CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
2012ハワイ旅:54マウイ島をあとに
 さて、念願の美味しい朝ごはんも食べ終わり非常に大満足、これから空港へ向かいます。しかし、私も今までにも数多くこのマウイ島には来ていますが、初めてといってもいいくらいの本格的な雨模様・・・まぁ、この時期(2月3月)はここハワイでは雨季だけに、多少の雨が降るのは当たり前といってはそうなんですが、今回のように車のワイパ−をつけるほどの雨にはなかなかあわないのもここマウイ島のなのですが・・・・。




★バジェットへレンタカ−返却
いつも私の大切な体を守ってくれた「バジェット・レンタカ−」ありがとうございます。今回も無事故で無事にマウイ島を離れます。




★おなじみ・・・バジェットのバス
このカラフルなバスに乗り、レンタカ−のオフィスから空港の搭乗ゲ−ト付近まで向かいます。




★今回は男性のドライバ−
気さくなヤンキ−のドライバ−でした。



★この日のマウイ島カフルイ空港
マウイ島のカフルイ空港がこんな表情なのは、私がこの島を訪れてから初めてのこと。きっとマウイ島が別れを悲しんでくれてるんでしょうねぇ。



★ローカルな空港付近
やはりこの空港もハワイの島の中のロ−カルな空港。行き交う車や人の数もあまり多くはないという割とのんびりとした光景なのですが、この島の前に行ったカウアイ島のように、”ニワトリが空港周辺を取り仕切っている”というような絵はここマウイ島ではないのです。



★搭乗手続き&手荷物検査
そこそこの人たちが列を作って検査を待っているのです。やはりカウアイ空港とは人の賑わいでも違ったマウイ島カフルイ空港です。



★手荷物検査
アメリカでは、クツも脱いで裸足となってセキュリティチェックを受けます。



★2階の出発ゲ−ト付近
朝早い時間だから、このくらいの人しかいません。



★この時間のマウイ島からの出発便
朝の早いこの時間には、30分に1本以上の便がホノルル空港へ向けて飛び立ちます。



★あのハレアカラが暗雲に覆われて
いつもは我々を見守ってくれるハレアカラの山頂も、今日だけは雲に覆われて全景を見ることができません。



★でも1部分では晴れ間も
晴れだとか・・・曇りだとか・・・・雨だとか・・・・という日本のように一言では片付けられない・・・・・ここマウイ島の天候なのです。



★我々の乗るHA175便



★出発して約15分・・・虹が
ここは、マウイ島とオアフ島の間にあるモロカイ島上空・・・。ハワイではこのような虹をちょくちょく見ることができます。にわか雨や通り雨が頻繁にあるハワイならではのレインボ−なのです。



★そして、オアフ島の南海岸のカイルアビ−チ付近が見えてきました。

| 2012年マウイ島(楽しい出来事) | 08:53 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:32(クラシックカ−)
マウイ島での食料品などの 買い物も無事に終わり、これからは今夜の晩ごはん・・・テイクアウトのピザを買って帰るためにサウス・キヘイ通りに向かいます。このサウス・キヘイ通りは、この付近のキヘイ・ワイレア地域にたくさんあるホテル・コンドミニアムに宿泊している観光客が生活するためには欠かせないス−パ−やレストランなどの店が通り沿いにたくさんあり、いつも車や人で街がにぎわっているのです。


【去年の津波の時】
昨年の3月に我々がマウイ島へ来たときに、ちょうど日本で発生した津波の余波がここマウイ島にもやってきたのを経験したのです。ここサウスキヘイ通りにも、この道のすぐ横の海岸から海水が防波堤を超えてきて、この道路のところどころが冠水していたのです。幸いにも冠水の規模は少しだけだったらしく、この付近ではそんな大きな被害もなく、朝方の道路の一部が冠水した程度で収まり、お昼すぎには一般車両も通行するのが可能になる程度でした。しかし、何千km離れた日本の津波の影響がここハワイの島々に押し寄せるなんて・・・・ほんと自然の脅威には人間は太刀打ちできっこないなぁとつくづ感じたのでした。


【ショッピングセンタ-駐車場に・・人だかりが・・・】
ピザを買うためにサウスキヘイ通りを走っていると、この町の中心部の大型ショッピングセンタ−の1つ「ククイモ−ル」の駐車場に人だかりがありましたので、これは何かあるぞ・・と思い駐車場に入ってみました。




★夕暮れのサウス・キヘイ通り
少し暗い映像ですが、実際にはこんなに暗くはないはずです。





※駐車場にはたくさんのクラシックカ−が展示されていました。どうも、ここマウイのクラシックカ−マニアたちがここに集結して自分たちの所有する車を一般の人たちに公開してしているようです。




★クラシックカ−
展示していた車の数は20台くらい・・・・このようなオ−プンカ−や、外装や内部をいろいろデコレ−ションしてるようなのもたくさんありました。



★派手がましいアメリカンな車
1960年代風な・・・・いかにもアメリカンぽいクラシックカ−です。ヤンキ−なお姉ちゃんがハンドルを握っていたらきっと素敵ですよねぇ。



★どうです・・・このピンクの車
2シ−タ−のピンクの車・・・・・これで街を走っていると目立つ事間違いなし・・・・。しかし、隣の座席には誰も乗ってくれそうにないのです。



★ワーゲンのビ−トルもピカピカに
「世界で1番売れた」という・・・ワ−ゲンのビ−トル。このようなポップな感じ・・・・ナウイ?のです。



★内部
インテリアもクラシカルでかつおっしゃれ〜!!レトロ感がいいでしょう。



ブル−の派手派手車
日本でもあまりこのようなのは見かけることはありませんし、アメリカでもめったにいないに違いないのです。この車でドライブしたら、きっと楽しい1日となるのは間違いなしでしょう。



★オレンジの軽トラ
普通の軽トラも、このように派手派手にペイントすれば目立つなぁ。



★おしゃれなインパネ
すごく可愛い運転席周辺のパネル・・・。かなり手が込んでいて、手造り感が素敵ですよね。



★胴長ハデハデ
これも会場ではかなり目立っていました。しかし、”乗りづらさ”はそちらのほうでも1番でしょうねぇ。




【土曜日の夕方にショッピングセンタ−でクラシックカ−】
このような催し物は日本ではあまりお目にかかれないもの。アメリカの人たちはこのようにクラシックな宝物を大切にする文化があるみたいです。これを展示する人たちも素敵だし、これを許可した責任者も素敵・・・そして、こんな催し物に集結して楽しむロコの人たちもみんな素敵です。こんな光景を見ると・・・・それこそ・・・万歳!!なのです。
| 2012年マウイ島(楽しい出来事) | 08:47 | comments(3) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ