CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
お好み焼き「木下」@山西

私のポリシー・・・・・・・・・・・・・最後の晩餐は「お好み焼き」なのです。

 

私の大好物のお好み焼き、私の住む松山でも関西風や広島風、また広島風をアレンジした三津浜風

もありどれをいただいてもそれぞれ大好きなのです。松山市の西側の瀬戸内海沿い側にある三津浜

地区では、三津浜焼きと呼ばれている独特のお好み焼き屋さんが約30軒近くもあり、今から5年程

前にはこの30軒全てを網羅したこともあります。※三津浜焼き特集をご覧下さい。

それぞれのお店が個性的で一生懸命やっていますから、仲間からは「どこが1番美味しかった?」な

んて聞かれたりしますが、そんな時は「それぞれがみんな美味しかった」としか答えられません。

どれが美味しかった?っていう質問にある特定の1軒を答えると他のお店がだめみたいな気もして、

私はあえて語りませんでした。やはり私はお好み焼きLOVEなのかも知れません。

 

 

今日は、最近仕事でリフォームをした住宅のすぐ近くのお店『木下』さんにうかがいます。

ご覧下さい。

 

 

【お好み焼き木下】

■住所:松山市古三津5丁目19-26(伊予鉄電車山西駅100m)

■電話:089-952-1049

■営業時間:11:00-18:00 ■休:月曜

 

 

 

☆伊予鉄電車の山西駅

ここから100mも歩けばお店につきます。

004.JPG

 

☆お店?

お店って・・・・・これって住宅地じゃないの?っていわれそうですが・・・・・そうなんです。でもね、木下さん

はこの右側の電柱の脇の小さい路地を入ったまだ奥にあるんです。

006.JPG

 

 

☆そうです、この細い路地

幅にして1.5mくらいでしょうかねぇ。車も入れないような細い路地の奥にお店はありますから、初めて

行く方にはとうてい分かりっこないのです。

007.JPG

 

 

☆お店に到着

まさに住宅、その玄関の奥がお店の入口です。暖簾やノボリがなければお店だとは分かりっこないのです。

008.JPG

 

 

☆6畳ほどのお店

下は畳こそ敷かれていませんが、住宅の1部を改装した店内

011.JPG

 

 

☆壁にかかったメニュー

平均的に1コイン500円程度が一般的なお値段です。

012.JPG

 

 

☆火山焼き

この火山焼きというのは、お好み焼きの中にキムチが入ったのがそう呼ばれてるそうです。

016.JPG

 

 

 

☆たくさんのお好み焼きが焼かれて

焼きうどんや焼きそば、それとお好み焼きがたくさん焼かれてます。これらは全て注文が入って持ち帰

りでお客さんがお店に取りに来るそうです。

017.JPG

 

 

☆持ち帰り

昔ながらの新聞紙に包まれたお好み焼き

020.JPG

 

 

☆お好み焼き・豚玉・焼きそばダブル750円

これは、大人でも十分に2人前はあります。

022.JPG

 

 

☆シェアした後

お好み焼きが2枚入ってますから、分ければこんな感じです。

023.JPG

 

 

☆お好み焼き・豚玉焼きうどんダブル:750円

こう見れば、お好み焼きというよりも、焼きうどんに近いですよね。008.JPG

 

 

☆これが半分にシェアしたもの

これで大人1人で十分なボリューム

010.JPG

 

 

 

 

| お好み焼き | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
鉄板焼き・ちゃんぽんの店:美ゆき

料理のジャンルは『お好み焼き』としましたが、実は鉄板焼きのお店。

 

ここのところ・・・・八幡浜ちゃんぽんを数多く連載してますが、今日もちゃんぽんが名物なお店。

しかし、ちゃんぽんちゃんぽんではないという摩訶不思議なちゃんぽんの有名なお店。

過去にも何度か紹介していますが、改めて松山の名物の1つをご紹介します。

ご覧下さい。

 

 

【美ゆき(みゆき)】・・・・鉄板焼き・ステーキ・お好み焼き・ちゃんぽん

■住所:松山市三番町7-4-13(伊予鉄大手町駅200m)

■電話:089-941-3308

■営業時間:11:30-14:00、17:00-21:00 ■定休日:月曜

 

 

 

 

☆美ゆきの看板

ステーキ&鉄板焼きのお店、ロゴが歌舞伎の勘亭流みたいですね。

012.JPG

 

 

☆お店の入口

暖簾の感じがいい雰囲気です。

013.JPG

 

 

店内の様子

1番奥の席を予約、ここならお店全体が見通せます。カウンターで8人程度、その背後のこ上がりの畳席は

約20人くらいは収容可能。ピーク時にはこれが満杯となります。

014.JPG

 

 

☆まずは・・・生ビール

この時期は、暦の上では秋に入ったというのにまだまだ暑いですね。最初はビールをグイッと・・・・。

021.JPG

 

 

☆酒の肴「北欧サラダ」

こちらは、カズノコをサイコロ状にカットしその上にマヨネーズで味付けしたもの。「どうして北欧サラダ

って名前になったの?」とお店の方に尋ねると「梱包された箱に北欧サラダと書いてあった」という単純な

回答・・・・・・・世の中こんなものです。

022.JPG

 

 

 

☆くわ焼き

くわ焼きのくわは・・・ショベルのような鍬(くわ)のこと。昔は、鍬の鉄の部分をフライパン代わりにして

農場で豚肉にネギを入れて炒めるという非常に単純な料理なのです。このお店では、最初にこれを食べて

ビールを飲むというのがわれわれの流儀なのです。酒の肴には最高ですよ。

025.JPG

 

 

アップ

酒飲みにはお酒の進む1品です。

026.JPG

 

 

☆イカ焼き

新鮮なイカをキャベツ・モヤシと炒めた1品。シンプルに味付けは塩・コショウのみですがそれがなおいい

のです。

027.JPG

 

 

☆豚キムチ

こちらも酒が進む1品、豚肉ベースにキムチが入り、それを卵でコーティングした1品。

030.JPG

 

 

☆ステーキ系の「タンステーキ」

牛肉のヘレやロースもいいけれど、タンのステーキはあっさりとしてますが肉を食ってるという満足感

はあります。

032.JPG

 

 

☆ハイボール

最近は、ビールのあとは焼酎の水割りやハイボールが人気です。

033.JPG

 

 

☆炭水化物系,好み焼き:モダンミックス:関西風

私の住む松山では、お好み焼きは関西風・広島風の両方をいただけます。通常は広島風をいただくのが多い

のですが、たまにはこんな関西風をいただくのも良いですね。

034.JPG

 

 

☆マヨネーズを回しかけて

035.JPG

 

 

☆みんなでシェアしていただきます。

036.JPG

 

 

☆炭水化物系⊂討そば

この店の焼きそば具沢山、豚肉・瀬戸内海産の地海老・イカなどがたくさん入った焼きそばです。

038.JPG

 

 

☆焼きそば・リフトアップ

モチモチの麺がワリバシに絡みつきます。

039.JPG

 

 

☆炭水化物系この店の名物『ちゃんぽん』1,000円

この店のちゃんぽんとは、焼き飯と焼きそばのちゃんぽんなのです。野菜を炒めてその中にご飯を入れて

炒め合わせ、その後に焼きそば麺を投入してお店のオリジナルソースで絡めあうというものです。

ボリュームも満点で、通常なら1人前は普通のお店の2人前くらいはありますから、2人でシェアしてちょう

どいいボリュームです。

※ちゃんぽんのソース、こちらが実に味わいのある辛口のソースで汗かきの私は汗だくで食べるのですが

、たまにこのちゃんぽんを無性に食べたくなりついつい暖簾をくぐってしまうのです。

041.JPG

 

 

☆ステーキ・メニュー

1番高いサーロインステーキは5,400円ですがこれはまだ食べた

ことはありません。若い頃は、1度はこれを食べてみたいなんて

思ってましたが、60歳を過ぎて財布に余裕は出てきてはいますが

まだ実現しておりません。

016.JPG

 

 

☆やきめし・そばメニュー

こちらは、どれを頼んでもストレスのない価格

017.JPG

 

 

☆お好み焼きメニュー

こちらも、1コインから1,000円程度と頼みやすい

018.JPG

 

 

☆1品料理

1番高いのが1,080円・・・じゃんじゃん頼みましょう。

019.JPG

 

 

 

 

| お好み焼き | 08:37 | comments(2) | trackbacks(0) | -
つるおか食堂:実食編

昨日はお好み焼き製作の行程写真をお送りしましたが、今日は『つるおか食堂』・・・・・実食

編です。

 

私の場合のお好み焼きデーは大体が土曜日、この日はお客様の都合で仕事がある日もありますが

出来るだけリラックスできる私にとっては大切な日、そんな日のお昼はこのつるおか食堂のお好

み焼きをテークアウトして、自宅で食べてその後昼寝をし・・・昼寝が覚めたころに始まる「吉本

新喜劇」を見るのが私の”土曜日の恒例行事”なのです。

 

それでは・・・・ごらんください。

 

 

 

つるおか食堂さんの外周り

松山市内から程近い住宅地の1画にあるこのお店、昔から近くに住む庶民の味方で安く・美味しい

食事を提供してます。

043.JPG

 

 

店内のイラスト

お店を営むご夫婦の似顔絵が店内に飾ってあります。

044.JPG

 

 

メニュー

1番安いのが素焼き(キャベツと天カス・ちくわのみ)400円、1コインでもおつりが・・・。

045.JPG

 

 

焼きそばや焼きうどん:500円

046.JPG

 

 

★うどんが350円、中華そば500円

店内ではこんなのも味わえます。とにかく、庶民の味方なんです。

047.JPG

 

 

★完成形

お店で焼きあがったのを自宅にテークアウトし、TVの前でいただきます。

072.JPG

 

 

★オープン

ソースの香ばしい香りが部屋中に拡がります。

073.JPG

 

 

★トッピング

お好み焼きの上に七味唐辛子とゴマ、マヨネーズを回しかけます。

074.JPG

 

 

☆断面図

この日のは「豚玉焼きそば入り」ですから、中心部には焼きそばがたっぷり

076.JPG

 

 

★麦茶

お好み焼きのお供にはビールが1番ですが、昼間ですので同じ

麦系で麦茶いただきます。

077.JPG

 

 

☆お好み焼き断面

よく焼けた焼きそばと卵がコラボして美味しさを引き立てます。

078.JPG

 

 

 

| お好み焼き | 09:59 | comments(2) | trackbacks(0) | -
つるおか食堂:製作工程

今までにもこのブログ上で何度も言ってますが・・・・

私の『最後の晩餐』はお好み焼きです。

 

幼いころから何度食べたでしょう・・・・お好み焼き、関西風や広島風、松山には三津浜風と

1口にいってもお好み焼きはかなり奥が深いのです。

粉の素材や下味の出汁の加減、キャベツの切り方や具材の種類もさまざまですし、ソース

1つにしてもさまざまなものをミックスしてそのお店独自のものがあるのです。

 

そんなお好み焼きですが、本日は私の行きつけのお店『つるおか食堂』さんのお好み

焼きの製作の行程をお送りします。参考になれば幸いです。

 

 

【つるおか食堂】・・・・広島風お好み焼き・中華そば・うどん

■松山市松前町5-6-2(R196号本町の不動産会社三福の南の1方通行を西100m)

■電話:089-925-8324

■営業時間:11:00-18:00 ■定休日:日曜

■駐車場:店の前に2台

 

 

★1

アツアツの鉄板に台(メリケン粉を水で溶いたもの)を焼いていきます。

049.JPG

 

 

★2

台の上に刻んだキャベツを覆っていきます。量が多すぎてもだめだし、少なかっても貧弱です。

052.JPG

 

 

★3

キャベツの上に天カスをトッピング。この天カスが入ってなければ食べるときには旨みが足りなく

なってお味が淡白になります。

053.JPG

 

 

 

★最後に刻んだバラ肉を投入

お好み焼きには高級な牛肉よりも脂身の入った豚肉の方がバッチリ合いますね。

055.JPG

 

 

 

★裏返しする前に全体に水で溶いたメリケン粉を回しかけます。

これは、焼くときに回しかけなかったらキャベツが焦げてしまうのを予防するためです。

056.JPG

 

 

★裏返し

少し焦げ目があるくらいの裏側、こうして蒸らして具材を焼いていくのです。

057.JPG

 

 

★ひっくり返す前に焼きそばを焼いていく

この日のオーダーは「豚玉そば入りお好み焼き」ですから、再度の裏返しをする前に焼きそばを

焼き始めます。

059.JPG

 

 

★ソースを絡めて

少し焼けた焼きそばにソースを絡めます。

060.JPG

 

 

★裏返したお好み焼きに焼きそばを乗せます。

061.JPG

 

 

★いったん裏返しされて焼きあがったお好み焼き

少し焦げ目のある焼きそばの焦げた匂いが、お昼ご飯前の空腹な私の胃袋を刺激します。

063.JPG

 

 

★卵投入

卵1個をお好み焼きの上に乗せて表面全体に絡めます。

064.JPG

 

 

★裏返して、少し卵に火が入ったころが完成形

065.JPG

 

 

★その上にたっぷりとソースをコーティング

この時の”ソースの焼ける匂い”・・・・・天国へのいざないのような・・・これで食べるな!!なんて

言われたら・・・・喧嘩になりそうな、そんな冷静ではいられない芳醇な香りです。

066.JPG

 

 

 

★魚粉と刻み海苔を振りかけて完成

この色彩・・・・たまりません。

068.JPG

 

 

★2つ折にして容器に入れます。

025.JPG

 

 

★お店のご夫婦

私と同世代の仲のいい経営者ご夫婦、先代を引き継いで頑張ってらっしゃいます。

ブログ:つるおか食堂 026.jpg

 

【お好み焼き:つるおか食堂】

実食編は明日に続きます。

| お好み焼き | 09:16 | comments(4) | trackbacks(0) | -
つるおか食堂
"最後の晩餐はお好み焼き"・・・・・これを公言してる私ですが、土曜日のこの日も行きつ
けの『つるおか食堂』さんへうかがいます。土曜日のお好み焼き・・・回数にすれば月に最低は2回、
多ければ3回程度はいろんなお店へお邪魔してます。つるおか食堂さんなんかは、2ヶ月くらい行かな
い場合、次回に行ったときには「何をしてたん?」なんて心配してくれるような間柄です。
今回もテークアウトで「持ち帰りお願いします」と事前に電話で頼んで取りにうかがい、自宅でゆっく
りと家族で満喫するのです。

それではご覧下さい。


【つるおか食堂】・・・・お好み焼き・やきそば・中華そば・うどん
■住所:松山市松前町5丁目6-2(R196沿いの本町、三福不動産の南の道を西へ入り100m)
■電話:089-925-8324
■営業時間:平日11:00-17:30.日祝11:00-17:00 ■定休日:火曜 ■駐車場:2台分あり



★歴史を感じさせる看板
看板なんてわかればいいんですが、大分やつれてるようですが、これで良いのです。
ブログ:つるおか食堂 012.jpg


★お店の外観
ここつるおかさんは、松山市内の城北地区・・古くからの下町の住宅街の一角にあります。前の道も
狭く、住宅街の中なのでここにお店があるなんてのは車で通行したのではわかりっこないのです。
ブログ:つるおか食堂 011.jpg


★メニュー:お好み焼き
1番安いのが450円、今どき財布に優しいお店です。また、この手描きの紙製のお品書きがいい味を出
してるでしょう?相当年季が入ってるせいか、書かれた字が薄くなってますよね。
ブログ:つるおか食堂 013.jpg


★経営者のご夫婦
私と同世代の60代と見られる経営者のご夫婦(実際には聞いたことはありません)。先代のおじい
ちゃんはすでに亡くなり、おばあちゃんは毎日ディサービスに通ってるそうです。
まだまだこの後継者のお二人には頑張っていただきたいです。
ブログ:つるおか食堂 026.jpg


★持ち帰り
こんな緑の紙に包まれてテークアウトします。昔は新聞紙でしたが、これだけでもかなりの進歩
023.JPG


★今日はこの3点
左側がお好み焼き豚玉大盛り700円と右側はやきそば500円・・・この2つで1,200円ですから食べ応えは
十分にあるのです。この日は、私たち夫婦に娘と孫2人の計5名でいただきます。
※大盛りの場合は容器は2つになり半分ずつ入れるほどのボリュームがあるのです。通常の夫婦なら、
これ1個でお腹は満足できます。
036.JPG


★ヤキソバ:500円
アツアツの鉄板で焼きますので、水分が飛んでサラッとしたヤキソバに仕上がります。これを家庭でも
やるんですが、こんなパラッとは鉄板と腕前の違いで絶対に出来ません。キャベツもたっぷり入ってる
のでヘルシーなのです。
035.JPG


★ヤキソバのアップ
最近は皆さん贅沢になってるので魚介類や牛肉・豚肉などを入れるのですが、通の私は(自分で言う
んかい?)「ヤキソバ」だけでお願いします。入ってる具は、キャベツと天カス・ピンク色のチクワ
これくらいですが、これが実に美味いのです。※教訓:過ぎたるは及ばざるが如し
038.JPG


★豚玉大盛り700円
通常の豚玉が600円、その大盛りが700円ですのでいかにリーズナブルかお分かりでしょう?
033.JPG


★これが半分
大盛りの半分・・・というのは通常の4分の3程度・・・なかなかのボリュームです。
034.JPG


★トッピング
お好みで七味(一味)唐辛子やマヨネーズがGOODです。
029.JPG


★1番好きな食べ方
お好み焼きとヤキソバを買ってきてみんなにシェアするのですが、このようにしてお好み&ヤキソバ
を1つの器に入れて交互に食べるのです。この食べ方が最高に美味しいのです。お好み焼きだけでなく
次にヤキソバ、またお好み焼きを食べてと食べすすめると口あたりが変わって一層美味しくいただけま
す。これは間違いのない食べ方です。
※お好み焼きにヤキソバを入れる「モダン焼き」も私個人は好きなのですが、やはり交互にいただいた
ほうがより美味しく食べれますので、ぜひお試しください。

007.JPG


★断面
この面を見ると”また食べたい”なんて思いますよね。私が提唱者で『お好み焼きの日』でも制定しましょう
か?その日をいつの日にするかって?・・・やはりアツアツをフゥフゥしますから2月2日がいいでしょうし、
それともジュージューですから10月10日・・・こんなのを考えてたら楽しいね。
009.JPG


★ヤキソバ・リフトアップ
容器に入ってるのでさほどのボリューム感は感じませんが、食べすすめていくと結構ボリューミィ
2011つるおか食堂 007.jpg
 
| お好み焼き | 08:16 | comments(6) | trackbacks(0) | -
お好み焼き「みよし」@三津店
お好み焼きの名店『みよし三津店』へ行ってきました。

【三津浜地区住民のお好み焼きのこだわり】
松山市の西の端にある港町の三津浜地区では、住民の皆さんが小さな頃から食べなれた味がある
ようで、大きく分けて好みの店は『日の出』派『みよし』派の2つに大きく意見が分か
れるようです。

それぞれの店の特徴ですが、『日の出』は「牛脂を鉄板の上で軽く炒めて中に閉じ込め、ほっこり
とした牛肉と広島のミツワソースの独自のソースでふんわりといただく」のが特徴です。
食べてると、牛脂の脂分が時にはジューシーに・・・また体調次第ではしつこく感じることもあります
が、これも日の出のお好み焼きの特徴ですのでそれも私は好きなのです。。

対するもう1つの『みよし』は、最初に台を焼いたと同時に鉄板の横でソースを絡めたやきそばを焼
いて台の上に乗せ、その上にたくさんのキャベツが投入され、具も投入されます。その後、裏返しに
したものを卵で包んでいただきます。また、みよしの台(クレープ状の小麦粉)は他の店と比較して
も非常に薄く、ヤキソバの食感が前に出て関西風のようなお好み焼きの粉っぽさが口に残らず非常に
あっさりといただけます。食べた後でも胃もたれしにくく熟年世代には特にお奨めです。


今回はその双璧の1つ『みよし三津店』にうかがいます。また、ここ『みよし』さんは今までにも
度々うかがい、お好み焼き・焼きそばを店内で食べたりテークアウトしたりもしてます。『みよし』
さんは三津店以外にも三津浜駅前の駅前店や古川のフジの近所にも古川店があり、それぞれ頑張って
お好み焼きを焼いています。

久しぶりにうかがった『みよし』さん・・・・ご覧下さい。


【みよし・三津店】
■住所:松山市住吉2丁目4-3
■電話:089-952-3359
■営業時間:10:00-18:30
■駐車場:1台分が店の真正面にあり



★お店の建物
まるで堀北真紀ちゃんの出ていた映画『3丁目の夕陽』みたいな建物でしょう?
これって映画のセットではなく現存する建物なんです。ここ三津浜地区は戦争の空襲で町のほとん
どの部分が焼け落ちて焼け野原だったみたいですが、この建物は珍しく現存するレトロな木造建築です。
031.JPG


★お店の前の道路の様子
この日は、奥さんが図書館へ行くので三津浜へ同行し、本をチョイスする間にお店に入ってじっくりと
お好み焼きが焼けるのを観察しました。この道をまっすぐ行くと広島・山口へ行く船の発着所三津浜港です。
032.JPG


★店内の1部
こちらは6.7人くらいは座って食べられるスペース、やはり室内は昭和の香りがぷんぷん。
062.JPG


★お店の1部の鉄板の前
ここでも4.5人は鉄板の前で焼かれたものをそのまんまテコで食べることも出来ます。
※やはりお好み焼きはお箸で食するよりもテコで食べるほうが断然美味いのです
061.JPG


★有名人のサイン
タレントの松本明子さんと物まねの松村邦洋さんのサインがありました。
034.JPG


★シンプルなメニュー
メニューはこれだけ・・・。580円の「肉玉台付」840円の「肉玉台付のダブル」だけ・・・。
ちなみに台付とは、お好み焼きにうどんかそばが入ってるって意味です。ダブルは、通常の1玉が
2玉になるという麺類が2倍に増量という意味です。※その他、「脂多め」とか「キャベツ多め」
などという注文も可能ですから自分なりの好みで作ってもらえるのもここ『みよし』です。
037.JPG




それでは・・・・これからお好み焼きを焼いていただきます。お好み焼きの焼けるシーン・・・ご覧下さい。
注文したのは『肉玉の台付:やきそば』580円です。




★台を焼きます
台(メリケン粉を水で溶いたもの)お店それぞれでいろんな出汁などが入ってるようですが、こちらは企業
秘密だそうです。そして、素人は台をまん丸にしがちですが・・・プロはアバウトさがいいでしょう?
041.JPG


★台の上に焼きそばを乗せます
「広島風」では、トッピングの焼きそばはお好み焼きをひっくり返して最後の〆に絡めますが、三津浜風
では最初にこうしてソース味をたっぷり絡んだ焼きそばを乗せるのです。
043.JPG


★その上にたっぷりのキャベツが
やきそばと同等な量のキャベツ投入、これが多そうに見えますが炒めていくうちに水分が飛んで半分くらい
に収まりますのでちょうど良い按配です。。
046.JPG


★キャベツの上に「牛脂」乗せ
「牛脂」あのスーパーの肉売り場などでタダでいただける「牛脂」投入です。これが実に旨みを増大します。
049.JPG


★そして最後に豚バラが
牛脂と豚バラのコラボレーション、ブタと牛とがお好み焼きの上で喧嘩しそうに思われますがとんでもない、
この双方が邪魔をせずに手を組んで我々の胃袋を幸せにしてくれるんです。
052.JPG


★そして裏返し
台の1部が少々焦げようが端が破れようがお構いなしです。このまま数分裏返して蒸らしていくのです。
054.JPG


★裏面が焼けた頃に卵でコーティング
お好み焼き1個につき卵を1個焼きます。その卵黄部分をつぶして白身とミックスさせスクランブル状態
のものの上に焼けたお好み焼きを乗せていきます。
070.JPG


★再び裏返してほぼ完成
裏面に卵焼きでふたをして、完成間近
056.JPG


★次にソースを塗ります。
完成した表面の部分にたっぷりとソースを回しかけます。※広島風ならこの状態が完成形です。
057.JPG


★そして円形のお好み焼きを2つ折に
完成した円形のお好み焼きを今度は2つ折にします。広島風はこんな風に2つ折にはしませんが、三津浜風
はこのように扇型に半円形に2つに折りたたみ、その表面にもさらにもう1度ごていねいにソースを塗ります。
058.JPG


★たっぷりとソースのドレスを身にまとい
お好み焼きのソースが鉄板の熱でソースの香ばしい香りを拡散します。この時の状態で鉄板の上でテコを使って
食べるのが最高の食べ方なんですが、今日は自宅まで約10分のドライブ・・・・我慢です。
060.JPG


★お店備え付けのソース類
ソースも甘め・辛目があり、好みで足りないときには足します。こまや一味唐辛子などを振りかけても美味さ
がアップします。
063.JPG


★持ち帰りの容器
使い捨ての容器に入れてくれます。ご丁寧なことに、底の部分にまでソースが塗られてあるので、帰るまでに
水分が下にたまってもソースがカバーしてくれて、裏面部分まで全部同じ味で美味いのです。こんな心遣いが
嬉しいですよね。
064.JPG


★持ち帰って皿に移します
お店から自宅まで約10分、この間車の中は美味しいソースの香りが空腹の胃袋を刺激して、帰宅を急い
でしまいます。くれぐれも、帰宅時の車内の香りには注意しましょうね。
001.JPG


★マヨネーズと刻み海苔・七味唐辛子を振って完成
006.JPG


★ばら寿司も1口
この日は、自宅に昨晩作られたあったバラ寿司があったので、これと一緒にお昼ごはんとしていただきます。
008.JPG

【三津浜焼きのみよし・・・あとがき】
最近でこそ「お好み焼き」としてお昼ごはんなどでたくさんの人たちが三津浜へ出かけて食べるようになりましたが、
今から40年位前には「洋食」という名前でキャベツとチクワだけの現在風に言えば{素焼き}のお好み焼きだったそ
うです。その頃は、お客さんが好みで卵を持参したりやきそばや焼きうどんの麺を持参したりしながら、やがてお店に
もさまざまな具が増えていったそうです。
1コイン程度でいただけるお好み焼き・・・・・・私の最後の晩餐は『お好み焼き・そばの台付』なのです。

 
| お好み焼き | 08:36 | comments(6) | trackbacks(0) | -
お好み焼き:美味:お好み焼き
私の愛する粉もん系の代表格・・・・お好み焼き、前回に引き続いてお送りします。
『お好み焼き美味』さんの「お好み焼き」編・・・・ご覧ください。
今回のは、最初から手順を紹介していますから家庭での手造りの際に参考にしてください。
それでは・・・・どうぞ・・・。


★美味さんの看板
親しみやすい看板でしょう?
002.JPG


★お店の外観
沿線の道路の面していて、車は5台くらいは駐車できます。場所は、松山西高校から
JR三津浜方面へ約300m市営古三津団地の入り口にあります。
003.JPG


★「三津浜焼き」のノボリ
現在、松山市の広島寄りの瀬戸内海西岸地区にある三津浜には
約30店ものお好み焼き屋さんのある激戦区なのです。
しかし、皆さん共存共栄でお互いに切磋琢磨しています。
※このノボリは、三津浜焼きとして頑張ってるお店のシンボル
004.JPG


★メニュー
関西風のメニューと焼きそば・焼きうどんのメニュー1番安いのが1コインの500円
今どき嬉しいお値段ですよね。
005.JPG

★メニュー
ドリンクメニューと広島(三津浜)風メニュー、こちらも良心的なお値段でしょう?
006.JPG


★小上がりの座卓
ここなら約10人が座りながら小さなミーティングならOKです。このお店は、私の
中学時代の野球部後輩の奥さんが経営されてますので、ここで年に1回は中学校の
野球部のOB会が開催され、仲間うちでドンちゃん盛り上がります。
※そのメンバーの中には現役の松山市会議員や社会人野球の東芝で3番を打っていた
スラッガーもいたりして、なかなかのつわものが勢ぞろいしています。

007.JPG

★カウンター席
ここでも約10人は収容できます。そして、この鉄板で女将さんが焼いてくれます。
008.JPG




それでは・・・・・広島風とはちょっと違う”三津浜風”のお好み焼き講座・・・・
はじまりまじまり。




★まず最初は焼きそばを焼きます
ラードをしいた鉄板の上で湯がいたそばを焼いていきます。
013.JPG

★ほぼ8割焼けた状態でソースを絡めます。
このソースの焼けた香りが、胃袋を刺激します。
014.JPG


★鉄板の脇では「台」を焼いていきます
絶妙な加減のメリケン粉を水で溶いた台が焼けてきます。あまり分厚くなく、かと
いって薄すぎず・・・・その加減が絶妙なのです。
016.JPG


★台の上にやきそばを乗せます。
広島風と三津浜風との違いは、最初にやきそばを入れて焼くのが三津浜風で、
最後に鉄板の上で焼きそばを焼いて完成させるのが広島風と手順が違います。
017.JPG

★焼きそばの上にたくさんのキャベツ投入
広島風はこれにモヤシが入りますが、三津浜風には入れません。しかし、これだけキャベ
ツが入ると野菜がたくさん摂れてヘルシーこの上ありません。
019.JPG

★その上に天カス投入
この天カスがお好み焼きのお味を深くする働きをしています。これが無ければ
フヌケなお好み焼きとなり・・・美味しくありません。
021.JPG


★牛脂(ラード)
これもお好み焼きには欠かせない1品。旨みが広がり、幸せな気分になります
028.JPG


★カタジ投入
その次にカタジ(牛肉の筋が入った部位)画面では少し赤身のある肉です。これが歯ごたえ
があって実に美味いのです。このカタジを使用してるお店は三津地区でも希少です。
030.JPG


★すべて入れたら裏返しに
こうして裏返しにして、テコで上から押さえていきます。そうすれば、キャ
ベツの水分が抜けて旨み・甘みへと変わるのです。
033.JPG


★そろそろ完成間近
裏返しにして約5分後、焼きあがってきたみたいなのでその脇で目玉焼きを焼いてお好み焼き
をその上に乗せます。
045.JPG


★卵も焼けました
焼きあがり・・・・そうしたらお店特製ブレンドのソースを1面にかけていきます。こうして見
れば関西風とも似てますが、お味のほうはまったく異なります。
051.JPG


★その上にかつお節の粉(魚粉)ふりかけ
これをかけると風味が増して、より一層美味しくいただけます。
052.JPG

★円形のお好み焼きを2つ折に
三津浜風は「円形のお好み焼きを2つ折」にします。広島風は、円形そのままが完成形です。
そして、2つ折にしたのにもう1度ソースを塗ります。
053.JPG

★これが完成形
最後に少しだけ刻み海苔を振りかけて完成。好みによって七味唐辛子やマヨネーズをかけても
美味しくいただけますよ。
055.JPG


★角度を変えて「完成形」
これが「三津浜風スジ入り卵のそば入り」750円。
見た目はそうでもないのですが、これが実に大きくて食べ応えあり。
これを鉄板の上でテコを使用してフーハーしながらいただくのですが
たまらない美味しさに・・・・大・大・大満足なのです。
058.JPG

【お好み焼き美味さんのお好み焼きあとがき】
”最後の晩餐はお好み焼き”といってはばからない私・・・幼い頃から大好きで
現在でも子どもや孫たちにも自宅で焼いてみんなに「美味しい美味しい」
と言わせています。
関西系のものもそれなりに美味しいのですが、最近では私に限っては三津浜
風のものを好んで食べています。広島風のお店も全国各地に拡がってはいますが
、ぜひ松山に来ていただいて「三津浜風お好み焼き」を召し上がってください。
※ちなみに、私は「三津浜焼き30店舗」全店網羅いたしました。
詳しくは、私のブログの「お好み焼き」特集などをご覧ください。



 
| お好み焼き | 08:44 | comments(6) | trackbacks(0) | -
お好み焼き:美味「焼きそば」
大好きなお好み焼き・・・・・夏でも汗をかきながら食べて元気になり、秋から冬にかけては
最高のシーズンとなります。

私の最後の晩餐の1品・・・・愛するお好み焼き
今日は松山市の瀬戸内海に近い古三津地区にある「美味(みみ)」さんです。

このお店は、今までにも何度かネタとして紹介していますが、今日も美味しそうな画面ごらん
くださいね。


【美味(みみ)】・・・・お好み焼き(広島風・関西風)・焼きそば
■住所:松山市古三津3丁目25-21(松山西高校から西へ300m)
■電話:089-951-0555
■営業時間:11:00-14:30 ■定休日:月曜
■駐車場:5台分あり

今日は、「焼きそば編」です。

ご覧ください。



★お店の外観
建物そのものよりも、この付近を通ると空腹時にはたまらないほどのソースが焦げるにおいが
して・・・・たまらんのです。あ〜ぁ腹減った!!
060.JPG


★暖簾
この暖簾を見ればまたまた食欲倍増・・・・パブロフの法則でしたかねぇ。見ただけでよだれが
061.JPG


★焼きそばを製作開始
まず・・・鉄板に牛脂を引いて炒めます。
035.JPG


★炒まった牛脂の上にブタバラ肉投入
牛の脂に豚のばら肉が入り・・・まるで肉の黄金のコラボレーションやぁ(by彦麻呂)
036.JPG


★麺を焼き上げてひたすら鉄板で蒸らします。
その脇で、たくさんのキャベツと天カスを炒め合わせていきます。
038.JPG


★これで1人前のキャベツの量
信じられないほどの量のキャベツが入るのです。すごいと思いません?
040.JPG


★十分に炒め合わさったキャベツ
最初からすれば量は約半分くらい、水分を良く飛ばして焼きそば麺との合体に備えます。
042.JPG


★鉄板の上でカリッと焼きあがった焼きそば麺
焦げてしまってるんじゃないかと心配するほどカリッと焼きあがってます。
043.JPG


★夢の合体
焼きそば麺とキャベツとの合体・・・・ご対〜面(以前桂三枝さんの司会でそんなセリフが
ありましたよね。
047.JPG


★十分に絡めていきます。
この時点でほぼ完成、これからソースを絡めて完成です。
049.JPG


★アップ
見ただけでボリュームがたっぷりなのをご理解いただけますか。
050.JPG


★完成形
ぱっと見れば焼きそばなのですが、その中にはたくさんのキャベツたちがその存在感
を示しています。これで1人前、お値段は500円と1コイン・・・・庶民の味方ですね。
056.JPG



 
| お好み焼き | 14:36 | comments(4) | trackbacks(0) | -
黒丸:広島風お好み焼き
広島風お好み焼きの居酒屋『黒丸』さんへ行ってきました。

”最後の晩餐はお好み焼き”と公言している私ですから、「お好み焼き」という
フレーズには敏感で、ブログ仲間のいけちゃんのネタを参考にしてうかがったのです。
この日は、ここ黒丸さんの近くのライブスタジオで友人が往年のR&Rのライブを開催
するとかで、その前にちょっと1杯引っ掛けてというのでこの店にお邪魔しました。

それではご覧ください。



【黒丸】・・・・・居酒屋・鉄板焼き・広島風お好み焼き
■住所:松山市平和通2丁目3-6(平和通沿い、愛媛・松山大学の近く)
■電話:089-993-5155
■営業時間:11:30-14:30,17:30−22:00 
■定休日:毎週水曜日・第1第3の火曜日も休み



★お店の外観
場所は松山市内の中心部に程近い平和通沿い、愛媛大学・松山大
学の学生たちの通学路にあります。
006.JPG


★正面
ガラス張りですが中の様子は見えません。
008.JPG


★邸内のPOP
学生さん相手なのでしょうね、いろんなサービスがあるみたいで、大食いの学生たちにはこ
んなサービスがありがたいに違いありません。
※ちなみにお好み焼きのソバのW(2玉分)は無料というのですから、これに便乗しないわけ
はありません。

007.JPG


★居酒屋スピードメニュー
1品200円からあるスピードメニュー、どんなものかいただいちゃ
います。
010.JPG


★こちらは鉄板焼きメニュー
ヤキソバや鉄板焼きのホルモンが主体みたいです。ビールのお供に
はこちらもいただいちゃいましょうね。
011.JPG


★まずはビールで乾杯・・・こちらは300円
009.JPG


★やみつきキャベツ200円
見た目は大きくカットされた生のキャベツが添えられてるだけですが、これが爽やかな
お店オリジナルのドレッシングにぴったり・・・それに200円とはなお嬉しいのです。
013.JPG


★キムチ300円
見た目ほどは辛くないキムチ、ちょっと1口というのには最適な酒の肴
012.JPG


★ホルモン鉄板600円
お店オリジナルの甘味を含んだタレとぷりぷりのホルモンに、キャベツやタマネギに
ネギも上にトッピングされた1品、食べ進めていくうちに胃袋も喜んでいるのがわかり
ます。
014.JPG


★チーズ焼き300円
とろけるチーズを鉄板で焼いた1品、シンプルでおいしかったぁ!!
016.JPG


★そろそろハイボールをお代わり
これが190円とはなんとお得感満載なんでしょう。
018.JPG


★気になるメニュー
山賊焼き・・・今回はパスして、次回は挑戦しましょう。
019.JPG


★鉄板焼きメニュー
1番高いそばめしでも700円、これは正解です。
020.JPG


★広島風お好み焼き600円
広島風お好み焼きの定番「豚玉ソバ入り」いただいちゃいます。
021.JPG


★小皿に取り分けて
本来ならテコ(鉄板焼きをする鉄製のもの)でいただくのが1番美味しい食べ方ですが、
この日はテーブルに運ばれてきたのでお箸でいただきます。
広島風のお好み焼きは台(メリケン粉のクレープ状のもの)の上にたっぷりの野菜を
入れて焼きすすめるものですから、見た目よりもあっさりとしてヘルシーなのです。

023.JPG


★その他の情報
027.JPG

【黒丸さんのあとがき】
友人と2人でたっぷり食べて飲んで・・・・〆て4,500円、いくら学生価格といっても
これはすごくお得感があります。次回には仲間を誘っての再訪もあります。
ごちそうさまでした。

 
| お好み焼き | 08:27 | comments(4) | trackbacks(0) | -
お好み焼き「みうら」⊆多編
すいません・・・・食べ物ネタで・・・・本来の実食をご紹介できませんでしたので、
きょうはたっぷりご覧くださいね。

「お好み焼き:みうら」実食編です・・・・どうぞ


★お好み焼き:並・・・400円
最初の1枚は・・・やはりプレーンな1枚をいただきたいものです。とりあえず、このお店の
売り物の「お好み焼き:スルメ」をいただきます。
021.JPG



★するめ投入
この「するめ」とは、いわゆるスルメの揚げた天カスのようなものでこれ自体も市販され
ており、ビールのお供としても愛用してるものです。これを入れると風味がアップしてよ
り一層美味しくいただけるのは間違いないのです。
022.JPG


★ひっくり返し
具を全て投入し、その後一気に裏返しします。ここみうらさんでは、台の部分をテコで
押し付けてキャベツの水分を飛ばすのです。
023.JPG


★そして約5分後完成形
裏側が焼きあがったら生卵を投入して鉄板の上で焼き、その上にお好み焼きをかぶせて
裏面を仕上げて、ほど良い時間にひっくり返せばほぼ完成。
024.JPG


★美味しそうな完成形
表面にたっぷりソースをかけ、2つ折りにしたうえでその表側にもたっぷりとソースを
026.JPG


★美味そうな切り口
画面でこの美味しそうな匂いをお伝えできないのが残念です。ソースの焦げた香ばしい
香りがたまらんのです。
027.JPG



2つ目はメニューにはないこの日の特別メニュー『豚バラ野菜炒め』


★豚肉を投入
028.JPG


★キャベツ・モヤシとともに炒めます
029.JPG


★完成形
野菜炒めが完成・・・最後に塩コショウではなくお好みソースを投入
031.JPG



3つ目は『ねぎ焼き・スジコン入り』450円+100円


★ねぎ焼き
台の上に通常はキャベツを乗せるのが一般的ですが、このネギ焼きはたっぷりの刻み
ネギを投入します。そして、牛肉のカタジ肉とスジ肉をトッピングしていきます。
034.JPG


★その上にスジコンを乗せます。
※スジコンとは、甘辛く味付けしたスジ肉とこんにゃくをミックスした煮物のこと。
スジコンを入れることにより、ネギとの相性が抜群だから旨みは倍増するのです。
036.JPG


★出来上がり
こちら『ネギ焼き』はソースはお好みソースではなく醤油をかけて和風でいただき
ます。ソースの焼ける香りも美味しいのですが、やはり日本人は醤油の鉄板の上で
焦げた香ばしさを嫌いという人はいませんよね。
048.JPG


ネギ焼きのアップ
見た目にはあまり美味しくは見えませんが・・・・・・どっこい・・・・甘辛い醤油がネギ
に絡まって香ばしい香りが食欲をそそります。
053.JPG



そして4番目は『焼きそば上』600円です。


★牛脂とカタジ肉を投入
鉄板の上で肉を焼いて旨みを抽出します。
039.JPG


★たくさんのキャベツ&スルメ投入
しっかりと鉄板の上で炒めて、それぞれの素材の風味を合体します。
040.JPG


★やきそば投入
炒めあわせた具材にメインのやきそばを合体
042.JPG


★焼きあがればソースを回しかけ
野菜と麺が1つになって、お好みソースの焼けた匂いが鉄板の上で拡散されます。
045.JPG


★芋焼酎
ビール2杯いただいたあとには、芋焼酎の水割りイイネ
050.JPG


★続いて・・・焼きうどん
お湯で茹でたうどんを野菜と合体、水分を飛ばしながら鉄板の上でうどんを焼き
あげていきます。
057.JPG


★焼きうどん完成
けっこうボリュームのある焼きうどん、鉄板の上で「キュー・キュー」といい音を
立てていきます。
059.JPG


★みうらの女将さん
お好み焼きを焼き始めて40年、ってことは何歳から焼いてるの?
まぁ細かいことはええから・・・うん。
058.JPG


★メニューの女将さんのイラスト
感じは似てますが、かなり以前のものでしょうか?
いささか無理があるのは否めません
062.JPG


★みうらのソース
お店のソースは、高松から取り寄せてるというお好みソース
松山特有のものよりも少しスパイシー
066.JPG

【お好み焼き:みうらのあとがき】
以前から行って見たいと思っていたみうらさん・・・念願がかない楽しい時間
を過ごしました。まだまだ食べていないメニューもあるので次回の訪問を
楽しみにしておきます。お味のほうも満足し、お店を経営する女将さんの
飾らない接客にもまた行ってみたいという気になりました。
「お好み焼きファン」の皆さんにはぜひうかがっていただきたいお店です。
| お好み焼き | 08:53 | comments(4) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ