CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
2013年ハワイ旅:145:松山へ帰る
 さて『2013年ハワイ旅』もついに最終回となりました。

今日が2014年2月1日・・・・ちょうど1年前にこの旅を出発した日でして、今までこの旅行ブログをせめて1年後の今日には完結したいと思っていまして、ちょうどその日になりました。
それでは・・・・本文を・・・・。



昨年の2月1日に出発して、13日に帰国するという12泊13日の旅もそろそろ終着点です。延々と連載する事145回・・・第1回から数えて約1年間にもわたるこのネタを最後まで見ていただきありがとうございます。それでは最終回・・・・、羽田〜松山編お送りいたします。




★17:30・・・いよいよ松山へ出発
この時点で朝起きてからはもうすでに20時間近くは経過しているのです。日本時間でいえばまだ夕方なのですが、ハワイ時間ならもうすでに真夜中なのですから眠くって・眠くって・・・。



★ハムサンド
小腹が空いたので・・ちょっと1口。慣れ親しんだお味ですから、ストレス無くいただきます。



★羽田の搭乗待合
この日は通常の日でしたから、飛行機に乗るのはほとんどが出張族のスーツ姿のビジネスマンたちでした。休日以外の普通の日に、カジュアルな格好で日焼けした顔でビジネスマンたちが大勢いる飛行機に乗るのは「申し訳ない・・・という反面・・・俺たちはバケーションへ行ってきましたという上から目線の両方の視点で」・・・・複雑な心理状態となるのです。



★日本の夕焼けが・・・
ハワイではさんざん夕焼けを見てきましたが、日本のサンライズもいいものです。




★日が落ちて・・・富士山が
さぁこれから富士山上空を通過して、四国松山まで帰ります。遠くにはあの世界遺産となった富士山の陰影が・・・。



★眼下には大阪付近の様子が
この日は快晴、東京〜名古屋・大阪を経て四国へと向かいます。



★日本の夜景は白いのです。
ハワイの照明はオレンジ色ですから、こんな白い照明は日本に帰ったというのを実感します。




★19:00松山到着
お疲れ様でした。無事に松山空港へ到着しました。


【2013年ハワイ旅の終了】
昨年のハワイ旅、2月1日に日本を出発して13日目までの12泊13日という充実した長い旅でした。2週間ものハワイへの旅行というと、周囲のみんなはそれぞれ口を揃えて「良いなぁ・・長い間ハワイを満喫できて・・」って言われます。確かにバカンスは素晴らしいのですが、本音を言うと”もっと長期間居たい”って思うんですが、現実に現役で仕事をしておればそうも行かず、毎年10年近く連続してこうして後ろ髪を引かれながらハワイ旅を楽しんでいるのです。

実は今年の2014年も「ハワイ旅」の計画をしていましたが、介護というのか・・・昨年の秋ごろから同居していた母親が認知症を患い介護施設へ入院したものですから、やはり夫婦そろって長期間は放っておくことも出来ず、今年の2014年のハワイ旅は断念しました。また機会があればチャンスを作っていく予定でおりますから、このような旅行の報告が出来たらと考えております。長い間のご愛読・・・ありがとうございました(ペコリッ)。
| 2013年ハワイ旅(行き帰り) | 08:32 | comments(6) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:144:成田〜羽田
 日本へ到着しました。

JAL75便は、ホノルル空港をハワイ時間の2月12日の午前9:00に出発し、約9時間半後の日本時間では翌日2月13日の午後1時半に成田空港へ到着しました。(これって、日本とハワイとは約19時間の時差があり、ハワイ時間だと2月12日の午後6時半に到着という事になります)約2週間ぶりに日本へ帰り、さぁこれからが「夢の世界から現実へと戻る」時間です。

東京近郊の方は、これでハワイ旅も終わりなのでしょうが、地方からの人間にとってはまだまだ旅は続くのです。これからの数時間で、また現実に戻らなければならない・・・・という非常につらい時間ですが、こればっかりは仕方ありません。




★飛行機を降りモノレールでイミグレーションへ
長時間の飛行機を降り、日本の地に久しぶりに足を踏み入れます。機内では半袖だった皆さんたちも、飛行機の中に持参していたジャケットやトレーナーなどを上に羽織って、到着した日本の2月の気候に合わせるのです。



★手荷物を引きとって
混雑する中、手荷物を引き上げて税関を通過します。



★やっと到着ロビーへ
税関のチェックを終え、到着ロビーへと向かいます。ここへ来れば「やっと日本へ帰った」という実感に浸れます。




【成田−羽田のリムジンバス】
この後は、成田〜羽田まで約1時間半のリムジンバスでの移動です。片道で1人3,000円というバス料金はは少しばかりはお高いとは思いますが、この出費も仕方ありません。しかし、現実を考えると「松山〜羽田」の飛行機の往復料金は国際線を同じ飛行機会社でフライトするなら1人分が割安となり10,000円ばかしの負担なのですが、「羽田〜成田」間のリムジンバスの料金が1人分往復6,000円とは理解しずらいものはあります。



★リムジンバスで
チケットを購入して、羽田行きへ並びます。



★羽田まで
羽田空港まで約1時間半のバスの旅が続きます。



★喫煙者はつらい
空港内の喫煙コーナー、長時間のフライトは喫煙者にとっては長時間のフライトはつらい時間です。でもね、私も経験がありますがこんな喫煙コーナーは非常に狭くって、その上密室での喫煙は周りの人の吐き出す煙がすごくって、その煙に咳き込むほどの不健康な場所なのです。いまこうしてこの中に入ってタバコを吸ってる人たちを見ると「気の毒にねぇ」なんて人事だから言えますが、当の本人は禁煙状態が長時間続いたので大変です。”タバコを辞められてつくづく良かった”と思う瞬間です。



★外の気温は9度
到着した成田地域の2月だからこの気温はそれほど寒くは感じないのでしょうが、ハワイ帰りの身にはちと冷たいのです。
| 2013年ハワイ旅(行き帰り) | 08:28 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:143:帰国前のおやつ
 しかし、いくら慣れてるからといっても、いつもいつも10時間近いフライトはかなりつらいものがあります。私の場合には長時間の機内でも最低2.3時間くらいは平気で眠ることが出来ますのでそんなに長時間だとは感じないのですが、機内で眠れない人にとっては10時間という昼間のフライトはかなり辛いのかもしれません。そんな中、ビールやワイン・スコッチの水割りなどをいただいたり、眠った後の1杯のコーヒーなどは旅のつらさを紛らわすにはちょうど良いのです。


★マンゴー&グァバアイス
これって、たしかごはん時のデザートの1つでしたよね。



★アイスクリームの中身
見た目も美しく、食べた感じもあっさりとした好きなお味でした。私のような小市民は、食べ物の好き嫌いが少なくて、何をいただいてもおいしい・おいしいといえるので、これって幸せなんでしょうね。変に食べ物にうるさくなると、おいしく感じても本当にはおいしいといえなくなるのは不幸な事ですからね。




やがて到着まで約2時間という頃に・・・おやつというのか到着前の軽食が運ばれてまいりました。



★モニターを見るとずいぶん日本が近くに
あと1時間くらいでしょうか、日本列島にずいぶん近づいてきました。



★到着前の軽食
メニューは、私の大好物のハム&チーズ入りのホットドッグです。それと脇には少量のマカロニサラダも添えられて、こんなのは大好きな親父なのです。



★軽食のすべて
メインのハムトースト、そしてドリンクのスープに・・・デザートがホノルル・クッキーカンパニーのクッキーが2ケ。



★ホノルル・クッキー・カンパニーのクッキー
このクッキーもかなり有名になったもんです。なんでも、この会社の経営者はハワイの人じゃなくて韓国系の方らしいです。



★モニターではまもなく日本へ
さて・・・そろそろ現実の世界へ引き戻されそうです。



★肉眼でも千葉県が確認できます。
ただいま、帰ってまいりました。
| 2013年ハワイ旅(行き帰り) | 08:20 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:142:JALの機内食
 さて、ホノルル空港を出発後の約1時間後・・・・そろそろ飛行機の高度も落ち着き、機内でお待ちかねのランチが始まります。

【安心な日本の航空会社】
私が航空会社を選ぶときには、やはり日本の航空会社を選択するのが一番落ち着きます。JALの国際線の場合には、やはり日本の航空会社ならではの提供される食事が我々の口にはよく合うし、機内のビデオなども専用の小型TVが各座席に備わっていて、いろんな新しい映画を日本語で見ることも出来るたり自分で好きな番組を好きな時間に見ることが出来て、ハワイから日本への帰りの10時間という長時間でも飽きずに座っておれるのです。




★出発して30分後
ハワイ各島で唯一・・・・個人が所有していて一般の観光客が容易には立ち入れない島のニイハウ島が眼下にあります。今回の旅では、この島のお隣にあるカウアイ島でニイハウ島を見かけましたが、行けるのなら1度くらいは訪ねてみたい島です。



★まずは、ドリンクサービス
やはり最初はビールなんかをいただいて、あてはやはり日本人ならあられ&ピーナッツですよね。久しぶりのエビスビール・・・ハワイ産のビールと比較するとアルコール度が濃いいような気がします。



★あられも・・美味しい
最近では、こんな一般的なあられといっても中身はグレードがアップされて・・・大変美味しくなっています。




そして、ビールを1本飲んだ頃にはランチのサービスが始まりました。


★ランチ:その
これって・・・カレーですよね。それと小エビの入ったサラダ・・・なんか久しぶりの日本食のようないたって食べなれたお味に満足感はいっぱいです。



★カレーライス
ごはんもほど良い炊き加減で、カレーのルーも日本人が小さい頃から慣れ親しんだようなハウスのバーモンドカレーのような一般的ななじんだお味。



★サラダ:レタス&小エビ&きゅうり
こんな一般的なサラダって・・・ハワイにありそうでないのが現実、やはり日本的で落ち着くのです。



★デザートのフルーツ
ハワイで食べなれたパイナップルですが、これくらいだとちょうど量も良いんです。



★奥さんのチョイス
機内のメニューを見ると・・・フリフリ・チキンだとか・・・というよりもチキン入りのハヤシライスのような1品でした。これまた日本食として久しぶりに落ち着くものでした。



★機内にあったランチのメニュー



★標高は10,000mくらい
やはり外の気温はマイナス41度?



★TVモニターはまだまだハワイ近郊
| 2013年ハワイ旅(行き帰り) | 08:21 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:141:ホノルル空港
【しばしのハワイとの別れ】
 残念ながらといいますか・・・後ろ髪を思いっきりひかれながら・・・大好きなハワイとしばしのお別れです。手荷物を機内に預ける手続きをし、アメリカからの出国手続きを終えてホノルル空港内へ入場です。最近では空港内にすっと入るのに全く抵抗がなくなりました。・・・というのが・・・抵抗といっても・・ただ喫煙者だった今から4年前には、いったん空港内に入ると空港敷地内や長時間のフライトの最中には一切タバコが吸えず、ギリギリまで屋外で数本吸ってから決意を固めて入場をしたものです。いったん空港内へ入場以降は、それ以降約10時間くらいの禁煙状態が続き、非常にイライラしていたものです。しかし、4年前に1大決心をして禁煙に成功して以来はタバコのストレスも全くなくなり、長時間の搭乗も平気となりました。これも禁煙の効果でしょうね。


★デパーチャー(出発便)
午前中の出発便です。お昼までに約20便・・・1日にしたら50便近くは日本をはじめとする近隣国にフライトしてるんでしょうね。



★アライブル(到着便)
こちらの方が多いみたいです。午前6時の第1便から10時までにすでに15便ほどが到着するようです。



★ホノルル・クッキー・カンパニー
おなじみオアフ島でもたくさんの直営店があります。



★レスポーツ・サック
ユニークでおしゃれなバッグのお店、カラフルでお値段も買いやすいものです。



★ギャレリア
観光客の皆さん方はここで最後の化粧品や雑貨などを購入するみたいです。



★いろんな化粧品などが
免税店ですから、タバコやお酒・化粧品などもお安いのです。



★そして、搭乗口へ向かいます。
ひととおり見終わったら出発ゲートへ向かいます。



★通路にもまだまだ誘惑が
こんな通路上にもいろんなお店があったりして、さまざまな誘惑に負けそうです。



★ハワイ特有の花々の販売
日本の季節に適合するのかは不明ですが、地元特産の花々も販売されています。



★JALの搭乗口の待合所
出発30分前、几帳面な日本人はちゃんといい子で待つのです。



★成田行きのJL-75便
午前9時、出発の便です。



★空港内のアメリカ軍の飛行機
我々はJALの機内へ搭乗し、同じ滑走路の空軍の輸送機を発見、ホノルル空港はアメリカ空軍と共同で使用されているために、滑走路の向こう側には大きな飛行機も見られます。



★さよなら・・・オアフ島
ホノルル空港を出発します。さよなら・・・オアフ島、また来るからね・・・ハワイ・・・・。


| 2013年ハワイ旅(行き帰り) | 08:18 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:140:偶然の出会い
 ホノルル空港へ到着し、これから帰国する便のチェック・インをします。

パスポートや搭乗券などを提出して、係のスタッフと話してるうちにその女性がなんとなく友人の奥さんに似てたもんだから「もしかして・・・K君の娘さんでは?」って聞くと相手の彼女は驚いて、「えぇ、でもどうして知ってるんですか?」って私に聞き返します。実は、私の同級生で松山市の隣町の伊予市で自動車会社をしているK君も私と同じハワイ大好き人間なのですが、彼から「娘がハワイへ留学して、その後現地の日系人と結婚をしてJALの仕事をしてる」って以前に聞いていたもんだから・・・もしかしてと思い問いかけると「そうです」ということになりました。



★JAL便搭乗手続き
エコノミーの連中はここで搭乗券を提示して、飛行機内へ預ける手荷物を渡します。



★手荷物を預けるところ
先ほどのカウンターで搭乗券をもらったら、ここへ来て手荷物の重さを量りパスしたら機内に手荷物を預けます。



★そしてこの色白の女の子
この左側の女の子が我々の担当の子、彼女にいくつか質問を受けチラッと顔を見てると・・・誰かに似ているってピンと来て・・・「もしかして、K君の娘さん?」って尋ねると・・・不思議そうに「そうですが」という返事が・・・。何たる偶然・・・そして帰るその時にたまたま我々の担当になるなんて・・・こんな重なる幸運というのか偶然に感謝です。



★そして3人で記念写真
こうして見ると、こんな笑った表情屋しぐさがが同級生のK君の奥さんにそっくりなのです。勤務中に無理をお願いして我々夫婦と3ショットをいただきました。彼女は、今年の5月にここオアフ島でハワイの大学の留学中に知り合った日系のご主人と結婚式を挙げるそうです。これからも・・・お幸せにねぇ。



★そして、仕事に没頭
出国手続きをするために次のゲートに向かいますが、一般の人よりも時間を短縮するためにゴールドレーンという箇所を通るのを発行していただき、知人のメリットを生かせましたのです。さきほどよりは緊張感もなくなって・・・笑顔がすてきな美人です。



★ゴールドレ−ン
こんなのはエクゼクティブクラス専用みたいですが、何故かエコノミー族の我々にも恩恵をいただいたのです。感謝・感謝



★ゴールド・レーン
ここから出国手続きに向かいます。



★手荷物や身体検査を



★この時間ならスムーズに
この時の時間が朝の7時半過ぎ・・・この時間なら出国ラッシュにかからずに短時間でスルーできます。
| 2013年ハワイ旅(行き帰り) | 08:29 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:139:ホノルル空港へ
 それでは、午前9:00出発のJAL-75便に間に合うようにワイキキの海側のノースミニッツ・ハイウェーを走ってホノルル空港へ向かいます。ワイキキ周辺からホノルル空港までは、少し山側にあるH1の高速道路に乗ってもいいのですが、この一般道でも時間はあまり変わらないので、アロハタワーなどを横目に見ながらアロハ地域からはおよそ15分でホノルル空港へ到着しました。



★ダウンタウン周辺の混雑
ここはアロハタワー周辺のダウンタウンですが、このあたりの混雑といっても車線が片側5車線もありますから、スイスイと流れて行きます。



★曇りがちの中を
ハワイにはバス以外の公共の交通機関がないので、時間によればこんな風に一般道や高速道路も混雑するのです。左に見える赤いコーンは、時間ごとに車線が増えたり減ったりするために使用されている道路の目印なのです。



★カリヒ周辺の信号待ち
私の大好きなカヒリ地区あたり、自転車で出勤のカジュアルな男性やスポーティな女性が出勤途中です。



★ホノルル空港出発ゲート
日本から来たときには1階のゲートへ出ますが、出発時には2階のゲートから出発するのです。



★各飛行機会社の出発ゲート
ここにはたくさんの飛行機会社ごとのゲートがあります。JALなどもその1つです。



★出発ゲート前
ここへ車を停めて、手荷物を下ろして出国手続きです。



★みんな荷物を降ろしています。



★レンタカー会社のドライバー
1度先に搭乗口で荷物を降ろし、その後このリムジンバスで搭乗口へ連れていってもらいます。
| 2013年ハワイ旅(行き帰り) | 08:18 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:138:おむすび弁当「いやす夢」
 2013年のハワイ旅もいよいよ日本へ帰国の日となりました。

【行きはよいよい・・・帰りは2日がかり】
ここハワイから日本へは、来る日は「その日の夜に日本を発って、その日の早朝に逆戻りしてハワイへ着く」ので丸1日分得をするのですが、帰りは日付け変更線の関係で「1日目の朝にハワイを発ち、2日目の午後に日本に着く」という奇妙なことになります。まぁ実質は「行きは約7時間、帰りは約9時間〜10時間のフライト・・・行きと帰りはジェット気流の関係で行きはフォロー帰りはアゲンストのために約2時間の差が出ます」ですから、いちいち気にしなければ問題はありませんが、日程的には帰りは2日間かかって日本へ帰るのです。




さて、ホテルをチェックアウトし、車で空港へ向かいます。その途中で、朝ごはんを買い込んで空港でいただく事にします。買い込むものとは・・・日本でも大好きな・・・おむすびなのです。ホテルからもほど近いアラモアナ地区にありますから、寄ってみますね。



【いやす夢(いやすめ)】・・・お弁当・おむすび
■住所:1518-B Makaloa St. Honolulu
■電話:808-941-0168
■営業時間:7:00-18:00 
■ホームページ:http://tonsuke.com/enmusubiya



★朝のウエザーニュース
現地のウエザーニュースの様子です。



★ハワイ各島の風の様子
場所によって風の強さもかなり違うようです。



★今日もいい天気みたい
今日も1日晴れのち曇り程度・・・・雨季のこの季節は1日で2.3度のシャワーは仕方ないみたいです。





それでは、レンタカーでアラモアナ・ホテルを出て車で1分、いやす夢へ到着です。




★いやす夢のお店の外観
アラモアナセンターから山側の方向へ行った場所にあるこのお店。日本食が恋しくなれば、ここに伺うと安心します。



★お店の中
お店に到着したのが開店してすぐの午前7時、中に入ればすでにたくさんのお弁当が用意されていました。この様子を見ただけでは、ここがハワイだとは思えないくらいの”日本の弁当屋さん”そのものなのです。



★お店の奥では
店の奥の調理場では、たくさんのお弁当がスタッフの手によって製作・奮闘中です。



★メニュー各種
いろんな種類の弁当がラインナップされていました。



★そして購入したもの
これは食べる直前のもの、こんなのをいただくと日本が恋しくなりますから・・・・。



★中身はコンブ
こんなのを見るだけで喉がゴクンン・・・やはり定型的な日本人なんでしょうね私は・・・。



★もう1個はシャケ入り
シャケも塩味が効いていて・サーモンではなくあくまでもシャケですから・・・お間違いなく。



★ムスビ・パック:$3.65
おむすびと・・・フライドチキン・ウインナーソーセージ・卵焼きが入っています。

| 2013年ハワイ旅(行き帰り) | 09:11 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:2国際線でハワイへ
 日本からハワイまでの工程ですが,成田空港の場合は時間にして行きの時間は約6時間半、帰りはおよそ9時間半と約3時間くらい違います。これは、単に同じ距離なのに偏西風の西風の影響で行きはフォロ−の風が吹き、帰りにはアゲンストの風が吹くからだそうです。まぁハワイ好きにすれば、これが逆だったらイライラしますが、行きは早く着くのでワクワクしてあまり興奮のあまり眠ることは出来ません。

それでは・・・・国際線の機内での様子をご覧ください。



★機内に持ち込んだ食料
出発する時間がすでにPM8時となっていたので、当面の食料家酒の肴として好物のバッテラとおかき・するめを持ち込みました。



★飛行機内でいただいたビ−ルとおかき
機内で無償で頂戴するおかきもお味のほうは良いのですが、あまりにも量が少な過ぎて1袋では足りません。



★機内食
JALの機内食です。ビ−フシチュ−にタコのポキ(酢の物)、野菜サラダにパンが2つ、機内で消化しやすいメニュ−の充実ぶりに、昨年のANA便よりは食事に関してはJALの方に軍配が上がります。



★ビ−フシチュ−
食べやすい・・・なかなかのクオリティでした。



★その他のラインナップ
質・量ともになかなかのものでした。



★日本からハワイまでの中間点あたり
このあたりが「日付変更線」地点なのでしょうね。”変更線”といっても、海の上に白い線が書いてあるわけではないですから(笑)・・・・お間違いなく。



★だんだん地平線付近が明るくなり



★一般人の立ち入れないハワイ諸島固有のニイハウ島が見えてきました。



★機内のスクリ−ンの様子



★もうすぐホノルルまでもう少し
このような絵を見るとワクワク気分が大きくなります。



★周囲が明るくなり
飛行機の真下にカウアイ島の一部が見えてきました。



★これはカウアイ島の中心部のリフェあたりでしょうか?





そして成田空港を出発してから約6時間半後、ハワイ時間の2月1日午前7:30ホノルル国際空港へ到着しました。





★JAL76便、ご苦労様でした。
我々を無事に南国の楽園に連れて行ってくれてありがとう・・・・なのです。



★空港内のウエルカムメッセ−ジ



★フラガ−ルたちも




★入国審査や手荷物も無事に受け取って
皆さん・・・・ここで日本の冬からハワイモ−ドの夏支度に変身中です。



★ハワイならではのリムジンカ−
日本ではめったにお目にかかれないリムジンカ−。
派手さが大好きなハワイには良く似合う乗り物なんです。



★長時間の禁煙ご苦労様でした。
ハワイでも喫煙は吸える場所も限定されて、スモ−カ−にとっては肩身が狭いのです。私も3年前まではスモ−カ−でしたから経験がありますが、長時間のあとの1服は開放感に浸れて非常に美味しいのですが、クラタン(少しのめまい状態)がきたりしてちょっと大変です。



【2013年ハワイ旅・本土上陸】
いよいよハワイオアフ島へ上陸、これから3つの島の周遊旅行に向かいます。
さて今年はどんな旅になりますやら・・・・・・。
| 2013年ハワイ旅(行き帰り) | 08:21 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:1「松山~成田空港まで」
まず最初に・・・・・時間的な経緯でいきますと、いきなりハワイ便に乗ることは不可能なわけで我々のような地方に住んでいる人間にとっては最寄の空港から出発するわけです。私の住んでいる四国の松山からだと、東京をはじめ大阪や名古屋、福岡・宮崎・鹿児島などへも飛行機が飛んでおり、それらを利用していく事もできますし、また海外便も少しではありますが就航していて、中国の上海や韓国のソウルにも週3便ほどの運行ですがそれらを利用しての海外旅行にもこれらの海外のハブ空港を利用していく事も可能なのです。
(※以前、この時期の2月にグァム旅行をした際に松山からソウルを経由して行きましたが、この時期のソウルは気温がマイナス10度くらいで、それから約3時間後にグァムに到着するのですが、そのグァムの気温が30度くらいもあって・・・・・その温度差がなんと40度近くもあるという経験をしましたが・・・・これもなかなか出来ない経験でしたよ。)


【今回の旅での飛行機】
今回は、昨年利用したANA便ではなくJALを利用して松山~羽田、そして約1時間程度ですがリムジンバスを利用して羽田から成田まで行き、そこから国際便に搭乗するということになります。このような同じ航空会社の国内線と国際線を利用する場合には、国際線の料金(今回の場合はエア−サ−チャ−ジャ−を含めて一人分約10万円)に1万円だけ追加すれば大阪でも名古屋でも東京でも利用することが出来るのです。まぁ以前は、松山からは関西空港への直行便が出ていて、関西地方に住むものにとっては関空便を利用する事も多かったのですが、その便がなくなった今は、やはり成田空港のほうがハワイ行きの国際線の便数が圧倒的に多く、最近では羽田便の国際便もあるにはありますが、こちらのほうはスケジュ−ルが日本へ帰ったときには羽田空港にに1泊しなくてはならず、結局は成田便の一番最初の便である夕方19:50分発のJAL-76に決定いたしました。


それでは『2013年ハワイ旅』の第1回・・・・・ご覧ください。




★午後2時過ぎの松山空港
少し雨模様の松山からの出発。送迎用の車もこの時間ならまばらです。



★搭乗手続きもこんな状態なら簡単です。



★地元の名物など・・・みやげ物がたくさんあります。



★午後の便のすべてのラインナップ
これが全部ではないのですが、地方の空港ならこんなものです。



★私の乗るJAL-1468便:東京行き15:05分発です。
約80分で東京へ到着しますから、少しうとうとしていたらすぐに着きます。



★金曜日の午後便
やはりこんな時間帯ならス−ツ姿のサラリ−マンがお客さんの大半です。その中、フ−ドつきのトレ−ナ−を着込んで搭乗するのも悪くないのです。



★出発間際・・・・雨が降り始めました。



★搭乗後のJALの機関紙
ハワイ特集が掲載されていて、ハワイへ行くものにとっては盛り上がりを感じるのです。



★今年で2回目の訪問になる「カウアイ島」特集でした。



★羽田に到着して、これからリムジンバスで成田へ向かいます。



★約1時間で成田空港へ到着
旅立つ人たちのジャンバ−やコ−ト姿が、この日が2月だというのを実感する時です。



★手荷物を預けてです。搭乗手続きです。
やはりエコノミ−席ですから、こんなに混雑するのですよね。



★遅くまで空いている銀行の両替所



★時間つぶしに売店にでも



★搭乗口
出国手続きを終了して、搭乗口で待機します。



★まもなく搭乗開始です。



★搭乗口の横にあるダイヤモンドヘッドの写真に少し興奮します。



【2013年ハワイ旅1】
さぁいよいよハワイへ向けて出発します。これからどんな珍道中やさまざまな人たちとの出会いがあるのか今から楽しみでゾクゾクします。
さぁいよいよハワイ本土へ向かいます。



| 2013年ハワイ旅(行き帰り) | 09:26 | comments(4) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ