CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 北海道の夫婦旅2015:朝日堂@豊頃 | main | 北海道の夫婦旅2015:山翠庵@帯広 >>
北海道の夫婦旅2015:十勝スピードウェイ
北海道旅の4日目、朝から釧路まで走って少々疲れましたが、このまま帯広へ帰るのは
少し早いので、昨日行った中札内方面を目指して豊頃町から山間の道を進みます。

これから目指したのは「十勝スピードウェイ」というサーキット場、普段サーキットなど
四国に住む人間にとってはお目にかかることがありませんから、1度生の走行や臨場感を
体験したく今回時間があれば訪ねてみたかったのです。

それではご覧ください。



【十勝スピードウェイ】
■住所:河西郡更別町弘和477(さらべつカントリーパークの近く)
■電話:0155-52-3910
■開場時間:詳細は不明です
■入場料:この日は1,100円でした。
■開場は1993年で、北海道で唯一の国際認定サーキットです
■ホームページ:http://tokachi.msf.ne.jp/


★豊頃町から中札内方面を目指す
この道路の広さって他の土地の国道と変わりないくらい広く、実はこれでも農道なのです。
803.JPG


★道周辺は「緑のパッチワーク」
自然の風景がこんなに美しいなんて・・・・ドライブ気分もルンルン
804.JPG


★この周辺は対向車にはまったく遭遇しません
806.JPG


★のんびりした農耕風景
809.JPG


★農場もあり牛たちもたくさん
812.JPG


★こんな風景なら何枚でもシャッターを切りたくなります。
814.JPG




豊頃町から車で約30分、山間の交通量の少ない農地を走って更別町へ到着しました。


★そして「十勝スピードウェイ」到着
この日は日曜日、入り口の場所は分かりにくかったのですが、会場の外から場内の爆音が響いていました。
815.JPG


★内部
思ったよりたくさんの車が来場してました。どうも、この日は小さいながらレースが開催
されていたようです。
837.JPG


★ミニカー?
いやいや・・・・これで排気量が1,000ccあるそうですから時速200kmくらいは楽に出そう
817.JPG


★派手なカラーリング
819.JPG


★これから戦闘体制
いざシートに乗り込み、レースへの参加ですね。
821.JPG


★こんなのだったら1度チャレンジしたいよね。
822.JPG


★実際の走行写真
この写真で見れば臨場感は0ですが、実際に間近で音を聞いたりすれば思ったよりも
すごい迫力とスピード感に圧倒されます。
825.JPG


★こちらはバイクのレース準備
各地からこんな1ボックスにバイクを積載してチューンナップして準備します。
828.JPG


★レースの待機場所(ピットっていうのかな)
ここでレーサーが休憩を取ったり飲み物や食べ物を補給するみたい。大きなレース
場ならこんな裏側を垣間見ることは不可能ですが、こんな地方の会場ならこれもOK。
829.JPG


★バイクレース
会場のお客さんは皆無ですが、コース内ではマイク放送もありバイクの爆音が会場
内に拡がっています。バイクの音ですが、想像を絶するくらいの爆音でした。
831.JPG


★ピット内
834.JPG



そして十勝スピードウェイで約30分間ほど滞在した後、帯広方面へと帰ります。
この道周辺には「とかち帯広空港」があります。帯広市内までは約40分の距離。


★交通量もまばら・・・
メインではない幹線道路なのですが、対向車も少なくラクチンドライブ
840.JPG


★ここは「レストハウスかしわ」
以前お邪魔したことのあるこのレストラン、美味しいブタ丼を提供する店として有名で、
この日も午後3時過ぎだというのにお客さんの車でにぎわってました。とかち空港の近く
というのもあり、ローカルの方々や喰いしんぼうの観光客のグルメたちの間で有名です。
844.JPG


★帯広郊外のサイロ&牛舎
この建物は、中札内から帯広方面に帰る途中の道路脇での1こま、年代物の古い建物がすばらしい存在感なのです。
847.JPG
 
| 北海道夫婦旅2015 | 08:25 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

如何にも北海道らしい、何も無くそれでいて
真っすぐな道路風景ですね。
ゆっくり走っていても、気付くと法定速度ぐらいで
走行していることでしょう。

相当な頭数の牛を飼っているのか・・・!?
めちゃめちゃ大きなサイロですね。
私はサイロを見ると、√(ルート)10を思い出します。
数学の時間に、”サイロフミ(3.1623)”と覚えたからです。(笑)
| ホノムボーイ | 2015/09/12 5:33 PM |
けんたろうさま

このレースはお楽しみと言うよりかなり本格的なものなのですね
けんたろうさまが乗られて走行されるのだとばかり思ってしまいました。(笑)
三重県で育った私、子供のころ鈴鹿サーキットをゴーカートでぶっ飛ばした?ことがあります。
今思い出しても、ワクワクしてしまいます。(笑)
| ハイチュウ | 2015/09/12 9:21 PM |
★ホノムボーイさま

北海道らしい風景・・・豊頃〜中札内方面への山間の道を走って
ますが、対向車にも遭遇せず穀倉地帯の雄大な風景に楽しい
ドライブは続きます。農場では牛たちがのんびりとした表情
で草を無心に食べてるし、やはりこのあたりの緑のパッチワ
ークは富良野・美瑛には及びませんが自然の情景に癒されるん
です。サイロとルートの関係なんていまだに思い出されるん
ですから、若いときの訓練もある意味大切なんですね。
| ken-ta-ro | 2015/09/14 8:10 AM |
☆ハイチュウさま

初めてレース場を拝見し、その迫力や爆音に戸惑いましたが
さすがに自分がここでチャレンジをなんて思いませんでした
。でも、何度か訪れると初心者用のカートでの走行なんかは
1度経験すれば病み付きになるかも知れませんねぇ。
| ken-ta-ro | 2015/09/14 8:13 AM |









トラックバック機能は終了しました。
このページの先頭へ