CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
北海道の夫婦旅2015最終会:松山へ帰る
『北海道の夫婦旅2015』これが最後です。

5泊6日の北海道への旅、主に十勝地方を満喫し今年は晴天にも恵まれ素敵な夏休みでした。
しかし、これからは現実に戻る旅・・・・天国(涼しくて快適な北海道)から地獄の現実の酷暑の
真っ最中の四国へと戻ります。行きはルンルン気分で気持ちは軽いのですが、帰りともなると
「現実には戻りたくな〜い」というのが本音なのです。なんせ、夏でも快適な気候の北海道を
離れて、昼間は連日35度超えで、朝晩でも26.7度もある日本列島へ戻るのはつらいもんです。

いつも思うんですが「夏の間だけでも北海道で暮らす」ことは出来ないもんですかね?
しかし、仕事の現役でいる以上はそれも叶わず・・・・・四国へと戻るのです。クシュン(涙)


それでは、新千歳空港から羽田空港を経由して四国松山へ戻ります。



★レンタカー事務所
いつもお世話になってるトヨタレンタカー美々営業所、今年も無事故で無事に帰還できました。
1366.JPG


★新千歳空港手荷物預けカウンター
この日は3連休明けでまだましなほうですが、それでもたくさんの観光客が列をなしてます。
1367.JPG


★なにやら雨が
登場を開始したとたんに雨が降り始めました。今回の北海道旅
でははじめての本格的な雨、このタイミングならラッキーでした。
1370.JPG


★雨の中の新千歳空港
今年の北海道、連日快晴でしたが最終日のこの日は雨が降ってました。
1374.JPG


★雲に覆われた北海道から・・・・さよなら
1377.JPG


★約1時間後
機内でのお昼寝から覚めたら外は晴れ間が見えてました。このあたりはすでに関東平野
でしょうね。しかし、この景色を見ただけで熱い空気が感じられて暑そう!!
1378.JPG


★大きな川も
1383.JPG


★道路周辺には密集した住宅地も
1385.JPG


★羽田空港到着
見ての通り・・快晴でした。
1387.JPG



羽田空港で乗り継ぎをして、松山便に搭乗です。


★相模湾から見た富士山
やはり富士山だけはいつ見ても別格な美しさがありますね。
1389.JPG


★晴天の中一路四国へ
1398.JPG


★瀬戸内海の島々
そろそろ松山周辺まで帰ってきました。
1400.JPG


★瀬戸の夕焼け
到着間際の瀬戸内海の風景、太陽が沈みかけて美しい島々の中にオレンジ色の夕陽が
感動的です。
1402.JPG

【2015年北海道夫婦旅終わって】
長々と5泊6日の夏休みのネタをご覧いただきありがとうございました。
ご覧のように今年も楽しく夏の北海道を楽しんでまいりました。
あれから2ヶ月半が過ぎ、北海道では初冠雪の声が聞こえはじめました。
来年以降も大好きな北海道へは時間を作って訪ねたいと思ってます。
このブログをご覧になって「北海道へ行ってみたい」とおもっていただければ幸いです。
長期間の拝読ありがとうございました。
| 北海道夫婦旅2015 | 08:35 | comments(4) | trackbacks(0) | -
北海道の夫婦旅2015:最終日の昼ごはん
さて、広大なアウトレットモールを1通り網羅し、お腹も減ってきたので昼食をとります。

いままでなら、レンタカーを返したあとに空港のフードコーナーなどで食べていましたが、
ここ三井アウトレットパークにもさまざまな飲食のお店がありますのでここでいただきます。


★建物2階のフードコート
ここが入り口で、数多くの飲食店がたくさんのテーブルを囲んで出店してます。
1224.JPG


★お店の紹介パネル
ここで見ると全部で12店舗の店があるようです。
1225.JPG


★人気店の「弟子屈ラーメン」
この日も日本人・中国人とたくさんのお客さんたちが行列でした。
1325.JPG


★ラーメンのお供
豚角煮丼・・・・見た目にも美味しそうだからいただかなくては・・・。
1327.JPG


★あちらこちらでいろんなグループが
ハワイのアラモアナセンターにあるマカイコートみたいに・・いろんなお店があって、そこ
でそれぞれが好きなものをチョイスして同じテーブルでいただける・・・いいシステムです。
1331.JPG


★豚丼や日本ソバも
1332.JPG


★あんかけヤキソバや海鮮丼の店も
1333.JPG


★キッズコーナーでは若いお母さんと子どもが
こんな施設は若い世代の方には重宝しますよね。ベビーカーをテーブル脇に置きながら
みんなで一緒に気兼ねなく・・・。
1335.JPG


★ハンバーガー店も
1338.JPG


★いろんな丼専門店
さまざまなトッピングも可能な丼の専門店、今度はここも良いなぁ?
1339.JPG


★あんかけヤキソバ
小樽名物のあんかけヤキソバ、嫌いな人はあまりいないでしょう。
1343.JPG


★韓国料理店
チヂミや焼肉など韓国料理も旨そうですね。
1347.JPG



★私のチョイス『弟子屈ラーメン&豚角煮丼』
見た目にも量的にも私にはぴったり・・・・あたりでした。
1350.JPG


★豚角煮丼
甘いタレがしっかり肉にしみたバランスの良い丼、ラーメンとの相性も抜群
1355.JPG


★弟子屈ラーメン
北海道の中央部にある弟子屈町が本店のラーメン店のもの、出汁もまろやかで面も細めのちぢれ麺、
美味しゅうございました(岸朝子さん・・・お亡くなりになりましたね)
1352.JPG


★奥さんのチョイス『ハンバーガーセット』・・・・奥さんセレクト
ハンバーガーにフライドポテト、ドリンクはコーヒーですね。
1358.JPG


★ハンバーガー
バンズにはゴマもたっぷり乗せられて、香ばしいったらありゃしない
1356.JPG


★ポテト
マックのとは少々異なった旨さがありました。
1357.JPG


★お昼時
たくさんのお客さんでにぎわってました。この日が夏の3連休明けの火曜日のこと、
さすがに人出もすごいのです。
1359.JPG


 
| 北海道夫婦旅2015 | 08:29 | comments(2) | trackbacks(0) | -
北海道の夏休み2015:三井アウトレットパーク北広島
最終日、この日は最後のショッピング・・・北広島にある『三井アウトレットパーク』
へうかがいます。5日目の昨日にも帯広方面からの帰りに時間があったので立ち寄りましたが、
3連休の最終日のために大混雑していて、昨日は参考程度で見るだけにしてこの日にたっぷり
時間をとってショッピングを楽しみます。

そんな『三井アウトレットパーク北広島』ご覧ください。


【三井アウトレットパーク北広島】
■住所:北広島市大曲幸町3丁目7-6(高速道央道北広島IC下車すぐ)
■電話:011-377-3200
■営業時間:ショップ10:00-20:00、飲食11:00-21:00、フードコート10:30-21:00
※店内には合計約200ものショップや飲食店があり、毎年何店舗かは入れ替わりもあります。


★店舗の外観
滅びろとした敷地内に大きな施設があります。現在は開設当事から増設され、巨大なアウトレット
施設として充実してます。
1310.JPG


★施設の入り口
開店早々たくさんのお客さんが入場してきます。最近は特に中国系の観光客たちが団体で乗りつけ
施設内にはニャーニャーと猫の鳴き声のように聞こえる大きな声の中国語が氾濫しておるようです。
1312.JPG


★奥さんお気に入りの「フラン・フラン」
要するに調理用品の雑貨のお店ですね。小物もカラフルなのが充実してるのですが、食器なんか
は重くって乗用車などで乗りつける分にはいいのでしょうが、遠距離の観光客にはつらいのです。
1313.JPG


★カラフルで安いですね。
1315.JPG


★OAKLEY(オークリー)
ここはアメリカのサーフブランドで、特にサングラスが有名ですね。また、ゴルフウエアなんか
も充実していて、私の好きなブランドの1つ・・・今回もウエアなどを購入しました。
1316.JPG


★BANANA REPUBLIC(バナナ・リパブリック)
通称バナリバ・・・アメリカのユニクロみたいなカジュアルメーカーです。普段着なんかは、ここ
の商品をよく着ます。
1317.JPG


★ナイキ
スポーツブランドで知らない人はいないでしょう。あまりにも有名すぎて、最近は敬遠する
人もいるみたいですが、商品は充実してます。
1318.JPG


★施設内の様子
1階と2階がこのように吹き抜けとなっていて、こんな空間がいいですね。
1320.JPG



★休憩所
家族ズレにはこんな休憩所で1休みするのもいいみたい、若いファミリーには1日中ここで
いるのも良さそうですね。
1224.JPG
| 北海道夫婦旅2015 | 08:26 | comments(2) | trackbacks(0) | -
北海道の夫婦旅2015:最終日の朝ごはん
最終日となりました。

今年の[北海道夫婦旅]も6日目となり、この日の午後の便で松山へ帰ります。
1年で1番暑い時期・・・・7月下旬の北海道も昼間はそこそこ暑いのですが、朝・晩などは
実にしのぎやすく”人間が生きるにはこんな気温がちょうどいい”なんて
いつも思うのです。

それでは、最終日の朝の朝食の様子・・・ご覧ください。



★この日も快晴の北海道
現在に気温は20度、やはりこんな気温が身体には適正なのです。
1291.JPG


★エレベーター内のコメント
なんと7月1日からの「ホテル名の変更」なのです。予約時に
はハイパーホテル千歳、そして現在は千歳ステーションホテル
なのです。ホテル駅構内にあるのですから、新しい名前の方が
適正ですかね?
1292.JPG


★現在の時刻午前6:30
皆さん朝は早いようです。服装などを見ると「仕事系3割・観光系7割」といった割合みたい
1295.JPG


【ビュッフェ形式の朝ごはん】
ここ「ステーションホテル千歳」もビュッフェ形式の朝ごはん、いままでにも何度かお邪魔
してますから割と内容が良かったという記憶があります。


★見るからに美味しそう
パスタ系もありますし、皆さん大好物のポテトサラダはビュッフェには必須ですよね。
1297.JPG


★ハム・卵・・・などなど
さまざまな種類のおかずたちが我々の胃腸を刺激します。
1298.JPG


★鮭の塩焼き
日本の朝には「鮭の塩焼き」少し贅沢ですが、嫌いな人はあまり
見たことはありません。
1299.JPG


★ミニメンチカツ&春巻き
朝から揚げ物?とは思いますが、小粒なので1個いただいちゃいましょうね。
1300.JPG


★大好きなラインナップ
漬物系や大根おろしやイカの塩辛、松前漬けなどなど・・・これだけでもご飯2杯はいただけ
ますよね。こんな副菜があるのも北海道のビュッフェ大好きな理由です。
1301.JPG


★見てみて
美味しそうでしょう?
1302.JPG


★ご飯やお味噌汁・スープ
容器は少し味気ない気がしないでもありませんが、保温性も良くお味も満足できるクオリ
ティでした。小粒な納豆や海苔もいただいちゃいましょうね。
1303.JPG


★パンも美味しそう
これをトースターでチンしていただくのですが、奥さんいわく美味しかったそうです。
1304.JPG


★さぁいただいちゃいましょうか
1305.JPG


★私のチョイス・・・和・洋大盛り
ご飯にお味噌汁、大皿が1つに小皿が3枚、それにスープ・納豆・生卵・・・・ドリンクはジュースにお水。
見た目にもたくさん盛り上げて欲張りなのが良くお分かりでしょう。毎朝こんな量をいただくと確実にデブに
なるのです。
1293.JPG


★奥さんチョイス
見た目にも美しい「洋食メニュー」これにトースト1枚ですから健康的で実に美しい・・・・。
1294.JPG
 
| 北海道夫婦旅2015 | 08:29 | comments(2) | trackbacks(0) | -
北海道の夏休み2015:かわせみ@千歳市
「最後の晩餐」・・・・今回の旅・・・5泊6日の最終日の晩ごはん、今回は6月にここ千歳市へ3泊4日の
日程でゴルフ遠征してたもんだから、今回の千歳では特に何を食べるという予定も無く町を歩きながら
お店を探してたところ・・・ユニークな店を探しあてたもんだからその店へ入ります。
そのお店とは『かわせみ』さんです。
食べログのコメントなどを経意見すると、お店のメニューなどよりも店主の個性がユニークというので
立ち寄ってみます。



【かわせみ】・・・・鳥料理
■住所:千歳市千代田町3-1-1(JR千歳駅徒歩5分、ウイング・インターナショナル・ホテルすぐ南)
■電話:0123-27-6700
■営業時間:17:00-26:00 ■年中無休


今年6月のゴルフ遠征で美味しいものを探してたところ「千歳市で面白いお店」のここ「かわせみ」さんを
見つけ前回の旅ではうかがえませんでしたが、今回の北海道夫婦旅の最後に伺いました。
結果といえば・・・・私にすれば”ハズレ”でしたが・・・まぁそれも旅の思い出・・・ご覧ください。



★お店の外観
メインストリートから1本入った裏通り、ビルの1階のそのお店は
ありました。6月のゴルフ遠征で宿泊した「ウイングインターナシ
ョナル」ホテルの真裏でした。
1256.JPG


★店内のカウンター
カウンターにも8人くらいは座れそうですが、我々は親父さんの指定で奥の座敷に通されました。
カウンター席には2人の若い女性が座って食事を楽しんでました。どうも、その後の会話で彼女
たちは飛行機の客室乗務員だというのが判明しました
※千歳市では、乗務の関係でここに宿泊する航空機関係の方も多いようで、ここ千歳市では
いろんなお店で彼らにお会いする機会が多いようです。

1261.JPG


★案内された座卓のある和室
「座敷」というほど立派な部屋でもなく、まぁ団体さんなら10人くらいは収容できそうな空間
でした。どこかのお家の居間といった感じで、和室というのかなじんだ客間という感じでした。
1264.JPG


★生ビール
とにかく1杯いただきましょう
1262.JPG



※お店のすステム
このお店は、好きなメニューをチョイスするのではないようで、親父さんのその日の都合で「おまかせ」
方式で提供されるシステムでした。まぁ、お店をチョイスした時点で「好き・嫌い」はあろうともいったん
入ればお店のしきたりに添わなければなりません。



★胸肉の塩焼き&野菜サラダ
野菜サラダといってもドレッシングも無く、かけるのは塩のみ・・・。サラダのほうもカットした
きゅうり・トマト・キューイフルーツ・などが盛られただけのもの。これは料理と呼ぶにはあまり
にも素人のお家の家庭料理的なもの・・・・でした。
1267.JPG


★ハツの塩焼き
お店の名物だそうです、ハツ・・歯ごたえもあり・・・それなりに美味しかった・・・かもしれません。
1269.JPG


★足の部分の味噌大葉焼き
これは「好き・嫌い」双方の2つに分かれそうですが、私的には?でした。
1271.JPG


★手羽先
別段どこにでもありそうな「手羽先」感動はありません。
1272.JPG


★メニューはありますがチョイスは出来ません。
1258.JPG


★唯一の調味料「自家製の唐辛子」
他の調味料をお願いしましたが、これしかないと粉状の唐辛子をいただきました。
1265.JPG

【かわせみさんのあとがき】
ユニークなご主人の経営するお店というのは理解できました。
ご主人のお話や店内のさまざまなPOPなど、それなりのたて額があるのも理解できました。
しかし、食べ物屋さんというのはそれなりに店内も清潔でなけれいけないとも思いますし、
お料理のクオリティもそれなりのレベルでなくてはプロとして最低限のものは必要だと思います。
私自身はこのお店は清潔さも料理のクオリティも感じませんでしたので、不満足のまま店を退散
しました。まぁ全国各地にはたくさんの料理のおみせもあろうかとおもいますが、まぁこれも
1つのいい経験でした。




★店を出て
店から歩いてホテルへ帰ります。
1278.JPG


★コンビニで「カップヤキソバ」
お店では料理があまり合わなかったので、夜食で「やきそば弁当」を買い込みました。
1284.JPG


★タレ&ふりかけ
ふりかけは、のりとかつお節でわかりますが、左の中華スープとはカップやきそばの戻し
汁にこの粉末のスープを入れて食するようです。※今回はパスしました。
1285.JPG


★カップやきそば完成・・INホテル
普段はあまり食べないカップめんですが、久しぶりにいただいたらいけますよね。
ただし、これは”カップやきそばであって私の愛するやきそばとは似つかわないもの”はわか
ってはいますが、まぁこれはこれで成立しますよね。
1287.JPG


★夜食その2
美味しそうだから、おにぎりの紅鮭買っちゃいました。
1288.JPG


★中身
どんな時でもおにぎりだけは大好きなんです。
1289.JPG



 
| 北海道夫婦旅2015 | 08:40 | comments(2) | trackbacks(0) | -
北海道の夏休み2015:もりもと本店@千歳市
さて、ホテルを出て晩ごはんを食べに千歳市内を散歩しながらお店を探します。
晩ごはんのお店に向かう前に、ここ千歳が本店のお菓子メーカーの「もりもと」本店に
立ち寄ります。


【もりもと本店】・・・・・和洋菓子・パンの製造販売
■住所:千歳市」千代田町4-12-1(JR千歳駅徒歩5分)
■電話:0123-23-4181
■営業時間:9:00-19:00



★お店のショーウインドゥ
今回は和菓子が中心ですね。いつも楽しいディプレーで楽しみです。
1243.JPG


★どら焼き
やはりここ北海道は小豆の産地・・・・ということはどら焼きは旨い
に違いはないでしょう。お土産に買って帰りましたが、正解でした。
1244.JPG


★薄皮まんじゅう「きたろまん」
つぶ餡が主役なんて・・・・もちろん・・・・買いますとも・・・。
1245.JPG


★パッケージもオシャレ
紫のパッケージなんてしゃれてるでしょう?
1246.JPG


★ずらりと並んだゼリー各種
この時期(うかがったのが7月後半)にはこんな清涼感のあるゼリーは嬉しいですよね。
新鮮なフルーツがゼリーとなってお店に並んでます。
1247.JPG


★こちらはハスカップ入りのクッキー
ブルーベリーというのか、夏目の実というのか・・・北海道産のハスカップ左下の実がそれ
です。甘酸っぱい刺激が甘いクッキーと交じり合って美味しそう。
1248.JPG


★この店のヒット商品「トマトゼリー」
この商品がもりもとをメジャーにしたといわれるヒット作品の「トマトゼリー」これを何度か
いただきましたが、実際のトマトを食べるよりも美味しかった記憶があります。
1249.JPG


★パンコーナー
お店の隅にあるパンのコーナーですが、時間的には弊店間際の時間だけに商品はまばらです。
ここもりもと本店では、お菓子も有名ですがこの店で製造されるパンも有名で、昼間なんかは
お客さんでごった返しているほどです。
1250.JPG


★カレーパンのPOP
この時期にはカレーパンが人気1だそうです。
今日は晩ごはん前ですから、またのチャンスにうかがいますから・・・。
1251.JPG


★お土産用のクッキー
こんなのもまとめて買ってかえりましたが、皆さんに喜んでいただいちゃいました。
1253.JPG


★七夕飾り
涼しそうなディスプレー
1254.JPG


★和菓子・洋菓子が充実
甘いもの各種・・・私の様に「両刀使い(甘い・辛いOK」には嬉しいお店に違いないの
です。
1255.JPG


 
| 北海道夫婦旅2015 | 08:16 | comments(1) | trackbacks(0) | -
北海道の夫婦旅2015:千歳のホテル
夏の北海道夫婦旅・・・旅も5日目の夕方になり、この日の宿泊先である千歳市のホテル
へチェックインします。



【千歳ステーションホテル】・・・・(旧:ハイパーホテル千歳)
■住所:千歳市千代田町7丁目1789-3(JR千歳駅ターミナルビル内)
■電話番号:0123-49-3000
■料金:11,900円/2名分(TAX・サービス料含む:朝食付き)
ツインユース(4人部屋を2名で使用)シングル以外はこの4人部屋しかありません。
※予約時にはハイパーホテルでしたが、うかがったときにはステーションホテルに変更してました。



★ホテルのエントランス
駅構内から直結したターミナルビルの2階にホテルのフロントがあります。
1282.JPG


★千歳ステーションホテルのマット
これはエレベーターのマットです。先月(6月)までは旧名のハイパーホテル千歳でしたが、
名前が変わって「千歳ステーションホテル」になってました。
1283.JPG



★洗面所
小さな洗面化粧台にはこの狭い空間に4人分のタオルやバスタオ
ルが配置されてました。
1229.JPG


★ウォシュレット付きトイレ
最近のトイレはこうじゃないといけません。
1231.JPG


★部屋の1画
狭い室内には2人掛けのソファもありました。
1232.JPG


★狭いながら冷蔵庫やドレッサーも
1233.JPG


★そして・・・・シングルベッドと2段ベッド
いまどき珍しい2段ベッド、そうです・・・・ここは4人部屋なんですもの・・・。
1234.JPG


★部屋からの眺め
こちらは部屋からの眺め・・・札幌方面に太陽が沈んでいきます。
1236.JPG


★JR千歳駅
小さな駅ですが、ここから釧路・帯広方面や函館方面へもつながってます。
1240.JPG


★ターミナルホテルの外観
この建物の内部はショッピングセンターや本屋さんもあり、それ以外はホテルとして利用
されてます。
1241.JPG


★夕方6時の気温・・・23度
7月後半の真夏日での夕方の気温は23度、午後9時頃ともなると
18度くらいまで下がりますからしのぎやすいのです。
1242.JPG


★外部からの連結道
1279.JPG


★駅構内にホテル入り口が
1280.JPG



 
| 北海道夫婦旅2015 | 08:13 | comments(2) | trackbacks(0) | -
北海道の夏休み2015:帯広から千歳へ
2015年の北海道旅・・・・丸4日間滞在した十勝地方を離れて千歳方面へ戻ります。
この旅も5日目となり、明日の午後には松山へ帰省しますから友人や家族へのお土産品の購入や
周辺のアウトレットなどで開催中の期間セールで好みのものを買うので時間をとります。

それでは・・・・道東から千歳周辺での様子ご覧ください。



★清水から千歳方面へ
高速道路の道東道を西へ戻ります。途中「占冠」を通過してひたすら車を走らせます。
道東道は、緑が多く運転しやすいので好きです。真正面に占冠のツインタワーが見えます。
1207.JPG


清水から約2時間後・・・・千歳というか「恵庭」のお土産品の専門店「うおはん」へ到着。
ここで海産物などのお土産を買い込みます。ここは、地元の人たちも立ち寄る海産物などが格安
で入手できるお店です。以前にも立ち寄って帰りましたが、商品も良くて評判が高かったので
また伺いました。


【うおはん】・・・魚貝類などの海産物や乾物など
■住所:恵庭市住吉1丁目5-1(国道38号線沿い・新千歳空港から車で15分)
■電話:0123-33-7000
■営業時間:9:00-20:00


★うおはんさんのお店
駐車場も広く、地元北海道のお客さんも多いようです。
1208.JPG


★店内
白老牛などの牛肉専用のコーナーもあり、さまざまな商品が並んでいます。
1209.JPG


★たらこ
まぁたらこくらいはどこで買っても変わりありませんが、品物も良く新鮮そのもの
1212.JPG


★生魚
活きたものは買いませんでしたが、今日朝に獲れた魚介類も店頭に
並んでいます。
1213.JPG


★でっかいタラや鮭・アジ
タラなんかもそのまんまの形を見ることは少ないもんですから、珍しいのです。
1214.JPG


★さんま
多分今年水揚げされたものでしょうが、1匹が200円この時期にすれば安いのかもしれません。
1216.JPG


★ホッケの1夜干し
このような1夜干しなんかは、クール便で地元へのお土産としてはいいでしょう。
1217.JPG



その後時間もあり・・・北広島の三井アウトレットパークへも立ち寄りました。
この日は7月の夏休みに入って最初の3連休最終日・・・たくさんのお客さんでにぎわってました。
最終日の明日にうかがうので、この日は下見気分です。


★普段は見れないくらいのたくさんのお客さん
1221.JPG


★セール期間中ですので北海道各地から
1222.JPG

 
| 北海道夫婦旅2015 | 08:34 | comments(2) | trackbacks(0) | -
北海道の夫婦旅2015:目分料⊆多編
それでは・・・・・十勝清水の日本そばの名店『目分料』食べたもの・・・ご覧ください。



★あいのり鴨南蛮:1,300円&稲荷寿司:200円・・・私のチョイス
通常のお蕎麦屋さんのソバといえば上品というか量の少ないお店が多いもの、ここ目分料さんのそばの量はこれが
普通?というほどたっぷりな量でした。そして、ソバ自体も見た目も美しく腰もあってソバ自体の旨みも感じられ
る内容に大満足でした。お汁もかも南蛮と通常の出汁の2つで、双方食べ比べられるのも納得です。
※記事の訂正ですが、この「あいのりソバ」は特別にそばの量が大盛りみたいです。
1194.JPG


★辛み大根おろしソバ:850円・・・奥さんチョイス
ダイコンおろしとソバと絡めながらいただく夏向きのさっぱりとした1品。女性にはこれくらいの量や清涼感が
良かったみたいです。私も1口いただきましたが、大根おろしとの相性もGOODでした。
※しかし、これでも1人前・・・ソバのボリュームはわらわれの知ってるソバ屋さんとは違いずいぶん多いのです。
1195.JPG


★お稲荷さん:2ヶ200円
見た目どおりの甘辛く味付けされ・・ふっくらしたお稲荷さんに包まれた「いなり寿司」
、思った通りおそばとの相性も抜群でした。
1197.JPG


★あいのり南蛮「かも南蛮ソバのタレ2種」
通常のソバのタレと南蛮タレの2種類、単独のかけソバとしてさっぱりといただくのいいし、カモ肉のしみた南蛮
タレと絡めるとかも肉の旨みと良質の脂が口の中に広がって2倍・・・いや5倍の楽しみなのです。
1198.JPG


★見て・・・・このボリューム
通常の蕎麦屋さんは上品というのかソバの量が少なくて不満足でしたが、この店へ来たらその価値観が変わります。
お蕎麦を思いっきり食べたいという人にはぴったりなお店ですよね。
1199.JPG


★かも南蛮タレ&かも肉
鴨の脂とソバのコンビネーションは何でこんなにすばらしいのでしょう。タレの表面には鴨肉独特の旨みを含んだ
脂がテカッています。
1200.JPG


★完食
美味しくいただきました。噂どおりのお味にあらためて日本そばの美味しさを再認識したのです。
1201.JPG


★ソバ湯〜
最後の1滴までソバを満喫しました。
1202.JPG


★ライダーたちの憩いの場
夏には多い北海道を旅するライダーたち・・・食通の彼らの憩いの場としてこれからも頑張っていただきたいのです。
1205.JPG


★画面右側がライダーさん達
この時期のいろんな場所でお会いするライダーさん、年齢は割りと高めで50代から60代が最近は多いみたい
です。そして、中間達と共に団体行動するみたいで、4.5人のグループをよく見かけます。
1186.JPG


★外の景色を見ながら
窓の外には夏の北海道そのものといったさわやかな空気が流れてま
すね。こんな光景を見ながら食べるのは幸せ感を感じます。
1192.JPG
 
| 北海道夫婦旅2015 | 08:16 | comments(2) | trackbacks(0) | -
北海道の夏休み2015:目分料@十勝清水
さて、朝からいろいろな地点へドライブしながら歩き回りおかなも減ってきました。
この周辺・・・・十勝清水・新得あたりは蕎麦の産地、この周辺にもたくさんの有名な
日本蕎麦屋さんがありますが、その中でも食べログで「十勝清水×日本そば」
と検索したところ十勝清水の『目分料』が人気1であるようです。コメントなどを
拝見しても評判が良いのでお邪魔することにします。



【目分料】・・・・日本そば専門
■住所:上川郡清水町南5条3丁目1(JR十勝清水駅徒歩10分)
■電話:0156-62-5845
■営業時間:11:00-14:00(蕎麦がなくなり次第終了) ■定休日:水曜
■駐車場:約25台あり


★お店の前の道
周辺は開発された公園のようなたたずまいですが、この辺一帯はなぜかざわざわ感があります。画面の
左側(白い車のウンカーが点いてるのが入り口)がお店なんですが、お昼前のちょうど繁忙時間でもあり
車を止めるのも困難なくらい・・・われわれはちょうど空きがあったので間一髪セーフで停めれました。
※お店の前の木々の茂みの下には「バイク野郎」のバイクが10台くらい停まってました。
1167.JPG


★駐車場は満杯
1番手前の黒いプリウスが我々のレンタカー、ぎりぎり停車できました。
1168.JPG


★お店の外観
ちょっと見ただけではここが蕎麦屋さんだとは思えないくらいの外観、この入り口付近ではたくさんの
お客さんが行列をして待ってました。待ち時間は約20分くらい・・・まぁその程度なら許せます。
1155.JPG


★お店の暖簾
暖簾というのか看板というのかは別にして、いい感じのセンスです。
1157.JPG


★粉打ち場
店内から見える厨房の様子やソバ打ちをする作業場もオープンです。
1159.JPG


★お店の店内
広い園内にはたくさんのテーブルがあり、お客さんそれぞれが名物のお蕎麦を楽しんでました。
1172.JPG


★メニュー
お店のお品書き(メニュー)山に雪を抱いた十勝平野の様子、下の白い
花がソバの花です。
1173.JPG


★メニュー
この店の名物『つけかも南蛮』これが1,000円なんて楽しみです。
1176.JPG


★さまざまな種類もあり
1177.JPG


★冷たいソバ
ソバは原則冷たいのでいただいてほしいというのがこの店のコンセ
プト、夏にはひんやりとしたソバの風味を味わいたいですよね。
1174.JPG


★お店のうんちく
お店のソバに対するこだわり・・・・面白いではありませんか。
1180.JPG


★薬味のうんちく
そばに入れる薬味もうんちくがあるようです。これを見れば、店主の
ソバに対する愛情があふれてるのがよくわかります。
1181.JPG

※食べたものは・・・・明日にでも・・・・オイオイ・・・・引っ張るよなぁ!!
 
| 北海道夫婦旅2015 | 09:05 | comments(2) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ