CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 尾道〜境港の旅:ネ柴笋療髻Ε曠謄詭酣 | main | 尾道〜境港の旅:豪華な朝食ビュッフェ >>
尾道〜境港の旅:μ処:美佐

さて、本日のメインエベント・・・・・

境港といえば・・・食べることが大好きな方にとっては・・・・・・かに・カニ・蟹・・・・ですよね。

同じ蟹でも、タラバガニ・花咲ガニ・毛ガニは主に北の北海道が有名ですよね。そして、日本海では

松葉ガニや・ズワイガニなど(同じカニなのに産地によって名前が違う)がメジャーな蟹ですね。

 

【予約していたカニの専門店】

そんなカニのメジャーな場所へ来てるので、今夜はカニを食べに夕食を予約してるお店へ行きます。

今回宿泊した『夕凪の湯 御宿 野乃』からホテルの前の「水木しげるロード」を歩いていきます。

事前にネットで検索して地図もプリントアウトしていましたが、やはりそこは地の利でホテルの

フロントスタッフに詳細を聞いて、周辺地図をいただいて歩いてうかがいました。

 

 

【味処 美佐】

■住所:境港市京町6(JR境港駅から500m、徒歩6分)

■電話:0859-42-3817

■営業時間:17:30-23:00

 

 

 

☆お店の外観

このお店、「水木しげるロード」の1本東へ入った道路沿いにあります。

 

151.JPG

 

 

☆なかなかの玄関あたりの風格

152.JPG

 

 

☆この”やってるよ”というのも親しみやすい

153.JPG

 

 

☆前菜

旬のカニと貝などが交じり合った前菜&紅ズワイガニの蒸し

154.JPG

 

 

☆蒸しカニ

こちらは「紅ズワイガニコース」の1品。

155.JPG

 

 

☆3品の小さな船盛

156.JPG

 

 

☆別品メニュー

本日の肴の入荷によってメニューが変わるようです。

158.JPG

 

 

☆麺類やご飯ものも

161.JPG

 

 

☆最初はコースの1つ「カニ鍋」

まだ主役のズワイガニは入っていません。

171.JPG

 

 

☆天然のコンブ

左側が元の姿、3秒もお湯に浸すと右側のような鮮やかなグリーン

174.JPG

 

 

☆の・ど・ぐ・ろ一夜干し:950円

小さいながらものどぐろくん登場、やはりおいしいものは食べておきたいのです。

175.JPG

 

 

☆のどぐろは食べやすい1夜干

錦織圭君、こんな美味しいものを紹介いただきありがとうございます。

176.JPG

 


☆お魚の3点盛り:780円

マグロとサワラとサバの3点盛、どれも新鮮でボリュームも驚くほど

166.JPG

 

【カニ料理の紹介】

今日はこれしかご紹介できませんでしたが、明日は肝心の『紅ズワイガニ・フルコース』

内容を詳しくご紹介いたします。お・楽・し・み・に・ね・・・・・・・・・。

 

| 尾道-境港2018春の旅 | 08:44 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろうさま

まあ、紅ズワイガニ・フルコースだけでも羨ましいのに
なんですか、一品料理まで頼むなんて贅沢すぎるのではないでしょうか、プンプン(笑)
新鮮なお魚によだれが落ちるではありませんか!
| ハイチュウ | 2018/04/16 6:40 PM |
けんたろう さま

玄関先に”やってるよ。”と、非常に「粋」な感じがいますね。

赤ズワイガニも、めちゃ美味しそうだし・・・・
新鮮お刺身の盛り付け方も上品、素敵な感じお店でしょう。
お酒がすすむこと、間違いないでしょう!!!
| ホノムボーイ | 2018/04/16 8:17 PM |
☆ハイチュウさま

こちらのお料理、さすが海産物の漁獲量の多い境港だけに新
鮮なものが豊富に並びます。カニはもちろんのこと、イカや
エビ・のどぐろ・ハタハタなど、我々瀬戸内海圏の人間にと
っては珍しく、かつ美味しいものが勢ぞろいです。
まだまだ美味しいレポートは続きます。今日のネタをごらん
あそばせ・・・・ほほほ。
| ken-ta-ro | 2018/04/17 8:16 AM |
★ホノムボーイさま

このお店、なかなかのもので素材も良し、調理方法もよし、
そして肝心の接客も山陰の心優しい細やかな女性のおもてな
しにすっかりファンになったのです。
そして、食事も大満足ででしたし、当然にお酒もビール・日
本酒・焼酎を堪能しました。
| ke | 2018/04/17 8:19 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1916
このページの先頭へ