CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 2017ハワイ旅:87:ハナレイ・センター | main | 高知遠征漁師料理『明神丸』 >>
高知遠征:カシオ・ワールド・オープン

ジャパンゴルフツアーの終盤戦、カシオ・ワールド・オープンへ行ってきました。

 

私自身はゴルフのプレーを楽しむのは大好きですが、プロツアーの観戦というのはあまり興味もなく

今まではもっぱらTVでの観戦が主でしたが、今年はこのツアーの入場券をいただいたものですから

仲間4人と高知の黒潮まで1泊2日で行ってきました。

 

その様子、ご覧下さい。

 

 

 

☆高速道路

四国にも高速道路はあります。それでも、四国全土に開通したのは今から約20年ほど前、それ以前は

一般道を走って高知や徳島・香川県へと4.5時間もかけて走ったものです。

001.JPG

 

 

☆高知道・徳島道との分かれ目

ちょうど四国の中心部にある四国中央市に分岐地点はあり、ここから高知や徳島へと分岐してます。

ここで間違えれば、当分の間降り口もないので注意が必要です。

004.JPG

 

 

☆ガスが発生

山間の部分にはガスが発生してます。

006.JPG

 

 

☆こうしてみればガスもおつなものです

007.JPG

 

 

☆トイレ休憩

高知の手前にある大豊町の立川PAで休憩します。

009.JPG

 

 

☆紅葉がきれいです

この時期には、山間のPAでは紅葉が美しく癒されますね。

010.JPG

 

 

☆霧もいいですね

012.JPG

 

 

☆南国ICへ到着

松山~約1時間半、高知の入口の南国ICへ到着です。ここから会場までは約30分

014.JPG

 

 

☆一般客用の駐車場

ここでバスにのりかえて会場へ向かいます。

015.JPG

 

 

☆この日は日曜日

たくさんの車が集まってます。

018.JPG

 

 

☆入場券

やはりカシオ所属の石川僚君がメインです。

019.JPG

 

 

☆会場の黒潮CCへ到着

021.JPG

 

 

☆高知県のゆるきゃら竜馬君だそうです

022.JPG

 

 

☆石川僚君

スタート前の練習場で石川僚君がアプローチしてました。アメリカツアーのシード権を失い、調子はあま

り良くないのですが、会場での人気は抜群のものがありました。

024.JPG

 

 

☆グッズやドリンク売り場

026.JPG

 

 

☆3日目までトップの時松選手

24歳の若者の時松選手、昨年1勝をしており現在調子は良さそうです。

030.JPG

 

 

☆TV解説者のお二人

左側が宮瀬選手、そして右側の方がメイン解説者の加瀬英樹選手です。

035.JPG

 

 

☆岩田寛選手

こちらもアメリカのツアーに参戦していた岩田選手、彼もシード権を失い日本国内で戦ってます。
036.JPG

 

 

☆最終日のスタート時の成績

040.JPG

 

 

☆すません・・・・僚君のキャディ

042.JPG

 

 

☆そろそろスタート

048.JPG

 

 

☆ギャラリーもたくさん

やはり四国で最大のゴルフツアーですから、各地からゴルフ好きが集まってます。

050.JPG

 

 

☆この試合まで賞金トップの小平智選手

現在は引退した女子プロの古閑美保さんのご主人の小平選手、まだ27歳と若いので世界を目指して

がんばってほしいですね。

053.JPG

 

 

☆宮里優作選手

今期日本の男子ツアーでの賞金王になった宮里選手、遅咲きですが嬉しい賞金王おめでとうござい

ます。妹の藍ちゃんが引退した今年、やっと芽が出ましたね。

056.JPG

 

 

| ゴルフ/お楽しみ | 11:07 | comments(2) | trackbacks(0) | -
けんたろうさま

ご自身のプレーでなくプロツアー観戦は珍しいと思ったら
なるほど入場券を下さった方が、それは無駄には出来ませんね
私などでも知っているプロの方が沢山、素人はそれだけでワーキャーになりそうですが
さすがけんたろうさまの見る目は違いますね。
| ハイチュウ | 2017/12/09 5:29 PM |
☆ハイチュウさま

久しぶりのプロのトーナメント、しかしやはり日本のツアー
の選手層はまだまだ薄く、やはり松山君のようなスーパー
スターが不在の時にはやはり迫力不足は否めません。
しかし、現実では我々も今回の舞台の黒潮CCは何度かプレ
ーした経験もありますが、同じコースでの1流プロの飛距離
や正確さは格段ですね。
| ken-ta-ro | 2017/12/11 8:11 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1845
このページの先頭へ