CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
2012ハワイ旅:22(カウアイ・ラグ-ンズGC)
ダウンタウンの リフェでは、もう一つの楽しみがありました。
それは、ゴルフの帝王ジャック・ニクラスがこここカウアイ島で唯一設計した「カウアイ・ラグ−ンズGC」へ行ってみたかったのです。

私は、”ゴルフ大好き親父”ですので、やはりカウアイ島へ来たからにはやはりこのコ−スへはご挨拶しておかなくてはならないでしょう。リフェ空港近くのこのコ−スに立ち寄りました。




★カウアイラグ−ンズ・ゴルフクラブ&テニスコ−ト&ギャラリ−
いろんなものがここに集積しているようで、ゴルフのプレ−するだけでなく、ファミリ−で来たとしてもいろいろ(テニスやギャラリ−など)みんなで楽しめそうですね。





★ゴルフコ−ス
ここは最終の癸隠献曄璽襪里茲Δ如△海離曄櫂襪魯哀蝓櫂鵑妨けて必ず池超えを果敢にチャレンジしなければたどり着けないといったアメリカンそのもののホ−ルだったのでした。




★鳥たちもコ−ス内を優雅に歩いています。
この島には、とこにでもたくさんの鳥がいて・・・・・きっと”鳥たちのパラダイス”に違いないのです。




★カウアイラグン−ズ:クラブハウス
18番ホ−ルのすぐ横に池があり、その池を眺められるようにすぐ脇には豪華なクラブハウスがありました。



★池?運河?
このコ−スを取り囲むのは・・・・リフェの港から続いているような、周辺のあちこちに面している迷路のようになっている運河のようで・・・池のような・・・・・水がたっぷりで良い感じです。



★クラブハウス内部の様子
ここは、単なるゴルフ場のクラブハウスだけというのではなく、「古き良きハワイのミュ−ジアム」的な要素もふんだんにあり、さまざまな展示物もあってハワイ文化の歴史を学ばせてくれるのです。



★ハワイの伝統的な雰囲気
”オ−ルド・ハワイ”とでもいいましょうか?家具や展示物も、古いアンティ−クなものを今風にアレンジしたような良い感じの展示で、私の大好きな趣のあるスペ−スだったのです。



★カウアイラ・グ−ンズのミニチュア
ここカウアイラグ−ンズ全体のミニチュア模型があり、これからもいろいろと整備されていってますます豪華な楽しいものになりそうです。



【カウアイ・ラグ−ンズGC】
さすがにゴルフ界の帝王ジャック・ニクラス設計のリゾ−トでした。日本にも彼の設計したたくさんのコ−スがあり、私も何度か日本や外国でもチャレンジしてはいますが、かなりレベルが高いのが彼の設計するコ−スなのです。ここカウアイ・ラグ−ンズでも、また機会があればこの場所や景観・ホテル・ゴルフ場の良さも実際にプレ−をしてみるともっと理解できるのでしょうねぇ。きっとまたうかがうチャンスもあるので、帝王にチャレンジしてみたいものです。
| 2012年カウアイ島(ゴルフコ−ス) | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:9(プリンスビル・リゾ−ト)
 美しいハナレイの町をあとに、これから向かうのは・・・・ワイルア方面への帰り道にある、カウアイ島の中での2大リゾ−ト・エリアの1つ・・・・・プリンス・ビル・リゾ−トです。


【私のカウアイ島でのホテル選び】
今回、カウアイ島へ来るにあたって、まず最初は宿泊先を選ばなくてはならないのですが、多くのホテル・コンドミニアムがあるのがここノ−ス・ショアのプリンスビル周辺か、ウエスト・コ−ストにあるもう一つの巨大リゾ−トエリアのポイプ地域なのです。
私も、最初はポイプ地域のコンドミニアムを予約していたのですが、やはりカウアイ島をたった2日間で効率よく回るためには、場所的に空港近くでかつリゾ−ト気分が味わえる「ワイルア地域」が良いという結論に至り、ここワイルア地域にあって、料金がそこそこリ−ズナブル、しかもリビング&ベッドル−ムという部屋数に余裕がある1BRのコンドミニアム「アウトリガ−・アット・ラエ・ナニ」に最終的に決定したのです。




それでは、話を戻してプリンス・ビル・リゾ−ト」へ向かいます。



★ワンレ−ン・ブリッジ
ここの「ワンレ−ン・ブリッジ」は、ハナレイの町中に入る際の道路R56に架かってあるこの付近では一番大きな鉄製の橋なのです。この道路は、かなりの交通量があるにもかかわらず「片側一方通行の橋」ですから、先にこの橋に入った対向車がいれば片方は待機して待たなくてはいけないのです。でもね、効率ばかりを考えると早く2車線の橋に架け替えるきなのでしょうが、このように”非効率な構造物を残す”というのもある意味・・・・・大切な文化継承・・・・なのではないでしょうかねぇ。
せかせかとした日本では、このような道路状況はまず考えられないのでしょうが、ここハワイ・・・それもカウアイ島なら許せそうな・・・せっかちな親父が言うのですからそれもありかなぁ・・と感じる次第です。



★プリンスビル・リゾ−トの象徴・・・大きな噴水のオブジェ
ハイウエ−からリゾ−トに入ってすぐにあるゴ−ジャスな噴水、これがここプリンスビル・リゾ−トのシンボルのモニュメントなのです。



★やはりゴルフ好きには・・・「プリンスビル・マカイコ−ス」
ここプリンスビルには、18ホ−ルの本格的なゴルフ場が2ヶ所あります。
マカイコ−スは、世界的に有名なゴルフコ−ス・デザイナ−のR・トレント・ジョ−ンズ・JRの設計です。日本にも彼の設計した有名コ−スがたくさんあって私も何回かはプレ−した経験がありますが、どれもかなり難しい戦略性のあるコ−スばかりです。ここのコ−スも、彼の設計ならプレーするのもかなりタフでかつきれいなものなのでしょうね。



★敷地内には大きな樹木も・・・。
人工的に自然を破壊して新たに作るだけでなく、元々その土地にあった樹木や景勝を生かすのも彼の設計のポリシ−であり特徴なのです。



★プリンスビル・マカイコ−スのプロショップ
ここに立ち寄ります。やはりゴルフグッズ・ウエアの購入は私の趣味ですので・・・。
このコ−スでは、日本のシニアプロゴルファ−の室田淳選手に遭遇しました。シ−ズン前のトレ−ニングに、暖かいここハワイで調整をしているんでしょうねぇ。




★やはり練習場は・・・ノ−ネット(網なし)
日本では考えられない・・・”ネットなしで、直接芝の上から打てる”という打ちっぱなし練習場。やはり土地が広いというお国柄ですかねぇ、こんな場所で練習していたら、きっと早く上手くなるに違いないって・・・・。




★そして、もう1つのコ−ス「プリンスビル・プリンスコ−ス」
プリンスビルにあるもう1つのゴルフコ−スです。このプリンスコ−スは、先ほどのマカイコ−スから車約5分程度の距離にあります。このコ−スもマカイコ−スと同じデザイナ−のR・トレント・ジョ−ンズ・JRの設計です。



★プリンスコ−スのエントランス
しかし、なぜか閑散としています。私が訪れたときには、ゴルフコ−ス&クラブハウスを全面改装中でして、3月に改装オ−プンするということでした。ですから、そろそろ今頃は新装なったこのコ−スにはお客さんが殺到してるんでしょうねぇ。




★クラブハウスの吹き抜け
ここから外を見れば、ノ−スショアの海が目の前に飛び込んできます。




★コ−スから見えるノ−スショア・・・どれが海?、どれが空?
ここでなら、ゴルフのプレ−をしなくてもギャラリ−として一緒について行くだけでもノ−スショアの絶景を楽しめそうですねぇ。


【大好きなGOLF関連グッズの購入】
プリンスビルの2コ−スでゴルフウエア・グッズなどのお土産の数々を購入し、再びワイレア方面に向かって帰ります。この道中で、有名な景勝ポイントの「キラウエア灯台」があるというので、最後にここに立ち寄る事にします。






★キラウエア灯台:展望台・・[Kilauea Lighthouse Scenic Overlook]
プリンスビルから車で約15分も走れば、灯台の近くの展望台に到着しました。ところが、ここに着いた時点ですでに時間はPM4:00を過ぎていたもんだから、灯台の敷地内まで向かうゲ−トはすでに閉まっていたのです。ですから、これ以上灯台の近くまでは行くことができませんでした。



★キラウエア灯台の遠景
まぁ次回に来たときの楽しみ・・・と考えて、このような形で見せてもらうのもいいのではないでしょうか。


| 2012年カウアイ島(ゴルフコ−ス) | 08:44 | comments(3) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ