CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 北海道夫婦旅2017:かなやま湖畔のあさ散歩 | main | 北海道夫婦旅2017:5日目の朝ごはん >>
北海道夫婦旅2017:ログハウス・ラーチ

南富良野町のかなやま湖、我々が宿泊した「かなやま湖保養センター」ともう1つ有名な施設があります。

その施設とは、ここ地元の南富良野町が経営する「ログハウスとログホテルのラーチ」です。

 

この施設は、有名旅行サイトの「じゃらん」で北海道で泊まりたいホテル癸になってます

し、私もいつか泊まりたい施設の1つです。まぁ大人数なら1棟貸しのログハウスが良いですし、少人数

ならログホテルが同じ建物の中にレストランがあるので天気の悪い時でも何かと便利です。この施設は、

ファミリーでの大人数なら良いんでしょうが、我々の北海道旅はいつも夫婦2人だけ、まぁ経済的にも夫婦

2人で1万円ちょっというので予算的にもいつも隣の「かなやま湖保養センター」に宿泊してるのです。

 

そんな”いつか泊まりたい”と願ってる・・・・夢の宿泊施設「ログハウス・ラーチ」の様子ご覧下さい。

 

 

【ログハウス・ラーチ】

■住所:南富良野町東鹿越(かなやま湖・湖畔)

■電話:0167-52-3100

■施設:ホテル本館:ツイン6室、トリプル3室、

■施設:ログハウスコテージ:9棟:5人用6棟、8人用3棟

 

そんな施設の様子・・・・ご覧下さい。

 

 

 

☆一般道からのアプローチ

ラーチの看板があり、ここから入ると夢のログハウス・・・・入場です。

2367.JPG

 

 

☆山の中にたたずむ「ログ・ホテルラーチ」

どこか・・・軽井沢のような高級別荘地に迷い込んだようなしっとりとしたたたずまい

2413.JPG

 

 

☆こちらはホテル棟

このホテルもログハウス風に建ってあり、まるで北欧の湖畔のホテルへ泊まってるような気分です。

2414.JPG

 

 

☆こちらは「ログハウス」

こんな棟が10ほどあり、ご家族単位で1棟借りて高原の休日を楽しんでるようです。

2415.JPG

 

 

☆こちらはレストラン棟

山小屋風なレストラン棟、全体が木で囲われて山間の風景にマッチしてます。南側に突き出てるデッキでは

屋外の空気を吸いながら快適なランチやお茶することも可能で、夜にはここでディナーが提供されるようで

す。次回には、ここで食事だけでもしたいと思ってます。

2416.JPG

 

 

☆レストランから見たログハウス

ログハウスからはなだらかな丘になっていて、隣接するレストランでの食事も可能です。

2420.JPG

 

 

☆ログハウスからのアプローチ

個室の棟からの専用のアプローチ、木製で柔らかい感じがなんともいえません。

2423.JPG

 

 

☆アクア:今回の足(レンタカー)

今回の4泊5日の旅で活躍したトヨタのアクア、走行性能も良く燃費はリッターあたり30kmと今回の

旅では燃料の補給も不要でした。やはり皆さんが好むのも判る気がします。

2424.JPG

 

 

☆ログハウス

やはりこんな棟には1度は宿泊してみたい気もします。

2426.JPG

 

 

☆別の棟

こんな風に別々に建てられてますので、プライベートは保てます。

2427.JPG

 

 

☆湖畔の高台にひっそり

こんなログハウスなら、見る夢も違ったりして・・・。

2428.JPG

 

 

☆車は横付け

たくさん荷物があってっも、車を横付けできますから安心

2429.JPG

 

 

☆ログホテル・ラーチのエントランス

ここで受付をして、ホテルやログハウスへのキーがもらえるようです。

2431.JPG

 

 

☆いい感じでしょう?

2432.JPG

| 2017北海道夫婦旅 | 08:29 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

都会の喧騒を離れ、緑豊かで〜
落ち着ける空間が広がっていますね。
ここならゆっくりと、身体いっぱいに・・・
パワーをチャージできることでしょう。
| ホノムボーイ | 2017/09/23 9:53 AM |
★ホノムボーイさま

ここ「ログホテル・ラーチ」さんはあの旅行雑誌やネットのじゃらんで行きたいホテルの北海道癸韻砲覆辰燭修Δ如△
の環境やたたずまいは他のホテルとは1味違うようです。
また、ここ南富良野町はあまりメジャ−な場所ではないけれど、1度行けば何度でも行きたくなる素敵な場所、ぜひうかがってかなやま湖畔のすばらしさを体感してくださいね。
| ke | 2017/09/23 10:55 AM |
けんたろうさま

なんと魅力的なお宿なのでしょう!
1に選ばれるのも納得、メジャーな場所でないからこその
のびのびとして、ゆうたりとした滞在が楽しめそうです。
レストラン棟が大きくて、これならお食事も安心ですね。
| ハイチュウ | 2017/09/23 5:06 PM |
☆ハイチュウさま

ステキなホテル・ログハウスでしょう?
ロケーションも湖畔に位置し、北欧のようなログハウスの作
りはここ北海道の自然にぴったりです。
過去にも、レストランのデッキでお茶しましたが、次回はデ
ィナーをいただいてみたいものです。
| ken-ta-ro | 2017/09/24 2:17 PM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1806
このページの先頭へ