CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 篠崎畜産@伊予郡松前町 | main | イオン今治新都心オープン >>
井上徳太郎商店@松前町
私の住む愛媛感は海産物が豊かな土地です。
県内は瀬戸内海に面した場所が多く、その穏やかな海からその恩恵をえて新鮮な魚が
取れます。大きな魚はいませんが、小魚を中心に豊かな海が瀬戸内海なのです。

そんな松山近郊では海産物を干物にしたお店もたくさんあります。
松山市のお隣の伊予市では、マルトモ・ヤマキといった全国的に有名なかつお節の
メーカーがあり、その海産物の加工が盛んなのもこんな1面なのでしょうね。

そんな中、伊予市と松山市の中間にある松前(まさき)町の乾物のお店
『井上徳太郎商店』ご紹介します。場所は、先日ご紹介した篠崎畜産から20m
の位置にあります。


【井上徳太郎商店】・・・・・海産物(乾物の小売)
■住所:伊予郡松前町筒井1156(伊予鉄電車松前駅150m)
■電話:089-984-2055
■営業時間:9:00-18:00(たぶんこんな感じだと思います)
■駐車場:徒歩20mの場所に松前町商店街のPがあります。



★お店の外観
これは町営の駐車場からみたもの、最初はこの近くの篠崎畜産へ
行く途中に偶然に見かけて入りました。それ以来もう10年以上に
なるのかなぁ、通ってます。
028.JPG


★お店の前
この向こうは松前港です。海にも近く、この付近では潮の香りがします。
029.JPG

★お店の前の道
車の停まってるのが伊予鉄の松前駅、これからまっすぐ行くと愛媛県内最大のショッピング
センターのエミフル松前です。
030.JPG

★店頭
お店の前面の窓には「松前ちりめん」「瀬戸内いりこ」「周防大島産でびら」なんて書か
れてあり、そのPOPが乾物好きの私を誘うのです。
032.JPG


★店頭のディスプレー
さまざまな見本が並んでます。
033.JPG


★袋入りの商品
1個が350円、3個で1,000円・・・やはりどれか3つをチョイスして購入です。
038.JPG

★店内の様子
ここで製品を梱包したり、商品の仕分けをするのです。
039.JPG

★ちりめんじゃこの見本
産地や大きさによってさまざまな種類があります。
034.JPG

★私の好みはこのサイズ
あまり小さなものでなく、幾分大きめが歯ごたえがあって好みます。
035.JPG

★食べる煮干
こんなに大きくなれば「ちりめん」は飛び越えて「煮干」となるんでしょうね。これく
らいともなるとお吸い物の出汁に使用するんですね。
037.JPG

★3袋で1,000円
この3袋がこの日の1部、60歳を過ぎても自分の歯でこんな堅いのを食べれるのは幸せ
なことです。親に感謝ですよね。
040.JPG

★それと・・・スルメイカ
1,105円とうのはこの袋に6つも入ってるんです。夕方の晩酌には、これを焼いて醤油
とマヨネーズと七味唐辛子をミックスしたものを絡めれば幸せ感満載な時間を過ごし
ます。
041.JPG


★ちりめん200g
これで400円程度、当分朝ご飯のお供に重宝します。
042.JPG

 
| グルメ:テイクアウト | 09:13 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

もしかしたら・・・・
松山の街を離れ、新しく開業されたのかな?!
な〜んて思うほどの屋号でしょう。
苗字と名前、5文字ある中で4文字一緒なので
”親近感”も沸いてくる様な感じですね。(笑)

リーズナブルでしかも美味しい食材、やっぱり
いいなぁーと思ってしまいます。
| ホノムボーイ | 2016/05/11 12:25 PM |
★ホノムボーイさま

おっしゃるとおりですね。
井上健太郎VS井上徳太郎・・1字違いの兄さんがなんてい
っちゃいそうです。確かに親近感があり、ちょくちょくう
かがっていて重宝してます。
どこの街にもありそうな乾物屋さん、北海道なんかでもいろ
んなお店に立ち寄りますから、そんなに珍しくはないのです。
| ken-ta-ro | 2016/05/11 1:22 PM |
けんたろうさま

ちりめんじゃこだけでもこんなに種類が
さすが産地の種類が豊富ですね、あれもこれも食べてみたいです。(笑)
そして魅かれたのが「たこかま」、名前から察するにタコが入った蒲鉾なのでしょうか
練り物大好きとしては、気になってしかたがありません。
| ハイチュウ | 2016/05/11 5:32 PM |
☆ハイチュウさま

これで瀬戸内海がちりめんじゃこの原産地というのがお分か
りでしょうか?春から夏にかけて、瀬戸内海沿岸ではたくさ
んの種類のイワシの稚魚が獲れて、それを天日干しにしたも
のがこのちりめんじゃことしてご家庭で重宝されます。

※「たこかま」ですが、これは以前にも人からいただき今回
実際にはじめて購入して判明したのですが、じ・つ・は・・・・
この原材料はタラでして、鱈の身を粉砕して板状にして乾か
して製品にしたものがこれだそうです。以前いただいたとき
には「美味いなぁ」なんて味わってましたが、この現実を知
ってがっくりしたのです。本物のタコのかまぼこなら良かっ
たのにね・・・・・ごめんなさい、夢を奪ってしまって・・・・。
| ken-ta-ro | 2016/05/12 8:27 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1504
このページの先頭へ