CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 北京飯店:松山市北条の中華繁盛店 | main | 北海道へ行くぞ:2017 >>
「長城」あの中華の名店が閉店

中華料理のお店、庶民的でボリュームもあり季節毎の材料で我々を楽しませてくれます。

 

そんな中華料理のお店、松山市にもかなりたくさんの中華の名店があろうかと思いますが

、あくまでも個人的な意見ではここ『長城』さんは松山でも3本の指に入る名店です。

そんな中華の名店の長城さんが諸所の事情により先月閉店しました。

閉店前に最後にうかがった様子をご覧下さい。

 

 

 

 

☆お店の前は長蛇の列

我々は、事前に予約してた関係でスムーズに入店できましたが、予約無しの方は1時間以上待

って最後の長城の料理を楽しんでました。

109.JPG

 

 

☆この日の特別メニュー

その日に入荷された美味しい魚などが特別な調理方法で提供されるのもここ長城の特徴

中華料理店には珍しいお刺身などもあるんですよ。

113.JPG

 

 

☆キッチン脇にある豪勢な材料

客室からは調理場がオープンキッチンなので調理する様子や材料などが丸見え。

これって、調理などが丸見えですから腕前や段取りに自信のないお店では絶対無理でしょう

114.JPG

 

 

☆先付け

最初に提供されたのがこちらの3点、細麺のパスタサラダ・なすびの浅漬け・ごぼうの煮付け

115.JPG

 

 

☆ごぼうの煮付け
見た目よりはしっかりと味のついたごぼうの煮付け、隠し味の豆板醤が良い仕事を・・・。

116.JPG

 

 

☆なすびの浅漬け

こんなのって誰でも簡単にできそうですが、やはりプロの技が入ってます。

117.JPG

 

 

☆本日のお刺身盛り合わせ

タイにマグロに赤貝などの盛り合わせ、これで6人前ですが、お刺身ってのはこれくらいが

1番バランスのよいボリュ−ムですね。

119.JPG

 

 

☆ちまき

中においしい蒸されたご飯が入ってるんですね。

120.JPG

 

 

☆中の様子

モチッとした食感が抜群です。下味もついてるので旨みが口中に広がります。

121.JPG

 

 

☆ししゃも

何でししゃもかはわかりませんが、これは北海道で獲れる本当のシシャモですね。

124.JPG

 

 

☆お口直しのジャガイモのうま煮

125.JPG

 

 

☆中華の長城風スペアリブ

甘辛いタレが骨付きの肉に絡まってお酒が進みます。

127.JPG

 

 

☆オコゼの塩鍋

高級魚のオコゼを塩のみで炊き上げたオコゼ鍋、上品な白身が食欲を増進します。

128.JPG

 

 

☆塩鍋のタレ

この中華風タレを絡めると、抜群にパンチが効きます。

129.JPG

 

 

☆あわびのオイスターソース炒め

高級な厚みのあるアワビに旨みの含んだオイスターソースがまとわり・・・・・・最高

131.JPG

 

 

☆長城風・酢豚

最初にこの酢豚を食べた時には衝撃的でした。それまでの酢豚の概念を覆すようなお味

にこの店の大将の器の広さを感じました。

132.JPG

 

 

☆車えびの甘辛煮

揚げ具合といい下味の旨みといい、やはりさすがの調理ですね。

133.JPG

 

 

☆麻婆豆腐

パンチの効いた麻婆豆腐、最初はあまり感じませんが、食べすすめていくとそのうち

中国山椒の辛さが効いてきて、その辛さにお酒が進みます。

135.JPG

 

 

☆この日の酒

焼酎にウイスキー、そして山口県の銘酒のだっさい(字が変換できません)、しこたま

いただいちゃいました。

138.JPG

 

 

☆〆の塩天津飯

〆の1品としては食べすすめやすい「塩天津飯」スープにたくさんのカニの身が入り

おなかがいっぱいでもいくらでも入りそうな1品、抜群です。

139.JPG

 

 

☆オープンカウンターの様子

手前の丸刈りの方がお店のご主人、その仕事のさまはさすがの達人です。

141.JPG

 

【中華の名店『長城』の残念な閉店】

今までにもかなりの回数でお邪魔してきたここ長城さん、今回諸事情で閉店することに

なりましたが、今後はまた違う形で別の場所で生まれ変われるそうです。

また、お店がオープンするようになればこの味を求めて、松山の食通が通うこと間違い

なし、しばしお待ちください。新規開店するようになればまたレポートいたします。

今後の健闘を期待します。

 

 

| 中華料理 | 08:06 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

同じ閉店でも”惜しまれつつ〜”は、お店にとっても
良かったのかもしれませんね。
別の場所でオープンしたならば、またリピーターの
お客さん達で満席になることでしょう。
そんな日まで、暫しお別れみたいな・・・・
| ホノムボーイ | 2017/07/07 1:07 PM |
★ホノムボーイさま

このお店、美味しいので評判で今回は訳あって店を閉めるこ
ととなりました。まぁ事情はデリケートなことなので省略し
ますが、繁盛店でも店を閉めるという緊急事態、しかし、フ
ァンは良く知っていて、またオープンするようになれば行き
ますからねと足しげく閉店日まで長蛇の列でした。
次回またオープンするまで待ってます。
| ken-ta-ro | 2017/07/07 1:28 PM |
けんたろうさま

まあこんな見るからに美味しいお料理を出す、皆さまに愛されてきた名店が閉店に
それを聞きつけて、惜しまれて長蛇の列になったのも納得です。
お店の方もお客さんも馴染んだお店の閉店は悲しく辛いと想像しますが
場所を替えての復活があるとのこと、よかったです。
今から待ち遠しいですね!
| ハイチュウ | 2017/07/07 3:35 PM |
☆ハイチュウさま

中華料理の名店、この店がなくなるのは寂しいですが、いっ
たんは閉めて再度別の場所へオープンせせるというのでそれ
で納得しました。
繁盛店でも小さなトラブルがたくさんあるようで、惜しまれ
ながら店を閉めるのは不本意でしょうが、新たな出発へ頑張
っていただき、我々の胃袋をまた満足させていただきたいです。
| ken-ta-ro | 2017/07/10 8:35 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1753
このページの先頭へ