CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 久しぶりの大三島 | main | 典座(てんぞ)◆大三島:ランチ >>
典座(てんぞ)@大三島ランチ
 大三島へ仕事に行き、午前中でだいたいの概要を掌握し仕事のほうも一息ついたので、今回の大三島行きに同行してくれたHさんのお奨めのお店でランチをしました。

【Hさんの同行】
Hさんとは、私の母校である大阪商業大学のOB会で5年ほど前に知り合いになった先輩でありまして、Hさん自身ももここ大三島の自然の美しさや人々のやさしさにほれ込んで眺望の良い場所に土地を購入しております。そして、来年には4部屋のコンドミニアムをその場所に建築する予定でして、今回は、その土地を見せていただき、私なりの意見を聞きたいという事で私自身は他の相談事で出かけましたが、今回はそのついでに同行していただきました。
ここ大三島にも大変詳しく、自転車も大好きだというので島のあちらこちらを周遊しているそうなのです。今回は、そのHさんお奨めのお店訪問です。

そのお店の名は『カフェ&レストラン典座(てんぞ)』さんです。

ご覧下さい。


【カフェ&レストラン典座(てんぞ)】
※店名の典座(てんぞ)とは、お寺の精進料理を作る炊事係のことだそうです。
■住所:今治市上浦町井口7333(多田羅温泉入り口の近く)
■電話:0897-87-2224
■営業時間:10:00-21:00 ■定休日:水・木曜日


★外観:病院の跡地
これって、どう見てもカフェとかレストランには見えませんよね。ここは、本来病院の跡地を改装して、現在はそのお子さんが1人でオーナー&シェフとしてお店をされています。



★お店から見た多田羅大橋
愛媛県の大三島から瀬戸田を結ぶ多田羅大橋、この橋の眺めも美しいのです。こんな風光明媚な場所にお店はあります。大三島インターから車で約3分、地元の名湯である多田羅温泉の近くのメインストリート沿いにあります。



★お店の前のテラス
お店の前には、”お接待”(無料でお茶やお菓子を道行く人に配布する)のために、地元産のみかんが提供されてありました。そして、本日のメニューも白い手描きのボードに描かれてあります。



★店舗前の正式なメニュー
こんなユニークなメニューボード



★お店の中から玄関を見る
こうして見ると、やはりカフェというよりも病院の待合室ですよね。しかし、店内全体は昔の病院の趣が残っていますが、各所にあるインテリア小物はオーナーのセンスのよさが漂っています。



★玄関脇のこじゃれた空間
玄関脇のこんな場所にアンティークな手洗い所が・・・・にくい演出です。



★店内にある食器棚
食器棚自体も雰囲気がありますが、中に入っている食器類もお値打ち品がありそうです。



★玄関から入った絵
入り口から入って左側のガラスで囲まれた「元病院受付」のあとが、調理場に変身しています。



★そして、こんなコメントが
「1人でやってます。お待たせすること・・・・おゆるしくださいませ」・・こんなのを見ると許そうじゃないか!!なんて気分になるのです。



★店の前の道端
店の向こう側には、こんな穏やかな海が広がっています。



★元受付の跡地(調理場)
この空間で、オーナーの女性が調理と接客と・・・1人で切り盛りしております。



★元病院らしさ
こんな空間はまさに元病院跡なのですが、おしゃれっぽく変身してる姿に感動します。


※食べた料理は次回にご紹介いたします。お楽しみにね・・・。
| 旅行/その他 | 08:52 | comments(2) | trackbacks(0) | -
けんたろう様

お疲れ様です、
大三島は一度訪問したいと思いながら、まだ行けていません(涙)
岡山在住の内に、是非伺いたいと思います。
少なくとも富士見園様だけでも何とか泊まりたい・・・。

昼食を取られた今回のお店ですが、個性的な外観・内装だなぁ・・・どんな料理が出てくるんだろう・・・。
と見ておりましたら、まさかの「次回に続く」!!!
絶妙な引き・・・勉強になります。
楽しみにしております。
| シンシン | 2013/11/23 8:14 PM |
★シンシンさま

大三島、今まで何回訪れたのかは定かではないのですが、少なくても通算30回以上は泊りがけでうかがっているのです。
この島の魅力はたくさんあって、風景良し・気候良し・料理の美味しさ良し・島に住んでいる人の良さ・・・いろんな良さが重なって「仕事屋人間関係で疲れて癒されたい」と思うときにこの島を訪れてリフレッシュして、そしてまた松山へ帰ります。

富士見園さんですが、ぜひ1泊して美味しい料理の数々を楽しんでください。行かれるとしたら、夕方に島へ着いて塩湯温泉の「マーレグラッセ」で瀬戸内海に沈む夕陽を見ながらゆっくりとお湯で癒され、それから行かれるとなお料理を堪能できます。翌日は、大三島神社を参拝し、」その後は多田羅温泉に浸かってポカポカしながらご自宅へ戻ればいいでしょうね。
| ken-ta-ro | 2013/11/25 8:22 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1032
このページの先頭へ