CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 2018ハワイ旅:32:和食レストラン「ミヨズ」 | main | 尾道〜境港の旅:■錬裡錬唯稗達硲鼻Γ妝 >>
尾道〜境港の旅:,靴泙覆潦稿

『2018ハワイ旅』を少しお休みして、3月の後半の土日に、松山〜しまなみ街道〜尾道〜やまなみ

街道〜鳥取県の境港へ1泊2日で行ってきました。その様子をご覧下さい。

 

第1回目は、愛媛県の今治市と広島県の尾道市をつなぐ海の海峡「しまなみ街道」です。

 

 

★くるしま海峡大橋

こちらは、四国側の玄関口である愛媛県の今治市から本州の広島県の尾道へ向かう最初の橋です。

013.JPG

 

 

★くるしま大橋の道路上

014.JPG

 

 

★同じく

016.JPG

 

 

しまなみ街道の島の中の道路

しまなみ街道はいくつかの島同士を架橋することより成り立ってます。ですから、このように島の中の

道を走ることもままあります。こちらは、大島という愛媛県の島の上。

017.JPG

 

 

★まぁまぁの交通量

普段のしまなみ街道は極端に車の通行量が少ないのですが、さすがに週末の土日となると四国・本州への

アクセス道路として極端の交通量も増えます。

019.JPG

 

 

★多田羅大橋

こちらの橋は、愛媛県とホロ島県の県境にある多田羅大橋、この橋がよく見えるのが瀬戸田ICです。

020.JPG

 

 

★瀬戸田PA

こちらでトイレ休憩を

021.JPG

 

 

★ソフトクリーム

やはりこれは食べとかなきゃですよね。

023.JPG

 

 

★いただいちゃいました

この黄色いのは、みかん系のアイスだった記憶が・・・。春の気配が

感じれる気候になってきましたよね。

022.JPG

 

 

★PAからの眺め

025.JPG

 

 

★瀬戸内海の穏やかな光景

静かな時間が流れてますね。

026.JPG

 

 

★しまなみ街道のマップ

029.JPG

 

 

★こんな感じです。

たくさんの島々を通って四国から本州への架橋。現在は、このしまなみ街道や瀬戸大橋・明石・淡路海峡

の3本の橋が四国から本州に架かってますが、確かに3本とは多いとは思いますが、行く場所や住んでる

地域により使い分けしますから便利になったものです。

030.JPG

 

 

| 尾道-境港2018春の旅 | 08:39 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろうさま

最近続けてこちらの方のTV番組でしまなみ街道が紹介される機会があって
その美しさに、あ〜一度はここを自転車でと憧れ続けています。
| ハイチュウ | 2018/04/10 6:26 PM |
けんたろう さま

ハワイへは、すでに20回近く訪問しているのに・・・・
四国はいまだに、行けていない島です。
何時かきっと、この橋を渡りたいと思っています。
相当先になっちゃうのでしょうが。
| ホノムボーイ | 2018/04/11 6:36 AM |
☆ハイチュウさま

そうです、おっしゃるとおりここしまなみ街道は”自転車の
聖地”と呼ばれる場所で、愛媛県から広島県へのそれぞれの
橋が自転車専用通路もあってさまざまなイベントが開催され
てるようです。中には、海外からのお客さんも多く、静かだ
った島の経済がこの影響で活気づいてるのが現状です。
こちらの島々でも美味しいものが格安で食べられますし、観
光名所も数々、ぜひ四国へも来てくださいね。
| ken-ta-ro | 2018/04/11 8:21 AM |
★ホノムボーイさま

そんなもんですよね、私もハワイへは20回近く通ってますが、日本国内にもさまざまないい場所はありますよね。しかし、恒例になってるのが、”夏の北海道&冬のハワイ”でして、それ以外はなかなか行けてないのが現実です。

四国にもここ以外にもいい場所はたくさんあり、出来れば1
週間くらいかけて四国1周をされれば四国の良さを思いっき
り感じることができるのかと・・・・。お待ちしております。
※四国観光太子こと・・・ken-ta-roでした。
| ken-ta-ro | 2018/04/11 8:26 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1911
このページの先頭へ