CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 北海道夫婦旅2017:神秘的な「青い池」 | main | 北海道夫婦旅2017:バローレ:ランチの内容 >>
北海道夫婦旅2017:美瑛の超人気店・バローレ

朝早くからさまざまなガーデン巡りをした北海道旅4日目のこの日。

時間もお昼を過ぎお腹も減りました。この日もずいぶん前から予約していたレストランへうかがいます。

 

ここ美瑛地区は町全体に田園風景が拡がり、かつ小高い丘などもたくさんあるのでその高低差により

さまざまな自然の畑などが色とりどりの原風景を見せてくれて、という

表現が実によく似合う場所なのです。

 

そんな田園の中にひっそりとたたずむレストランへ向かいます。

イタリアンレストランの『バローレ』さんです。

 

 

【バローレ】・・・・イタリアン

■住所:北海道上川郡美瑛町美沢共生

■電話:0166-92-2210

■営業時間:11:30-15:00、18:00-22:00 ■定休日:木曜

 

※予約方法:行きたい日の1ヶ月前から予約可、電話のみで夏場は込み合うので早めに予約すると良い

※私の場合・・・・7月17日の3連休の最終日に行きたかったので、ちょうど1ヶ月前の6月17日に予約、

この日の予約開始の午前9時に最初の電話を掛け始め、延々と話中が続く中・・・数十回いや百数十回

くらいリダイヤルでかけ続け、約1時間後の午前10時頃にやっとつながり、1ヵ月後の予約が完了

したという大変な思いをしました。

 

 

 

☆道路沿いの小さな看板

こちらは、美瑛市内から白金温泉・青い池方面への道路沿いにある看板というのか目印のモニュメント、

高さにして約1.2mくらいの小さな石積みのアルファベットのVのロゴ(VALOREですから)だけ、

こんなのは最初に行く人間にとっては通常の時速60kmくらいで道路を通行するわけですから、まずこの

標識は1度では見つかりっこないのです。※私の場合も、行き過ぎてからなんとなくわかりました。これも

事前にこんな標識があるとわかってこの程度ですから、先入観がなければ何度でも迷うことしかり・・・・。

2233.JPG

 

 

☆進入看板に沿って道を進む

お店は、写真では木に囲まれた一帯の中にひっそりと存在してます。

2234.JPG

 

 

☆バローレさんの道から見た前面の畑

こんな田園風景のど・・・・・真ん中にお店はあるのです。

2236.JPG

 

 

☆お店の前の未舗装の道路

この道の突き当たりが美瑛市内から白金温泉へ向かう沿線道路への道、これって・・・あぜ道だって・・・・。

2237.JPG

 

 

☆バローレの建物外観

周囲には大きな木々が敷地を囲んでいます。何か特別感のある瀟洒な建物。

2238.JPG

 

 

☆お店の前の庭

建物の内部からはこんな風に見えます。

2239.JPG

 

 

☆建物の側面

こんな風に庭に向かって窓が広がります。これは、大自然を楽しみながら食事もというコンセプト。

2240.JPG

 

 

☆看板

シンプルな看板ですね。

2241.JPG

 

 

☆予約で満杯のコメント

やはり夏休み期間の3連休の最終日、当然のことのように予約で

満杯なんです。

2242.JPG

 

 

☆もう1度庭の方向を

2248.JPG

 

 

☆玄関からのお店への通路付近

ここから先の室内は基本的に写真撮影禁止です。

2243.JPG

 

 

☆我々の通されたテーブル

他の方とは違う個室のような場所に通されました。我々夫婦2人だけの様子で周囲の方々を気にしな

いスペースでGOODでした。

2244.JPG

 

 

☆テーブルセッティング

2245.JPG

 

 

☆トイレ内部

2250.JPG

 

 

☆細長い個性的なトイレ

いまだかつてこんな細長いトイレは初めてでした。

2253.JPG

 

| 2017北海道夫婦旅 | 09:18 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろうさま

なんと、レストランの予約を開始日の1ヵ月前から
しかも電話が繋がるまでに100回を越えるリダイヤルをだなんて
でもこの外観、このお庭、この内装、なるほど〜〜〜と
さてどんなお料理が、ワクワクします。
| ハイチュウ | 2017/09/12 3:28 PM |
けんたろう さま

まるで〜
「うなぎの寝床」みたいな、お手洗いですね。
そんなお手洗いに、感動を覚えちゃいました。(笑)

お料理の方も、素敵なものが・・・・!?
| ホノムボーイ | 2017/09/12 5:21 PM |
☆ハイチュウさま

このお店、事前のチェック(食べログのサイト)したところ
、評判も高くぜひうかがいたい思い1ヶ月前に予約しましたが、リダイヤルが百数十回くらいとは思いますがやっとつな
がり予約をしました。
また、お店には大きな目印はなく、小さなモニュメントのよ
うな標識だけ、まぁこんなのも隠れ家風でお店の特徴なのでしょうね。お料理は次回ご紹介します。
| ken-ta-ro | 2017/09/13 7:59 AM |
★ホノムボ−イさま

”うなぎの寝床”まさにその通りのおトイレでした。
入ると特に違和感もなく、まぁこれもお店の特徴かと納得し
たほどです。さて、肝心のお料理は・・・・・お楽しみに。
| ken-ta-ro | 2017/09/13 8:01 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1797
このページの先頭へ