CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 「美ゆき」のちゃんぽん | main | 2013年ハワイ旅:112:ラニカイビーチ >>
「博多屋」のもつ鍋・酢モツ
 ご好評をいただいている・・・・と自分で勝手に思っている”たまに無性に食べたいもの”第5弾です。

【寒い時期には鍋を】
『寒いときには鍋料理が食べたい』・・・・・TVなどの番組やコマーシャルでも鍋系のネタが多くなりましたよね。鍋といってもいろんな鍋がありますが、すき焼きや水炊き・寄せ鍋・カレー鍋など・・さまざまなチョイスがありますよね。我が家では、その時その時でいろんな選択をしますが、この中でも”たまに無性に食べたくなる”という鍋が・・・今日ご紹介する「博多屋」さんのもつ鍋・・・それと酢モツなのです。


そんな博多屋さんの「もつ鍋」ご覧下さい。


【元祖もつ鍋:博多屋本店】・・・もつ鍋・酢モツ・ちゃんぽん麺
■住所:松山市1番町1-2-3
■電話:089-947-7277
■営業時間:17:00-24:00、17:00-22:30(祝祭日)




★博多屋本店の外観
松山市内の飲み屋街から少し離れた場所にあるこのお店。約2年前にここへ引っ越してきて現在のお店は約120人収容できるビッグなお店に成長しました。県外にも約10店舗ほどの支店を持ち、ますます繁盛しているお店群の本店なのです。今年で、創業25周年だとか・・・・これからも我々の胃袋を満足させてください。



★ちょうちん



★ノレン



★メニュ−
モツ鍋中心のメニューです。



★メニューその
1品料理のメニュー



★キムチ:300円
見た目ほど辛くないキムチ、とりあえず1品というときにはすぐにいただけるのです。



★酢モツ:350円
鳥の皮のような食感の酢モツ。牛肉の胃袋のような部位を小さくカットし、さっぱりとした味付けで内臓系の苦手な方にも美味しい美味しいと言っていただけます。



★にわか焼き:1050円・・・BEFORE
新鮮なホルモンにネギを絡めて火にあぶっていきます。上にかかっている激辛とうがらしみたいに見えますが、とうがらし自体は見た目ほどは辛くないんです。



★にわか焼き:完成型
炒めるというのが煮るというのか、何せホルモンに火が通れば完成です。下地は味噌ベースで、とにかくビールにはとても相性のいい1品なのです。ハフハフしながら暑いうちにいただきましょう。ただし、熱々のホルモンをほおばって口の中を火傷するのには注意しましょうね。



★お刺身盛り
霜降り肉の馬肉2種と新鮮なイカ



★これは、ユッケ
普段はあまり生肉はいただきませんが、この日は栄養たっぷりにいただいているようです。





酒の肴系をいただいたあとは、いよいよ真打ち「モツ鍋」の登場です。


★モツ鍋:1人前900円・・・これは2人前あります。
たっぷりのキャベツにニラ、ごぼうも入って・・・・この絵の下には新鮮なホルモンが敷かれております。



★およそ3分後
モツ鍋の完成型です。



そして、モツ鍋や1品ものをたっぷりといただいて満足した最後の締めは「福岡製のちゃんぽん麺」を投入して、お腹を満足させます。



★〆のちゃんぽん投入
通常のラーメンの麺のよりも2回りくらい麺です。モツ鍋の本場福岡から空輸されてくるちゃんぽん麺はガッツリ胃袋にきます。



★これにもとうがらしが
冬の寒い季節には、たっぷりのとうがらしで体の芯まで温まりましょうね。



★ちゃんぽんのアップ
小皿に入れて、少し冷ましてからいただきましょうね。



★祭りのあとの鍋底
吉田拓郎の歌に「祭りのあと」ってのがありましたよね。まさにこれがそうです・・・よくがんばりました。



【元祖もつ鍋:博多屋本店のあとがき】
夏場も終盤になり、最近の日本の暑さにに夏バテしそうなとき・・・・そんなときにはここの酢モツを食べながらビールをあおって、そしてにわか焼きを食べて、もつ鍋でたっぷり汗をかいたあとの締めの1品にちゃんぽん麺を投入して汁の旨みを吸いながら満腹になる・・・そうすると夏場でも元気回復するのは間違いないのです。我が家では、平均的に2ヶ月の1度くらいは電話で予約した後に「持ち帰り」でもつ鍋に酢モツを自宅にて食べるのです。近所に住んでいる子供たちや孫たちも最近では喜んで食べるようになりました。

夏場だけでなく、冬場の冷えこむ季節にも当然美味しいモツ鍋・・・・あまりニンニクを入れすぎると翌日の仕事に差し支えますから、出来れば休日前の金曜日・土曜日がお奨めです。
※なお、にわか焼きは持ち帰りが出来なく、お店でしか食べれませんのでぜひお店に出かけていって食べてみてくださいね。きっとクセになる1品ですから・・・・。
| たまに無性に食べたいもの | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1042
このページの先頭へ