CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 2018年ハワイ旅:69:ホテルの朝の様子 | main | 2018年ハワイ旅:67:カウアイ・ショアズ・ホテル >>
2018年ハワイ旅:66:「シダの洞窟」

カウアイ島、ハンバーガーのお昼ごはんを食べて少し落ち着きました。

 

次に向かうのは、カウアイ島の有名な観光名所の1つ”シダの洞窟”です。

私が最初にカウアイ島へ来た時にもここへ行きましたが、今回ちょうどお昼から夕方まで2.3時間あるので

うかがうことにします。

ご覧下さい。

 

 

【スミスズ・ボ−ト】

■住所:174 wailua Rd.Wailua

■電話:808-821-6895

■ツアー開始時間:9:30,11:00,14:00,15:30の1日4回(所要時間1時間20分)

 

 

 

☆カパアの町

カウアイ島の東部の街、カパア・タウン、この町にはレストランやブティックなどちょっとオシャレなお

店が立ち並んでいます。

1595.JPG

 

 

☆鮮やかなメキシカンフードのお店

1596.JPG

 

 

☆カパアの大きな交差点

このABCマートがあるのがカパアの中心部、この信号を右に入ればバイパスに入り街中の渋滞の緩和に

なるなんていわれて作られましたが、結局メイン道路が1本しかなく、その交差するあたりで渋滞が発生

して、あまりバイパスを作った効果はないようです。

1597.JPG

 

 

☆スミスズ・ボート

こちらが「シダの洞窟」へ行くボートを運航する会社がスミスさんで、その看板。FERN GROTTOという

のが「シダの洞窟」という意味なんですね。

1599.JPG

 

 

☆施設の全容

ワイルア川の畔から上流のシダの洞窟がある場所までここで乗船して行くのです。ツアーは時間にして

約1時間、料金は1人で$25くらいでしたが、私のような60歳以上はシニア割引で$20で済みました。

1601.JPG

 

 

☆ちびっ子たちも

たぶん観光客なんでしょうね。

1602.JPG

 

 

☆舟から見たスミスズ・ボートの乗船場

こんな施設なんですね。ここは、ワイルア川でもう少し東へ行くと海に出れる汽水域なのです。

1603.JPG

 

 

☆船内では

船の中ではこんな風にスタッフによるハワイアンミュージックが生演奏されます。

1604.JPG

 

 

☆お客さんもうっとり

1606.JPG

 

 

☆シダの洞窟

舟に揺られて約15分シダの洞窟近くの船着場に到着、そして歩い

約2.3分で「シダの洞窟」へ到着です。写真中央のくぼ地の様な

のがシダの洞窟、以前はこの洞窟の横まで行けたそうですが、台風

の影響で洞窟周辺が破壊されて、現在は危険防止のために少し離れ

たここでしか見れません。

1608.JPG

 

 

☆整備されたウッドデッキ

こんな風に足元が整備されていたら、安心して滞在できますね。

1609.JPG

 

 

☆皆さん写真撮影に専念され

1611.JPG

 

 

☆こちらでもハワイアンを生演奏

1612.JPG

 

 

☆フラダンスも披露されます

1613.JPG

 

 

☆ワイルア川の「シダの洞窟」

1615.JPG

 

 

☆こんな細長いボートで川を下ります。

1616.JPG

 

 

☆この方がこの施設の2代目経営者スミスさん

見た通りの優しそうな方で、我々を見て「シニア割引OK」で入場させていただきました。

1617.JPG

 

 

 

 

| 2018ハワイ旅 | 08:07 | comments(2) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

時間にしてみれば短いでしょうが、めちゃ楽しい
船旅だったことでしょう。
シニア料金があるのですね。
それも60歳からとは・・・・
私も、あともう少しです。(笑)
| ホノムボーイ | 2018/07/05 7:41 PM |
★ホノムボーイさま

今回が2回目でしたが、約1時間半わずかな船旅でしたが楽しい時間を過ごしました。スタッフによるハワイアンの演奏や、フラダンスなどもハワイらしくて良かったし、お昼ごはんをいただいたあとのゆるい時間は旅ならではのものでした。
| ken-ta-ro | 2018/07/06 10:37 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/1976
このページの先頭へ