CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 北海道の夏休み2015:目分料@十勝清水 | main | 北海道の夏休み2015:帯広から千歳へ >>
北海道の夫婦旅2015:目分料⊆多編
それでは・・・・・十勝清水の日本そばの名店『目分料』食べたもの・・・ご覧ください。



★あいのり鴨南蛮:1,300円&稲荷寿司:200円・・・私のチョイス
通常のお蕎麦屋さんのソバといえば上品というか量の少ないお店が多いもの、ここ目分料さんのそばの量はこれが
普通?というほどたっぷりな量でした。そして、ソバ自体も見た目も美しく腰もあってソバ自体の旨みも感じられ
る内容に大満足でした。お汁もかも南蛮と通常の出汁の2つで、双方食べ比べられるのも納得です。
※記事の訂正ですが、この「あいのりソバ」は特別にそばの量が大盛りみたいです。
1194.JPG


★辛み大根おろしソバ:850円・・・奥さんチョイス
ダイコンおろしとソバと絡めながらいただく夏向きのさっぱりとした1品。女性にはこれくらいの量や清涼感が
良かったみたいです。私も1口いただきましたが、大根おろしとの相性もGOODでした。
※しかし、これでも1人前・・・ソバのボリュームはわらわれの知ってるソバ屋さんとは違いずいぶん多いのです。
1195.JPG


★お稲荷さん:2ヶ200円
見た目どおりの甘辛く味付けされ・・ふっくらしたお稲荷さんに包まれた「いなり寿司」
、思った通りおそばとの相性も抜群でした。
1197.JPG


★あいのり南蛮「かも南蛮ソバのタレ2種」
通常のソバのタレと南蛮タレの2種類、単独のかけソバとしてさっぱりといただくのいいし、カモ肉のしみた南蛮
タレと絡めるとかも肉の旨みと良質の脂が口の中に広がって2倍・・・いや5倍の楽しみなのです。
1198.JPG


★見て・・・・このボリューム
通常の蕎麦屋さんは上品というのかソバの量が少なくて不満足でしたが、この店へ来たらその価値観が変わります。
お蕎麦を思いっきり食べたいという人にはぴったりなお店ですよね。
1199.JPG


★かも南蛮タレ&かも肉
鴨の脂とソバのコンビネーションは何でこんなにすばらしいのでしょう。タレの表面には鴨肉独特の旨みを含んだ
脂がテカッています。
1200.JPG


★完食
美味しくいただきました。噂どおりのお味にあらためて日本そばの美味しさを再認識したのです。
1201.JPG


★ソバ湯〜
最後の1滴までソバを満喫しました。
1202.JPG


★ライダーたちの憩いの場
夏には多い北海道を旅するライダーたち・・・食通の彼らの憩いの場としてこれからも頑張っていただきたいのです。
1205.JPG


★画面右側がライダーさん達
この時期のいろんな場所でお会いするライダーさん、年齢は割りと高めで50代から60代が最近は多いみたい
です。そして、中間達と共に団体行動するみたいで、4.5人のグループをよく見かけます。
1186.JPG


★外の景色を見ながら
窓の外には夏の北海道そのものといったさわやかな空気が流れてま
すね。こんな光景を見ながら食べるのは幸せ感を感じます。
1192.JPG
 
| 北海道夫婦旅2015 | 08:16 | comments(2) | trackbacks(0) | -
けんたろうさま

お〜〜〜この蕎麦の量、素晴らしいです!
しかもこの見た目で、もう絶対に美味しいと分かる気が
艶があってよいお蕎麦ですね
そうなのですね、蕎麦の量が少ないのはどこの地域に限らずなのですね
私、東京へ越してくる以前はほとんど蕎麦屋へ入ったことがなくて
「うどん」の方が好みなのですが、東京の「うどん」は許容できず蕎麦屋に行くようになったのですが
蕎麦屋はお上品な量のところが多いのですね(涙)
| ハイチュウ | 2015/09/25 9:58 PM |
☆ハイチュウさま

蕎麦のボリューム・・・私の知ってる限りでは一般的には少なめ
でそれが上品だとされてるようですが、私には理解しがたい
のです。私の住む四国地方には、やはり香川県のような通称
うどん県に代表されるようにやはり麺類はうどん屋さんが主
流で、日本蕎麦はお店の数も少なく、あっても美味しいとい
われるお店では1人前を食べた後でも「何か食べたい」という
ほどのお上品な量なのです。

やはり食べ物はそれ相当なボリュームが肝心だと今回改めて
感じた次第です。このお店、その点でも合格点でした。
| ken-ta-ro | 2015/09/26 8:09 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1422
このページの先頭へ