CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 久万の紅葉が見ごろ | main | 和酔食菜ken >>
吉野家菓子舗@久万高原町

カステラ・・・・・これをお菓子というのかスイーツというのかはわかりませんが、

久万高原町に住む方からいただいて美味しかったので、場所を聞いてお店にうかがいます。

 

【2つもゴルフ場がある久万高原町】

久万高原町は、松山から車で約40分にある四国山脈の中の高原の町、高速道路が出来る前は高知県

へはここ久万高原町を通っていってましたが、約20年ほど前に四国4県を結ぶ高速道路が全線開

通し、最近はそちらで行くことが多くなり、久万町へは夏場のゴルフに涼しいという理由でうかが

らいになったのです。ここ久万高原町にも久万CCと高原ゴルフクラブという2つものゴルフ場があ

ります。夏場には松山市内と比べても5度くらい涼しいですから仲間とのプレーもここでする機会が

多いのです。

 

そんな久万高原町にある『吉野家』さんにうかがいます。

吉野家といえば全国的には牛丼の店なのですが、この久万町にあるのは『吉野家菓子舗』

ですから同じ名前でもえらい違い・・・・。

 

ご覧下さい。

 

 

 

【吉野家菓子舗】

■住所:久万高原町久万166-1(R33号線に平行して走る旧道沿い)

■電話:0892-21-2138

■営業時間:8:00-20:00 ■定休日:3のつく日(3日・13日・23日)

 

 

 

☆お店の外観

このお店は、先代のご主人が長崎でお菓子の製造の修行をされていて、その後奥さんの出身地のここ

久万高原町へ戻りお菓子屋さんを操業したのが始まりだとか。現在は2代目のご夫婦が切り盛りして

ます。

054.JPG

 

 

 

☆カステラの展示

カステラが本数別に売られています。箱入りの1本が1,000円、1.5本が1,500円、3本が3,000円です。

これは箱入りの値段でして、箱なしのものは1本が800円ですからケチな私はそれを4本購入しました。

061.JPG

 

 

☆箱なしのカステラ:800円

箱なしといってもきれいにセロファンに包まれてますから・・お土産としてもこれで十分です。

※あと・・・カステラ1本を買うたびに「カステラの端っこ」を1つ無料でいただけます。サランラップに

包まれた手作りのこれを帰りの車の中でいただきますが、やはり美味しく帰って2.3切れいただくのが

待ち遠しいのです。

056.JPG

 

 

☆くり饅頭

1ヶ80円、これも買って帰りましたがなかなか美味しいものでした。

062.JPG

 

 

☆ロシア好み

こちらは表面が少し硬いマカロンのような口当たりでしたが、なかなかユニークな1品でした。

しかし、ロシヤ好みなんてネーミングはオシャレです。

063.JPG

 

 

これがすべて

060.JPG

 

 

さまざまな額や賞状が

店内にはさまざまなコンクールで受賞された額や表彰状が並んでました。

064.JPG

 

 

☆ラップに包まれたカステラ?

これはというと・・・・おまけの品、カステラの外側の切れ端をこのようにラップに包んで「お食べくださ

い」といってカステラを買ったお客さんに提供されます。切れ端といってもれっきとしたカステラ、

道中で食べつくすのは当たり前です。

183.JPG

 

 

しっとりとしたカステラ

185.JPG

 

 

☆1口大にカットされ

昔ながらのカステラ、しっとりとして食べやすいものです。甘いもの好きな私にはたまりません。

187.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| スイ−ツのお店 | 08:20 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

私にとって”カステラ”は、スイーツだと思っています。
スイーツと言っても、「スイーツの王様」みたいな・・・・
一度で良いので、お腹が壊れるぐらいに食べたいと思っています。

「内蔵脂肪一掃セール」は、それが終わってからでも良いかも!?
| ホノムボーイ | 2016/11/21 10:37 AM |
★ホノムボーイさま

カステラ・・・・なかなか自分で購入するのは少ないのですが、
たまに気に入って買うと美味しいですね。カステラといえば
長崎が本場ですが、この店吉野家さんのご主人はその長崎出
身のお菓子職人で、ここ久万高原町出身の奥様と出会いこの
地で創業したそうです。
カステラの1本食い・・・・それくらいお腹いっぱいになるくらい
食べれば幸せですかね?それとも嫌いになるかも・・・ですね。
| ken-ta-ro | 2016/11/21 10:57 AM |
けんたろうさま

いいですね、老舗が今もちゃんと引き継がれているのですね
しかも色々と手を出さずに、大切に守り続けられているのでしょうね
栗饅頭にとても魅かれました。大好きなもので(笑)
ロシア好み、命名の仕方がへぇ〜です。
どんな謂れでつけられたのでしょう、気になります。
| ハイチュウ | 2016/11/21 3:33 PM |
☆ハイチュウさま

こんなお店が人口1万人もいないような過疎地で生き残ってる
んです。かつては林業で栄えたくさんの人々でにぎわった時
代もあったそうですが、やはり皆さん都会へ出て行かれるん
ですね。
甘いもの基本的に好きですから、こんなお店も私の1本ずつの
カステラ購入から支えられたらと思っております。
| ken-ta-ro | 2016/11/22 8:10 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1617
このページの先頭へ