CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 博多屋「もつ鍋」 | main | レストラン野咲「から揚げ」 >>
レスト喫茶「クレピス」のランチ

土曜日のお昼ごはん・・・・私の場合は大好きなお好み焼きのテークアウト

が多いのですが、この日は娘が孫たちを連れて遊びに来てたので外食に出かけます。

 

何を食べるかって言うと・・・・大好きな洋食なのです。洋食といってもさまざまな種類

がありますが、私の好みは昔ながらの洋食なのであります。昨今はイタリアンやフレ

ンチなどという専門店もありますが、あくまでも好みは昔ながらの洋食なのです。

 

そんなお店・・・『レスト喫茶・クレピス』さんにうかがいます。

 

 

【クレピス】・・・・洋食のランチ店

■住所:松山市空港通6-11-2(旧空港通り沿い、済美平成中学となり)

■電話:089-971-2995

■営業時間:8:00-23:00 ■定休日:なし

※ここクレピスは、市内中心部にあるあの有名洋食店「レストラン野咲」の兄弟

方が経営されてるようで、メニューや金額もほとんど同様です。

 

 

 

☆いつも混んでる空港通り

この道路が出来てもう45年、昔は広かった道路が最近は大混雑。さまざまな会社が集合してるこの

空港通り、これ以上の混雑はないかも。

099.JPG

 

 

☆そんな空港道路沿いにあります。

さまざまな会社が集まってるこの通り、お客さんもここに存在する方々が多いのでしょうね

101.JPG

 

 

☆今どき珍しいガラスのショーケース

食品のサンプルが入ったガラスのケース、今どきは少なくなりましたがこんなのがあればイメージ

がわいてきますよね。このケースも、あのレストラン野咲と同じ。

103.JPG

 

 

☆美味しそう

サンプルですが、よく出来てます、ごくん。

105.JPG

 

 

☆メニュー

ランチや定食、1品料理やカレー・スパゲッティなどたくさんの種類が・・・。

106.JPG

 

 

☆ランチの種類

1コイン500円のクレピスランチからスペシャルの730円まで4種類

107.JPG

 

 

☆ドリンク系メニュー

やはりレスト&喫茶ですからドリンクやパフェ・サンデーなどもあるのです。

108.JPG

 

 

昔ながらの喫茶風

懐かしい情景です。

109.JPG

 

 

☆テーブル&イス

こちらも昔懐かしの喫茶店そのもの、我々世代には懐かしい空間です。

111.JPG

 

 

☆クレピスランチ:500円

レストラン野咲も「のさきランチ」というのがありますが、それとすごく似てます。また、お値段も

1コインの500円という破格値、これは庶民には優しいお値段とクオリティですね。

(中身はトンカツ・クリームコロッケ・ハム・ナポリタン・キャベツの千切り)

112.JPG

 

 

☆クレピスランチ・全部

ライスとおかずの全景、サラリーマンなどには非常に好まれそうな質・量・お値段、これで500円

113.JPG

 

 

☆特製ランチ:700円

こちらも野咲さんと同じような「特製ランチ」

中身は、ハンバーグにエビフライ・そしてオムレツ・ナポリタン・サラダ

116.JPG

 

 

☆スペシャルランチ:730円

こちらも野咲と同じネーミングの「スペシャルランチ」中身は、チキンカツ・魚と海老のフリッター

(洋風テンプラ)・ポークピカタ(豚肉を卵の衣で揚げたもの)です。

118.JPG

 

 

☆スペシャルを反対側から見る

おなかが空いてたら、こんな光景はたまりません。

120.JPG

 

 

☆〆のフルーツパフェ:600円

このお店はレストランではなく「レストラン&喫茶」です

から昔ながらのパフェいただいちゃいました。

122.JPG

 

 

ちなみにこちらは姉妹店の『レストラン野咲』さんの写真。

ご覧下さい。

 

 

レストラン野咲のスペシャルランチ:690円

先ほどのクレピスさんのと比較すれば同じようなのですが、少しづつ違うのです。

野咲:付け合せ(キャベツ千切り・レタス・みかん・マカロニスパ)

クレピス:付け合せ(キャベツ千切り・キュウリ・ナポリタンスパ・トマト・レモン)

045.JPG

 

 

☆お値段も:野咲のランチメニュー

クレピス・野咲ともお店の名前のついた○○ランチは500円で同じなのですが、特製・スぺシャルは

野咲が680円・690円に対してクレピスさんは700円.730円と少しお高いのです。

043.JPG

 

【頑張って残ってほしい洋食の店】

松山地方でもこのような「洋食の店」が減ってます。我々世代にとっては、幼いころからの憧れの存在

であった「洋食」、こんなメニューが日常の家庭でいただける和食と比較して外食の典型であったわけ

です。いつまでも憧れの洋食のお店、頑張っていただきたいです。

レストラン野咲とレスト喫茶クレピス、兄弟が経営されるお店で同じようなメニューなのですが、今回

お邪魔してお味のほうはまったく違うというのに驚きでした。

それぞれのよさを残しつつ、がんばれ・・・頑張れ。

 

| 洋食の店 | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1578
このページの先頭へ