチョイス】

このお店は、事前に「食べログ」の評判で「安い・早い・量もすごい・お味はまぁまぁ」との情報で

2ヶ月前に私が予約いたしました。なにせ12名ですから、全員の満足は得られませんがとりあえず空腹

なメンバーを黙らせるようこの店をチョイスしたのでした。

 

 

【魚真(うおまさ)】・・・・お寿司・海鮮丼など

■住所:小樽市稲穂2-5-11(JR小樽駅徒歩3分)

■電話:0134-22-0456

■営業時間:12:00-14:00、16:00-21:30 ■定休日:日曜

 

 

【団体での旅先での食事の予約】

3.4名ならふらりと行けば何とかなる晩ごはんですが、12名などともなると事前に予約をしなくてはなり

ません。そこで、われわれの旅では主に私が中心となって「食べログ」などで事前に検索して予約してお

きます。まぁたまにハズレもあったりはしますが、まぁなんとかなってます。

 

 

 

★魚真さんの外観

小樽のメインストリートや、お寿司屋さんが立ち並ぶ「すし屋どおり」からは少し離れた場所にあ

ります。しかし、JR小樽駅からは歩いてもちょっとなので重宝しますね。

311.JPG

 

 

★お品書き

お刺身やお寿司などのお品書き、全部が明朗会計でわかりやすいのがこの店の特徴。お寿司屋さん

が庶民に縁遠いのは「定価が明記されていない」というのがその不透明さなんですから・・・。

316.JPG

 

 

★1品もの

まぁどれも1,000円以下のものが中心ですから、何を頼んでも知れてます。

317.JPG

 

 

★お通し

スルメイカの松前漬け、この1品がまずまずだったので期待が・・・大。

319.JPG

 

 

★自家製のイカの塩辛

とろみがたまりません、ゴロ(イカの内臓)がたっぷり入って、その癖がたまりません。

320.JPG

 

 

★魚真サラダ:700円

このサラダも名物だそうです。イカやエビ・ホタテやあわびも入ってこれで700円、マイウです。

321.JPG

 

 

★魚真焼き:800円

これは取り分けたあとのものですが、ジャガイモを蒸してその上にチーズとバター、最後にコン

ビーフを散らして焼き上げ、贅沢にも最後に積丹半島のウニを乗せたもの。この料理も魚真と名

がつくようにお店の名物です。なかなか美味しいのです。

325.JPG

 

 

★お刺身盛り合わせ

季節のお刺身の盛り合わせです。カニやエビ、帆立貝やマグロ・積丹のウニも朝獲れのが入って

満足な1皿。これで4人分ですから大満足なのです。

326.JPG

 

 

エビやカニ

327.JPG

 

 

朝獲れ「積丹半島の紫ウニ」

ミョウバンの入ってない柔らかいウニ・・・・夏の北海道の宝石です。

美しい・甘い・とろける・・・・美味しいものには目がありません。

328.JPG

 

 

★ホタテのお刺身

見ただけでプリン・プリンとしたホタテのお刺身、甘くてとろけます。サロマ湖産だそうです。

330.JPG

 

【魚真さん・・・お寿司編】

ネタがたくさんありすぎて・・・・明日に続く・・・・・お楽しみに・・・・。

 

 

 

 

 

 

| 北海道のGOLF遠征 | 08:08 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2016北海道ゴルフ遠征小樽CC

北海道の名門コース『小樽CC』です。

 

さて、昼食をいただいたあと午後1時半やっとプレー開始です。

 

午後1時半のスタート・・・・日暮れの早い時期ならとうてい薄暮で明るいうちにはプレーできないかも

しれませんが、ここ北海道の夏場なら昼間の時間も長く、午後7時くらいまでは明るいので安心です。

 

 

 

★コース内のオブジェ

小樽CC、この近くには旧コースもあり、こちらはパブリックで

誰でも来場順に回れるそうです。しかし、やはり我々は新コース

でプロがラウンドしたコースで回りたいのです。

310.JPG

 

 

★フロント付近

決して新しい感じじゃありません。近々クラブハウスを改築する計画もあるようです。

307.JPG

 

 

★日本全国からゴルフファン集結

練習グリーンなどから聞こえてくる言葉は、いろんなお国なまりが聞こえます。九州や関西方面など

各地からお客さんがここ名門小樽でのラウンドを楽しみにしてるようですね。

268.JPG

 

 

★美しいコース

コース内には池や小川も流れており、それらが巧みに設計されてありプレーヤーの挑戦を待ってます。

271.JPG

 

 

★見るとするのでは・・・

見た目には美しくても・・・・・池の付近には魔女がいるかもしれません。

272.JPG

 

 

★ハーフ休憩の茶店

これは、古いクラブハウスの1部を改築して移設したものだそうです。現在でも、ハーフ休憩の茶店

として使用されてます。

277.JPG

 

 

★右側の茂みの向こうは海岸線です。

こうして見えますが、実はここから約100m行けば石狩湾、つまり日本海なのです。この日は微風でし

たが、海の横にありますから日によれば風で大変なときもあるようです。

288.JPG

 

 

コース内からクラブハウスを眺めます。

293.JPG

 

 

★池の周りにはカモの親子の姿も

カモの親子が池の周辺で日向ぼっこ、いかにここが安全かというのがわかってるみたい。

299.JPG

 

 

★池を避けながらラウンド

しかし、せっかく小樽CCに来たからには、名物の池の餌食にもあわなければ・・・私は2回池ポチャ

しました。まぁこれもお愛嬌ですよね。

303.JPG

 

 

★セパレートしている高い木々

大きな木々が少しでもボールを曲げた選手を苦しめます。

305.JPG

 

 

★ニトリレディス

8月にはここで女子プロの試合も

308.JPG

 

 

名門小樽CC・・・また来ます。

309.JPG

 

【小樽CCあとがき】

今回の遠征では4つのコースを回り、スコアですがここ小樽CC以外はすべて70台(75〜78)で

回りましたが、この小樽では92という悲惨なスコアに終わりました。しかし、ここ小樽を回った

という充実感で大満足でしたし、「ゴルフの楽しさは良いスコアで回るだけじゃない」というのを

改めて実感したのでした。またあらためてチャレンジしたいと誓ったのでした。

 

| 北海道のGOLF遠征 | 06:41 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2016北海道ゴルフ遠征┥樽CC

さて、小樽での短時間の散歩を終えて目的のランチのお店に向かいますがこの日は

あいにくのお休み・・・そこで急遽ゴルフ場で昼食をいただくことにします。

 

小樽CC到着です。

 

 

 

★北海道の名門『小樽CC』

15私個人としては15年ぶりの再訪、前回は、友人たちと4名で伺い楽しくラウンドしたものです。

251.JPG

 

 

★2階のレストラン

若い人は皆無でお客さんは熟年中心のレストラン。よく見れば上品そうな叔父様がたくさん、そんなの

を見てやはりここが名門コースだというを納得します。

252.JPG

 

 

★レストランメニュー

ラーメンやトンカツも・・・。しかし、こうして見ればラーメン

円、トンカツが2,300円なんていくらなんでも高いでしょう?

ゴルフ場価格とは、われわれ庶民には納得いきません。

253.JPG

 

 

 

★ざるそばやハンバーグも

麺類やご飯類もありました。

254.JPG

 

 

 

★各種丼物やジンギスカンも

まぁこちらは1,000円台ですからこんなものかも・・・。

255.JPG

 

 

★軽めのスパゲッティやたぬきうどんも

しかし、スパが1,100円・たぬきうどんが1,200円ですから

庶民価格ではないですね。

256.JPG

 

 

 

★私が頼んだのは・・・小樽名物の『あんかけやきそば』

ここの小樽の名物の1つの『あんかけ焼きそば』、焼き色のついた香ばしい麺にシーフードがたくさ

ん入った醤油ベースの餡をたっぷりかけたものです。

257.JPG

 

 

★麺もボリュームがあります。

お値段は確か1,200円だったような・・・・まぁ仕方ないです。

261.JPG

 

 

★仲間の頼んだ特製オムライス

デミグラスソースが実に美味そう。卵もふっくらで満足したようです。

262.JPG

 

 

★歴代のクラブチャンピオン

100年近くの歴史あるコース。こちらは平成になってのチャンピオンのボード。

263.JPG

 

 

★中には知った名前も・・・な・ななんと・・・松山千春

平成4年、今から24年前にここ小樽CCでクラブチャンピオンになってたんですよね。

あの・・・・♪愛することに・・・疲れたみたい♪「恋」by松山千春・・・1芸に秀でた方はなんでもすごい。

264.JPG

 

 

★アマチュアのコースレコード

最近では、松山英樹君がここでアマのコースレコードを更新してます。

266.JPG

 

 

★プロのコースレコード

石川僚君が6年前にこのコースのコースレコードを持ってるんです。

267.JPG

 

【小樽CC】

明日は、ここ小樽CCのプレーの様子をレポートします。

 

| 北海道のGOLF遠征 | 08:17 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2016北海道ゴルフ遠征Ь樽散策

北海道ゴルフ遠征、2日目のこの日は名門小樽CCで午後からのラウンドです。

 

【名門という名の入場制限】

ゴルフ場は今では一般人にも広く受け入れられていますが、現在でも名門といわれる

ゴルフ場はかなりの入場制限があり、今回12名のビジター(メンバー以外)がプレーする

のは非常に困難で、今回は特別に旅行社を通じて申し込みをしプレーできるようになりました。

 

そして、午前中時間が空いたので・・・早めに小樽へ行き、町並みを散策して時間をつぶします。

 

 

 

★この日の朝の天気予報

この日も天気は良さそう・・・やはり旅先では天気がいいのが1番

233.JPG

 

 

★週間天気予報

今回の期間中、おおむねいい天気で、気にしていた雨はなさそうですから安心です。

234.JPG

 

 

★小樽の街中

堺町通りを歩きます。まだ朝の10時くらいですから観光客はまばらです。この通りの建物は非常

にレトロなものが多くて、その建物をリフォームしてお店として盛業中です。

237.JPG

 

 

★一休止してアイスを

ここは蜂蜜やさんのアイス、まいうです。

238.JPG

 

 

★堺町通り

長さが500mくらいの間にお土産店や飲食店・スイーツのルタオの本店があるのもここです。

PS:ちなみに洋菓子店のルタオの名前って小樽(オタル)をひっくり返してル・タ・オとしたって

知ってましたぁ?

241.JPG

 

 

★かま栄

ここ堺町が本店のかまぼこ・てんぷらの「かま栄」さん、ここには私の好物も・・・。

242.JPG

 

 

★さまざまなラインナップ

近海で獲れた魚をすり身にして揚げたのがかま栄さんの商品最近は新たの開発されたものも増えて

楽しそうです。

243.JPG

 

 

★清潔な店内

老舗のてんぷら屋さん、たかがかまぼこというなかれ・・・お客さんもたくさん。

245.JPG

 

 

てんぷら商品も充実

246.JPG

 

 

★思わず迷いそう

247.JPG

 

 

★私の好物

これは、ここの経営者が新たの発明した「パンロール」

てんぷらの周囲をパンで包んで揚げたがこれ、有名ですし美味い

244.JPG

 

 

★まるでファスト・フード

このラッピングはハンバーガーチェーンのような感じ。

249.JPG

 

 

★これが「パンロール」

たかがパンにはさんだてんぷらですが、これが実にすばらしい

250.JPG

 

 

| 北海道のGOLF遠征 | 09:01 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2016北海道ゴルフ遠征2日目の朝ごはん

北海道のゴルフ遠征、2日目は朝5時前から起き出してホテル周辺をたっぷり1時間

散歩します。そして、ホテルへ戻って朝6時からの朝ごはんを食べに向かいます。

 

 

 

★この日のラインアップ

いつもながら「旅先ではよく食べる」のです。通常のトレイにあふれんばかりのビュッフェ形式の

極限までお持ち帰りしてます。当然・・・・すべて美味しく私の胃袋に収まりましたとさ・・・・。

223.JPG

 

 

★スープカレー

そのままでいただきましたが、朝からカレーは大好き。

224.JPG

 

 

★メインのおかず

ザンギ(鶏のから揚げ)にウインナー・塩鮭・オムレツ・スパゲッティにシューマイも・・・。

225.JPG

 

 

★おかず・・・その2

こちらは北海道特有のもの中心・・・イカの塩辛・イカソーメン・鮭のほぐし身・・・・などなど・・・

こんなの(ご飯のお供)があれば朝からついつい食べすぎてしまいます。

226.JPG

 

 

★そのほか

ポテトサラダ・日本そば

227.JPG

 

 

★いくらごはん

229.JPG

 

 

★納豆・いくらご飯

納豆にいくらをまぶした贅沢なご飯、これもありかも・・・・です。

230.JPG

 

 

★ドリンク

右側はアメリカンコーヒー、そして画面1番左は北海道特有の乳酸菌飲料「カツゲン」です。

カツゲンは、ヤクルトのようなお味でここ北海道では広く住民に愛されるドリンク、私も毎年

北海道ではこれをいただいてます。美味しいですよ。

231.JPG

 

232.JPG

 

| 北海道のGOLF遠征 | 07:58 | comments(4) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ