CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
2012ハワイ旅:80「マック朝ご飯」最終日
 2012年2月10日、この日は2日間をかけてハワイから日本へ帰ります。
2日間をかけて日本へ帰る・・・・といっても、実質はそんな時間はかからないんですが、ハワイから日本へ帰るために「日付変更線」を通過するために、行くときには「日本のその日の夜に出発して、その日の朝に着く」という変な現象がおきます。到着したその日がなんと48時間あるようなぜいたくな日を過ごせる代わりに、帰りの日には出発した日を含めた2日間で日本へ帰るという不可思議な現象が起こるのです。

まぁそんなことはまた帰りの飛行機の中で時間はたっぷりあるのだからじっくりと考えていただいて、最終日の朝ごはんは・・・・マック飯・・・・・でした。
ご覧ください。





★朝7時ころのアラモアナストリ−ト
この時間でも、たくさんの人たちや車なども走行しております。



★今朝の朝食会場・・・MAC
今朝は、泊まっていたアラモアナのハワイプリンスホテルから歩いてすぐの距離にあるマックにて軽い朝ごはんをいただきます。



★Breakfastメニュ−
パンケ−キやご飯などの朝食メニュ−がラインナップ。



★たくさんのお客さんが
この時点でも、多くの人たちがやって来ております。



★いろんな人々が
国籍や年齢の違い・・・・そんなことはここでは大したことではありません。私の住む四国の松山のような地方都市なら外人さんがいるのは違和感があるのですが、ここハワイなら別段変わったことではないのです。



★朝ごはん
夕べからの日本食ブ−ムがまだ続いているようで、本来ならパンケ−キやト−ストなどをチョイスするのがハワイでの食生活なのですが、やはりもうすぐ日本だと思ったらご飯が恋しいのです。おかずは、スパムとスクランブルエッグ・・・醤油もつけて和食風でいただきます。



★アロハ醤油
Soy Sauce・・・・醤油の事ですね。
このアロハ醤油は、ここハワイで生産されているものです。




★奥様はコ−ヒ−のみ
夕べは食べ過ぎたとかで、奥さんは今朝はコ−ヒ−の見・・・それも良いんじゃないんですか。
| 2012オアフ島(グルメ) | 08:24 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:78「ハワイ最後の晩餐」
 2012年2月9日・・・いよいよ明日10日は午前の便で日本へ向けて帰国します。
2月2日からの約10日間、カウアイ島からマウイ島、最後にここオアフ島にも立ち寄って常夏の島ハワイを充分に満喫しました。

さて、最後の晩餐・・・・ご覧ください。



★結婚35周年夫婦の”ハワイでの最後の晩餐”
このような純和風なお弁当・・・・見るからに美しくて、そして美味しそうでしょう?ハワイでの滞在も10日間を超え、そろそろ本当の和食が恋しくなったのは間違いないのです。



★お弁当・・・・その
こちらのほうは、私のチョイス・・・・・。いろんな種類のご飯ものが詰め合わされたボリュ−ム満点の美味しそうなお弁当です。事実お味のほうも・・・なかなか美味でした。



★お弁当・・・・・その
こちらのほうは、ご飯は少なくおかずがたくさんの奥さんチョイスのものですよね。



★付け合せ「納豆&キムチ」
やはり久しぶりの納豆は良いんですよね。



★インスタントながら・・・「味噌汁」
やはり日本人には・・・・ス−プではなくて「味噌ス−プ・・・よりも味噌汁」なのです。
最近のインスタント味噌汁のレベルはずいぶん向上したのですから・・・・。



★ドリンク各種
オレンジジュ−スにバ−ボンウイスキ−&キリン1番搾り



★パイナップル
このパイナップルは、マウイ島で買っておいた「マウイゴ−ルド」という特選品のもの。
完熟も進んで、すごく美味しかったのです。


【最後の晩餐】
ハワイ最後の晩ごはんといえばもっとゴ−ジャスなものを想像しがちですが、10日間も日本を離れていると実はやはり日本が恋しくなって「普通のお弁当」がありがたいのです。
イタ飯やステ−キ・ハンバ−ガ−やその他のハワイのB級グルメが美味しいのも事実ですが、やはり我々も日本人・・・・デパ−トやス−パ−で作られている日本のお惣菜が入っているお弁当が一番落ち着くんですよね。
白木屋さんのお弁当・・・ごちそうさまでした。
| 2012オアフ島(グルメ) | 08:18 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:73「パイオニア・サル−ン」@カパフル
 この日行ったワイケレセンタ−では、ここオアフ島でやり残しておいた「ショッピング」も無事に終了しました。今日も昨日と同じように、ダイヤモンドヘッドの麓に位置するオアフ島の高級住宅地帯であるカパフル通りの近く・・・・正確にいうとモンサラット通りへ高速道路に乗って戻り、美味しいランチをいただきます。

今日うかがうのは、「パイオニア・サル−ン」という日本人が経営するプレ−トランチの美味い店だとか・・・・・早速うかがってみます。場所は、ワイキキからだと・・・有名なファ−マ−ズ・マ−ケットが開催されているKCCファ−マ−ズマ−ケットへ行く途中の通りであるモンサラット通りにあり、この近くには前回紹介した「ボガ−ツ・カフェ」や「ダイヤモンドヘッド・マ−ケット&グリル」などもこのパイオニア・サル−ンとは目と鼻の先の距離にあります。


【Pioneer Saloon】・・・・パイオニア・サル−ン
■住所:3046 Monsarrat Ave. Honolulu
■電話:808-732-4001
■営業時間:11:00〜20:00 ■定休日:月曜日



★カピオラニパ−ク
ロコも集って休日などには楽しめる場所の・・・緑豊かなカピオラニパ−クの脇に車を止めて、ここからは歩いてお店へ向かいます。



★小学校も
お店に行く途中には小学校もあり、子供たちのにぎやかな歓声が聞こえてきます。



★校内の自作のベンチ
子供たちによる自作のペイントがユニ−クなベンチに・・・・思わずにっこり・・。



★モンサラット通り
片側1車線のここモンサラット通り、お昼くらいの時間だとさほど交通量も多くないみたいです。



★パイオニア・サル−ンの外観
道路沿いから見たお店の外観。少しですけど・・・行列が・・。



★目の前には「ボガ−ツ・カフェ」
昨日の朝に朝ごはんを食べたこのお店「ボガ−ツ・カフェ」。
この付近にもけっこう人気店がありますが、さすがに日本人の姿はあまり見かけません。



★パイオニア・サル−ンの看板
とても日本人が経営しているような雰囲気ではなく、おっしゃれなアメリカンな西部劇風な看板です。



★店内に入る前にはちょっとの行列
行列というのか・・・・・入り口付近でオ−ダ−するのを待っているようなそんな感じ。



★手描きの「Today's Special」
すべてのお値段が$8から$11までのオ−ダ−しやすいプライスです。




★カウンターの上には名物の「スパムむすび」$1.50
こののスパムむすびは一度は食べておきたい1品だとか・・・・次回にはきっと・・・ゲットします。



★壁やガラスにもたくさんの特製メニュ−が
あちらこちらにいろんな新作のメニュ−も貼ってあり、ゆっくり読んでいるとどれにしようかと迷ってしまうのです。



★ロ−カルなお客さんでお店はほぼ満杯
通いなれたような・・・常連ぽいお客さんで店内はにぎわっているのです。



★正式なメニュー
ほとんどの価格が、$8から$10までのお求めやすい価格です。(日本語というのか、カタカナで下にふりがな式にというのでしょうか・・・書かれてあります。)



★お客さんの年齢層はヤング層ですね。
ほとんどのお客さんの年齢層が20代から30代・・・・・若い人たちが「安くて・美味しくて・ボリュ−ミィ」なランチを求めて集結してます。



★パイオニア精神が込められたテ−ブルにイス
こんな手造り感のイスやテ−ブルがおしゃれですよね。パイオニア(開拓)精神そのものといったインテリア・・・好きですねぇ・・・こんなしゃれたグッズ。





そして、お待たせしました。
この日オ−ダ−したのは「モチコ・チキン」セット・・・お値段のほうはたしか$7.00だったと思いますが・・・なんせ記憶のほうが半年以上も前のことなんで、はっきりとはしません。たぶんそうです。


★モチコ・チキン
ご飯も(白米・わかめ入り・そのほかの赤米)などもあったりして、いろんなものからチョイスできます。少しですが、マカロニサラダも添えられてありました。それにしても・・・チキンの数も半端ないほどのすごい量でして、私と奥さん2人でちょうど良いお昼ご飯でした。



★わかめご飯
ハワイでこんなわかめたっぷりのご飯がいただけるなんて・・・・・ハッピ−です。



★モチコ・チキン
このカラッと揚げられたチキンには、甘辛い酢豚のタレのようなのがたっぷりとまぶされており、ここ暑いハワイではますます食欲が増進するのです。



【パイオニア・サル−ンのあとがき】
このお店は、味付けやお値段ともに大満足で、オアフ島でこれからも通いたいようなそんなお店でした。メニュ−のほうもいろいろあるようで、今度は魚系のランチも美味しそうですからチャレンジしてみるつもりです。





★その後はアラワイ運河沿いをアラモアナ方面へ戻り



★アラワイ運河
この運河があるのがオアフ島ならではですから、これはこれで良い所です。



★街中ではこんなオ−プンバスも

| 2012オアフ島(グルメ) | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:69[オリジナル・パンケ−キ・ハウス]@カヒリ
2012年2月9日(木曜日)

いよいよオアフ島の滞在も3日目・・・・今回のハワイ旅は2月という厳寒の日本を離れ、まずオアフ島に到着してからすぐにカウアイ島へ行って2泊し、その後マウイ島で3泊したあと、ここオアフ島でも3日目。もう日本を離れて何日になるんだろうか?

どうもハワイに来ると日にちもそうですが曜日の感覚も全くわからなくなり、ほんとに頭の中が”バケ−ションモ−ド”なんですよね。まぁそれを目的で行っているわけなんですけどね・・・・。そんなバケ−ションも今日1日で終わり・・・・・、明日には楽園のハワイから厳寒の日本へと帰らなければならないという現実・・・・・・・帰・り・た・く・な・い・・・・何とかせい・・・・・・などといつも思うのです。
しかし、現実に自営業とはいえ・・・現役で仕事をしてる関係ではせいぜい2週間程度が休日のリミットでしょうねぇ。(「これでもぜいたくだと」・・・私の周りの人は全員口を揃えておっしゃるのです・・・。)


まぁ細かいことは抜きにして・・・・この日も”パワ−の源”である「朝ごはん」を食べに行きます。
今日のお店は、カヒリ地区・・・ワイキキよりは空港寄りの工業地帯であるここ一帯のファクトリ−(倉庫街)を攻めますから、まずはその前に腹ごしらえを・・・・。





★早朝のアラモアナ港付近
道路の向こう側に見える黄色い建物がアラモアナセンタ−。この付近には緑豊かな公園もふんだんにあり、朝早くからみんなが憩う場となってるんです。



★ホテルの前をたくさんのランナ−たちが
アメリカでなどは、どこの土地に行っても朝早くから多くの人たちがこうして走ったり歩いたりしています。走っているのは大体がどちらかというとスマ−トな元気そうな体型の方が多く、・・・・(デブ)の方が走るのを見かけたりはしません。
やはり日頃のほどよい有酸素運動が健康と美容には良いのだと、ハワイではつくづく思うのです。
※まぁこんなにきれいな場所だったら、散歩したり走ったりしていてもそれ自体が楽しいのですから・・・・。



★通勤ラッシュの中・・・アロハタワ−の港には豪華客船が
このあたりがダウンタウンのアロハタワ−付近。
普段は割りとスム−ズに動いている、海沿いにアラモアナ方面からホノルル空港へ走っている一般道のR92も、朝早い時間にはこのように通勤の車でかなり混雑するのです。
ここアロハタワ−には、たぶんハワイ各島を巡るんだろう豪華客船が停泊しています。いつか、こんな豪華な船でゆっくりとした船旅が出来れば良い思い出になるんでしょうが・・・・時間に余裕のない自分たちにはその日がいつになるかわかりません。



★ダウンタウン周辺
ワイキキ方面からダウンタウン方面へはかなりの車の量です。





我々が泊まっていたアラモアナ地区のハワイプリンスホテルからは時間にして約10分・・・カヒリ地区に無事到着し「オリジナル・パンケ−キ・ハウス」へ到着しました。



【オリジナル・パンケ−キ・ハウス・カヒリ店】
■住所:1414 Dillingham Blvd.(Waiakamio Shopping Plaza)
■電話:808-847-1496
■営業時間:6:00〜14:00




★オリジナル・パンケーキハウスのお店の外観
ここは、R92から山際へ少し入った小さなショッピングセンタ−・・・いくつかの集合体の複合店舗・・・ワイアカミオ・ショッピング・プラザ内にあります。



★店内の様子
この時間が朝7時半くらい、すでにたくさんの人たちが美味しい朝食を求めてやって来ています。
身なりを見ると・・・やはり観光客というよりも”ロ−カルの人たちのたまり場”的なお店ですよね。
客筋をみて・・・やはりこのお店が「美味い・安い・早い」というのは実感できます。これだけは、日本でもハワイでも共通する事ですよね。



★お店のメニュ−
レトロチックなイラストがあるメニューです。オリジナルパンケ−キハウスは、この店のほかにもアラモアナセンタ−の近くのカピオラニ通りのビルの中にもあります。



★レジのお姉さん
こちらの方は「テイク・ア・ピクチャ−OK?」尋ねると大体のひとたちが笑顔で「OKとか シュア」とかいって笑顔で写真を取らせていただけます。やはり陽気な国民性なのでしょうかねぇ、



★お店の壁紙
こんなおしゃれなクロス(壁紙)日本人だったらまず選ばないような壁紙でしょうね。でもね、こんな壁紙だったらほんとに楽しい部屋になると思うんですよね。私も仕事の関係(不動産・建築)でいろんな壁紙を見ますが、日本の住宅や店舗の場合はホワイト壁−樹形等が多いのが現実なんですよね。



★こんな賞をゲットしてる!!
「2009年ハワイ・ベスト・ブレックファ−スト」・・・・・さすがです。



★ア−リ−バ−ドスペシャル(早起き鳥たちへのサ−ビスメニュ−)
やはり日本でもハワイでも・・・「早起きは3ドルの得」・・・とはよく言ったものです。



★この日はコ−ヒ−ではなくオレンジジュ−スを



★2ケの目玉焼きと大ぶりなハム2枚・・・それと大好きなハッシュドポテト2枚
豆知識
:卵の目玉焼きのオ−ダ−・・・・サニ−サイドアップ・・・目玉焼き、オ−バ−イ−ジ−・・・・目玉焼きをもう1度ひっくり返した両面焼き・・・見た目はサニ−サイドアップが美しいのですが、食べるにはオ−バ−イ−ジ−(両面焼き)が個人的には好きです。



★この日頼んだ「3リトル・ピッグ・ブランケット」
つまり・・・・”3匹の子豚が毛布に包まっている”というメニュ−です。これは、けっこう立派な?ソ−セ−ジに薄く焼いたパンケ−キを春巻きのようにラッピングしたものです。手前の大きな白いボ−ルは・・・アイスクリ−ムではなく・・・バタ−の塊です。カロリ−高そう。



★3匹の子豚の断面図
このようになっている・・・・・面白いメニュ−です。



★お会計
この日のお会計・・・約$22・・・チップを含んでも日本円で約2,000円・・・まぁまぁでしょうか。



★お店の光景
たくさんのお店が集合していますので、いろいろ便利なんでしょうね。



★面白い車
車のペイントが変わってた車・・・な・な・なんと車の側面に弾丸が打ち込まれて・・・・ユニ−クです。



★見よ!!・・・・この”ど迫力を”・・・・リアルだろぅ?
車を大切にする日本人にとっては、このようなアメリカン・ジョ−クを絵に描いたような車のペイントは思いもつかないでしょうねぇ。


| 2012オアフ島(グルメ) | 08:19 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:68「アンクル・ボ−ズ」@カパフル
またまたハ−ドだったオアフ島での2日目・・・・、この日も、 朝早くからカパフル通り周辺を探索しながら朝ごはんを食べてカハラモ−ルへ行き、またまたカパフル地区に戻って買い物をし・・・その後はアラモアナ周辺でランチを食べてそのあとはショッピング・・・その後は、夕方にホテルでつかの間のお昼寝?をして・・・・すっかり元気になりました。

「お昼寝の習慣」・・・・・我が家の場合は、自宅のすぐ横にオフィスがあるものですから、お昼ご飯も通常は自宅で食べて・・・その後10分程度か、身体が疲れているときには30分くらいお昼寝をする習慣となっています。ですから、ハワイや北海道へ旅に出たときにでも必ず「お昼寝」の習慣を継続するのです。このお昼寝をすると、お昼からも元気に活動が出来るのですから・・・・お昼寝しないときには眠くって・・・・。


そして、午後4時過ぎに20分程度のお昼寝をして・・・・この日も夕方の晩ごはんにに向けて元気を回復します。

そして・・・・午後6時過ぎ・・・アラモアナ地域のプリンスホテルを出発して、カラカウア通りを車で東へ進み、またまたこの日3度目となるカパフル地区にやってきます。そして、今晩のディナ−にうかがうのは、ここカパフル通り沿いにある「アンクル・ボ−ズ」というお店です。このお店を知ったのは、ハワイ大好きグルメブロガ−の「ちこの暇つぶし」というブログを書かれている東京にお住まいの「ちこさん」ご推薦のお店なのです。
ちこさんのブログ・・・http://ameblo.jp/chikori-nu/entry-10936954421.html


それではうかがってみましょう。

【Uncle Bo's Pupu Bar & Glill】・・・(アンクル・ボ−ズ ププバ−&グリル)
■住所:559 Kapahulu Ave. Honolulu. Hi 96815 
■電話:808-735-8310
■営業時間:17:00〜25:00(ラストオ−ダ−23:15)
■定休日:無休
■HP:http://www.unclebosrestaurant.com/



★夕暮れのカパフル地区
この日3度目のカパフル地区、あたりは次第に夕暮れに包まれて少し落ち着いた街に変貌します。



★人通りは絶えないここカパフル・ストリ−ト
さぁこれからの時間は、この周辺のお店で美味しいものを食べに向かう人たちで賑わうようです
。道路の左側に見える森のような場所は、アラワイ運河の公園と公営のゴルフ場になっております。



★有名なバイク(自転車)用品・トライアスロンのお店「T&B]
このお店の隣に「アンクル・ボ−ズ」はあります。



★T&Bの店内のカラフルなバイクウエア
カラフルで楽しそうなバイク用のシャツ・・・・ここハワイメイドですから、ここにしかないのでバイク好きの友人には記念にお土産で買ってかえってもよさそうです。



★アンクル・ボ−ズ
この時間ではお店の外壁の黄色はあまり目立っておりませんが、昼間見ると黄色の壁のお店の外観はけっこう派手です。




★大繁盛の店内の様子
この時間は夕方の6時半過ぎ・・・・かなり広い店内はたくさんのお客さんで大賑わいです。
我々も、事前の電話で予約していたので”すべりこみセ−フ”・・・・やはり外国で美味しいお店をキ−プするには予約が肝心ですね。



★バ−カウンタ−付近
こんなカウンタ−でスポ−ツ中継を見ながら仲の良い友達とダベるのも・・・良いかもしれない。



★カップルありファミリ−客あり・・・。
人数や国籍もいろいろなお客さんの層。
この日のお店の中の日本人は・・・我々2人だけでした。



★皮製のメニュ−の表紙
シックなニュ−ヨ−クのレストランのメニュ−みたいです。(N・Yには行った事はないのですが・・・・)



★さまざまな品が
いろんなブブ(おつまみ)や粉系のピザやパスタなども豊富にあります。
右の数字が、そのメニュ−の価格・・・10なら$10という風に見ていきます。そして、ハ−トマ−クが付いているのはこの店のおすすめの品・・・・これをなぞれば、大体間違いのないチョイスが出来ます。



★この日はソフトドリンク
毎晩晩酌をするのが習慣になっている私ですが、やはり外国で夜間にかみさんに運転をさせるのはまだまだ怖いので、今晩だけは晩酌をやめて・・お水で勘弁するようにしましょう。



★前菜・・・カラマリ(イカ)のフライ
かなり大ぶりなイカをカリカリのから揚げにして、中央のス−プに浸して食べるのですが・・・・なかなかのお味にまずは満足です。



★ふんわりピザ
今回の旅では、かなりの量のビザをいただきましたが、どのお店でも美味しくて後悔しないような日本人の口にも良くあうものでした。でもね、量がはんぱない・・・・日本風の宅配ピザでいえば「LLサイズ」くらいはありますから、小食の日本人なら必ず残しますから・・・「ドギ−バッグ(お持ち帰り)」するようになるのは間違いないのです。



★マニラクラム(アサリ)のガ−リック・オイスタ−ソ−ス蒸し
こちらは、シェルをかたどった器に入ったでっかいアサリの料理です。アサリ自体も日本のハマグリくらいはある大きさで貝本来の味わいがあり、お味のほうも大きい割には決して大味ではなく旨みもすごいのです。また、貝から出るエキスで良いダシが出たス−プは超美味しくて・・・・無料で付いてきたパンにつけて食べると最高にいいんですから・・・・。



★外から見たアンクル・ボ−ズ
良い感じのレストランでした。雰囲気もすてきだし、出てきた料理も日本人の口にも合ういいお店に大満足しました。



★お会計はと・・・・
3品とドリンク1品で・・・$46ちょっと・・・・・チップを含めて$55ほど・・・・日本円で4,500円ほどですから、毎日来てもいいくらいなお値段でしたよ。



★帰り道・・・・あのハワイアン・ファイア−
車を止めていたのが昼間来たあのハワイアン・ファイア−の前でしたから・・・・帰りに1ショッといただきました。
| 2012オアフ島(グルメ) | 06:28 | comments(1) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:66「アサヒ・グリルのオックステ−ルス−プ」
 オアフ島2日目の昼食、今日はせっかくワ−ドセンタ−までショッピングに戻って来たのですから、アラモアナセンタ−の近く・・・ケアウモク・ストリ−トの「アサヒ・グリル」に向かいます。

実は、今年のお正月の特番で、あのハワイ大好きなトンネルズの木梨ノリタケさんのレポ−トで紹介されていた・・・・ここアサヒグリルの名物である「オックステ−ル・ス−プ」をいただきに向かうのです。
今日うかがうのは、ワ−ド地域にあるアサヒグリルの本店ではなく、最近オ−プンをしたケアウモク通りにあるケアウモク店です。



【アサヒグリル:ケアウモク店】
■住所:815 Keaumoku St. Homolulu
■電話:808-744-9067
■営業時間:6:30〜23:00



★アサヒグリル・ケアウモク店
この付近は、韓国料理のお店などがたくさんあるケアウモク地域、周囲にもたくさん有名なB級グルメのお店などがたくさんあり、道を歩く途中ではそのお店たちの美味しそうな誘惑に負けそうです。
1305.JPG


★アサヒグリル・・・やってきました。
看板にも・・・”HOME OF THE FAMOUS OXTAIL SOUO"・・・「有名なオックステ−ルのお店」と書いてあるほど・・・自慢の1品なのでしょうねぇ。
1306.JPG


★お店の中(レジ横のドリンクコ−ナ−)
ソフトドリンクやお酒などの種類もたくさんあり、過去の私の行っていた周囲のお店にあるようなB級な臭いは少ない感じです。こんなお店だったら、日本の女の子たちにも人気が出そうなインテリアですよね。
1307.JPG


★天井はけっこう吹き抜け感があって、気持ち良い感じです。
日本風にいえば「長屋」のようないろんなお店が並んでいる集合店舗なのですが、天井の梁などを見せながらの吹き抜け空間はハワイらしくない・・・・おしゃれで洗練されたアメリカ本土の香りがするほどです。



★新しく、洗練された店内
ハワイアン・ダイナ−ぽくない?おしゃれな洗練された室内空間。すてきなフレンチでもいただけそうな・・・そんな良い感じでした。



★テーブルには
各種調味料が並んでいました。これらを見れば、大体のメニュ−がわかりそうな・・・そんな私の好きそうな”アメリカン・ダイナ−ぽい?”・・・・私の大好きないつも見慣れた調味料たちです。



★ひときわ目立つのが・・・この容器
この容器の中身とは・・・・・実はこの中には、「ショウガのすったもの」が入っていて、これがオックステ−ルス−プの隠し味になるのです。



★お店のメニュー
このメニュ−もまだ新しそうで、洗練されております。



★メニューの中
やはり最初の1番目に・・・・Our Famous Oxtail Soup・・・・我々の作る有名なテ−ルス−プというメニュがあるのは・・・・・さすがです。今回は、このSサイズをいただいてみます。たぶんレギュラ−だったら食べきれないのは間違いないのだから・・・・。



★ランチメニュ−
トンカツやチキンカツ・カルビ・カレ−ライスなどもあったりして、$10程度でいろんなものを楽しめそうです。



★Today's Special
今日のお勧めは、スパゲッティ&ガ−リックト−スト$7.95と、ロ−スト・タ−キィ$8.75でした。



★我が家の奥様のオーダーは・・・「スパゲッティセット」




★ほんとに食べやすかった・・・奥さん絶賛のパスタ
日本式のミ−トスパのような食べやすくてクセの少ない1品だったんですって・・・。久々に美味しいものが食べれた・・・?・・・などと・・・・・日本風な味付けに奥様は満足しておりました。



★けっこうなボリューム
このスパゲッティ・・・・いやこのパスタの上に乗っているミ−トソ−スだけでお腹いっぱいになりそうな・・・そんなボリュ−ムでした。






私が頼んだのは・・・・・・やはりこの店の名物「オックステ−ルセット」でした。



★大きな丼ぶりに並々と入ったオックステ−ルス−プ
香菜(シャンサイ)がたっぷり入って、中身の牛の尻尾を煮込んだ肉が見えないくらいです。
私自身、普段はあまり香菜は好きなほうではないのですが、不思議なことにこのス−プでは抵抗が全くなく、肉やス−プと一緒に香菜を取り除くことなくきれいに食べ進めました。
ご飯のほうも2スク−プとたっぷり盛られており、日本の若い人でも満足できる量でした。
これでSですから、レギュラ−を頼むと2人でシェアしてちょうどなのです。



★見よ!!・・・このボリュ−ムを
やはり香菜のグリ−ンがこのメニュ−のいろどりを高めているようです。香菜が苦手な人は、オ−ダ−するときに「NO Shantuai」といえば取り除く事もできるそうです。



★ボリューム感た〜っぷりのオックステ−ル
この肉を口に含むと・・・ポロッと簡単にはがれます。このテ−ル肉は、かなり長時間煮込まれていて、非常に柔らかくかつ美味しくいただく事ができました。ス−プのダシもマイルドで飲みやすく、味が薄いと感じたときには先ほどの「醤油+ショウガのすったもの」をトッピングすれば、味がしまってまた違った風味を楽しむことが出来ますので・・・・。



★お会計
この日に頼んだのが、オックステ−ルス−プセット$10.95&ランチスペシャルの「スパゲッティセット$7.95の合計$18.90・・・・チップを含んで約23ドルほどですから、日本円で約2,000円弱。
なんとリ−ズナブルで満足なランチだったんでしょうね。



★こんな集合店舗内にあります。
ハワイに行けば誰でも1度は必ず行くアラモアナセンタ−からでも東(高速道路方面)へ歩いて5分程度の距離にあるここアサヒグリル・ケアウモク店・・・朝は6時半から・・・夜は11時までやっていますから、朝・昼・晩とOKですので、ぜひ1度いかれてみてはいかがでしょうか。ごちそうさまでした。

| 2012オアフ島(グルメ) | 08:38 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:61「美味しいアサイボ−ル」@ボガ−ツ・カフェ
【台風一過の今日】
平成24年10月1日、今年も10月を迎えて2012年もあと3ヶ月となりました。
暑かった今年の夏、最近になって少しは涼しくなって「夏バテ」が出ているいる人もたくさんいるようでして、「楽しい秋」を迎えるためにも皆さん身体に気をつけてくださいね。
強い勢力だといわれていた台風17号も・・・いつものように我が愛媛県はまともに台風の被害を受けた事がないために・・・今回も警戒をしていたものの、多少の風と多少の雨程度でお湿り程度の台風で終わりました。今回の台風でも、太平洋側の高知県や徳島県などは雨風ともにかなりのものがあったそうで、同じ四国地方でも私の住む瀬戸内海側に面している愛媛県では、毎年台風の被害を心配はするのですが、大した被害を受けた事がないというのは幸せなことです。



『2012年ハワイ旅』・・・・このネタも、先日の北海道旅行同様にこちらの方も最終回近くのネタがまだあったりして終結をしていません。そこで、約半年ぶりともなるのですが、この2月2日から11日までの8泊10日で訪れたハワイのカウアイ島・マウイ島・オアフ島旅行レポ−ト・・・・これからはオアフ島の2日目の朝からご紹介いたします。
もう半年もたっているために記憶のほうも多少あいまいな部分もあるのですが、ストックしているデ−タを見て思い出しながらレポ−トしてみます。


それでは、『2012年ハワイ旅61』お楽しみください。








 2012年ハワイの旅・・・・・オアフ島の2日目の朝になりました。

今日は、今回のオアフ島で一番アクティブに行動する日。
とるもののとりあえず・・・朝早く起きて美味しい朝ごはんをいただきに行きます。我々が向かったのは、ワイキキの南のダイヤモンドヘッド側の動物園近くの「カパフル地区」です。ここで、美味しい朝ごはんをいただいて英気を養い、今日も1日充実した日々を過ごすのです。

今日は、「ダイヤモンドヘッド・マ−ケット・グリル」に立ち寄ってテイクアウトできるものを買った後、すぐ近くにある「ボガ−ツ・カフェ」で有名な「アサイ・ボウル」をいただく予定です。




【ダイヤモンドヘット・マ−ケット・グリル】
■住所:3158 Monsarrat Ave.
■電話:808-732-0077
■営業時間:6:30〜21:00



★こんな外観です。
中の様子はここからはわからないのですが、この場所は「KCCファ−マ−ズ・マ−ケット」の開催される会場がある少し手前のバス停のちょうど前にある関係でしょうか、この付近にはかなりのお客さんたちが朝早くからうろうろしています。



★ここは外部からオーダーを注文するところ
この場所はお店の外側なのですが、このカウンタ−越しに自分の好きなものを注文する事ができ、テイクアウトして持ち帰ることができるのです。



★壁にはたくさんのメニュ−が書かれていました。
いろんなプレ−トランチやサンドイッチ・ハンバ−ガ−・サラダなどもあって、どれを頼もうか迷ってしまうほどです。



★店内にはいろんなスゥイ−ツなども
実際のお店に入ると、クッキ−やパン類、サンドイッチなども種類は豊富で、お店の中でチョイスするには迷ってしまうほどの品揃えなのです。



★スパムむすび
”おむすびが大好き”&”ソ−セ−ジも大好き”・・・・・こんな私のような人間にとっては・・・この「スパム・むすび」は1つで2度美味しいものです。これを発明した日系人にはただただ感謝・感謝しかないのです。このお店のスパムは$2.75〜3.50と少々お高いのですが、スパム自体の大きさが普通のお店の2ヶ分くらいあるのですから決して高くは無いのです。



★ふっくらとした・・・スコ−ン
このスコ−ンは、ブル−ベリ−がトッピングされたもの。このお店は、ハワイ大好きな「本田直之」さんが書かれた・・・あなたのハワイが変わる「本田直之式ワイキキル−ル」という本からいただいた情報でした。さぁそのお味のほうはいかがでしょうか。見た感じはしっとりして美味しそうな予感が・・・・。




★店内のお弁当類
いろんな種類のお弁当類も、朝早い時間でもすでにお店の中には並んでいました。次回には、ここでテイクアウトしたお弁当持参して、公園や砂浜で食べてみたいと考えたものです。



★レジ周辺
ここがレジです。日本のス−パ−同様に、カウンタ−周りには衝動買いできそうな小物もたくさん。


★お店を出る頃には・・・たくさんの行列が・・・。
約10分後、我々がお店を出る頃には・・・・こんなにたくさんのお客さんたちが行列を作って待っていました。現地の人たちや、日本人らしき若い連中が行t列を作っていました。






ダイヤモンド・マ−ケット&グリル」では、私の大好きなスパムむすびとブル−ベリ−・クリ−ムスコ−ンを買ってお店を出ます。そして、いろいろテイクアウトして、次に本格的な朝食を食べに向かうのが車ですぐの「ボガ−ツ・カフェ」です。




【ボガ−ツ・カフェ】
■住所:3045 Monsarrat Ave.
■電話:808-739-0999
■営業時間:6:00〜18:30
■朝食とランチメニュ−が中心



★ボガ−ツ・カフェの外観
ダイヤモンド・ヘッドのふもとにある住宅街のメインストリ−ト沿いにあるこのお店。周囲の様子もとてもおしゃれな雰囲気の街で、ここに集まるお客さんたちもヘルシ−志向の方が集まっているような、そんな空気感を感じました。



★店内の様子
朝早くから、ロコたちのたまり場っぽい感じで、たくさんの若いカップルたちが楽しそうに食事を楽しんでおりました。



★この店名物の「アサイボ−ル」
アサイボウル・・・見た目にも美しい。実は”アサイ”本体は、このたくさんのフル−ツの下にベ−スとしてたくさんあったのです。しかし、このブル−ベリ−やイチゴ・バナナなどとふんだんなトッピング、これ1杯を一人でいただくには我々熟年盛大の人間にとっては少しつらいものがあるくらいのボリュ−ムです。※見た目には、この近所にあるカフェ・カイラのパンケ−キのトッピングみたいな美しいものでしたよ。



★アサイボウルの”アサイ”の正体
このアサイとは、アサイ・スム−ジという・・・・アサイそのものの果実をアイス状に冷やして固めた、さわやかな朝食にぴったりなものです。



★無断持ち込みの「スパム・むすび」
ボガ−ツカフェさんすみません。でもこれくらいですから、許してくださいね。しかし、このスパム・・・さすがに・・・で・か・い。



★持ち込み癸押屮屮襦櫂戰蝓檗クリ−ムチ−ズスコ−ン」@ダイヤモンドヘッド
こちらのほうも持ち込みさせていただきました。普通にあるようなスコ−ンとは異なり、しっとりとした感じのスコ−ンにブル−ベリ−の酸味も加わって・・・・美味しくいただきました。



★お店の中
我々がいるときでも、たくさんのお客さんたちがひっきりなしのお店の中に入ってきます。お店の中で食べる人や、テイクアウトで持ち帰る人といろいろですが、さすがの繁盛店でした。



★この付近の様子
このあたりはダイヤモンドヘッドの山のたもとにある静かな住宅街です。この付近にいれば、ワイキキの近くであるのも関わらず・・・”ハワイにいることを感じさせないくらい静かな地域”なのです。・・・・そうですよね・・・めるママさん!!



【カパフル地域】
この地域はもうすでにダイヤモンドヘッドの麓あたりに位置する少しづつ高台となっている場所です。
この付近は観光客が訪れる場所というよりも、むしろここオアフ島へ住んでいる住民の高級住宅地として存在してるような印象でした。
緑も豊富ですし、ワイキキにも徒歩圏の距離・・・・良い場所ですよね。
最近では、素晴らしいお店も増えてきて、東京なら表参道のようなおしゃれなお店も多いのです。
| 2012オアフ島(グルメ) | 08:28 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:60「アンディズ・カフク・シュリンプ」
 初日の晩ごはん・・・・何を食べるのか?

"食べる事"・・・・これは私にとっては旅における(旅だけじゃないか?・・・・日常でも?)非常に重要なポイントでありまして・・・もうハワイへ行く前に、すでにメニュ−は日本で決定していたのです。まぁ・・・今回、ここアラモアナ地域に宿を取ったのも、この周辺で”美味しいご飯を食べながらお酒を飲む”のが大いに楽しみ”でありまして(原則我が家の奥さんは免許は持っていますが、ハワイでは運転をしない、だからお酒を飲む場合はタクシ−か徒歩で・・ということになります。)、やはり根っから食べる事に関しましては私の場合”マメ”なのです。(※もう、読者の皆さんは充分お分かりだとは思いますが・・・。)

さぁオアフ島の最初の晩ごはんにうかがうお店とは、アラモアナの韓国街というか韓系の方が経営する焼肉店のたくさんある地域のど真ん中にある海老料理の美味しいというお店「アンディズ・カフク・シュリンプ」です。それでは・・・・私の日本にいるときから楽しみにしていたお店がいったいどんなものか・・・とくとご覧ください。




【Andy's Kahuku Shrimp:アンディズ・カフク・シュリンプ】
■住所:745 Keeaumoku St.#105・Honolulu
■電話:808-944-4040
■営業時間:10:00〜22:00 ■定休日:なし
■場所:アラモアナ・センタ−から山のほうにまっすぐ歩いて5分程度です。リケリケ・ドライブインを右折し路地に入った3軒目にあるのです。


★韓国街の代表格・・・・「ソラボル」・・・ここもハワイでは有名な焼き肉屋さんなのです。


★そして・・・地元でも有名なレストラン「リケ・リケ・ドライブ・イン」
私もここには以前におじゃまして、サイミンやチャ−ハンをいただいたことのあるリケリケドライブイン。朝から晩まで地元のファンがいつ行ってもたくさんなお店の中なのです。



★そんな有名店のすぐ近くに・・・ここアンディ・カフク・シュリンプはありました。



★店内の様子
席数にしてお客さんのキャパは20人程度のお店。
韓国系や日本人・日系人などのアジア系のお客さんが多いみたいです。



★働き者らしいお姉さんが取り仕切っています。
ノレンの向こう側には、調理人の方がいらっしゃるのでしょう。



★ビ−ル(持ち込み)
このお店には、基本的にビ−ルやその他のお酒類などは置いていないようです。現地でいうBYO・・・つまり「お酒類は近所のお店で買って持ち込んでもOK」だということでしたので、お店の人に場所を聞いて、近所のコンビニで缶ビ−ルを買ってきました。




★店内の落書き
英語が中心の落書きらしいのですが、どうしてこれが書かれているのか理解が出来ません。



★メニュ−・・・その(表紙)
しかし、メニュ−の中に堂々と「駐車場はリケリケ・ドライブイン」などと書いてありますが、これはこれで良いんでしょうね。



★メニュー・・・・その◆屮┘嗄鼠中心ですよね。」
セットメニュ−にはごはんも2スク−プ付いていて、スモ−ルサイズなら$7.50、ラ−ジサイズが$11.95とは・・・何ともお安いのです。



★メニュー・・・・その・・・「海老+BBQのセットメニュ−)
エビとお肉のセットメニュ−なのですが、こちらのほうもかなり格安でかなり美味しそうなのです。次回来たときには、このようなセットものをいただいてみたいのです。



★ナムル各種
韓国料理店では、どの国に行って食事をしても、このナムル(おかずという意味らしい)が付いてくるのは非常にありがたいのです。キムチやダイコン・モヤシのおひたしなど・・・・それと、これを嫌いな人がいないくらいの代表格「マカロニ・サラダ」などもあって、非常に酒飲みとしては食事前の「肴」としていただくにはなんとも嬉しいシステムです。



★オ−ダ−した「ガ−リック・シュリンプ」・・・・$11.95
地元オアフ島のノ−スショアのカフク地区から朝獲れされた、新鮮そうなエビがこんがりと焼かれて運ばれてきました。このようにして、ガ−リック風味の塩焼きでシンプルにいただきます。



★エビの塩焼きのアップ
やはり新鮮な素材は、このようにしてただ焼くだけで”ぷりぷり”で・・・・・そして、海老本来の美味しさも味わえるのでなおいっそう美味しいのです。




★そして、韓国風といえば「豆腐チゲ」・・・・$7.95
「ズンドブ・チゲ」とも呼ばれる豆腐チゲ。辛さはいくつかの辛さを選べるので、我々にとってはあまり辛いのは原則苦手ですから、マイルドなソフト・ス−プをオ−ダ−しました。



★見た目もお味もマイルドでした。
本場の韓国の人にとっては、こんな甘っちょろいス−プは刺激がなくてダメなんでしょうが、我々としたらちょうど良い味加減で・・・・どんどん食欲が進むのでした。



★ご飯を入れて・・・「おじや風に」
このような胃が休まる食事は、旅の最中には非常に落ち着く1品なのです。



★夫婦で完食しました。
美味しかった〜っ・・・・大満足の「アンディズ・カフク・シュリンプ」でした。
このお店の歴史ですが、最初の頃は屋台で営業していたそうなんですが、「お味が良い」とお客さんたちの評判となり、そのうちファンが徐々に増えてきて、最近になって正式にここへお店を構えて開業しているのだそうです。



★会計のほうは?
チップを含んで20ドルちょっと。日本円で1,600円程度と、ランチ並みのリ−ズナブルなお値段に・・・またまた満足したお店でした。
| 2012オアフ島(グルメ) | 10:55 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:57美味しいチキン「マウイ・マイクス」
さぁ・・・そろそろ時間もお昼も過ぎて、すっかりお腹が減ってきました。
通常の今までのパタ−ンなら、コ・オリナから車で約15分のワイケレのショッピングセンタ−に立ち寄って、ここのフ−ドコ−ト内にある韓国風のBBQランチなどをいただくのですが、今回は昨年に行って非常に美味しかったアヒアワ地区にある「マウイ・マックス」へ大好きなチキンを食べに向かいます。ここアヒアワへは、H1からH2のノ−スショア方面に向かい、H2の終点の1つ手前のアヒアワ出口を降りてすぐの一般道路沿いにあるお店です。(ちなみにワイケレからはH2ハイウェ−を走ればわずか10分ほどの距離なのです)


【あの”フリフリ・チキンよりも美味しい!!”・・・ぞ
チキンといえば、ハワイでは街角の駐車場の空き地などで青空販売している「フリフリ・チキン」が有名なのですが、私に言わせればこのフリフリ・チキンよりも「マウイ・マックス」のチキンセットのほうがより美味しく感じますし、個人的にはだんぜんこちらのほうが好きなのです。
そんな”チキン大好きの私”がチキンの名店に向かいます。


【Maui Mike’s:マウイ・マイクス】
■住所:96S Kamehameha Hwy. Wahiawa
■電話:808-622-5900
■営業時間:11:00〜20:30 ■定休日:なし
■H2ハイウェ−のアヒアワ出口を降り、一般道のカメハメハ・ハイウェ−沿いのマクドナルドのすぐお隣にあるので、初めて行かれる方にもすぐに分ると思います。



★アヒアワ地区の一般道路
この付近にはアメリカ軍の基地が近くにあり、こちらで訓練をしているア−ミ−たちもたくさん住んでいる町なのだそうです。ですから、この付近にはハワイの中でも観光客の数は少ないんでしょうね。




★街の真ん中にお店はあります。
交差点の角地にマウイ・マイクスと派手な看板が立っているので、初めて行かれたとしてもすぐにわかるでしょう。看板には炎のマ−クも付いており、いかにもな雰囲気のお店なのです。



★看板には「ファイア−・ロ−スト・チキン」と書いてあります。
いかにも自分たちの商品がこれ1本で勝負してるんだといわんばかりの看板。アメリカでは、このような自己アピ−ルをもろに出しているお店は当たり前にたくさんあるのです。※日本ではこのように自分の店の特徴を露骨にアピ−ルするようなお店は数少ないのですが、アメリカでは自己アピ−ルするのが当たり前のお国柄なのですから・・・・。




★店内の様子
ベテランのスタッフたちが手際よく接客をしています。真ん中の男性の奥にあるのがこのお店特製の「ロ−ストチキン製造機」なのです。この機械は、道路端で販売しているフリフリチキンと同様に”常時チキンがくし刺しにされてくるくると回っている”という非常に優れた代物なのです。



★店内のメニュ−
シンプルにこの6種類。.船ン1羽の4分の1▲船ンの半分・・・・・などなどのたった6種類がこの店のメニュ−。トッピングに、フライドポテトORライスと飲み物が付いたセットメニュ−でオ−ダ−するのがほとんどなのです。



★店の内部に貼ってあった大きなポスタ−
これを見ていると、眺めているだけで私の胃袋の胃液が流れ出しそうな・・・危ないPOPなのです。



★大混雑の店内
若い年代・・・主に20代から30代のカップル連れが多い店内の様子。やはりこの付近は軍隊の基地があるので、団体での若きア−ミ−たちの姿も良く見かけます。



★ここのカウンターでオ−ダ−します。



★このトランプはなに?
このトランプは、オ−ダ−が終わればそのオ−ダ−したのと引き換えにお店の方からこのようなトランプをもらうのです。そして、オ−ダ−した品が出来上がると「ダイヤ・ナイン」などと呼ばれて、このトランプと引き換えに品物がもらえるという、非常に画期的なシステムなのです。※個人名で呼ばれるよりも、こちらのシステムのほうが数倍おしゃれですよね!!



★カウンタ−付近も混雑してきました。
そろそろ我々のオ−ダ−したものも出来上がってきたようです。



★オ−ダ−した「ハ−フ・チキン・コンボ」・・・・$8.29(日本円で約700円・・安っ)
1羽のチキンの半分がこの中にあるのです。そして、バタ−とBBQソ−スも容器の中に用意されてはいましたが、日本人ならこれらを付けないでもお味の方は下味の塩・コショウでバッチリなのです。



★ハーフチキンセットにポテト&ライスまでつけていただきました。
これをお昼ごはんに夫婦2人ででいただきます。ご飯の方は、少しだけ残すくらいのたっぷりのボリュ−ムだったのです。

 

【マウイ・マイクスのPR】
アメリカには我々の知らない美味しいものがたくさんあるのです。この情報も、ハワイ在住の方にいただいたのですが、まだまだ奥は深そうなのです。まぁこのチキンにしてもマクドナルドのハンバ−ガ−などにしても、これを毎日食べるとからりボリュ−ムがあって、すぐにDEBUになるとは思いますが、こんな食べ物も時々なら”ジャンキ−な食べ物”はチャンスさえあればいただきたいものなんです。「マウイ・マイクス」・・・・皆さんにもぜひお奨めいたしますので、オアフ島のワイケレ・アウトレット・ショッピングセンタ−から約10分の至近距離にありますので、ぜひ行かれてみてはどうでしょうか?
ごちそうさまでした。
| 2012オアフ島(グルメ) | 08:23 | comments(3) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ