CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 高知遠征:カシオ・ワールド・オープン | main | 高知遠征ひろめ市場 >>
高知遠征漁師料理『明神丸』

男子プロのカシオ・ワールド・オープン観戦に高知県まで遠征したこの日。

 

ツアーは午前中は曇り空の中で前半戦のハーフラウンドを観戦しましたが、お昼過ぎに雨模様になり

傘や合羽などの雨対策をしていなくて、お昼すぎにコースを後にし高知市内のホテルへチェックイン

して、近くの温泉で冷えた身体を暖めてホテルで後半戦の優勝争いを部屋の中でビール片手に観戦し

ました。寒い外で冷えて疲れた身体が暖まった状態でのアルコールの摂取ですから・・・・当然ウトウト

しながらのTVですから内容はよく覚えていません。まぁ結果は、逆転で韓国の選手が優勝し、石川

僚くんは追い上げて2位に入賞し、久々の存在感を示しました。

 

そして、この日は1泊して高知市内で美味しいかつおのたたきをいただくべく有名なお店を予約済み。

そんなお店の様子をご覧下さい。

 

 

【漁師料理:明神丸】

■住所:高知市本町1-1-2(R32号線沿い)

■電話:088-820-6505

■営業時間:17:00-23:30 ■年中無休

 

 

 

☆午後6時

お店の外観です。夕方6時ともなるとこの時期はあたりは真っ暗

、ホテルから歩いて3分ですからちょうどいい店をゲットしたも

のです。

078.JPG

 

 

☆正面玄関

こちらがお店の入口、このガラスの部分でかつおのたたきを燻して作成するのですから、迫力は満点

です。

079.JPG

 

 

☆お店のメニュー

081.JPG

 

 

☆お通しのちりめんじゃこのダイコン合え

最初の1口は、こんな軽いのが良いですね。

085.JPG

 

 

☆ビールで乾杯

やはり最初の1杯は年中これですね。

092.JPG

 

 

☆そして日本酒も

高知には美味しい日本酒もたくさんあり、この日は寒かったから日本酒のお燗が最高です。この夜は

高知産の「土佐鶴」にて暖まりました。

093.JPG

 

 

☆高知名物:かつおのたたき

タタキは、ポン酢タレで浸してあるものと、最近は炙ったものを塩で絡めた塩タタキも有名です。

こちらのメニューは、「かつお塩・タレの盛り合わせ」この食べ比べできるメニューが最高です。

このあと、塩タタキがあまりにも美味しかったため・・・・お代わりをいただいちゃいました。

※画面左が「塩タタキ」右側の器に入ったのが「塩タタキ」です。

095.JPG

 

 

☆四万十川の青のり天ぷら

こちらは、四万十川で採れた川海苔を揚げて食べるものですが、海苔の風味が1口含んだだけ口いっぱい

広がる1品でした。

100.JPG

 

 

☆清水さばのお刺身

高知県の西の端の土佐清水市で獲れた新鮮なサバの刺身、コリッコリとした食感が最高でした。

102.JPG

 

 

☆長太郎貝のバター焼き

長太郎貝とは、我々の住む愛媛県では「ヒオウギ貝」と呼ばれてるもの。帆立貝のような2枚貝で

焼いたりすれば香ばしくっていいのです。

105.JPG

 

 

☆イカの1夜干し

太平洋沿いの高知県ではイカもよく取れます。酒のあてには「イカの1夜干し」これは欠かせませんね。

109.JPG

 

 

☆メヒカリの塩焼き

高知県沿岸で獲れる「メヒカリ」という深海魚の塩焼き、これが酒の肴に最高です。

104.JPG

 

 

☆メヒカリのテンプラ

フワッとした柔らかさがまたまた酒にはよくあいます。

110.JPG

 

 

☆土佐次郎の手羽先

高知県産の地鶏の土佐次郎、この鶏肉の旨みは最高です。

112.JPG

 

 

☆塩にぎり

シンプルな塩のみのおにぎり、居酒屋などでは〆には良いですね。

114.JPG

 

 

☆土佐巻き

土佐巻きとは、かつおの身を具に寿司に巻いたものですが、普通の巻き寿司と違うのは調味料ににんに

くが挟まれてるところ。このニンニクの風味がなんともいえず最高のアクセントなのです。

117.JPG

 

 

☆サバの棒寿司

厚めのサバの身がそれはそれは食欲を増しますね。

118.JPG

 

 

| 旅行/その他 | 09:09 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

何と言っても〜「土佐の鰹」が、めちゃ旨そうですね。
師走になり、熱燗が嬉しい季節になりました。
美味しいご当地物と、美味しい地酒・・・・
この上ない贅沢の極みでしょう!!!
| ホノムボーイ | 2017/12/11 11:47 AM |
★ホノムボーイさま

私の住む四国地方にもおいしいものがたくさん。

高知県は今回ご紹介したカツオのタタキ、そして香川県はう
どんや鳥の足、徳島県はすだちでや徳島うどん、そして私の
いる愛媛県はみかんや鯛が有名で全国各地へ出荷してます。
寒い季節、美味しいものも変化して寒いながらにいただける
ものがあり、四季のある日本もまんざら捨てたもんじゃない
ですね。
| ken-ta-ro | 2017/12/11 2:28 PM |
けんたろさま

ポスターのインパクトからして強烈ですね(笑)
そしてもちろんお料理の数々も、土佐らしく豪快さを感じます。
土佐のカツオ、土佐清水のサバ、どれも魅力的で食べたいです。
| ハイチュウ | 2017/12/11 5:58 PM |
☆ハイチュウさま

四国良いとこ1度はおいで・・・・・。
日本中の皆様にはあまり四国地方はメジャーではないのですが、気候の良さや食べるものが美味しいのでぜひいらしてく
ださい。
島の大きさは、ハワイ島の2倍くらい3泊4日で十分に四国1周
は可能です。季節はやはり春先から秋までがいいのですが、
冬の時期でも雪がふることはなく、ドライブしながら美味し
いものをめぐるのもよろしいかと・・・・。
| ken-ta-ro | 2017/12/12 8:02 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1846
このページの先頭へ