CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< つるおか食堂「豚玉そば入りお好み焼き」 | main | 「美ゆき」のちゃんぽん >>
レストラン野咲
 ”たまに無性に食べたいもの”・・・・こんな記事を書き出したら食いしん坊の私の場合には止まれないのです。


さぁ今日は第3弾・・・・今までにも度々このブログでご紹介をした「レストラン野咲」です。
このお店は、我々の若い頃から存在していたいわゆる”洋食のお店”でして、現在なら洋食といってもイタリヤ料理とかフランス料理などがこの範疇になるのでしょうが、若干のニュアンスの違いで『洋食のお店』というのはわたしたち親父やおばちゃん世代にとっては別格なのです。

【歴史的に現存する洋食店】
ここレストラン野咲は、松山市内に現在残っている洋食店の中でも数少ない貴重なお店の1つなのです。場所は松山市内のオフィス街の千舟町の通り沿いにあり、日常には付近に勤務するサラリーマンたちのランチのメッカとなっていますし、近くにある高校の学生たちにとっても安くってボリュームのある人気のお店なのです。


【主なメニュー】
ここのメニューですが、主なセットメニューをご紹介いたします。

■野咲ランチ:480円(トンカツ・コロッケ)
■特製ランチ:650円(ハンバーグ・エビ・オムレツ)
■スペシャルランチ:660円(チキンカツ・ポークピカタ・エビ・魚のフリッター)
■盛り合せランチ:780円(焼肉・から揚げ・魚のフライ)



【レストラン野咲】
■住所:松山市千舟町3-2-13(千舟町通り沿い、宝くじで有名な竹村商店のすぐ東)
■電話:089-946-0642
■営業時間:11:00-21:00 ■定休日:火曜日



★お店の周辺
お店のすぐ向かい側には、大当たりの派手な看板があって、一攫千金をひそかに願っている庶民たちが集結する宝くじの有名なお店なのです。そのほとりにひっそりとレストラン野咲はあります。



★シンプルな看板
こんなシンプルな看板があったんや・・。



★食堂の定番:蝋で作られたメニューのサンプル
いまどきは珍しくなった・・・・蝋で作られたメニューのサンプル、しかし良いものはいつになってもいいのです。初めて行く人にとっては見やすくってわかりやすいのです。




それでは、まず最初にご紹介するのがレストラン野咲のネーミングが付いた『野咲ランチ』です。



★野咲ランチ:480円
わりと大き目のトンカツとその横には自家製のクリームコロッケが添えられてあります。そして、その下にはロースハムとキャベツとレタスのサラダ・・・・1番下にはマカロニが敷かれているのです。このおかずにご飯がついて480円なら納得の定食でしょうね。



★マカロニのアップ
ただ湯でられただけのマカロニ、これがシンプルでお口直しにちょうどいいのです。



★トンカツのアップ



★コロッケのアップ




そして2つ目にご紹介するのが、私の大のお奨めである『から揚げ定食』です。これは、単品でも買うことが出来て、400円にて大ぶりな竜田揚げ風なから揚げが7.8ピース入っていますから、大変お得な1品です。


★から揚げのアップ:400円
こんがりと揚がった鳥のから揚げ。見た目もそうですが、このタレを含んだ甘い香りがなお一層食欲を誘うのですから・・・いやぁん・・・。



★別の日のから揚げ
こうして見ると、から揚げの下にマカロニが敷き詰められてあるのがお分かりでしょう?



★から揚げ&ごはん
自宅に帰って、ごはんを装いひたすらから揚げにかぶりつくのが至極のときです。



★から揚げの”どアップ”
甘辛い醤油ベースのタレに浸された竜田風味のから揚げ、から揚げの美味しいお店はたくさんあるのですが、この店のから揚げは松山でも3本の指に入ると断言できます。








そして、3番目にご紹介するのが『スペシャルランチ』です。最近はこれにはまっていて、月に2.3回はテークアウトして自宅でランチとしていただいています。




★スペシャルランチ:660円
チキンカツにエビと白身魚のフリッター(洋風のテンプラ)、それとその下にはポークピカタ(豚肉の卵でまぶしたもの)が添えられて、これで660円とはグッドプライスなのです。



★ごはんとのセット
ガッツリ系にはこれくらいは必要です。60歳にしてこんなにスタミナをつけるなんて、そのエネルギーをどこへもって行きましょうか?



★エビと白身魚のフリッター
添えられているタルタルソースもあっさりしていて、ごはんもすすみます。



★ポークピカタ
ピカタって知りませんでしたが、これは豚肉を溶かした卵でコーティングしたテンプラ風な1品ですが、これだけで洋風になるんですね。



★盛り付けをお皿に入れ替えて
こうして見ると、入れ替えたほうがなお一層美味しそうに見えますよね。料理には、ビジュアルも大切なのですから・・・・。しかし、こうしてみればハワイでしょっちゅう食べている「プレートランチ」そのものですよね・・・・やはりどこにいても、好みは変わりません。
| たまに無性に食べたいもの | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1040
このページの先頭へ