CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
吉野家菓子舗@久万高原町

カステラ・・・・・これをお菓子というのかスイーツというのかはわかりませんが、

久万高原町に住む方からいただいて美味しかったので、場所を聞いてお店にうかがいます。

 

【2つもゴルフ場がある久万高原町】

久万高原町は、松山から車で約40分にある四国山脈の中の高原の町、高速道路が出来る前は高知県

へはここ久万高原町を通っていってましたが、約20年ほど前に四国4県を結ぶ高速道路が全線開

通し、最近はそちらで行くことが多くなり、久万町へは夏場のゴルフに涼しいという理由でうかが

らいになったのです。ここ久万高原町にも久万CCと高原ゴルフクラブという2つものゴルフ場があ

ります。夏場には松山市内と比べても5度くらい涼しいですから仲間とのプレーもここでする機会が

多いのです。

 

そんな久万高原町にある『吉野家』さんにうかがいます。

吉野家といえば全国的には牛丼の店なのですが、この久万町にあるのは『吉野家菓子舗』

ですから同じ名前でもえらい違い・・・・。

 

ご覧下さい。

 

 

 

【吉野家菓子舗】

■住所:久万高原町久万166-1(R33号線に平行して走る旧道沿い)

■電話:0892-21-2138

■営業時間:8:00-20:00 ■定休日:3のつく日(3日・13日・23日)

 

 

 

☆お店の外観

このお店は、先代のご主人が長崎でお菓子の製造の修行をされていて、その後奥さんの出身地のここ

久万高原町へ戻りお菓子屋さんを操業したのが始まりだとか。現在は2代目のご夫婦が切り盛りして

ます。

054.JPG

 

 

 

☆カステラの展示

カステラが本数別に売られています。箱入りの1本が1,000円、1.5本が1,500円、3本が3,000円です。

これは箱入りの値段でして、箱なしのものは1本が800円ですからケチな私はそれを4本購入しました。

061.JPG

 

 

☆箱なしのカステラ:800円

箱なしといってもきれいにセロファンに包まれてますから・・お土産としてもこれで十分です。

※あと・・・カステラ1本を買うたびに「カステラの端っこ」を1つ無料でいただけます。サランラップに

包まれた手作りのこれを帰りの車の中でいただきますが、やはり美味しく帰って2.3切れいただくのが

待ち遠しいのです。

056.JPG

 

 

☆くり饅頭

1ヶ80円、これも買って帰りましたがなかなか美味しいものでした。

062.JPG

 

 

☆ロシア好み

こちらは表面が少し硬いマカロンのような口当たりでしたが、なかなかユニークな1品でした。

しかし、ロシヤ好みなんてネーミングはオシャレです。

063.JPG

 

 

これがすべて

060.JPG

 

 

さまざまな額や賞状が

店内にはさまざまなコンクールで受賞された額や表彰状が並んでました。

064.JPG

 

 

☆ラップに包まれたカステラ?

これはというと・・・・おまけの品、カステラの外側の切れ端をこのようにラップに包んで「お食べくださ

い」といってカステラを買ったお客さんに提供されます。切れ端といってもれっきとしたカステラ、

道中で食べつくすのは当たり前です。

183.JPG

 

 

しっとりとしたカステラ

185.JPG

 

 

☆1口大にカットされ

昔ながらのカステラ、しっとりとして食べやすいものです。甘いもの好きな私にはたまりません。

187.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| スイ−ツのお店 | 08:20 | comments(4) | trackbacks(0) | -
鶏卵饅頭:一笑堂@今治市
普段仲良くお付き合いしてる方からお饅頭をいただきました。

その名も『鶏卵饅頭(けいらんまんじゅう)といいます。

非常に珍しいのでご覧下さい。



【鶏卵饅頭】・・・・一笑堂
■住所:今治市中浜町一丁目1-21
■電話:0120-03-0295
■ホームページ:http://www.isshodo.co.jp/
■創業寛政2年(1790年)



★シックな包装紙
上品そうな包装紙に包まれてます。
018.JPG


★今治銘菓:一笑堂の鶏卵饅頭
非常に懐かしいこの饅頭。たしか子供のころに食べて以来40年以上
は経ってるような気がします。
019.JPG


★天皇陛下お買い上げだとか
昭和41年、私の中学1年生のときに植樹祭で松山近郊へ来られ
その際に購入されたのでしょうね。
※この紋所が目に入らぬか!!ハ・ハッ・・・この形容詞で100
年は安泰でしょう?天皇陛下の文言はすごいのです。

020.JPG


★包装紙をオープン
小さなお饅頭がびっしりと詰まってます。左側のスマホと比較してもコンパクトなお饅頭
だというのがお分かりでしょう?
022.JPG


★まるいのがビッシリと
こうしてみれば鶏卵というよりもウズラの卵程度の大きさしかないのです。
023.JPG


★お饅頭を開けるとこしあんが
手のひらに乗せました。こんな小さなお饅頭です。直径が3cmなのです。
024.JPG





 
| スイ−ツのお店 | 08:13 | comments(2) | trackbacks(0) | -
たくま饅頭@今治
4月末のゴールデンウイークの前に訪ねた今治市。


帰りにはこの日も寄り道をします。
松山へ帰る途中にある『たくま饅頭』さんへ立ち寄り名物のお饅頭を購入します。



たくま饅頭】
■住所:今治市宅間130-2(R196松山〜今治市内へ入る信号の左側)
■電話:0898-22-7334
■営業時間:AM8:00〜売切れるまで(電話すればお取り置き可能ですとのこと)



★お店の周辺
以前はこの道がメイン道路でしたが、新たにバイパスが開通したために旧道沿いとなり
現在は車を乗り入れるのはひと苦労です。
018.JPG


★お店の正面
車がたくさん停まってましたが、お店にはお客さんはいませんでした。
019.JPG


★マル秘の製作現場
ここがお饅頭を製作してる工場ですから、通常はお客さんは立ち入り禁止なのですが
特別にお願いして1枚いただきました。ちょうどあんこを包む作業の途中でした。
020.JPG


★蒸し器などがたくさん
021.JPG


★たくま饅頭:1個95円
平べったい蒸された酒饅頭です。饅頭同士がひっつかないように、セロファンで覆われ
ています。饅頭の餡はこしあんで、食べやすいのです。
057.JPG


★出来立て
通常なら、持ち帰って冷凍し食べるときに電子レンジで30秒ほどチンすれば焼き立て
のようなモチモチ感がよみがえります。
058.JPG


★中身をちょっと
たくさんのあんこであふれてます。
059.JPG


★オープン
我々世代には昔懐かしいものですが、孫なんかにも食べさせたのですが、やつらの口
には合わないみたいで少しだけ口に含んで「もういらん」なんていわれました。
060.JPG



 
| スイ−ツのお店 | 09:27 | comments(6) | trackbacks(0) | -
お土産「白石本舗」の醤油餅
スイーツというのか・・・・・醤油餅の話。

友人の3回忌の法事をするので手土産として『醤油餅』を持参しました。
松山以外の方はこの醤油餅をご存じないとは思いますが、ご覧下さい。



白石本舗・・・・醤油餅
■住所:松山市本町4丁目1-6(伊予鉄電車本町電停1分)
■電話:089-924-4507
■営業時間:8:30-18:30  ■休日:日曜



★お店の外観
017.JPG


★お店の正面
この写真は、伊予銀行本町支店からのもの、この駐車場へ停めて買われるのが良いかも・・。
026.JPG


★店内のショーケース
品物の種類は少ないのですが、これでいいのです。
019.JPG

★醤油餅など
018.JPG




★由緒あるお店の勲章
創業130周年を超えた超老舗企業だそうです。
024.JPG


★この日も詰め合わせを
3,000円の予算に合わせて箱詰めしていただきました。
022.JPG


★醤油餅のアップ
醤油餅にはさまざまな色があり、そして餡入りと餡なしとの2種類があります。
020.JPG

★他のもちのお菓子も
021.JPG

★こちらも餡入りもちの1種
025.JPG



 
| スイ−ツのお店 | 15:01 | comments(6) | trackbacks(0) | -
エスプリ
フランス菓子「エスプリ」さんへ行ってきました。

実は、自分用ではなく仕事でお世話になった方へのお礼の購入が目的で
お邪魔しました。※しかし、自分用も購入したのは事実です。

このお店、以前は松山市の隣町の旧北条市にあったのですが、2年前に
現在の場所へ移転し、松山周辺の皆さんに支持されているお店なのです。

※実は、この店のオーナーとは私の会社が持ってますテナントの1階への
入居を一時検討されていたことで何度かお会いしてまして、今回の訪問
が久しぶりの再会となります。

それではご覧ください。



【フランス菓子エスプリ】
■住所:松山市清水町3-64-3(道後の樋又通り・清水小学校のすぐ北)
■電話:089-908-8855
■営業時間:10:30-21:00 定休日:火曜日
■駐車場:お店の前と横に7台くらいあり



★お店の目の前の清水小学校
松山市の城北地区の学校の集中してる地区にあります。目の前は清水小学校、そして
その後ろには松山のシンボル松山城が見えます。※最近の統計では、ここ松山城はあの
熊本城に続く日本で第2位の人気のあるお城だそうです。

025.JPG


★道後樋又通り沿い
ここから道後温泉へは車で5分程度です。
027.JPG


★お店の外観
白と黒のシンプルな外観です。
026.JPG


★シックな店内
015.JPG

★カウンター付近
右側のドアの向こう側がお菓子を製造する厨房です。ここで4.5人のパティシエたち
がケーキなどの製作に励んでおりました。
023.JPG


★カウンター
ケースの中にはたくさんの美味しそうなケーキがな並んでおります。
021.JPG


★フルーツケーキ
さまざまな種類のフルーツが乗ったケーキ、これ1個で7.8人くらいで十分にいた
だけそうです。
009.JPG


★デコレーションケーキ
こちらも生クリームで美味しそうです。
011.JPG


★オリジナルプリン
2種類ありまして、2個ともお持ち帰りでいただいちゃいましたが、なかなか
いけます。
016.JPG

★ショートケーキ
こちらもいろんな種類があり、どれをチョイスするのかはお店の方にお任せしま
した。
017.JPG


★タルト系
こちらはタルトですね、ベースの生地がケーキとは違って堅いのですね。
018.JPG


★クッキー
こんなのも日持ちして、”お使い物”としてはちょうどいいのでしょうね。
022.JPG

★お店の店名と同じの「エスプリ」
いちごショートみたいですが、この店の癸韻離リジナルなのです。
012.JPG


★お店のPOP
これがここエスプリさんがお店の名前を冠したケーキ。いただきましたがナイスでした。
010.JPG


 
| スイ−ツのお店 | 08:07 | comments(5) | trackbacks(0) | -
白石本舗「醤油餅」@松山
今日ご紹介するのはスイーツというのでしょうか・・・松山市内の和菓子の店です。

【松山名産:醤油(しょうゆもち)餅】
松山地方では1昔前までは各家庭で「醤油もち」が作られていて、最近でこそお店でしか
買えませんが「醤油もち」専門で製造・販売をしているお店の紹介です。
そのルーツは明治16年の創業というのですから松山では超老舗の和菓子屋さんなのです。

※醤油餅のルーツ
松山藩の城主であった松平定勝が、3月の節句に子孫繁栄のために醤油餅を作って部下に
分け与えたのが始まりだといわれています。その後は、ひな祭り時期に松山市内の各家庭
でも作られるようになったそうです。材料はもち湖(上新粉)に砂糖・醤油を混ぜたも
のを蒸し上げてもち状にして味付けしたものが醤油餅なのです。

★大洲への1宿の手土産
今回のお店訪問は、大洲へ1晩泊り込みで行くようになり友人のおうちへ1宿させていただくお家への
手土産として何か松山らしいちょっと珍しいものをというのでこの「白石本舗の醤油餅」
を購入するために伺いました。

どうぞご覧ください。



【白石本舗】・・・・和菓子屋さん「醤油もち専門店」
■住所:松山市本町四丁目1-16(伊予鉄市内電車本町四丁目電停40m)
■電話:089-924-4507
■営業時間:8:00-18:30 ■定休:日曜日





★お店の外観
場所は、国道196号線と平和通とが交わる交差点近くにある
伊予銀行本町支店の駐車場のすぐ南側です。銀行での用事を済ま
せ駐車場を利用すれば便利ですよね。
001.JPG


★お店の入り口
1階がお店の店舗兼厨房(調理場?工場?)で、2階がお宅のようです。
002.JPG


★お店のディスプレー
行ったのが1月末ですから、2月3日の節分用のスペシャル醤油餅もあるようですね。
003.JPG



★お店のショーウインドー
醤油餅の詰め合わせが何通りか置かれてあります。1,500円くらいから3,000円くら
いまで予算に合わせて購入できます。
004.JPG


★試食用の醤油餅
いろんな種類の醤油餅が食べやすいサイズでカットされて置かれてあります。
せっかくの好意ですので全種類いただいときましょうね。醤油餅は1番左側の抹茶
色のしかなく、そのほかは同じモチ粉を使用して小豆をまぶした「しぐれ」こちら
のほうもなかなか美味しいのですが、今回は醤油餅だけ購入です。
005.JPG


★醤油餅の現物
種類としては5色ぐらいはありそうです。中身は、ゆずや抹茶味
などいろんな味のがあって食べ比べるのが楽しいのです。
また、餅だけのもあるし中にこしあんが入ったのもあります。
006.JPG


★ショーケース
長年使い込まれたような年代を感じさせるショーケース。
007.JPG


★表彰状も
長年営業されてるので、こんなのもお店の歴史を感じます。下のある
表彰状は創業130年を祝して日本商工会議所からいただいたものです。
008.JPG

【白石本舗の醤油餅】
普段はあまりいただきませんが、たまに「お使い物」として我が家ではよく利用します。
お値段も手頃ですし、手土産でもあまり気を使わない程度で持参すると皆さんに喜ばれます。
読者の皆さんも・・・時々利用されてはいかがでしょうか・・・・。1個は130円くらいですね。
さぁこれから1泊の予定で大洲市で開催されるブロガーの飲み会「大洲花園会」へ出発致し
ます。
 
| スイ−ツのお店 | 08:34 | comments(4) | trackbacks(0) | -
おくま饅頭@久万高原町
 お饅頭を「スウイ−ツ」と呼ぶのかどうかは別にして・・・・今日も久万高原町へ行ったときに立ち寄った「おくま饅頭」さんをご紹介いたします。

実をいうと・・・この店のオ−ナ−の高市さんとは古くからのゴルフ仲間でして、今から30年以上も前からの若かりし頃からいろんな形でお付き合いさせていただいております。普段は年賀状の交流くらいですが、このような暑い季節ともなると久万高原町にある「久万カントリ−クラブ」か「高原ゴルフクラブ」が松山市内に比べると涼しいというのでけっこう出かける機会が増えるのでここおくま饅頭さんにも立ち寄るのです。

「おくま饅頭」の高市本舗さんへも中華そばをいただく際に立ち寄りました。ちなみに、中華そば真木食堂のネタをいただいたのも高市さんでして・・・・・・ありがとうございました。

それでは・・・・どうぞ・・・・。




【おくま饅頭】・・・高市本舗
■住所:久万高原町久万574-4(久万町の中心部のバス停前です)
■電話:0892-21-0014
■営業時間:8:00-19:00
■定休日:年中無休




★久万高原町のメインストリ−ト沿いにあります。
まぁメインストリ−トといったって・・・松山に比べたら非常に田舎ですから、交通量はこんなもんです。



★国道33号線沿いにある看板




★お店の外観
重厚な造りのお店の外観。この付近は、冬の寒い時期には積雪する事もあるという四国地方では標高の高い(約700m)場所でして、こんな重厚なお店がこの地にはよく似合います。




★店内の様子
お饅頭や・・・・今の時期には涼しげな水羊羹も人気です。



★名物:おくま饅頭
このお饅頭が甘すぎず大きすぎず良い塩梅でクセになるのです。



★夏限定の水羊羹
饅頭の餡と同じものを使用した水羊羹、こちらのほうも夏の季節には喉越しさっぱりで私は好きかも知れません。



★きれいな陳列
小さなお店ですが、きれいに陳列されて・・・・お店のオ−ナ−の人柄がにじんでいます。



★歴史もあります。
この地区で花図良い人気のスゥイ−ツです。四国88箇所のお遍路さんたちにも人気があり、口伝でリパ−ピ−タ−も多いそうです。



★オ−ナ−夫婦
この店のオ−ナ−の高市さん夫婦。
見た目どおりの非常に仲の良い夫婦でして、主に旦那さんのアキオさんが外回り、奥さんのやっちゃんがお店の中を切り盛りしています。

※ちなみに、オ−ナ−の高市さんのご主人は大学が東京でして、あの”関係ないねっ”で有名な俳優の「柴田恭平」さんとは同級生だそうです。現在でも時折交流があるようで、お互いが認め合う親友だそうです。今年も、高市さんが東京を訪れた際に柴田さんの自宅まで行って食事を共にしたそうですから・・・そんな良い関係だそうです。

そして、彼はここ地元の久万CCのクラブチャンピオンにも何度もなっている実力者でして、私より2歳上のいい先輩なんです。がんばれ!!おくままんじゅう・・・高市夫婦。
| スイ−ツのお店 | 10:13 | comments(2) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ