CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
2012ハワイ旅:79「膨大な買出し品」
 今年のハワイでも、マウイ島・カウアイ島・オアフ島と3つの島を巡り、いろんなお店やゴルフ場などへ立ち寄ってチョコッとずつの買い物をしてまいりました。でもね、最終日の荷造りする時になるとすれば、そんないろんな場所に立ち寄った結果の”とてつもない量の荷物”と大格闘しなければならないのです。うちの奥さんんに言わせると・・・・まるで「商品の仕入れみたい」という事ですが、これも1種の病気かもしれませんが・・・何度ハワイへ来てもこの習性だけは直りそうもありません。
まぁ日頃のストレス解消の1つだと考えて・・・・自分自身を許しましょうか。あとの日本でのカ−ドの請求書を見るたびにいつも反省はするのですが・・・・。

買いすぎた手荷物がトランクに収納できなくて、ここハワイでトランクを購入した事も過去には多々ありましたし、今回も最初にオアフ島へ来たときには、夫婦2人でトランク2ヶ(実質は大きなトランクに1ヶ分の荷物)という「旅なれた小荷物の旅の達人」風ないでたちではあったのですが、帰りの荷物の数といえば・・・・・なんとトランク2ヶにスポ−ツバック2ヶという膨大な量の荷物になってしまいました。

まぁ文字で書くよりも、事実のほうを見るほうが良くお分かりかも・・・・・。
その中身の1部を・・・・とくとご覧ください。





シュ−ズ6足にサンダル2足
合計8足もの履物を買ってしまっています。
足は1つしかないのに、こんなに靴やサンダルがいるのでしょうか?不思議です。



★キャップ&バイザ−
ゴルフ用や普段用のかぶりもの・・・合計14ヶ・・・・たしかに多いかもしれない。



★Tシャツやトレ−ニングシャツ
全部で約25枚くらいはありますが、言い訳しますと・・・・このうちの半数はお土産の品ですから・・・・・



★ブリ−フ・ショ−トソックス
こちらのほうも、トランクスは10枚・・・・ショ−トソックスは15足くらい・・・で・す・か・ね?



★ゴルフ用ポロ
半袖が13枚に・・・長袖のブルゾン風が2枚・・・・まぁこんなもんか・・・今年は例年に比べてまだ少ないほうでしょうか。



★スポ−ツバックや小物入れ&マリエのデフュ−ザ−
まぁこちらのバッグも、小さいものはみんなへのお土産なんですがねぇ。



★コ−ヒ−やチョコ・クッキ−その他
このあたりはほとんどがお土産なんですがねぇ。
マウイ島やカウアイ島・オアフ島などで買っていたらこんな量になるのです。クシュン・・・。



【たくさんの手荷物】
今回ご紹介したのは今回の旅行で買った物だけなのですが、これ以外にも日本から持っていった服などもあって・・・それはそれは膨大な量となったのです。
おまけに・・・・現在の国際線での日本の航空会社の規定(エコノミ-・クラスですが・・)では、1つのバックの重量が20kg未満ということですから、大きなトランクに詰め込みすぎてもまた空港内で他のバッグに分散しなければならないんです。

まぁ・・・年に1度の大旅行・・・というので・・・これくらいで勘弁してやりましょうか(吉本新喜劇風)。
| 2012オアフ島(買い物) | 08:19 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:76「どん・きほ−て」@アラモアナ
 今回の旅でのオアフ島の宿泊先が一般的な日本人が宿泊するワイキキの街並みではなく、初めてアラモアナ地区の「ハワイプリンス」での宿泊だっただけに、今年のオアフ島ではここアラモアナ地区を歩いたり車で探索したりしたものです。

ワイキキ周辺なら車で動くよりも歩いて回るほうが何かと便利ですが、「ハワイマニア」を気取る私だけにやはり”行きたい時にいつでも即行動”がモット−ですので、そんな私にはここハワイという外国でもレンタカ−は必需品なのです。

「どん・きほ−て」・・・・日本でも品揃えや価格の安さで若者中心に大人気のお店なのですが、実は私はあまり人ごみが好きではないので・・・・・日本でも松山では2年ほど前に開店して、そのお店の前の道路はほとんど毎日といってもいいくらいに通っているのですが、実はまだ1度も行った事がないのです。

そんな「どん・きほ−て」 の初体験をここハワイでします。
以前は、このお店は日本のス−パ−チェ−ンの「ダイエ−」だったそうで、ここ最近名称や経営も変わったそうです。
そんな「どん・きほ−て」うかがってみましょう。




どん・きほ−て・・ドン・キホ−テ・・・「Don Quijote」というスペルなんですよね。
語学の勉強にもなるのです・・・。



★どん・きほーての路面からの様子
アメリカチェ−ンのファストフ−ドのお店がずらりと周辺を固めています。



★ファストフ−ドのお店の様子
こんな具合にサンドイッチやプレ−トランチなどをこのイ−トインコ−ナ−で食べれるようです。








さぁ・・・・それでは店内に入ってみましょう。




★衣料品や雑貨類・食料品にいたるまで
いろんな商品がたくさんあって、日本へのお土産品の購入には最適な場所かも知れませんねぇ。



★きれいな食料品コ−ナ−
アマリカのス−パ−などの展示の仕方はりんごやオレンジなどをそのまんま名までディスプレ−してる門ですから、その色合いの美しい事・・・・好きです。



★ハワイ産地ビ−ル
ここハワイメ−ドの地ビ−ルもたくさんあります。一度機会があれば、すべて制覇したいもんですね。



★よく見る銘柄
プリモ、ファイア・ロック、ビッグ・ウエ−ブ、ロング・ボ−ド・・・これらの有名な銘柄などは、私なんかはすべて制覇したものです。日本のに比べると泡の切れが少し悪いような・・・そんな印象です。




★バレンタインのディスプレ−
この日はたしか2月10日ころでしたから、バレンタインディの2月14日までには直前のころ・・・お店の中はバレンタインモ−ドでしたね。



★寿司のコーナー
外国のス−パ−で日本語表記でこんなに寿司なんて書いてあったら・・・・日本人にはたまらんでしょうね。



★お惣菜&サラダ
このようなおかず類もグラム単位で量り売りですから、好きなものをお好きな量で・・・・嬉しいんです。



★サンドイッチ・ホットドッグ&野菜サラダ
こんなのをテイクアウトして公園などで食べれば美味しいんでしょうねぇ。



★ワタリガニ風?
日本で言うとワタリガニのような種類のカニ。宿泊する場所がコンドミニアムのようなキッチン備え付けのところなら調理していただいても美味しいかもしれない。



★明るい店内
こんな明るくて、いろんな面白いものがたくさんあるお店だったら半日くらいはすぐに時間がつぶせそうな・・・そんな気がします。



★お客さんの種類も多種多様
日本人の観光客というよりも、ロ−カルの人のほうが断然多いみたいです。やはり日本食も地元の人たちに支持されているんだというような気もしますねぇ。



| 2012オアフ島(買い物) | 10:28 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:74「白木屋」
 アラモアナホテルの部屋を眺めた後は、今晩の晩ごはんを購入するためにアラモアナセンタ−内にある白木屋に向かいます。

ここ白木屋には、日本のデパ地下とでもいうような日本食の食料品売り場中心のお店なのでして、ここへさえ来ればハワイを感じさせないほどの日本食がふんだんにあふれているのです。
ご飯のおかずやお弁当、お漬物・納豆などをはじめとする日本製の食料品などの品揃えはかなり充実しており、ここハワイでの食のストレスを感じている日本人にとっては思わず”まさに食のストレス解消やぁ”などと叫びたくなるほどほどです。グルメ(レポ−タ−の彦麻呂風ですが・・・)
この白木屋は、アラモアナセンタ−の2階3階の2フロアにあり、位置関係でいえばセンタ−の中心よりも南側(ワイキキより)のメイシ−ズというデパ−トのすぐ横にあります。

また、最近ではこの白木屋の店内には「居酒屋コ−ナ−」も新設されて、居酒屋部門が営業開始する夕方からはここのイ−ト・インコ−ナ−で日本のアサヒビ−ルを片手に焼き鳥やお好み焼きなどを満喫する事もできるようです。まさに日本の居酒屋二でもいるような感じなのです。

そんな、白木屋・・・うかがってみましょう。




ロ−カルの人たちや日本人などでにぎわう店内
買い物カゴ片手にたくさんのお客さんたちが今晩の食材屋おかずなどを調達しています。店内では実際にいろんな調理をしている美味しそうな匂いが店中に拡がり、この前を通るだけでお腹がク−と鳴ります。



★お好み焼きも
広島風のお好み焼き・・・・$8.99・・・日本円でいうと700円程度・・・日本では1コイン程度の500円くらいなのでしょうが、まぁハワイの物価からするとこんなものです。



★お客さんの目の前で調理を
たこ焼きやお好み焼きをガラス越しに調理していきます。
これを見れば日本人・・・特に「粉もの大好き」な関西人ならほぼ100%飛びつくに違いないのですから・・・・。



★屋台村も新規オ−プン
少し飾りつけが派手すぎるといった趣がありますが、日本の花見のような造花のサクラの花をたくさん飾りつけたのにはちょっと閉口しますが・・・・ここはハワイ・・・少々のことは許しませんか?



★ここに座って、いろんな料理をいただきます
和食オンリ−のここ白木屋の屋台村・・・ハワイにいながら日本の食を楽しむのはいいんじゃないんでしょうかねぇ。お客さんもきっとほぼ99%が日本人に違いないのです。

| 2012オアフ島(買い物) | 08:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:72「ワイケレ・プレミアム・アウトレット」
 この日はオアフ島の最終日、朝早くからオアフ島の倉庫街カヒリ地区で美味しい朝ごはんを食べ、レアなお土産をゲットして、すっかりと今まで潜んでいた”買い物癖”が見事に復活してきました。
その勢いで、これからはハイウェ−に乗ってワイケレのアウトレットで買い物です。

ここワイケレでは、初日に立ち寄ってひと通りの目星をつけておいた商品を購入するためで、アウトレットも2回目ともなると時間も効率的に有効に使え、短時間で買い物を終えることが出来ます。皆さんにもこれはお奨めのポイントなのですが、買い物は1度目は見るだけでおおよその品定めをして、2度目に余裕を持ってお店へいけば気に入った商品を手早く効率的に買うことが出来ます。また、1度だけなら衝動買いをして後で「こんなものを」などと後悔する事もありますが、2度買いなら頭の整理も出来ているのでこんなことはないでしょうね。

それでは、ワイケレセンタ−へ向かいます。


★このあたりはホノルル空港からパ−ルハ−バ−近くのハイウェ−
アメリカの左ハンドルにもすっかり慣れて、快調に快晴のオアフ島を走行します。



★約30分でワイケレに到着
かって知ったるワイケレセンタ−・・・・ワイキキ方面からだったら来るまで約1時間の距離、レンタカ−さえあればいつでも時間を気にせずに自由に乗り込めます。



★朝10時頃・・・すでに8分の入り
駐車場にはすでにたくさんの車が駐車しております。



★可愛いベイビー・・・
ショッピングセンタ−だから、けっこう家族連れが来ています。



★可愛いギャルたち
ヤンキ−なお嬢さんたち・・・この国の人たちの陽気な性格が私は大好きなのです。
あと10年もしたらまた会いたいよね・・・・ブロンズ美人になってたりして・・・。



★可愛いベイビー・・・その
色白の目も栗色で可愛いんですって・・・・。



★店内の様子
たくさんの商品が山済みです。メンズ・レディス・キッズと1つの店で全部がそろいます。



★いろんな商品に目を回します。



★すてきな彼女
エキゾチックな私好みのお姉さん・・・・・こちらのお店はPORO(ラルフロ−レン)ですから・・・。また今度行ったらいるかもしれないので楽しみです。



★食べ物やスポ−ツ用品もあり
ワイケレセンタ−には、衣料品やコスメ・・・そのほかにもスポ−ツ用品や文具・飲食店なども多数あり、丸1日いても飽きることは無いのです。



★椰子の木が涼しそう



★敷地内を走るシャトルバス



★南国らしい光景



★けっこうお値打ちな品が・・・安くて



★ゆっくりと回れます
| 2012オアフ島(買い物) | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:71「カヒリのファクトリ−街」癸
 カヒリのファクトリ−(倉庫)街・・・第2弾。
さぁ・・・・今日は、あのパイナップル型のクッキ−でハワイでの最近のお土産としては日本人観光客にかなり有名になった「ホノルル・クッキ−・カンパニ−」へ向かいます。



★ここが倉庫&直売所
とてもじゃないけれど・・・一般人が入っていってクッキ−を買えるような場所ではないのですが、ところが買えるのですから・・・・不思議です。



★かろうじて判るこのロゴ
「Honolulu Cookie Company」
・・・私は、このパイナップルのロゴを知っているのでここがそうだと判別できますが、これがなければ通り過ごしてしまいそうな・・・そんな倉庫そのものなのです。



★お店の内部
こじんまりとした店内・・・・この時間が10時くらいで開店直後の様子。いろんなカラフルなクッキ−が並んであり、このお店自体の特典もありますから一度行かれたらいいのでは・・・。



★お店のスタッフ〜ゥ
ハワイ系というのかフィリピン系の顔立ちの彼女・・・この笑顔がその性格の良さを表しているのが良くわかるでしょう。




そして、ここホノルル・クッキ−・カンパニ−で日本の仲間へのお土産を買い込み・・・・ここ周辺をぶらぶらしてみます。そしたら、以前にトンネルズの番組ハワイ版の「キタナシュラン」で放映されていて、それで2年前にここへご飯を食べに行ったという「エセルド・グリル」があったので、懐かしくてお店の前を通りました。



【エセルド・グリル】Ethel's Grill
■232 Kalihi St. Honolulu
■808-847-6467
■営業時間:月〜金:5:00〜14:00、土:5:30〜14:00 ■定休日:日曜日
■お奨めは・・・・モチコ・チキン定食など



★エセルド・グリル
この日はあいにくお店の前を道路工事していました。






そして、以前来たときに気になっていたお店が開店準備中だったのでちょっとお邪魔してみました。ちょうど、あのエセルド・グリルのすぐ目の前にあるのが、ここカハイ・ストリ−ト・キッチンです。



【カハイ・ストリ−ト・キッチン】
■住所:237 Kalihi St. Honolulu
■電話:808-845-0320
■営業時間:10:30〜13:30 ■定休日:土日・月
■プレ−トランチとお弁当の配達がメインみたいですね。


★カハイ・ストリ−ト・キッチン
黄色いベ−スの看板・・・このような看板好きで〜す。





★お店の中の様子
もう30分もしたら開店時間、その前の仕込みのあわただしいそうな時間におじゃまして、中を拝見しました。



★アットホ−ムなお店の中
シンプルで親しみやすそうなお店の中。お客さんのキャパにして20人くらいは入れそうな、そんな規模でした。



★円形の建物
昨日の朝に買い物に立ち寄った「ハワイアン・ファイア−」と同じような円形の建物。たぶんそれと同じ時代にはやっていたのがこんな円形の建物だったんですよね。



★軽そうなドア
いかにもアメリカのダイナ−(食堂)らしいちんぷなドア・・こんなん好きです。次回に来たときには、必ず立ち寄ります。
| 2012オアフ島(買い物) | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:70「カヒリのファクトリ−街」癸
 朝ごはんも大満足して・・・これからはここカヒリ地区のファクトリ−(倉庫)街を攻めていきます。

ここカヒリ地区は、日本人がたくさんいるワイキキからは海沿いの一般道を飛行場に向けて車を走らせば行ける場所なのです。この付近はいわゆる工業地帯なのでありまして、車の修理業だとか運送業の倉庫、港湾関係の会社など・・・いろんな小さな会社・倉庫がたくさんあります。そして、また小売店ではなく卸売りの会社というのか倉庫というのか・・・・とにかくファクトリ−(倉庫)の中に小売するインショップがあったりして・・・一般の街角の小売店よりも格安に買えるという・・・・我々ハワイ・マニアを気取るような輩には非常に面白く、興味深い場所といえます。
でもですね、あまり女の子同士で夜なんかには健全な場所というよりも多少物騒な雰囲気のする場所でもあるので・・・・「昼間の時間に男性と一緒」のほうが安全なのです。
やはりここはアメリカでもあるわけですから、「自分の身の安全は自分で・・・」という精神が肝心です。楽しい海外旅行で、嫌な思いをしないように自分で自分の身を守りましょうね。


というわけで・・・ファクトリ−街のカヒリ地区を探索します。


【メネフネ・マック】
■住所:707A Waiakamio Rd. Honolulu
■電話:808-841-3344
■営業時間:8:00〜17:00、土曜日:9:00〜14:00
■休日:日曜日


★メネフネマック
創業は、1939年だとか・・・・。ロ−カルのチョコレ−トメ−カ−です。



★よく見ないと通り過ごしそうなほんとに倉庫です。
そんなにでかい看板もなく、小さな手造りの看板というのかス−パ−などにあるポップのようなものが数枚貼られているだけの直営店。



★中に入るとチョコの製造工程も見学できます。



★小売コーナーもあります
そんなにきれいではないですが、ちゃんと小売するブ−スもあったりして、その上いくつかはタダで試食できるので便利です。



★ちょうど団体客がバスでやってきました。
日本人の団体さんでしたが、バスから降りて20人くらいが中に入ってきました。





続いて、この近くにあるハワイのコ−ヒ−の老舗ブランド「ライオン・コ−ヒ−」のファクトリ−へ向かいます。




【ライオンコ−ヒ−】
■住所:1555 Kalani St. Honolulu
■電話:808-847-3600
■営業時間:6:00〜17:00、土曜日:9:00〜15:00
■休日:日曜日
■http://lioncoffee.com/



★おなじみのロゴが入ったお店の車
あまりハワイになじみのない方でも、このラベルはどちらかで見られたことがあるはずです。それくらい、ここハワイでは有名なコ−ヒ−ブランドなのでしょうね。



★お店の中にもたくさんのライオンキャラが・・・



★たくさんのおみやげ物たちが
品種やサイズなど・・・たくさんの品物が店の中に並んでいます。また、キャップやバイザ−、Tシャツなどのノベルティ製品も販売されており、私はライオンのロゴ入りのロングTシャツをゲットしました。



★こちらにもライオン関係が
お店のコ−ナ−にも・・・ライオン関係のディスプレ−がされておりました。



★天井は吹き抜けです。
倉庫の中にある小売の特設コ−ナ−ですから、ここ以外は実際に倉庫として荷物の搬送作業などに使われているのです。



★こんな倉庫街にあります。
日本のどこの町にもありそうな「海の近くの倉庫街の一角」なのです。こんな場所に、いろんなメ−カ−の直売所などがそれとなくあるのですから、ハワイマニアにとっては行かずにはおれない場所でしょうね。



★スタッフ〜ゥのお兄さん・お姉さん
ここでも、記念写真を1枚いただきました。



★倉庫&駐車場
実際の倉庫の一角に、一般客も車を停めて買い物をするのです。



★外から見るとこんな感じ


| 2012オアフ島(買い物) | 08:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:67「アラモアナセンタ−」
 「アラモアナセンタ−」・・・・かなり以前には「アラモアナ・ショッピングセンタ−」と呼ばれていたこの場所、ハワイのオアフ島へ行く人はほぼ全員一度は立ち寄る有名な場所だと思います。
ここアラモアナセンタ−は、合計290店以上のショップとレストランが揃った世界でも最大級のオ−プンエア−のショッピングセンタ−なのです。
私の場合なども、ここオアフ島に来れば最低でも2回程度は必ず立ち寄り、ブランド品の服や雑貨などの買い物をしたり・・・1階のマカイコ−トというお客さん約1,000人も収容できるフ−ドコ−トでお腹を満たしたりするのです。

今日は、今回は立ち寄ったのは少しだけでしたが、今回宿泊したのホテルがここアラモアナセンタ−から徒歩5分の場所にあったものですから、車で1回と歩いて1回の2度ほどうかがいました。
それではご覧ください。




★カラフルなディスプレ−
男女ともに我々の子供世代が好みそうなブランド品が豊富に揃っています



★アバクロやホリスタ−・・・そしてエアロポステ−ル



★エアロポステ−ル
同じような系統のブランドがあるのですが、各メ−カ−ごとにはそんなに特別な違いはなさそうですが、そのブランドが好きかどうか・・・・各人の好みでしょう。



★カラフルなブランド品が買いやすいお値段で
まぁどのメーカーもこのように棚積みされている商品を格安でたくさんの量を買うことが出来るのです。



★買いすぎに注意しましょう
”衝動買い”をしてもそんな大そうな金額にはならないので、普段お世話になっている仲間へのバラまき的なお土産にも良いかもしれません。



★店内はすごいボリュ−ムのロックミュ−ジックが・・・ガンガン
通称・・・アバクロ・
・・・・ア−バン・クロンビ−というブランドですが、Tシャツ1枚が$30〜50もします。しかし、1度着て見るとその質感や着心地はお値打ち品だというのがよくわかりますが・・・・そんなにたくさんは買えないのです。



★今人気のフォ−エバ−21
最近日本でも若者たちに人気なのが・・・この「フォ−エバ−21」。我々世代も着れそうなので何枚かもっていますが、買いやいお値段にしゃれたデザイン、私にもお気に入りのブランドです。



★バス&ボディワ−クス
ここでは、お土産の化粧品やバス用品などを買い込みます。




★カラフルなボディケア製品
私にはよくわかりませんが、色もカラフルでお値段のほうもかなりお安いそうです。




★色鉛筆のような店内の色彩
いろんなブランドのいろんな商品がありますが・・私には何がなんだかわかりません。



★まずまずのお天気
お店の外の通路はオ−プンエア−となっていて、風も心地よいのです。
こんな空間は、常に快適な気候のハワイならではでしょうね。





朝から買い物をして・・・・車でいろんな場所を回りました。買い物自体は大好きで1日中ショッピングするのは嫌いではないのですが、ここオアフ島ではどこへ行っても人がたくさんいるのでそれだけでも大変疲れるのです。

【お昼寝タイム】
この日の時間も午後4時過ぎとなって・・・ホテルに帰って夕方の外出に備えて少しお昼寝をします。
10分でも15分でも良いのですが、このお昼寝が我が家の習慣なのです。毎日お昼ご飯は、事務所と同じ敷地内にある自宅へ帰って食べるのですが、食後の約10分のお昼寝がお昼からのパワ−となって元気回復するのです。



★ホテルの部屋から見たアラモアナ方面
今回泊まった我々のホテルの部屋は26階にありますから・・・・こんなグッドビュ−が拡がっております。早朝見る景色、昼間の光景・・・・夕方や夜間の光景・・・それぞれすてきなアラモアナ周辺の光景でしたよ。



★眼下にはマリーナが
普段は「シ−サイドビュ−」なんて我々のような熟年の夫婦には必要ないなんて思うのですが・・・こんな美しい眺めを独占できるんですから・・・・多少追加料金を出しても・・・時には眺めの良い部屋に泊まる・・・というのも良いんではないでしょうかねぇ。



★部屋・・・・2615室
今回我々の泊まった部屋



★アラモアナ・タワ−のスゥイ−ト
写真の映りがいまひとつであまりよく見えてませんが、確かこのフロアはジュニアスゥイ−トの階だったと思います。ここを決めたのは、予約の際にエクスペディアでここハワイプリンスが通常ツゥインの料金でスゥイ−トに泊まれるというプランを特別料金で出てたもんですから、事前に他のホテルを予約していたのをキャンセルしてここに決めたのです。



★5階のプ−ル
眼下にはアラモアナ港が一望でき、ここから眺める夕陽は最高です。




★夕陽その1
この美しさ・・・・言葉は要りません。



★夕陽その2
同じく・・・・・じっと沈まないでいて欲しい・・・・そう願いますがやがて海に沈むのです。

| 2012オアフ島(買い物) | 06:57 | comments(5) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:65「アイランド・スリッパ−」ワ−ドセンタ−
 みなさんは・・・・スリッパ(サンダル)・・・・どのようにお使いでしょうか?

普通日本にいると、スリッパは部屋の中で使ったりするか、夏の海水浴などにサンダルをはいて海に行く程度なのですが、ハワイなどでは通常でも靴を履いているよりもサンダルなどをはいているほうが足元が蒸れなくて涼しくて非常に快適なんですよ。

私の場合なども、最初のハワイなどではスニ−カ−にショ−トソックスといったスタイルが多かったのですが、1度サンダルを履いて快適さを知ると、島から島への飛行機などでの移動などでもサンダル(スリッパ)をはいて移動するほうがずっと快適なのです。日本では、サンダルで飛行機の移動なんて考えられないでしょうけどね・・・・。

そんなサンダルですが、以前からハワイ関連の雑誌を読んでいるとおしゃれなサンダルを紹介している記事があったので、今回はそのサンダルの専門店へ行き私のと息子の2足分を買ってきました。



【アイランド・スリッパ−】・・・(Island Slipper)
■住所:1050 Ala Mopana Blvd.Honolulu(ワ−ドセンタ−1Fにあります)
■電話:808-593-8229
■営業時間:10:00〜21:00  ■定休日:無休
■ホ−ムペ−ジ・・・www.islandslipper.com

※アイランド・スリッパ−のミニ情報
1946年、ハワイに移住してきた日本人の本永武蔵氏が創業したスリッパ専門の老舗メ−カ−です。
パ−ルシティにある工場で、熟練の職人が一つ一つていねいに作るスリッパは履き心地は抜群。






★ワ−ドセンタ−の1Fにある直営店 
駐車場も広いのでレンタカ−でも簡単に停められます。



★お店の外観
ハワイのメ−カ−らしく・・・・カラフルなお店の外観は、親しみや懐かしささえ感じられます。



★クラシックなお店のロゴ
アンテイクな雰囲気のあるこのロゴ・・・・ノスタルジ−を感じれてすてきです。



★このなサンダル・・・皮製です。
私用に買った何色もの色使いの皮製のサンダル・・・確か$80くらいはしましたが、確かにたかがサンダルとすればお高いのは事実ですが、そのお値打ちは十二分にあり、日本にいても絶対といってもいいほど他人とかぶらないので・・・・今年の夏には重宝したものです。
履き心地も抜群で、もう手放せないという・・・”お出かけ用のサンダル”となっております。



★ディスプレーされていたゼブラ柄のサンダル
このようなのも、・・・・ありそうでない・・・商品ですよね。
これも革製品です。個性的で、今度行ったらこんなのも買いたいのです・・・もう。



★こちらもディスプレ−
我が家の次男に買って帰ったのが、向かって左側の2ト−ンのもの・・・。こちらもおしゃれでして、息子も気に入っているようです。こちらの品も・・・確か$80くらいでしたが、このような個性的なサンダル・・・・靴などの履物好きの方にはぜひ買って帰っていただきたい1品です。



★店内で流されている製作工程
パ−ルシティの工場で製造されている様子が、店内に流されていました。
この商品は、全てがメイドイン・ハワイ・・・いまどき珍しい・・・・・職人の手造りにお値打ちを感じます。



★こちらも工場内のお姉さまの様子。
こちらも店内に流れるビデオの映像、熟練した皆さんの手によって完成するのが見て取れます。




★こちらがパ−ルシティのアイランド・スリッパ−のファクトリ−(工場)
これは・・・・ほんとに超偶然・・・・・パ−ルシティに行ったときにパ−ルセンタ−へ行く途中に道に迷い、偶然にもこちらの工場の敷地内に入り込んでしまったのでした。
アイランド・スリッパ−とは・・・私には何かの縁があったのかもしれないのです・・・・・。



★ちなみに・・・今回の旅で買ったフットウエア−
スニ−カ−が5足にビジネスシュ−ズが1足・・・・それとここアイランド・スリッパ−のサンダルが2足で合計8ヶもの靴関係の買出し?・・・・これだけで、小さなバック1つ分が必要でした。

| 2012オアフ島(買い物) | 08:23 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:64「ハワイアンファイア−」
 カハラモ−ルでの買い物を終え、今朝朝食を食べたカパフル地区へ戻ります。「また何か食べるのか?」などといわれそうですが、そうではなく”ハワイの消防士をモチ−フにしたブティック”の「ハワイアン・ファイア−」へ行くのです。このお店に行くのは初めてなのですが、松山のハワイ通の友人からこのお店のTシャツがおしゃれ・・・なんて聞いてたもんですから、ちょこっとうかがう事にします。



【ハワイアン・ファイア−】
■住所:3318 Campbell Ave.Honolulu
■電話:808-737-3473
■営業時間:8:00〜17:00
■ブログ:hawaiianfiresurf.blogspot.com
■ホ−ムペ−ジ:www.hawaiianfire.com




★ここはカパフル通り
このカパフル通りから少し東へ入ったところに「ハワイアン・ファイア−」はあります。



★お店の外観
丸い屋根が特徴の建物・・・・ディスプレ−には、実際の消防士が使用しているものも並んであり臨場感がすごいのです。



★入り口ドア付近
派手なハワイアンファイア−のロゴに、ショ−ウインドウには実際の消防士の制服や防火用のジャケットなどもディスプレ−されております。



★カラフルなポスタ−
店内のは、こんな女の子のおしゃれなポスタ−も・・・・カラフルですてきです。



★店内の様子
この店のオリジナルのロゴ入りのキャップやバイザ−、Tシャツ・トレ−ナ−などがたくさんディスプレ−されておりました。商品のお値段も買いやすそうな価格帯でして、Tシャツなどが$20〜35程度、トレ−ナ−なども$50くらいですからとても買いやすくておしゃれなものがたくさんありました。
ここでは、私用にTシャツ3枚と息子にトレ−ナ−を1枚購入、これ以外にも頼まれ物を2枚程度購入しましたが、帰ってから日本での評判はなかなかももんでしたよ。

| 2012オアフ島(買い物) | 08:24 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2012ハワイ旅:63「カハラモ−ル」
さぁ、本日の買い物三昧の第1弾・・・カハラモールへやってきました。
ここカハラモ−ルは、この周辺の高級住宅地に住むセレブたちのご用達の店として有名なショッピングセンタ−です。ここまで来ると日本人との遭遇率も低くなり、着ているお客さんの層もなにやら高級そうに見えるのです。また、ここカハラモ−ルには、高級品のそろっているデパ−トやス−パ−マ−ケット、いろんなブランドのブテック、映画館・飲食店などがたくさんそろっており、時間さえあれば丸1日ここで過ごす事もできるのです。




★カハラモール入り口
周辺には広い駐車場もあり、朝早くからたくさんの車で混雑しているのです。





★カハラモール内にある「ホ−ル・フ−ズ・マ−ケット」
このお店は、ス−パ−マ−ケットではあるのですが、高級な品揃えが充実するカハラ地区ならではの置かれてある商品などのクオリティが非常に高いマ−ケットなのです。


 


★カハラモ−ルのテラス席
ホールフーズの外側のテラス席では、朝食を楽しむ人たちがたくさんいました。日本人の観光客は少なく、ロ−カルというのか地元の皆さんの憩いの場となっているようです。



★カハラモ−ルの全体の表示版
インフォメ−ションボ−ドとでもいうんでしょうか・・・・モ−ル全体はやたらと広いので、効率よく回るにはこれを見て自分の行きたいお店を目安にして、大体の箇所をチェックしなければ効率が非常に悪くなるのです。



★我が家の奥様ご用達の「ザ・コンプリ−トキッチン」
このお店は、ガイドブックなどにもよく登場するキッチングッズのお店です。毎年ここカハラモ−ルへ来るたびに、自前のものやお土産の品をここでゲットするのです。



★カラフルなキッチングッズ
いろんな身の回りの食べ物をモチ−フにしたキッチン小物がたくさんあり、我々おじさんでも楽しいのですから・・・・おばさんたちにも当然大人気なのでしょうねぇ。



★店内の様子
たくさんの種類のキッチン用品やグッズが所狭しとディスプレ−されています。



★いろんな形のバタ−ナイフ
コックのおじさんのキャラクタ−であったり、いろんな可愛らしいものがたくさんあって面白いのです。その上、1つが2〜3ドルという衝動買いできそうな価格ですから、まとめ買いして日本で配るにはちょうど良いのです。



★バナナ・リパブリック
通称・・・バナ・リバ・
・・・ここの商品は、いわゆる”いいとこの人が着てそうな”そんなトラデッショナルなウエアがお買い得な価格で買えるブランドです。日本でもまだあまりお店の数は少なく、日本人はここハワイで購入する人も多いみたいで、おしゃれな人にはなかなかの人気があるのです。



★男性・女性それぞれあります。
べ−シックでシンプルなこのブランドの服、男女それぞれにありますのでカップルにも人気だそうです。





次に向かったのは・・・・キャンディ屋さん



★カル−セル・キャンディランド
このお店には、私の目的のものがあるのです。



★カラフルな店内
さすがにキャンディのお店・・・カラフルで楽しそうな店内です。



★Jerry Belly
このジェリ−ベリ−というブランドのお菓子を買って帰ります。実は、私の住んでいる松山でうちの会社が所有するビルのテナントさんの1つがこの「ジェリ−・ベリ−」という名前の美容院でして、ここカハラモ−ルに来るたびにそれを思い出して、そのお店のオ−ナ−へお土産にこのロゴ入りのキャンディを買って帰るのです。※優しいでしょう・・・ケンタロ−さんは・・・。



★お土産に買ったキャンディ
ラッピングもアメリカらしいカラフルなもので、私も大好きなものでした。



★カハラモールでの一こま
駐車場の高い天井部分の蛍光灯の電球を交換してました。こんな風に専用のリフトを使用して交換するんですよね。
| 2012オアフ島(買い物) | 08:06 | comments(3) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ