CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 45年ぶりの修学旅行@出雲大社 | main | つるおか食堂「豚玉そば入りお好み焼き」 >>
四川飯店「海老ホイコーローAセット」
新しいシリーズですが、「たまに無性に食べたいもの」って皆さんにもあるでしょうが、私にもこれがあるのです。このテーマにあったネタをちょくちょくご紹介いたしますから、今後ともご覧下さいね。


記念すべく第1回はこれです。
松山市山越にある中華料理の店「四川飯店」。


ここのお店のご主人が、松山市内で繁盛している”量がやたらに多い”ので有名な中華料理のお店「香港」で修行されたのちにこの地で創業されました。この場所が周辺にある大学のグランド(松山大学・愛媛大学)の通り道でもあったために、”運動で消費したカロリーに飢えた若者たちのの胃袋を満足させる店”として四川飯店ファンが定着したのです。その後、学生だった彼らが大学を卒業しても、恋人や家族たち・友人知人たちと通い続けているというとても悲しい?エピソードがあるお店なのです。

現在も、週末の土日などには城北地区には非常に珍しい"行列のできる中華料理屋さん”としてとても有名なお店なのです。ですから、私なんかは”行列するのが嫌い”なもんですから、食べたくなったら電話で持ち帰りをお願いして、車で約5分の距離にある自宅でゆっくりと食べる事が多いのです。



【四川飯店】
■住所:松山市山越1-12-7(富士タクシーのある通り)
■電話:089-923-9162
■営業時間:11:00-22:00 ■定休日:水曜日

本日のお奨めの品『海老ホイコーローセットA』800円
セットメニューというのは、ホイコーロー丼におかずとして(A:鳥のから揚げ、B:エビ天、C:ギョウザ)の3つの中からチョイスできるという・・非常にお得なメニューなのです。ですから、海老ホイコーロー丼+から揚げのセットでは「海老ホイコーローAセット」と注文してくださいね。



★海老ホイコーロー丼
芳醇な香りとボリュームたっぷりなこの「海老ホイコーロー丼」。
一般的にホイコーローとは、豚バラ肉の野菜味噌炒めの丼なのですが、この海老ホイコーロー丼とは、豚バラ肉の代わりにエビ天が入っており、そのエビ天とこの料理のソースである味噌ベースとのマッチングがとてもよくマッチした1品なのです。



★Aセットのから揚げ
通常のセットメニューの付けあわせなら、から揚げの場合は2.3個が普通なのでしょうが、ここのセットには7.8個は付いてくるという非常にお徳でボリュームのあるものです。



★海老ホイコーロー丼のアップ
たっぷりの野菜(キャベツ・ニラ・モヤシ)に絡まった味噌ベースのタレがたまらないくらい絡んで、食欲を増進させます。



★丼の断面
タレもたっぷりかかっており、ご飯との相性もバッチリです。



★エビ天のアップ
エビ天そのものもかなりのレベルで美味しいのですが、これにピリッと甘辛い味噌が絡むと一段とレベルアップして、食欲がアップするのです。



★見よ・・・この輝きを



★から揚げのレベルも高いです。



★この日は大ぶりなのが5ピース



★これは別の日のテイクアウト
写真の上側が、「チャーハンセットのB(海老天)」700円、そして下が「海老ホイコーロー丼のA(から揚げ)800円です。これって、通常の大人2人では食べきれなくって、我が家では、4人くらいでシェアしていただいてちょうどいいのです。そして、4人で分ければ一人分400円を切るのですから、"安くて美味しい"大満足のメニューなのです。



★チャーハン
このチャーハンは、普通の店の1.5人分はたっぷりあります。そして、単に量の多さだけではなく味付けのほうもいい塩梅でして「この店のチャーハンをおかずにご飯が食べれる」という奴もいるくらいのクオリティなのです。



★エビ天
どうです?このカラッと揚がったエビ天・・・・塩をまぶしていただくとビールが進む事間違いないのです。エビ天の量も、「これでセットメニューの付け合せの1品」には思えないくらいの量に大満足するのです。


【四川飯店のあとがき】
このお店を知ったのは、私の娘が高校生のときにこの店でアルバイトをしていてからです。、彼女が仕事終わりに店からいただく「まかない」をお店の方に作っていただいて帰るのですが、それをそばで見ていて多少のおすそ分けをいただいたりしてましたが、それが実にどれを食べても美味しかったのです。その娘も、今は結婚をして1児の母親となりました。そうですよね、この店を知ってからもう12.3年になりましたが、それ以来ここ四川飯店の1ファンとして通い続けています。食欲のないとき、元気を出したいとき、ガッツリいきたいとき・・・かなりのボリュームですからカロリーの高いのを気にして、多少の罪悪感を感じながら・・・・60過ぎになっても親父はこんなのが大好きで、今でも月に3回はいただいております。
| たまに無性に食べたいもの | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1038
このページの先頭へ