CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
2012ハワイ旅:30(マウイ島の宿)
「マウイ島の宿」なのですが、今年も昨年に引き続きマウイ島の西側一帯に広がるワイレア地域の広大なリゾ−トエリアにあるコンドミニアム『アウトリガ−・パ−ム・アット・ワイレア』に宿泊しました。

このアコモ(宿)の特徴としては、建物それぞれに個人の所有者がいて、その所有者が使用しない期間に観光客に貸し出しをするといったシステムをとっているのです。ですから、その建物も大きな1棟の大型ホテルのような形式ではなく、1戸1戸の個別のユニット形式で建っているものなのです。したがって、その個別の部屋ごとに所有者の好みのインテリアが反映されていて、キッチンや家具・照明なども各ユニットそれぞれ個性豊かで全く違うのでどのような部屋に宿泊できるのかが今から楽しみなのです。


【今年の予約は・・・】
今年は、このアコモ(宿)は宿泊予約専門のサイト「エクスペディア」にお願いしてネットで手配したのです。ちなみに昨年は、このユニット専門に予約を取っている「アウトリガ−ジャパン」でお願いしたのですが、今年はちょうど良いのがこのサイトではなかったので、ネットで他のサイトを検索していたらエクスペディアで良いのがあったので「1BRの部屋を3泊」予約しました。ちなみにお値段の方ですが、TAXなどの諸費用すべて込みで日本円で3泊分の料金は約55,000円、1泊に直すと2人で18,000円程度で・・・・私にすれば充分格安だと思う料金で予約する事ができたのです。



【アウトリガ−・パ−ムス・アット・ワイレア】
■住所:3200 Wailea Alanui Dr. Wailea H96753
■電話:808-879-5800
■日本での予約先:アウトリガ-ジャパン:03-5473-9470
■ホ−ムペ−ジ:http:www.outrigger-japan.com
エクスペディアのホ−ムペ−ジ・・・http://www.expedia.co.jo/




★周辺の道路
このような広くて緑豊かな道路に面した場所に我々の宿泊するコンドミニアムはあるのです。この周辺では、朝晩にはたくさんの宿泊客たちが散歩したりジョギングしたりしている光景を見るのです。こんなに整備された公園のような場所では、誰だってついつい走りたくなるのも自然なのです。




★道路からの入り口の表示
海岸から少し上がった高台にあるここ「パ−ム・アット・ワイレア」この看板を見ると、ちょっとリッチな雰囲気が漂っています。



★ザ・パ−ム・アット・ワイレア
この建物が総合案内所のある管理棟です。



★案内所のすぐ横のプ−ル
このプ−ルからは、眼下に広がる太平洋の青い海がよく見えるのです。



★このような2階建てのユニット
個性豊かな個別のユニットがたくさん点在してます。



★山の傾斜どおりに・・・。
山の勾配が西に海のほうに傾いて・・・傾斜なりに建物がたくさん並んでいます。建物の前には、広大な芝生を敷き詰めた緑の庭があり、その広さはゴルフコ−ス3ホ−ル分くらいは十分あります。



★大きな庭園を囲むように個性的なお家がたくさん
大きなくくりでいうとここ全体は「パ−ム・アット・ワイレア」のなのですが、個別に見るとそれぞれ少しずつ違うのです。



パ−ムツリ−青い空
建物の周辺にたくさんの緑の木々が植えられております。やはり、何といってもハワイには椰子の木が似合いますよね。



★各部屋には1台ずつの駐車スペ−スが
部屋の前には各部屋専用の駐車スペ−スがあり、玄関のドアからはすぐに車で出かけられそうな便利な構造です。大型のホテルでは、こんなお手軽な動線は到底実現できないでしょうね。



★通常は1階と2階でオ−ナ−が違います。
この棟が、我々の宿泊した17棟のユニット。1階と2階では住んでいる人も違い、個別に階段があり自由に出入りできるのです。




★我々の泊まった部屋のリビングル−ム
日本式にいえば・・・およそ30畳くらいはあるリビング&ダイニングル−ム、ゆったりとして非常に気持ちの良い空間です。インテリアも、シックで上品にまとめられております。



★キッチンも最新式です。
カウンタ−は人造大理石、コの字型のキッチンで収納もたくさんある使いやすい台所。キッチン越しに外側のテラスの様子もうかがえます。



★電子レンジや大型の冷蔵庫も・・・。
オ−ブン・電子レンジ・冷蔵庫も最新式のが備わっています。ドアを開ければ、食器やナイフ・フォ−クなどもたくさん揃っていて、”この場所で暮らすような雰囲気で宿泊する事が可能”なのです。やはりコンドミニアムならではの、自炊したりや洗濯できる機能があるのが非常にありがたいのです。



★ダイニング
木製でハワイらしいテ−ブルのセット、テ−ブルの素材は人造大理石みたいです。



★キングサイズのベット
写真で見るとそうでもなさそうですが、アメリカのキングサイズのベッドですから、少々寝相が悪くてもベッドから落ちる心配は無く・・・大丈夫なのです。



★寝室専用のバスル−ム(洗面・トイレ)
リビング脇に1ヶ所と、ここベッドル−ムにももう1ヶ所の洗面・トイレがあるのは嬉しい事です。※やはり2人で宿泊しても、洗面所・トイレが別々に、しかも2ヶ所あればベストなのです。



★入り口から見たリビング
大人が5人くらいいたとしても、窮屈さを感じないくらいのゆったりとしたスペ−スに大満足です。これで部屋の半分ですから、いかに広いかがお分かりいただけるでしょう。



★ここのバスルームにはバスタブも装備
この部屋の間取りは1ベッドル−ム(リビング&ダイニングル−ム+1ベッドル−ム)なのですが、バスル−ムも2つある(1つはシャワ−のみ)ので便利です。



★コンセントカバ−(なんとサ−ファ−ではないですか)
"ハワイならでは”・・・・・そんなインテリア小物ですよね。



★なんとこのスタンド・・・オウム2羽が台座なのです。



★セクシーなスタンド・・・(フラガ−ル)



★5分も歩けば・・・ワイレアの海に行けます。



★夕暮れのマウイの海辺
こんな光景・・・・絵になるでしょう?
居れることなら・・・ずっとここにいたいのですから・・・。




★この周辺にもたくさんのホテルやコンドが
海岸のすぐ横にもたくさんの宿泊施設やレストランがあります。


 
| 2012年マウイ島(アコモ) | 08:57 | comments(2) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ