CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
2013年ハワイ旅:136:帰り道の産物
 晩ごはんからの帰り、幹線道路脇の歩道を通ってホテルまで歩いて帰ります。
その途中で、面白いものを見つけたのでご紹介いたします。


【ロックザ】・・・ストリップ(ポールダンスのお店)
■住所:1770 Kapiolani Blvd. Waikiki
■電話:808-949-1134
■営業時間:PM2:00-AM2:00
■入場料:$10(1ドリンクつき)


この店は、いわゆるストリップ劇場というのか・・・あのアメリカ映画など紹介されている円形のカウンターの上でポールをつかんでやるダンス「ポール・ダンス」のお店です。決していやらしい感じではなく、アメリカの文化を知るには1度行けばこんなものだ経験できて面白いと思います。女性でもホールには入場できると思いますし、このいかがわしいライトの感じがいいのです。



★ロック・ザの外観
ワイキキのメインストリートであるカピオラニ・ストリート沿いにあるこのお店。私が訪ねたのは今から約15年前の仲間と一緒にハワイゴルフ旅行をした途中でした。この時はお店の名前だけは事前に雑誌を見て知っていて、カラカウア通りからタクシーで直接お店へ出かけたのですが、こんな近くにあったとは・・・まさに偶然の産物でした。



★おしゃれなネオンサイン
クラブ・ロックザと書かれたネオンサイン。日本語でもストリップと表記されていますが、日本のストリップとはニュアンスがちょっと違うのです。



★21歳以下入場禁止
別段男女の制限もないようです。



★入場券の発売所
いつもなら、いかつい巨体の黒人のガードマンがここに座っていてチェックしています。




その後、アラモアナホテルへ帰りました。ここが正面玄関です。我々はレンタカーでの移動ですから、日常ではここから出入りすることはありませんでした。


★アラモアナ・ホテル正面玄関




★エントランスにある木製のカヌー
よく見ると、こんなのがエントランスホールにあったんですね。



★部屋からの眺望
ハワイでの宿泊では、ベイサイドやシーサイドの海側の眺望が良いとされていてお値段のほうも断然お高いのですが、昼間にアクティビティやショッピングなどで外出の多い観光客には、山側の部屋のほうも主に夜景しか見ないという人にとっては”ハワイ特有のオレンジ色の照明”がなんともいえず美しいのです。



★アラモアナセンター駐車場
あいも変わらずたくさんの車が・・・アラモアナ・センターの駐車場



★美しいワイキキの夜景
先ほどまで行っていたマッカリー周辺の夜景、きれいでしょう?



| 2013年ハワイ旅(オアフ島) | 09:00 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:135:フック・ユエン
 さぁ、いよいよ最後の晩餐です。
今晩は、中華の名店としてここワイキキでは有名なお店「フック・ユエン」にうかがいます。


【フック・ユエン】
■住所:1960 kapiorani Blvd. Suite 200 Honolulu(マッカリーショッピングセンター2F)
■電話:808-973-0168
■営業時間:11:00-14:00、17:30-27:00



★マッカリー・ショッピング・センター
ワイキキの運河沿い、運河から山側の方向へホノルル空港へ行くH1乗り口へ向かうマッカリー・ストリート沿いにあります。



★ショッピングセンターの看板
ここにはたくさんのお店が立ち並んでいて、その日の気分によってもいろいろなお店を楽しむことが出来るようです。



★この2階の道側部分がフック・ユエン
大きな駐車場が整備されており、大きな建物の中にはたくさんのショップが立ち並んでいます。フック・ユエン以外にも、ホット・ポット・ヘブンという台湾式のシャブシャブのお店があったりして、飛び込みで行っても楽しそうです。



★2階から見たワイキキ運河付近
この前の道路を通ってH1ハイウェーに行きます。



★お店の入り口
中華料理のお店なのですが、さすがにここはアメリカ・・・英語で表記されています。



★空芯菜の炒め物
最近日本でもよく見かけるようになった「空芯菜」の炒め物、あっさりとしていけました。



★エビのマヨネーズ和え
日本風のエビマヨですよね、一緒に炒められたクルミが香ばしくって「旨い」。旨いとしかいえないのは表現がひんそで自分が情けないのですが、旨いのですから仕方ありません。



★アワビのソテー
ハワイ島コナ産のアワビの蒸し物、身も柔らかくて付け合せのソースも美味しかったのです。



★ロブスターのしょうが&ネギ風味焼き
これは美味しいでしょう。こんなのを食べていたら、会話が途切れてきて静かな食卓になるので注意しましょうね。



★牛肉のオイスターソース炒め
牡蠣油(オイスターソース)の風味が牛肉にマッチしたもの、絹さやや小さくスライスしたおイモも美味しくいただきました。





★五目チャーハン
パラッパラッとして炒められた炒飯に、味付けもシンプルでかつ味わい深いものがありました。やはり〆にはごはんものがありがたいのです。



★晩ごはんのメインエベント
夕方の繁忙期ですから、たくさんのお客さんに支持されているのもうかがえます。



★メニューの表紙
中華料理というよりも、海鮮料理店という特徴がありますが、やはりお客さんは中国系の方が多いようです。



★メニュー(日本語番)
英語に中国語・・・そして日本語の表記がしてあるのでよくわかりました。

| 2013年ハワイ旅(オアフ島) | 08:35 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:134:夕暮れのワイキキ
 2013年2月のハワイ旅・・・・最終日に今回の旅での買い物をすべて終了し、今回の旅の最後のディナーに出かけます。

やはりディナーの時にはお酒も一緒にをいただきたいので、この日もホテルからは歩いて出かけます。今回オアフ島の宿泊先をアラモアナ地区のアラモアナホテルに決めた理由も、ここアラモアナ付近にはたくさんの美味しい食事ができるお店があるという事なのです。今日は、ホテルから歩いて10分程度・・・食のショッピングセンターである、マッカリー地区のマッカリーセンターへ出かけます。

そして、今日のネタは・・・その途中で見かけた”夕暮れのワイキキ"周辺をご紹介します。



★2月といえばちょうど雨季の真っ最中
1日には何度も雨が降りますが、それもすぐにやみます。そして、その後にはお約束の虹(レインボー)が登場しますから、雨も嬉しいいのです。



★街中を歩きます
アラモアナ近辺の道を歩いて、運河沿いを進みます。



★歩くと見える景色が変わります。
ワイキキ周辺も普段はトロリーバスやレンタカーなどを利用して通行してますが、実際に自分の足で道を歩くと町の景色が違って見えます。可愛い金髪のお姉ちゃんとも、このように至近距離ですれ違います。



★椰子の木ツリートンネル
こうして見るとやはりハワイですよね、道路沿いにこんなたくさんの椰子の木が生えている場所は他ではあまり見かけませんもの・・・。こんな道なら、多少の時間歩いたとしても周囲の景色を楽しみながらさまよえるので疲れなんて気にならないのです。



★運河沿いの水辺ではカップルの姿が
夕暮れの運河沿いで、彼らは何を語らってるんでしょうね。普通に想像するなら夢のあるラブストーリーなのでしょうが、案外”別れ話”だったりして・・・・・これってブラックジョーク・・・それとも親父のひがみかなぁ?



★運河の最終ポイント
この運河の水がワイキキの海にまでつながっています。



★くどいようですが・・・またまた



★どの方向を見ても虹・虹
虹(2時)じゃなくて・・・そろそろ時間は7時なんだけどなぁ。





その他の夕暮れの光景をご覧下さい。




★アラモアナビーチ付近
アラモアナセンター前のアラモアナビーチ公園の夕暮れ



★西の海に沈むサンライズ
手前に見えるのがアラモアナ・ハーバーです。以前宿泊した、ハワイプリンス・ホテルから撮った1枚です。



★アラモアナ・ハーバー
夕陽が沈んだ後でも、けっこういい雰囲気ですよね。



★今日も1日終わったなぁ



★ボートが漕ぎ出して
ワイキキの海から・・・行けるもんならマウイ島までトレーニングしてらっしゃい・・・。
| 2013年ハワイ旅(オアフ島) | 08:24 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:133:ビッグ・アイランド・キャンディ
ハワイにはそれぞれの島々に美味しいスイーツがたくさんありますが、その中でもかなかな手に入りにくく、かつマニアにはたまらないというクッキーの会社があります。その名も『ビック・アイランド・キャンディズ』という会社で、そのお店は残念ながら現在はハワイ島のヒロの本店1店しかないのです。かなり以前からスイーツ・マニアにはひそかな人気が拡がっており、なかなか入手しにくいというのもその人気がアップした要因でもあるのです。


【期間限定でのオアフ島への臨時店舗】
今回の「2013年2月のハワイ旅」の事前情報で、オアフ島のアラモアナセンター内に期間限定でお店がオープンしているというのを聞きつけて行ってきました。

ご覧下さい。



【ビッグ・アイランド・キャンディズ】
■住所:585 Hinano St.Hiro. Hawaii(本店)
■電話:808-935-8890
■営業時間:8:30-17:00 ■年中無休
■ホームページ:www.bigislandcandies.com
※日本からの注文は、ホームページのカタログを見てほしい商品を決めて、電話・FAX・メールなどから申し込めます。送料は別途にかかりますが、オアフ島などのハワイ滞在中に受け取る場合には、滞在のホテル・日時を決めて宅急便で現地のホテル着で受け取れます。また、日本のご自宅でもクレジット決済ですから簡単に受け取れます。(私の場合には、以前のハワイ旅で日本からFAXで送信して、ハワイ滞在時にホテルで受け取りました)
 


★アラモアナセンター店の看板
久しぶりにこの看板が見えました。期間限定とはいえ、立派な店舗が完成していました。その場所とは、アラモアナセンターの3階、日本のデパートの白木屋さんのすぐ隣にありました。現在は営業しているのかは定かではありません。※あくまでも2013年2月現在の状況です。



★店内の商品の展示
ここの商品はかなりたくさんのアイテムがあるので全ての商品ではないのでしょうが、さまざまなパッケージに入ったおしゃれなスイーツがきれいに並んでいました。



★バレンタイン・バージョン
この赤いパッケージは、うかがった時期がちょうどバレンタイン・ディ前でしたから、バレンタイン用の専用パッケージも用意されてありました。



★ブラウニー
白いクッキーに半分だけチョコがかかった・・・ここビッグ・アイランド・クッキーズ1番人気の商品です。美味しくって、後に引きそうです。



★チョコ・バー
こちらも人気の高い商品。チョコの中にナッツが入っている美味しい1品です。私もお酒は大好きですが、こんなチョコも大好きで、これを酒の肴にウイスキーや焼酎をいただきます。



★おしゃれな店内の様子
期間限定のお店とは思えないくらいの大人気です。今まで支店を出さなかったのは、品質管理が出来なくなるという理由だそうですが、これほど皆さんに支持されるものなら、もっと商圏を拡げて多くの方々に提供してほしいものです。



★ディスプレー
チョコやクッキーが美味しそうな表情を見せてくれてます。






ここから先は、今から5年前にハワイ島へ行った際のヒロの本店にお邪魔した時の模様です。



★ハワイ島ヒロにある本店
ヒロの街はずれにあるこのお店、クッキーなどを実際に作る工場と一緒に広い売店も併設されていました。



★ヒロ本店のディスプレー
幻想的なハワイらしいディスプレー。



★店内にあったハワイ出身のお相撲さんの手形
左から「武蔵丸」「曙」「小錦」の手形にそれぞれサインが入っていました。



★清潔そうな工場の様子
ガラス越しに手造りで製作している様子が見学できます。1番手前のおばちゃんのカメラ目線がなんともすてきです。




★商品の箱
やさしくって洗練されたパッケージ



★ラッピングされた商品の数々
こんな風に、たくさんのお土産を日本まで持ち帰るのです。
| 2013年ハワイ旅(オアフ島) | 08:29 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:132:ドン・キホーテ
 最終日のお買い物・・・・・まだまだ続きます。

今度は、アラモアナ地区に戻ってきて日本でもおなじみの「ドン・キホーテ(日本名:どん・きほーて)」に行きます。この店では、日本の食料品をはじめコーヒーや雑貨類などのお土産の品がたくさん備わっていて、いわゆる「ばら撒き品」を購入するには大変重宝するのです。

そんな「ドン・キホーテ」ご紹介します。


【ドン・キホーテ/カヘカ店】
■住所:801 Kaheka St. Honolulu(アラモアナセンターから山側へ徒歩5分)
■電話:808-973-4800
■24時間営業  ■年中無休
■ホームページ:www.donki.com/usa




★ドン・キホーテ
英語と日本語の両方の表記があります。



★お店の外にもファストフードの店が
お店の入り口を囲むように、さまざまなファストフードのお店もあります。



★スシ・ロボット
別段ロボットがお寿司を握るわけではないのですが、こんなネーミングがアメリカではユニークで面白いのです。



★どう見ても人間でしょう?
やはり寿司を握るのはロボットではなく、人間のスタッフがスパム・ムスビを作っています。




さて、それでは店内に入ります。


★ビッグな店内
まぁアメリカでは普通サイズのお店なのでしょうが、広大なフロアにかなりガッツリな商品があります。



★コーヒーなどもお買い得
1パックが2ドル台から4ドル程度のコーヒー。かさばりますが、お土産には喜ばれる商品です。



★派手なイラスト
こんな派手なイラストにインパクトはあります。



★新鮮なフルーツ売り場
こちらのスーパーの果物売り場は商品そのままが陳列されてるもんだから、売り場はカラフルでいい香りもするのです。



★風船も
店に行ったのが2月の11日、ちょうどバレンタイン・ディの間際ですから派手なバルーンがホール内を彩っています。



★地ビール各種
ハワイ各地産の地ビールや、アメリカ本土のビールなどもたくさんな種類がそろっていました。



★サンドイッチやホットドッグ
日本のコンビニにありそうなサンドイッチやホットドッグ、下の段には小分けにされた野菜サラダもあって・・・こんなのを片手に公園やビーチでいただけばさぞ美味しいに違いないのです。




★ここってハワイ?
そう思えるお寿司コーナー、巻き寿司やいなり寿司、盛り合せなどもあったりして日本人ならついつい引き込まれるのです。



★活きたワタリガニ風なカニ
こんなのをコンドミニアムあたりで調理して食べたらさぞ美味しいんでしょうね。



★それはそれはたくさん
日用品から文房具・衣料品などもたくさんあるのです。



★ドン・キホーテでした
ここに来れば、買う気がなくてもついつい衝動買いをしてしまうくらい・・・安くって豊富に面白い商品が満載でした。

| 2013年ハワイ旅(オアフ島) | 09:56 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:131:ハワイアン・ファイアー
 今日ご紹介するお店は『ハワイアン・ファイアー』です。

このお店は、現役のハワイの消防士をモチーフにしたお店でして、店内にはこのロゴをプリントしたTシャツやトレーナーなどが豊富に取り揃えられてあり、おしゃれで買いやすい金額の品物がたくさんあります。また、このお店ではハワイの現役の消防士たちがサーフィンを海岸で指導するというレッスンなどをする半日のツアーなどもあり、こんなのも日本人には大人気なのです。


そんなハワイアン・ファイアーご紹介いたします。


【ハワイアン・ファイアー】
■住所:3318 Campbell St. Honolulu
■電話:808-941-9191
■営業時間:11:00-20:00(月-土)-17:00(日曜日) ■定休日:なし



★カパフル通りから1本入ったところにあります。
この写真は、カパフル通りです。有名なレナーズ(マラサダで有名なお店)の近くでして、美味しいレストランもたくさんある場所です。



★こんな広い道路沿いです。
場所でいえばダイヤモンドヘッドの近く、住宅街の一画にあります。




★店の外観
平屋のシンプルな店舗です。ですが、派手なシルバーのロゴが輝いており、初めてでも迷わずに行けそうです。



★ショーウインドウにはこんなディスプレーが
「HAWAIIAN RIRE」こんなロゴ入りのおしゃれなシャツが並んでいます。



★玄関のドア
ハワイの消防車は黄色か赤の車体が多いのです。このお店のトレードマークらしい、真っ赤っかなドアです。



★広い店内
20代30代を中心に、主に若者主体の商品が並んでいます。若者中心とはいえ、熟年の我々にも無理をすれば着られないことはないくらいおしゃれです。(実際俺は着てるって!!)男女のアイテムもそろっていますし、最近はジュニア製のものもあって・・・親子3代で同じTシャツなんてすてきでしょう?Tシャツやトレーナー、キャップやサンバイザーなどなど・・カラフルで楽しいお店です。




★明るい健康的なスタッフ
毎回いろんなスタッフが接客してくれますが、全般的に彼女のような明るくて陽気で健康的な美人が多いです。





★そんな雰囲気に囲まれて
実際の消防士さんのヘルメットを被っていますが・・・。



★とにかく明るい雰囲気です。
| 2013年ハワイ旅(オアフ島) | 08:43 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:130:アイランド・スリッパ
 『アイランド・スリッパ』・・・・・このお店はスリッパ(サンダル)の専門店です。

日本にいるときでも、夏の間は靴を履くと蒸れるのでサンダルなどを履く機会も多いですよね。しかし、いくら暑いといってもおしゃれなショッピングセンターなどでは「ビーチサンダル」のようなものは場違いな感じがして、ビジュアルに気を使う私としてはちょっと気まずいものです。そこで、最近ハワイで見つけてとても気に入っているこのメーカーの商品をご紹介いたします。


【アイランド・スリッパー】・・ISLAND Slipper Store
■住所:1050 Alamoana BlVd. (ワード地区のワードウエアハウス1F)
■電話:808-593-8229
■営業時間:10:00-21:00  ■無休
■ホームページ:www.lslandslipper.com
■創業:1946年:日本からハワイへ移住してきた日本人の本永夫婦が始めたそうです。
※昨年の12月30日にBSフジで再放送された「とんねるずのノリさんのハワイ旅」でこのメーカーのサンダルが紹介されていました。


★お店の外観
ここがワード・ウエアハウスにある直営店、メード・イン・ハワイに創業以来こだわって製造しているのがこの会社なのです。パールシティにある工場で熟練の職人たちが手造りにこだわってひとつひとつていねいに作っている製品なのです。



★お店の看板
今から60年ほど前に作られたロゴマークなのです。とても懐かしそうなシンプルなイラストが、現在こうして見ればかえって斬新な感じがします。



★ショーケースの様子
こんなゼブラ模様のカラフルなサンダルもあります。これって写真で見ればビニール製のようにも見えますが、実は革製品なのです。ですから、使うほどに足になじんでフィットします。



★こんなシックな商品も
いかにも皮製というのもありますし、シックでツートンカラーのおしゃれな商品もあります。デザインやカラーバリエーションも豊富なので、服装や出かけていくシーンなどに合わせて使い分けるとおしゃれですよね。



★店内を流れるTVの映像
お店の中で流されているファクトリー(工場)の製造現場の様子です。



★TVの映像
こんなのが流されていたら、作り手がわかるので安心ですよね。



★TVの映像
熟練らしきおばちゃんがいました。



★今回買ったのはこの1点・・・ール
こんなカラフルなトリコロール調のものを購入しました。このスリッパで$80くらいします。スリッパ((サンダル)でこの金額は高いと思いますよね。せいぜいサンダルですから3ドル(サンダルのしゃれです?)くらいかな?
私自身はすごくお気に入りの品で、日本では少し暖かくなると春先から履き倒しているくらいですから・・・。それと、絶対に他人と被る事がないのでそれも自慢の1品なのです。(目立ちたがり屋で・・どうもすいません・)履き心地も抜群で、履けば履くほど足になじみます。



★ワードウエアハウス1Fにあります。
車を中央の駐車場に停めて、目の前がショップです。



★パール地区にある工場&倉庫
たまたま昨年立ち寄ったパール地区で道に迷って入り込んだのがここ「アイランド・スリッパ」のファクトリー。当然普通の工場ですから、一般人の立ち入りは出来ず外から倉庫の様子を撮ったのですが、それにしても偶然の賜物・・・この偶然に感謝します。



★ちなみに・・・
去年のハワイで購入したフットウエア各種、靴だけで6足・サンダルが2足・・・自分用と息子たちへのお土産です。これだけでもけっこうな荷物となります。

| 2013年ハワイ旅(オアフ島) | 08:21 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:129:ニコスピア
 オアフ島の最終日、まだまだいろんな場所を訪問します。
ワイキキの町から空港方面へ、ホノルル湾の近くにある「ニコス・ピア」を訪れます。
このピア(湾・埠頭)付近は、ホノルル近海で獲れた海産物などが水揚げされる拠点でして、海産市場があってその周辺にはこんな新鮮なシーフードを使用した美味しいレストランもローカルの皆さんや観光客たちにもとても有名なのです。
 


【アンクルズ・フィシュ・マーケット&グリル】
■住所:1135 N.Nimitz Hwy. Honolulu
■電話:808-275-0063
■営業時間:10:00-21:00(木-日),10:00-15:00(月-水) ■休日:なし


★アンクルズの外観
海沿いのお店にはたくさんのお客さんたちが集まっていました。



★アンクルズのロゴ
こんな親しみやすそうなお店のロゴ、楽しそうです。



★海好きにはたまらないインテリア
魚関係をモチーフにした写真パネルや魚のオブジェなどもあり、こんなワクワクするようなものがたくさん飾られた室内、多くの人たちが集まっています。



★カウンターの様子
まだ午後2時くらいの時間、この時間でもウイスキーやビールを片手に、今日釣り上げた魚自慢など・・・フィッシャーマンたちの魚談義が繰り広げられているようです。



★おしゃれなテーブル付近
こんな場所で好きなシーフード料理をいただけるのは、海(漁や魚)好きにはたまらないのでしょうね。



★高い天井も開放的
倉庫のような高い天井の店舗の内部、これがより一層気分を高揚させます。




もう1つの有名なレストラン&魚の直売所「ニコス・ピア38」です。


【ニコズ・ピア38】
■住所:1133 N.Nimitz Hwy. Honolulu
■電話:808-540-1377
■営業時間:6:30-17:00、6:30-14:30 ■休日:日曜


★ニコスピア38
38番桟橋という名のお店、実際にこの場所がホノルル桟橋の38番埠頭という場所なんですよね。お客さんは若者中心のカジュアルな雰囲気です。




★魚料理が満喫できます。
店内にはレストランがあり、多くの人たちが魚料理の舌鼓をうっていました。



★新鮮なカニやエビも
レストラン隣の魚の直売所では、輸入されたカニや近海で獲れた魚やエビなどもここで直売されているんです。



★ポキなども豊富に
たくさんの味付けのポキ(マグロなどのしょうゆ漬け)が調理されて並んでいます。好きな分だけ買って帰って、レストランの店内やホテルなどへ持ち帰っても食べれます。



★テラス席も気持ちいい



★港のすぐ横
敷地が港に隣接しているので、新鮮な朝獲れの海産物をふんだんに食べる事ができるんです。
| 2013年ハワイ旅(オアフ島) | 08:20 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:128:バイロンズ・ドライブイン
 この日のお昼ごはん・・・・ワイケレセンターでショッピングしたあとにホノルル空港まで戻って来ました。


【有名なドライブインが閉店】
ここへ来た目的は、”有名なドライブインがこの年の2月末で閉鎖する”というので、寸前の2月11日の日本へ帰る前日にここ『バイロンズ・ドライブイン』へやってきたのです。私自身はオアフ島でこの店には来たことはないのですが、今年のハワイ旅の事前情報でこのネタを聞きつけ、やはり長い間地元民に愛されたこんなお店には興味もあり、最初で最後に今回のオアフ島最後のお昼ごはんという事でやってきました。

それではご覧下さい。


【バイロンズ・ドライブイン】
■住所:3297 North Nimitz Hwy. Honolulu(ホノルル空港からニミッツ・ハイウエー沿いすぐ)
■電話:808-836-0541
■営業時間:24時間オープン※残念ながら2013年2月末で閉店しました。



★場所はホノルル空港のすぐ横
この写真の高架の道がホノルル空港へ直結しているハイウェーなのです。空港からはこの高速には乗らず、高速道路の高架の下の道であるノースミニッツ・ハイウェーを行くとすぐお隣にあるのですが、現在は残念ながらもうお店は閉店しています。



★バイロンズ・ドライブイン看板
どことなく古めかしいロゴの看板ですよね。



★お店の外観
フラットな平屋です。お店の周辺にたくさんの車が停車できます。



★多くのお客さんであふれかえり



★写真入りのメニューも
やはりハワイという土地では、さまざまな人種が集まるのですから、写真入りのメニューが初めての訪問の時には安心して注文しやすそうです。



★店内のスタッフの様子
お昼の混雑するお昼ごはん時ですから、たくさんいるスタッフがカウンター内で忙しそうにオーダーに対応してました。



★店内のメニュー
いろんなプレートランチや単品メニューなど、さまざまなラインナップがあるのです。まぁどれをとっても$10以下で購入できますから、ローカルの人たちに支持されるのもうなずけるのです。



★これって・・・?
これは、閉店間近だから・・・永遠に思い出として・・・って想いみたいです。



★俺の注文まだ?



★続々とたくさんのお客さんが群がって
時間が経てば経つほど、たくさんのお客さんであふれかえって来ました。



★私の注文の品完成!!
この日は、チーズ入りのハムトーストとフライドチキン1ピース&コークを頼みました。朝ごはんをたっぷりいただいてたもんですから、夫婦2人でこれくらいでちょうどいいのです。



★ハムトーストのアップ
日本でも私はハムトーストは大好物なのですが、この日はその上にとろけるチーズが挟まれているので、なおさら格別に美味しい1品でした。厚めのトーストに厚めのトースト・・・当たりでした。



★でっかいフライド・チキン
奥さんとシェアしたフライドチキン、カリカリッと揚げられた美味しそうな皮に・・大きさもかなりヘビーで味付けのほうも塩コショウが利いていてバッチリでした。



★この日のお会計
「KENTUKY」ケンタッキーと書かれたレシート、これはスタッフの間違いではなく、私の場合にはハワイなどのファストフードのお店などで「ファッチュー・ア・ネーム?」と尋ねられたら「ケンタッキー」と答えますからこれでいいのです。アメリカなどでは、言いやすそうなアメリカ人の名前(ニックネーム)を覚えておいたら、それでいいのです。



★これは?
このハートマークのカードには、たくさんのこの店のファンたちが思い思いにメッセージを記入して別れを惜しんでいるのです。



★別の窓にもたくさん
長い間愛されてたというのが実感できます。



★お店の裏側



【バイロンズ・ドライブイン】
古くからあるお店が閉店するというのは寂しい事です。それが食べ物系のお店ならなおさらで、私の場合にもいまだに昔あった「幻の味・店」を懐かしく思うのです。時代が変われば長く店を営業を続けるというのは至難の業で、いつかは終わりはくるのです。店はなくなっても「あの店のあの味はねぇ」なんて慕われていたような・・・そんな思いをこの店に感じました。
| 2013年ハワイ旅(オアフ島) | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -
2013年ハワイ旅:127:ワイケレ・センター
西暦2014年が始まりました。

今年も『親父放浪記』よろしくお願いします。

それでは、2014年第1弾・・・・昨年の2月のハワイ旅の続きです。
はじまり・はじまり・・・・・。



2013年2月11日。
さぁ今日がオアフ島滞在の最終日、今日は今回のハワイ旅の最後に悔いのないように友人たちのお土産や自前のものをゲットします。買い物する場所ですが、アウトレット商品が豊富な「ワイケレセンター」や、その近くのパール地区の「パールリッジ」、そして最後はアラモアナ地区に戻って「アラモアナセンター」や「どんき・ほーて」にて買い込む予定です。


まず最初にワイキキからは一番遠い場所にある「ワイケレ・センター」へ行きます。



★ワイケレセンター
ここへは、オアフ島訪問時には最初に立ち寄ってあらかじめ買いたい候補を見ておきます。その後、いろんな場所で品物を物色して値段や品物を納得した上で、最後にここワイケレセンターで購入するかどうかを決定するのです。これって、今までの失敗から生まれた生活の知恵で、最初にワイケレセンターで購入した後に他の店でより安い商品などがあったりして、後悔した経験上からこうなりました。何事にも経験が活きてくるのです。



★広大な駐車場
今日も駐車場は満杯



★大きな椰子の木が立ち並んで



★さて何を買いましょうか



★地元の親子らしき



★ヤンキーなお譲ちゃんたち
あと15年したら、また会いましょうね?



★いつもセール中です。



★広い店内
ここはラルフローレン(POLO)のお店ですが、各店共に広くって商品もはんぱない数量なのです。



★やはりきれいなお姉さんのレジが好き



外のお客さんはまばら
いやいや・・・店内はたくさんのお客さんたちであふれかえっています。



★名物トロリーバス
このバスは、ワイケレセンターのフードコートとショップの間の短い区間を走っています。



★今日もいい天気






| 2013年ハワイ旅(オアフ島) | 09:41 | comments(4) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ