CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
2012ハワイ旅:82「アロハタワ−」
 さぁ・・・現在の時間は午前8時半。少し早いですけど今回オアフ島で3泊したアラモアナのハワイ・プリンスホテルをチェックアウトしてレンタカ−でホノルル空港へ向かいます。今回の飛行機はANA便でしたので、帰りのホノルル国際空港の出発時間はAM11:54ですからまだ時間の方はゆっくりあります。ここ3日間でレンタカ−でアラモアナ周辺を走り回ったのですっかりとこの辺の地理や道路には詳しくなりました。まぁやはり古いことわざにあるように”習うより慣れろ”の精神でいると自然と詳しくなってしまうもの・・・。

まぁ、過去にもレンタカ−の走行ではアメリカ西海岸の片側8車線ものフリ−ウェイでのでっかいコンボイに挟まれながら恐怖感を感じた時速140kmの経験や、オ−ストラリアでのハイウエ−でのランナバウト(イギリス植民地だった場所にはよくある・・大きな交差点での円形のサ−クル内の左側優先での優先通行方式)なども経験したことのある私ですが、やはりハワイでの道を経験すればするほど時間を短縮してロコの皆さんたちがよく使う道路などを利用して楽しんでいるのです。
まぁ今回もレンタカ−では2度ほどアクシデントはありましたが、まぁ結果何とかなってそれも旅の楽しみの1つとして楽しんでいるのです。

それでは、ホノルル空港までの帰りのミニッツハィウエ−での寄り道を1つ・・・ご紹介いたします。



★ここがハワイプリンスホテル
建物自体はまぁまぁ古かったのではありますが、よかったのがここのアラモアナハ−バ−が目の前という絶好のロケ−ション・・・・とても気に入りました。ワイキキ周辺も何でもあって便利でいいのでしょうが、ここアラモアナ地域にはそれ以上にいいものがたくさんあったりして今回とても気に入ったのでした。ここは西側のこのホテルの正面玄関なのですが、この道を挟んですぐ西側にはアラモアナ湾が拡がってすごくいい場所なんですから・・・・。



★なにやら作業しています。
これはね・・・・・専門の作業員さんたちが椰子の葉とココナッツの実を、この下を通る通行人が怪我をしないように早朝の時間に切り取っているのです。※ハワイでは、椰子の木の下の通行や車の駐車は充分に気をつけるよう注意されるのですから・・・・事故に注意です。



★見て・・見て
高所専用のリフトがついている自動車から伸びている箱に乗ってココナツの葉を取り除いているのです。同じようにココナツの実もとても危険ですから、きっと落ちそうなやつは事前に取り除くんでしょうね。





そして、ホテルを出てから約5分後・・・・・「アロハタワ−」に到着しました。
少し時間があるので立ち寄ってみましょうか。





★アロハタワ−
一時はかなりの観光客などがショッピングや食事などで集まっていましたが、現在ではその栄光のあとは感じられない・・・・寂れた感じでちょっと寂しいのです。



★アロハタワ−
この場所へはいままでにも何度も来ましたが、このアロハタワ−にはいまだかつて登った事がなかったのです。せっかくですから、チャレンジしてみましょう。



★そして・・ここアロハタワ−へ来た意味が
実は、今回ここへ来た最大の目的とは・・・・でっかいハワイ各地を巡る周遊船が停泊していて、この姿を間近で見たかったのでした。画面の左側に見て取れます。



★そして・・・日本の船が
海友丸と書いてあります。そして、船の一番高い場所には日の丸が掲げてあり、これが日本の船だと確信しました。



★2人のお兄ちゃんが2ピ−ス
甲板にいた彼らに話を聞くと、「福岡の水産高校の実習船」だそうで、今から2週間かけて日本へ帰還するそうです。
※我々愛媛県人からすると(私の住んでいる松山は四国にあって、生粋の愛媛県人です)、ハワイの水産高校の実習船というと、今から約10年ほど前にここハワイの海で海軍の潜水艦と衝突して沈没した宇和島水産高校のえひめ丸を思い出さざるを得ません。悲しい事でしたが、今回出会った彼らには、今回の航海でいい体験をして立派な海の男になって欲しいものです。



★敷地内にはお土産物やさんも



★アロハタワーのスタッフ
「入場開始はAM9:00からですよ」なんて言っていました。顔はいかつかったのですが、いい人っぽい感じです。



★アロハタワ−頂上からの眺め
アロハタワ−からワイキキ方面を見ました。



★湾の中では先ほどの船が出発



★気をつけて帰れよ!!
こんな言葉を思わず叫びたくなる私でした。



★アロハタワ−から見た豪華客船
このタワ−の高さはわかりませんが、この豪華客船のへさきとほとんど変わりのない高さですから充分に30m以上はあるんでしょうねぇ。



★デッキには乗客の姿が
船のデッキのプ−ルには朝から乗客の甲羅干しをする姿が・・ありました。
私も、会社をリタイヤでもして時間とお金の余裕が出来れば、こんな豪華客船でゆったりとした船旅を経験してみたいなぁと夢見ているのです。いつのことになる事やら・・・・ふぅ・・・。


| 2012オアフ島(公園) | 08:41 | comments(5) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:59「アラモアナ公園の夕陽」
オアフ島の初日・・・・・早めにホテルにチェック・インして、少しお昼寝をして旅の疲れも取れたので、さぁこれからホテルから歩いて食事に出かけることにします。
今回我々の泊まっているアラモアナ地域には美味しいグルメのお店もたくさんあり、私の大好きなお店の1つ「サイド・ストリ−ト・イン」などもアラモアナセンタ−から歩いて5分だし、まだまだこの付近には観光客というよりもロコ(地元の住民)が愛するお店もたくさんあるようです。(それだけに穴場なのです・・・(※この「穴場」という言葉の響き・・・・マニアにはたまらないのです)

楽しみな食事をする前に、オアフ島の夕陽を眺めるために歩いて「アラモアナ公園」へ向かいます。




★アラワイ・ヨットハ−バ−越しに夕陽が沈んでいきます。
この景色が、ここハワイプリンスホテルから見える絶海なのです。これを見るためだけでも、ここに宿泊する値打ちがあろうというものです。
 


★ヨットハ−バ−の中央に2つ見える左側の丸い方がハワイプリンスホテル
これは、アラモアナ公園側から見たホテル周辺の様子。33階建てのホテルだけに、このように遠くからもはっきりと見ることが出来ます。



★アラワイ運河
私のブログの読者である”ハワイ在住の「めるママさん」”が現在お住まいのワイキキの街のアラワイゴルフコ−ス付近からからこのヨットハ−バ−付近を通ってワイキキの海にまでに流れているこの運河。水のある光景でも海と運河とは多少その表情も違うので、運河そのものの存在は・・・これはこれで癒されるワイキキ周辺の大切な光景なのです。



★ヨットハ−バ−にはたくさんの大型ヨットが
かなり大きいヨットがここにはたくさん係留されているのです。やはり我々の住んでいる瀬戸内海とは違い、太平洋の海原まで出かけるにはある程度安定した大きさの船が必要なんでしょうねぇ。



★買い物のメッカ・・・「アラモアナ・センタ−」
日本人も大好きなハワイ最大のショッピングのメッカ。他にもここオアフ島にはたくさんのショッピングセンタ−などもあるとは思いますが、お店の数や置かれているブランドの充実度など・・・・ハワイ各島の中でも、ここアラモアナ・センタ−をさておいては考えられません。



★夕暮れには健康志向のジョガ−たちが
緑の多いこの付近は特にジョギングや散歩をするロコや観光客たちの姿をよく見かけます。だいたいが、スタイルの良い人たちが走ったり歩いたりしているもんです。やはり継続は力なんでしょうねぇ。※前の女の子は、カメラを向けているこちらをちょっとにらんでいるようですね。



★公園内にもたくさんの車が
この付近で運動したり、釣りをしたりなどをする人々たちがそれぞれに車を止めているんでしょうね。



★釣人やジョガ−たち
それぞれが、オアフ島の夕暮れの時間帯をエンジョイしています。適度な運動をして、ひと汗かいた後の食事やお酒はなおさら美味しいんですからね。ガンバレ・ガンバレ



★カヌーのトレ−ニング
夕暮れの運河内でカヌ−のトレ−ニングに励んでいる光景。こんな時間にがんばっておられるのも、やはりこの場のロケ−ションが抜群だから・・・というのもあるに違いないのです。



★2艇による競り合い
カヌ−2艇が太平洋に向かって船出しています。



★ビーチにも人影はまばら
この日は、雲もかかり・・・あまり立派な夕陽を見ることは出来ませんでした。でも、この付近のゆるい空気感・・・・大好きです。



★公園からアラモアナセンタ−付近
公園内にはたくさんの椰子の木があって、やはりこの木も南国らしさを演出する大切なファクタ−なのでしょう。



★バスを待つ日本人旅行者たちの列に・・・ゲンナリ
ここは、アラモアナセンタ−のバス乗り場。みんなそれぞれが買い物を終わり、これからワイキキのホテル方向へピンクラインのバスに乗って帰るんでしょうね。こんな姿、今では必ずレンタカ−で行動する我々にとってはゲンナリする光景なのです。やはり「わがままし放題」したい人間にとっては、ハワイではレンタカ−は必需品なのでしょうね。※しかし、えらそうに言っても・・今回の旅のようにさまざまなアクシデントがあるのは、「レンタカ−ネタ」が多いのも事実ですがね?
| 2012オアフ島(公園) | 08:30 | comments(3) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ