CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 松山英樹感謝の集い | main | 年越しうどん「白石うどん」@大洲 >>
明星一平ちゃん:ショートケーキ味

私の場合はさまざまな分野の方との交友があり、私が好奇心があり食べるのが大好きという

のでいろんないただき物をちょうだいします。

 

今回ご紹介する”いただきもの”は、な・な・なんと・・・・あの有名なインスタント焼きそばの

『明星焼きそば一平ちゃんのショートケーキ味』です。

 

焼きそばにその味付けがショートケーキ?・・・まぁいったいどんなものかチャレンジします。

ご覧下さい。

 

 

★限定品:明星一平ちゃんショートケーキ味

まぁ焼きそばとは違って華やかな色彩のショートケーキ味。さてお湯をかけて3分待ちます。

060.JPG

 

 

★POPのアップ

バニラ風味マヨとか彩りシュガーと甘ずっぱーいいちごとコロコロぐると入り・・・・意味がわかり

ません。

062.JPG

 

 

★トッピングのアップ写真

はたしてお菓子なのか、焼きそばなのか正体が不明です。

063.JPG

 

 

★ソースを麺の上にかけます

通常の焼きそばのソースよりも薄そうな色のソースでした。

064.JPG

 

 

★バニラ風味のマヨネーズ?をかけます

バニラ風味のマヨネーズって?マヨネーズはマヨネーズで、バニラ味は想像がつきません。

まぁ食べた結果としては、ショートケーキの周辺に塗られてるホイップクリーム味そのものですね。

065.JPG

 

 

★最後にいちごの具をのせて完成

見た目は美しいスイーツです。さて、いただきましょうね。

067.JPG

 

 

麺と共に具のいちごも一緒にいただきます。

さてと・・・・これはスイーツなのか焼きそばなのかといえば・・・・スイーツでした。

069.JPG

 

【明星焼きそば一平ちゃんのショートケーキ味の感想】

私は焼きそばやお好み焼きのようにソースの風味の良いものは食べ物としては全般的には大好きで

"最後の晩餐はお好み焼き”と公言するほど好きです。また、お酒もたしなみますが、甘いものも好

きで、食後には和風洋風なスイーツも大好きなので今回のいただき物も楽しみでした。

 

が、しかし・・・いただいた方は40代後半の女性で、スポーツクラブのトレーニング仲間なのですが、

彼女いわく・・・面白そうだから12ヶネットで買って、食べたんけどまぁまぁいけるというので私も

1ヶいただきました。彼女は、みたらし団子も甘くて炭水化物がベースだから・・・と言われました。

 

ですがね・・・・やはり焼きそばは焼きそばで、ショートケーキがショートケーキでいただきたいとい

うのが結論でした。読者の皆さんにはあまりお奨めできませんが、チャレンジャーの方はお試しい

ただきたい1品です。

 

 

| スゥイ−ツのお店 | 08:42 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

素晴らしい焼きそばに、チャレンジされましたね!
「ショートケーキ味」とは、何となく解る様で〜
全く分からないかもしれません。
”百聞は一見にしかず”ならぬ、「一食に・・・」でしょう。
北海道でも以前に、「ジンギスカン・キャラメル」が
販売されていました。
一度食べましたが、二度は食べたくないなぁ〜と思ったり。(笑)
| ホノムボーイ | 2016/12/27 9:25 AM |
★ホノムボーイさま

食べ物は正統派がいいですね。
たまにこんなのをいただくこともチャレンジャーとしてはい
いのでしょうが、やはり焼きそばは焼きそば、そしてショー
トケーキはショートケーキでいただくのが1番だとつくづく実
感しました。まさにもう2度目は勘弁です。
| ken-ta-ro | 2016/12/27 11:03 AM |
けんたろうさま

えーーー一平ちゃんにイチゴとバニラ味のソースとは・・・
元々甘いのが苦手な私はただただ絶句です。
きっと美味しいかどうかより、その遊び心を楽しめればいいのでしょうね
それにしても、せっかくだからとチャレンジされるけんたろうさまはお優しいです。
| ハイチュウ | 2016/12/27 12:25 PM |
☆ハイチュウさま

遊び心・・・・・人間には必要かもしれませんが、こと食べ物に関
してはあまり遊びすぎは良くはありません。確かに食べ物の
豊かな時代、各メーカーさんは他の会社との競争でさまざま
なものを開発するのはいいとしても、これはいただけません
でした。・
残念ですが、次回もチャレンジはします・・・クシュン(涙)
| ken-ta-ro | 2016/12/27 3:02 PM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1634
このページの先頭へ