CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 北海道の夫婦旅20173日目の朝&ご飯 | main | 北海道の夫婦旅2017:鎧姐馥宗曽綫酊 >>
北海道の夫婦旅2017佳唸〜三国峠へ

2日間滞在した帯広を離れて今日は三国峠を超えて層雲峡から上川町の「大雪森のガーデン」

を目指して出発します。

 

【帯広〜旭川へ】

車で帯広から旭川へ行くのは2つのルートがあります。

1つは、今回のように帯広から真北方向の上士幌町を経由し、大雪山を横目に見て三国峠を超えて

層雲峡から上川町を通って旭川へ行くルート。

もう1つが、高速の道東道を西側の札幌方面へ進み、トマムか占冠PAsで下車し、一般道で富良野・

美瑛を経由して行くルートもあります。

 

このどちらをチョイスするのかは、目的場所へどの順序で行くのかがポイントで、今回は上川町の

ガーデンを目指すので三国峠を通過するルートを選びました。そして、この日のお昼ごはんに「大雪

森のガーデン」に隣接したあの有名シェフが経営する「レストラン・ミクニ」でランチをお昼の12

時に予約してる関係で、3時間かけて一般道をひた走ります。

 

そんな山間の緑豊かなドライブ・・・・・ご覧下さい。

 

 

 

☆十勝大橋

広大な大地の十勝平野、その真ん中を流れるのが十勝川。その川をこんな大きな橋が架かっていて、帯広

の住民を支えてます。

418.JPG

 

 

☆こがねむし不動産?

私も不動産業ですから、こんな看板には興味がありますが・・・・こがねむしとは・・・・なかなかやるのぅ!!

420.JPG

 

 

☆広いまっすぐな道

北海道の道は極端にまっすぐな道が多いのです。眠くならないように慎重な運転が必要

421.JPG

 

 

☆道路脇には田園風景が

この周辺は、十勝地方の中心部。道の両側には、緑のパッチワークが広がります。

423.JPG

 

 

☆交通量も少なく

快適なドライブが続きます。

424.JPG

 

 

☆道の上部にはこんな標識も

絶景の三国峠の写真付ガイドも

428.JPG

 

 

☆上士幌町周辺

このあたりにも道の駅が存在します。

429.JPG

 

 

☆ヒグマ注意

ではなく・・・・ヒグマ出没・・・・多発地帯・・・ですって。まぁこんな山間の森に入るということは、ヒグマ

の住処に立ち入るということですから・・・・止めましょうね。

430.JPG

 

 

☆旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋

これは、この付近を以前走っていた「旧の国鉄のコンクリート製の橋」の名残です。昭和62年に廃線

となり国道273号線沿いにもたまにこうして見えますが、森を抜けて歩いていくとさまざまな橋が現存

してるようです。鉄道マニアにはたまらない光景なんですって・・・。

431.JPG

 

 

☆温泉街

ここは、帯広から車で約1時間の場所にある糠平(ぬかびら)温泉街です。こんな場所へも次回は

滞在したいと思います。

433.JPG

 

 

☆本格的な山間へ

このあたりは標高が800mくらいはあるでしょうね。交通量もまばらで、周辺の緑も多く運転は

楽ですね。

435.JPG

 

 

☆なにやらバイク軍団が

夏の時期には数多いバイク軍団、さて彼らは何をしてるんでしょうか?

436.JPG

 

 

☆こんな絶景を写真に・・・・樹海の中のR273号線

ライダーたちは山の中の美しい橋を撮ってました。こんな大きな橋を建設するのも大変な苦労で

しょうね。しかし、山間の中にこんな大きな橋を作るのも大変な苦労だったに違いないですね。

438.JPG

 

 

☆橋の上から

こうして橋の上からみればそんなにスケール感は感じませんが

439.JPG

 

 

☆三国峠・・・標高1,139m(北海道の国道の標高1番の場所)

三国峠の三国とは・・・・・旧の地名で石狩・十勝・北見の3つの境界に位置することから「三国」とい

う名になったそうです。そして、この峠のトンネルが開通したことによって、北見方面から、帯

広方面から、旭川方面からのそれぞれの地点への交流が盛んになったそうです。

441.JPG

 

 

☆駐車場

各方面からの中間点、それだけにここでトイレ休憩などをする方も多いようです。

445.JPG

 

 

☆峠のカフェ

お土産物やカフエも併設されてます。

447.JPG

 

 

☆カフェからの眺め

標高も高く、涼しい爽やかな空気が流れてます。

448.JPG

 

 

☆三国トンネル

さぁここを超えて、旭川方面へ下っていきます。

451.JPG

 

 

 

 

 

| 2017北海道夫婦旅 | 08:26 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

「こがねむし不動産」とは、素晴らしいネーミングですね。
お隣に”たまむし不動産”が並んでいたら・・・・!?
そんな訳の分からない、連想をしてしまいました。(笑)
| ホノムボーイ | 2017/08/16 9:17 AM |
★ホノムボ−イさま

世の中、さまざまなユニークなネーミングがあるもんだと感
心しました。名前をチョイスするのもいろんな思いがあるん
でしょうが、こうろぎとかくつわむしなんかもよろしいかと・・・・(笑)
| ken-ta-ro | 2017/08/16 11:06 AM |
けんたろうさま

真直ぐな道に、雄大な眺め、ひぐま注意の看板などなど
普通にドライブしていてもそこかしこに北海道ならではが感じられますね
このカフェ素敵ですね、おトイレ休憩にと立ちよってこの眺めが見られたらもうそれだけで最高
嬉しくってお土産物も買ってしまうと思います。
| ハイチュウ | 2017/08/16 4:39 PM |
☆ハイチュウさま

この日は帯広から三国峠に向かってひたすら登る1時間、道路
の両側には北海道らしい光景が広がり、緑も豊かなので疲れ
ません。そして、北海道の国道の最高地点である三国峠へ来
れば遠くには十勝山脈が見えてそれは雄大です。
ここのカフェ、トイレ休憩にも良さそうな地点だし、お茶す
るのもこの景色を眺めながらですから美味しいに違いないの
です。
| ken-ta-ro | 2017/08/17 7:57 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1777
このページの先頭へ