CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
2012ハワイ旅:53「テイスティ・クラスト」@ワイルク
 マウイ島での楽しかった3日間を自分なりに満喫し、今日は午前中の便で今回のハワイ旅最後の島オアフ島へ向かいます。

本日の飛行機の搭乗時間は午前9時過ぎ・・・ちょっとその前に”美味しい朝ごはん”をいただくために寄り道をしてから空港へ向かうのです。
その寄り道した先とは・・・・マウイ島のダウンタウンのカフルイ地区の隣町ワイルクという住宅地にある、パンケ−キが美味しいので評判のお店「テイスティ・クラスト」なのです。このお店は、今回宿泊したコンドミニアムがあるワイレア地区から約40分の距離にあるのですが、今朝も6時過ぎにはコンドミニアムをチェックアウトして、美味しい朝ごはんをいただくためにわざわざ伺いました。しかし、たかが朝食を食べるために遠回りをする神経をご理解いただけない方もいるのでしょうが、我が家の夫婦の場合(いや私だけか?)は、食べる事に信念をもっていますので、”空港の売店でちょっと”などという事は考えられないくらい(食に対する執着)があるので、早起きして最後のマウイ島の美味しい朝ごはんに立ち寄るのです。



【テイスティ・クラスト】
■住所:1770 Mill St. Wailuku
■電話:808-244-0845
■営業時間:6:00〜22:00



★お店の様子
朝早くから美味しい朝食を食べるために、この店には地元に住んでいる人たちがたくさん集結しています。



★入り口付近のカウンタ−の様子
去年は、このカウンタ−席で食事をいただきましたが、この席もこの店を訪れるいろんな人をウォッチングするには非常に楽しい場所でした。



★30分後のカウンタ−付近の様子
前の写真ではがらがらだったカウンタ−付近の席も、30分もするとたくさんのお客さんたちが集まってきて、それぞれに会話をしながら地元の仲間同士の交流や美味しい食事を楽しんでいる様子です。




★”アメリカン・ダイナ−”そのものであるこのお店
お店の内装は、カウアイ島の朝食でうかがった「TIP TOP」と全く同じような雰囲気のお店です。ここテイスティ・カラストも、日系人のファミリ−で経営しているそうので、そこの点でも何か共通するものがあるのかも知れませんねぇ。




★バナナ・ホットケ−キ・・・レギュラ−2枚:$5.25
パンケ−キの中に輪切りされたバナナがトッピングされている・・・この店の名物パンケ−キです。この店にうかがうのはこれで2回目ですが、この味や焼き加減は私の大好きなお味です。この分厚い2枚のパンケ−キを夫婦2人でシェア−しながらいただくとちょうど良いボリュ−ム感なのです。



★大好物のハッシュ・ブラウン$2.10&サニ−サイド・アップ(目玉焼き)$2.35
お店にあれば必ずといって良いくらいいただきたい私の大好物の「ハッシュ・ブラウン」。日本でも我が家で奥さんがこれと同じように調理しようとするのですが、なかなかこのようにしっくりとカリッとは焼けないのが我が家の今後の課題なのです。



★アメリカンなコ−ヒ−
見た目は濃いそうですが、飲んでみるとかなり飲みやすいアメリカンなコ−ヒ−でした。



★メニュ− ΑΑΑι住



★メニュ−◆ΑΑδ食メニュ−



★メニュ−・・・・ランチ&ディナ−



★お店の奥から見ますと
こんな内装にはまったく色気はないようなアメリカンダイナ−のお店・・・「テイスティ・クラスト」でした。



★お店を出て、空港方面を目指します。
この左側が、毎週土曜日にスワップ・ミ−トの開催されるハワイ大学の構内付近です。ふだんは交通量も少ないゆったりとした道なのですが、この日の朝は大渋滞です。



★雨と事故が発生して渋滞してます。
この時間帯は通勤ラッシュに加えてこの日は雨模様でしょう・・・そして、交通事故が重なり3重苦で、ダウンタウン周辺は大渋滞だったのでした。
| 2012年マウイ島(グルメ編) | 09:30 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:52「マティオス」イタリアン
 マウイ島3日目のメインイベント・・・・・丸1日かけての「マウイ島東半分ツア−」・・・・・朝の7時前から出発して、コンドミニアムに帰ってきたのは午後5時前。今回の旅は、自分で運転したわけではなく、ツア−会社のツア−に参加し、ガイド&運転手のリンコさんに全部お任せのマウイ島の東半分を回る旅でしたが、悪路あり急カ−ブもたくさんありの連続に、ただ乗っているだけにもかかわらずかなり疲れました。ツア−ガイドの彼女は、週に3日このハ−ドなツア−を一人でこなしているのですから、肉体的&心理的にもかなり大変なんでしょうねぇ。

今回このツア−に参加した我々夫婦としては、長年の念願であったここマウイ島の「天国のハナ」に行く事ができて非常に満足でした。そして、今回のこのツア−でほぼ”マウイ島全島を走破”したということになります。まぁ、まだまだハワイは広いので、いくら周囲1周を走破したといってもこれからも各島の探索は果てしなく続くのでしょうね。





【マウイ島:最後のディナ−】
今晩のディナ−は、今回のツア−のガイドをしていただいたプアラニ・アドベンチャ−のリンコさんからのご紹介のワイレア地区の美味しいイタリアンのお店『マティオス』に伺うことにします。


【周辺をジョギング】
その前に、ちょっとだけマウイ島最後の夕方となりますので、私はホテル周辺を約1時間ジョギングしてきます。




★コンドミニアム周辺の道の様子
緑豊かで非常にゆったりとした道路には、ふだんはそんなにたくさんの車は通っていません。この周辺では、朝夕たくさんの人たちがジョギングしたり散歩したりという・・・この周辺に宿泊する住民や観光客のための憩いの場所なのです。※こんなきれいに整備された道路なら、きっと健康志向の人は走りたくなるに違いないのですから・・・。



★ワイレアの海岸
夕方になって海岸上空には雲がかかってきました。向こう側に見える島は、無人島のカホオラフェ島と、その手前に少しだけ黒く見えるのがシュノ−ケリング・ツア−で有名な、”クロワッサン・アイランド”のモロキニ島なのです。



★金属探知機を使って宝探し?
ハワイに来れば、時々このような金属探知機を持った人に海岸付近で出会います。きっと浜辺を整備してるんでしょうね。



★ビ−チでのんびりと
この付近にはたくさんのホテルやコンドミニアムがあったりして、夕方近くの暗くなるまでこのようにして多くの人たちがそれぞれにマウイの海を満喫しているのです。



★夕暮れの光景
ヨット・・・・海岸・・・沖合いにも島が・・・・これもハワイの日常の光景です。



★海岸を歩く2人
どこへ向かって進んでいくんでしょうか?






【マティオス・ピザリア】
■住所:100 Wailea Ike Drive, Wailea Hi 96753
■電話:808-874-1234
■営業時間:11:30〜21:00(月〜金)、17:00〜21:00(土・日)
■料理の種類:ピザ・パスタ・サラダ・サンドイッチ・・・・などなど。



★マテオスの玄関
ワイレアGCのブル−コ−スの癸隠乾曄璽襪離哀蝓櫂鵑垢囲討砲△襪海離譽好肇薀鵝Ε泪謄オス・・・・多くの観光客たちに人気のあるイタリアン・レストランだそうです。




★入り口付近
入り口付近にもたくさんのグリ−ンが配置されて、南国ム−ド満点です。お店に入る前に、料理が非常に楽しみです。



★テラスの外がすぐゴルフ場
このレストランがあるのがワイレアゴルフ場の14番ホ−ルのグリ−ンのすぐ横。ゴルフ好きにはたまらない環境にあるのがこのお店なのデス。



★中の様子
オ−プン・エア−のお店ですから、風がそよいでお店の中にも通り抜ける爽快な空気感がとてもここち良いんです。※アメリカの人たちは、こんなテラスサイドが大好きなんですよね。



★調理場の様子
数人のシェフたちが忙しそうに調理しております。



★カウンタ−付近
この付近に座って、カウンタ−付近にいるスタッフたちとおしゃべりしながら食事を楽しむのもいいのかもしれないよね。



★ファミリー客中心の店内
観光客らしきアメリカやカナダ方面からの家族連れのパ−ティが多いみたいです。



★グリ−ン・サラダ
このようなシンプルなサラダが一番歓迎なのです。あまり脂っこすぎないドレッシングに満足した1品でした。



★ピザ
このピザの大きさはこの画面ではあまり判りにくいかも知れませんが、実はすごく大きいのです。日本のピザでいえばLLサイズくらいは充分にあるような巨大な1枚を、60歳を前にした夫婦2人で食べきろうとするですから大変です。



★暗くなってム−ドは上昇
お店の脇にあるガス燈に火が点されて、南国ム−ドの夜は更けていくのです。




★お客さんの行列
アメリカでも日本同様に、美味しいものをいただくためには行列も仕方ないのです。



【レストラン・マティオス】
このレストランは、気軽に入りやすいお店でなおかつ料理のクオリティも非常に高いお店でした。お値段のほうも割りとリ−ズナブルで、また来ればぜひともうかがいたいお店でした。
ごちそうさまでした。
| 2012年マウイ島(グルメ編) | 08:35 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:44「キヘイ・カフェ」@キヘイ
 マウイ島も今日で早くも3日目、今日は丸1日かけて「天国のハナ」までマウイ島東海岸1周のツア−に参加します。このツア−では朝食は「軽食つき」というので”朝ごはんが付いている事は付いている”のですが、せっかくのマウイ島の滞在ではやはり睡眠時間を惜しんでも大好きなお店で朝食をいただかないわけにはいけません。そこで、今朝も疲れた体をふるい起こして、暗いうちの早朝5時に起床して、コンドミニアムから車で約10分の距離にあるサウスキヘイ通りの「キヘイ・カフェ」にお邪魔します。



【キヘイ・カフェ】
■住所:1975 S Kihei Rd.Kihei(Kamara Villege)
■電話:808-879-2230
■営業時間:5:00〜15:00 ■休日:無休


★サウス・キヘイ通り:AM5:30頃
マウイ島のキヘイ・ワイレア地域のメインストリ−トであるサウスキヘイ通りも、この時間では海の上にこんなにきれいな月が浮かんでいるのです。しかし、この真っ暗な時間に何をしに行くのかねぇ。




★キヘイ・カフェ
あたりはまだ真っ暗なここキヘイカフェ、いくらこの付近で波乗りをしているサ−ファ−たちが朝が早いといったって、現在の時間5時半過ぎ・・・・まだこの時間では来てはいないでしょう。



★なんとこの店は・・・開店時間は・・・朝5時
そうです・・・私が向かったのはこの店の開店が朝5時だから・・・この早い時間に起き上がり、美味しい朝食を求めてやってきたのです。




★店の前の道路も真っ暗
昼間や夕方の食事時間などにはかなりの交通量であるここサウス・キヘイST.なのですが、この時間では当然に道を行く車がまばらなのは当たり前なのです。



★でもね、この時間でも先客が2組ほど・・・。
我々よりも早く起きてお店の中には先客がいました。



★お店の中の似顔絵らしきもの
右側のキャップをかぶっているのがこの店のマスタ−・・・・そして、隣の美女は誰?




★ショ−ケ−スには・・・
この中には、新鮮そうなカットフル−ツやカンジュ−スなどが入っています。



★手造りのメニュ−
手描きで親しみやすそうなドリンクメニュ−です。



★こちらも・・・味のある手描きのフ−ドメニュ−
フ−ドメニュ−です。パン料理やオムレツ・パンケ−キなどの美味しそうなメニュ−がずらっと並んでいて、どれを選んだらいいのか迷ってしまうのです。



★カフェ・ラテ
この店のカフェラテは、アメリカで飲むコ−ヒ−にしてはなかなかクオリティの高いものです。




★大好物のエッグベネディクト
私の大好物・・・エッグ・ベネディクト。この店のも、なかなかい美味しいのです。よく考えれば2日連続のエッグベネディクト・・・。風味豊かなチ−ズがたっぷりかけられた目玉焼きの下には、しっとりとしたパンズが顔を出します。



★カットしたところ
どうですか?美味しそうでしょう?でもね、私のような元気な胃をもっていなければ、これを美味しいというよりも「朝からこんな脂っこいものは要らんわい」などということになるのでしょうねぇ。



★帰りの道端には
ライフガ−ドのステ−ションの照明が点灯していますが、ここには人はいません。



★ホテルに帰り・・・ツア−のバスを待つ



★AM6:45
そろそろワゴン車がやって来そうです。空も少しづつ明るくなってきて、さぁこれから2年越しの念願の「天国のハナツア−」に参加するのです。



【キヘイ・カフェ】
サウスキヘイ通り沿いにあり、朝早くから開いているここキヘイカフェ。雰囲気もよく、道を走る車を眺めながらの朝食はアメリカを感じるには最高のお店です。お客さんもロコやアメリカ人の観光客が多く、ハッピ−で楽しめそうなお店で、是非お勧めしたい大好きなお店です。
| 2012年マウイ島(グルメ編) | 09:49 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:43(豪華ステ−キディナ−)
 マウイ島の西の端にあるカパルアの「プランテ−ションコ−ス」・「ベイコ−ス」と両方のプロショップに立ち寄って、大好きなカパルア・ロゴ入りグッズを買い込んでゴルフ場の探索を終了しました。

今日1日・・・・・朝の4時から起き出してハレアカラに登り、その後はマカワオからパイア、カフルイのダウンタウン付近でショッピングをして、そこから島の西の端っこのカパルアまで車でやってきて、丸1日の長時間のドライブ・・・・・大変疲れました。そろそろコンドミニアムに向けて帰ります。

西の端のカパルア地域から我々の宿泊しているワイレアまで帰る途中には、今までにも何度も訪れたラハイナの街中のメインストリ−トをに車を走らせて、少しだけ車の中から街角ウォッチングします。ここラハイナは、古くは捕鯨基地の町として栄えた街で、捕鯨をしなくなった現在では、レストランやギャラリ−などのお店がたくさんあり、ここを訪れる観光客にも大人気な街です。以前にも、ここラハイナには何度となく泊まり、プチホテルのプランテ−ション・インやアウトリガ−・アイナ・ナルなども数多く利用したものです。以前訪れたラハイナの街中の景色などを楽しみながら、コンドミニアムのあるワイレアの街に戻るのです。



【豪華ディナ−のお誘い】
ワイレアのコンドミニアムに帰り、今晩は昨年このコンドミニアムで大変お世話になった日本人の池田さんという、このコンドミニアムをオ−ナ−として所有されているお宅で今夜のデイナ−のご招待を受けていたもんですから、今日の疲れをいやすために部屋で軽くシャワ−を浴びてお出かけの支度をして、同じパ-ム・アット・ワイレアの敷地内にある池田さんのお宅に伺うのです。


【1年前の出来事】
実は、昨年の3月11日に日本で東日本大地震があったときに、我々夫婦はこちらのマウイ島へ来ていました。そのときに、地震があった翌日の3月12日に日本からオアフ島へ向けて出発する予定の姪っ子ファミリ−との連絡が取れずに困っていました。そこで、我々の宿泊していたこのコンドミニアムの事務所でスタッフに相談していたら「ちょうど同じコンドミニアム内に日本人がいる」との事で、今回食事をご招待いただいた池田さんを紹介いただき、そのおかげで無事に日本の姪たちとも連絡が取れ、予定通り当初の計画通りにハワイへやってきて結婚式をあげることが出来たのでした。

今回は、マウイ島へ来てすぐに昨年のお礼やご挨拶をするために手土産を持参して、池田さんちにお邪魔し、そのお返しというか・・・・お伺いした翌日の今日、池田さんのご自宅での食事のご招待を我々夫婦が受け、もちろん、私は即時に快諾したのでした。




★ラハイナのお店
派手なペイントで目立っていたラハイナのサ−フショップ、やはりハワイにはこのような原色のペイントされたお店が似合うのです。



★ラハイナの街中
エビ料理で有名な「ババ・ガンプ」の前あたり・・・・、夜にはこの付近は行列状態で大変ですから・・・。



★街中のショップ群
この時は時間的にまだ午後4時過ぎくらいですから人出は少なかったのでしたが、夕方近くともなると多くの観光客たちがこの付近へ食事やショッピングにたくさん押しかけるのです。



★「チ−ズバ−ガ−・イン・パラダイス」付近
左のアメリカの国旗があるのが有名なハンバ−ガ−店の「チ−・パラ」こと「チ−ズ・バ−ガ−・イン・パラダイス」なのです。このあたりは、いつも生のライブ演奏が流れているにぎやかな場所なのです。






ラハイナの街からワイレアノコンドミニアムまで帰り、池田さんのお部屋にお邪魔します。
池田さんのお家は、このパ−ム・アット・ワイレアの総合案内所のすぐ隣の建物で、ここからは西の空に沈んでいく夕陽がよく見える抜群のロケ−ションの場所にあります。





★コンドミニアムから見たサンセット
池田さんちから見たサンセット・・・・いつ見ても素晴らしい眺めです。



★パ−ム・アット・ワイレアのプ−ル
夜のプ−ルの妖艶な光景、昼間と違ってロマンチックです。







池田さんにご招待いただいた晩ごはんの一部を・・・ちょっとだけご紹介します。



★付き出しの「ポテトチップス・サルサソ−ス」
市販されている「ポテトチップス」に、唐辛子の混ざったサルサソ−スをまぶせば、十分美味しい前菜に生まれ変わるのです。



★豪華「ステ−キ・ディナ−」
お手製のサラダにかなり分厚いサ−ロイン・ステ−キ。池田さん夫婦は、普段からお家へ人を招いたりするのが大好きみたいで、このときもご主人が自ら「焼き加減は?レア・ミディアム・ウェルダン」と聞いていただき、目の前の鉄板で美味しく焼いていただいたのです。



★調理中の池田さんご夫婦
お二人とも海外赴任の経験が豊富みたいで、我々夫婦を歓待していただいたのです。この時は、テラスで食事をいただいたのですが、お家の中のキッチンで調理奮闘中のお二人です。(ありがたいことです)我々は、屋外のテラス席で自由きままにワインを頂戴しておりました。




★うちの奥さんもちょっとおしゃれして
普段よりも少しドレスアップして、池田さんのご招待に感謝・感謝でした。



★美味しい食事をご馳走になり・・・・帰り道。
暗くなってもコンドミニアムの敷地内はライトアップされているので、帰り道も安心です。



★我々の泊まった部屋
今日も1日よく動きまわりました。さぁ明日は2年越しの「天国のハナ丸1日ツア−」に参加します。今日も1日大満足なスケジュ−ル・・・・でも・・・・大変疲れました・・・お休みなさ〜い。



【池田さんからのご招待】
昨年に初めてお会いして、その時に日本での電話番号もお聞きしていて、今年ハワイへ来る前に日本のお宅に電話すると、ちょうど我々のハワイ行きのスケジュ−ルと合うみたいで、2月の初旬に池田さんと再会を果たしました。昨年の未曾有の大震災、そんな中での池田さんの手助けは非常にありがたいものでした。今後とも交友を深められたら良いなぁと思っています。
世の中・・・まだまだ捨てたものではないと思っています。
※ちなみに、池田さんは長い間石油関係の会社で仕事をされていたようで、そのおかげで海外勤務も長かったようです。リタイアされたからは、年に2.3ヶ月の間ここマウイ島野コンドミニアムでゆっくりと過ごされているそうです。普段は、横浜方面にお住まいだそうです。
| 2012年マウイ島(グルメ編) | 09:06 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:38(パイアで朝食)
 マウイ島最高峰である標高3,000mのハレアカラの頂上から・・・約2時間ものドライブ゙で・・・やっと海抜0mまで降りてきました。

この海抜0mの地点が”世界中のサ−ファ−の憧れの街”として有名な「PAIA(パイア)」タウンなのです。この地域も、町全体には高いビルディングなどは1軒もなく、古き良きアメリカの雰囲気を今に残している木造の建物たちが街並みを形成しています。※ちなみにPAIA(パイア)とは、現地のの言葉で「ワイワイと騒がしい」という意味らしく、それをマウイ島で聞きかじって・・・まさにこの街には”パイア”という名前がぴったりだと感じさせてくれるのです。



★PAIAのメインストリ−ト
片側1車線ずつのこの通りが田舎町そのものパイアタウン。
車の駐車もここでは路上駐車OKなのですから・・・。






【モアナ・ベ−カリ−&カフェ】
■住所:100 Hana Hwy. Paia Maui
■電話:808-579-9999
■営業時間:8:00〜21:00




★目指したのが『モアナ・ベ−カリ−&カフェ』
ここは、ハワイ大好きブロガ−のホノムボ−イさん絶賛の”朝食・ランチの美味しいと評判のお店”だそうです。うかがってみましょう。



★店舗の横側のネオンサイン
朝食だけでなく、ランチ・晩ごはんもあるんですね。



★おっしゃれ!!・・・な店内の様子
天井も高く開放感いっぱいです。店内も洗練されていて素敵で、私好みのインテリアに料理のほうも充分に期待できそうな雰囲気がふくらみます。



★モザイク柄のテ−ブル
このインテリアの様子などもしゃれていて、料理がやってくるのが楽しみなのです。



★そして・・椅子
こちらの椅子のデザインについても、テ−ブルと同じ柄で素敵でしょう?



★メニュ−
こちらは朝食用のメニュ−です。お値段のほうもほとんどが$10程度で、我々が気軽にいただくにはちょうどお手頃なプライスでした。



★メニュ−その
単品やセットものなど・・・・いろいろ選べます。



★きれいな飾りつけ「エッグベネディクト」$12.95
どうです・・・・こんなフランス料理みたいな”おしゃれな盛り付け”の「エッグベネディクト読者の皆さん・・・・今までに、こんな美しいベネディクトを見たことがありますか?それとなく添えられた・・・赤いハイビスカスやグリ−ンの使い方1つにも、お店のシェフのセンスが感じられるのです。



★そして・・・・またまた・・・”オッシャレッ”・・・なワッフル:$9.95
これまた洗練された盛り付けのワッフル・・・・・す・て・き・・・でしょう?
フル−ツの盛り合わせのコンビネ−ションやソ−スのかけ方に・・・・芸術的でほんとに洗練されています。



★エッグベネディクト・・・中の様子
見た目だけでなく、中身や味付けもグッドです。



★店内の雰囲気も・・・す・て・き
スタッフもきびきびとした応対で好感がもてて、この日初回の訪問で大ファンになったお店なのです。



★お会計はというと・・・。
チップを付け加えたとしても・・・$33くらい・・・2人でいただいて、日本円で2,600円くらいなら大・大・大満足なコストパフォ−マンスなのです。




【モアナ・ベ−カリ−・カフェ】
「モアナ・ベ−カリ−&カフェ」は、今回のハワイ旅行で楽しみにしていたレストランの1つでしたが、我が家の"食事に関しては辛口な”奥さんにいわせると「今回の旅でダントツのナンバ−ワン」だったそうです。

料理は、見た目に・・・お味に・・・・従業員のサ−ビス・・・・お店のセンス・・・そして・・・お値段・・・・どれを取っても大満足な「モアナ・ベ-カリ-&カフェ」さんでした。
こんな素晴らしいお店をご紹介していただいたハワイ大好きブロガ−の「ホノムボ−イさん」・・・どうもありがとうございました。(礼)

※ホノムボ−イさんのブログ
『また行きたいな!ハワイ島』http://mataikitaina.blog.mo-hawai.com/
| 2012年マウイ島(グルメ編) | 08:12 | comments(3) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:33「シャカ・ピザ」@キヘイ
【ハワイでの飲酒事情】
 今晩のディナ−なのですが、お昼にあまり食べられなかった奥様のたってのご要望で・・・・お店に立ち寄ってピザをテイクアウトし、コンドミニアムに帰ってゆっくりとビ−ルでも飲みながら晩ごはんをいただく事にします。我々がハワイで食事をする場合に、お酒を飲むのは原則日本でも私だけなのですが、我が家の奥さんは運転をしない(免許はあるけど外車は運転できない?)ので、お酒を飲みたいときには歩いていくかタクシーなどを利用する以外には原則ご飯時にはお酒は飲めないのです。





今回も、昨年に引き続き立ち寄ったのは、サウスキヘイ通り沿いの真ん中あたりにあるにある「シャカ・ピザ」です。


【シャカ・ピザ】
■住所:1771 S Kihei Rd.Kihei
■電話:808-874-0331
■営業時間:10:30〜21:00 ■休み:なし


★この人がスタッフ・・・というか責任者みたいです。
昨年に来たときには、彼の調理でピザなどをいただきました。それにしても、大きなピザでしょう?現地の人たちは、これを1皿もって帰るのですから・・・・・どんな胃袋なんですかって思うでしょう。



★店内の様子
電話がひっきりなしにかかっていて、お店の中にもお腹を空かせた多くのお客さんがやってきます。



★この通り・・・電話がじゃんじゃん。
ここのカウンタ−の前でメニュ−とにらめっこしながらオ−ダ−をするのです。


★お店のオリジナルグッズ
Tシャツやキャップ・バイザ−など・・・可愛らしいグッズも販売しています。今回は買いませんでしたが、次回には買いたいほどのしゃれたものでした。Tシャツが$16で、キャップが$18くらいですから・・・ハワイ好きへのお土産には良いのかも・・・。



★ピザ・・・2枚(2ピ−スだけ)
50代後半の夫婦にとっては、これくらいの量ででちょうど良いのです。※ちなみにトッピングは、アンチョビ・トマト・ミ−トでしたかねぇ?



★コ−ルスロ−にポテトサラダ
やはり外国でも野菜をたくさんいただきましょう。



★そして・・・・美味しい”マウイオニオンのポテトチップス”
このチップスはマウイ島ではまず買ってしまいます。結構お値段は高いのですが($3.50くらい)、味も風味もここマウイならではのお味なのです。








【これから先は・・・・去年撮影したもの】



★シャカ・ピザの看板
キヘイ通りのメインストリ−トにあります。



★こんな感じの通りにあるのです。



★去年食べたピザ



★これも美味しかったポテト
買ったがギザギザになっていて、塩がからみやすくなっておりサックリとした歯ざわりが良かったのです。



★グリ−ンサラダ
こちらも美味しかったのです。
| 2012年マウイ島(グルメ編) | 10:25 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:28「マウイ島ランチ」
さぁ・さぁ・・・・大好きな島マウイ島にやってきました。
この島へ来て・・・・早速、大好きな「スワップ・ミ−ト」を存分に満喫していたので、時間のほうもお昼の大切なランチの時間をとっくに過ぎてしまいました。私のモット−というか・・・・主義というか・・・、「食事の時間厳守主義?」なのでして、通常日本にいる場合でも、定時の食事時間に食べ物にありつけなければを空腹のために次第にイライラしてくるのです。(お前は子供かぁ?はいそうです・・それが何か)まぁ、ハワイに来た場合には朝から結構ガッツリと食べる場合が多いので、多少のタイムラグは許せる範囲ではありますが、それでも1食抜くなんてことは私の人生ではありえないのです。

さぁ今日のランチは、「スワップミ−ト」の会場であるマウイ・カレッジがあるカフルイ地区のすぐ隣街・・・・ワイルクという住宅街にあるレストラン「サム・サトウズ」に向かいます。このお店は、以前から行きたかったお店で今回が初めての訪問です。さぁどんなお店なのでしょうか。



【サム・サトウズ】
■住所:1750 Will Pa Loop. Wailuku. Maui
■電話:808-244-7124
■営業時間:7:00〜14:00(マンジュウのピックアップ:〜16:00まで) 
■休日:日曜日
※このお店は、1933年に創業されたというマウイ島の中でも老舗のレストランです。創業者の日系人サム・サトウさんが「地元のマウイ島で麺を作ってロ−カルの好きな味を作りたい」という一心で、中国人の従業員と共に作ったという名品・・・この店オリジナルのサイミンなのです。その中でも、手造りのチャ−シュ−に青ネギ、モヤシがたっぷり入ったドライヌ−ドルの「ドライミン」が特に有名なので一度チャレンジしてみたかったのです。現在も、3代目のカ−クさんが創業当時のその味をひたすら守って、地元の皆さんの行列ができる店としても有名なのです。



★晴天のカフルイのメイン・ストリ−ト
右側に見える山の稜線は・・・私の大好きなハレアカラの山の一部です。また、この写真でいうとこの道路の左側にスワップミ−トの開催されるハワイ大学があり、その前方にはマウイ島最大の集合店舗クィ−ン・カアフマヌ・ショッピングセンタ−があります。



★こんな住宅地の1画にお店はあります。
向こうに見える山は、ここマウイ島で街中から一番近い景勝地のイアオ渓谷のお隣の山なのです。



★お店の外観
現在のお店は4回目の引越しで、1993年からここで営業をしているそうです。駐車場は15台くらいが停車できます。でもね、お昼時にはこの駐車場でも満杯で、ウエイティングしなけれ駐車出来ないくらい混雑しています。



★シンプルな看板
ブル−の下地に白い文字・・・マリンカラ−のしゃれた看板



★きれいに整列して停車します。
この日もマウイ島は快晴です。この時間でPM2:00くらい・・・でも車は満杯です。



★お店の入り口
店内で食べる人、テイクアウトする人などでいつも混雑している繁盛店だそうです。どうやらこの人たちは、テイクアウトしてお持ち帰りみたいですね。



★中は見えないアメリカらしい入り口
アメリカでは、外から中の様子が見えるような・・・・・そんなお店は数少ないのです。このお店もそんな”入りにくいオ−ラ”が出ていますが、写真で見たことがあるので入っていけば大丈夫でしょう。



★大混雑の店内
この時間でPM1:30ころ・・・・若い人、年配の人・・・男性・女性・・子供連れなどいろいろ・・・やはりお客さんはロコ(地元)の人がほとんどで、この店の活気や人気のほどを感じさせてくれます。この空気感!!、私の感ではお味のほうはかなり期待出来そう。



★カウンタ−脇の「デリ・コ−ナ−」
マンジュウ・パイ・マラサダなどなど・・・いろんなものが並んでいます。そのほかにも、いなりずしやおにぎりなどもあるのですから・・・A型人間には迷いそう。



★おなじみの調味料各種
ハワイのこのようなアメリカン・ダイナ−(アメリカ風食堂)では、どの店でも同じような調味料が並べられています。塩・コショウ・醤油・マスタ−ド・タバスコ・・・・ETC.



★メニュ−その



★メニュ−その
シンプルそのもののメニュ−です。



★メニュ−その
食べ物のメニュ−もいたって単純で・・・わかりやすいものです。



★マンジュウ
一人1ヶづつ・・・2ヶ買ってみました。お味の方はいかがですかねぇ?



★マンジュ−・・・その2
中身を割ってみましたが、こしあんが入っていて周囲は少し硬い栗まんじゅうみたいな1品でした。



★いなりずし
全くストレスの無い、日本のものと同じお味で美味しかったのです。このような1品は、旅で疲れた日本人の胃には非常にやさしいのです。







そ、そ・そしてメインの1品・・・『ドライミン』の登場です。




★ドライミン(スモ−ル):$5.70
見た目はヤキソバ゙風ですが、麺のほうには味付けは全くなく、ヤキソバのように炒められてもいません。食べるには、つけ麺風に右のあっさりス−プ(出汁)に浸したり、麺の器の中にス−プをかけたりして食するのです。そして、味付けは出汁そのもののお味は非常に薄いので、お好みで付け合せのおろししょうがや醤油・タバスコ・マスタ−ドなどもを加えて、”自分なりの味付けで足し算をして”いただくのです。



★ドライミン:麺の部分アップ
チャ−シュ−も中華風でそれ自体も美味しく、肉にしっかりとしみこんだ甘いタレが食欲を増します。



★ドライミン:出汁のアップ
非常に上品であっさりとしたものです。これだけでは、日本風にいうと「おすまし汁」のようであっさりとしすぎて、つけ汁としては日本人には物足りなくて食べれません。




そして、付け合せの1品として「BBQビ−フ&チキン」をいただきます。


★BBQステック:「ビ−フ&チキン」$1.35・・・それぞれ1本
これも安心できる想像通りのお味です。



★店内のおばあちゃんの写真
あなたのすぐ隣の家にいそうな日本人のばあちゃん・・・・そのものです。



★その他のファミリーの写真
やはり・・・日本人らしき人々がたくさん飾られていました。多分、この店を創業当時から切り盛りしていたご先祖さんたちなのでしょうねぇ。



【やはり日本人・日系人・・・がんばれ】
今の時代は、我々日本人はこうしてハワイやその他の島々にも飛行機で簡単に行ける時代になりましたが、写真に写っている当時(大正時代や昭和初期?)に日本から来たであろう日本人・日系人ファミリ−達は、この土地に定着するためにはかなりのご苦労があったろうと想像します。いま改めて、こうして後継者達ががんばっている姿を見ると、同じ日本人としてなおさら応援しようという気になってしまいます。
サム・サトウズ美味しかったです。次回には新たなものにチャレンジしたいと考えております。
| 2012年マウイ島(グルメ編) | 07:05 | comments(3) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ