CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 2017ハワイ旅:74:キアフナGC | main | H29愛媛チャンピオンゴルフ >>
2017ハワイ旅:75:ガーデン・アイランド・バーベキュー

2017年カウアイ島もすでに3日目の夜、この日は朝早くからカウアイ島の西部のワイメア渓谷へ行き

、その後は古き良き街並みを残すハナペペ・タウンで買い物をしたり町を歩いて楽しみました。

その後は、ポイプの街へ戻ってここカウアイ島発祥の有名なバーガー「プカ・ドッグ」を食べた後に

「マクブライド・ガーデン」で庭の散策を楽しみ、夕方リフェのホテルへ戻り夕食へ出かけました。

 

この日の夕食は、中華料理の有名店の『ガーデン・アイランド・イン』です。

ご覧下さい。

 

 

【ガ−デン・アイランド・イン・バーベキュー・レストラン】・・・・・中華料理

■住所:425 Lice St.Lihue

■電話:808-245-8868

■営業時間:10:00-21:00 ■休日:日

 

 

☆お店の外観

いかにもアメリカにある中国料理のお店ってな感じですね。しかし、ハワイなどのお店は、外から中の

様子が見えないくらいの濃い目のガラスですから、こんなのが慣れない一元客には入りにくいのです。

002.JPG

 

 

☆お店の内部

夕方の繁忙期ですから、数多くの地元らしいお客さんが楽しそうに食事をしてます。

003.JPG

 

 

☆メニュー

005.JPG

 

 

☆ランチ&ディナーメニュー

006.JPG

 

 

☆スープや鶏料理

007.JPG

 

 

☆牛肉・豚料理・シーフードなどなど

008.JPG

 

 

☆サンドイッチやドリンク系

010.JPG

 

 

☆そして・・・・その・・・チャーハン

これで1人前、日本の通常の2倍はあろうかというボリューム。これなら、体育会系の男性ならちょうどい

いボリュ−ムですけど、日本人の60歳を過ぎたカップルには多すぎます。肝心のお味の方は抜群で、外国

の料理などに飽きた日本人には懐かしいお味に納得でした。

011.JPG

 

 

☆シーフード焼きそば

細めの麺が絡んだシーフード餡かけの焼きそば、たっぷりのシーフードに旨みたっぷりの餡も美味しくて

納得の1品でした。

012.JPG

 

 

☆酢豚:英語では「スゥイート・サワー・ポーク」

日本のものと同様に酢豚の餡も美味しくて、がんばって食べすすめましたが完食は果たせませんでした。

013.JPG

 

 

☆お店の前のライス・ストリート

カウアイ島のダウンタウンというのか、古き良きリフェの中心地のライス・ストリート。この付近には

いまだに日本の面影が残ってます。前のビルの名前は「ヨネジ・ビル」といいますから、たぶん日系人

が所有してるんでしょうね。

014.JPG

 

 

☆マサ寿し

ここライスストリートでは有名な日本人の板前さんが包丁をにぎる「マサ寿し」、ここへは来年の2月に

うかがっておいしい寿しを堪能したいと思ってます。私のブログ仲間のハイチュウさんお奨めの寿し店

001.JPG

 

 

☆同じくライス・ストリート

015.JPG

 

| 2017ハワイ旅 | 08:20 | comments(2) | trackbacks(0) | -
けんたろうさま

わあ〜〜3品ですか、それは確かに多い!
すごいボリュームですよね、個人的には好きなお店なのですが
なぜか夫が「普通だからパス」と言って避けるのです。(涙)
美味しいと思うのに、ボリュームあるのになぜ?意味不明です。
けんたろうさまのご紹介記事を読んでいたら、たまらなく行きたくなりました。
何とか夫も説得しなくては!
| ハイチュウ | 2017/11/10 4:36 PM |
☆ハイチュウさま

そうです、ご主人のおっしゃる通りに”普通の店”です。
が・・・・・しかし、お味良し・雰囲気も大好き・お値段も良心的
でしたからまたうかがいたい中華のお店となりました。
やはり外国では変な日本料理よりも、中華やベトナム・イタ
リアンなどが我々日本人が普段食べてるのとさほど変わりなく、ストレスフリーでいただけちゃいますね。
| ken-ta-ro | 2017/11/11 8:26 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1830
このページの先頭へ