CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< つるおか食堂 | main | 清香園 >>
元祖もつ鍋「博多屋本店」
『博多屋』さんでもつ鍋をテークアウトしました。

この店『博多屋』さんへはもう30年近く通ってまして、お店で宴会することも多いのではありますが、
我が家でみんなで鍋を囲みたいというときにはこの店で手軽にテークアウトするのです。

それではご覧下さい。



元祖もつ鍋・博多屋本店・・・・もつ鍋・その他居酒屋料理
■住所:松山市1番町1丁目2-3
■電話:089+-947-7277
■営業時間:17:00-24:00 ※電話予約は3時頃からOKです。
ホームページ:http://www.gm-hakataya.com/



★もつ鍋のもつ
見た目にも美しいもつ・・・・一般の方は見ただけではわからないでしょうが、私にはその美味しさが
よくわかるのです。
040.JPG


★スープ
スープというのか出汁というのか・・・このスープなしには博多屋のモツ鍋を語れません。これさえ
あれば、煮込みやラーメンなどが名人級で調理できますので”万能のだし”なのです。
041.JPG


★酢モツの材料
材料といっても、出来上がった酢モツに刻んだネギを振り掛けるだけ。
042.JPG


★にんにくと七味唐辛子
これももつ鍋には欠かせない材料です。
043.JPG


★開封””モツ登場
良質の脂分を身にまとったもつたち、1口にモツといっても「ホルモン」やハツ・センマイやミノ
なども入ってるのです。
045.JPG


★麺を3袋
こちらも博多から取り寄せられた中華風のちゃんぽん麺、これをケチってインスタントラーメンの
麺などを入れたりするとその麺の差にがっかりするのです。
039.JPG


★酢モツ:完成形
酢モツといってもあんまり酸っぱいわけではなく、むしろしょうゆ味がついた酒の肴ですね。
047.JPG

★もつ鍋・完成
出汁を暖めて、もつを煮込みその上に豆腐やキャベツ・ニラも投入して一気に完成です。
052.JPG


★アップ
どうです・・・・美味そうでしょう?ホルモンのプリプリ感がこの写真でもお分かりですよね。
054.JPG


★麺を投入
全員でもつ鍋を堪能した後は・・・ちゃんぽん麺を投入して〆のラーメンです。
058.JPG


★太目のチャンポン麺
ラーメンよりはかなり太いチャンポン麺、この麺にもつ鍋のスープがよく染み込んで、食べた全
員が笑顔になります。
062.JPG

★我が家自家製の「から揚げ竜田揚げ」
我が家の奥さんの手料理もずいぶん成長しました。やはり食道楽の旦那がいればその期待の
大きさに料理の腕も上がろうというもんです。※もつ鍋だけではというのでもう1品でした。
051.JPG

【博多屋さんのもつ鍋】
冬場にはこのモツ鍋暖まりますが、夏場にも体力回復には最高なのです。
クーラーの効いた部屋でにんにく・唐辛子の効いた暖かいもつ鍋をいただくと夏バテも吹っ飛び
風邪なんかも回復します。ただし、翌日はにんにくの食べすぎによる口臭にご注意くださいね。
 
| 美味しい居酒屋さん | 10:27 | comments(6) | trackbacks(0) | -
けんたろうさま

ネットでお取り寄せは今では一般的ですが
お店にお伺いして新鮮なモツやお野菜、そして旨味の凝縮したスープと購入
これは冷凍などで届くお取り寄せでは味わうことの出来ない贅沢ですね
まさにご自宅でお店の味が、お店で大勢でワイワイと楽しむのも捨てがたいのですが
ご自宅でじっくりと腰を据えてもまた格別ですね、すごく美味しそうです!
| ハイチュウ | 2016/03/21 5:31 PM |
☆ハイチュウさま

お店に訪問しての”お持ち帰り”こちらは安くすむし、大勢
で楽しむには最適なのです。バブル絶頂時代には松山にもた
くさんのもつ鍋屋さんが林立しましたが、それ以降もこうし
て頑張って繁盛してるのは、”良い味で良い素材でお求め易
い料金を貫いてる”のだと思うんです。
庶民の味方のお店は末永く続いていただきたいものですよね。
| ken-ta-ro | 2016/03/22 8:10 AM |
けんたろう さま

「もつ鍋」と言えば、やっぱり九州は博多名物ですね。
それを自宅で、奥様たちと一緒にいただいたのでしょう。
美味しいもつ鍋に、ビールも進む感じでしょうか。

〆はラーメンとは、これまた”ツウ”ですね。
身体も心もポッカポカ〜♪ みたいな・・・・
| ホノムボーイ | 2016/03/22 8:48 AM |
★ホノムボーイさま

”もつ鍋”私にとっては大好物な鍋で、九州の福岡出張など
ではよく食べたものです。松山でももつ鍋屋さんはありますが、私にはここ博多屋さんが1番のように思います。現在は
持ち帰りが多いので、家庭で家族で食べる機会も多く、私を
はじめ子供たちも大好物で、孫たちも好んで食べてくれます
。家族で鍋を囲むのは最高の時かも知れませんねぇ。
幸せの極地のような気がします、ありがたいことです。
| ken-ta-ro | 2016/03/22 9:20 AM |
けんたろう様へ、私は素人ですが、ホルモンが良い状態なのは判りますよ〜。(嫌みではありませんので、悪しからずです)
色も綺麗だし、プリップリなのが美味しそうですね。持ち帰り出来るのも魅力的ですよね。
観音寺市には、もつ鍋専門店がありません。あれば食べに行くのにな〜。
奥様の作った唐揚げも美味しそうです。食べてみたいです(笑)
| わたうさぎ | 2016/03/29 6:43 PM |
☆わたうさぎさま

ホルモンの良し悪しは、やはり見た目と食べたときの脂の加
減が良いものかどうか私も素人ですが理解できます。このお
店に通ってもう30年、通算すれば100回は越えてるでし
ょうね。
家族の要請で、冬には暖まろうと・・・夏には夏バテ克服しよう
なんて言い訳を考えて年中家族で食べてるようです。
奥さんの手造り鶏のから揚げ竜田揚げ風・・・・美味しいですよ。
| ken-ta-ro | 2016/03/30 8:17 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1485
このページの先頭へ