CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
2012ハワイ旅:85:最終回:「松山へ帰る」
『2012年のハワイ旅』の最終回です。
今年のハワイ旅行は、日程が2月2日から11日までの8泊10日のハワイ旅行でした。
今回は、まずは初めて訪れたカウアイ島で2泊し、それからネイバ−便で大好きな島マウイ島へ飛んで3泊したあとに、オアフ島で3泊するという内容でした。
この10日間の旅に・・・・なんと今日で85回という引っ張った内容に恐縮しながら、粘り強くご覧いただきました私のブログ「親父放浪記」ファン?の皆様へ感謝申し上げます。

来年のハワイへの旅も先日決定いたしまして、現在はその中身を構築中でございます。
こんなダラダラとしたベタなネタの内容ですが、今後ともよろしくお願い申し上げます。
それでは・・・・・『2012ハワイ旅:最終回「松山へ帰る』ご覧ください。

 





無事に日本へも到着し、入国手続き・税関検査を経て一安心です。
これからは成田空港から羽田空港まではリムジンバスに乗り込み、羽田からは国内線の飛行機に乗り継いで、わが故郷の松山まで帰るのです。それでもリムジンバスは約1時間半、国内線も松山までが約1時間半かかり・・・・乗り継ぎの時間を含めると国内に帰っても約4時間近くは帰宅するのにかかってしまいます。





★成田空港の手荷物預かり所



★みなさん重くなった手荷物をここでゲットします。



★リムジンバスでの待合
暖かい空港内とはちょっと違い・・・・外は2月の千葉県成田市ですからとても寒いのです。



★夕方の5時近く・・・・気温は5度しかありません。
少しの間だけならそんなに寒さは感じないのですが、このように現在の気温などをビジュアルに見ると「あ〜ぁここは日本なんだ・・・現実に戻るんだ」とシュンとなるのです。



★行きは右上の2個だけの手荷物が・・・帰りにはなんと5個に膨れ上がりました。
日本からハワイ行きの手荷物は右上の大きなトランク1個だけ(もう1つの小さなトランクはその中に収納していました)でしたが、帰りにはなんと5個に膨れ上がって・・・・「ハワイへの仕入れの旅」風になったのです。改めてこの数を見ると「やっちまったんだなぁ」と実感するのです。



★これから羽田へ向かいます
成田空港からはリムジンバスで約1時間20分の旅・・・。



★湾岸線も暗くなりました。
ちょうど1年前の昨年の3月にハワイから帰った際には、3月11日に日本に到来した津波の影響による液状化現象のせいで、ここ高速の湾岸線は通行止めでありました。



★羽田空港到着
夕方の7時近くともなると、いつもは混雑するここ羽田空港でも乗降客の数も少なくなって、閑散としたありさまです。



★19:15発松山行きに乗ります。



★そろそろ搭乗開始



★機内の様子
画面が白黒ですよね?東京から松山までは時間にして約1時間半の距離。
出発してから約1時間後には瀬戸内海上空を飛びながら松山空港へそろそろ到着です。



★PM8:45松山空港へ到着しました。



★松山空港手荷物預かり所
周囲の皆さんは・・・やはりこの時は私の住む四国地方でも2月の寒い時期ですので、コ−トやジャケットを羽織って寒そうです。



★松山空港ゲ−ト
カ−トに積み込んだたくさんの荷物も重そうですが、このときにはホッとして安心できる時間です。今回のたびでの空港へのお迎えは、私の愛娘と旦那さんが来てくれました。



★この晩のディナ−は「はなまるうどん」
この夜は久しぶりの日本食での晩ごはん。いつもならひいきにしている自宅の近所にある居酒屋の「やな助」へ行くつもりでしたが、どうもこの日は営業が終了したみたい・・・・というので、この近くのセルフサ−ビスのうどんのチェ−ン店である「はなまるうどん」さんへうかがいます。





★きつねうどん&おでん2品(卵・スジ肉)&ちくわの天ぷら&おにぎり1ヶ
久しぶりの日本での食事・・・・やはり何のストレスもなく、こんな和食のメニュ−が一番落ち着くのですから・・・・やはりわれわれは日本人なんだ・・・と強く感じる瞬間なのです。


【2012年ハワイ旅:最終回】
どうですか、今年のハワイ旅もこれで終了です。
皆さん楽しんでいただいたでしょうか?
来年はもう少し視点を変えて、新たなハワイ旅にチャレンジしようと今から計画を作成中です。お楽しみにねぇ。

| 2012年2月ハワイの旅 | 08:28 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:84「ハワイから日本へ帰国」
ホノルル国際空港AM11時45分発の NH599便に乗り込むやいなや・・・・飛行機がいつ出発したのかも分らないくらいの強烈な眠気が私を襲ってきて、約1時間ぐっすりとシ−トの上で眠り込んだのでした。この傾向はハワイ旅ではいつもの事なので驚くほどのことはないのですが、帰りの飛行機の中ではハワイ旅でのレンタカ−の左ハンドル車での運転による緊張感もすっかりなくなり、それまでの疲れが一気に出て爆睡するのが定石なのです。
まぁ「どこでも眠れる」という親からいただいた私のDNAに感謝するのです。そして、帰りの飛行機でも”食っちゃ寝ぇ”で約9時間近いフライトでも別段時間を上手につぶせるので助かります。

それでは・・・そんな機内の様子を・・・・。



★目覚めて目の前の画面を撮影



★そして・・・機内食





★お味のほうはこんなもの



★機内食に多くを期待してはいけません



★太平洋上空を一路西へ



★まだまだ遠い・・・・日本が



★で・も・ね・・・次第に日本へ近づいてきて



★2月の激寒の時期の太平洋上空



★到着前の軽食
こちらのほうはまずまずのフランスパンにハム&チ−ズを挟んだもの・・。お味のほうは先ほどの機内食よりも大分食べやすいものでしたよ。



★何もしないのにカロリ−が高そう
そうです、機内では別段運動はしないのに・・・・食べて・・・飲んで・・・眠って・・また食べて・・・ブロイラ−状態になるのですから・・・・。



★コーヒーもいただきます



★そして・・陽も少し傾いてきて



★もう少しで・・・成田空港到着。



★ホノルルを出発して約9時間後
やっと成田国際空港へ到着です。
| 2012年2月ハワイの旅 | 08:43 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:83「ホノルル国際空港」
 ホノルル国際空港へ到着しました。
今回の国際線の飛行機は、ANA(全日空)とUA(ユナイテッドエアイライン)との共同運航便です。手荷物検査を終え出国手続きをして空港内に入ります。やっと旅を終えたというのか、これからは自分で運転しなくてもいいという安堵感でホッとするのです。



★まぁまぁの列
そんなに込んでいなくて、割とスム−ズにチェック・イン出来ました。



★列に並ぶ前に
チェックインする前の列のロ−プ内に入る前に、このように手荷物の重さを量る計量器があります。ここで「20kg以上の手荷物」かどうかをチェックし、重ければ中の荷物をばらして他に移し代えなければ・・・”重量オ−バ−”で超過料金を徴収されます。た・し・か2万円だったとか・・・・これは大変な事です。



★必死で手荷物を分散してます。
私のような”旅の達人”ともなると・・・20kgオ−バ−が心配な時には、泊まっていたホテルのポ−タ−さんに頼んで、事前に計量を済ませておくのですから・・・・。



★この時間でもたくさんの出発便が
この時点で時間は10時過ぎ・・・。これからのたくさんの飛行機が、日本や東南アジアアメリカ本土へと旅発つのです。



★夏モ−ドのアメリカ系の人々
こんな格好では・・・日本人ならとても寒い機内では長時間のフライトには耐えられないのです。いつも思いますが、欧米人とアジア人では皮下脂肪の量が全く違うので、寒さには欧米人は鈍感なようです。



★そして・・臨時合唱隊
空港内で演奏していたフラガ−ルの中に入り、一緒にコ−ラスを?



★最後の買い物
欲しい物はもうないのですが、何かいいものがないものかとウォッチングします。



★お菓子やウエア
最後の最後の買い物ですが、もうそのパワ−は残っておりません。



★みんな手荷物が重そう
たぶん・・・機内預かり手荷物に超過したんでしょうね。両手にたくさんの荷物を抱えて、搭乗口までの長い通路を歩きます。



★搭乗口横の待合所
さぁここまで来たら日本人もたくさんいて、半分は気分的に帰国したような感覚になるのです。



★11:44・・いよいよチェックインです。



★快晴のホノルル国際空港を帰路に着きます。
| 2012年2月ハワイの旅 | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:2(ホノルル空港到着)
2012年2月2日、AM7:00ちょうど・・・・ ハワイの空の玄関口、オアフ島のホノルル空港へ到着しました。

成田を出発したのが2月2日の夕方・・・PM7:25分、それから飛行機に乗る事約6時間半後・・・つまり日本時間に換算すれば・・・なんと午前2時という真夜中の時間にホノルル空港へ到着することになるのです。


【日本とハワイとの時差】
でもね、・・・・実はこれが時差の関係で(日本とハワイでは、時差がマイナス19時間あるのでややこしくなってしまうのですが)・・・・普通に考えれば到着するのは翌日の朝・・・当然、日付は2月3日だと思うのが普通ですが、実際のハワイ時間では、2月2日、・・・つまり行ったその日の早朝にさかのぼってしまって・・・・”ハワイ時間では・・・・出発したその日の朝7時に到着する”のです。


【気をつけよう・・・初日の時差対策】
しかし、自分の体はまだ日本時間の午前2時な訳ですから深夜なのです。ですので、普通に考えると当然外はまだ真っ暗なはずなのですが、不思議にもハワイでの現地の到着時間が朝7時ですか、外はほんのり明るくなってきているもんだからで・・・もう朝だよ・・・といった感覚になるのです。
でもね・・・飛行機の中ではみんな・・・そんなに熟睡できるわけでもなく、6時間半の機内での時間のうち・・・・睡眠時間は、せいぜい1.2時間といったところです。だから・・・・行ったその日は時差の対策が必要になってきます。


【親父の時差対策】
私の場合は、とにかく眠くなっても”眠るのを行ったその日だけはとにかくがまんする”のです。5分や10分程度の昼寝くらいならまだしも、2.3時間も眠ってしまうと・・・その後は夜と昼が逆転して、翌日以降には「日中は非常に眠くて、夜には眠れない」という”時差に悩まされる”ことになるのです。そこで、着いたその日だけは眠るのをできるだけ我慢して、その分、初日の夜は早い時間にベッドインする事なのです。
こうすれば、私の場合には翌朝からは日本並みの普通のペースでハワイをエンジョイしています。
とにかく、初日の行動が肝心です。「ハワイを3倍楽しむ」ためにも、ぜひ覚えておいてください。



それではまもなくハワイに到着します私たち・・・・その後を・・・・どうぞ。




★飛行機のモニタ−ではそろそろ到着の様子
すでに飛行機はカウアイ島の上空まで来ているようです。機内のアナウンスでは、このあと15分くらいでハワイの空の玄関口ホノルル国際空港に到着するようです。




★機内食・・・・だったそうです。(隣に座っていた奥さんは食べていました。)
私の場合は、出発時に38度近い高熱が出て、とてもじゃないけれど機内食を食べる気力すらなかったのでした。機内では”ひたすら寝るのみ”でして、まぁ熟睡こそは出来なかったけれど、アイマスクをつけて目をつぶり、ひたすら熱が下がるのを願っての我慢の6時間半でした。




★成田出発時の体温・・・・『37.7度』
私は割合平熱が低いので、通常は多分36.5度くらいかな?・・・37度超えともなると、自宅にいる場合にはウン・ウンとうなってひたすら眠って養生をするのですが、この時にはあまり経験がない38度近い高熱・・・体温計の表示に驚いて、「これからの予定をどうしよう」・・・と悲観しておりました。(あとで聞いた話ですが、うちの奥さんは・・・・・この状態なら、2日間くらいはハワイでは何も出来ないだろうと・・・内心あきらめていたそうです。)

















と・と・ところがですねぇ、ジャジャ〜ン・・・・。











★ホノルル到着前の熱・・・・・なんと平熱の『36.7度』急降下!!
約6時間で熱が1度も下がった?
・・・・「成田空港で買って飲んだ」"早目のパブロン”(CMでは竹下景子さんがこう言ってるでしょう)の驚異的な効能で・・・奇跡的に回復したのです。
いま、こうして振り返ってみても"うそ・みたい"なのです。
重ねていいますが、うちの奥さんに言わせると「ハワイへの思いが強過ぎての・・・知恵熱」だったのかもしれませんが、・・・・・自分の驚異的な回復力に”こんな身体に生んでくれた両親に感謝"しかないのです。また、普段あまり薬を飲まないので、薬が驚異的に効いたのかも・・・・。




★ホノルル空港到着・・・ハワイへ入国
今回も、イミグレ−ション(入国検査)はさほど混雑していなくて、到着が早朝で搭乗お客の数も知れていたのですから・・・すんなりと外に出ることが出来たのです。
※この付近が、正月などのTV番組の取材でハワイ好きの芸能人たちがレポ−タ−に待ち構えられる場所なのです。




★時間が時間ですから、まだ少し空はうす暗いのですが、我々を包む空気はすでにハワイ特有のさわやかな空気です※この空気を吸うと「南国の楽園ハワイへ来たんだぁ」と感じる瞬間なのです。









そして、ハワイならではのユニ−クな「トイレの表示板」をご紹介します。



★男子トイレ
男性はハワイの言葉で「kane」カネといいます。
このイラストは、男性がアロハシャツを着ているのをイラストにしたものです。
※このイラストを・・・・”やくざのような刺青している”といった輩もいたのですが、くれぐれもお間違いのないように・・・。




★そして、女性トイレ
女性の場合は「wahine」ワヒネといいます。
これは、黄色のム−ム−を着た赤いレイと髪飾りのイラストがいかにもハワイらしいでしょう?





★ロ−カルの空港で
ここは、国際線から別の棟にある・・・ハワイ各島を結んでいるロ−カル線ハワイアン航空の搭乗手続き場所。なにやら紫のドレスを着たストロ−ハットに長い髪の可愛らしい女の子?が何かスタッフとおしゃべりしています。すわっ・・・後姿は好みのタイプ?



★ジャジャ〜ン・・・。
実は、ここで搭乗手続きを手伝ってくれる日系2世のおばちゃんでした。彼女は日本語がぺらぺら・・・・・私との年齢が一回りくらいは上のお姉ちゃんだったようです。
後姿だけでは判断できない・・・まだまだ女性を見る目を養わなくては・・・・・トホッ。
まぁ、両指を広げて「アロハ〜」くらいはしておきましょう。



【さぁこれから・・・カウアイ島へ向かいます】
熱のほうも平熱に戻り・・・・さぁこれから初めてうかがう魅惑的な島「カウアイ島」へと向かうのです。
| 2012年2月ハワイの旅 | 08:21 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:1(松山空港出発)
 さぁ始まりました・・・・『2012年ハワイの旅』

【失意?の中でのハワイ行き・・決行】
今回のハワイへの旅は、昨年10月中旬に決定したのです。その理由なのですが、私らしいといえばそうなのでしょうが、非常に子供っぽい理由で”今となってはちょっと笑える”のです。

実は、今年の2月5日に開催された地元松山での「愛媛マラソン」の出場を熱望していたのです。しかし、申込日の昨年9月1日の正午から行われたネットでの申し込みに申込希望者が殺到して、わずか4時間で先着の枠6,000人分が終了して間に合わなかったのです。それでも夢を捨てずに、その後に行われた郵送による第2時募集の抽選にも申し込んだのですが、それにも10月中旬に落選ガ決定して、その直後にこの旅を思い立ったのでした。


【禁煙から始めたジョギング】
過去には40年間、毎日2箱半も吸っていたヘビ−・スモ−カーでもあった私が一念発起してタバコを辞めることが出来て・・・・禁煙生活約2年、その反動での”デブ防止”に始めたスポーツジムでのジョギングが次第に楽しくなりました。
昨年は、4月の10kmマラソンでマラソン競技に初参加し1時間4分で完走。11月にはハ−フマラソンにも出場し2時間半とタイムにはやや不満足ながら完走を果たし、・・・・そして、最後のクライマックスには、地元松山で開催される「愛媛マラソン」50回記念大会にフルマラソンの初出場をし、見事完走したかったのですが・・・・前述の理由により私の願望は今回は叶いませんでした。

そこで、「その日に走れないんだったら、自分が走りたかったレ−スを人が走るのを見るのも不本意だし・・・それなら大好きなハワイへ行こう」という単純な理由から、10月中旬に準備を進めてから3ヶ月半・・・準備万端・・・・・待ちに待った気持ちを抑えて・・・激寒時期での松山出発となりました。


さぁ、これから厳寒の日本を離れて”8泊10日の南国ハワイへの旅”。
今回は、初めてお邪魔するカウアイ島で2泊し、続いてマウイ島で3泊、最後のオアフ島で3泊の・・・ちょうどいい日数の旅です。

さぁどうなりますか・・・。
ご覧ください。




★松山空港1Fカウンタ−
午後の2時半のANAの東京への出発便、この時間帯はあまりお客さんの数も多くなさそうです。搭乗手続きも簡単に終わりました。



★手土産には、四国名物の「さぬきうどん」でも・・。
四国地方のお土産の種類もたくさんあるのですが、やはり好き嫌いや賞味期限が心配なお菓子よりも・・・まずは無難に「さぬきうどん」を持参します。(今回は、ハワイで手渡しするお土産にします。)




★1日の発着数が20便弱、まぁ地方の空港とすれば上々の便利さでしょう。
東京へも日帰り出張ができ、その他にも、大阪・名古屋・福岡・宮崎・鹿児島・沖縄・・・海外ではソウルや上海などにも週2.3便飛んでいる・・・・まぁ地方空港としては便利なのではないでしょうか。




★今日の東京便は・・・ビジネス客中心
出発したのが、2月2日の木曜日という平日ですから、ス−ツ姿のビジネス客がほとんどです。
私がこんな時に感じるのは「普通の日にラフな服を着て遊んでいる」という”多少の罪悪感”に、「君たちは寒い日本でまじめに仕事をしていなさい」という”少しの優越感”が混ざった・・・・まことに複雑な心境なのです。



★約1時間半後には羽田到着
さぁ手荷物を受け取って、専用のリムジンバスで羽田から湾岸線を通って成田空港へ向かいます。※去年のハワイ行きでは、ちょうど東日本大震災をはさんでの日程だったもんだから、行きはこの湾岸線でして、帰りは湾岸線が震災の影響の液状化現象で通行止めとなり、都内の浅草周辺を通っての帰路でした。



★約1時間後、成田空港到着
今日も、空港の手前の検問所でパスポ−ト・チェックをして・・・その後空港に入ります。



★到着した成田の気温・・・2度
やはり2月2日というのはまだまだ寒いのです。次の日の2月3日には、四国松山でも約26年ぶりの大雪となったそうで、市内は交通マヒとなって大変みたいでした。



★この日は・・・晩ごはんを空港内で食べます。
今日の便は7時半出発なもんですから、早めの晩ごはんを回転寿司で終えて、飛行機の中ではひたすら睡眠をとる予定です。



★江戸前のひかりもの・・・「こはだ」
あまり四国地方にはない・・・この江戸前寿司の代表格「こはだ」好きなネタの一つです。




★大好物のエビ
やはり海老だけは・・食っときましょう。



★そして、成田空港内の免税店で買い物?・・・・しませんでした。
買い物はしませんでしたが、ドラッグ・ストアへ立ち寄って薬を購入しました。




★アクシデント・・・発生!!
なんと・・・体温が37.7度・・・・昼頃から寒気があり・・・ゾクゾクしていて、自宅を出るころにはまだ熱は37度くらいだったのが、ここに来て搭乗する前の午後7時過ぎ・・・・なんとこんな高熱が・・・た〜いへんです。この日は、晩ごはんの回転寿司の時も、日頃はこんなリラックスしている時ですから当然に晩酌をするのですが・・・この日だけはお酒を飲むのは止めときました。



★機内の様子
とにかく飛行機の中では高熱でフラフラ、ひたすらアイマスクを装てんして・・・眠って・眠れんかっても目をつぶってマスクして・・・ひたすら熱が下がるのを願うだけです。



【第1日目】
なんと38度近い高熱に犯されて始まった今回のハワイ旅行。
これからいったいどうなるのでしょうか?
| 2012年2月ハワイの旅 | 08:59 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2012年ハワイの旅(ダイジェスト版)最終日
ハワイでの時間・・・・この日は、平成24年2月10日、いよいよ本日、日本に帰ります。
2月10日に出発して2月11日に日本到着、時間にすれば搭乗時間は実質9時間程度ですが、日付変更線の関係で帰りは2日間かけて帰ることになります。

現実を離れて過ごせた夢のようなハワイでのこの10日間、私の場合は”ハワイへ来ればその後にラッキ-な事が舞い込む”という・・・・「まことに私にとっては非常に都合のいいジンクス」が現実にたくさんあり、ハワイに来ればある意味いい気(ヒ−リング)を貰って帰れる・・・みたいなのです。
事実、ここ数年間でも、ハワイから帰ってからはいい事が続き・・・・「これもハワイに来た恩恵だ」と単純・無垢な我々夫婦はこのように信じきっているのです。また、今年も良いことがあることを祈って・・・・・・常夏の国ハワイから丸1日・・・いや・・・2日間かけて、極寒の日本へと現実に引き戻されるのです。(あぁ・・・いやだ・嫌だ)

”正直いって帰りたくない”というのが本音なのですが、やはり日本がホ-ムグラウンド・・・・いい年をして駄々をこねるわけにはいかんでしょう。(充分に・・こねとるって・・・)


それでは、『2012年ハワイの旅:ダイジェスト版・・・最終回』となります。
ご覧ください。




★お土産・・・その
チョコ・コ−ヒ−・クッキ−・ナッツなど・・・ETC

カウアイ島・マウイ島・オアフ島で少しづつ買い込んだいろいろ。



★今回買った靴関連
革靴1足・スニ−カ−5足・サンダルは2足・・・うち1足は息子へのお土産。



★そして・・・Tシャツ関連・・・およそ30枚
普段着・ジュギング用・・・・そのほか・・・・・家族や仲間へのお土産などでもちょこっと。






※この他にも、ゴルフウエアやキャップ・バイザ−など・・・自分用や友人・家族へのお土産など・・・しこたま買って帰っているのですが・・・まぁこれくらいにしておきます。



★朝のアラモアナ・アベニュ−
この日の朝は、近所のABCに立ち寄って、マクドナルドで簡単な朝食です。



★この日の朝メニュー
「ご飯にスクランブル・エッグ゙&スパム」といった正しい日本の朝食です。(醤油だけはここハワイらしくアロハ醤油・・・黒い袋・・・です)




★さて、ここはいったい何処?
実は、今回泊まったうちのハワイ・プリンスホテルから歩いてすぐの距離におしゃれなホテルを見つけて、この日の朝食の帰りに立ち寄ってみたのです。(ホテルの名前:モダン・ホテル
※この白いUFOのような台は、なんとホテルのチェックイン・カウンタ−なのです、なんておしゃれなんでしょう?そして、スタッフもイケメンたちが揃っていて、半ズボンに白いスニ−カ−といった”こじゃれたユニフォ−ム”なんですから・・・。



★お部屋の中も、スタッフに無理をお願いして拝見しましたが・・・・。
見て、このインテリアのしゃれてる事・・・・・。(絶対好き!!このセンス)



★そして、プ−ルサイドの女性スタッフと・・・。
絶対!!次回ここオアフ島へ来たときには・・・ここに泊まろう・・・そう私は決意したのでした。(デレッ)



★空港へ向かう途中にアロハタワ−へ立ち寄りました。
どうしてかって?いうと・・・・ここの港にでっかいクル−ズ船が停泊していて、1度間近で見てみたいと思ってたからです。



★そして、なんと港には日本の高校の遠洋船もいました。
直接彼らに話を聞くと、九州の福岡から来ている水産学校の演習船らしく、2週間もかけてここハワイに来たそうです。(しかし、高校生の演習船というと・・・わが愛媛県では、どうしてもあの15年前の宇和島水産高校のえひめ丸の事故を思い出してしまうのです・・・少し悲しい)



★ホノルル空港到着
このはかりの上に乗せて、最終の荷物重量チェックをします。
1バッグが最大重量約23KGまでで、それを超えると超過料金が$200もかかりますので、みんな荷物の重量調整をここで行うのです。



★空港でもまた、フラ・ガ−ルたちと
来るときの熱はどこへやらで・・・・・結局、ハワイでは最後まで元気な・・・親父でした。



★手荷物をたくさん抱えて出発ゲ−トに向かいます。
機内に預ける荷物にあぶれた(超過料金が要りますので)手荷物を両手に抱えて、足早にゲ−トに向かっています。




★機内食
「まぁ食べれない事はない」・・・という程度のクオリティの食べ物でして、今までに「こりぁ・美味い」などと機内食では思ったことは1度もないのです。



★帰りの機内では良く眠れます。
フライトの時間が約9時間、その中で半分くらいの時間は死んだように眠っていられるのですから、よっぽどハワイの工程では疲れていたんでしょうねぇ。(肉体・精神ともに限界です)



★成田国際空港到着
ほっと一息、ここまでくればホ−ムグラウンドの日本ですから・・・一安心です。



★そして・・・手荷物がなんと4ヶ
松山を出た時には右奥の大きな茶色いバッグ1つでしたが、帰りはなんと合計4ヶに増えております。
いったいどうした事だ?・・・・「お前のせいじゃ」・・・などと・・・どこかから声が聞こえてきます。(スミマセン)



★その日のうちに最終便で松山空港へ到着
到着したのがPM9:00、さすがに松山でもこの時間の気温はは5度くらい?(やはり日本は冬でした)



★晩ごはん「きつねうどん・おでん・イカ天・おにぎり」
あ〜ぁ、ここはやっぱり日本じゃ、落ち着くねぇ。ここで、やっと現実に引き戻されるのでした。※自宅近くのチェ−ン店のうどん屋さんで・・・・。



【2012年ハワイの旅:ダイジェスト編・最終回】
10日間のハワイの旅をダイジェスト版として駆け足でお送りいたしました。
まだまだ私のデジカメにはたくさんのネタが詰まっておりますので、今後は詳細にわたり「ハワイ情報」をご報告したいと思っております。皆さんの今後のハワイ旅の参考になれば幸いです。
ご期待下さい。
| 2012年2月ハワイの旅 | 08:50 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2012年ハワイの旅(ダイジェスト版)9日目
 さて、今回のハワイの旅も・・・・・もう今日1日でおしまいで、明日には寒い日本へ帰国。(クシュン)

3つの島を巡って8泊もして、旅行期間も延べ日数は10日間といった、”現役で仕事をしている平均的な日本人の休暇”としてはかなり長いものとなりましたが、私自身も現在は、まがりなりにも現役で仕事をしている関係上、これ以上の期間については現実的になかなか難しいのです。

まぁ、楽しみは次回以降にも残しておいて、今日は1日悔いのない様に「ハワイ最後の1日」を楽しみます。それでは、その様子・・・ご覧ください。




★ホテルの部屋階から見た・・・”早朝のアラモアナ界隈”
この素晴らしい景色が、朝晩眺められる贅沢・・・・今回宿泊したハワイ.プリンスホテル・ワイキキの26階1BRのエクゼクティブ・スゥイ−トでした。
ヨットハ-バ-の向こう側道路脇に低層の黄色の建物が見えますが、ここがあの「ショッピング&グルメの聖地」のアラモアナセンタ−なのです。この至近距離ですから、歩いて5分でショッピングにも気軽に出かけれるのです。



★さわやかな朝の”アラモアナ・アベニュ−”
朝のこの時間には、ホテルの前を通っているアラモアナ・アベニュ−ではアラモアナ公園などに向かってジョギングなどをする旅行者や現地の人々がた〜くさん行き交っています。これを見ると、我々日本人もがんばって走らなきゃ・・と思ってしまいます。
ジョギングしている人を見ると、みんなスタイルが良いのです。やはりこうしてみると”デブ防止”には、定期的な有酸素運動が効果的なのは間違いのない事実でしょう。



★今朝の朝食は・・・・工業地帯のカヒリ地区に向かいます。
ワイキキの町から車で約10分、港にも近いカヒリ地区には、ロ−カル(地元民)の皆さんがよく利用する”朝早くからやっている・安くて・居心地のよい食堂”が多いのです。私も、いろんな情報ネットワ−クを駆使して、新たなアメリカン・ダイナ−(古きよきアメリカの食堂)にチャレンジするのです。さて、その成果のほどは・・・。



★朝食の場所は・・・・「オリジナル・パンケ−キハウス」のカヒリ店
ここでも、サニ−サイドアップ(目玉焼き)&ハッシュ・ブラウン&でっかいハムのセット・・・・朝からこれくらいのおかずはガッツリといただきましょう。



★「スリ−・リトルピッグ・ブランケット」
これは、薄いパンケ−キにポ−チュギュ−・ソ−セ−ジが挟んである1品です。このような使い方を見ると、パンケ−キとは日本でいう「ホット・ケ−キ」感覚とはちょっと違う・・”甘くないちょっぴり塩味のきいたメリケン粉の台”でして、決しておやつ感覚ではなく、主食にあたる炭水化物だったんだなぁと実感するのです。




★カヒリ地区にある「メネフネ・マック」
ここは、オアフ島で製造されているチョコレ−ト・メ−カ−のファクトリ−(工場)でして、この工場で製造する工程を見学できたり、チョコの直売も格安でしてくれるのです。



★同じく・・・・カヒリ地域のライオンコ−ヒ−・ファクトリ−
倉庫街にある・・ハワイの観光客にも有名な「ライオン・コ−ヒ−」の倉庫&直売所、・・・・ここにしかないコ−ヒ−の商品もあるみたいで、その他にもここ特製のロゴ入りTシャツやキャップ・バイザ−なども販売していました。私は、コ−ヒ−はもちろんのこと・・・&ロゴ入りの長袖のTシャツをゲットしました。




★今やメジャ−となった「ホノルル.クッキ−ズ・カンパニ−」のファクトリ−
先ほど紹介した他の2店と同じく、カヒリ地区にあります。ちょうどお店がオ−プンした時間に我々が来たみたいで、結構いろいろとサ−ビスしてくれました。
※彼女は、このショップの看板娘なのです。笑顔が素敵な方でした。



★トンネルズの「キタナシュラン」の取材で有名になった「エセルド・グリル」@カヒリ
去年来たときには、この店で朝ごはんをいただきましたが、今日は他のショップの買い物のついでに立ち寄ってみました。ちょうど前の道が工事中でしたが、元気に営業をやっておりました。またこの店の看板メニュ−である「モチコ・チキン」や「アヒ・タタキ」を是非食べにきたいものです。



★そして・・・・またまた今回のオアフ島2回目・・・「ワイケレ・アウトレット」へ
レンタカ−なら約30分でワイキキ地域から来れます。最後のツメの買い物で今回の旅に悔いの残らないように・・・・ワイケレも最終チェッ〜ク!!



★ラルフ・ロ−レン・・・・私好みの神秘的な雰囲気の美女が・・・。
前回来た時にチラッとみて、「いいなぁ」と一目惚れした彼女が今日もレジにいました。(こんなおっさんの小さな楽しみ・・・許してください)



★その後・・・今日も「カパフル地域」に戻ってきて
ワイケレの買い物を終え、ワイキキ方面に戻ってきました。ホノルル動物園の近くの路上に車を止めて、またまたカパフル地域のモンサラット通りにやってきました。夕べもここカパフル地域へは夕食にやって来たのですが、今日の目的は、美味しいランチをいただきに来たのです。
※この付近は緑がたくさんあって、とても和む場所なのです。




★木製の安っぽそうなテ−ブルと椅子
こんなレトロ感がぷんぷんと漂う雰囲気の店で〜す。
さて、このお店は何処でしょうか?ハワイマニアだったらご存知の有名なプレ−トランチのお店です。



★そして、この日の「ツディズ・スペシャル」の1品・・・「スパ−シ−・チキンから揚げ」
この日のランチにいただいたのはこの品、これでなんと$7.50です。お味のほうもばっちりで、私の大好きなB級グルメ的な匂いが漂います・・・・大満足なプレ−ト・ランチ、ご飯の方もわかめ入りご飯をいただきました。
※このお店の名は・・・「パイオニア・サル−ン」・・・・・モンサラット通り沿いにある日本人がオ−ナ−シェフのプレ−トランチで有名なお店です。




★ハワイにも屋根がオ−プンの2階建てバス。東京で乗ったことのある「スカイ・バス」のようなバスがここハワイでも運行しているようです。(@ダウン・タウン)



★そして、「チョコ・ハウス」の車が・・・・
以前にも私のブログでご紹介した、日本人夫婦がここワイキキでやっている居酒屋「チョコ・ハウス」のロゴ入り車が何故だかダウンタウンの駐車場に・・・。この写真を撮ったすぐ後に、チョコ・ハウスのママであるレイコさんにお会いしましたが、今回はスケジュ−ルの関係でお店の方にはお邪魔できませんでした。



★「キックス・ハイ」
このお店は、ナイキなどのブランドの希少なビンテ−ジ物のスニ−カ−を扱っているのでマニアには有名なお店。アラモアナセンタ−から山側に1ブロック入ったマカラオ・ストリ−ト沿いにあります。



★何故だか・・・・アラモアナ・ホテル
アラモアナ・センタ−のすぐ隣にある約40階建てのこのホテル。
何故この写真があるのかって?・・・・実は、私の友達の娘さんが現在こちらの大学に留学中で、今年の5月に卒業するというので、その友達夫婦もその卒業式に出席するためにハワイへ来て、このホテルに泊まるというのです。ですから、今回は彼の依頼で事前のホテルのチェックに行ってきました。(事情をホテルのスタッフの女性に話すと、なんと2部屋も内部を見せてくれました。)



★そして・・・またまたアラモアナ・センタ−
ここは、パソコンや携帯電話・スマ−ト・フォンなどで有名な「アップル」のアラモアナ・センタ−店。
この店では、去年年末の「いけちゃん主催のオフ会の忘年会」でのチャリティ・オ−クションで、「私が提案した:$100分のハワイでの買い物代行権」を買っていただいたAZAさんのご指名の品の1つ、ここでしか売っていないという「i-フォン」のカバ−を買いに参りました。



★アラモアナ・センタ−内にある日本食専門のデパ−ト・・・白木屋
ここに来れば、まるでハワイにいるのを忘れさせてくれるほど・・・・「日本のデパ地下」にいるような錯覚さえする場所なのです。日本食がすべて揃っているといって良いほど・・・日本人には安心の出来るお店なのです。



★ドンキ・ホ−テのカラカウア店
私は日本でも「ドンキ・ホ−テ」はまだ行った事がなかったのですが、ここハワイ店が私にとって”初ドンキ”の記念の場所となりました。



★この日に買った「白木屋のおこわご飯セット」2折
やはり・・・・我が家の奥さんは純粋な日本人でした。このようなお弁当を見るとついつい手にとってしまい、「今晩のご飯はこれにしよう」とお願いされたのでした。それに、キムチ・納豆・インスタント味噌汁を添えて・・・・これが”記念すべきハワイでの最後の夕飯”になったのでした。まぁええか?




★納豆&キムチ
安心できる「当たり前の日本の食卓」でしょう?




ハワイ最後の夕陽鑑賞
ホテルの横にあるヨット・ハ−バ−越しに夕陽が沈んでいきます。今日も1日ハ−ドに動き回ったのです。あとは荷物が全部バッグに収まって・・・・帰りの便で無事に帰国できるかどうかが心配ですが・・。




【ハワイでの最後の日】
最後のラストスパ−トで・・・・・何とかこれで今回の買い物は終了したみたいです。
さぁ今晩は、簡単に荷造りをして、明日の帰国に備えます。
| 2012年2月ハワイの旅 | 09:13 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2012年ハワイの旅(ダイジェスト版)8日目
 ハワイの旅も・・・・もうすでに8日目、オアフ島での滞在も2日目となり・・・・・・今回のハワイでの旅の残り日数は実質あと2日。

これからは、残された時間もあまりないので、気合を入れて・・・買い物・買い物・買い物・・・これに徹底します。やはりハワイの中でも、ここオアフ島だけは商品が豊富でこの島では「買い物三昧」なのでして、友達や家族などからいろんなお土産の品を要求されてまた、私もみんなにいい顔をしたいもんだから「買い物代行人」的な感じであと2日間はオアフ島内をくまなく走り回るのです。

まぁ買い物自体は元々嫌いではない・・・・いやぁ、むしろ大好きかも?(ではなく・・・大好き!!)・・・・なので、人様のためにといったって、結構自分のものを中心に買い込んだりもしてショッピングを楽しむのです。最近では、日本の年末年始のバ−ゲン・シ−ズンでも・・・・「その後にハワイに行って思う存分買い込むんだから」という思いがあるので一切出向かなくなりました。(※しかし・・・ね、困った事に最近は夏物衣料が増えて、冬物の目新しいものがとんとなくなりました。・・・ハワイには冬物が原則売られていないから・・・なのです。)


さぁあと2日・・・・・ラストスパ−トです。
ご覧ください。





★朝食を調達・・モンサラット通り・・・・「ダイヤモンドヘッド・マ−ケット・グリル」
今朝は、ワイキキの街の中でもダイヤモンドヘッド側・・・ワイキキの動物園近くのカパフル地域の中のモンサラット通り沿いにある「ダイヤモンドヘッド・マ−ケット・グリル」に行きます。まずここでは、かなり美味しいと評判の「スパムむすび&ブルーベリ−味のスコ−ン」を買い込んだ後に、その近くにあるボガ−ツカフェでこれまた有名な「アサイ・ボ−ル」をいただく計画です。
※我々が行ったとき時点ではお客さんはまばらでしたが、帰るときにはたくさんのお客さんが店の前を行列しておりました。




★スパムむすび・・・$3.50
日本風にいうと・・「1ヶ300円のおにぎり」ということになりますが、これがまた大きくてこれ1ヶで十分にお腹が満足できるくらいの1品。さて、お味のほうはいかがなモンですか?




★それと・・・美味しいと評判の「ブル−ベリ−・クリ−ムチ−ズ・スコ−ン」
普通のスコ−ンのように思ったよりも硬くはなく、いわば・・・”日本の蒸しパン”のように柔らかいスコ−ン。私の場合、あまりスコ−ン自体は好きではなかったのでしたが、以外や以外・・・・なかなかいける1品で・・・おおぶりのスコ−ン1ヶをペロッといただきました。(大きさは大人のこぶしくらいあります)



★そして、アサイボ−ルで有名な「ボガ−ツ・カフェ」
先ほどの「ダイヤモンドヘッド・マ−ケット・グリル」からすぐ目と鼻の先にあるこのお店。
「アサイ・ボ−ル」が有名みたいですから、1度は行っておかなくては・・・。



★「アサイボ−ル」・・・バナナ・ブル−ベリ−・ストロベリ−のトッピング
アサイという紫色のフル−ツを細かく砕いてジェラ−トのように冷やした上に・・・このようにさまざまなフル−ツがトッピングされていて、かなり美しい1品でした。でもね、結構ボリュ−ミィで、50代の夫婦では完食というにはちょっとというくらいのすごい量でした。(かなり冷たかったというのもあるんですけどねぇ)お味のほうは結構好きな部類で、また機会があれば食べたいとも思ったのでした。
※今度行ったら、パンケ−キやフレンチト−ストなどの朝食にもチャレンジするのも良いかもしれない。



★ボガ−ツカフェに持込した・・・「スパム・むすび」
結構でかいおむすびでしたよ・・・でも私の場合、米系は大好きなので、絶対に残さないのです。
大きさの程度でいえば、日本のコンビニあたりのおむすびの2ヶ分は十分にありました。(ご飯に混ぜ込んである”ゴマの風味”が我々日本人にはたまらないのです)



★有名な「KCCのファ−マ−ズマ−ケット」に行く途中の通り・・・モンサラット通り
この付近・・・・街の雰囲気が素敵なのです。
ワイキキの街中のカラカウア通りに比べると、とてもおしゃれで洗練されたおしゃれな住宅街なのでこの付近は大好きになりそう。※このモンサラット通り沿いに紹介した2つのお店があります。



★朝食後は「ソニ−・オ−プン」が開催される名門「ワイアラエ・カントリ−クラブ」
※車でダイヤモンドヘッドの海側を10分も走ると、高級な別荘がたくさんあるカハラ地域に着き、ここワイアラエCCにも行けます。



★ワイアラエのゴルフ場の隣・・・・が「カハラモ−ル」
「高級マダムご用達のお店」として有名なカハラ・モ−ル。
どことなく、ここにいるマダムたちの装いがワイキキビ−チとは一味違うような・・・・そんな気がします。



ジェリ−・ベリ−?
このカハラモ−ルのお店の中の1つに「ジェリ−・ベリ−」という名のブランドキャンディがあるのです。この「ジェリ−・べリ−」という名のお店は、私の会社が松山市内でテナントビルを所有しており、そのテナントの1つの美容室の名が同じ「ジェリ−・ベリ−」というのです。
ですから、ここカハラ・モ−ルへ来たときには、必ずこの同名のキャンディを松山のジェリ−・べリ−さんにお土産として買って帰るのです。(親父も人の子・・・優しいところもあるでしょう?)



★可愛らしいキッチン用品
「コンプリ−ト・キッチン」という可愛らしいキッチン・グッズのお店、日本へのお土産にはちょっとおしゃれなキッチンの小物など・・・最高です。゙




★そして・・・このお店は?
このお店は、カパフル通りを少し入ったところにある「ハワイアン・ファイア−」という消防士をモチ−フにしたお店なのです。店内には、可愛らしくて、ユニ−クなTシャツやトレ−ナ−などがたくさん、思わず「どか買い」してしまいました。でも安かったのですから・・・。Tシャツが$20くらい・・・。




★今回のハワイで欲しかった1品:アイランド・スリッパ−社のカラフルなビ−チ・サンダル
非常に履きやすいと・・・・ロコに大評判だという「アイランド・スリッパ−」のビ−チ・サンダル。
この後も、街中では履き続けましたが、長時間履いていても疲れにくくて気に入りました。
※お値段のほうは約$90近くしたので、ちょっとエクス・ペンシブ"高い”(でも・これは「履物フェチ」には絶対にお奨めです)



★ランチ・・・・朝日グリルの「オックステ−ル・ス−プ」@ケアウモク通り
有名な朝日グリルのこのス−プ、今年の正月に放映されたBSの番組で、トンネルズのノリさんが食べていたのを見て無性に食べたくなり、探し当てて来たのです。おいしかったぁ。たくさんのパクチ−(香菜)がス−プの上に乗っていて・・・・私の場合、あまりパクチ−は今まで得意ではなかったはずなのですが、すんなりとス−プとともに抵抗なく美味しくいただけたのには驚きでした。



★朝日グリルの「ツディ−ズ・スペシャル」・・・奥さんのチョイス
日本ではどこにでもあるような普通の「ミ−ト・スパ」でしたが、日本とほとんど変わらないお味に・・・・・奥さん大満足の様子でした。




★買い物といえば・・・アラモアナ・センタ−
ランチの後は・・・いろんなお店を回って「買出し部隊」状態でへとへとでした。



★コスメ関連・・・・バス・ボディ&ワ−クス
化粧品やハンドソ−プなど・・・・それはたくさんあるのですから・・・。




★ちょっと小休止して、ホテルのプ−ルサイドで一休み
ハワイ・プリンスホテル・ワイキキの5階にはこのようなプ−ルもあり、ヨットハ−バ−が眼下に見えて・・・ここでお昼寝も出来るのです。



★再度・・・出動
夕方には元気も回復して、またまたカパフル通りまで出向いて行って・・・「B・L・T」という自転車&トライアスロンのお店に行き小物などを物色します。現在の私は、ジョギング・ブ−ム?が始まっているので・・・まずはファッションから・・・なのです。




★晩ごはんは・・・・日本にいるときからここに決めていました。
「アンクル・ボ−ズ」@カパルフ通り・・・上の写真の「B・L・T」のすぐお隣にあるこの店は、ハワイに詳しいブロガ−のちこさんのブログから情報をいただいて伺ったお店でしたが・・・・大・大・大正解でした。



★日本人の口にもよく合う「グリ−ン・サラダ&ドレッシング」
野菜自体はハワイでも日本でもそう変わりはないはずなのですが、ドレッシングがどうも合わない店が多いのです。この店は、ドレッシングも数種類あってチョイスできるらしく、、オ−ダ−するときに「アジアン・テ−スト」と言えば、ちゃんと我々の口ににあったものが出てきました。



★マニラ・クラム(あさり)のガ−リック・オイスタ−蒸し
この1品は貝好きにはたまらない品でした。貝自体もかなり大きくて、その大きさは日本のハマグリくらいはあろうかというボリュ−ムでしたし、その味のほうも決して大味ではなく、美味しいアサリでした。
でも、それ以上に、このベ−スのス−プが抜群に美味しくて、夫婦2人で1滴も残さず平らげました。



★イカのフライ(カラマリ・フライ)
私自身、日本ではかなりのイカ好きですが、なにせこの量が半端ない量でして、半分くらいは食べきれずに残してしまったのです。これ以外にも、Mサイズのピザを頼んだものですから・・・。



【朝から晩まで】
今日も1日、オアフ島の美味しいものを食べ歩きました。
最初にハワイへ来た当時は、現在のように食の情報も少なく、ハンバ−ガ−やステ−キを我慢しながらしぶしぶと食べていましたが、今はいろんな食の情報が我々の身の回りにあるので助かります。
今後とも、自分で美味しいと思ったもの、まずかったものを正直にレポ−トいたします。
| 2012年2月ハワイの旅 | 09:09 | comments(3) | trackbacks(0) | -
2012年ハワイの旅(ダイジェスト編)7日目
 今回のハワイの旅も7日目二突入します。
今日は、今回のハワイの旅での3番目の島・・・そして、最後の島となるオアフ島に向かいます。

※オアフ島は大都会
カウアイ島・マウイ島といえば・・・・・
私的には”リラックス出来て、島の大自然を存分に楽しみ普段のストレスを癒される島”・・・・・という印象が強いのです。
これらの島に比べて、オアフ島はハワイの島々の中でも”一番大都会の島”ということになるのです~、島での楽しみ方は自ずと異なってくるのです。


※四国と東京との違い?
ハワイにまだ行ったことのない人にもっとわかりやすく説明するとしたら・
・・・我々が住んでいる四国の松山あたりが・・・カウアイ・マウイ島とすれば・・・・・オアフ島はまさに東京や大阪のような大都会なのです。(この例えで解りやすかどうかは、個人の才覚に任せるしかないですが・・・・どうでしょうかねぇ?)



その辺はとにかく、今日は、午前中の便でマウイ島から今回のハワイの旅の最後の島オアフ島に向かいます。




★今朝も、こんな時間にホテルをチェックアウト
またまた、今日も早起き・・・・またまた5時起きです。飛行機のフライトの時間はAM9時過ぎなのですが・・・)どうしてって・・・・だってマウイ島であと1軒だけでも、美味しい朝ごはんの店を訪ねてマウイ島最後の食事を楽しみたいんですもん・・・・。こんな”わがままな食いしん坊”の旦那に付き合う奥さんはかなり偉いのです、・・・・・少なくても私個人はそう思います。





★楽しみだった朝食の店・・・
・車を走らせる事約30分、マウイ島のダウンタウン近くの住宅街、ワイルク地域にあるこの老舗のダイナ−(食堂)・・・・「テイスティ・クラスト」

昨年にこの店に来て、朝ごはんをいただいて以来、すっかりこの店の虜となりました。
だって、こんな古い食堂といえば・・・・・私の住む、四国松山のお好み焼きの聖地・・・三津浜地域にありそうなお店なんですもん・・・・こんなアメリカン・ダイナ−(食堂)なお店・・・どの国でも・・・ほんとに・・・大好きなのですから・・・・もう・・落ち着く。



★大好きな卵料理・・・(今日は奥さんの希望で目玉焼き:サニ−サイドアップ)
それと、私の大好きなポテト料理のハッシュ・ブラウンを添えて・・・この写真以外にも、美味しいバナナ・パンケ−キもいただきましたが・・・その様子は後日詳しくお伝えします。
※それと、ハワイの卵の黄身は黄色が非常に鮮やかで、日本の卵の方が黄身の色に感してはオレンジっぽいと感じるのは私だけですかね?




★雨模様の中・・マウイ島からオアフ島へ・・・・・・機内の座席からは・・・・ダイヤモンド・ヘッドの噴火口がよく見えます。
マウイ島からオアフ島へ帰るときには、飛行機の右側の席がベストビュ−なのです。
反対に、行きの場合には、A・Bなどといった進行方向に向かって左側がワイキキの町やダイヤモンドヘッドなどが良く見えますから・・・。




★そして、ワイキキのホテル群が見えます。
真ん中ちょっと左の海の真横に見えるピンクの建物が”ピンク・ハウス”こと、ロイヤル・ハワイアン・ホテルなのです。




★そして、オアフ島最初の訪問地は・・・・コ・オリナ
そうです、ここコオリナ地域にディズニ−のキャラクタ−ホテル「アラヌイ」が新たに誕生したもんだから、ハワイ・マニアとしては・・・・とにかく偵察に行かんわけにはいけないのです。
※ここコ・オリナへは、昨年・一昨年と2年続けて身内の結婚式に来ていますから、この辺の道路事情は詳しいのです。




★グ−フィ−がいました。
ここハワイでは、かのグ−フィ−もアロハ・シャツ&短パン姿でお客様を出迎えてくれます。




★ホテルの建物内部・外観もシックで素敵です。
ここはホテル玄関のエントランスホ−ル、新しい建物なのに、あえてクラシカルなハワイの伝統を感じさせてくれるおしゃれな造り、このホテル・・・これからはたくさんのお客さんでにぎわうのでしょうねぇ。




★そして・・・・大・・大・・大・・・・好きな「フリフリ・チキン」
コ・オリナのホテルをあとにして、高速道路のH1からH2を乗り継いでランチに向かったのが・・・・オアフ島の中心部付近・・アヒアワ地区にある「マウイ・マックス」のチキン・コンボ・・・。
※去年もこの店に行って、焼き加減・味・プライスにすっかりファンになりました。チキンファンには絶対にお奨めの店です。私の生涯食べたチキンの中では最高の品、美味しいぞ!!




★やはり「安さの殿堂」・・・・「ワイケレのアウトレットモ−ル」へ
そして、お腹も満足したあとは、”買い物三昧モ−ド”に突入します。






この日はオアフ島初日ですから、とりあえずホテルにチェック・インしてつかの間のお昼寝をします。






★オアフ島で宿泊した「オアフ・プリンスホテル」
今回のオアフ島では、日本の西武系が経営するここプリンス・ホテルに宿泊しました。
このホテルは、場所がアラモアナセンタ−までは徒歩5分の距離にあり、その上、ロケ−ションは目の前にはヨットハ−バ−があってその向こうがワキキキの浜辺ですから眺めも最高なのです。
※今回ここに決めたのは、季節特別料金で高層階26Fの1BR スゥイ−ト・ル−ムが格安にゲットできたからなのです。(1泊:約$200ちょっと)




★夕暮れのアラモアナ公園
ホテルのすぐ横にあるアラモアナ公園、この付近ではたくさんのランナ−たちが朝から晩までジョギングや散歩したりして、楽園ハワイを楽しんでおりました。




★アラモアナ公園・・・もう1枚・・・夕陽が沈み・・・すっかり夜です。
つかの間のお昼寝を終えて、アラモアナ・パ−クで散歩をしながら夕陽が沈むのを鑑賞して、さぁこれから歩いて夕食に向かうのです。




★アラモアナセンタ−の1Fフ−ドコ−ト(マカイ・フ−ドコ−ト)
総収容人数・・・・およそ1,000人とはすごい規模でしょう。
ここは、世界各国のファスト・フ−ドがたくさん営業していて、家族一同が楽しめる・・・・非常に簡単でユニ−クなお財布にもやさしい食事する場所なのです。
今回は、我々の今晩の夕食はここではなく、アラモアナ・センタ−を通り抜けて約5分歩いたところなのです。




★この日の晩ごはん・・・・ガ−リック・シュリンプ@「カフク・シュリンプ」・・・$7.50(small)
これは、オアフ島のノ−スショアにあるカフクという地域で獲れた「カフク・シュリンプ」
宿泊したホテルから徒歩10分の距離にある、ケアウモクST.にあるコ−リアン・レストランの「アンディズ・カフクシュリンプ」という韓国系の方が経営しているエビ料理で有名なお店なのです。



★韓国特製の豆腐ス−プ・・・$7.50
「ツンドゥブ・チゲ」・・・・チゲ入り豆腐ス−プという意味なんでしょうが、味付けは我々は日本人ですから「マイルド」で頼みましたので、ちょうど辛さ加減もよく美味しかったのです。・・・・本場韓国のような味加減で・・・とても辛くて汗だらだらという具合ではなかったのです。
※辛さのほうは、オ−ダ−するときに少しづつ唐辛子を足せるようですので、次回行ったときには「ちょっとスパイシ−」にもチャレンジしてもいいのかなぁとも思ったのです。



★ナムル各種・・・・サ−ビス(アメリカ風にいうとfree:フリ−・・・ただという意味)
約5種類くらいのナムル(韓国風にいうとおかず?)がサ−ビスで添えられてきました。酒の肴にはちょうどいい量と味付けに安心したのです。
※このお店にはお酒類を置いていないので、歩いてすぐの近くのコンビニなどで購入して持込をするB・Y・O(酒類持込可)のシステムですから、お酒をたしなむ人はその点にご注意ください。




★さぁ今日も良く動き・よく食べて飲みました。
今日1日もよく動いて疲れました。
マウイ島からの早起きの疲れが出ているようで、・・・・・pm9:00早いけれどもう寝ます。
明日の朝はゆっくりとしましょう・・・・という風に決まりました。



【オアフ島の1日目】
やはりここオアフ島に来れば人や車が多いので・・・つくづく大都会だと思います。それに、車の数や人ごみの中・・・他の島よりも神経を張っているので非常に疲れるみたいです。

せっかく”日ごろのストレスを癒しに来た今回のハワイ”です。事故などを起こさないように・・・・よく寝て休んで、あと2日・・・・オアフ島を攻めまくります。
お休みなさ~い。
| 2012年2月ハワイの旅 | 08:43 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2012年ハワイの旅(ダイジェスト編)6日目
 大・大・大好きなマウイ島も今日ですでに3日目二突入し、この島への滞在も残すところあと1日となりました。しかし、今日も精力的に動き回ります。

この日は、今までにも大好きで何回も来ているはずのマウイ島ではありますが、なんと今回は初めての「天国の町ハナに行き、その後南マウイを1周する」というツア-に参加するために丸1日かけて楽しんできます。


【昨年のリベンジ】
ここハナへは、ちょうど1年前にマウイへ来た時に今回予約した同じツア−に参加して行く予定だったのが、ちょうどその日が・・・・あの悪夢の3月11日・・・・日本の東北地域で東日本大震災が発生し、日本で起こった津波の影響がここマウイ島へも約数時間遅れて津波の余波が到達して、島のいろんな箇所が冠水してハナへのツア−が中止になったという苦い経験があったのです。

さぁ今日は1年ぶりに待望だった「天国の町ハナ」へ向かうツア−に参加します。




★こんな暗い時間に出発します。(キヘイの海面には満月の月影が・・・)
いやぁ・・・・実はホテルへのワゴンのピックアップタイムは6時半なのですが、その前に朝ごはんをいただかなくては・・・・・現在の時間AM5時15分・・・私の場合は、朝からガッツリと食べなくては持たないもんですから・・・。

※奥さんは「行きたくない・寝ておきたい」と早朝の食事を嫌がっておりましたが、そうはいきません。




★早朝5時オ−プンの「キヘイ・カフェ」
去年行って、非常に雰囲気や食事の内容が気に入ったサウス・キヘイ通り沿いにある美味しい朝ごはんが食べれるお店「キヘイ・カフェ」
※早朝5時から空いておりますので、早起き親父たちには居心地の良い場所なのです。




★またまたヘビ−な「エッグ・ベネディクト」
”朝からガッツリ”
・・・・これは「我が家の家訓」・・・・私個人の家訓・・・なのです?




★ハナ地区に行く途中にある「ケア・ナエ」半島の公園
ハナに向けて出発してから約1時間半後です。この付近からは「ハレアカラ」の東側部分の様子を見ることができます。でもね、いつもならこの周辺は非常に天候が悪い地域らしく、こんな晴天になるのは非常に珍しいみたいです。

※私の場合・・・日ごろの行いは自分でも思いますが・・・・あまり良くはないはずなのですが、今回の旅は何故だか・・・・・・天気は非常に恵まれていました。



★ワイルア地域の水田風景
この地域は、マウイ島では現在では唯一らしい「タロイモの栽培」をしている貴重な場所だそうです。
カウアイ島にあった「ハナレイ」地域にも似ていて、日本の田園風景のような我々日本人にも懐かしい感じがするでしょう。



★ハナの海岸
いろいろな見所に立ち寄りながら楽しいドライブをして、出発してから約4時間後、やっとハナの町に到着しました。ここハナ地区も、普段はあまり天気は良くない場所だそうなのですが、この日はこの写真のように快晴で・・・・非常にラッキ−・大満足でした。




★ハナ・ホテル
「部屋の中にはあえてTVや時計さえもない」
・・・そういった時間や浮世の情報などを忘れてゲストにはリラックスして欲しい・・・というコンセプトで・・・・旅行者に対する気配りがなされたいまどき貴重な存在のホテルだそうです。
(何もしない贅沢・・・・日本人にはあまり出来そうもありませんが・・・俺には絶対無理!!)




★ランチ(ハムサンド)
この日のランチは、ツア−料金の中に含まれているものでしたが、シンプルでなかなかいけました。
アメリカで食べるサンドイッチは、中の具にいろんなものが入りすぎていてあまり美味しくないのが多いのですが、さすがにツア-ガイドの小暮さんは日本人の口に合うものを知ってらっしゃるのでしょう。



★「ハセガワ・ジェネラルストア」
ここハナ地区ではこの店しかないという・・・”なんでも売っている”というこの地域では超有名なお店。日系人の3世が経営していて、ここハナ地区の「ハセガワ・ジェネラルストア」といえば、ハワイ全土でもかなり有名なお店だそうです。
※わたしは、記念にここでTシャツとエコバッグを購入しました。



★マウイ島の裏側からはハワイ島がうっすらと見えます。
うっすらと海の上に浮かんでいるのが・・・・あの”ビッグアイランドのハワイ島”なのです。
そうですねぇ、ハワイ島へは今までにも3回くらいはお邪魔していますが、ここ3年くらいは行っておりません。また機会があれば、ゆっくりと行ってみたい魅力的な島なのです。



★セブン・プ−ルズ(7つのプール)
オヘオ地域にあるこの7つの小さな池。この7つの池がつながっていて、その水が海まで続いているのです。ここから見るとなんでもない絵なのですが、画面の上のほうにある”頼りなさそうな橋”をみんなが車で渡って来たのです。







★リンドバ−グの眠っているお墓のある教会(キパフル教会)
「あぁ、あれがパリの火だ」・・・・アメリカ本土とヨ−ロッパの間を単独飛行に成功したので有名な英雄リンドバ−グ。彼のお墓がここに埋葬されています。(生前彼は、この場所が好きだったそうです。)



★ナヌワイ渓谷
マウイ島らしくない・・・・どちらかというとハワイ島のようなまだまだ大自然が残っているここ「ナヌワイ渓谷」。この地点に来るまでには、未舗装の悪路を約1時間ガタガタと揺られながら我慢してやっと来れるのですから・・・・大変なんよ。(車酔いする人には耐えられないかもしれません)



★素晴らしい大自然の景色
”生きていて良かった”・・・・この場所に来ればそんな気がします。
ちっぽけな事なんか・・・この場所に来れば吹っ飛びそうな・・そんな大自然のオ−ラをこの大自然は感じさせてくれるのです。




★記念の希少価値の1枚
あまり夫婦で撮るのはお互いに好きではないのですが、ツア-ガイドの小暮さんに「せっかくですから」の一言に・・・これも記念にとしぶしぶ1枚。



★ツア−ガイド&ドライバ−のミセス小暮さん。
リンコさん・・・・ありがとうございました。
小暮さんの細かい気配りのある解説により、楽しい1日を送ることができました。
※彼女は見た目には日本人のハ-フか日系人みたいですが、れっきとした広島県出身の純粋な日本人だそうです。(今日本食で食べたいもの?・・・・は・・・やはり「広島風お好み焼き」だそうです。)



★海の上に雨が
写真の右真ん中あたりに、海の上に雨が降り注いでいるのがご覧いただけますか?



★ワイレアの海辺
夕暮れのワイレアの海・・・遠くに見えるのがラナイ島です。




★晩ごはんはイタメシ
今夜のディナ−はイタリアンレストラン。
このお店は、コンドミニアム近くにあるゴルフ場のグリ−ン横にあるお店で、今日添乗していただいた小暮さんお奨めのお店。ム−ドも抜群で、いい感じです。



★美味しいピザをいただきます
かなり美味しかったここのお店のピザ、生地を薄くしてください(小暮さんに教わり・・英語でそう言ったつもり)・・・おかげであまり生地がぶ厚くないのが出てきました。
でもね・・・これでも日本サイズのLくらいは十分にある量なのです、50代の夫婦には多すぎます。



★サラダもさっぱりとした1品でした。
こんなさっぱりしたサラダがありがたいのです。



【ハ−ドだった3日目のマウイ島】
朝5時に起きてマウイ島をほぼ1周したこの日の我々、結構な移動距離の上にガタガタ道を延々と1時間・・・・・か・な・り・・・・疲れました。
明日は、いよいよオアフ島・・・まだまだ続きます。

おい・おい体は大丈夫なんかよう・・・。
元気です・・・・58歳の同級生夫婦。
| 2012年2月ハワイの旅 | 08:51 | comments(4) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ