CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 北海道の夏休み2014:さっつるの町 | main | 長浜〜白滝・八幡浜への小旅行▲侫Д蝓漆堂 >>
長浜〜白滝・八幡浜への小旅行,靴さい市
先週は法事があり、愛媛県の中でも南にある長浜町から白滝・八幡浜へ行ってきましたので
その秋の小旅行をレポートいたします。

まずは・・・長浜町の「しおさい市」からご紹介します。


【しおさい市】
■住所:大洲市長浜町今坊甲521-11(松山からは双海方面を西へ進み、長浜町の手前)
■電話:0893-52-1513
■営業時間:9:00-17:00 ■定休日:なし
■駐車場:お店の隣に10台くらい可能
■営業品目:瀬戸内海産の海産物や周辺で取れた野菜など



★しおさい市の外観
この写真は少し傾いて見えますが、実際の建物は傾いてはおりません。



★前の道路
松山〜八幡浜までいける県道、この道路わきにあります。
道路を挟んで瀬戸内海に面した場所ですので、いつも磯の香りが
道行くドライバーたちを和ませてくれます。



★道路沿いの看板
小さいので見逃さないように



★こんな表示板も
「魚あります」こんなのは以前にはなかったような記憶が・・・。
取り外しがきくようなので、魚がなくなれば外すんでしょうね。



★お店の内部
手造り感のあるお店の内部。建物もそうですが、商品を陳列する棚なども自家製といった
暖かい空気が流れています。



★今が走りのみかん類
この周辺でもたくさんのみかんが作られていて、早稲のみかんが安くて美味しいです。




今朝獲れた瀬戸内海産の魚が並んでおります。



★お店にあった鮮魚
時間が11時くらいでしたので、もうこれくらいしかありませんでした。
午前中でも早い時間に行けば、たくさんの種類の朝獲れの新鮮な魚が並んでます。



★手の平大の鯛が5匹・・・700円
ちょうど塩焼きにすれば美味しそうな「マダイ」新鮮な瀬戸内海産ですので美味い



★スルメイカ
約10匹くらいで550円・・・安いと思いますが・・・。煮物などには最高です。



★モイカ
この時期の1番美味しいイカです。刺身に良し・から揚げやてんぷら・煮ても焼いて
も美味しいイカです。この日はこれを買って帰りましたが、お刺身は甘みがあり最高


 
| 2014秋の小旅行 | 08:20 | comments(4) | trackbacks(0) | -
ケンタロウさま
イカ旨そうですね!
当地はラストコール杯も終わり今季のゴルフシーズンは終わりました。
私は東京にも家があるので来月から4月までは埼玉のゴルフ場の月例に参加しますが、こちらの仲間はタイ等に遠征します。
松山は暖かくて良いですね!
| マンマン | 2014/10/29 10:29 AM |
★マンマンさま

こちら四国ではマンマンさんのおっしゃる”10月後半にゴルフシーズンが終了する”なんてのはまったく実感がありません。来週の11月6.7日に今季最終戦の愛媛チャンピオンという各クラブが代表した8名による団体戦と、2日間トータルの個人戦もあって、私もこの試合に道後ゴルフクラブのシニア代表として出場いたします。
四国では年中ゴルフが出来ますし、冬でも降雪の心配はないですからシーズンが終わった冬も「玉転がし」やってます(笑い)

以前は、タイや台湾・バリ島・グァム・サイパンやハワイなどにもゴルフ合宿と称して仲間たちと旅をしてましたが、最近は夏の北海道遠征くらいで団体旅行は当分ご無沙汰です。
| ken-ta-ro | 2014/10/30 8:29 AM |
大洲のご紹介ありがとうございます!
私、二日酔いの体調不良からそのまま風邪をひいてしまい、PCを開ける気力もなくそのまま床に伏せっておりました。
なので書き込みが遅くなってしまいました。申し訳ありません。
今は復活しましたので、またガンガン食べていこうと思います。

さて、「しおさい市」。なかなかに緩い空気が漂っていますよね。
これから時期、ミカンのラインナップも増えますし、魚介類も充実することでしょう。
また寄ってみてくださいませ。
| 大洲のひで | 2014/11/01 8:54 AM |
★HIDEさま

コメントありがとうございます。
たった1日でしたが、長浜〜白滝・八幡浜と旅をしグルメネタを探索して参りました。大洲・長浜地区は私にとっては”第2の故郷”父親の生まれが白滝で母親が大洲の菅田というべたべたの南予人でしたので、白滝町の大和地区の橋のたもとの家で生まれた私は5歳まで長浜で暮らしていました。それ以来55年いまではすっかり松山の人ですが、DNAは南予の血が濃く残っているのを感じます。
これからも南予ネタ楽しみに拝見しますからね
| ken-ta-ro | 2014/11/01 9:05 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1226
このページの先頭へ