CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 2018ハワイ旅:16:大王を見ながらのランチ? | main | 2018ハワイ旅:18:ハマクア・マカダミア・ナッツ >>
2018ハワイ旅:17:カメハメハ・ロック

ここカパアウへ来たなら絶対に立ち寄らなければいけない場所があともう2つ。

 

 

【ポロル渓谷・カメハメハ・ロック】

前回ご紹介したカメハメハ像から車で15分、こちらもカメハメハ大王が住んでいたという「ポロル渓谷」

へ行き、その後帰り道にはカメハメハ大王がこのポロル渓谷から自ら持って運び出したという伝説の石

「カメハメハ・ロック」へ立ち寄ります。

 

ご覧下さい。

 

 

☆ワンレーン・ブリッジ

この周辺はまだこのような車1台しか走れない”1レーン・ブリッジ”がまだ数多く存在していて、先に

この橋へ到達した車が優先的に入れる権利があります。

353.JPG

 

 

☆こんな感じ

354.JPG

 

 

☆ポロル渓谷

こちらは、この渓谷からカメハメハ大王たちが石を切り出してヘイハウを作るために兵士たち運搬を行っ

たという場所。

355.JPG

 

 

☆こんな光景

ここポロル渓谷は、場所的にはこの日の午前中に行ったワイピオ渓谷にもほど近い地点、距離にすれば

20kmは離れていいないでしょうねきっと・・・・。

356.JPG

 

 

☆駐車場もなく路側に駐車

多くの観光客がこの場所へ来てました。特別な駐車場のような設備はなく、このように路肩に並んで車を

停めて渓谷を眺めて短時間で帰るといった様子。

357.JPG

 

 

☆たくさんの観光客であふれかえる

359.JPG

 

 

☆来た道を引き返す

360.JPG

 

 

☆こんな狭い道

こんな場所に「カメハメハ・ロック」はあります。前方に見え

白い車が我々の車、道端に停車して50mくらい歩き現地へ行き

ます。

361.JPG

 

 

☆この下の石

かろうじて「カメハメハ・ロック」の看板があったので確認できました。雑誌では、この大きな石を

大王が持ち上げたという怪力の持ち主だとか・・・・すごいのかどうか、本当かどうかは不明です。。

362.JPG

 

 

☆看板

364.JPG

 

 

☆こんな感じ

重さは1トンくらいはじゅうぶんにある石。やはりこんな石を自力

持ち上げたというのもすごいですが、現物が未だに現存してるのも

すごい

363.JPG

 

 

☆ハヴィの町並み

町並みといってもわずか200mくらい、観光客もいますがこのあたりは時間が止まってますね。

365.JPG

 

 

☆この交差点の250号線がワイメア行き

366.JPG

 

 

☆この道を左へ

これからは、ワイメア方面の山沿いの道ではなく、西側の海沿いの道を帰路に着きます。

367.JPG

 

 

| 2018ハワイ旅 | 08:30 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

カメハメハ・ロックですが、別の場所へ移動させようと
持ち上げてみましたが・・・・
たった1ミリたりとも〜微動だにしませんでした。
少なくとも、300kg以上はあるのだと実感しました。
カメハメハ大王は、めちゃめちゃ力持ちだったり!?
| ホノムボーイ | 2018/03/17 11:32 AM |
けんたろうさま

ワイピオとポロル、直線距離は近いのに移動するとなると遠いですね(涙)
カメハメハ・ロック、気づいていませんでした。
次回行く機会があったら、目を皿のようにして探さなくては!
| ハイチュウ | 2018/03/17 6:31 PM |
★ホノムボーイさま

カメハメハ・ロック・・・・無謀にも移動させようとチャレンジ
されたのですね。見た目にはさほどでなくても、300kg以上
ともなると絶対に無理でしょうし、腰や身体を痛めるので賢
い読者は止めときましょうね(笑)。
| ken-ta-ro | 2018/03/19 8:17 AM |
☆ハイチュウさま

地図で見れば、ワイピオとポロル渓谷は案外近そうでした。
しかし、どちらもカメハメハ大王の足跡があるので、今回は
両方を訪ねましたが、次回には無理してでも海岸線のビーチ
まで訪ねてその地を巡りたいとも思いましたね。
カメハメハ・ロック、道端に何気なくありましたし、その横
には不思議で妖しげな草むらに不思議なゾーンがありましたが、危険そうで素早く立ち退きました。旅では、危ない箇所
には立ち寄らないほうが懸命ですね。
| ken-ta-ro | 2018/03/19 8:22 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1893
このページの先頭へ