CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 北海道の夫婦旅2015:十勝スピードウェイ | main | 北海道の夫婦旅2015:オステリア・アルペスカ >>
北海道の夫婦旅2015:山翠庵@帯広
北海道へ来る楽しみ・・・・・1番は?と尋ねられたら「美味しいものを食べる」ことでしょうね。

毎年夏に訪れるここ北海道・・・・確かに夏には連日昼間は35度近い暑さをしのぐという目的でこの地を訪れ
、この地の雄大な景色や人々とのふれあいなども楽しいのですが、「どれが1番」と言われれば・・・・やはり
”美味しいものを満喫したい”ために訪れるのです。

そんな中でも特筆したお店として今までにも北海道で1番多い回数の5回も訪れてる帯広の名店「山翠庵」
ここが今日の晩ごはんの場所です。

ご覧ください。


【山翠庵】・・・・季節の和食
■住所:帯広市西6条南22丁目(公園通りの「めがね市場」の真裏)
■電話:0155-22-6727
■営業時間:11:30-21:30 ■定休日:水曜



★お店の外観
元々オーナーのお母さんがここで書道の先生をされていて、
この2階もお母さんの書の展示室があります。
お店は1階です。
852.JPG


★お店の入り口
中は見えませんから、初訪問者には入りにくい雰囲気。
853.JPG


★カウンター向こうがオーナーの宮崎さん
我々と同世代で、これまでもいろんなお店をプロデュースされた帯広の和食の重鎮だそうです。
878.JPG


★店内にはさまざまな書が
シックでモダンな室内、それに展示されてある書が実にいい雰囲気をかもし出しているのです。
877.JPG




★メニュー
本日の酒肴・・・・これで1,800円なんて・・・・絶対にいただいちゃいます。
854.JPG


★お刺身や酒の肴いろいろ
855.JPG


★一品料理・ご飯もの
どれも安くて味付けもさまざまなものがあります。
856.JPG


★器もシブいです。
858.JPG



★本日の酒肴点心:1,800円
「マグロ・ヒラメ・本つぶのお刺身、穴子青じそ天ぷら・厚岸牡蠣のポン酢、縞アジの西京焼き」の各種
見た目にも美しいし、食べ進めていくうちに笑顔がこぼれる調理の繊細さに・・・大・大・大満足です。
これだけで十分に帯広に来た甲斐があったというくらいの美味さ・・・思わずありがとうございました。
863.JPG


★烏賊の刺身
見た目にも美味しそうですが、食べ進めていくうちに烏賊そのものの甘さが口いっぱいに広がって、これまた
この美味しさに夫婦2人共に笑顔が止まりません※食べ物を食べるときに笑顔でいただけるのは幸せですね。
869.JPG


★日本酒をいただいちゃいましょう
ふだんはあまりお酒はいただかないのですが、こんな美味しい烏賊には日本酒の冷が1番
ですよね。
870.JPG


★ソイの煮物
北海道特有の鯛のような白身魚のソイ、甘辛く煮付けていただけば胃袋がほんわりとしてきます。身も
ほぐれやすく、白身の味付けはの加減は抜群です。
871.JPG


★焼きチーズの和風サラダ:1,000円
1番最初にうかがったときにもこれをいただきましたが、今回もこれを
オーダーしました。和風のドレッシングにカリッと焼かれたチーズの
香ばしさがよく合いますね。
872.JPG


★〆の穴子蒲焼丼:1,000円
ふんわりと焼かれた穴子の香ばしさに思わずお箸が止まりません。これって・・・・タレもおいしいんですが
穴子そのものや焼き加減も抜群で、やはりここのオーナーの腕のレベルの高さに脱帽しました。
876.JPG

【山翠庵のあとがき】
私のブログ仲間である帯広在住の山茶花五十郎さん
彼の記事からうかがうようになったここ山翠庵、毎年うかがう帯広でもやはり他の店へも伺いたく、
このお店への訪問は3年ぶりでしたが、やはりこの店だけは別格でした。
これなら、この店で食事をするためだけでも伺ういだけの値打ちがあろうというもの・・・。
また次回にも絶対行きたいお店でした。
ごちそう様でした。そしてネタを提供ありがとうございました。山茶花五十郎さん





 
| 北海道夫婦旅2015 | 09:16 | comments(6) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

北海道の魚貝類料理、やっぱり良いですね!!!
私もこの地で生まれ、そして育ったのですが・・・・
北海道を出て、はじめてその食の新鮮さ・
美味しさを実感することが出来ました。
何時かは、再び北海道で暮らすことになるの
でしょうが〜それまである意味、我慢です。(笑)
| ホノムボーイ | 2015/09/14 10:08 AM |
★ホノムボーイさま

やはり北海道へ夏にうかがう最大の理由は「美味しい食べ物
をいただく」ということです。海沿いの猟師町ならともかく
、帯広や旭川でも朝獲れの新鮮な魚介類を賞味できるのも最
近の流通の進歩なんでしょうね。確かに東京あたりは日本全
国から美味いものが集まりますが、やはり高いのが難点です
がその点北海道なら格安でいただけますよね。
ホノムボーイさんもそのうち帰省されれば当たり前の美味し
いものを満喫できますからうらやましい限りです。
| ken-ta-ro | 2015/09/14 10:48 AM |
けんたろうさま

外観も店内の様子も、確かにこれは敷居が高そう
そう言う印象を受けたのですが、なんと言うリーズナブルなお値段
これだけのものがこのお値段とは、ただただ驚きです。
お料理の見た目も美しく、間違いなく鮮度がよいのでしょう
過ごした時間もお料理もさぞや幸せな心地になったのでしょうね
| ハイチュウ | 2015/09/14 10:41 PM |
☆ハイチュウさま

ここ山翠庵さんは、この店のオーナーの調理に対する思いや
ネタの選別などにもこだわったもので、何度行っても毎回新
たな発見をし、その上納得のお値段でいただくことが出来ます。

帯広へは毎年うかがってますが、このお店は別格です。道東
へ行かれることがあればぜひお勧めしたいお店の1つです。
| ken-ta-ro | 2015/09/15 8:06 AM |
帯広・十勝・北海道を愛して下さってありがとうございます。山翠庵にアルペスカ・・・喜んでいただけてワタクシも嬉しいです。冬の帯広にも是非!!
| 山茶花五十郎 | 2015/09/26 10:33 PM |
★山茶花五十郎様

1日で”山翠庵&アルペスカ”少し贅沢すぎますよね。
両店共に帯広いや十勝・・・いやいや北海道を代表する名店で
すから広く世間の皆様に告知したいのです。

50代から好きになって訪問してる帯広・十勝地方・・日本の暑
い夏を避けて訪ねるうちにすっかりこの地の虜となってしま
いました。夏以外にはまだ行ったことはないのですが、秋口
の紅葉シーズンや冬の時期にも違った帯広を見れるんでしょ
うね。ぜひ1度は伺いたいものです。
| ken-ta-ro | 2015/09/28 8:08 AM |









トラックバック機能は終了しました。
このページの先頭へ